2019年02月23日 Sat

デザインの系譜

ある建設会社のサイトで折り紙状の階段を見た。
私が「黒部の住宅」(2013)で設計した階段と殆ど同じに見えた。

これまでにこういうことはよくあった。たまたま偶然なのかそうでないのかはわからない。ある物をデザインするとき「ぽっ」と斬新なそれまでにない形がひらめくことは確かにある。それまで頭の中で形にはなっていないが無意識に練っていた物が何かをきっかけにして顕在化するのだと思う。


谷口建設社屋」(1997)の階段は斜めのささら桁を無くしたいという気持ちからデザインした。段板(スチールプレート)を溶接して斜めに流したフラットバーをコンクリートの中に打ち込んでコンクリートから段板のみが飛び出していてその段板に集成材を留めて仕上げとしている。残念ながらささら桁を無くしたわけではなくてコンクリートの中に打ち込まれているから見えないだけなのだが・・・。「広島の住宅」と「珠洲の住宅」ではささら桁を打ち込まずにコンクリートにボルト留めしてその上に石膏ボードを張ることで谷口建設と同じ様に見える階段としている(こちらの方が施工が楽で比較的安価)。「西金沢新町の住宅」と「金沢市内の住宅」・「黒部の医院」は谷口建設と同じやり方だった。

しかし結局のところ「ささら桁」は隠すことはできても無くすることはできなかった。その上この階段は段板が片持ちのなので撓みを押さえるためにスチールプレートの厚さが22mmと厚い。その重い階段を留める相手は鉄筋コンクリート造か鉄骨造じゃないと耐えられなかった。木造ではできないデザインというのが残念だった。

画塾」(2005)でようやくささら桁を無くすることに成功した。階段一段に一本ずつ細い鉄骨の柱を用意しその柱に蹴上げ板をボルト留めすることで桁の存在を無くした。ついでにぺらぺらの段板で階段の存在自体を希薄にした。折り紙の様な階段を細い柱にボルト留めすることで自立させることは鉄骨だけではなく木造でもできそうだということで「黒部の住宅」の階段があり、画塾の鉄骨階段と同じ様に間柱に蹴上げ板を留めている。

たかが階段だけどそこにはいろいろ試行錯誤があって模索しているのだがやりたい方向は一つ「ささら桁を無くす」・・・につきる。

屋根の設計についても同じ様に「屋根の勾配を無くしたい」を試行錯誤している。「谷口建設社屋」や「広島の住宅」(1997)では真っ平らな屋根は怖かった。それでR状の屋根を作って水の溜まる部分は最下点の線状の部分だけにしている。やって見たら問題は無さそうなので「珠洲の住宅」(1999)から真っ平らにした。それだと端部から雨水がだらだら垂れるので端部に塩ビ製のアングルを溶着した。塩ビ鋼板に塩ビのアングルを溶着するのだから問題ないと思っていたのだが厚さが違うと線膨張係数が違う様で溶着部分に不具合が出て改修で痛い目にあってしまった。それで「押水の住宅」からは端部の塩ビ鋼板で45°立ち上がりを付けることにしている。「羽咋のオフィスビル」の本体はこの真っ平らの屋根だが屋外階段の屋根は大きな鉄板の一枚板の屋根で防水の必要も無い(溶融亜鉛メッキ)ので設計者にとっては安心できる屋根となった。その屋根だって「黒部の医院」の玄関庇の発展系だし・・・。

押水の住宅」(2003)では外壁の木の劣化を避けるためにガラスで覆った。建物をガラスで覆うのは良いんだけどイニシャルコストが大変で発展させることができなかった。でも浴室をガラス張りにして・・・そのガラスの向こうがコンクリート打ち放し(西金沢新町の住宅)・磨りガラス(O邸改修工事金沢市内の住宅)、障子や左官(羽咋の住宅改修)、板張り(黒部の住宅)・・・とバリエーションを持って発展させることができた。

また、「押水の住宅」の外部を覆っているサッシュを防火仕様にしていけばあの外観のビルができるのではと・・・実際には無理だったのだが別方向に考えて木を耐火材料にしたら・・・を実現したのが「画塾」(2005)。

残念ながら仕事の数が少ないとか発展させるには実験などの費用が掛かりすぎるというのもあって一度だけのデザイン要素もいっぱいある。螢屋の男子トイレの小便器や女子トイレの雨水を流すガラス屋根竪樋を兼ねた耐震要素とか、小便器床のガラスとか、木の耐火被覆とか・・・。このように発展できなかったデザイン要素もあるが、垂木などの補助部材を減らして殆どを構造部材で構成する・・・という目的は「谷口建設」社屋以来殆どの建物で実現しているので「表面のデザイン」ではなく「構造のデザイン」という意味ではやることはやってきたと満足してる。

何れも最初のデザインから目的が決まっていてその目的を実現するための試行錯誤があって発展している(泥沼に嵌まっていっているに近いのだが)。デザインというのはその系譜を見ればオリジナルなのかがわかる。

2018年01月23日 Tue

記録

「建築と社会を結ぶ 大正人の方法」の関連イベントとして開催された広島でのシンポジウム「広島基町高層アパートと大正人」の ドキュメント記録 が公開された。http://mps1.strikingly.com/・・・と大高事務所OBの坂田充弘氏からメールが届いた。ドキュメント記録のpdfにあるマルセイユのユニテの 写真 (ページの真ん中から最後まで)。

2017年11月15日 Wed

二瓶さんの資料

IMG_0860.JPG

大高建築設計事務所時にチーフだった二瓶さんは事務所を退職したあと東北工業大学の教授になった。教授を定年退職した後、大高事務所時に二瓶さんが担当した物件のA4・A3青図製本が345w×450d×220hの段ボール箱に4箱分、積み上げると高さ1mくらいの資料を私のところに送ってきた。『長村クンの方が僕(二瓶さん)より若いから引き継いでよ・・・』と。

今うちを建て直す計画をしていてこの資料の置き場が無くなってしまう。欲しいのだけ抜き取って興味ないのは捨てるとなると二瓶さんの意志とは違うような気がして困った。大高OBに欲しい人が居ないか聞こうと思ったんだけど、これだけの量を本棚に入れられる人はあまりいないよねと思い直す。私が考えたようにセットをバラされそうで・・・。いや、大高OBならそんなことはしないだろうけど一応リスクは避けよう。

まとめて置いてもらえそうだし車で二回往復すれば持って行けるので金沢工業大学に引き取りを申し込もうかと思ったけど「二瓶さん」って言ってもこちらの人は知らないしねぇ。二瓶さんは福島県の出身だからちょうど今年から東北工業大学の教授になった武山氏(大高事務所時の同僚)に聞いてみた。送るか取りに来るかはとにかく引き受けるから置いておいてと言われてホッとした。


IMG_0875.JPG

引き受けるか否かの判断をして貰うためにリストを作った。

1箱目全部A3
富士病院増築工事鋼製建具施工図
富士病院増築工事鋼製建具施工図立山アルミ×2冊
旭図書館×2
福島県立美術館サッシュ施工図×2

2箱目全部A4
横浜歴史博物館
旭図書館
旭図書館土木
旭図書館土木
旭図書館
旭図書館
旭図書館タイル施工図
駒ヶ嶺小学校改築
鶴ヶ峰空調衛生
千葉県立美術館構造
ナスロイヤル美術館
富士病院増築建築
富士病院増築設備
富士病院増築設備設計図
三春町資料館現場
横浜歴史博物館電気
横浜歴史博物館歩行者専用橋設計図
茨城県産業会館施工図
集塵センターPC庇笠木施工図
集塵センター施工図
三春町歴史民俗資料館
横浜歴史博物館×3冊
横浜歴史博物館空調衛生施工図

3箱目
福島県立美術館施工図×25冊
福島県立美術館BCS応募書類
横浜歴史博物館 トイレブース・パーティション施工図A3
横浜歴史博物館施工図A3×7冊

4箱目
洞峰公園レストハウスA4
茨城県産業会館A4
自動車労連教育センター電気設備A4
産業会館A4
洞峰公園レストハウス施工図A4
洞峰公園レストハウス屋根施工図A4
洞峰公園レストハウス木工事施工図A4
愛日荘園冊子施工図A3
東北工業大学新築棟設計図A3

個人的には「洞峰公園レストハウス屋根施工図」・「福島県立美術館施工図」・「三春町資料館現場」を抜き取っておきたいけど宝の持ち腐れになるから涙をのんで我慢する。福島県立美術館の施工図は全部揃っているので、これさえあればもう一個作るのも楽勝なくらい。この建物の作り方がわかるんだもの、そりゃぁすごく価値がある。

2017年06月06日 Tue

定期講習

08:30-17:50
冷房が効きすぎで寒かった。
岡田氏はちゃんと上着を持って来ていてさすがだ。
迎えに来た和泉と三人で少し立ち話。

2016年06月23日 Thu

見つけた!

GoogleEarthで散歩していたら小ホールを見つけた。1985年に開催された国際科学技術博覧会で僕が初めて担当した建築が 小ホール(エキスポ・ホール) だった。博覧会が終わってから建物は中国の深圳に売られたと聞いていた。でも、何処に移設されたかも知らなかった。

GoogleEarthを見ていたら、香蜜湖の西側に走る香蜜湖路の脇に 見慣れた形 が!
そのまんまの形で移設されているじゃない!
中国に行ったんだから朱色にでも塗られているのかと思っていたんだけど。
31年ぶりに上空からの御対面だった。

名称は「华茂通园艺」ってなってる。
日本の漢字では「華茂通園芸」らしい。
花屋さんか?

expohall6.jpg
(画像をクリックすると大きい画像にリンク)

本家GoogleMapではストリートビューが使えなかったが、中国版GoogleMapもどきでは ストリートビュー が使えた。青い看板 「开车不喝酒,喝酒不开车」 が施設名かと思ったのだが 「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」 的な飲酒運転するなの看板だった。建物の周囲は緑に囲まれていてて、この場所からしか見えなかったが、確かに小ホールだ。

2015年09月10日 Thu

惚れてしまう!

最初は「茅葺きの家」だったのが、「暖炉付・土壁、草+樹皮葺屋根の家」になり、とうとう「瓦葺き・床暖房付の家」に進化した。この人、素手、裸足で全て手造りの道具で家を作っていく。「石斧」を作って木を伐るところから・・・。超人すぎる。

2015年07月09日 Thu

新国立競技場

ドタバタした上、予算の倍もかけて箱物をつくるのは正しいのか?

2014年07月22日 Tue

見学

IMG_3642.JPG

12:00-14:20
吉島衛氏からお誘いがあったので住宅の見学
工大の竹内先生・元中日新聞の石井氏・松本大氏・西野敬子さん

RC平屋のテラスハウス。木製サッシュ・床暖房・壁天井がマヂックコートと高級仕様でディテールもたっぷり。

「Backen Mozart」のクッキー・自家製ブルーベリーのジャム・タマネギ・ニンニクをお土産に

2011年11月11日 Fri

講演会と建築見学

13:00-17:00

IMG_8902.JPG

谷口吉生氏の講演会に行ってきた


IMG_8927.JPG

講演会の後で鈴木大拙館の見学会があった。


IMG_8928.JPG

アプローチ。


IMG_8909.JPG

「学習空間。」中央が谷口氏。普通のおばちゃんやおじちゃんがいっぱい。建築関係の方が少ない。勉強好きな金沢市民に驚いた。学生なんか殆どいないが、これでいいのか?谷口氏って殆ど講演会やらないから、こういう機会はとても貴重なのに。


IMG_8912.JPG

「学習空間」から「路地の庭」を見る。


IMG_8940.JPG

「路地の庭」の上の散策路から「学習空間」を見る。


IMG_8914.JPG

「外部回廊」のはじまり部分。


IMG_8918.JPG

「水鏡の庭」の水に庇から雫がたれて波紋が広がる。


IMG_8919.JPG

「外部回廊」のはじまり側の石の壁を見る。


IMG_8933.JPG

「外部回廊」の反対側から「水鏡の庭」を見る。外部回廊の奥の大木は「くすのき」


IMG_8934.JPG

「水鏡の庭」へのスリット。柳の枝が垂れていい感じ。


IMG_8937.JPG

石の壁ぎりぎりから「水鏡の庭」を見る。白い壁の「思索空間」が見える。


IMG_8938.JPG

「水鏡の庭」に浮かぶ「思索空間」。


IMG_8942.JPG

裏山の竹林。

2010年09月01日 Wed

残念な訃報

09:10

川添登氏の秘書をしている吉福さん(大学の時の先輩の奥さまのゆかりさん)から電話があって、先月の20日くらいに大高氏が亡くなったとのこと。ちょうど娘さんの真紀子さんも身体の調子が悪くての入院などが重なった時期だったらしくて、身内で葬儀は済ませたとのことでした。先生の奥さまも身体の調子があまり良くないらしくて多分、元所員には連絡が行ってないのではないかとのこと。大高氏の事務所内でのエピソードは多い。今晩は想い出しながら冥福を祈ることにしよう。

21:50-22:40

BIRD

大高氏を想い出しながらビールを飲んできた。

夜、二瓶さんからの電話で経過を教えてもらった

08/20/18:00に亡くなり、08/24に葬儀。10/06に三春で納骨とのこと。

2009年09月28日 Mon

西山さんから

板金屋根の葺き方の一つである「AT葺き」のATは何の略でしょうか。長村さんなら何でもご存じだから・・・と。  知らないことだらけだし! だいたいAT葺きって使ったこと無いし!

ウェブ上で検索しても確かにそれらしきことにはヒットしない。板金ならいつもお世話になっている(株)かな和工業の主山さんでしょ・・・と聞いてみた。『製作者の名前の頭文字を取った』ということ以外はわからなかったとのこと。これだけでは名前の頭文字というのが確実かどうかまではさかのぼれないなぁ。

これまで使ったことがないとはいえ「AT葺き」って名前はよく聞いていた。でも何の略かって考えたことはなかったなぁ。彼女は建築関係のライターなのだが、そういうところをきちんとおさえるんだね。それにしてもホントに知らないことだらけだな。

2005年01月25日 Tue

建築家

Philip Johnson 死去 98歳

2005年01月03日 Mon

見学

松島氏設計の住宅を見学 12:00-

2004年12月26日 Sun

見学

吉島氏設計の二世帯住宅を見学 09:15-11:20

2004年10月30日 Sat

講演会

建築文化週間2004-建築文化講演会


講演会 (参加無料) 13:30-15:00
講師 内藤廣氏

演奏会 (参加無料) 15:15-15:45
バイオリン/ホンティラ・クラウディウ氏 ピアノ/竹内祥子氏

見学会 (参加無料) 15:45-16:30
呉羽中学校(吉阪多隆正氏設計)
懇親会 (会費3,000円) 18:00-

問合せ・申込先
〒939-8084 富山市西中野町1-7-27タカノビル4F
(社)富山県建築士会内 日本建築学会富山支所
tkshikai@tym.fitweb.or.jp

12:00-22:10

2003年10月21日 Tue

左官の勉強

下時国家で荒壁塗り見学
イスルギ 中村康氏
08:00-13:15

柳田村でねずみ取りをしていた。白い車がパッシングで教えてくれたのでセーフ !

2003年09月26日 Fri

チャペルはプロポーションが美しいのに・・・

愛媛県武道館が10/1にオープンだそうだ。フェイ・ジョーンズ設計のソーンクラウン礼拝センターに似すぎてる。樹々の木立をあらわすような構造のチャペルは敷地に溶け込むようで美しく好きな建築だ。だから・・・。日本の建築にはよくあることだけど。

2002年11月18日 Mon

建築家系図

建築家の名前を聞いても、その経歴や建築家どうしの関係がわかりにくいので整理してみました。題して『建築家系図』です。どうしてこれまでこういうモノがなかったのか不思議です。どうでしょうか ?

2002年08月04日 Sun

学会

金沢工大で建築学会の発表を聞く 09:10-11:10

2002年08月03日 Sat

残念

内井昭蔵氏亡くなる

2002年05月29日 Wed

パーティ

先日、学会賞を受賞された渡辺誠氏のパーティの案内があって、その発起人の名前を見てぶっとんだ・・・までは書いたのだが、建築家の顔を一度に拝見できる機会はそう無いことだからと出席してみることにした。ちなみに発起人って・・・

建築学会賞受賞+出版記念会 発起人
合原一幸.青木淳.浅石優.芦原太郎.阿部仁史.アンジェロ・ヴォルピ.安藤恵一郎.五十嵐太郎.石堂威.磯崎新.伊藤俊治.宇野求.大江匡.大野秀敏.小川晋一.川崎和男.北川原温.工藤和美.工藤裕子.隈研吾.栗生明.黒川紀章.小林克弘.佐倉統.妹島和世.高橋晶子.高橋てい一.高安秀樹.竹山聖.種橋恒夫.手塚由比・貴晴.内藤廣.西沢立衛.長谷川逸子.原広司.淵上正幸.古谷誠章.方振寧.松葉一清.横河健.米山勇.ロマーノ・マズッコ.渡辺真理

↑ミーハー気分で行ってこようと思う。しかし、こういう人達に混ざってどう時間を過ごせばいいのだろう ? ちなみに和泉が言うには・・・『長村さん、完全に壁の華だね・・・いや、壁のシミか・・・』あっているだけに、反論できなかった。クッソーッ。

まずは受賞作品を観てこなくてはなるまい。ところで大江戸線ってどこだ ?

2002年05月15日 Wed

招待状

2002年日本建築学会賞 ( 作品 )
公立はこだて未来大学 山本理顕(山本理顕設計工場代表取締役)木村俊彦(木村俊彦構造設計事務所所長)
W-HOUSE 渡辺明(渡辺明設計事務所代表取締役)
地下鉄大江戸線飯田橋駅 渡辺誠(渡辺誠/アーキテクツオフィス代表)
渡辺誠氏から『受賞+出版記念会』の案内状が届く 発起人にはチョー有名建築家のなまえがずらーっと並んでいる。場違いだが怖いモノ見たさで行ってみようかとも思ったりして。

2002年03月24日 Sun

うまい表現

今日の朝日新聞の地方版のコラムに『公民館程度の意匠デザインの貧相な音楽堂を作り・・・』と書いてあった。うまいこと表現するなぁと感心する。僕は単純に『カッコワルイ。何十年前のデザインだ』と感じでいたが、さすが連載で文章を書く人はすごくわかりやすい的確な表現だと思った。建築関係以外の人達がこういう声をあげたらちょっとは・・・・やっぱり、変わらないか・・・。

2001年04月27日 Fri

学会賞

日本建築学会賞は
東京国立博物館法隆寺宝物館 谷口 吉生 氏
熊本県立農業大学校学生寮 藤森 照信 氏
中島ガーデン 松永 安光 氏
谷口氏ってまだとっていらしゃらなかったんだ。法隆寺宝物館は当然ですね。すばらしいもの。それにしても谷口氏と藤森氏・・・両極が選ばれたって感じです。
藤森氏は1998年に論文でもとっている。日経アーキテクチュアには連載まで持って・・・ちょっと、売れっ子 ?

1988年07月02日 Sat

南大沢

20180925scan-033.jpg

鋳鋼柱の木型検査。左から柱の主型(おもがた)2本と中子(なかご)。鉄を型に流し込んでつくるのが「鋳鉄」。鋼を型に流して作るのが「鋳鋼」。鋳鉄は溶接が出来ないし鉄骨造としての強度はないのだが、鋳鋼はH鋼などと同じ材質(SS41)のものを流し込むので溶接も出来るし鉄骨造として建築に使える。ディテールのある鉄骨をつくれるわけだ。


20180925scan-032.jpg

柱脚部の湯口


20180925scan-029.jpg

左が中子で右が主型


20180925scan-027.jpg

中子


20180925scan-025.jpg

柱頭部ディテール


20180925scan-026.jpg

柱脚部(上が下側)


20180925scan-028.jpg

柱脚のはかまの木型


20180925scan-030.jpg

寸法検査中


20180925scan-021.jpg

木型からつくった砂型


20180925scan-035.jpg

砂型の柱頭部。砂に柱のディテールが見える。

20180925scan-022.jpg

ペデストリアンデッキのタイルや石の貼り分けを検討中


20180925scan-024.jpg

ペデストリアンデッキに掛ける雨除けシェルターの模型


20180925scan-023.jpg

設計後期には実際の石を艶紙に縮小カラーコピーして石とタイルの貼り分けをプレゼンした。
20180925scan-008.jpg

現場の初期。一スパン(X12〜X13)の仮組み


20180925scan-001.jpg

休日に峰行・奈美・和泉と仮組み現場を見学


20180925scan-004.jpg

柱脚部の石とタイル貼りの現物模型


20180925scan-005.jpg

照明器具


20180925scan-006.jpg

鋳鋼の柱頭部に溶接された桁の溝形鋼


20180925scan-007.jpg


アルミパネル屋根の頂部に付く「鶏冠(とさか)」と呼ばれていたアルミ押出形材(この現場専用)
20180925scan-009.jpg

竣工間近の現場


20180925scan-010.jpg

ステンレス製の手摺


20180925scan-012.jpg

柱の錆止塗装


20180925scan-013.jpg

柱の仕上げ塗装(フッ素樹脂塗装)が終わって養生されている


20180925scan-014.jpg

曲面屋根の交差部


20180925scan-015.jpg

曲面屋根下側端部の水切りと幕板


20180925scan-018.jpg

直径2.4mのアルミ鋳物製プランター。ちょっと腰を下ろせる様に天端は平らになっている。


20180925scan-019.jpg

プランターからの排水を受ける桝。アルミ鋳物製。


20180925scan-020.jpg

排水桝の仕上げ完了


20180925scan-036.jpg

柱脚部


20180925scan-037.jpg

屋根交差部の柱脚部


20180925scan-038.jpg

ペデストリアンデッキの見晴台。曲線部の手摺がまだ取り付けられていない。
20180925scan-059.jpg

完成時の写真。 都立大側からバスターミナル方向を見る。このシェルターは次期工事で手前側に延長される。


20180925scan-060.jpg

シェルターと照明器具。奥に右側に交差しているのは自転車置き場(将来工事)への屋根。


20180925scan-062.jpg

柱間には風よけを兼ねた展示パネルが取り付けられている


20180925scan-050.jpg

バスターミナル側から都立大学側を見る


20180925scan-063.jpg

交差している大きい屋根の左側が京王線南大沢駅


20180925scan-067.jpg

屋根交差部の近景


20180925scan-066.jpg

屋根交差部正面が京王線南大沢駅


20180925scan-070.jpg

屋根交差部


20180925scan-069.jpg

南大沢駅改札口から多摩境駅方向を見る


20180925scan-075.jpg

自転車置き場への屋根(左側)と都立大学(正面)へのメインシェルターとの交差部


20180925scan-077.jpg

自転車置き場への屋根。ペデと交差するので軒樋を付け柱の中から排水している。


20180925scan-079.jpg

自転車置き場(未着工)から京王堀之内方向を見る


20180925scan-080.jpg

自転車置き場屋根のケラバ詳細


20180925scan-081.jpg

メインシェルターの柱頭部詳細


20180925scan-087.jpg

南大沢駅正面夜景


20180925scan-088.jpg

屋根交差部夜景


20180925scan-046.jpg

照明器具


20180925scan-085.jpg

これが大高事務所最後の現場。このあとこの現場に繋がる都立大学までのペデと階段、スロープを設計して金沢に帰った。


20180925scan-086.jpg

鋳鋼の柱を受注したテック大洋の鈴木克己


20180925scan-099.jpg

竣工式後の記念撮影。前列左から二人目が東京都監督員の鈴木章氏・岡本英生氏・江原徹氏


20180925scan-105.jpg

前列左が現場所長の望月勝巳氏
P_20180429_152358.jpg

2018/04/29の南大沢(撮影/関奈美)


P_20180429_152317.jpg

2018/04/29の南大沢(撮影/関奈美)


P_20180429_152452.jpg

正面奥が首都大学東京(以前の都立大学)(撮影/関奈美)

1985年03月17日 Sun

国際科学技術博覧会

筑波で開かれた「EXPO'85」(1985/03/17-09/16)の会場内にある「expo hall」と呼ばれる550席の小ホールは、私の大高建築設計事務所での最初の現場でした。 先輩の古市和正氏の指導の元に、現場との応対や大高さんとの打合せの仕方を学びました。 鉄骨の座標を、ポケットコンピュータでプログラムを組んで計算していたのですが、今なら5分で終わる計算を一日がかりでやっていました。 この劇場は仮設なので今はもう存在していませんが、僕の中では一番思い出深い建築物です。

ここで「夢の遊民社」の演劇を初めて観ましたが、あまりに面白かったので、その後も「下北沢」や「多摩センター屋外ステージ」・「広島公演」など観に行きました。 

この建物は、フーチン以外の低層部が全てPC(地中梁・柱・梁・スラブ・パラペット)で、その上に鉄骨の屋根が被さるという構造形態をしています。 「Fブロック」の博覧会協会施設を大高事務所が設計監理したのですが、「テーマ」は「仮設らしくみえない仮設建築」でした。

構造設計-青木繁研究室・施工-三菱建設などの共同企業体・舞台装置-東宝舞台・写真撮影-三輪晃久写真研究所 

expo_site.jpg

左下がFブロックで丸印が小ホール


expo3.jpg

Fブロックのパース 右上が小ホール(エキスポ・ホール)


expo2.jpg

左下が小ホールの裏面・右下がソ連館


expo1.JPG

Fブロック全景・右下が小ホール


ootaka_expohall1.JPG

小ホールのエントランス


ootaka_expohall2.JPG

斜め裏側


ootaka_expohall3.JPG

エントランス正面夜景


ootaka_expohall4.JPG

ホール内部


ootaka_expohall5.JPG

舞台から客席をのぞむ


ootaka_expohall_jiku2.jpg

スラブ以外のPC部材の配置


ootaka_expohall_jiku1.jpg

PCの上にのる鉄骨部材


20180924scan-009.jpg

風道実験の模型


20180924scan-008.jpg

Fブロックの模型・左下が小ホール


20180924scan-005.jpg

PCの柱が立った状態・後ろはソ連館


20180924scan-004.jpg

PCの梁が取り付けられた


20180924scan-003.jpg

PCの柱・梁が取り付けられた状態


20180924scan-002.jpg

客席部


20180924scan-001.jpg

小ホールの鉄骨建方・ソ連館は屋根が吹き終わってる


20180924scan-006.jpg

鉄骨建方中・後ろ側から


20180924scan-007.jpg

屋根葺き完了。左から11スパン目にある穴は消防の非常用進入口。