2020年10月24日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

15:35-17:00
畑からの帰りに現場に寄る
・脱窒槽と硝化槽の型枠解体後の確認
・ジャンカ部分の斫取り状況の確認

20201024_IMG_1240.JPG

脱窒槽と硝化槽の型枠解体が終わって型枠搬出作業中

2020年10月23日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月23日(金)天候 雨時々曇り
・午後よりPコン止水、穴埋め 岡田建設工業 北川誠・山上一吉
・10月24日(土)の予定
 スラブ脱型、資材引き上げ 青木工務店、松井レッカー(PMより手配)
 Pコン止水、穴埋め 、豆板斫り 岡田建設工業

2020年10月22日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

12:59-16:26
くもり→小雨

20201022_IMG_1180.JPG

昼だというのに夕方みたいな天気。これから雨の予報。


20201022_IMG_1181.JPG

耐圧版の標準養生・4週圧縮試験中


20201022_IMG_1184.JPG

標準養生の圧縮試験結果


20201022_IMG_1185.JPG

現場気中の圧縮試験結果

2020/09/24 耐圧版打設
2020/10/22 4週圧縮試験
 試験者 林敏幸氏
 立会者 岡田浩之氏・長村寛行
 24(設計基準強度21+温度補正3)-15-25N
・標準養生
 1) 3626g・229kN・29.2N/mm2
 2) 3609g・238kN・30.3N/mm2
 3) 3622g・240kN・30.6N/mm2
 平均30.0N/mm2
・現場気中
 1) 3543g・237kN・30.2N/mm2
 2) 3535g・240kN・30.6N/mm2
 3) 3524g・221kN・28.1N/mm2
 平均29.6N/mm2
・標準養生と現場気中の強度に変わりはなかった。この1ヶ月間は養生槽の水温(20℃)に近い気温だったということか。現場気中のテストピースは乾燥するので不利なはずだがそれを補うくらい強度発現に適した気温だったらしい。


20201022_IMG_1191.JPG

現場でコンクリートの不良部分を確認する


20201022_IMG_1186.JPG

あーあ・・・


20201022_IMG_1192.JPG

一番不利な階段は綺麗に打てているのに・・・


20201022_IMG_1190.JPG

階段はしっかりコンクリートが回っている。型枠大工の吉田さんが付きっきりだったからなぁ。

岡田建設工業からの工事日報

10月22日(木)天候 雲り後雨
・耐圧版4週圧縮強度試験
・コンクリート打ち上がり検査
・10月23日(金) 雨が激しくなければ、Pコン止水、穴埋め 岡田建設工業
 雨が激しかったら 10月24日(土)に順延
・10月24日(土)の予定
 スラブ脱型・資材引き上げ 青木工務店・松井レッカー

IMG_20201022_141345.jpg

耐圧版4週圧縮試験(撮影/岡田建設工業)

2020年10月20日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月20日(火)天候 晴れ
・躯体、スラブ、階段コンクリート脱型 (内外壁完了、スラブ残し)
 青木工務店下請 高見建設 高見寛美・高見桂太・笹原豊・池田弘徳、
 孫請け (株)DD 鈴村辰夫・米 渉・浅田輝・ファム ディン ラン・グエン クオック バオ (ベトナム)
・10月24日(土)の予定
 スラブ脱型・資材引き上げ 青木工務店・松井レッカー

IMG_20201020_111857.jpg

出荷通路側(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201020_111436.jpg

階段は一気に打設しようとすると段の吹出部分からコンクリートが出てくるので時間をおきながら打設することになり壁側にコールドジョイントが出てしまっているけど仕方がない。綺麗に打設できていると思う。昨日の圧縮試験で設計基準強度が出ているのでスラブ下も解体してもOKだが階段底の型枠はまだ残ってる。(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201020_114620.jpg

階段見下ろし。吹出しの多い片持ちの階段はコンクリートが綺麗に回っている。
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201020_111822.jpg

壁の下部にジャンカ(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201020_112022.jpg

ここも不良部か?(撮影/岡田建設工業)


2020年10月19日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

12:54-16:23
くもり

20201019_IMG_1115.JPG

曇りの日にしては水平線がくっきりしてる


20201019_IMG_1119.JPG

標準養生の圧縮試験


20201019_IMG_1121.JPG

現場気中の圧縮試験結果


20201019_IMG_1120.JPG

2020/10/12 躯体・スラブ・階段打設
2020/10/19 1週圧縮試験
 試験者 林敏幸氏
 立会者 岡田浩之氏・長村寛行
 24(設計基準強度21+温度補正3)-15-25N
・標準養生
 1) 3611g・189kN・24.1N/mm2
 2) 3611g・186kN・23.7N/mm2
 3) 3610g・181kN・23.0N/mm2
 平均23.6N/mm2
・現場気中
 1) 3549g・167kN・21.3N/mm2
 2) 3501g・172kN・21.9N/mm2
 3) 3505g・171kN・21.8N/mm2
 平均21.7N/mm2>設計基準強度21N/mm2なので全ての型枠解体OK
・現場気中は標準養生の92%の強度だった
「標準養生」と「現場気中」についての説明は「コンクリート-4」参照


20201019_IMG_1142.JPG

中央生コンでの圧縮試験が終わったので現場へ


20201019_IMG_1122.JPG

コンクリート打設翌日朝にブルーシートを掛けて養生してあった


20201019_IMG_1132.JPG

ブルーシートを外すとスラブ面は湿潤状態だった。散水するよりも効果的だった。


20201019_IMG_1141.JPG

明日から型枠解体とのこと


20201019_IMG_1148.JPG

岡田氏宅内の栗の木で採れた栗をいただいた、夕食は栗ご飯だ。岡田さんは10/15に姫路で剣道の昇段試験を受けて7段になったそうだ。おめでたい! ところが姫路に行くときにオービスが光ったそうで・・・全然おめでたくないな。


20201019_IMG_1151.JPG

いただいた栗の半分を使って餅米を2割入れての栗ご飯

岡田建設工業からの工事日報

10月19日(月)天候 曇り時々晴れ
・躯体、スラブ、階段コンクリート 1週圧縮強度試験
 試験者 林敏幸 コンクリート打設計画・実施記録参照
・明日の予定 壁脱型(外部より、スラブ後回し)

IMG_20201019_140317.jpg

躯体の標準養生1W圧縮試験立ち会い(撮影/岡田建設工業)

2020年10月12日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

06:52-15:08
くもり

20201012_IMG_0908.JPG

曇りの予報だけど空模様がちょっと不安


20201012_IMG_0911.JPG

ポンプ車到着


20201012_IMG_0915.JPG

毎回のことだが畜産業敷地内なので足回りを消毒


20201012_IMG_0918.JPG

今日は壁・階段・スラブのコンクリート打設。型枠や鉄筋に散水中。


20201012_IMG_0920.JPG

生コン1台目。24-15-25N。07:55発8:15現場着。4立米。


20201012_IMG_0925.JPG

コンクリートを圧送するために入れた水分の多いコンクリートを捨てる


20201012_IMG_0926.JPG

試験用コンクリートを筒先から採取する。左の筒先は岡島氏で右の試験者は松田氏。


20201012_IMG_0929.JPG

カンタブのロット番号667108

20201012_IMG_0930.JPG

カンタブの換算表


20201012_IMG_0934.JPG

空気量の検査中


20201012_IMG_0941.JPG

スランプ・・・17.5cmでアウトでやりなおし


20201012_IMG_0942.JPG

筒先から水分の混ざったコンクリートを追加で捨てる


20201012_IMG_0943.JPG

これで大丈夫でしょ。筒先は尾崎氏。


20201012_IMG_0945.JPG

スランプ16.5cmでOK


20201012_IMG_0950.JPG

気温20.5℃・コンクリート温度22℃・空気量4.0%・スランプ16.5cm


20201012_IMG_0952.JPG

カンタブの目盛りは4.6・4.6・4.5


20201012_IMG_0963.JPG

左2群が採取したテストピース。右の3本は耐圧版の4週試験用。


20201012_IMG_0947.JPG

壁が高いので上からコンクリートを入れると骨材が分離してしまうのでホースを下の方まで入れて打設する。


20201012_IMG_0962.JPG

コンクリート打設中


20201012_IMG_0977.JPG

昼休み無しで壁と階段のコンクリートを入れ終わってスラブの打設中


20201012_IMG_0985.JPG

この再曝気槽のスラブが最後


20201012_IMG_0990.JPG

余ったコンクリートを生コン車に返す


20201012_IMG_0997.JPG

中條氏がスラブのタンピング中

岡田建設工業からの工事日報

10月12日(月)天候 曇り
・コンクリート工事 躯体、スラブ、階段コンクリート打設
 予定64㎥、実際打設数量68.8㎥
 打設時間8:30〜13:30(昼食時間なし)
・コンクリートポンプ運転 大福圧送(株) 岡島正樹・尾崎稔
・コンクリート押さえ 中條左官 中條正明
・コンクリート打設 岡田建設工業(株) 岡田浩之・山田治・北川誠・上河原和彦・山上一吉
・型枠コンクリート番 青木工務店 吉田征紀
・明日の予定 コンクリート養生期間 作業なし
 10月19日(月)1週コンクリート圧縮強度試験
 10月20日(火)外部脱型予定

IMG_20201012_084430.jpg

筒先からのコンクリート受け入れ試験(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201012_131509.jpg

スラブ打設中(撮影/岡田建設工業)

2020年10月09日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月9日(金) 曇り
・型枠工事 角締め、型枠まとめ
 青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀
・10月12日(月)の予定
 躯体コンクリート打設 24-2-15-25 64㎥予定

IMG_20201009_170052.jpg

型枠固まってる(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201009_170100.jpg

昨日の階段の写真暗かったからな(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201009_170113.jpg

壁下部の中央で止水板が回っているので排水されず底に水が溜まってる
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201009_170119.jpg

その溜まっている水を汲み出すためのスイープポンプ(撮影/岡田建設工業)

2020年10月08日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月8日(木) 雨後曇り
・型枠工事 階段、段型枠、蓋設置
 青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀
・脱窒槽スラブ配筋手直し
 西沢鉄筋 田村久夫
・10月9日(金)の予定
 型枠、角締め 青木工務店

IMG_20201008_165709.jpg

階段手摺用アンカー設置完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201008_172449.jpg

階段型枠取り付け完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201008_170157.jpg

開口補強筋の不足分手直し完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201008_170209.jpg

こちらの開口補強筋も不足分手直し完了(撮影/岡田建設工業)

2020年10月07日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

16:00-18:01
くもり
押水の住宅の浴槽下水抜きの後で岡田氏と現場にむかい配筋検査。職人さんはもう帰ったあとだった。

20201007_IMG_0852.JPG

階段の配筋。明日には蹴上げ板を取り付けて踏面に蓋がされてしまうので今日中に見ておく必要があった。階段最下段の型枠内に砂が溜まってる。


20201007_IMG_0853.JPG

型枠で塞がれると白矢印の斜めに配筋されている段受筋1-D16が入っているかがわからなくなるので今のうちに検査。段受筋は階段の段鼻に入っている2-D13を受ける鉄筋なので重要。


20201007_IMG_0856.JPG

一応、階段の最上段から斜めに入っている段受筋は見えるんだけどね


20201007_IMG_0858.JPG

スラブの配筋は問題なし


20201007_IMG_0860.JPG

セパから水漏れしやすいので気休めかもしれないが止水セパ(止水板付セパレーター)を使ってもらった。中央にゴムが入っている。


20201007_IMG_0861.JPG

これが止水板


20201007_IMG_0862.JPG

あ・・・開口補強筋が3ヶ所抜けている


20201007_IMG_0863.JPG

こっちもだ


20201007.jpg

設計図だとこうなっている。コンクリート打設当日の朝に鉄筋の手直しを確認することにした。


20201007_IMG_0864.JPG

帰り道で配筋検査中にプギャープギャーって鳴きながらドナドナされていった豚を積んだトラックがいた。今日か明日には肉か・・・。

岡田建設工業からの工事日報
10月7日(水) 晴れ時々曇り
・型枠工事 階段型枠
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・長尾道夫・長尾勇志(午前中で帰る)
・スラブ、階段配筋
 西沢鉄筋 田村久夫・四十万謙一・ズオン テ クコン、グエン ウアン トウン・中川秀則(中川鉄筋)
・10月8日(木)の予定
 階段、段型枠、蓋設置 青木工務店

IMG_20201007_165150.jpg

階段最下段の配筋D13@200ダブル(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_170716.jpg

型枠内の掃除完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_164509.jpg

稲妻筋D10@200・段鼻2-D13(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_164038.jpg

スラブ配筋D13@200タテヨコW(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_163709.jpg

スラブ端部補強筋2-D13。チョークで指している部分。
(撮影/岡田建設工業)

2020年10月06日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月6日(火) 晴れ時々曇り一時雨
・型枠工事 階段型枠
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀
・10月7日(水)の予定
 階段型枠 青木工務店
 スラブ、階段配筋 西沢鉄筋

IMG_20201006_082332.jpg

階段手摺取付用のボルトナット(撮影/岡田建設工業)

2020年10月05日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月5日(土) 雨後晴れ時々曇り
・型枠工事 外部返し型枠、階段型枠
 青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀
・10月6日(火)の予定
 階段型枠 青木工務店

IMG_20201005_143527.jpg

排水処理槽の型枠は鋼管でがちがちに固まった。(撮影/岡田建設工業)

2020年10月03日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月3日(土) 晴れ時々曇り
・型枠工事 外部返し型枠立て込み
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・松本年雄・花田正志・木澤俊男(谷建設応援)
・型枠搬入 米原商事 柴田健
・10月5日(月)の予定
 壁、外部返し型枠、階段型枠 青木工務店

IMG_20201003_153954.jpg

壁外部型枠返しに鋼管(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201003_154236.jpg

スラブの開口部に足場板が敷かれて歩きやすくなってる。これでコンクリート打設も怖くない。(撮影/岡田建設工業)

今後の予定
10/09(金) スラブ・階段の配筋検査
10/12(月) 躯体コンクリート打設

2020年10月02日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月2日(金) 晴れ時々曇り
・型枠工事 スラブ張り、外部返し型枠立て込み
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・松本年雄・花田正志・木澤俊男(谷建設応援)
・型枠搬入 松井レッカー 岡田兆功
・10月3日(土)の予定
 壁・スラブ・外部返し型枠 青木工務店
 荷運搬 松井レッカー下請け 米原商事

IMG_20201002_151959.jpg

外部側型枠。斜めに鋼管がとりついている部分は今後階段型枠が取り付けられる。(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201002_160643.jpg

排水処理槽のスラブ型枠(撮影/岡田建設工業)

2020年10月01日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

13:00-16:55
晴れ
中能登町の中央生コン→現場
階段の吹出しになる踏面の型枠(蓋)について打合せ
先端部を150mm分空けておくことにした。

20201001_IMG_0696.JPG

真夏のような空と海の色


20201001_IMG_0702.JPG

雲も夏の様だ


20201001_IMG_0703.JPG

試験室の養生槽から標準養生のテストピースを取り出す


20201001_IMG_0704.JPG

すげぇ!最新型の試験機だ。右側にテストピースをセットする。ディスプレーにメーターが、その下の機械には黒板の内容が表示されている。


20201001_IMG_0706.JPG

試験が終わるとディスプレーのメーター表示を黒板表示に切り替える。下のディスプレーには3本目の試験結果が表示される。


20201001_IMG_0711.JPG

ディスプレーの黒板表示。試験者の欄が無かったので立ち会い者の後ろにブランクを幾つか入れてから試験者と試験者名を入れて貰った。ただテストピースの重量を表示する欄がなので次回までに工夫して貰うよう伝えた。


20201001_IMG_0705.JPG

ディスプレーだとテストピース重量が表示されないので昔ながらの黒板がいい。標準養生。


20201001_IMG_0712.JPG

現場気中

2020/09/24 耐圧版打設
2020/10/01 1週圧縮試験
24-15-25N
・標準養生
 1)3610g・191kN・24.3N/mm2
 2)3602g・178kN・22.7N/mm2
 3)3626g・187kN・23.8N/mm2
 平均23.6N/mm2
・現場気中
 1)3537g・162kN・20.6N/mm2
 2)3547g・171kN・21.8N/mm2
 3)3535g・157kN・20.0N/mm2
 平均20.8N/mm2
 現場気中は標準養生の88%

20201001_IMG_0717.JPG

ドーナッツの位置を手直ししてあった


20201001_IMG_0725.JPG

型枠を運ぶのにでっかいレッカーがいた


20201001_IMG_0719.JPG

内型枠は殆ど立っていた


20201001_IMG_0733.JPG

気持ちの良い天気なので屋根を開けて帰った

岡田建設工業からの工事日報

10月1日(木) 晴れ時々曇り一時雨
・型枠工事 内部型枠立て込み
 青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・長尾道夫・長尾勇志・花田正志・松本年雄
・型枠搬入 中山基礎工業(クレーン) 中山琢喜
・PM2:00〜耐圧版コンクリート1週圧縮試験 中央生コン 試験者 松田裕介
・PM3:00〜壁配筋検査 西沢鉄筋立合 干場賢治
・10月2日(木)の予定
 壁、スラブ、外部返し型枠 青木工務店
 荷運搬 松井レッカー

IMG_20201001_141345.jpg

1週圧縮試験立ち会い(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201001_151043.jpg

沈殿槽壁とスリーブ補強の配筋検査(撮影/岡田建設工業)

2020年09月30日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月30日(水) 晴れ時々曇り
・型枠工事 内部型枠立て込み
 青木工務店 吉田征紀、斉藤雅秀・長尾道夫・長尾勇志・花田正志・松本年雄
 型枠搬入 松井レッカー 岡田兆功(よしのり)
・10月1日(木)の予定
 壁型枠 青木工務店
 荷運搬 松井レッカー
 14:00 耐圧版コンクリート1週圧縮強度試験 中央生コン
 15:00 壁配筋検査 現場

IMG_20200930_093715.jpg

壁配筋 D13@200タテヨコW(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200930_092841.jpg

スリーブ補強D13L=1100-タテ・ヨコ・ナナメW(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200930_101247.jpg

型枠建込み開始(撮影/岡田建設工業)

2020年09月29日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月29日(火) 晴れ時々曇り
・鉄筋工事 立ち上がり配筋 
 西沢鉄筋工業所 西沢知巳・田村久夫・金西浩伸・四十万謙一
  グエン バン トウソ・ズオン テ クエン
 中川鉄筋 西崎伸吾・中川秀則
・9月30日(水)の予定
 壁型枠 青木工務店
 荷運搬 松井レッカー

20200929_5E86BBF4.jpg

壁配筋完了。型枠と鉄筋の間隔を確保するためのドーナッツが同じレベルで入っているけど上下左右にずらして貰うよう手直しを依頼した。(撮影/岡田建設工業)

2020年09月28日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月28日(月) 晴れ時々曇り
・鉄筋工事 立ち上がり配筋 西沢鉄筋工業所
 田村久夫・金西浩伸・干場賢治、竹林忍・四十万謙一・グエン バン トウソ・ズオン テ クエン
・9月29日(火)の予定
 鉄筋工事 立ち上がり配筋 西沢鉄筋工業所

IMG_20200928_103643.jpg

排水処理槽の壁筋組み立て中(撮影/岡田建設工業)

2020年09月24日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

06:55-11:50
くもり

20200924_IMG_0493.JPG

のと里山海道へ・今日は終日曇り


20200924_IMG_0495.JPG

コンクリート打設前


20200924_IMG_0543.JPG

止水板は1m毎に穴が空いているので横筋に結束して固定する。そのため止水板の上下に横筋が来るように図面が描いてある。


20200924_IMG_0500.JPG

ロータリーポンプ車到着


20200924_IMG_0503.JPG

畜産業敷地内なので足回りを消毒中


20200924_IMG_0507.JPG

生コン車到着


20200924_IMG_0536.JPG

1台目の伝票。08:00出08:20着・24-15-25N・4立米


20200924_IMG_0511.JPG

モルタル車は呼ばずホッパ内に生コンを入れ水でやわらかくする


20200924_IMG_0512.JPG

やわらかくなったコンクリートを圧送しつつ生コンを入れていく


20200924_IMG_0513.JPG

水を混ぜてやわらかくなったコンクリートはまともなコンクリートが出てくるまで外側に捨てる。この部分はあとから階段型枠のサポートを立てるための捨てコン代わりにするのでかなりたっぷり捨てた。


20200924_IMG_0522.JPG

ポンプ車の筒先から試験用のコンクリートを採取中


20200924_IMG_0529.JPG

空気量の試験中


20200924_IMG_0531.JPG

スランプ試験


20200924_IMG_0524.JPG

カンタブのロット番号667108。試験室は換算表を持って来ていなかった。次回のコンクリート打設かには持って来るよう伝える。ロット番号と換算表の番号が一致するか確認する必要がある。この生コン会社は初めてだからしかたないか。


20200924_IMG_0525.JPG

外気温を測る前にコンクリートに温度計を突っ込んでしまうし・・・


20200924_IMG_0539.JPG

カンタブも見せないまま持って帰りそうになるし・・・


20200924_IMG_0538.JPG

テストピース採取


20200924_IMG_0541.JPG

白い樹脂の使い捨て型枠は生コン会社の管理用テストピース(筒先ではなく荷下ろしのコンクリートから採取してた)。筒先から採取したテストピースと強度を比べてみるつもりだと思う。


20200924_IMG_0532.JPG

一番奥の脱窒槽から打設開始


20200924_IMG_0560.JPG

曝気槽を打設中


20200924_IMG_0578.JPG

最後の沈殿槽で4台目の生コン終了


20200924_IMG_0583.JPG

最後の調整用は小型車で0.6立米


20200924_IMG_0584.JPG

これで耐圧版の打設完了


20200924_IMG_0586.JPG

余ったポンプ車内の生コンを生コン車に返す


20200924_IMG_0589.JPG

明日雨なのでブルーシート養生のためにワイヤを張る


20200924_IMG_0593.JPG

鉄筋と止水板に付いたコンクリートを掃除中


20200924_IMG_0597.JPG

止水板の外側を木鏝押え中
岡田建設工業からの工事日報

9月24日(木)晴れ時々曇り
・耐圧盤コンクリート打設
・コンクリート受け入れ試験 中央生コン 谷屋・松田裕介
・圧送ポンプ車 大福圧送 岩田好豊・高宮隆平
・左官 中條左官 中條 正明 北山 正一
・土工 岡田建設工業 岡田浩之・山田治・北川誠・山上一吉
・シート養生 岡田建設工業 岡田浩之・山田治・北川誠・山上一吉
・9月26日(土)の予定
 立ち上がり壁墨だし 岡田建設工業 岡田浩之
 内壁型枠下地 青木 工務店
・9月28日(月)・29(火)壁配筋予定

IMG_20200924_084233.jpg

外気温26℃・コンクリート温度26.0℃・スランプ16.5cm・空気量3.9%
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200924_101423.jpg

耐圧版のコンクリート打設完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200924_112954.jpg

明日の降雨に備えて養生中(撮影/岡田建設工業)

2020年09月22日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月22日(火)晴れ時々曇り
・周囲片付け(解体足場搬出)
 岡田建設工業 岡田浩之・大同仮設工業 卜部元太 ケープレム
・止水板下テープはがし・止水板保持用木取付
 岡田建設工業 岡田浩之(8:30〜15:00)
・9月23又は24日(火水)の予定
 コンクリート雨養生ワイヤー張り 岡田建設工業 岡田浩之

IMG_20200922_133502.jpg

間違えて組み立てた内部足場の部材を搬出(撮影/岡田建設工業)

18:05-18:08
くもり
岡田さんが新米を持って来てくださった。
お礼にシャインマスカットを。

2020年09月20日 Sun

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月20日(日)晴れ時々曇り
・耐圧盤コンクリート天端高さだし(中央部)
 岡田建設工業 岡田浩之(15:00〜16:00)
・9月22日(火)の予定
 周囲片付け・止水板テープはがし 岡田建設工業 岡田浩之

IMG_20200920_154719.jpg

耐圧版天端のレベル出し(撮影/岡田建設工業)

2020年09月19日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月19日(土)天候 晴れ
・耐圧盤型枠取付 青木工務店 吉田征紀
・耐圧盤固定、周囲コン天レベル出し・外部足場補強 岡田建設工業 岡田浩之
・9月20(日)の予定
 耐圧盤コン天レベル出し(中央部) 岡田建設工業 岡田浩之

IMG_20200919_142048.jpg

耐圧版周囲の型枠完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月18日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

08:40-14:40
・止水板のジョイント部の溶着作業の立ち会い
 岡田建設工業 岡田浩之氏
 早川ゴム>吉田工業 岩本文法氏

20200918_E-620-N.jpg

サンタックゴム止水板は基礎耐圧版と壁の打継部から汚水が土中に漏れないように入れているゴム製の板のことで上記図面の赤色の部分


20200918_IMG_0388.JPG

隅角部は工場で溶着されてきている。止水板の高さ方向中央部の白いパッチが当たっている部分が溶着された位置。ジョイント部が全てシームレスに溶着されるので打継部からの漏水(汚水の漏れ)に対する信頼性が高い。ま、価格も高いんだけど。普通の止水板だとジョイント部は重ねて結束線で縛るだけなので止水板同士に隙間ができ気休めなんだよなぁ。初めて止水板を入れた現場は何処だったか?そのジョイント部を見て『えぇ〜っ。現場の精度ってこれなのか』と思った。どう手直ししようが隙間は無くならないし。全部がそうではないけれど世の中お金で性能が決まってしまう。今回は「水」じゃなくて「汚水」だから性能を取らなくてはと奮発してシームレスにできるこれを使うことにした。


20200918_IMG_0308.JPG

ジョイント位置に入れる生ゴムに接着剤を塗布する


20200918_IMG_0313.JPG

止水板ジョイント部の片側に生ゴムを貼る


20200918_IMG_0314.JPG

金型で固定する


20200918_IMG_0317.JPG

もう片方の先端にも接着剤を塗って金型で固定する


20200918_IMG_0396.JPG


ジョイント部に貼った生ゴムをシノ(ラチェットレンチの反対側の先の尖った方)の先で潰して隙間を埋める。隙間が大きいときは生ゴムを切り隙間に詰めシノで押さえる。


20200918_IMG_0318.JPG

ジョイント部の隙間を生ゴムで埋め終わり


20200918_IMG_0322.JPG

上側の金型を長ナットで固定する


20200918_IMG_0326.JPG

温度制御ボックスで140℃で20分間加熱する


20200918_IMG_0327.JPG

下側金型と上側中央金型が加熱される。鉄筋でいうと圧接のバーナーが金型に代わった様な感じで溶着される。この状態で20分待つ。その間に耐圧版の配筋検査をする。


20200918_IMG_0332.JPG

時間が来たので金型を外す


20200918_IMG_0333.JPG

両側の固定用の金型も外す


20200918_IMG_0338.JPG

おーぉ!綺麗に溶着されてるわ


20200918_IMG_0339.JPG

下側の金型も外す


20200918_IMG_0342.JPG

センターバルブ(真ん中の膨らみ)とサイドバルブ(両サイドの膨らみ)の間に貼ってあるスパンシール(ブチルゴム)がジョイント部には抜けているのでその隙間を埋める


20200918_IMG_0344.JPG

プライマーを塗布する


20200918_IMG_0348.JPG

スパンシールを貼る。手だけ登場の岩本さんは数日前に珠洲の土木の現場に行ったそうで・・・一度名古屋に戻り昨日こちらにきて、今日名古屋に戻るとか。


20200918_IMG_0351.JPG

表側のスパンシール貼り完了


20200918_IMG_0352.JPG

裏側はセンターバルブの裏が空いたままになっているのでパッチを貼る。・・・で、表側と同じに両側にスパンシールを貼ってジョイント部の完成
岡田建設工業からの工事日報

9月18日(金)天候 雨
・止水板溶着 吉田工業(名古屋市 早川ゴム下請け) 岩本文法
 壁筋解体・再取付、止水板溶着・耐圧盤配筋検査 岡田建設工業 岡田浩之
・9月19(土)の予定
 耐圧盤型枠 青木工務店
 止水板固定 岡田建設工業 岡田浩之

IMG_20200918_112424.jpg

沈殿槽の耐圧版配筋検査 D13@200タテヨコ・ダブル
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200918_111302.jpg

脱窒槽の耐圧版配筋検査 D13@200タテヨコ・ダブル
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200918_132936.jpg

曝気槽の出荷デポ側の止水板溶着状況確認(撮影/岡田建設工業)

2020年09月17日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月17日(木)天候 曇り時々晴れ後雨
・止水板設置
 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠
 和倉商事 坂本祥一8:30〜10:00
・鉄筋移動・内部足場解体・止水板ジョイント雨養生
 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠 10:00〜16:30
・9月18(金)の予定
 止水板溶着 和倉商事手配の職人 8:30現場集合
 耐圧版配筋検査

IMG_20200917_083819.jpg

止水板搬入・サンタックゴム止水板6×200・E-620-N
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200917_153431.jpg

止水板のジョイント部(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200917_153301.jpg

明日雨の中でジョイント部の溶着作業をするので養生のシート張り
(撮影/岡田建設工業)

2020年09月16日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

サッシ施工図チェック2回目
岡田建設工業からの工事日報

9月16日(水)天候 曇り時々晴れ
・耐圧盤配筋 西沢鉄筋工業 田村久夫・西沢智己・金西浩伸・四十万健一・グエン ヴァン トウソ・ズオン テ クエン
・現場管理 岡田建設工業 岡田浩之(8:00〜10:30-16:00〜16:30)
・9月17(木)の予定
 止水板受け入れ仮置き、鉄筋片付け、内部足場解体 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠

IMG_20200916_085511.jpg

耐圧版の配筋中。岡田さんから電話があって「現場を離れていたら耐圧版の中に足場を組んであった」・・・と。この足場は耐圧版打設後に組む内部足場。明日解体するとのこと。(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200916_164800.jpg

耐圧版の配筋完了。D13@200タテヨコダブル。(撮影/岡田建設工業)

2020年09月12日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月12日(土)天候 晴れ
・墨だし 岡田建設工業 岡田浩之 08:30〜12:00
・9月14日(月)の予定 仮設工事 外部足場設置

IMG_20200912_115510.jpg

処理槽本体の墨出し完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月10日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

※捨てコンは墨出しをするためのものであって躯体ではないので打設には立ち会わない

岡田建設工業からの工事日報
 9月10日(木)天候 晴れ後雨

・コンクリート工事 捨てコンクリート打設
 予定4.5㎥・実際打設数量8㎥
 打設時間8:30〜10:30
・コンクリートポンプ運転 大福圧送(株) 岡島正樹・尾崎稔
・コンクリート押さえ 中條左官 中 正明
・コンクリート打設人夫 岡田建設工業(株) 岡田浩之・山田治・北川誠・浦野彦久
・明日の予定 コンクリート養生期間 作業なし
・9月12日(土)墨だし予定

IMG_20200910_082554.jpg

ポンプ車(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_082636.jpg

ポンプ車と生コン車(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_093502.jpg

捨てコン打設中(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_102910.jpg

捨てコン打設完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月09日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

09:21-12:12
晴れ
・柱状改良杭芯の確認
・たまたま現場に寄った喜多氏に追加の窓の高さを説明

帰りの里山海道の白尾ICの高架の下でネズミ取りをしていた。珍しく走行車線を制限時速で走っていたので大丈夫。追い越し車線だったら気づいていなかっただろうね。これまで里山海道では白バイか覆面だけを気にしていればよかったのに、それにしてもどこで捕まえるんだろうと思いながら運転していたら内灘ICを通り過ぎてしまう。捕まえる場所がないってことは移動式オービスか・・・。もしかしてまだ通知が来ていないだけで畑の帰りにやられている可能性があるのか。これからはもうスピード出せないな。

調べてみたら石川県では2020/04から移動式オービスでの速度取り締まりが始まったそうだ。

20200909_IMG_0223.JPG

今日も暑い予感


9月9日(水) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 床堀・土留め・砕石地業・捨てコン型枠
 岡田建設工業 岡田浩之(PM2:00まで)・山田治・浦野彦久
10:30〜杭芯検査
明日の予定 捨てコン打設 AM8:30〜

IMG_20200909_104611.jpg

柱状改良柱頭の位置確認検査(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200909_135825.jpg

砕石敷きと捨てコンの留め枠完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月08日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

9月8日(火) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 床堀・土留め・砕石地業 岡田建設工業 岡田浩之(AMのみ)・山田治・浦野彦久

明日の予定 砕石地業・位置だし・捨てコン型枠・AM10:30〜杭芯ずれ検査

IMG_20200908_120207.jpg

昨日に続いて杭頭を出してその間に砕石敷き(撮影/岡田建設工業)

2020年09月07日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

9月7日(月) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 土留め・床堀・砕石入れ 岡田建設工業 岡田浩之・山田治・浦野久彦

IMG_20200907_140045.jpg

杭頭を出してその間に砕石敷き(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200907_165156.jpg

現場入り口側方向(撮影/岡田建設工業)

2020年08月31日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

07:06-10:35
曇り→晴れ
柱状改良4日目の立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
  ヤシキ重機 永岡茂・北嶋信之
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200831_IMG_0098.JPG

今日も暑そう


20200831_IMG_0102.JPG

改良材をプラントに投入して作業開始


20200831_IMG_0115.JPG

杭芯合わせ。ピンに爪の先端を合わせる。


20200831_IMG_0104.JPG

今日の一本目A42杭から開始


20200831_IMG_0109.JPG

毎日定例のスラリーの比重測定


20200831_IMG_0110.JPG

1.7でOK


20200831_IMG_0135.JPG

使用した改良材の風袋確認・・・26袋


20200831_IMG_0142.JPG

A45杭(67本目)が最後

2020年08月29日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

07:06-17:15
晴れ・暑かった・顔が痛い
柱状改良3日目の立ち会い

いつもなら土曜日は畑の日だけど今日はこちらを優先するしかない。和泉は珠洲の教室があるため、朝現場で下ろして貰い夕方ピックアップして貰った。

写真を見て「マスクは?」と思う人がいるかもしれないが、この炎天下の中でマスクをしていたら倒れる。用心深い私でも諦めた。マスクしていなくても倒れそうなのに・・・。

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
  ヤシキ重機 永岡茂・北嶋信之
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200829_IMG_9975.JPG

現場に入るには家畜伝染病予防のため薬剤ボックスに長靴で入って消毒する。右のボックスは現場から出るときに砂や泥を落とすため。


20200829_IMG_9939.JPG

朝一番でそれぞれのユニックに4袋ずつ8袋の改良材が搬入された


20200829_IMG_9946.JPG

プラントに改良材を投入して作業開始


20200829_IMG_9945.JPG

水量カウンタは昨日と同じか確認しておく


20200829_IMG_9999.JPG

毎日やる比重測定


20200829_IMG_0001.JPG

1.7でOK


20200829_IMG_9969.JPG

C4柱頭からの採取サンプル


20200829_IMG_9976.JPG

今日は昨日までに施工した杭頭処理を永岡さんと北嶋さんがやってくれる。ブロア室の杭頭処理中。所定高さまで平爪バケットでガリガリ削っていく。


20200829_IMG_9978.JPG

北嶋さんがレベルを確認中


20200829_IMG_9981.JPG

あとどれだけ削るかの数値をスプレーする


DSCN9768.JPG

ブロア室の杭頭処理確認(撮影/岡田建設工業)


20200829_IMG_0007.JPG

ブロア室の杭頭処理完了。手前はフェノールフタレイン溶液によるアルカリ反応の着色を確認した部分。紫になるということは改良材が混ざっているという意味。


DSCN9778.JPG

処理槽本体の杭頭はGL-1870なので穴の底に降りて杭頭処理を確認中
(撮影/岡田建設工業)


20200829_IMG_0025.JPG

処理槽本体側でもフェノールフタレイン反応試験を行う


20200829_IMG_0020.JPG

村上さんが着色した杭部分の寸法を確認中


20200829_IMG_0021.JPG

柱頭が地盤面に近い場合はスラリーが多くなるので着色や杭頭の形状がわかりやすいが、今回の様に2m近く下の地中から始まり4〜6mまで改良する場合は柱状改良部分とその周囲との区別が付きにくい。


20200829_IMG_0042.JPG

本体部分の柱状改良はGL-1870から下なので上部の土をどかさないと柱頭処理がしにくいのでダンプで不要土を搬出する。ダンプが敷地内に入場するときには消毒薬を散布して家畜伝染病を予防する。残土置き場まで行って戻ってくるたびに消毒する。


20200829_IMG_0044.JPG

出荷通路を養生して残土をダンプへ


20200829_IMG_0065.JPG

地中の杭頭部分とその周囲の土。これは見分けが付きやすい方。


20200829_IMG_0081.JPG

今日まで3日間の改良材の風袋は23袋


20200829_IMG_0082.JPG

掘削攪拌機を洗浄して作業終了


20200829_IMG_0087.JPG

プラントを洗浄し残った改良時を養生して作業終了

2020年08月28日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

07:09−16:33
曇り→晴れ・暑いけど昨日より全然まし
柱状改良2日目の立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200828_IMG_9820.JPG

今日は曇りか?太陽が出ないでほしい。昨日はホントに暑さに参った。


20200828_IMG_9822.JPG

08:10 改良材4袋搬入


20200828_IMG_9828.JPG

これで15袋搬入完了


20200828_IMG_9824.JPG

今日の作業開始


20200828_IMG_9830.JPG

油圧ショベル・コマツPC78US


20200828_IMG_9831.JPG

今日1本目のA11杭を検尺中


20200828_IMG_9832.JPG

残尺5.9m


20200828_IMG_9833.JPG

ロッド長9.9m・残尺5.9m・削孔長4.0m・GL-1.87mが杭天端でA11杭の現況地盤高がGL-0.3mなので改良長は2.43m。このデータは改良機からプリントアウト出力とデジタルデータ出力されるので残尺の検尺は現場に来ない監理者(設計事務所)のための撮影なのでこの現場では監理者が立ち会っているのでこれ以上検尺はしないことにした。「全数検尺してくれ」という監理者もいると聞いたがちゃんと立ち会えよ!検尺するのにはすごく手間がかかるのに全数なんて・・・。


20200828_IMG_9857.JPG

機械の操作部


20200828_IMG_9852.JPG

ディスプレーには深度・積流・トルク値がグラフで、ロッドの傾き(左右と前後)も表示される。トルク値で支持層に届いたかどうかを判断する。支持層が堅い場合はロッドがガタガタ音を立てるし機械が反力で持ち上がるのでわかりやすいが微妙な土質の場合はトルク値でしか判断できない。今回の支持層は堅いので機械の動きと音を聞いていれば一目瞭然。


20200828_IMG_9913.JPG

ブロア室の床レベルと外構の関係がイマイチだったので中正氏の測量図を元にFLを150mm下げることにした。そのうち合わせ記録。


20200828_IMG_9917.JPG

14:10 改良材7袋搬入


20200828_IMG_9927.JPG

今日最後の改良が完了


20200828_IMG_9928.JPG

今日は昨日と違って捨て孔(スペースが無いので)ではなく余ったスラリーと配管内の掃除の水は垂れ流しで。


20200828_IMG_9931.JPG

丁寧に水洗い中。中古でも1500万円だったらしい。


20200828_IMG_9932.JPG

改良材の養生を終え機材の清掃中


20200828_IMG_9933.JPG

昨日と今日の2日分の風袋

2020年08月27日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

07:04−17:25
晴れ・暑い
今日から柱状改良が始まるので立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太・竹村佳紘
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200827_IMG_9595.JPG

07:18 畑に行く時間より遅いので車が多い


DSCN9560.JPG

杭芯位置の確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9599.JPG

ワイビーエムの「GI-50C-HT20K」とコマツのバックホウ


20200827_IMG_9600.JPG

プラントと発電機と水タンク


20200827_IMG_9620.JPG

改良材(デンカソイルパックSP-2000)が到着


20200827_IMG_9625.JPG

搬入中


20200827_IMG_9627.JPG

トンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9633.JPG

ロッドの検尺中


20200827_IMG_9631.JPG

ロッド長は9.2m。竹村さん。


20200827_IMG_9637.JPG

掘削攪拌機の全長検尺中90cm。山本さんと竹村さん


20200827_IMG_9640.JPG

撹拌翼の幅検尺60cm


20200827_IMG_9642.JPG

工事写真を撮影中の村上さん


20200827_IMG_9643.JPG

オーガーで1m毎の現場の土を採取する


20200827_IMG_9696.JPG

搬入時に錆々だったオーガーを土採取後に水洗いしたら綺麗になってる


20200827_IMG_9653.JPG

採取した土のpHを測定する。4以下の酸性だと強度が出ない。


20200827_IMG_9647.JPG

深度1mの土サンプルのpH計の目盛5.4


20200827_IMG_9654.JPG

pH測定器は農業用らしくてpHによって最適な作物が書かれている。竹村電機製作所製。


20200827_IMG_9788.JPG

プラントの制御盤


20200827_IMG_9787.JPG

水セメント比0.6。立米あたり600kgとなるが少なめの580kgでスラリーを配合


20200827_IMG_9661.JPG

プラントからスラリーを柄杓で採取して比重試験器に入れる


DSCN9583.JPG

比重測定器の重りの位置確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9664.JPG

支点の上に付いている水平器でおもりの釣り合いを取る


20200827_IMG_9665.JPG

比重の読みは1.7。設計では1.696。差は±1%以内なのでOK。


DSCN9589.JPG

杭芯への攪拌機先端セット確認(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9666.JPG

「A1」から改良を開始する


20200827_IMG_9669.JPG

地盤調査よりも浅めで支持層に達してしまった


20200827_IMG_9670.JPG

地盤調査位置に近いA25を試験杭にすることにした


20200827_IMG_9672.JPG

支持層の深さは地盤調査と一致したのでこれを試験杭1本目としてロッドの残りの長さを検尺中。現実には施工機械のディスプレイで深度やトルク値・スラリー流量が管理されているので検尺は古き良き時代の形だけでしかないが慣例なので検尺してくれている。


20200827_IMG_9676.JPG

A25試験杭完了


20200827_IMG_9683.JPG

A51の試験杭2本目に移動


20200827_IMG_9684.JPG

ロッド+ドリル長=9.9m・残尺6.2m・削孔長=3.7m。この位置のレベルはGL-400なのでドリル先端はGL-4.1m。


20200827_IMG_9687.JPG

改良材をプラントに入れる


20200827_IMG_9693.JPG

ホッパ下の長楕円形の風船みたいのが集塵機で改良材が飛び散らないようになっている。


20200827_IMG_9659.JPG

施工した杭状改良の中から試験サンプルを採取するための機材。中央がロッドに取り付けるためのアダプター。上の機材が外側で下の機材がその中にすっぽり入る。


20200827_IMG_9698.JPG

A51試験杭の柱頭と先端からサンプルを採取するための機材をロッド先端に取り付ける


20200827_IMG_9701.JPG

攪拌機を取り外してサンプル採取のための機材用アダプターを取り付ける


20200827_IMG_9703.JPG

ドリフトピンで固定中


20200827_IMG_9704.JPG

サンプル採取用機材取り付け中


20200827_IMG_9707.JPG

正回転で閉まっていた蓋が逆回転で開きサンプルを採取する


20200827_IMG_9713.JPG

柱頭部(GL−1800程度)からサンプルを採取してロッドを引き上げる


20200827_IMG_9714.JPG

周りに付いた不要な改良土をへらで落とす


20200827_IMG_9717.JPG

逆回転時に内部に入った試料を手で掻き出してモールドコアに詰める


20200827_IMG_9720.JPG

モールドコアに試料を充填中


20200827_IMG_9722.JPG

左側にモールドコア


20200827_IMG_9727.JPG

次に深部から試料を抜き取りモールドコアに充填


20200827_IMG_9731.JPG

深部試料採取完了


20200827_IMG_9732.JPG

左が柱頭で右が深部からの採取試料。後日一軸圧縮試験を行う。


20200827_IMG_9739.JPG

機材の水洗い中


20200827_IMG_9741.JPG

深部から試料を採取したため穴が開いた状態になっているのでもう一度撹拌機を下まで入れて穴埋めする


20200827_IMG_9742.JPG

試験杭による検尺や試料の抜き取りなどが完了したのでブロア室部から柱状改良を開始する


20200827_IMG_9748.JPG

ブロア室一本目の「B2」杭の柱頭からサンプルを採取中


20200827_IMG_9760.JPG

B2杭のモールドコア


20200827_IMG_9752.JPG

本日2回目の改良材搬入(4袋)


20200827_IMG_9789.JPG

搬入されたトンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9794.JPG

ブロア室の8本が完了


20200827_IMG_9812.JPG

13本目完了。これで本日の施工は終了。


20200827_IMG_9800.JPG

改良材にブルーシートを掛ける養生中


20200827_IMG_9801.JPG

プラントの清掃中



20200827_IMG_9814.JPG

余ったスラリーを捨て孔に注入中


20200827_IMG_9819.JPG

攪拌機の清掃中。オペの高坂さん。高坂さんと山本さんは昼休みせずに作業したので早めに終える。

2020年08月26日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの日報

岡田建設工業 中正哲夫・山田治
柱状改良杭芯出し

DSCN9546.JPG

柱状改良杭芯出し(撮影/岡田建設工業)

2020年08月25日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

06:30−07:16
柱状改良施工計画書チェック・承諾

2020年08月21日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

17:30−19:15 ブロア室ドアの施工図チェック・返却
19:15−20:30 柱状改良施工計画書チェック・返却

2020年07月27日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

08:03-10:36
曇り→雨→曇り

中能登町役場鹿島庁舎
建築工事届提出

2020年07月21日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

◇施工図の2回目チェック・返却
・耐圧盤・スラブ伏図
・ブロア室伏図・ブロック割
・階段手摺
◇施工図の1回目チェック・返却
・沈殿槽・脱窒槽内部仕上げ
◇使用材料・全体工程表承諾

2020年07月20日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

施工図の1回目チェック・返却
・耐圧盤・スラブ伏図
・ブロア室伏図・ブロック割
・階段手摺

2020年07月16日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

13:10-15:40
晴れ
平山畜産で平山正幸氏と打合せ

地盤調査の結果、地盤が弱いので直接基礎では無理で杭状改良が必要となった。その上、杭状改良の施工時期が08/27からしかあいていないとのことで工期が6週間後ろにずれた。

20200716_IMG_9236.JPG

こんな天気久しぶりだ

2020年07月08日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

07:15-11:15
行き・雨→くもり(現場)→小雨(現場)→帰り・かなり強い雨
・スエーデン式サウンディング試験立会い
 岡田建設工業 中正哲夫
 理研地質 磯田亮・中村一士
2mの床付け面のN値換算値は3N必要なところ1N程度しかでないので設計変更の必要がある。はぁ〜。

20200708_IMG_9114.JPG

のと里山海道を上棚矢駄ICで降りて右へ。山深い道を行く。


20200708_IMG_9117.JPG

排水処理施設をつくる敷地。奥の建物から左へ伸びるのは豚がドナドナされていくための通路。


20200708_IMG_9119.JPG

サウンディング試験機を搬入中


20200708_IMG_9122.JPG

日東精工ジオカルテV+クローラーV


20200708_IMG_9144.JPG

試験位置4ヶ所のレベル測量中


20200708_IMG_9135.JPG

ロッド先端のスクリューポイント


20200708_IMG_9141.JPG

ロッドとロッドのつなぎ目のねじ切り


20200708_IMG_9137.JPG

ロッドをセット中


20200708_IMG_9140.JPG

コントローラー


20200708_IMG_9147.JPG

コントローラー左上のディスプレーの表示


DSCN9070.JPG

No.1汚泥槽(撮影/岡田建設工業)


20200708_IMG_9132.JPG

試験終了後のロッドの引き抜き中


20200708_IMG_9131.JPG

テコでロッドを引き抜く。最大2tの引き抜き力らしい。


20200708_IMG_9152.JPG

このナナメになった部品(グリッパ)の穴とロッドが接触することでロッドと引抜装置が固定されテコの原理で引き抜く


20200708_IMG_9168.JPG

ロッドとロッドの繋ぎ目を緩めるための工具


DSCN9071.JPG

No.2沈殿槽(撮影/岡田建設工業)


DSCN9075.JPG

No.3脱窒槽(撮影/岡田建設工業)


20200708_IMG_9169.JPG

No.4ポイント(ブロア室中心)の試験開始後すぐに転石にぶつかったらしく入らなくなったので位置を30cm処理槽側にずらしてやりなおす。


DSCN9078.JPG

No.4ブロア室(撮影/岡田建設工業)

2020年07月03日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

14:50-18:00
くもり→帰り雨
監理契約についての打合せ

2020年06月26日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

14:05-17:35
雨→曇り

岡田建設工業で打合せ
・東洋セイバー 喜多勇氏
・岡田建設工業 岡田浩之氏・中正哲夫氏

2020年06月06日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

県からの補助を受けられることが決まり施工者を決めるための「入札公告」を指示された。

IMG_8674_ShiftN.jpg

A3用紙2枚に印刷してエルミンサッシの内側に貼って公告した


IMG_8675_ShiftN.jpg

反対側からの写真。2週間の公告が義務づけられている。


IMG_8676_ShiftN.jpg

見る人・・・いる?ここにも公告しておく。


IMG_8678_ShiftN.jpg

これらの「公告」した写真は県への提出が求められている

2020年05月27日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

10:58
県へ内訳書をメール添付で送信

2020年04月29日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

19:00
修正図と構造計算書を提出

2020年04月26日 Sun

2020年04月24日 Fri

2020年04月22日 Wed

2020年04月16日 Thu

2020年04月13日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

14:45-16:50
岡田建設工業 岡田浩之氏と打合せ
・ブロア室の構造について
・階段の構造について
・アサリと蒸しパンとキャップをお裾分け。

20200413_IMG_7820.JPG

竹を伐採するためにと岡田氏が貸してくれた。でももうタケノコが出てるので次に伐採するのは11月以降なんだけど・・・。


20200413_IMG_7823.JPG

マキタのレシプロソーJR3070CT。珠洲だと鍵も掛けられないので金沢に置いておくか。なんか宝の持ち腐れみたい感じ。

2020年04月07日 Tue

「堀川町の住宅」

09:50-11:15
快晴
一年検査の手直し項目の確認
 株式会社田村 山口麻衣子さん
 杉山設備工業株式会社 上保貴志氏
  バルブボックス内調整
 丸越木工株式会社 小杉征一氏・荒川氏
  玄関ドアのモヘヤ貼り・上部戸当りのゴム貼り
 宮岸シール 宮岸正之氏
  ポーチ柱の抜節のシール・デジタル回線の穴埋めのシール
  床と巾木の間のシール
 立川ブラインド工業株式会社 矢野泰之
  2階3連の中央ブラインドの部品外れ

2020年04月01日 Wed

「中能登町の排水処理設備」

11:52
岡田氏からの依頼で設計のみで監理はなし
※補助金を受けるので設計完了後に県からの指示で監理付きになった

2019年08月29日 Thu

「堀川町の住宅」

15:06-16:05
雨→くもり
三菱電機システムサービスの堀田(ほりた)氏
湿度センサーでエラーが出ている件について
ナイトパージコントローラーの点検をしてもらう

・湿度センサーと温度センサーの接続先が入れ替わっていた
 ↑
 電気配線が違っていたという意味
・今年はもうナイトパージの試運転ができないので来年だ
 ナイトパージの効果があるのは内外の気温差が5℃くらい
 なので08/01から08/15くらいの期間じゃないと意味がない

2019年08月02日 Fri

「堀川町の住宅」

15:55-16:10
上保氏・堀田(ほりた)氏来所
ナイトパージの湿度センサーの異常について
外部ベンドキャップを取り外してセンサーを点検する前にコントローラーに正常なセンサーを取り付けてみてエラーが出なくなるかを先にやって見る方がいいとなった。コントローラーが壊れているという場合もあり得るので。ベンドキャップをはずすには高所作業車か足場を組むかが必要だしシール屋さんも必要だし・・・とお金が掛かるのでまずは内部側で何が悪いのかを確実にしてから外部側に手をつけることになった。

2019年08月01日 Thu

「堀川町の住宅」

14:18-14:42
晴れ・暑い
面政裕氏来所
高さ方向を上下各2mmずつ切り詰めた流し台扉の取り付け
床石の不陸もあって扉を開けたとき下側がぎりぎりだった

20190801_IMG_5426.JPG

家具扉の取付中

2019年07月30日 Tue

「堀川町の住宅」

15:00-15:25
晴れ
山口麻衣子さん・斎藤淳一氏来所

ナイトパージを運転しようと思ったらコントローラーで湿度センサー異常のエラーが出たので結線がちゃんとしているかを見てもらった。結線は問題なかったので北面上部にあるベンドキャップの中のセンサーを点検する必要がある。足場を組むか高所作業車を使うか・・・。ベンドキャップをはずすには周囲のシールを切らなくてはならない。ベンドキャップをはずして湿度センサーに汚れが付いていないことを確認してもう一度運転しそれでもダメなら湿度センサーを取り替えることになる。・・・・とっても面倒なことになった。

センサーを取り付けてすぐに試運転をすればよかったのだが、足場解体が02/22で壁の左官仕上げが03/15からだから工程的に無理だったので仕方がない。ただ引き渡し前にコントローラーの試運転をしておくべきだったと後悔してる。

2019年06月28日 Fri

「堀川町の住宅」

・15:48-16:00 山岸製作所・西島恭子さん
 03/24に依頼した椅子2脚がようやく届いた
 イームズ プラスチックシェルチェア
 4レッグベースサイドチェアDSX.BK./9Jスパロー
・16:03-16:25
 山岸製作所で支払い

20190628_IMG_5011.JPG

この角度って・・・なんかムーミンみたいだなぁ


20190628_IMG_5013.JPG

大高事務所で私はずっとイームズチェアを使っていた。白色樹脂に座面と背の座る方だけがグレーのファブリックで4レッグベースだった。すごく座りやすくて気に入っていた。あれと同じのは探しても見つからなかったのでせめて似た形の4レッグベースに。色は床に似た色にしてみた。以前ならビビッドな色を選んでいたかも知れないが歳も歳だし・・・。設計事務所が一万円もしない中国製ジェネリック(レプリカ)を買うわけにもいかないのでそこは本物で。

2019年06月21日 Fri

「堀川町の住宅」

12:20
くもり
山口麻衣子さん来所

20190621_IMG_4939.JPG

竣工図の製本を受け取る

2019年06月19日 Wed

「堀川町の住宅」

ポーチの梁下にPanasonicのBB-SW172Aを取り付けた。LANケーブル経由でPoEで電源供給したのだが、その場合はSDカードに録画できない・・・と設置してからわかった。パソコンで外の様子を眺めているんじゃ使い物にならんわ!

・・・で、何とか録画する方法を探してみた。Panasonicの専用録画ビューアソフトは税別59,800円・・・高すぎるわ!他の方法を・・・SynologyのNAS(LAN接続のHDD)に「surveillance Station」というNAS監視カメラ用ソフト(それ以外に色んなソフトも)が付いてくるというのを見つけたので購入してみた。05/02にNASキットが到着(23,690円)。購入した「DS218play DiskStation」は2ベイ。ベイに入れるHDDは別だからWD40EZRZ-RT2(4TB)を2台購入(7.980×2=15,960)して取り付ける。
Synology「surveillanceStation」で対応しているIPカメラの中にBB-SW172Aが無いので設定に手間取った。他の機種名でごまかしてなんとか使える様になった。ポーチ部分と前面道路部分で動作が検出されたときに事前録画5秒、事後録画5秒で録画されるようにしてみた。動画としては5秒+検出された動作+5秒で録画されるということ。
こんな感じで不審者の行動が録画される。実際のサイズは800×600でもっと大きいのだが車のナンバーを読み取るまでは無理。HDくらいの高精細度カメラが必要だと思う。ただそれだとデータ量が多くなるので常時LANのトラフィックが多くなって他のデータ移動を圧迫することにもなるので別回線にするのがよさそうだ。NASへデータをバックアップしながら録画されたIPカメラの動画はがくがくした動きになっていた。

Synology(シノロジー)は台湾のメーカーなのだが、日本語で普通に使用できる。設定や各種ソフトはブラウザ上で使用する。使用できるソフトは沢山ありすぎて全てを使いこなすのは無理。とりあえず「surveillance Station」で防犯と普通のNASとしてバックアップ目的として使ってみる。

2019年06月18日 Tue

「堀川町の住宅」

昨日アップしたカテゴリ「竣工写真」の「堀川町の住宅」にpdfで平面図・立面図・断面図・軸組図などの一般図を追加した。さすがに詳細図はだめだ。武山氏の様に「あの流し台とトイレの棒鍵を使いたいのだがどうすればいい?」と問い合わせがあり「私のデザインだと建て主にきちんと伝えれば詳細図を提供する」と回答して実際に鹿児島の住宅で採用された例はある。そういうちゃんと手続きを踏む人は少ないので詳細図は無理。

2019年06月10日 Mon

「堀川町の住宅」

09:00-09:20
・玄関ドアのパッキン取替と調整
 (株)田村 山口麻衣子さん
 丸越木工(株) 小杉征一氏・荒川さん?
・設計変更追加分の工事代金振込。

2019年06月07日 Fri

「堀川町の住宅」

09:10-10:30 雨
何項目かの手直しと電気竣工図の打合せ
 (株)田村 山口麻衣子さん
 斎藤電工 酒本昭夫氏
 杉山設備工業(株) 上保貴志氏
 三協立山(株) 清水伸雄氏

20190607_IMG_4564.JPG

エルミンサッシを180°回転して外部側が内部になり(上下逆転している)、それを開けて窓内部のブラインドを外したところ

2019年05月20日 Mon

「堀川町の住宅」

・ポーチ屋根の四隅に黄砂が溜まって汚いのでホースを上まであげて水洗い
・使い始めて一ヶ月経ったレンジフードのフィルターを交換した

20190520_IMG_4402.JPG

IHヒーターの後ろのスリットがレンジフードになる。毎回同じ説明だけど・・・。


20190520_IMG_4403.JPG

取手の輪っかをつまんで引き上げる


20190520_IMG_4404.JPG

ステンレスの板が出てくる


20190520_IMG_4405.JPG

中央下のロックボルトを挿すとステンレス板は少し手前に撓む


20190520_IMG_4406.JPG

この撓んだステンレス板がレンジフードになってスリットから吸い込む


20190520_IMG_4398.JPG

後ろ側から見たレンジフード


20190520_IMG_4399.JPG

流し台のレンジフードの後ろの扉を開けるとステンレス製のチャンバーが見える


20190520_IMG_4400.JPG

チャンバーの扉を開けると下にフィルターがある


20190520_IMG_4392.JPG

フィルターを取り除いたチャンバーの中には排気用のVU管200φの排気口が見える


20190520_IMG_4393.JPG

金属フィルターがを排気口の上にセットしてある。この上に使い捨ての紙フィルターを置き、毎月交換する。



20190520_IMG_4394.JPG

ロールの紙フィルター(W-7636業務用換気扇交換用長尺フィルター60cm×30m巻)を25cmに切ってセットする


20190520_IMG_4391.JPG

上が一ヶ月経った紙フィルター


20190520_IMG_4395.JPG

日の字型の重りを置いて紙フィルターの交換完了

2019年05月15日 Wed

「堀川町の住宅」

07:47-08:30 快晴
 スタンド・アド・サービスの辻森さん来所。
 サイン貼り付け完了。
10:10-15:15 晴れ
 湯涌温泉さかえや旅館(3階紫式部)で建築・電気・設備の代表者を昼席に招待
 して打ち上げ。

20190515_IMG_4291.JPG

ガラスを清掃中


20190515_IMG_4293.JPG

ベースとなるサッシの近似色DC0502シルバーを裏返しに仮貼り


20190515_IMG_4295.JPG

所定位置に貼る


20190515_IMG_4298.JPG

ヘラで水分を出していく


20190515_IMG_4302.JPG

コーナーのR部をヘラで押さえながらカッターで現場切断する


20190515_IMG_4317.JPG

右側から文字の裏紙を20cm分くらい剥がして所定位置に貼る。ヘラで押さえつつ少しずつ裏紙を剥がしながら文字を貼っていく。


20190515_IMG_4325.JPG

これでエルミンサッシのR部と下側のブラインドの隙間が気にならなくなる。文字はSC045グレイ。


20190515_IMG_4329.JPG

サイン完成


20190515_IMG_4299.JPG

外壁が汚れている


20190515_IMG_4300.JPG

鳥の糞が・・・


20190515_IMG_4333_ShiftN.jpg

鳥の糞は塗装面を傷めるので水洗いして落としておく


20190515_IMG_4335.JPG

堀川町の住宅の打ち上げ&室田氏の40歳の誕生日のお祝い
上保氏(設備)・斎藤氏(電気)・酒本氏(電気)・室田氏(建築)
荒金氏(大工)・私・和泉・山口さん(建築)
みなさんお疲れ様でした!

2019年05月14日 Tue

「堀川町の住宅」

14:40
 スタンド・アド・サービス 辻森氏来所
 道路側のエルミンサッシの下端に事務所名のサインを貼るのだが・・・
 雨のため明日朝に施工するとのこと
15:20
 山口麻衣子さん来所。住宅瑕疵保険の証書を受け取り。

2019年05月10日 Fri

「堀川町の住宅」

20190510_IMG_4234.JPG

物干しのためのパイプを建方時に入れている。普通ならパイプソケットを使って仕上げ時にパイプを取り付ける。少し気を使うとルミーナソケットねじ込み式ソケットを選んだりする。いずれにしろソケットを使うと端部に別材料が見えるのでイマイチなので建方時に取り付けることにしている。その位置は野地板のJパネルを支える120角の母屋に合わせた。物干しの平面形状は長方形なのだが干す洗濯物の位置によっては気まぐれに回転してしまう。困ったことに物干しが回転したとき長辺側がパイプと90°の位置に来ると微妙にブラインドに擦れるのだ。設計時には物干しが回ることなんか考えていなかったわ(思考が浅すぎる!)。あと10cmインテリア側にパイプを取り付ければ問題なかったのだが、上の母屋とずれるのは絶対に許せん!今さらパイプをずらすこともできない。結局干し籠を吊るために買った予備のSカン2個をフックの向こうとこちらに取り付けることで物干しは回転しなくなった。めでたし、めでたし。

2019年05月09日 Thu

「堀川町の住宅」

今日は水回りの紹介をしてみる。そのうち全部まとめて「竣工写真」のカテゴリーになる予定。

20190509_IMG_4222.JPG

洗面所入り口のドア下のスリット。ドアの高さを短くした「アンダーカット」はかっこ悪いので細いシュッとした横長のスリットにする。24時間換気は2階の寝室の引違いサッシュの換気框とナイトパージ用の給気扇(運転していなくても引きがあれば外気が入ってくる)から給気して1階の浴室とトイレから排気する。そのため普通のドア隙間では対処しきれないのでスリットを設ける。


20190509_IMG_4193.JPG

洗面所の左側はトイレ。建て直す前の住宅ではコアノンロールを使っていた。芯がない分ロールが長くてよかった。コアノンロールが使える格好いいペーパーホルダーがないので仕方なくこれになった。ただ、これまでのホルダーの紙切りカバーがステンレスの薄いやつでカラカラと音がしていたんだけどこれはちょっと重さがあって殆ど音がしないのでいい。ウォッシュレットリモコンはスティックリモコン・・・まぁ、そりゃぁそうでしょ。老人にはスイッチが小さくて見にくいといわれるけど位置を覚えるから問題ない。初めて使うとなると確かに見にくいと思う。


20190509_IMG_4192.JPG

トイレの窓は固定網戸の付いた上げ下げ窓。YKKの上げ下げ窓は上下が連動して動く。てっきり三協立山のも同じ動きをすると思っていたのだが上下の障子は独立して動くようだ。これはYKKの方がよかった。


20190509_IMG_4197.JPG

トイレに手摺を付けるのはまだ躊躇する年齢なので、ペーパーホルダーの付いている壁の腰までをふかして天板を付けて立ち上がる時の補助として使える様にしている。立ったあとは正面の天板を使う。手摺代わりにこの天板を利用する身体になるのはあとどれくらいだろう?


20190509_IMG_4202.JPG

引き戸用で既製品の格好いい錠がない。それでトイレの鍵はいつもの棒錠。これは施錠時。


20190509_IMG_4203.JPG

これは解錠時。普段は和泉と2人だけなのでこの錠も使わないがとりあえず来客時のために取り付けている。


20190509_IMG_4205.JPG

トイレ―洗面所―浴室の並びになっている。カウンター下は左から洗濯機―物入でカウンター上は引き戸の物入―手洗いとなっている。カウンター上の物入は引き戸なので物入前のスペースにも物が置けるので便利。黒部の住宅の洗面所がよかったのでそのままの仕様だが寸法は2390×1830(1.3坪)が1795×1695(0.92坪)とかなりコンパクトで限界まで寸法を縮めた設計になっている。カウンター色は洗濯機に合わせてカメオホワイトのコーリアンを選んでいる。ボウルはコーリアンアンダーカウンターボウル808で天板と一体化している。水栓は手以外も洗えるようにグースネックのHANSGROHE・HG71131を選んだ。


20190509_IMG_4206.JPG

上の物置の扉を開ける


20190509_IMG_4225.JPG

洗濯機はミーレ。これまで「金沢市内の住宅」と「黒部の住宅」で設計に盛り込んだ。日本の電気メーカーの製品と違って新製品が出ても必ずこの大きさを守るのが外国製品のいいところ。この洗濯機の入る高さで洗面カウンターの高さが決められている。洗濯機のドアは右が吊元で使用勝手が悪いんだけど平面計画の都合上(北面に窓を設けなのでトイレが左で庭のある南面に浴室)なのでしかたがない。


20190509_IMG_4199.JPG

洗面所と浴室間のガラスは透明強化ガラスでクレセントが取り付けられている。浴室の換気のために外部側のサッシュを開けていても内部側でシャットできるようにこれまで設計した住宅の浴室はだいたいクレセントを取り付けている。


20190509_IMG_4211.JPG

普通の設計だと壁に付いている鏡・混合水栓・シャワーバー・給湯リモコンは壁から離れて独立して立つ溶融亜鉛メッキされたH鋼(浴室水栓柱と呼ぶ)に取り付けられている。浴槽は床に埋め込まれていることもあって浴室の壁の展開は綺麗な長方形になる。


20190509_IMG_4213.JPG

浴室水栓柱の裏側は給水・給湯ボックスや給湯リモコンの配管が見えるため混合水栓などの交換やのメンテナンスが容易。


20190509_IMG_4215.JPG

浴槽は床に埋め込まれる。
壁はヒノキ板張りの手前に強化ガラスを入れている。板張りだと身体から跳ねた有機物を含んだ水でカビが生えてしまう。浴室はテーブルのように木の手触りが欲しいわけではなく木の見栄えが欲しいわけだからガラスで保護するのはいいとこ取り。入浴後は岡田さんに貰った掃除セットのなかのグラススクイジーでシューッて掃除してる。普通のタイル貼りなどの壁なら床から1mくらいまで防水を立ち上げるのだがガラス受けのアルミ形材取付用の溶融亜鉛メッキアングルに防水を巻き込むことで床面付近で防水を完結させている。

これまで設計した浴室水栓柱を使った住宅を年代順で浴室面積を比べると・・・
・押水の住宅 2090×3200(2.02坪)
・珠洲の住宅改修 1611×3590(1.75坪)
・西金沢の住宅 1960×2740(1.40坪)
ここまでは浴槽はTOTO(900×1600)・壁硝子形材は立山アルミ
ここから浴槽をINAX(790×1598)・壁硝子形材が三協立山になり、いろいろな寸法が変わった。
・金沢市内の住宅 1790×2445(1.32坪)
・羽咋の住宅改修 1635×3261(1.61坪)
・黒部の住宅 1635×3172(1.57坪)
・堀川町の住宅 1635×2673(1.32坪)
金沢市内の住宅と長村邸が一番小さな浴室面積となっていてこれが限界寸法だと思う。

2019年05月08日 Wed

「堀川町の住宅」

09:35 金沢市資産税課に電話。建物の固定資産税の評価を05/17/10:00から。
10:00 ヤマト運輸から電話。引越の段ボールの引き取りについて。
13:10 段ボールを引き取りに来てくれる。
16:07 エルミンサッシの外部側下端に貼り付けるサインの色打合せに山口さん
    来所。ベースDC0502シルバー・文字MF切文字SC045グレイ。

20190508_IMG_4139_ShiftN.jpg

朝起きると2階のガラス床に置いてある播種したポットを入れたパレットをポーチ屋根に出して水やり。ポーチ屋根は苗作りのためのスペースなのだ。


20190508_IMG_4148.JPG

発芽していないパレットは水やりのあと室内のガラス床へ。発芽したポットはまとめて外(ポーチ屋根)に出しておく。


20190508_IMG_4142.JPG

南側連窓部分は収穫物や洗濯物を干す場所で今は畑作業で着たつなぎと干し椎茸の為の干しカゴがぶら下がっている。


20190508_IMG_4145.JPG

吹抜に面した8帖間は応接を兼ねたリビング的使い方で建て直す前のリビングにあった家具をそのまま使っている。


20190508_IMG_4140.JPG

手前が寝室に使っている8帖間で畳の上に何も置いていない部屋が欲しかったので満足。


20190508_IMG_4164.JPG

道路側のエルミンサッシ


20190508_IMG_4165.JPG

窓中央下にあるのがリンケージロック。窓右下にあるのがサッシロックの操作ハンドル。


20190508_IMG_4166.JPG

窓を回転する前に内蔵ブラインドを上げ、操作ハンドルを横から縦へ。


20190508_IMG_4167.JPG

リンケージロックハンドルを持ち上げ前方へ押し出すと自然換気状態になる。これだけしか開けないならブラインドは下ろしたままでも問題ない。


20190508_IMG_4168.JPG

リンケージロックの押しボタンを押しながらアームを押さえ、リンケージロックハンドルを上げるとリンケージロックが分離され窓は自然換気状態からもっと回転できる。この写真の状態で一度ストッパーが掛かる。ストッパーを解除すると180度回転できる。


20190508.jpg

テーブルの長手中央には天板の撓みを防ぐための力骨が入っている。その力骨の下端にファクトライン20が取り付けられ、どこからでもコンセントが取れる。ルーターやwifiハブ、余った電源コードは籠の中に入れているため延長コードなどが床にとぐろを巻くことはない。


20190508_IMG_4174.JPG

籠は深い籠(599円)と浅い籠(480円)を使い分けている。膝が入る部分は浅い籠で文房具などを入れている。深い籠でもテーブルの下を覗き込まないと気付かない。


20190508_IMG_4169.JPG

ファクトライン20に取り付けるための「抜け止めコンセントプラグ」DH2671


20190508_IMG_4185.JPG

和室で布団を敷いて寝るとき天井の照明を消灯するために長い紐を付けるのはとても貧乏くさいし設計事務所がそれをやっちゃおしまいでしょ。部屋入り口のスイッチまで行くのも面倒臭い・・・という私にぴったりの電球とリモコン。点灯・消灯・調光・調色・タイマー消灯やグループ分けができる・・・でも消灯にしか使わないけどね。


20190508_IMG_4181.JPG

電球色。番号に割り振っているので一個ずつ消灯もできる。


20190508_IMG_4183.JPG

調光で照度を落とすこともできるが使うことがない


20190508_IMG_4182.JPG

読書用の昼光色にできるけど電球色が好きだから


20190508_IMG_4191.JPG

寝室の上に取り付けられたナイトパージ用の給気扇とコントローラー。夏の明け方に室内温度より外気温が低くなったときに給気扇が動き涼しい外気を室内に取り込む。コントローラーの外部側には温度と湿度センサーが取り付けられているので外気が涼しくても湿度が高いとき(降雨時)は雨を吸い込む恐れがあるので給気扇の運転は行わない。室内温度と外気温の差(5℃程度がめやす)や外気湿度などはコントローラーで自由に設定することができる。右側のコントローラーの電源ランプが青色で結構眩しい。本来なら現在時刻も表示されるのだが夜眩しいと評判が悪いので非表示にしている。残念ながら電源ランプは非表示にできなかった。コントローラーの運転を「切」にしても電源ランプは点灯する。せいぜい夏の1〜2週間しか使用しないのでコントローラーの手前でスイッチを噛ますべきだった。設備設計を依頼してもそういうこまやかなところまで期待しても無理なようで・・・。エコなナイトパージを目的にしながら一年の大半は無駄な電気をつかいっぱなしというお粗末な設計である。


20190508_IMG_4188.JPG

室内側の温度センサーは気温の高くなる天井に近い桁に取り付けてある

2019年05月07日 Tue

「堀川町の住宅」

快晴
08:30-09:45
・ポーチ屋根と本体の間のシール下端(見上げ部分)のバックアップ材が押し込ん
 であるだけだったので落ちてきた。両面テープで貼って貰う。
 (株)田村 山口麻衣子さん
 宮岸シール 宮岸正之氏
13:06
・玄関ドアと固定パネルの間はゴムで隙間を無くす設計なのだが、ゴムの位置が
 悪く3mmくらい隙間が空いている。手直し項目なのだがもう少し期間をおい
 て狂いがもっと出て木が落ち着いてから作業して貰うことになった。
 丸越木工(株) 小杉征一氏
17:59
・隣家排水管の蓋を2ヶ所
 杉山設備工業(株) 上保貴志氏

20190507_IMG_4128.JPG

昨日畑から持ち帰った牛糞堆肥。左が椅子の入っていた袋で15Lのバケツ6杯+右がバケツ3杯=計135L)


20190507_IMG_4133.JPG

堆肥を土にすきこんでから散水して土を締める

2019年04月25日 Thu

「堀川町の住宅」

手直しなど
09:00-12:30
 ・ミーレ洗濯機の取扱説明 竹中さん
 ・裏の家の屋外排水管に砕石が入っていたので掃除
 ・エルミンサッシの額縁の交換(額縁に障子のボッチがぶつかっていた)
 ・エルミンサッシと額縁の間のシール
 ・(株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
 ・三協立山(株) 清水伸雄+一人(サスペンダーの)
 ・宮岸シール 宮岸正之
15:10-15:25
 ・エルミンサッシの膳板と上部梁の塗装
 ・(有)酒野塗装店 徳井文哉

20190425_IMG_3924.JPG

エルミンサッシの額縁取替中


201904251225.jpg

ウェブカメラの試運転。土間コンとL字街渠の間で雨水が溜まっているので室田さんがサンダーで排水される様に水みちを作ってる。

2019年04月19日 Fri

「堀川町の住宅」

07:30-12:00
12:30-18:00
田村氏・山口さん・室田氏
 ・鍵の引渡を受ける
 ・流し台の養生剥がしなど最後の清掃
 ・スチール書架組立完了

20190419_IMG_3814.JPG

打込み用パイプキャップ・丸パイプ外径φ60.5mm厚み2.3〜3.2mm用・樹脂 ホワイト・・・が届いた


20190419_IMG_3819.JPG

こんな断面のキャップを岡田さんにもらって田村が取り付けたSUSパイプに取り付ける


20190419_IMG_3820.JPG

パイプキャップ取付完了


20190419_IMG_3824.JPG

昨日の検査日にもステンレス天板の養生シートが付いたままだった。今朝養生を剥がして室田さんと山口さんで磨いていた。他の人の指紋が付かない様に引渡日当日に養生を剥がした様だ。


20190419_IMG_3826.JPG

株式会社田村から竣工のお祝いだとのこと。玄関に飾った。

田村からの工事日報
平成31年4月19日(金)
天候 小雨
引渡し 10:00
本日の作業
・手直し
 三協立山(株) 清水伸雄
・手直し(流し台水栓まわり)
 杉山設備工業(株) 酒本武司

2019年04月18日 Thu

「堀川町の住宅」

晴れ
08:00-12:30
13:00-17:50
 ・設計事務所検査
 ・外壁水切り下のシール
 ・外部水栓取替
 ・玄関ドアレバーハンドルとコンシールド式ドアチェック取付
 ・戸当り取付
 ・トイレ棒鍵取付
 ・玄関と物入の入り口床目地モルタル(室田氏)
 ・スチール書架組立

20190418_DSCN0120.JPG

外壁巾木と水切りの間のシールのためバックアップ材挿入
(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0122.JPG

東レペフ#3010白・10×25(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0134.JPG

養生(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0161.JPG

ニューグレー(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0162.JPG

2019/03/13製造で有効期間が6ヶ月なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0166.JPG

先端の曲がったガンでシール打ち(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0177.JPG

外壁水切りシール完了(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0217.JPG

レバーハンドルとコンシールド式ドアチェック取り付け完了
(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0187.JPG

ドア上部のペーパー掛け(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0189.JPG

ドア上部の塗装(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0190.JPG

ドアスリット内部のペーパー掛け(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0192.JPG

ドアスリット内部の塗装(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0180.JPG

タオル掛け取付完了。右側のチリが大きいのは扉を開けたときぶつからない様に(撮影/株式会社田村)


20190418_DSCN0197.JPG

ペーパーホルダーとリモコンの取り付け完了(撮影/株式会社田村)

田村からの工事日報

平成31年4月18日(木)
天候 晴れ

設計検査(09:00〜)
出席者:長村寛行氏
建築 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
電気 斎藤電工 酒本昭夫
設備 杉山設備工業(株) 杉山準也・酒本武司

本日の作業
・外部水切下端シール
 宮岸シール 宮岸正之
・玄関ドア鍵、取手、コンシールド取付、トイレ鍵取付
 丸越木工(株) 小杉征一・能本一次
・塗装手直し
 (有)酒野塗装店 徳井文哉
・タオル掛け・ペーパーホルダー取付
 杉山設備工業(株) 酒本武司
明日の予定
・引渡し(10:00〜)
・金属製建具調整

2019年04月17日 Wed

「堀川町の住宅」

晴れ
08:30-08:50
 ・明日の事務所検査と明後日の引渡のスケジュール打合せ
 ・中村駐車場のアスファルト舗装
13:00-13:20
 ・信隆氏と北野まっち・稚菜と治奈が建物見学
13:40-15:50
 ・床暖房の試運転で家の中は暑かった
 ・文旦、柚子、パセリ、韮を定植
 ・ブラインドの調整
 ・塗装手直し
 ・中村駐車場のアスファルトの白線
 ・外部清掃

20190417_DSCN0050.jpg

砕石を入れてランマーで転圧中(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0056.JPG

転圧完了(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0058.JPG

アスファルト混合物を角スコとレーキで敷き均す(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0062.JPG

舗装用焼きごてと舗装バーナーで均していく(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0061.JPG

プレートコンパクタで均す(撮影/株式会社田村)


20190417_IMG_3771.JPG

敷地境界に塀を作るために壊した隣地のアスファルト舗装の復旧完了


20190417_IMG_3776.JPG

白線も復旧


20190417_DSCN0068.JPG

玄関固定パネル周りのシール養生(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0111.JPG

シール打ち(撮影/株式会社田村)


20190417_DSCN0112.JPG

固定パネル周りのシール完了(撮影/株式会社田村)


20190417_IMG_3782.JPG

昨日残したユズとブンタンを定植。根株のまわりはネギに使っていた培土を入れた。駐車スペース際にパセリを、浴室前の犬走り前にニラを株分けして定植。


20190417_IMG_3783.JPG

とりあえずプランターの苗は定植完了


20190417_IMG_3778.JPG

庭のオーバーフローの排水溝


20190417_IMG_3779.JPG

排水溝からグレーチングへ


20190417_IMG_3780.JPG

グレーチングと水栓

田村からの工事日報

平成31年4月17日(水)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・北面駐車場アスファルト
 荒井舗装 山本剛久・原田昇・藤平田(とべた)英次・佐藤隆浩・橋本博幸・石尾昭三
・内部シール
 宮岸シール 宮岸正之
・塗装直し
 (有)酒野塗装店 徳井文哉
明日の予定
・設計検査(9時〜)
・玄関ドア取手・コンシールドドアチェック・鍵・戸当り取付・トイレ鍵取付

2019年04月16日 Tue

「堀川町の住宅」

08:30-11:55 快晴
 ・グレーチング周りモルタル
 ・土間コン止め部分のPコン埋め
 ・L字街渠と土間コンの間のモルタル埋め
 ・1階倉庫内床暖房熱交換器取付
 ・庭に苗木を定植
13:00-15:25
 ・金沢市の工事完了検査(斎藤さん・河村氏)
 ・LEDの点々が見えるか別の照明器具で取付実験
  がっかり。点々が見える元の器具と殆どかわらなかった。
  元の照明器具のままにすることに決定。
 ・明日の朝まで床暖房試運転

20190416_IMG_3730.JPG

モルタルを練る


20190416_IMG_3731.JPG

土間コンとL字街渠の間の目地をモルタル埋めする


20190416_IMG_3745.JPG

モルタルガンで目地にモルタルを注入する


20190416_IMG_3753.JPG

コテで押さえて完了


20190416_IMG_3738.JPG

庭のオーバーフロー溝とグレーチング下の桝底をモルタル仕上げする


20190416_IMG_3739.JPG

オーバーフロー溝がグレーチングにぶつかる部分


20190416_IMG_3735.JPG

溝底にモルタルを入れていく


20190416_IMG_3749.JPG

仮住居からビワ・ユズなどの苗木を新居の庭に運ぶ。ビワは結構重くて腕がぷるぷるした。


20190416_IMG_3750.JPG

予定位置に置いて確認


20190416_IMG_3751.JPG

ビワ×2・イチジク×2・ユズ×1を定植したところで先日畑から持ち帰った牛糞堆肥を混ぜた土が無くなったので残りは次週。残りはユズ×1・文旦×1・ニラ×2・パセリ×1。


20190416_IMG_3765.JPG

土を均して今日の私の作業終了


20190416_IMG_3755.JPG

倉庫内の床暖房熱交換器の配管接続中の北村さん


20190416_IMG_3756.JPG

不凍液(冷温水システム用熱媒体・希釈済タイプ・プロピレングリコール37%+防錆剤)を入れる


20190416_IMG_3759.JPG

不凍液VPZ-18KX-ECOを約30Lくらい


20190416_IMG_3766.JPG

床暖房の熱交換器取り付け完了→試運転

田村からの工事日報

平成31年4月16日(火)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・側溝、目地埋め
 (有)林左官工業所 林健二・知名定彦
・電気工(床暖房結線)
 斎藤電工 酒本昭夫
・床暖房機器取付・試運転
 キーサン 北村卓也
・エアコン繋ぎ、試運転
 杉山設備工業(株) 池田圭一
・金沢市建築指導課工事完了検査 斎藤さん・河村氏

2019年04月15日 Mon

「堀川町の住宅」

08:20-10:00
 ・外部クリーニング
 ・エアコン屋外機取付
 ・土間コン型枠解体
 ・東側隣地との隙間に砂利敷き
12:55-13:10
 ・エコキュート屋外機
 ・倉庫冷媒管保護管
13:24
 ・金沢市建築指導課斎藤さんから工事完了検査の時間の連絡あり
14:00-15:00
 ・ウェブカメラ取付
 ・エコキュート貯湯タンク配線
 ・ロードスロープG9010設置
16:20-16:35
 ・火災共済
16:45-17:10
 ・エコキュート貯湯タンク配管完了
 ・洗面所水栓配管完了
 ・エコキュート屋外機配管中
18:35
 ・昨日09:00に注文した電源内蔵型小型PoEインジェクターが届く
  山陽トランスポート有限会社イーサプライ
  「サンワサプライ」LAN-GIHINJ2・6,450-500(クーポン)=5,950円
  ポーチウェブカメラへのLANケーブルで電源を送るための機器

20190415_IMG_3687.JPG

土間コンの止め型枠解体中


20190415_IMG_3695.JPG

綺麗に打てている。自分で型枠を作って、コンクリートを打って・・・だから解体もすごく丁寧でコンクリートの角には絶対にバールを入れなかった永谷さん。


20190415_IMG_3696.JPG

短辺方向以外は綺麗にコンクリートがまわっていた


20190415_IMG_3708.JPG

隣地との間に砂利敷き


20190415_DSCN0013.JPG

砂利敷き完了(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3692.JPG

外回りのクリーニング中


20190415_DSCN0023.JPG

03/08に発見された誰かがサッシュ竪枠にネジを打ち抜いた部分の補修
(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN0026.JPG

根本的解決は無理なので対処法でしかないがシールでアルミプレートを貼り付けた。(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN9989.JPG

網戸搬入(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN9998.JPG

2階南側3連窓に網戸取付中(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3693.JPG

浴室の網戸取付中


20190415_IMG_3699.JPG

2階居室の網戸取付中


20190415_IMG_3702.JPG

エアコン屋外機取付中。手前はエコキュートの屋外機。


20190415_DSCN0010.JPG

エコキュート屋外機SRT-MU454-SA(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3709.JPG

エコキュートの屋外機も付いた


20190415_IMG_3701.JPG

エコキュートの貯湯タンク


20190415_DSCN0017.JPG

三菱エコキュート 追いだきフルオート SRT-ST374UA
(撮影/株式会社田村)

20190415_DSCN9996.JPG

2階エアコンへの冷媒管の保護管。左が上側で75Aが接続されていてそれにインクルーザーを介した100Aがラップされている。この部品を通しておいて冷媒管を溶接してから100Aを降ろして保護管を完成させる。室田さんの案。(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN0020.JPG

土間から立ち上がっているのは75Aで100Aのインクリーザーが付けられている。冷媒管の溶接前の状態。(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN0022.JPG

冷媒管溶接後の状態(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3711.JPG

保護管の設置完了


20190415_IMG_3717.JPG

エコキュートの貯湯タンクを設置して電気配線中


20190415_DSCN0038.JPG

配管の接続中(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3718.JPG

エコキュート貯湯タンクへの配管完了


20190415_DSCN0049.JPG

エコキュート貯湯タンク設置完了(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3716.JPG

ポーチ梁下にウェブカメラ設置中


20190415_DSCN0036.JPG

2階居室にナイトパージ用の温度センサー取り付け完了
(撮影/株式会社田村)


20190415_DSCN0029.JPG

電気メーター設置中(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3684.JPG

壁側の棚板設置完了

20190415_IMG_3683.JPG

キッチンの棚板取り付け完了


20190415_IMG_3715.JPG

L字街渠に段差解消スロープ(再生ゴム)90cm(ロードアップG9010)×5本+コーナー1個


20190415_DSCN0041.JPG

浴室水栓柱に給湯リモコンを取付中(撮影/株式会社田村)


20190415_IMG_3721.JPG

浴室水栓柱に給湯リモコンが付いた


20190415_IMG_3723.JPG

これで浴室はできあがり


20190415_IMG_3720.JPG

洗面所の水栓に給水管と給湯管が接続された


20190415_IMG_3725_ShiftN.jpg

北面に陽が当たることあるんだ・・・


20190415_IMG_3726_ShiftN.jpg

完成が近づいている。明日04/16は金沢市建築指導課の検査。04/18は設計事務所の検査。04/19が引渡し。引越が04/22。ようやくここに戻ることができる。

田村からの工事日報

平成31年4月15日(月)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 山口麻衣子
・クリーニング(外周り)
 リフレッシュ金沢 ?田秀樹
・網戸搬入取付他
 三協立山(株) 清水伸雄・林貢
・外構(型枠解体)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝
・電気メーター・ポーチカメラ・温度センサー取付
 斎藤電工 酒本昭夫
・エコキュート・エアコン室外機取付
 杉山設備工業(株) 上保貴志・酒本武司・山村侑一・油野憲次・池田圭一(エアコン)
明日の作業
・床暖房用機器取付
・電気工

2019年04月14日 Sun

「堀川町の住宅」

08:40-09:3 くもり
 ・和泉と敷地境界の躯体寸法を測量して確認。
 ・敷地境界確認時にかわす書類を作成。
09:00
 ・イーサプライで「サンワサプライ」電源内蔵型小型PoEインジェクターを注文
  ポーチに取り付けるウェブカメラ用
11:55-12:05 くもり
 七野氏
 ・工事期間中借りていた隣地の返却前の掃除などの確認と敷地境界の確認。
12:15-12:30 くもり→小雨
 ・植え穴の根鉢まわりに入れる土を作るために昨日持ち帰った牛糞堆肥を庭の土と混ぜる。

2019年04月13日 Sat

「堀川町の住宅」

14:40-15:40
・クリーニング
・七野さんの敷地の草取りとゴミ拾い

20190413_IMG_3646.JPG

バケツに2杯牛糞堆肥を持ち帰った。今度から毎回持ち帰ってすきこむことにする。


20190413_DSCN9966.JPG

2階納戸の棚上の掃除中(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9970.JPG

浴室ガラス掃除中(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9969.JPG

ポーチ屋根の掃除中(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9972.JPG

ポーチ屋根上が綺麗になった(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9965.JPG

玄関固定パネルのペーパー掛け(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9958.JPG

玄関ドアの塗装(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9959.JPG

ここからは金沢市の工事。こちらの土間コンの型枠を付けたまま(土間コンの角を守るため)バールでL字街渠を取り外し中。(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9961.JPG

こちらの土間コンの型枠解体。土間コンの角が立ってる
(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9962.JPG

南側塀際のL字街渠と型枠撤去後(撮影/株式会社田村)


20190413_DSCN9964.JPG

底ざらえをして・・・(撮影/株式会社田村)


20190413_IMG_3650.JPG

L字街渠の据付直し完了。土間コンの型枠が入っていたL字街渠の間の20mmの目地はこちら工事で埋める。街渠の天端がまっすぐになったので嬉しい。ようやく桝に雨水がちゃんと流れそうだ。


20190413_IMG_3660.JPG

明日、借りていた駐車場返却の確認をして貰うので雑草を抜いてゴミ拾いした。

田村からの工事日報

平成31年4月13日(土)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・クリーニング
 リフレッシュ金沢 ?田秀樹
・玄関ドア塗装
 (有)酒野塗装店 徳井文哉
04/15(月)の作業
・クリーニング(外部)
・網戸取付・エルミンサッシ調整
・電気メーター取付
・給湯器・エアコン室外機取付

2019年04月12日 Fri

「堀川町の住宅」

晴れ
07:20-12:10
13:00-18:15
・土間コンに散水
・庭に客土
・床暖房屋外機
・障子,襖,レバーハンドル取付
・エルミンサッシのリンケージロック取付
・木製建具ガラス周りシール
・バリケード撤去
・建築廃材のコンテナ撤去
・CB積み

20190412_IMG_3500.JPG

朝一番で土間コンに散水


20190412_IMG_3511.JPG

庭の土が入ったが04/09のサンプル(赤土1:バーク堆肥1.2)とは違って赤土2:バーク堆肥1らしい。いや、一目見て違うし!


20190412_IMG_3512.JPG

まずはCB塀を養生


20190412_IMG_3516.JPG

2:1の土をもっこで庭に入れる


20190412_IMG_3523.JPG

庭を掘ったとき出てきた赤戸室石を引き取って貰う


20190412_IMG_3542.JPG

バーク堆肥到着


20190412_IMG_3548.JPG

2:1の土にバーク堆肥を追加して1:1.2に近い土にまで持っていく。耕耘機はカーツMB520で20年以上使ってるとのこと。変速なしのミニ耕耘機。マフラーが前に向けて排気していて珍しかった。


20190412_IMG_3559.JPG

耕耘して堆肥をすき込んで・・・


20190412_IMG_3562.JPG

またもっこで2:1を入れると色の違いがわかる


20190412_IMG_3571.JPG

バーク堆肥をあける


20190412_IMG_3576.JPG

耕耘機で撹拌していく


20190412_IMG_3611.JPG

犬走り際は型枠解体まで埋戻しできないので中央付近を多めにしておく


20190412_IMG_3618.JPG

バーク堆肥は弱酸性側。沢山すき込んだので中和するために「ほがらか村」で粒状苦土石灰20kg・513円を買ってきた。


20190412_IMG_3619.JPG

多めに撒いておく


20190412_IMG_3541.JPG

伸縮目地の養生テープ剥がし中


20190412_IMG_3513.JPG

床暖房の屋外機架台を組み立て中の北村さん


20190412_IMG_3543.JPG

架台組み立て完了


20190412_IMG_3597.JPG

床暖房屋外機設置中


20190412_IMG_3613.JPG

約束の一週間遅れでようやく明日、金沢市の工事でレベルがめろめろのL字街渠を据付直しするらしく道路にカッターが入った。


20190412_IMG_3624.JPG

北側のコンクリートブロック施工中


20190412_DSCN9951.JPG

20時過ぎまで掛かった様で・・・お疲れ様でした(撮影/株式会社田村)


20190412_IMG_3525.JPG

木製建具のガラス周りシールの養生中


20190412_IMG_3526.JPG

2階床ガラスのシール養生


20190412_DSCN9919.JPG

無難なライトグレーにしておけばよかったか・・・失敗したな。でもやり直すほどのことでもない様な気がするのでこのまま。毎日失敗を実感することにする(撮影/株式会社田村)


20190412_IMG_3509.JPG

襖搬入


20190412_IMG_3529.JPG

障子の寸法調整中


20190412_IMG_3555.JPG

小杉夫妻


20190412_IMG_3591.JPG

障子と襖が入った


20190412_IMG_3592.JPG

建具が入ると空間が締まる


20190412_IMG_3568.JPG

倉庫のフラッシュドアにレバーハンドルが付いた


20190412_IMG_3605.JPG

玄関ドア到着


20190412_IMG_3606.JPG

玄関ドア搬入中


20190412_IMG_3610.JPG

玄関ドアがようやく取り付けられるということでルンルンで見ていたらコンシールドドアチェックのステーを取り付けるときビスをなめてビスの天端がささくれだったのにそのままドアを閉めたために上枠とコンシールドの金物にがりっと傷がついた。ドア下の本締錠のビスが締まっていないままドアを動かして昨日打ったコンクリート刷毛引きにがりっと傷がついた。一つのドアの上下で人のやった仕事に傷を付けるなんて信じられんわ。失敗した本人が原因を取り除くまで気をつければ済むことなのに結果を想像できないって職人として致命的でしょ。久しぶりに切れた。ドアにも傷がついたので結局持ち帰って表面をペーパー掛けして来たけどそれがまたイマイチ。折角の玄関ドアの角がどんどん丸くなって言ってる。ピン角が好きなのに!


20190412_IMG_3556.JPG

テーブルの養生が取られた


20190412_IMG_3580.JPG

エルミンサッシにリンケージロックを取付中


20190412_IMG_3582.JPG

横軸回転窓は非日常でいいねぇ


20190412_DSCN9928.JPG

外からみたエルミンサッシ(撮影/株式会社田村)


20190412_IMG_3615.JPG

リンケージロック取り付け完了


20190412_IMG_3586.JPG

アルミ額縁に傷が・・・


20190412_IMG_3588.JPG

サッシュの障子のこの出っ張りが当たった傷の様で・・・アルミ額縁が2mmくらい出っ張っていたのが原因。その横の柱の精度が悪かった様で窓を動作してみるまで気付かなかった。ずっと何か不安だったのだがやっぱりかって感じ。三協の清水さんは飛び出ている額縁を切り詰めるとのことだったが施工図を見る限りかちゃんと嵌めるタイプだから無理だと思うんだけど・・・。最後になってまた失敗が一杯出てきてつらい。

平成31年4月12日(金)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・木建(襖・障子・玄関ドア搬入、金物取付)
 丸越木工(株) 小杉征一・小杉真理子・小杉一喜・江村岩男・荒川剛・?木茂雄
・硝子シール
 堀江硝子(株) 大村飛翔
・庭土搬入
 (株)城北園 岩島誠・買場(かいば)玲央
・床暖房室外機取付
 キーサン 北村卓也
・CB積
 (株)まどか 小坂昌也・三浦克博
・エルミンサッシ金物取付
 三協立山(株) 清水伸雄
明日の作業
・クリーニング
・L字街渠据付直し工事(別途・金沢市工事)

2019年04月11日 Thu

「堀川町の住宅」

04/07の大型引き戸の中桟の反りについて追加記載した。

07:20-12:05
13:00-16:50
曇り→晴れ
・1階倉庫土間コン,犬走り,駐車スペース土間コンの打設
・庭のCB基礎にさや管ブロックを貼り付け
・床暖房屋外機打合せ

20190411_IMG_3304.JPG

07:20に現場に行ったらもうポンプ車到着していた。早っ!


20190411_IMG_3328.JPG

生コン車到着


20190411_IMG_3326.JPG

1台目・07:50発08:27着・30-15-25N・1.6立米。この季節は温度補正が「+3」なので30ではなく27でいい。でも早く上を歩きたいので「+6」の30で打設するとのこと。


20190411_IMG_3332.JPG

1階玄関脇倉庫の土間コンから打設を開始する。いつも通り筒先からモルタル混ざりのコンクリートを20Lバケツで受ける。


20190411_IMG_3335.JPG

打設開始


20190411_IMG_3353.JPG

1階倉庫の土間打設完了。奥に立ち上がっている配管は左が床暖房の熱交換器で右がエコキュート貯湯タンク。どうして今頃土間コン?と疑問に思うだろうがコンクリートの土間が仕上げになるので汚れや傷を嫌って最後に打設することになった。その方が玄関の床石とのすりつけが綺麗に仕上がるという理由もあった。


20190411_IMG_3337.JPG

駐車スペース端部のコンクリート立ち下がりのある部分(型枠際)を先に入れておく


20190411_IMG_3338.JPG

東側の隣家との境に配管を通して北側にまわす


20190411_IMG_3342.JPG

東側を通った配管を北側に


20190411_IMG_3343.JPG

北側中央の目地まで配管をのばす


20190411_IMG_3345.JPG

北側中央の目地から東側に後戻りしながら打設していく


20190411_IMG_3347.JPG

コンクリート打設の合間に傷んだアスファルトを撤去していく


20190411_IMG_3356.JPG

一輪車で撤去したアスファルトを搬出する


20190411_IMG_3431.JPG

アスファルトの搬出完了


20190411_IMG_3362.JPG

東側の犬走りのコンクリート打設中


20190411_IMG_3371.JPG

次は道路側に配管をまわして北側中央部から打設しつつ戻ってくる


20190411_IMG_3378.JPG

北側犬走りの打設中


20190411_IMG_3384.JPG

西側(道路側)の犬走りの鏝押さえ中


20190411_IMG_3394.JPG

駐車スペースの打設中


20190411_IMG_3401.JPG

浴室前犬走りの鏝押さえ中


20190411_IMG_3409.JPG

グレーチング枠のCBブロック側もコンクリートがまわった


20190411_IMG_3410.JPG

グレーチング枠の清掃中


20190411_IMG_3419.JPG

最終の7台目・10:18発11:23着・1.00立米/累計10.60立米


20190411_IMG_3422.JPG

土間コン最後の打設


20190411_IMG_3426.JPG

余ったコンクリートを生コン車に返す


20190411_IMG_3428.JPG

最初にバケツに受けたモルタル混ざりのコンクリートもポンプ車経由で生コン車に返す


20190411_IMG_3433.JPG

犬走りと土間コンのコンクリート打設終了


20190411_IMG_3439.JPG

道路清掃中


20190411_IMG_3450.JPG

駐車スペースの刷毛引き中。刷毛の柄を延長しているので先端を指定位置に置いてもらってから引く。本来は勾配と直角方向に刷毛引きするのだが片方は建物で片方はCB塀の立ち上がりがいるため、勾配方向に刷毛引きすることにした。


20190411_IMG_3454.JPG

刷毛引きの最後は綺麗にならないので鏝で押さえる


20190411_IMG_3456.JPG

刷毛はテラモト 自在ホーキ(パイプ柄)45cm←普通の箒


20190411_IMG_3464.JPG

勾配方向の長さは4.8mあるので途中で1回継ぐ。履いているのは左官用カンジキのアルミスリッパー。


20190411_IMG_3467.JPG

刷毛引きが終わり一番手前をコテで押さえ中


20190411_IMG_3481.JPG

庭側から見た駐車スペースの刷毛引き


20190411_IMG_3470.JPG

東側犬走りのコテ押さえ中


20190411_IMG_3472.JPG

道路側犬走りのコテ押さえ中


20190411_DSCN9885.JPG

岡打ちしたサヤ管ブロックに単管を挿して建入を調整中
(撮影/株式会社田村)


20190411_IMG_3473.JPG

サヤ管ブロックをCB基礎に貼り付けるためコンクリートボンドをぬりぬり


20190411_IMG_3479.JPG

サヤ管ブロック側にもボンドをぬりぬり


20190411_DSCN9882.JPG

「コニシ」コンクリボンドK10アルミパック(撮影/株式会社田村)


20190411_IMG_3488.JPG

CB塀基礎にサヤ管ブロックを貼り付け完了


20190411_IMG_3491_ShiftN.jpg

バリケードを置いたがまたあの太った虎柄のネコが入らないか心配。今日は自重して欲しいのだが・・・。

田村からの工事日報

平成31年4月11日(木)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・ポーチ土間・犬走り・物置土間コンクリート打設
 (有)林左官工業所 林健二・谷内口良伸・知名定彦(刷毛引き・押え)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔(バイブ・アスファルト搬出)
 石川圧送センター(株) 喜多春華・池端善法(圧送)
明日の作業
・北側CB積み
・襖・障子搬入,木建金物取付
・床暖房室外機取付
・庭土搬入

2019年04月10日 Wed

「堀川町の住宅」

08:15-09:35
現場→金沢市役所
・景観政策課で「景観工事完了報告書」を提出
 植栽を植えた写真を提出してくれと指示される
・建築指導課で「完了検査申請書」を提出
 04/16(火)午後に検査予定
 100uを超え200u以内の中間検査を要しない完了検査手数料16,000円
現場
・工事期間に駐車場として借りていた七野さんの敷地のCB塀を解体

20190410_IMG_3303.JPG

CB塀を解体開始


20190410_DSCN9790.JPG

捨てコンの上にブロック積みだったのでピックで基礎を斫る
(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9792.JPG

斫り完了(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9796.JPG

砕石を敷いてCB部ロック解体完了(撮影/株式会社田村)


20190410_IMG_3266.JPG

土間コン打ちの予定だったので今日の内部の工事予定はない。誰も居ないので内部の写真でも。2階居室の東側。


20190410_IMG_3265.JPG

左が2階東側居室に付属の納戸で右が吹抜側居室


20190410_IMG_3269.JPG

吹抜方向を見る


20190410_IMG_3267.JPG

ガラス床の下が玄関で右が物干場(という名目だがシイタケを干したり)


20190410_IMG_3273.JPG

物干場から居室方向を見る


20190410_IMG_3291.JPG

物干場から吹き抜けを見おろし


20190410_IMG_3272.JPG

居室から吹き抜けを見おろし


20190410_IMG_3271.JPG

階段


20190410_IMG_3286.JPG

階段全景


20190410_IMG_3293.JPG

階段上部


20190410_IMG_3285.JPG

階段中間部吊りボルト端部


20190410_IMG_3284.JPG

階段手摺下部


20190410_IMG_3274.JPG

浴室。浴槽に蓋が付いてきた。うちは二人だからこういうの使わないんだけど。


20190410_IMG_3276.JPG

洗面所からトイレ方向を見る


20190410_IMG_3278.JPG

トイレと洗面所


20190410_IMG_3283.JPG

洗面所


20190410_IMG_3282.JPG

物入の扉は手前に物を置ける様に開き戸じゃなくて引き戸


20190410_IMG_3297.JPG

洗面ボウルの下、左は洗濯機の給水・排水・電源をキャビネット内でメンテナンスできる様になっている。水栓への給水と給湯管がまだ接続されていない。


20190410_IMG_3281.JPG

洗面所からキッチン・ダイニング・リビングを見る


20190410_IMG_3300.JPG

玄関からリビング方向を見る


20190410_DSCN9803.JPG

建物内部の作業は無しだと思っていたらシールを施工したらしい。人がいないので触られることもなくてちょうどよかった。1成分形シリコーンシーラントSE5010・ライトグレー(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9804.JPG

製造は2018/05/25(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9805.JPG

有効期限は12ヶ月なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9802.JPG

浴室水栓柱の鏡周りのシール。写真は鏡の上から撮影
(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9806.JPG

1成分形シリコーンシーラントSH780・ダークブラウン・2019/03/09製造なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9814.JPG

洗面所鏡周りのシール中(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9816.JPG

浴室鏡周りのシール完了(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9810.JPG

トイレ引き戸のレールと隔板周りのシール中(撮影/株式会社田村)


20190410_DSCN9813.JPG

引き戸レール周りのシール完了(撮影/株式会社田村)

田村からの工事日報

平成31年4月10日(水)
天候 雨

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・隣地CB解体撤去
 (有)大山商店 数永(かずえ)渉
・内部シール(レール・鏡廻り)
 宮岸シール 宮岸正之・宮岸拓也
明日の作業
・ポーチ土間・犬走り・物置土間コンクリート打設

2019年04月09日 Tue

「堀川町の住宅」

08:00-11:55 曇り→晴れ
 ・CB塀
 ・駐車スペース配筋
 ・玄関欄間ガラス
 ・Y4家具の天板養生を剥がして掃除
 ・床水拭き
 ・ブラインド取り付け
 ・建具塗装
13:05-19:20 晴れ
 ・建具ガラス取付
 ・2階床ガラス取付
 ・CB塀東・南側完了

20190409_IMG_3106.JPG

残りのコンクリートブロック搬入


20190409_IMG_3100.JPG

CB積みのためのモルタル作成中。セメント多めで1:2.5。コンクリートブロックの塀を設計に盛り込むのは今回が初めてなのでちゃんと見ておこうと思う。


20190409_IMG_3136.JPG

1段目の上と3段目に横筋を流す


20190409_IMG_3147.JPG

東側から積み始めた。目地押さえ。


20190409_IMG_3154.JPG

基礎の上にモルタルを2列に敷き・・・


20190409_IMG_3155.JPG

積むブロックの小口にモルタルを塗り・・・


20190409_IMG_3158.JPG

金槌の背でコンコンと叩いて水糸のレベルに合わせる


20190409_IMG_3159.JPG

横と下からはみ出したモルタルを鏝ですくってブロックの孔に


20190409_IMG_3163.JPG

モルタルを横筋のための凹みに入れていく


20190409_IMG_3233.JPG

南側を積み終わって最後の目地押さえ


20190409_IMG_3245.JPG

モルタル塗りの密着剤「モルター」


20190409_IMG_3248.JPG

モルターを添加してセメント分多めのモルタル1:2に近い割合らしい


20190409_IMG_3252.JPG

「え・・・そのまま塗るんじゃなくて天端を養生するの?」って聞いたら「建物を見たので気を使いました」って。ありがとうございます。普通は天端の養生はしないらしい。


20190409_IMG_3257.JPG

小坂さんのトラックは派手でキラキラしてる。目立つから「この間、内灘にいたでしょ」とか言われてた。


20190409_DSCN9709.JPG

浴室ブラインドT-1854(フッ素塗装・色はT-5854と同じ)1620×2180
(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3143.JPG

浴室のブラインド取り付け完了


20190409_DSCN9710.JPG

2階南側3連窓のブラインド・T-5854・1680×2470×3ヶ所・3wayで上から970mmで切り替え(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3111.JPG

2階南側サッシュのブラインド取り付け


20190409_IMG_3145.JPG

普通のブラインドの動きの他に首から上部のスラットは開きでそれより下部は閉にできる。これまでのロールスクリーンもブラインドも上からのみ採光はできなかった。パーフェクトシルキーのスリーウェイ(上下分割制御)。道路側の2枚にはオプションの「振れ止めコード」も付いている。ある程度の風なら窓を開けてもブラインドの揺れを防止するために両側の上下に紐を張ってボトムレール(ブラインドの一番下の横部材)を引っかける様になっている。


20190410_IMG_3289.JPG

振れ止めコードとコードホルダー(色はホワイト・グレー・ダークブラウン)ダークブラウンの方がいいね。お試しとして付けて下さったので色の指定までできなかった。1セット1500円。後付け可能。


20190409_IMG_3138.JPG

外から見た上部「開」状態


20190409_IMG_3170.JPG

このブラインドはスラットに穴があいていないところがすごい。スラットの交換が簡単にできるのだ。これまでのブラインドはスラットに穴があいていて紐が通っているので交換は面倒だった。「タチカワブラインド」パーフェクトシルキーは画期的に進化したブラインドだと思う。


20190409_IMG_3082.JPG

大型引き戸の上の欄間のガラス取付中


20190409_IMG_3092.JPG

ガラス周りにバックアップ材挿入中


20190409_IMG_3084.JPG

大型引き戸の塗装中


20190409_DSCN9721.JPG

洗面所ドアのペーパー掛け中(撮影/株式会社田村)


20190409_DSCN9756.JPG

倉庫巾木の塗装中(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3094.JPG

外壁巾木の不良部のパターン付け


20190409_IMG_3096.JPG

駐車スペースの配筋開始


20190409_IMG_3164.JPG

道路際の止め型枠。うねっているL字街渠を金沢市が先週据付直ししてくれるはずだったのに一週間遅れますと連絡があった。こちらの土間コン打設を遅らせるわけにはいかないので止め型枠を入れておき、それに合わせてL字街渠を据付直しして貰うことにした。


20190409_IMG_3185.JPG

駐車スペースの配筋完了


20190409_IMG_3186.JPG

伸縮目地ごとに配筋されている


20190409_DSCN9752.JPG

配筋検査D13@150縦横シングル(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3217.JPG

外壁の養生完了。明日土間コンを打設する予定だったが雨の予報なので明後日に延期された。土間なので雨に打たれると取り返しがつかないので・・・。


20190409_IMG_3177.JPG

前回中村駐車場の傷んだアスファルトを補修するためにカッターを入れたのだがまっすぐじゃないのと位置が悪かったのでもう一度カッターを入れてもらう。定規を固定中。


20190409_IMG_3178.JPG

「新ダイワ」EC7414s・エンジンカッター・73.5cc・ダイヤモンドブレード360φ


20190409_IMG_3209.JPG

綺麗に切れている


20190409_IMG_3192.JPG

木製建具に入れるガラス到着


20190409_IMG_3194.JPG

前回貼った2階床ガラスの白色のEPDMを剥がす。両面シートが梁にべったりついていてなかなか剥がれない。シール剥がしスプレーを使っても遅々として進まない。塗装屋さんのシンナーとヘラを使ってようやく効率よく剥がせるようになった。


20190409_IMG_3203.JPG

1階玄関横の框戸のガラスを入れるために一度ドアをはずそうとしたんだけど2階の床ガラスが入っていない今なら上から差し込めるよね・・・と。手前のタオルを頭に巻いた池田さんは珠洲の宝立の出身だとか。話していると谷口建設社屋の屋根下の大きなペア硝子を入れたそうで・・・。あれも大きかった・・・Rだったし・・・って言っていた。世間は狭い。


20190409_IMG_3205.JPG

1階玄関横の框ドアのガラスが入ったのでバックアップ材挿入


20190409_IMG_3222.JPG

框ドアの硝子取り付け完了


20190409_IMG_3223.JPG

玄関とリビングの大型引き戸のガラスもうまく入った


20190409_IMG_3226.JPG

トイレ入り口のガラス取付中


20190409_IMG_3232.JPG

ようやく梁天端の両面シート剥がしが終わった


20190409_IMG_3237.JPG

黒色の敷きゴムを貼り付け中


20190409_IMG_3240.JPG

左側の柱からブレースの端部が飛び出しているのでそれに当たらない様に床ガラスを倒す。手前は川波さんかな?「2階の和室は寝室ですか?畳は良いですよね。私も畳に布団で寝ているんです。壁は左官にできなかったので羨ましいです」って話してた。


20190409_IMG_3241.JPG

倒した床ガラスを手前に引いて一枚目取り付け完了。足場代わりの合板を撤去中


20190409_DSCN9775.JPG

二枚目取付中(撮影/株式会社田村)


20190409_DSCN9776.JPG

床ガラス取付後、目地幅の確認中(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3250.JPG

玄関からの見上げ


20190409_IMG_3174.JPG

東側の桝のレベル調整


20190409_DSCN9786.JPG

洗面所の混合水栓「HANSGROHE」HG71131取り付け完了
(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3180.JPG

設計の客土は「黒土/畑土で厚さ400」と書いてあるのだが畑土は無いという。「万葉バーク」という堆肥を赤土に混ぜるのではどうかとのこと。真っ黒で何を混ぜればこんな黒色になるのかすごく気持ち悪いのだが・・・実際に混ぜてみるか。


20190409_DSCN9738.JPG

赤土にバーク堆肥を混合中(撮影/株式会社田村)


20190409_IMG_3183.JPG

赤土と万葉バークを1:1.2くらいで混ぜてみた。これくらいで妥協するしかないか・・・。万葉バークのpHはちょっと酸性側。酸性で喜ぶのはブルーベリーくらいじゃないのか?石灰を撒くしかないか。珠洲の畑から毎回牛糞堆肥を持って帰って混ぜるか・・・。


20190409_IMG_3261.JPG

コンクリートブロックの押さえが終わって後片付け中

田村からの工事日報

平成31年4月9日(火)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・塗装(建具・外部巾木・他手直し)
 (有)酒野塗装店 徳井文哉
・ブラインド取付
 立川ブラインド工業(株) 大目(おおめ)昭・矢野泰之
・硝子搬入・建具硝子建込み
 堀江硝子(株) 池田利洋・宮岸靖・中條友喜・川波雅紀・岩田慎一郎
・外構工事(鉄筋組み)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・CB積み
 (株)まどか 小坂昌也
・CB・洗面台水栓取付
 杉山設備工業(株) 藤原真人
明日の作業
・隣地CB解体

2019年04月08日 Mon

「堀川町の住宅」

08:00-09:00 晴れ
09:30-12:30 曇り
13:30-15:10 曇り→小雨
・CB塀基礎のPコン穴埋め
・CB搬入
・土間と犬走りの伸縮目地取付
・畳搬入敷き込み
・IHヒーター取付
・鏡取付

20190408_IMG_2995.JPG

林左官工業所到着。今日はCB塀基礎のPコン埋めと土間。犬走り土間コンの伸縮目地取付。


20190408_DSCN9659.JPG

NSポリマーミックス#30(撮影/株式会社田村)


20190408_DSCN9660.JPG

2019/01/21製造(撮影/株式会社田村)


20190408_DSCN9662.JPG

製造日から3ヶ月以内なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190408_DSCN9663.JPG

マノール防水剤を添加する(撮影/株式会社田村)


20190408_DSCN9665.JPG

Pコンの穴にモルタル詰め(撮影/株式会社田村)


20190408_DSCN9668.JPG

ホームタイ鏝で面落ちに押さえる(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3001.JPG

Pコン穴埋め中


20190408_IMG_2996.JPG

普通ポルトラドセメント


20190408_DSCN9693.JPG

1:3モルタル練り(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3053.JPG

練ったモルタルをネコで運ぶ


20190408_IMG_3054.JPG

水糸を張った伸縮目地の位置にモルタルを置いていく


20190408_IMG_3056.JPG

水糸に合わせて伸縮目地を押し込んでモルタルで押さえていく


20190408_IMG_3068.JPG

伸縮目地端部の小口が見える所は目地棒を当てておき型枠解体後にシールする


20190408_IMG_3070.JPG

駐車スペースの土間コンの伸縮目地完了


20190408_IMG_3075.JPG

庭側から見た伸縮目地。横方向の目地は勾配の変わる位置に、縦方向の目地は駐車するときの目安位置に入れてある。


20190408_IMG_2994.JPG

塀のコンクリートブロック到着


20190408_IMG_2999.JPG

自重で挟んで持ち上げる石材クランプに似た様なクランプで荷下ろし


20190408_IMG_3000.JPG

「16」はC種コンクリートブロックで16N/mm2以上。A種は8N/mm2以上、B種は12N/mm2以上。


20190408_DSCN9657.JPG

コンクリートブロックの厚さ検側。高さ2m以下のブロック塀なので厚さ120(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3008.JPG

今日は畳が入るので床掃除して畳寄せを水拭きした


20190408_IMG_3011.JPG

畳到着


20190408_IMG_3024.JPG

畳搬入中。1間が1820mmで柱が120mm角の設計なので畳の幅は(3640-120)/4=880で長さが(3640-120)/2=1760の関東間。


20190408_IMG_3026.JPG

今時の普通の畳は木質繊維板でスタイロフォームを挟み込んでつくられている建材畳床V型(藁床の畳もあるけど高価)。畳表の下に保護材(クッション)敷きで畳表は中国四川省産(国産は高価なのでシェアは2〜3割くらい)。この畳は藁床畳(約30kg)の半分くらいの重さらしい。設計で畳の縁は「綿の茶色か黒色の無地」で指定しているが畳表や畳床については指定していない。グレードは一般的な普通の畳でいいのだが、平面計画ではなるべく畳の部屋を多くとる様にしている。左官壁と同じで畳の部屋も絶滅寸前なのでせめて私の設計くらいは畳の部屋を多くしたいと思っている。そういう意味では紙障子もよくつかう。「黒部の医院」とか「羽咋のオフィスビル」とか・・・。


20190408_IMG_3028.JPG

畳敷き込み中


20190408_IMG_3042.JPG

目地部を揃えて持ち上げて・・・


20190408_IMG_3044.JPG

とんとんとんと目地を叩いて敷き込んでいく


20190408_DSCN9686.JPG

2階畳敷き完了。畳は好きだけど縁の無い畳はかちっとしていないので好きではない。「線が少ない」感じで広く見せるためにこんな敷き方にしているがこれも趣味の問題だ。設計なんて個人的な趣味の寄せ集めだし。(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3016.JPG

鏡を搬入


20190408_IMG_3017.JPG

鏡貼り付け用のマットを貼るための接着剤「コニシ」G17


20190408_IMG_3019.JPG

鏡取付位置にボンド塗り


20190408_IMG_3022.JPG

ボンドを塗った位置に両面シートの付いたマットを貼る


20190408_IMG_3039.JPG

浴室水栓柱の鏡取り付け完了


20190408_DSCN9674.JPG

鏡取付用マット貼り付け完了(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3038.JPG

洗面所の鏡取り付け完了


20190408_IMG_3062.JPG

鏡が取り付いたのであとは水栓か・・・


20190408_DSCN9671.JPG

2階居室にナイトパージ用のコントローラー取付中。左側はナイトパージ時に動く外気取り入れ用の換気扇。(撮影/株式会社田村)


20190408_IMG_3066.JPG

IHヒーター「パナソニック」KZ-XP56S搬入


20190408_IMG_3076.JPG

IHヒーター取付中


20190408_DSCN9705.JPG

IHヒーターの右側の物入内の配線と結線ボックス。左はテーブル下部に付けたファクトラインへの結線ボックスで右はIHヒーターへのケーブルと1階コンセントへの結線ボックス。(撮影/株式会社田村)

田村からの工事日報

平成31年4月8日(月)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・土間目地入れ
 (有)林左官工業所 林健二
・鏡搬入・取付け
 堀江硝子(株) 中條友喜・森山秀雄
・畳搬入
 中村製畳(株) 今井武文
・IHヒーター取付
 斎藤電工 酒本昭夫
明日の作業
・ブラインド取付
・塗装(建具塗装・外部巾木直し)
・外構(鉄筋組み他)
・CB積み

2019年04月07日 Sun

「堀川町の住宅」

07:50-10:30
曇り
・シーリング 宮岸正之・宮岸拓也
 1F浴槽周り
 1F玄関下足入れ下端
 1Fトイレ窓の下端
 2F階段吊りボルトの梁側
 2F南側窓の上端と下端

20190407_IMG_2985.JPG

雨が降りそうなんだけど降ってこない


20190407_IMG_2960.JPG

浴槽の周りの養生


20190407_IMG_2978.JPG

シール中


20190407_IMG_2990.JPG

浴槽の周りのシール完了


20190407_IMG_2961.JPG

下足入れのキャビネットと床の間にバックアップ材挿入中


20190407_IMG_2972.JPG

養生完了


20190407_IMG_2987.JPG

下足入れ周りのシール完了


20190407_IMG_2993.JPG

階段の吊りボルトと梁の穴の間をシール中の息子氏。父は南側サッシュの内側上端をシール中。


20190407_IMG_2956.JPG

塗装不良だったキッチン棚の支持金物のシールを剥がす。こういうの自分で剥がすなら通信販売で買った方が良いんじゃないの・・・と気付いた。


20190407_IMG_2965.JPG

リビングと玄関の建具オープン状態


20190407_IMG_2964.JPG

建具を閉めた状態。ガラスには白いフィルムが貼られる。下足入れの先端側の縦方立が引き手代わりとなる。


20190407_IMG_2981.JPG

上の写真の建具の中桟が反って中央部でガラス溝がゼロになってるけど硝子を入れられるのかなぁ?←室田氏によると外側にはらむと修正がきかないのでわざと内向きに反る様に作っているらしい。知らんかったわ。勉強になりました。ありがとう。


20190407_IMG_2969.JPG

上の建具の戸尻側。建具上部は鴨居溝の小口に竪框がぶつかって止まる。軽い戸なら上側の戸当りだけでいいが、この建具は大きくて重いので下側にも戸当りを付ける。竪框に戸当り分の溝が切ってある。


20190407_IMG_2970.JPG

戸がオープンの状態で戸当たりが建具框で隠れる

2019年04月06日 Sat

「堀川町の住宅」

15:00-15:15
晴れ

20190406_DSCN9651.JPG

東側敷地境界付近の犬走り型枠完了(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9652.JPG

CB塀基礎を作るために中村駐車場側のアスファルトが傷んだので復旧のためにまずカッター入れ(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2949.JPG

1階玄関脇の物置の土間配筋完了


20190406_DSCN9631.JPG

土間の配筋検査(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2941.JPG

左が玄関からリビングへの引き戸(1940×2246)縦の中方立が引き手代わり・右が玄関脇の物置への框ドア(980×2425)。何れもガラスにミルキークリスタル貼り。


20190406_IMG_2940.JPG

倉庫への片開きフラッシュドア(806×2421)


20190406_DSCN9630.JPG

リビングから洗面へのドア丁番取付中(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2942.JPG

洗面への片開きフラッシュドア(798×2291)


20190406_DSCN9637.JPG

流し台の扉取付中の面さん(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2948.JPG

流し台の背面のドアが取り付けられた


20190406_DSCN9638.JPG

エアコン取付前(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9640.JPG

エアコン取付中(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2939.JPG

2階にエアコンが取り付けられた


20190406_DSCN9612.JPG

フィルムを貼るために玄関上の合わせ硝子を取り外す
(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9618.JPG

「3M」ミルキークリスタルSH2MLCRX(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9621.JPG

ガラスを掃除してから水をシュッシュして貼る(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9623.JPG

フィルムをあてる(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9626.JPG

ウレタンスキージで水抜き(撮影/株式会社田村)


20190406_DSCN9627.JPG

はみ出たフィルムをカットして完了(撮影/株式会社田村)


20190406_IMG_2945.JPG

フィルム貼り後何日かおいておく

田村からの工事日報

平成31年4月6日(土)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・木製建具搬入・取付け
 (株)丸越木工 小杉征一・能本一次
・硝子外し・フィルム貼り
 堀江硝子(株) 池田利洋・中條友喜・森山秀雄・川波雅紀・岩田慎一郎
        亀沢誠(フィルム貼り)
・家具調整
 MEN AT WORK 面政裕
・外構工事(止め型枠組み・犬走りメッシュ敷き・物置鉄筋組み)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・エアコン取付(室内機)
 杉山設備工業(株) 池田圭一

明日4月7日の作業
・シール工事(浴槽廻り・下駄箱巾木下シール予定)
4月8日の作業
・畳敷き
・外構目地入れ

2019年04月05日 Fri

「堀川町の住宅」

07:40-16:55
快晴
今日は山口さんのお子さんが中学の入学式、室田さんは金石の現場で下見板張り・・・というわけで私が現場にいることになった。

・室田さんと物置のポリシートのたるみを手直し
 本体と違って厚めのポリシートだった。
・外構
 北側、東側、西側(道路側)溶接金網
 南側犬走りとX4.8通り型枠
 グレーチングからX4.8までの側溝(幅120で一定幅に変更した)型枠
 グレーチング内部型枠
・西側Y4の犬走り目地を北側X1に90°変更した。
・物置配筋途中
・設備 洗濯機据付
・設備 給水引き込み逆止弁VPをモルタル固定
・設備 物置のファンまでのVU管配管取付
     ファンからベンドキャップまでのアルミフレキ取付
・設備 2階エアコン搬入
・左官 福山さんともう一人が下足入れと固定パネルの間の壁仕上げ
 外壁巾木の道路側のY4側の凹みをモルタル埋め
・木製建具 明日は雨が降りそうなので今日搬入したとのこと。
 トイレ引き戸・洗面ドア・倉庫ドア・物置框戸を搬入
・木製建具 玄関ドアの下部の錠
 TRTKだと言ったのにTRTが入荷したとのこと。
 TRTKを再発注すると一週間かかるらしいが再発注を依頼。
・2階納戸床水拭き
・道路水洗い清掃

20190405_IMG_2804.JPG

1階玄関脇の物置土間コンのための鉄筋搬入


20190405_IMG_2803.JPG

D13だが何の印も無い。どこの製品だろう?


20190405_IMG_2810.JPG

犬走り用の溶接金網6φ×100角


20190405_IMG_2805.JPG

サイコロ 40×50×60


20190405_IMG_2812.JPG

砕石敷き前の様子


20190405_IMG_2816.JPG

砕石入れ


20190405_IMG_2821.JPG

砕石転圧中


20190405_IMG_2833.JPG

転圧完了


20190405_IMG_2824.JPG

ついでに昨日水道管を埋めた場所も転圧して貰う


20190405_IMG_2847.JPG

犬走りに溶接金網敷き込み中


20190405_IMG_2849.JPG

溶接金網敷き完了。サイコロは打設日に入れてもらう。


20190405_IMG_2846.JPG

駐車スペースの止め型枠上端のレベル確認中


20190405_IMG_2904.JPG

南側犬走りと駐車スペース止め型枠


20190405_IMG_2903.JPG

グレーチングまでの溝型枠


20190405_IMG_2900.JPG

物置の配筋途中で今日の時間切れ。D13@200シングル配筋。


20190405_IMG_2853.JPG

道路側の外壁巾木に凹みが付いている


20190405_IMG_2854.JPG

モルタル埋め


20190405_IMG_2855.JPG

この面だけもう一度仕上げをして貰う


20190405_IMG_2856.JPG

擦れた痕もあって正面側だからいずれにしろ再仕上げが必要


20190405_IMG_2851.JPG

倉庫天井付近にあるキッチンからの排気ファンに配管が接続された


20190405_IMG_2858.JPG

洗濯機を洗面カウンター下に設置中。重さ99kgもあって調整が大変


20190405_IMG_2886.JPG

洗濯機の設置完了


20190405_IMG_2888.JPG

照明が付いた状態


20190405_IMG_2875.JPG

給水メーターからの逆止弁のモルタル固定


20190405_IMG_2883.JPG

「三菱電機」ルームエアコン霧ヶ峰MSZ-FLV4018S-W-IN(Vが付くと問屋経由でV無しは量販店での販売だそうだ)


20190405_IMG_2867.JPG

玄関脇の物置入り口の框ドア搬入


20190405_IMG_2868.JPG

トイレの引き戸搬入


20190405_IMG_2869.JPG

倉庫のドア搬入


20190405_IMG_2902.JPG

道路を水洗いして作業終了

2019年04月04日 Thu

「堀川町の住宅」

08:40-10:00 小雨→曇り
 ・外部巾木下塗り
 ・土間コンと犬走りの掘り込みアンカーの位置打決め
 ・CB積み打合せ
10:05 金沢市役所建築指導課に電話
 ・木造2階建住宅の完了検査予約はできないらしい。1週間前に書類を提出した
  ときに決め、建築場所によって検査曜日が決められているとのこと。堀川町は
  火曜と金曜。04/16(火)だと書類提出日は04/10(水)となる。完了検査申請書
  (石川県住宅課の書式)と工事写真を持参してくださいとのこと。
13:00-17:00 晴れ
 ・1階物置とCB塀に掘り込みアンカー
 ・水道メーターボックスと逆止弁の取付
 ・グレーチングからの排水管取付
 ・浴室、2階南側サッシュ内部のシーリング
 ・外壁巾木の仕上げ塗装
17:30-17:50 晴れ
 ・リビング照明器具について酒本氏と打合せ
  他の機具でもポチポチはゼロではないとのこと
  とりあえず一本取り寄せてもらう

20190404_DSCN9536.JPG

エスケー弾性プレミアムフィラーでパターン兼下塗り
(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9539.JPG

外壁巾木にローラー塗り中(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9540.JPG

パターンの詳細(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2709.JPG

外壁巾木の下塗り完了後の養生


20190404_DSCN9542.JPG

水系ファインコートシリコン半艶・白をベースに現場調合でグレーに
(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9594.JPG

外壁巾木仕上げローラー塗り(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2801_ShiftN.jpg

外壁巾木の仕上げ塗装完了


20190404_IMG_2710.JPG

コンクリートブロック積みの打合せ


20190404_IMG_2748.JPG

掘り込みアンカー


20190404_IMG_2746.JPG

D10とD13


20190404_DSCN9546.JPG

D10の長さ450(定着40d=400)(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9560.JPG

D13の長さ600(定着40d=520)(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9554.JPG

孔の深さ40(撮影/株式会社田村)


20190404_DSCN9555.JPG

アンカー挿入(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2714.JPG

CB塀基礎の根入れが少ないので土間コンと一体化するためD10@300で掘り込みアンカーを打つ。


20190404_DSCN9556.JPG

掘り込みアンカー1本目完了(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2713.JPG

穴掃除ブラシとシュッシュするポンプ


20190404_IMG_2727.JPG

南側掘り込みアンカー完了


20190404_IMG_2764.JPG

北側掘り込みアンカー完了。ここから右は根入れが十分なので掘り込みアンカーは必要ない。


20190404_IMG_2772.JPG

1階物置内の掘り込みアンカー。この部分だけ土間スラブが打ってなかった。このコンクリート打ちが遅れたおかげで床暖房の熱交換器とエコキュート貯湯タンクの据付がぎりぎりになってしまった。


20190404_DSCN9597.JPG

ポリシート敷き(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2760.JPG

水道メーターの接続部を掘り出す


20190404_IMG_2771.JPG

新しいメーターボックスを置くためにコンクリートブロックを敷く


20190404_IMG_2782.JPG

メーターボックスは引込柱のウェブ芯に合わせる。逆止弁は引込柱のフランジ芯に合わせる。


20190404_IMG_2788.JPG

給水管を接続して埋戻し中


20190404_IMG_2791.JPG

逆止弁とメーターボックス


20190404_IMG_2792.JPG

90°振った位置からの写真


20190404_IMG_2786.JPG

グレーチングからの排水管のレベル調整中


20190404_IMG_2794.JPG

グレーチング周りの配管完了


20190404_IMG_2776.JPG

2階南側サッシュ内部周りのシーリング中


20190404_IMG_2796.JPG

浴室周りのシーリング中

田村からの工事日報

平成31年4月4日(木)
天候 雨のち晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外部巾木塗装
 (有)酒野塗装店 徳井文哉・グウェン・ヴァン・フン
・アンカー打ち
 (株)ミサキ 羽二生航
・内部シール(浴室・2階南側窓内部側)
 宮岸シール 宮岸正之
・水道引込み・グレーチング排水配管
 杉山設備工業(株) 酒本武司・山村侑一・油野憲次
明日の作業
・外構工事(物置土間コン配筋・道路側犬走り砕石敷き)
・設備工事

2019年04月03日 Wed

「堀川町の住宅」

08:05-10:25
13:35-17:10
晴れ
・玄関の左官壁
・2階畳下を水拭き
・畳下のコンビボード敷き
・犬走り止め型枠のための捨てコン打ち
・洗面所家具上端シール
・外構駐車スペース砕石転圧
・外構道路側掘削

20190403_IMG_2627.JPG

東側犬走りの砕石敷き


20190403_DSCN9491.JPG

東側犬走りの砕石転圧中(撮影/株式会社田村)


20190403_IMG_2641.JPG

2tダンプに捨てコン用のコンクリートを0.4立米積んで来た


20190403_IMG_2645.JPG

南側犬走りの止め型枠のために捨てコン打ち。オペが野崎さんで手前が永谷さん。


20190403_IMG_2653.JPG

鏝押さえ中


20190403_IMG_2664.JPG

ダンプを水洗い清掃中


20190403_IMG_2670.JPG

グレーチング枠を溶接中。溶接が必要になる度に呼ばれる藤野さん。


20190403_IMG_2678.JPG

グレーチング枠の取り付け完了


20190403_IMG_2680.JPG

駐車スペースの砕石敷き転圧中


20190403_IMG_2679.JPG

道路側犬走りの掘削中


20190403_IMG_2685.JPG

汚水枡の高さ調整中


20190403_IMG_2689.JPG

単管を立てるための「さや管」(岡田浩之氏からの提供)をセットする


20190403_DSCN9531.JPG

さや管セット中(撮影/株式会社田村)


20190403_IMG_2702.JPG

さや管のセット完了


20190403_IMG_2707.JPG

道路清掃中


20190403_IMG_2620.JPG

下足入れが取り付けられたのでその上の壁を仕上げる


20190403_IMG_2622.JPG

壁の周りを養生中の福山さん


20190403_IMG_2662.JPG

玄関固定パネルと下足入れの間の下塗り中


20190403_DSCN9492.JPG

玄関固定パネルと下足入れの間の下塗り完了(撮影/株式会社田村)


20190403_IMG_2621.JPG

玄関固定パネルに取り付ける郵便受け。長いのを50mm厚のパネルに合わせて室田さんが切断して加工済み。外枠と中枠をシールで固定中。


20190403_IMG_2625.JPG

2階サッシュの内部周りシールのための養生中


20190403_IMG_2668.JPG

洗面家具と天井の隙間をシール中の宮岸さん


20190403_DSCN9493.JPG

1成分形シリコーンシーラントSE5010(撮影/株式会社田村)


20190403_DSCN9494.JPG

ライトグレー・2018/05/25製造(撮影/株式会社田村)


20190403_DSCN9495.JPG

有効期間12ヶ月なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190403_DSCN9496.JPG

浴室水栓柱のスカラップ部分にシール(撮影/株式会社田村)


20190403_DSCN9498.JPG

スカラップのシール完了(撮影/株式会社田村)


20190403_IMG_2626.JPG

引込盤内部を組み立て中の酒本さん


20190403_IMG_2636.JPG

2階Jパネルを掃除中


20190403_IMG_2637.JPG

Jパネル水拭き完了


20190403_IMG_2665.JPG

Jパネルの上に電気配線をステップル留めしてある。その配線を避けて床コンビボードを敷く。このボードが畳下となる。奥が室田さんで手前が山口さん。


20190403_DSCN9489.JPG

「ダイケン」床コンビボード・910×1820×9・ホルムアルデヒド規制告示対象外製品・表面通気性防水塗装・裏面撥水剤塗装(撮影/株式会社田村)


20190403_IMG_2677.JPG

床コンビボード敷き完了。2階はエアコン取付と畳敷きを残すのみ。あ・・・玄関上のガラスのフィルム貼りもあるのか・・・。


20190403_IMG_2676.JPG

電気配線とコンビボード。このやり方は大高事務所時代の同僚の武山倫氏に教えてもらった。


20190403_DSCN9514.JPG

受電されたので建物内部で電気が使用できる様になった。写真ではわからないのだが、この照明器具・・・LEDのポチポチがすごく目立つのだ。クリスマスイルミネーションみたい感じ。カタログで見ているときはそんなのに気付かなかった。LED器具を設計で盛り込むのは今回が初めてなのでまだ「定番」が決まっていない。それでこんな失敗をしてしまう。和泉に見てもらったが「何〜っ、これ!」。残念ながらまた手痛い失敗になった。納戸や物置は仕方なくこのままにするが玄関とリビングは取り替えるしかない。すぐに代替え機種を選んでポチポチが見えない器具か問い合わせアンド見積依頼中。この後まだ失敗が出てくるのかホントに不安。(撮影/株式会社田村)


20190403_DSCN9526.JPG

2階居室の電球RAC-002をコントロールするリモコンRAC-RC。寝るとき電気を消すためにスイッチまで行かなくてもOK・照明器具から長い紐をぶら下げなくてもOK・・・の物ぐさ用(撮影/株式会社田村)


20190404_IMG_2712.JPG

2階居室の電球の色を電球色にした場合の写真

田村からの工事日報

平成31年4月3日(水)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理(2階畳下コンビボード敷き)
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・上塗り(下足入家具上)
 宮内工業(株) 福山悌吉
・内部シール(2階南側サッシュ内部・チャンバー周り・洗面家具周り)
 宮岸シール 宮岸正之
・グレーチング溶接
 (株)宇野製作所 藤野勉
・外構工事(犬走り捨てコン・駐車スペース砕石・道路側掘削)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・電気工事(プレート・2階吹抜電球取付・電気引込)
 斎藤電工 酒本昭夫
・設備工事(外部汚水桝高さ調整)
 杉山設備工業(株) 酒本武司・藤原真人
明日の作業
・塗装工事(外部巾木)
・内部シール(予定)

2019年04月02日 Tue

「堀川町の住宅」

08:15-10:10 曇り→ミゾレ
10:55-12:40 曇り
13:30-16:20 曇り→小雨→曇り
ここ何日かは何か問題があったらすぐに対処するためにずっと現場にいる。
・2階床ガラスのフィルム貼りについて打合せ
・CB塀の七野さん側埋戻し
・庭の掘削
・犬走りの砕石敷き
・電気引込盤、コンセントプレート取付
・洗面所家具取付
・レンジフードからの排気ファン取付
・浴室水栓とシャワーバー取付
・浴室壁ガラスシール
・チャンバー周りのシール
・AW11周りのシール
・AW11の金物取付中にシールを乱したので取りやめ。宮岸さん悲しむよね。
・屋外機配管打合せ→設備配管振り
・浴室入り口グレーチング周りの清掃(室田さん)

20190402_IMG_2492.JPG

現場の屋根にもうっすらと雪がのってる


20190402_IMG_2496.JPG

いつもの様に朝一番で現場を一回りすると2階のガラス床に足跡を発見


20190402_IMG_2498.JPG

この間現場の外にウンコしてたヤツだ。太った虎柄のネコ。仮設の玄関ドアの下に隙間が空いていた・・・すぐに室田さんが塞いでくれた。螢屋開店早々夜間に猫が入って和紙の天井を穴だらけにされたのを思い出した。最後に外構の土間コンを打ったときに足跡を付けられそうで不安。


20190402_IMG_2548.JPG

昨日2階ガラス床が付いて驚いた透け具合をなんとかしなくては・・・の件。上側がミルキーホワイトで下側がミルキークリスタル。以前はミルキーホワイトを使っていたが黒部の住宅はミルキークリスタル。今回工事の木製建具のガラスもミルキークリスタルで設計している。ミルキーホワイトの方がちょっと透けて私は好き。ミルキークリスタルはマットな白色って感じ。右の黒色のバックアップ材の透けを考えるとミルキークリスタルの方が目立たなくなりそう。


20190402_IMG_2544.JPG

玄関ドアにガラスが入っていないため玄関内部が暗くなる。いい感じに明るくするために2階床をガラスにしている。ちゃんと明かりが落ちてくるか2階床を段ボールでトリミングして光の透過具合を比べてみる。ミルキーホワイトの方が光の透過が多いがミルキークリスタルも光は通ってる。2階のバックアップ材が透けにくいのを優先してミルキークリスタルに決定。価格はミルキークリスタル>ミルキーホワイトとのこと。ミルキークリスタルの方は外装にも使えるらしく紫外線に強いのだろう。何かを比べたとき選ぶとだいたいは高い方になってしまう。物の差はうまく値段にあらわれている。


20190402_IMG_2505.JPG

庭部分の掘削前


20190402_IMG_2514.JPG

掘削中


20190402_IMG_2550.JPG

庭部分の掘削完了


20190402_IMG_2551.JPG

七野さん側を砕石で埋め戻し中


20190402_IMG_2557.JPG

転圧中


20190402_IMG_2559.JPG

七野さん側の埋戻し完了。綺麗になった。

20190402_IMG_2564.JPG

南側犬走りの砕石入れ


20190402_IMG_2569.JPG

庭部分の底は固くてとても手で掘るのは大変なのでユズ・ビワ・イチジクを植える部分を一度掘削して荒らして貰う。重機ってすごいよね。


20190402_IMG_2601.JPG

玄関ポーチの土間コン部分の砕石入れ


20190402_DSCN9456.JPG

中村駐車場側の砕石埋戻し中(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2619.JPG

北側の犬走りの砕石入れ


20190402_IMG_2512.JPG

明日仮設電気を本設側に移す予定だが、先行して電柱から引き込み柱までの配線をするらしい。


20190402_IMG_2517.JPG

電柱からをケーブル引くための金物取付中


20190402_IMG_2523.JPG

引き込み柱までケーブルが来た。引き込み柱の最上部に取り付けてあるフラットバーは避雷針ではなく鳥が留まるのを防止する棒。留まるときに羽が棒に当たるのを嫌うらしい。これは建築設計+左官を仕事にしているkylynさんに教えてもらった。感謝します!でも棒の立っていないというか棒の立てようのないポーチ屋根に鳥の糞が・・・くっそ〜っ。どうしようもねぇ。


20190402_IMG_2530.JPG

引き込みケーブルの分岐位置詳細


20190402_DSCN9449.JPG

引込盤基礎に台輪を取り付けるためのアンカー穴あけ中
(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2560.JPG

引込盤の基礎に台輪が取り付けられた


20190402_IMG_2596.JPG

盤をのせるためにケーブルを盤下部の穴に通す


20190402_IMG_2597.JPG

引込盤を固定中


20190402_IMG_2598.JPG

盤の裏側


20190402_IMG_2612.JPG

引込盤取り付け完了


20190402_IMG_2494.JPG

浴室壁ガラスの目地シール中(堀江硝子大村さん)


20190402_IMG_2576.JPG

浴室の壁ガラスのシール


20190402_IMG_2578.JPG

これまででこのシールが一番良い。幅はこれまで10mmだったのが5mmになり、シールの透明度も高く素晴らしい。


20190402_IMG_2508.JPG

IHヒーターの裏になる部分のチャンバー周りのシール養生(宮岸シール)


20190402_DSCN9434.JPG

エルミンサッシ周りのシール養生(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9437.JPG

ペンギンシール2550LM(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9440.JPG

有効期間は製造日より12ヶ月(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9439.JPG

2018/11/08製造<12ヶ月。ダークアンバー色(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9438.JPG

プライマー塗布(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9443.JPG

ヘラで延ばす(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9453.JPG

シール完了(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2535.JPG

洗面所のカウンター搬入中


20190402_IMG_2553.JPG

洗面カウンターが取り付いたのでその上の家具取付中


20190402_DSCN9459.JPG

洗面カウンター上部家具取り付け完了(撮影/株式会社田村)


20190402_DSCN9460.JPG

洗面カウンター下部家具取り付け完了(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2605.JPG

洗面所の家具が取り付いたので設備の配管を開始


20190402_IMG_2538.JPG

玄関の固定パネルと下足入れの間。両方が取り付けられるまで忘れ去られていたここ(191mm×815mm)の仕上げ。余ったラスボードはもう捨ててしまっているので室田さんがムサシで買ってきた。車にのるように半割で持ち帰り9割はゴミに。建設現場は効率が悪いのだ。ムサシのレジを待っている時後ろのじいさんが「今時ラスボードか・・・」と驚いていたそう。今時左官仕上げの壁か・・・か、石膏ボードに直仕上げじゃないのか・・・のどちらでおどろいたのだろうか?おそらくビニルクロスじゃないのか・・・の方だと思うのだが。


20190402_IMG_2500.JPG

家具に塗った「大阪塗料工業」ユーロミツロウオイルF☆☆☆☆


20190402_IMG_2528.JPG

屋外機架台が立ち上がりVP管にぶつかるらしい。設備が屋外機高さはチェックしたけど奥行き方向の寸法をチェックしていなかったとか・・・。とってもまずい状態になってる。立ち上がりのVP管を45°エルボで振って架台を取り付けるか・・・と、とてもかっこ悪いことになる打合せ中。ちゃんとした施工図が提出されないこの現場ならでは。毎日毎日どうしてこんなに問題が一杯出てくるんだろ?


20190402_IMG_2543.JPG

45°エルボ返しで冷媒管を振って「知」を感じない明らかに「間違えましたが何か?」って開き直った形になる。ストレスで左目の下がピクピクして気持ち悪い。1.既製品のフレームを改造する。2.現場に合わせてフレームを作る。3.このサンプルの様に配管を振る。・・・3つの案があったけど結局3の配管を振るに決定。


20190402_IMG_2586.JPG

おぉぉ・・・決定したらもう施工に掛かってる。早いなぁ。


20190402_IMG_2588.JPG

配管振り完了


20190402_IMG_2590.JPG

フレームを置いてみて基礎内に納まるのを確認する。最終的に下の横つなぎを上にあげてフレームをもう少し奥に固定する。下の横つなぎを上にあげるので下の段の屋外機は直接基礎に固定する。・・・となった。床暖房の屋外機もこれにならってもらう。


20190402_IMG_2592.JPG

犬走り部分の排水桝の高さ調整中


20190402_IMG_2604.JPG

浴槽を清掃した


20190402_DSCN9446.JPG

浴室水栓柱裏側の給湯リモコンのための電気配管固定完了
(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2607.JPG

水栓柱に水栓とシャワーバーTS131A1が取り付けられた


20190402_IMG_2606.JPG

混合水栓TMGG40EZ


20190402_DSCN9455.JPG

レンジフードからの排気ファンを取付中(撮影/株式会社田村)


20190402_IMG_2570.JPG

三菱ストレートシロッコファンBFS-50SX取り付け完了

田村からの工事日報

平成31年4月2日(火)
天候 みぞれ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・硝子シール
 堀江硝子(株) 大村飛翔
・内部シール
 宮岸シール 宮岸正之
・家具取付
 MEN AT WORK 面政裕
・外構工事
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
  中山学(CB基礎型枠運搬)
・電気工事(プレート・照明器具・電気引込盤取付)
 斎藤電工 酒本昭夫
・設備工事(浴室混合水栓シャワー取付・排気ファン取付)
 杉山設備工業(株) 酒本武司・藤原真人・上保貴志
明日の作業
・左官工事(下駄箱上部壁上塗り)
・内部シール
・電気工事
・外構工事

2019年04月01日 Mon

「堀川町の住宅」

08:10-11:50
晴れ
・2階玄関上のガラス床取付
・浴室壁ガラス取付
・玄関下足入れ取付
・CB塀基礎型枠解体
・電気エントランスキャップ取付
・電気スイッチプレート取付
・電気ポーチ照明器具取付
・設備流し水栓取付

20190401_IMG_2352.JPG

ガラス搬入


20190401_IMG_2353.JPG

梁天端にEPDM貼り付け中・・・白色か?


20190401_IMG_2354.JPG

強化ガラス10mmの合わせ硝子


20190401_IMG_2355.JPG

ガラスを一旦置く


20190401_IMG_2360.JPG

サッシュ側の位置を決めて手前に倒す


20190401_IMG_2363.JPG

一枚目仮置き


20190401_IMG_2372.JPG

二枚目仮置き


20190401_IMG_2383.JPG

02/15にディープフロストに決定したのだがサンプルとイメージが違ってすごく透けてる。


20190401_IMG_2389.JPG

黒色のネオプレンゴムを置いてみたのだが、白より黒の方が目立たない。床ガラスのシールは後回しにしてゴムは黒にする。梁上端全面に敷くのではなく30mm幅で敷く。ゴムは1m製品しかないらしいのだが、ジョイントがそのまま見えるのでなんとかする。1か2mm厚なら長尺があるそうなので2枚敷いてジョイントをなくすことにする。


20190401_IMG_2400.JPG

浴室壁の強化ガラス8mmの一枚目取付


20190401_IMG_2405.JPG

2枚目を運搬中


20190401_IMG_2411.JPG

ヒノキ板側はガラスを取り付けるともう掃除できなくなるので先に掃除する。シュッシュして・・・。


20190401_IMG_2415.JPG

ゴムでシューッとして・・・


20190401_IMG_2417.JPG

から拭きして・・・


20190401_IMG_2419.JPG

浴室へ搬入


20190401_IMG_2424.JPG

2枚目取付中


20190401_IMG_2433.JPG

3枚目搬入中


20190401_IMG_2448.JPG

3枚目取付


20190401_IMG_2450.JPG

浴室壁ガラス取り付け完了


20190401_IMG_2373.JPG

ポーチ照明器具取付中


20190401_IMG_2397.JPG

スイッチプレートなどの電機部品搬入


20190401_IMG_2398.JPG

スイッチプレート取り付け完了。壁の色に合ってる。


20190401_IMG_2427.JPG

引き込み柱配管上にエントランスキャップ取付中


20190401_IMG_2375.JPG

CB塀基礎の型枠解体中


20190401_IMG_2451.JPG

うーん。ピン角が綺麗。


20190401_IMG_2456.JPG

南側のCB塀基礎の型枠解体完了


20190401_IMG_2461.JPG

引き込み盤の基礎


20190401_IMG_2487.JPG

足洗い場の型枠形状について打合せ


20190401_IMG_2385.JPG

流し台の水栓取付中


20190401_IMG_2467.JPG

シンクの排水管と給水管の接続完了


20190401_IMG_2438.JPG

玄関下足入れ取付中


20190401_IMG_2484.JPG

洗面所の台輪取付中

田村からの工事日報

平成31年4月1日(月)
天候 雨

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・・山口麻衣子
・硝子搬入・取付け
 堀江硝子(株) 池田利洋・中條友喜・川波雅紀・国谷拓也・森山秀雄
 (シール)大村飛翔
・家具取付
 MEN AT WORK 面政裕
 ウッディ・ミタニ 谷本健治・蠣崎真
・外構工事(CB塀基礎型枠解体)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・電気工事
 斎藤電工 酒本昭夫
・設備工事
 杉山設備工業(株) 酒本武司
明日の作業
 洗面所家具取付
 電気工事
 設備工事
 外構工事 庭部分の掘削

2019年03月30日 Sat

「堀川町の住宅」

14:10-16:10
・室田氏と小杉氏と玄関ドアの錠の取付について打合せ
・上保氏と屋外機架台について打合せ
・どれもうまくいかん!

20190330_IMG_2343.JPG

大便器取付中


20190330_IMG_2346.JPG

2階納戸ビニルクロス貼り完了


20190330_IMG_2350.JPG

玄関ドア戸先側の固定パネル取り付け完了。これが取り付かないと下足入れを取り付けられない。下足入れが取り付かないと下足入れの上の壁仕上げができない。


20190401_IMG_2474.JPG

固定パネルの断面。表と裏が縦張りで中央が横張り。大手は縦。

田村からの工事日報

平成31年3月30日(土)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・浴室溝モルタル・グラウト
 (有)林左官工業所 林健二
・木製建具パネル取付
 丸越木工 荒川剛・能本一次
・家具取付
 MEN AT WORK 面政裕
・クロス貼り
 (株)三納 新田敏信
・設備工事
 杉山設備工業(株) 酒本武司

2019年03月29日 Fri

「堀川町の住宅」

晴れ
08:25-12:00
13:15-17:00
・給水管の引き込み管2ヶ所を撤去
・敷地内の給水管2ヶ所を撤去
・トイレ、洗面、浴室、玄関の照明器具取付
・トイレのコンセント取付
・リビングテーブル取付
・冷蔵庫隔板取付

20190329_IMG_2182.JPG

昨日カッターを入れた給水管の本管からの分岐を切るために掘削


20190329_IMG_2191.JPG

埋設シートが出たら手掘りで分岐を探す


20190329_IMG_2196.JPG

分岐が出たので手前の縦の出っ張りを横にして分岐管を止める


20190329_IMG_2203.JPG

黒い分岐管を切断する


20190329_IMG_2209.JPG

切断して取りだした分岐


20190329_IMG_2211.JPG

切断した部分にキャップをする


20190329_IMG_2236.JPG

1ヶ所目が終わって2ヶ所目の掘削中


20190329_IMG_2243.JPG

2ヶ所目の埋戻し後の転圧終了


20190329_IMG_2253.JPG

簡易舗装材を入れる


20190329_IMG_2254.JPG

「北川ヒューテック」補修用アスファルト混合物タピストック


20190329_IMG_2270.JPG

道路清掃完了


20190329_IMG_2274.JPG

敷地内側の給水管を掘り出す


20190329_IMG_2275.JPG

敷地境界で切断して給水管の撤去工事完了


20190329_IMG_2276.JPG

屋外機は2段積みなので架台を組み立て中


20190329_IMG_2277.JPG

「日晴金属」クーラーキャッチャーC-WZJ-2


20190329_IMG_2214.JPG

キッチンの壁棚用の棚受けに貼られたシールを昨日からつまつまと剥がしているのだが接着剤が強くて簡単に取れない。とても不親切。


20190329_IMG_2269.JPG

受け材の塗装がガサガサのが何枚も入っていた。まことに雑だ。左ががさがさで右が綺麗な塗装。塗装が汚いのは返品する。


20190329_IMG_2221.JPG

水回り天井のダウンライトのための穴あけ器具


20190329_IMG_2222.JPG

「フリーホールソー」切り屑が飛び散らない様に防塵カップ付き


20190329_IMG_2251.JPG

浴室ダウンライト取り付け完了。LEDだと小さいわ。


20190329_IMG_2233.JPG

リビングテーブルを倒して天板の撓み防止用力板の下側にパソコンのコンセント用のファクトライン取付中。ファクトラインは中央の脚部でジョイントしている。


20190329_IMG_2258.JPG

床に「印籠」を取り付けたのでテーブル脚の掘り込み溝にはめ込む


20190329_IMG_2264.JPG

奥が仕事用で手前の流し台側がダイニングテーブルとなる。テーブルの上は工事中物置になるだろうから養生用合板はこのまま張っておく。


20190329_IMG_2286.JPG

洗面所のコーリアンカウンターの洗面ボール裏側


20190329_IMG_2290.JPG

道路側のエルミンサッシの養生を剥がしてブラインドの動作を確認


20190329_IMG_2292.JPG

ブラインドのスラット「閉」状態


20190329_IMG_2291.JPG

スラット「開」状態

田村からの工事日報

平成31年3月29日(金)
天候 曇り

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・リビングテーブル搬入・取付、隔板取付
 家具工房MEN At WORK 面政裕・面遼河
 ウッディ・ミタニ 谷本健治 
・電気設備 水回り・玄関照明器具、トイレコンセント取付
 斎藤電工 酒本昭夫
・給排水設備 給水管撤去道路本管工事(2ヶ所)
 杉山設備工業(株) 上保貴志・油野憲次・山村佑一・藤原真人
 (警備)林国安
明日の予定
・浴室水栓柱スカラップグラウト・排水溝仕上げ塗り
・建具パネル取付
・玄関家具取付
・2階納戸ビニルクロス貼り

2019年03月28日 Thu

「堀川町の住宅」

08:30-17:05
曇り
・午前流し台ベース取付
・午後シンク、天板、チャンバーなどステンレス製品取付
・1階照明器具取付
・解体前は3軒長屋だったので給水引込みも3ヶ所。2ヶ所を撤去する工事のための
 アスファルトカッター入れ
・家の鍵を持って出るのを忘れたので家に帰れず。時間がたっぷりあったので
 1・2階の床を全て水拭き。1階壁側の家具キャビネット内も掃除。

20190328_IMG_2078.JPG

1階梁下照明器具取付中


20190328_IMG_2075.JPG

流し台取付前に1階の床を水拭き清掃


20190328_IMG_2081.JPG

流し台家具到着


20190328_IMG_2086.JPG

流し台の脚部裏の溝切り


20190328_IMG_2099.JPG

床に印籠を取り付ける


20190328_IMG_2106.JPG

印籠に脚部の掘り込み溝を嵌めて木部の取り付け完了


20190328_IMG_2109.JPG

午後はステンレス工事。まずはシンクの搬入。


20190328_IMG_2111.JPG

シンクの仮置き


20190328_IMG_2116.JPG

排気チャンバーの首を一度分解中


20190328_IMG_2118.JPG

排気チャンバーを家具ベースに入れてから首部分を取付中


20190328_IMG_2130.JPG

排気チャンバー取り付け完了


20190329_IMG_2226.JPG

排気口の上にオイルフィルターを2枚置く


20190329_IMG_2225.JPG

オイルフィルターの上にSUS丸鋼で「日」の字に組んだ重りを二つ置く。オイルフィルターの上に既製品の紙フィルターを置き日の字型の重りで固定する。当然紙フィルターは工事とは別。


20190328_IMG_2134.JPG

天板の仮置き


20190328_IMG_2136.JPG

吸い込み口の仮置きして動作確認


20190328_IMG_2153.JPG

シンクを固定したあと天板の取り付け完了


20190328_IMG_2154.JPG

チャンバーへの吸い込み口取付中


20190328_IMG_2160.JPG

天板とシンクの間のシール中


20190328_IMG_2170.JPG

壁側家具の扉取付中。流し台手前のテーブルは明日取付予定。


20190328_IMG_2173.JPG

今日の作業終了


20190328_IMG_2094.JPG

給水引き込み管を本管から撤去するためのアスファルトカッター入れ。敷地内の地中でプラグ留めで良いと思うんだけど強制的に本管から撤去させられる。1ヶ所あたり9万円以上掛かった。アスファルトは継ぎ接ぎになるし無駄な作業だと思う。


20190328_IMG_2171.JPG

道路を清掃しておいた。ついでに道路左側の雑草も抜いておいた。

田村からの工事日報

平成31年3月28日(木)
天候 曇り時々晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・家具搬入・取付
 家具工房MEN At WORK 面政裕・面遼河
     ウッディ・ミタニ 谷本健治・蠣崎真 
・ステンレス天板搬入、取付
 (株)マコト 大屋誠一・大沢一雄・銘形(めいがた)将之
・電気設備 1階照明器具取付
 斎藤電工 酒本昭夫
・給排水設備 道路カッター切り・仮設切り替え
 杉山設備工業(株) 上保貴志・油野憲次・山村佑一
明日の予定
・ダイニングテーブル搬入・取付
・給水道路本管工事
・浴室グラウト・溝仕上げ塗り

2019年03月27日 Wed

「堀川町の住宅」

快晴
07:45-11:00
13:30-15:30
・CB塀コンクリート打設
・打設後の中村駐車場と道路の清掃水洗い確認
・AW11内部側シール
・ポーチ屋根と本体の間の上げ裏のバックアップ材取付
・倉庫内の材料が足りなかった部分の床貼り

20190327_DSCN9350.JPG

型枠に散水中(撮影/株式会社田村)


20190327_IMG_2005.JPG

南側のCB塀基礎型枠に散水完了


20190327_IMG_2006.JPG

北側の型枠も散水完了


20190327_IMG_2008.JPG

ポンプ車到着


20190327_IMG_2013.JPG

北側まで建物の裏を回って・・・


20190327_IMG_2014.JPG

建物裏の隙間を通って・・・


20190327_IMG_2010.JPG

北側まで配管を繋げる


20190327_IMG_2011.JPG

ポンプ車からの配管完了


20190327_IMG_2015.JPG

生コン車の到着を待つ。快晴で空が青い。


20190327_IMG_2017.JPG

生コン車到着


20190327_IMG_2019.JPG

08:11発08:38着・27-15-25・2.00立米。03/09から温度補正は3N/mm2。


20190327_DSCN9361.JPG

筒先から最初に出るモルタル混ざりのコンクリートをバケツに受ける
(撮影/株式会社田村)


20190327_IMG_2025.JPG

これは最後に生コン車に返して持って帰って貰う


20190327_IMG_2032.JPG

北側のCB塀基礎打設中。左のバイブを掛けている永谷さんに会社名の「タマツフィールド3」の「3」って何なん?って聞いたら「社長のラッキーナンバーらしい」って。「タマツかタマツフィールドまでしか口にしませんが・・・」と。「Strayt Sheepの長村です」と言わずただ「長村です」という私と同じ感じだ。「1」は落ちるしかない。「2」は1に負けてる。「3」は伸び代がある・・・っていうから「タマツフィールド3」の「3」はいいのかもしれない。ヘルメットに印刷されているのを見るとなかなかかっこよかった。


20190327_IMG_2035.JPG

北側の打設が終わる少し前に配管をばらす


20190327_IMG_2038.JPG

屋外機基礎の打設中。型枠の破裂を防ぐため半分くらいまで入れる。


20190327_IMG_2042.JPG

東側のCB塀基礎の打設開始。ここで生コン車1台目終了。


20190327_IMG_2046.JPG

2台目・09:28発09:48着・1.8立米・累計3.8立米。


20190327_DSCN9373.JPG

引込盤基礎の打設中(撮影/株式会社田村)


20190327_IMG_2055.JPG

これで南側のCB基礎の打設終了


20190327_IMG_2057.JPG

戻って屋外機基礎の続きを打設する


20190327_DSCN9369.JPG

道路側犬走りのSUS管打込み基礎の打設中(撮影/株式会社田村)


20190327_IMG_2064.JPG

道路側犬走りのSUS管打込み基礎の打設完了。所定の位置に添え付けた後埋め戻して犬走りのコンクリートに打ち込む予定。SUS管天端が犬走りコンの天端となる。


20190327_IMG_2058.JPG

庭側のSUS管打込み基礎の岡打ち中


20190327_IMG_2063.JPG

庭のSUS管打込み基礎打設完了。できあがったらCB塀基礎にコンクリートボンドで貼り付ける予定。


20190327_IMG_2066.JPG

余ったコンクリートと最初のモルタル混ざりコンクリートやポンプ車を洗った水を生コン車に返す


20190327_IMG_2072.JPG

金ゴテ押さえ3回目


20190327_IMG_2044.JPG

水回りのシール色を決める。ダークブラウン。


20190327_IMG_2054.JPG

ポーチ屋根と建物本体のシール裏側(上げ裏)に黒のバックアップ材を貼り仕上げにした。宮岸さん・・・丁寧。

田村からの工事日報

平成31年3月27日(水)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(CB塀立上り・機械基礎コンクリート打設)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
  知名定彦(左官押さえ)
 石川圧送センター(株) 沢上優作・沢上秀人
・ポーチ屋根庇取合いバックアップ材取付
 宮岸シール 宮岸正之
・倉庫残りの石貼り
明日の作業
・流し台取付
・2階納戸クロス貼り
・内部シール(予定)

2019年03月26日 Tue

「堀川町の住宅」

晴れ
08:40-12:00
14:30-14:45
15:50-16:15
・引き込み盤基礎型枠組み
・ポーチ屋根と建物本体の隙間の仕上げシール
・2階納戸の布団棚目違い手直し
・木製建具採寸
・外壁材引き上げ

20190326_IMG_1961.JPG

引き込み盤基礎の型枠組み立て中


20190326_IMG_1999.JPG

引き込み盤基礎型枠完了


20190326_IMG_2003.JPG

引き込み盤の配管がきちんと立ち上がる様にテンプレートで固定


20190326_IMG_2001.JPG

庭と西側に単管を建てて防鳥ネットを張るための基礎を岡打ちするための型枠完了。さや管のSUS管は岡田浩之氏の提供。左が西面道路際に埋めるさや管で右が庭のCB塀基礎にくっつけて埋めるさや管。


20190326_IMG_1989.JPG

畳縁の見本


20190326_IMG_1990.JPG

石田織布


20190326_IMG_1988.JPG

設計は綿の無地茶色。茶色にも何種類かある様で・・・上から金栗・特栗・金茶。こうして比べてみると金栗と特栗の差は微妙だが金茶だとちょっと粗い感じに見える。よく見ると金栗と特栗は茶色の糸だけで織られているが金茶になると茶と黒の糸で織られているので粗く見える様だ。金栗と特栗の差は折のピッチは同じだが目が積んでいるか目を飛ばしているかの差に見える。目が詰んで見える「金栗」でお願いする。ただ、畳縁をここまで近くで見たことは今まで一度もない。


20190326_IMG_1984.JPG

サンプルにある綿の畳縁の色の名前


20190326_IMG_1982.JPG

建設廃材の収集に遭遇した。写真を撮っていたら室田氏に笑われたけど設計事務所がこういうのを見る機会ってあまりないからおもしろい。


20190326_IMG_1963.JPG

丸越木工へ散歩代わりに歩いて行って小杉氏にフラッシュ戸の骨組みを見せて貰う。勉強不足なことにこれまで木製建具を作っているのは見たことがないのだ。今回は現場から近いので見学をお願いした。トイレと洗面所の隔板(タモ柾合板フラッシュ)のトイレ側。


20190326_IMG_1965.JPG

洗面所側の仕上材はまだ貼られていないので内部の骨組みが見える


20190326_IMG_1964.JPG

洗面所のカウンターを支えるための補強材が見える。小杉さんの親指が掛かっているのは隔板小口のタモ無垢材。


20190326_IMG_1972.JPG

フラッシュ戸の小口を切断する機械。上から下まで丸鋸が動く。


20190326_IMG_1975.JPG

上の方だけ見えてる玄関戸の脇に付く嵌殺しパネルの材料。外部側と内部側が縦に3枚の板で中央が横向きの板を接着して50mm厚さのパネルになる。見えているのは中央の横向きの板とその両小口の縦材。この嵌殺しパネルの外部側に郵便受け口やインターホンが付き、内部側に下足入れの天板が取り付くのではやく作って現場に持って来て欲しいのだ。手前に見えているどこかの現場のポリ合板のパネルより先に作ってくれ!


20190326_IMG_1995.JPG

木製建具の現地採寸に立ち会って細かい部分を決めていく(襖の框は袋縁か細縁かとか戸当りはとか、フラッシュ戸の大手はタモの無垢で・・・とか)


20190326_DSCN9339.JPG

養生テープ貼り(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9342.JPG

養生テープを貼ってからプライマー塗り(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9344.JPG

ペンギンシール(変成シリコーン)(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9345.JPG

有効期限は製造日より12ヶ月(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9343.JPG

2018/12/10製造なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9346.JPG

シール打ち(撮影/株式会社田村)


20190326_DSCN9347.JPG

ヘラで押さえる(撮影/株式会社田村)


20190326_IMG_1962.JPG

ポーチ屋根と本体の間の上げ裏の仕上げ中


20190326_IMG_1979.JPG

建物本体とポーチ屋根の間の捨てシールの上に仕上げシール中


20190326_IMG_2002.JPG

予備(足場解体などで外壁が傷ついたときの張り替え用)の外壁材の引き上げ

田村からの工事日報

平成31年3月26日(火)
天候 晴れ

本日の作業
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(引込盤基礎型枠)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝
・ポーチ屋根庇シール
 宮岸シール 宮岸正之
・布団棚手直し
 鍋谷宅建 荒金正直
明日の作業
・外構工事(CB基礎・機械基礎・引込盤基礎コンクリート打設)

2019年03月25日 Mon

「堀川町の住宅」

晴れ・肌寒い
08:00-10:00
11:00-11:50
13:15-14:10
15:20-16:30
・床目地モルタル
・CB塀基礎の型枠組立
・屋外機基礎の設備配管調整、CB取付水栓への配管
・1階物置の熱交換器とエコキュート貯湯タンクの墨出し

20190325_IMG_1920.JPG

北側CB塀基礎の型枠組み立て中


20190325_IMG_1957.JPG

CB面に取り付ける屋外水栓のための配管完了


20190325_IMG_1960.JPG

東側のCB用の縦筋位置が50mmずれていたので手直し中


20190325_IMG_1958.JPG

屋外機基礎に打ち込む配管の位置修正中


20190325_DSCN9309.JPG

石目地の「日本化成」NSメヂセメントM-4(黒色)。「二瀬窯業」の目地セメントで「黒」を選んだのだが搬入された目地材の有効期限が切れていたのですぐに入手できるこの材料に代えた。(撮影/株式会社田村)


20190325_DSCN9310.JPG

2019/02/13製造(撮影/株式会社田村)


20190325_DSCN9311.JPG

6ヶ月以内なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190325_DSCN9312.JPG

F☆☆☆☆(撮影/株式会社田村)


20190325_IMG_1928.JPG

浴室の床目地モルタル施工中


20190325_IMG_1930.JPG

トイレ・洗面所の床目地モルタル施工中


20190325_IMG_1948.JPG

トイレ・洗面所の目地モルタル完了


20190325_IMG_1950.JPG

浴室の目地モルタル完了


20190325_IMG_1951.JPG

水栓柱のスカラップの中は無収縮モルタルを流し込んでからシールする


20190325_IMG_1952.JPG

リビング・ダイニング・キッチンの目地モルタル完了


20190325_IMG_1940.JPG

玄関の目地モルタル完了


20190325_IMG_1942.JPG

2階のJパネルの上(畳の下)に敷くコンビボード厚さ9mmを搬入

田村からの工事日報

平成31年3月25日(月)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
 (株)まどか 中山学(CB基礎)・永谷幸輝(機械基礎)
・床目地
 (株)まどか>(株)五條工業 石川雄平・藤川貴義・山本唯寿美
・ポーチ給水配管立上げ他
 杉山設備工業(株) 上保貴志
明日の作業
・外構工事
・ポーチ庇シール

2019年03月23日 Sat

「堀川町の住宅」

14:50-15:40
曇り
・CB塀基礎の配筋完了、型枠搬入
・床石貼り完了

20190323_DSCN9265.JPG

CB塀基礎の主筋「SD295A D13 V」刻印確認(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9267.JPG

CB塀基礎に使う「あばら筋」(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9268.JPG

あばら筋の「SD295A D10 V」刻印確認(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9276.JPG

鉄筋組み立て中(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9282.JPG

配筋検査 D13主筋3本(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9285.JPG

あばら筋D10@400(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9292.JPG

北側の配筋(撮影/株式会社田村)


20190323_IMG_1902.JPG

北側のCB塀基礎の配筋完了


20190323_IMG_1914.JPG

東側のCB塀基礎配筋


20190323_IMG_1917.JPG

南側のCB塀基礎配筋


20190323_IMG_1907.JPG

床の石貼り完了(目地モルタルは後日)


20190323_IMG_1910.JPG

床の掃除中


20190323_DSCN9299.JPG

トイレと洗面所の石貼り完了(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9298.JPG

浴室の石貼り完了(撮影/株式会社田村)


20190323_DSCN9300.JPG

玄関の石貼り中(撮影/株式会社田村)


20190323_IMG_1912.JPG

玄関の石貼り完了

田村からの工事日報

平成31年3月23日(土)
天候 曇り

本日の作業
・現場管理
 (株田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(CB基礎鉄筋組み・型枠段取り)
 (株)まどか 吉本太(鉄筋)
 >タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・床石貼り
 (株)まどか>(株)五條工業 五條弘和・石川雄平・下利一・フン・ヴァンハ・山本唯寿美
・CB基礎型枠墨出し
 大橋工ム店 大橋敏夫
明日の作業
・外構工事(型枠工)
・床石目地
・設備工

2019年03月22日 Fri

「堀川町の住宅」

霧雨→曇り
07:45-18:20
10:35-10:50
11:20-11:35
13:15-13:35
15:40-16:05
・CB塀基礎の捨てコン打設
・床石貼り

20190322_IMG_1817.JPG

07:33発08:00着・24-18-25N・1.50立米


20190322_IMG_1825.JPG

今日はネコとシュートで打設する


20190322_IMG_1823.JPG

隣家の基礎と縁を切るためにポリシートを敷いた上に捨てコンを打設する。近くまでネコで運んで狭い部分はスコップで。


20190322_DSCN9235.JPG

シュートで南側の捨てコン打設中(撮影/株式会社田村)


20190322_DSCN9242.JPG

北側の捨てコン打設中(撮影/株式会社田村)

20190322_DSCN9243.JPG

捨てコンの金ゴテ押さえ(撮影/株式会社田村)


20190322_IMG_1833.JPG

屋外機基礎の捨てコン完了


20190322_IMG_1829.JPG

北側のCB塀基礎の捨てコン完了


20190322_IMG_1831.JPG

南側のCB塀基礎の捨てコン完了


20190322_DSCN9238.JPG

物置内の床暖房熱交換器とエコキュート貯湯タンクの配管立ち上げのテンプレートを固定するために捨てコン打ち。(撮影/株式会社田村)


20190322_IMG_1827.JPG

石貼り用に使う「二瀬窯業」プレミックスK。2019/02/13製造。


20190322_DSCN9223.JPG

有効期間は製造後3ヶ月なのでOK(撮影/株式会社田村)


20190322_IMG_1828.JPG

モルタルをまぜまぜ


20190322_IMG_1818.JPG

G664(福建省福州市羅源県産の花崗岩)。サンワカンパニーで4,630円/平米。床暖房用のフローリングだと平米単価で安くても8千円くらいする。無垢の床暖房用フローリングになると1.5万円くらいはする。そういう意味ではサンワカンパニーの価格はすっごく安い。熱効率を考えると石がいい。ただ床暖房を入れるか入れないかの端境期は石だと冷たい。食器を落とすと確実に割れる・・・などの欠点はある。2008/07/28に浅野川が氾濫してこの敷地は床下浸水した。床を剥がす工事をするのは大変なので結局湿度の高いまま乾くのを待つことしかできなかった。床の高さは元の家より上げたとはいえ川が近いのでもう床下のある家は嫌なのだ。いざとなったとき床を水洗いできるのがいい。


20190322_IMG_1834.JPG

石貼り中


20190322_IMG_1838.JPG

イレギュラーな斑があるときは切り物に回してほしいと最初に伝えたんだけどな。取り替えて貰う。結局こういうのは「変だ」と感じるか否かの感性の問題で感性は人それぞれなので「期待」してもダメなんだとこの現場の木工事でよくわかった。でもどうしても期待してしまう。感性の問題ではなく1枚ずつ「見る手間」を面倒ととるのかもしれない。やっぱり初めてつき合う職人さんの場合はつきっきりで見ていないと思ったものにならないってことだ。


20190322_IMG_1840.JPG

石の穴あけ中


20190322_IMG_1854.JPG

テーブルの下に立ち上がる配管


20190322_IMG_1865.JPG

上の様な2本ペアの立ち上がりが2ヶ所あるんだけど、この写真の2枚は失敗したもの。左は芯が少しズレて、右は穴の周りの石が剥離した。歩留まり50%で頑張って貰った。失敗した石は切り物を使う場所で使えるので材料としては問題ないんだけど手間が・・・。頑張ってくれてありがとう。


20190322_IMG_1857.JPG

手前の一行の色が薄いのは貼ったばかりでまだ貼り付けモルタルの水分の吸収が少ないから。奥の3行分の色が濃いが最終的には手前の一行の薄い方の色に落ち着く。


20190322_IMG_1859.JPG

貼り付けモルタルを櫛引き中


20190322_IMG_1863.JPG

櫛目鏝/くしめごて


20190322_DSCN9257.JPG

キッチン部分まで床石貼り完了(撮影/株式会社田村)


20190322_IMG_1852.JPG

二瀬窯業のサンプルから目地セメントの色を決める


20190322_IMG_1850.JPG

目地セメントは「黒」で引き戸用のレールや周囲とのシールは「ダークグレー」に決定。


20190322_IMG_1866.JPG

左が浴室・玄関用のジェットバーナー仕上げで右が一般部の本磨き

田村からの工事日報

平成31年3月22日(金)
天候 曇り

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(CB基礎捨てコンクリート打設)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・床石貼り
 (株)まどか>(株)五條工業 五條弘和・五條達也・石川雄平
 ドアン・タン・ルアン・下利一
明日の作業
・外構工事(型枠・鉄筋工段取り)
・床石貼り

2019年03月21日 Thu

「堀川町の住宅」

09:05-09:25 雨
 ・捨てコン型枠用角鋼管
14:25-15:25 曇り
 ・東側捨てコン型枠確認
 ・2階納戸ビニルクロス貼りの下地パテ

20190321_IMG_1793.JPG

東側CB塀基礎の捨てコン型枠用角鋼管を固定中


20190321_IMG_1794.JPG

南側CB塀基礎の捨てコン型枠


20190321_IMG_1814.JPG

捨てコンの隣家側が敷地境界となるので型枠の精度を確認して手直しして貰った。お隣さんたちに信用して貰っている分ちゃんとしておかないとね。


20190321_IMG_1803.JPG

20mm逃げて張った水糸と型枠までの寸法を確認中


20190321_DSCN9195.JPG

北側の砕石敷き(撮影/株式会社田村)


20190321_DSCN9203.JPG

砕石を転圧して捨てコンの留め型枠完了。駐車場のアスファルト舗装はこちらのCB塀基礎ができた後でカッターを入れ復旧する。(撮影/株式会社田村)


20190321_DSCN9208.JPG

2階納戸の石膏ボードのパテ処理(撮影/株式会社田村)


20190321_DSCN9191.JPG

構造用合板にシーラー塗り(撮影/株式会社田村)


20190321_IMG_1816.JPG

2階納戸壁の一部は構造用合板にビニルクロスを貼るので灰汁が出ない様に全面シーラーを塗布。「ウォールボンド工業」パラダイン シーラーセットあップ(壁紙施工用水性エマルション型シーラー)F☆☆☆☆。


20190321_DSCN9201.JPG

構造用合板のパテ処理(撮影/株式会社田村)

田村からの工事日報

平成31年3月21日(木)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(CB基礎の掘削・捨てコン型枠)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
・クロス貼り用下地パテ
 (株)三納 新田敏信
明日の作業
・外構工事(捨てコン打設)
・内部石貼り

2019年03月20日 Wed

「堀川町の住宅」

快晴
08:30-09:00
 ・外構CB塀の基礎の為の掘削
09:35-10:25
 ・ブラインド打合せ
  採寸の後、長村事務所で仕様を打合せ

20190320_IMG_1716.JPG

外構工事が始まる。今日はCB塀基礎のための掘削から。


20190320_IMG_1737.JPG

掘削開始


20190320_IMG_1748.JPG

掘削中。かなりガラが埋まってる。


20190320_IMG_1757.JPG

砕石を入れて転圧中


20190320_IMG_1788.JPG

道路側まで根伐りと砕石転圧が完了。コンクリートブロック(3段積みで低い)の基礎の隣地側を敷地境界とする予定。そのためには隣の敷地に越境して根伐りや型枠を作らなければならない。それを説明して工事期間中お隣の敷地を借りたのだがホントに助かってる。


20190320_IMG_1791.JPG

北側のCB塀基礎のための掘削開始


20190320_DSCN9179.JPG

北側のCB塀基礎の根伐り中(撮影/株式会社田村)


20190320_DSCN9184.JPG

今日はここまで(撮影/株式会社田村)


20190320_IMG_1724.JPG

今日から土足禁止


20190320_IMG_1749.JPG

ブラインドの採寸中。これまで設計してきた住宅では外構に塀を巡らせていたので浴室のガラスは透明だった。悲しいことに塀の工事費用を工面できなかったので型板ガラスになってる。庭を見ながら風呂に入るのが夢だったんだけど・・・世の中銭やで!


20190320_IMG_1727.JPG

1階のリビング・ダイニング・キッチン


20190320_IMG_1730.JPG

階段


20190320_IMG_1733.JPG

2階の吹抜側


20190320_IMG_1734.JPG

2階の東側


20190320_IMG_1735.JPG

こんながらんどうなのにどうして作るのが大変なのか?


20190320_IMG_1758.JPG

石貼りのための墨出し中。階段手摺下端と石目地の関係


20190320_IMG_1759.JPG

引き戸のレールは石目地まで


20190320_IMG_1741.JPG

ポーチの屋根に出ると気持ちが良い。南側の3連窓は建物の角側に網戸を付けたくないがために逆勝手の引違戸にしている。

設計ではこの窓にロールスクリーンを取り付けることになっていた。タチカワブラインド工業のウェブカタログを見ていたら「パーフェクトシルキー」というブラインドの性能が良さそうなのでロールスクリーンから変更することにした。

RDS(Reduce Down System/減速降下機能)が付いていてバシャッと一気に降りることはない。また、スラットに昇降コードを通す穴が無いためにスラット一枚ごとの交換が可能。普通のブラインド操作にプラスして下部遮蔽で上部採光にできる3way(上下分割制御)という機種も選べる。なかなか素晴らしいシリーズだと思う。価格も設計で選んだ生地のRS-7278を使ったロールスクリーンとかわりない。ブラインドは掃除しにくいからあまり設計に盛り込んで来なかったんだけどこの製品は自分で使ってみることにした。


20190320DG2.jpg

玄関ドアの錠前はいつもだいたい同じでレバーハンドル錠LAとドア下部にエンジンドア用錠のDG2の2ヶ所にしている。

レバーハンドルは69型で仕上げは・・・BS(黄銅ヘヤーライン/金色ヘアライン)・YB(黄銅バフ/金色ピカピカ)・SC(黄銅サテンクローム/銀色艶消し)・CR(黄銅クローム/銀色ピカピカ)の4種類のうちBS仕上げを選んでいる。

DG2はステンレス製(SUS304)で仕上げはST(ホーニング電解仕上)・SB(バフ仕上)・CB(セラミックブロンズ仕上)・CD(セラミックダークグレイ仕上)の4種類でレバーハンドルとは材質も違うのでBS仕上げは無い。でも、カタログには載っていないがBSに近い色をメッキしたGP仕上というのがある。ただ、納期が2ヶ月くらいかかるらしい。なんか嫌な予感がして美和ロックに色と納期について聞いてみて納期がわかった。

今、現場に行って田村にこの納期の件を伝えてきたのだが木製建具を作る丸越木工は納期に時間が掛かるってわかっていない様で・・・どうするんだろ。まぁ、この錠前が付いていなくてもレバーハンドル錠が付いていれば問題ないのだが。あとからドアを外すのは嫌だなぁ。

田村からの工事日報

平成31年3月20日(水)
天候 晴れ

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳・山口麻衣子
・外構工事(CB基礎の掘削)
 (株)まどか>タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
明日の作業
・外構工事