2016年04月22日 Fri

餅つき

03/29についた餅がなくなったので搗く。

23:00 (04/21)米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
08:00 1回目水切り(研ぎから9時間)・落花生を水に浸ける
08:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
08:55 2回目水切り
09:00 1回目蒸し上がり
09:02 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
09:16 1回目つき上がり
09:24 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生150cc)
09:54 2回目蒸し上がり
09:57 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
10:13 2回目つき上がり
10:35  後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから7時間)
22:00  (04/23)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る

2016年04月15日 Fri

いただいた

IMG_3161.JPG

18:20 岡田さんが毎年恒例の「こしあぶら」を持って来て下さった。お返しに眞理ちゃんからの「あさり」を。物々交換の世界だ。

2016年04月13日 Wed

いただいた

IMG_3156.JPG

眞理ちゃん(和泉の姉さん)が広島の宮島のアサリを送ってくださった。長村の実家にお裾分けしたあとだというのにこの量。直径33cmの大鍋で砂抜き中。夕食は大好きなボンゴレ・ビアンコでした。あと何回食べられるんだろう・・・と鍋を覗き込みながら歓喜した!たまに水を吐いて動くのがすごく可愛い・・・でも、喰っちゃうけど。アサリを食べるときに貝柱が貝側に残って、それをとろうとするとなかなか取れなくていらっとするのだが、このアサリは貝に貝柱が残らない。素晴らしい!

2016年04月03日 Sun

来所

  • 16:20-21:40
  • 東京→武山夫妻来所
  • 銀座WESTのリーフパイ・麻布十番 豆源の「おとぼけ豆」「梅落花」「塩豆」「わさび大豆」「海老豆」「抹茶」「白胡麻大豆」「黒胡椒ビーンズ」のセットをいただいた。
  • 「和ごころ料理 梅みづき」で食事
IMG_3061.JPG

いただいたお菓子。パイも豆も大好き。多分「黒胡椒ビーンズ」・「わさび大豆」が好きそうな気がする。僕は好きな物はあとにとっておくタイプ。

2016年03月31日 Thu

家族と

17:20-19:40
家族8人(母・妹一家・弟の娘+うち2人)で「梅みづき」へ

2016年03月30日 Wed

餅切り

IMG_2984.JPG

22:00 昨日搗いた豆餅と昆布餅を切った。長村の実家と妹の関家へお裾分け。関家は「昆布餅しか要らない」と我が儘を言うので昆布餅のみ袋詰め。

2016年03月29日 Tue

餅つき

03/09についた餅がなくなったので搗く。

23:00 (03/28)米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
08:00 1回目水切り(研ぎから9時間)・落花生を水に浸ける
08:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
08:55 2回目水切り
09:00 1回目蒸し上がり
09:02 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
09:16 1回目つき上がり
09:25 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生170cc)
09:52 2回目蒸し上がり
09:56 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
10:11 2回目つき上がり
10:30  後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから7時間)
22:00  (03/30)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る。

新しい餅つき機AFC-296のパワーは凄くて、2升搗きのところを1升でやっているせいもあるんだろうけど餅がぐるんぐるんまわってそとに飛び出しそうな勢い。回るスピードが速くて餅が釜にくっつくこともない。釜に餅がくっつかないので手水をつけて餅をひっくり返す必要もないので楽。蒸す時間も搗く時間も短くなった。使い勝手は前の機種と比べると雲泥の差。5000ccの車と1000ccの車くらいの差がある感じ←どっちの車も乗ったことないけど、そんなイメージ。両方使ってみると1升しか搗かなくても2升搗きを買わないとダメだとわかる。ただ寸法が大きいのだけがネック。

IMG_2979.JPG

グリングリン回ってパワーを感じる

2016年03月27日 Sun

「庫裡」

11:50-14:45
快晴
高松で打合せ

2016年03月25日 Fri

第一生命

13:50-16:10
松野芳子さん・松野奈美さん来所
保険の見直しについて

2016年03月24日 Thu

寒い

なんか寒いと思っていたらアラレが降っていた

2016年03月19日 Sat

来所

IMG_2891.JPG

中村忍さんから東京のお土産に仙太郎のぼた餅をいただいた

2016年03月16日 Wed

餅つき機

IMG_2817.JPG

03/15/11:13に注文した餅つき機が03/16/13:00にはもう到着。早いなぁ。左が2升用のAFC-296で右がこれまで使っていた1升用のAFC-10F。新しいのでかいわ〜。


IMG_2815.JPG

操作パネルは長辺側になった。古いのはまだ完全に壊れているわけではないのでいざという時の予備のために置いておくことにした。餅を作っている途中(蒸していたり搗いているとき)に壊れるのが一番怖い。こんなにたくさんの餅米どうする?ってなっちゃうからなぁ。

2016年03月15日 Tue

「庫裡」

08:40-09:40
小雨
金沢市役所建築指導課石田氏と打合せ

餅つき機

2011/12/26に一升用の餅つき機AFC-10Fを買った。

03/09に豆餅を搗いているときに異音がしだしたので、今日修理をお願いしに行ってきた。東芝に問い合わせてもらうと、恐らく軸部がダメなんだろうとのこと。修理代金15,000+消費税で16,200円。東芝に送ってこれ以上かかるようだったら見積を出すとのこと。その時点で修理を取りやめても1,080円はかかりますとのこと。いや、この価格なら新しいのを買えるんじゃない?・・・と一度家に帰る。ネットで調べると
AFC-10Fは生産が終わっていてPFC-20FKに変わっていた。その最安値が15,353円・・・新しいのを買う方が安いわ。

で、PFC-20FKを買おうかと思ったのだが、また4年くらいで軸部がダメになるんでしょ。それならモーターや軸部が強力な2升用の方が安心じゃない?ってことでAFC-296を買うことにした。価格.com最安値の「AQUA-FEEL」と2位の「アキバイーチョイス」で比較。何れもカード払いは無しなので代引きで比べる。送料・5年延長保証などを入れると料金は殆ど同じ。違うのは配送方法。ヤマト運輸と佐川だとヤマトだよね。で「AQUA-FEEL」に決定。

AFC-296 21,000円
5年延長保証 2,000円
送料 700円
代金引換手数料 324円
計24,024円

ただ2升用だと寸法がねぇ・・・しかたないけど。
AFC-10F 幅250×奥行353×高さ309×質量7.4kg
AFC-296 幅398×奥行310×高さ375×質量10.7kg
2升用で1升を搗くならモーターや軸部の強度にもゆとりがあっていいと期待している。

2016年03月13日 Sun

食事

18:00-20:45
くもり→小雨
母と三人で「京城園」→「サブリナ」

「庫裡」

08:20-12:10
晴れ
高松で打合せ

2016年03月12日 Sat

食事

21:30-22:30
和ごころ料理「梅みづき」

2016年03月10日 Thu

餅切り

IMG_2737.JPG

23:00 昨日搗いた昆布餅と豆餅を切る。中田クンと長村の実家にお裾分け。

2016年03月09日 Wed

餅つき

02/04についた餅がなくなったので搗く。

00:00 米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
09:00 1回目水切り(研ぎから9時間)・落花生を水に浸ける
09:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
10:00 2回目水切り
10:08 1回目蒸し上がり
10:12 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
10:27 1回目つき上がり
10:35 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生160cc)
11:10 2回目蒸し上がり
11:16 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
11:32 2回目つき上がり
11:45  後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから5時間)
23:00  (03/10)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る

二回目の豆餅を搗いているとき、餅つき機の中から金属が擦れるような音が出だした。釜から餅を持ち上げて負荷を無くすと音は止む。釜に餅を置くと音がする。やっぱり豆餅は負荷が大きいんだな。はやく修理してもらわなくては・・・。

2016年03月08日 Tue

「庫裡」

08:40-09:20
小雨
金沢市役所建築指導課 石田氏へ昭和13年と現在を比べた写真の写しを提出

2016年03月06日 Sun

「庫裡」

08:45-11:00
晴れ
此花町で打合せ

「既存不適格調書」に添付する「建築の時期を示す書類」をつくるため、アルバムから昭和25年の建築基準法施行前に建物が建っていたことを証明する写真をさがしてもらった。昭和13年に8歳のお父さんが和室で写っている写真と昭和33年に玄関で1歳の現住職とお母さんが写っている写真をピックした(昭和33年時点で十分古い建物であることがわかる→基準法施行後に新築されたとして築8年以下には見えない外観)。来週指導課へ持って行ってみる。鐘楼の棟札には寛政五年十月吉日(1793年)と書かれているので、今の本堂や庫裡はこの時期に建てられたんだろうけど、客観的に証明するのって難しいんだよね。

IMG_2719.JPG

建て主のお母さんがブンタンの皮でつくった「オレンジ・ピール・・・いやブンタン・ピール」をいただいた。

2016年02月29日 Mon

「庫裡」

12:40-13:40
金沢市役所 建築指導課石田氏

2016年02月27日 Sat

「庫裡」

02/24に書いた現在の建物の「既存不適格」を証明するための証拠を見つけた。国土交通省国土地理院のウェブサイトに「地図・空中写真閲覧サービス」というのがある。住所検索で「金沢市此花町」で検索すると10ヶ所の空中写真中心点が表示される。見たい地点をクリックして「高解像度表示」を選択すると無料で400dpiの航空写真を見られる。有料サービスとして印画紙出力だと2,983円・1200dpiのデジタルデータだと3,909円とのこと。

 1 1975/10/10(昭50)
 2 2007/10/24(平19)
 3 1973/05/25(昭48)
 4 1962/05/19(昭37)
 5 1987/09/06(昭62)
 6 1946/11/19(昭21)
 7 1952/11/11(昭27)
 8 1997/05/10(平9)
 9 1966(昭41)
10 1973/05/25(昭48)

平成19年と昭和21年(昭和25/05/24の建築基準法施行以前)を比べて屋根の形が同じなので法施行前に建築された建物(既存不適格)であると証明できるはず。来週にでも金沢市建築指導課へ行ってみるか。無料の400dpiの写真でOKが出ればいいんだけど・・・。

それにしても第二次世界大戦が終わって(昭和20年)すぐとそれから5~6年後にアメリカ軍が日本全土の航空写真を撮っている・・・って国力の差を感じた。

昭和21年の写真を見ていると東大通りが中島大橋に繋がっていなかったとか、中島大橋の向こうは全部田んぼだったとか、今のうちの前にある駐車場に工場が建っていたとか「へぇ~」っと驚くことがいっぱいでおもしろかった。

2016年02月26日 Fri

寒い

IMG_2591.JPG

雪が降ってる

2016年02月25日 Thu

「庫裡」

15:50-16:40
くもり
金沢市建築指導課石田氏に図面提出
・既存建物平面図
・計画案

2016年02月24日 Wed

「庫裡」

準防火地域では木造2階建は500uまで建築できる。
ところがこの物件は木造3階建で900uもある。
既存建物は現在の建築基準法では「既存不適格」なのだが
それを証明しなくてはならないらしい。庫裡(お寺の住宅部分)を
減築しても500uを超えてしまうので建築指導課へ相談しに行った。

08:40-10:17
金沢市役所
建築指導課 既存不適格な建物の増築について相談
(一部を壊して建てると減築しても増築あつかい)
  ↓
緑と花の課 裏の公園が都市公園法に該当する公園かを調べる
  ↓
道路管理課 接する隣地への道路が基準法上の道路かを調べる
  ↓
市民税課 土地の記載はあるが建物の記載はなし→法務局へ

10:25-11:10
法務局(建物の登記がいつだったのかを調べる)

11:15
建築指導課上道さんに電話

11:58-12:15
建築指導課山口氏から電話

12:40-14:10
晴れ
羽咋へ
岡田氏からレーザー距離計を借りる

14:10-14:40
晴れ
本堂の高さを測る

14:40-14:55
建築指導課山口氏に電話

15:30-16:27
みぞれ
羽咋へ
岡田建設工業へレーザー距離計を返却する

16:30
建築指導課山口氏から電話

2016年02月20日 Sat

「庫裡」

14:15-18:00
高松で打合せ

2016年02月15日 Mon

寒い

IMG_2551.JPG

雪が積もり始めた マイナス1℃

2016年02月11日 Thu

いただいた

IMG_2512.JPG

大高事務所の先輩の杉浦伝宗氏から今年も「陣内農園」のデコポンを送っていただいた。例年いただくのが3月1週目くらいだったのが、昨年は02/22、今年は02/11とだんだん早くなってきている。温暖化のせい?

2016年02月10日 Wed

風邪

昨日から二人仲良く寝てたりして・・・

いただく

10:30
可計さん来所
チョコレートをいただく

IMG_2510.JPG

ベルギーの「Gavarny」のCognac・Cocoa・Orange味を。昨年Cognacが好きだと伝えたら今年2箱になっていた。ごちそうさまです。モーツアルトのクッキーと羊羹をお返しに。

2016年02月08日 Mon

いただいた

IMG_2488.JPG

滋賀の治美さんから和泉のバースデー・プレゼントにチューリップの花束が届いた。蕾なので数日後にはいい感じになりそうです。


IMG_2496.JPG

ひとみさんからいただいた箱詰めの薔薇の花


IMG_2502.JPG

三井さんからいただいたフラワー・アレンジメント

う〜ん。和泉・・・人気あるわ。

2016年02月07日 Sun

「庫裡」

12:45-15:30
晴れ・寒い
此花町で打合せ

IMG_2479.JPG

お菓子を一杯いただいた。
カファレル・オリジナルギフトピッコラ(イタリア・トレノ)のチョコレート(上の写真)
生活研究マージログループ「ひな豆」
京都 菓楽(カラン)のチョコスフレと西賀茂チーズ
長生堂浜口三喜の笹の雪

2016年02月05日 Fri

餅切り

IMG_2468.JPG

22:00 昨日搗いた昆布餅と豆餅を切る

食事

16:45-20:00
小雨
両親と「まいもん寿司」へ
和泉の誕生日のお祝いとして

2016年02月04日 Thu

来所

14:40−15:40
岡田氏来所
聞くも涙、語るも涙の物語
・・・じゃなくて
聞くも怒り、語るも怒りの物語が二つ

餅つき

01/15についた餅がなくなったので搗く。
2015/10/21に畠田豊作さんから買った20kg×3袋のうち1袋目が終了。
2014年秋に収穫した黒大豆は今回で終了。

00:00 米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
08:00 1回目水切り(研ぎから8時間)
08:30 1回目蒸し始め
09:00 2回目水切り
09:09 1回目蒸し上がり
09:12 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
09:27 1回目つき上がり
09:34 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生100cc)
10:09 2回目蒸し上がり
10:14 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
10:32 2回目つき上がり
10:45  後片付け終了
16:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから5時間)
22:00  (02/05)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る。

長村の実家にお裾分け(02/06)

2016年02月02日 Tue

電話

13:40-14:00
お友達の平井さんから電話

・タワーマンションの分譲を買った
・そのリビングのバルコニー側の掃出し窓の上に下がり壁がある
・その下がり壁にエアコンが付いている
・カーテンレールは下がり壁の下(掃き出し窓の上)についている
・天井から床までカーテンにしたい
・でも、できないので引っ越すのが嫌になった
・で、元気がなくて仕事を休んで寝ていた
・・・とのこと。

僕 バルコニーに面する部屋はその部屋だけ?
平 いや、隣に主寝室がある
僕 その部屋にはエアコンが付いているの?
平 いや、付いていない
僕 じゃぁエアコンの効きが悪くなるけど、リビングのエアコンを外して主寝室に
   取り付ける。カーテンレールを天井に付ける。この二つの工事をしてもら
   えば5万円くらいで済むんじゃない?
平 Oh!そんなことできるの?そんなこと誰も言ってくれなかった。
   皆、どうしようもないっていうだけだった。

これにて、一件落着

2016年01月31日 Sun

外出

16:20-21:15
くもり→雨
石井さんに誘われて21世紀美術館・シアター21へ
吉田酒造 一滴を醸すために―酒造りと蔵人たちの3年間の軌跡
1,000円

その後、メープルハウスで食事
小川氏や吉島氏との話が面白かった


IMG_2464.JPG

帰りに純米大吟醸手取川の300mlをお土産にもらう

2016年01月29日 Fri

散髪

12:50−15:00
ボサボサだったので散髪へ

2016年01月24日 Sun

お裾分け

17:10
薬師さん(旧姓村上さん)が東京のお土産を持って来てくださったのでトマトソースをお裾分け

2016年01月23日 Sat

夕食

21:30-22:40
みぞれ
こんな天気の悪い日はお客さんが少ないかなと思って・・・
和ごころ料理 梅みづき
寒いので取り皿が温められているのが嬉しい

お裾分け

和泉の友人の番さんにお餅をお裾分け

2016年01月22日 Fri

寒い

IMG_2409.JPG

09:25 雪が降り出した

2016年01月17日 Sun

お裾分け

長村の実家に餅をお裾分け

いただいた

IMG_2392.JPG

滋賀県に住む母の従妹・・・僕から見る従叔母(いとこおば)というらしい・・・の治美さんからいろいろ詰め合わせセットが届いた。「鮎屋の郷」でくじ引きをしたら段ボール一杯の賞品を当てたとのこと。そういうわけで「運」のお裾分けを送ってくださいました。そのおかげで我が家もいい年になりそうです。ありがとうございました。受け取ったお礼のメールに「半分長村の実家にお裾分けします」って書いたら、「親子ですね〜。同じ書き方で寛行宅と半分にします…」って母からもメールが届いたそうで。両方に送ったので安心してと返信が届いた。まじっすか〜! こんなに高級そうなのを・・・これで一軒分か。こういうとき何ていうんだ? wow!awesome! か amazing! か?


IMG_2396.JPG

母に届いた包みの中に我が家宛の寒中見舞いの葉書が入っていたらしい。治美さん住所を逆にして発送したん? ・・・で、母の方がいうには「どうも若い人向けの感じなんだけど・・・」とこの二つを持ってきてくれた。こちらからは両親向けのものをチョイスして交換。御菓子は半分ずっこしたりして・・・そういうわけで、また種類が増えてしまった。治美さんが送ってくださった「幸運」はどんどん広がってる。すげぇ。

「庫裡」

  • 08:50-13:00 高松町で打合せ←高松町で打合せだが建築場所は金沢市内。
  • 13:00-14:00 昼食
  • 晴れ

IMG_2383.JPG

何、何・・・雪マークだったのに殆ど快晴

今回の物件はこれまでにないくらい建築法規上難しい上に建て主側からの設計条件(必要諸室)が決まっておらず、前回2015/12/20から正月を挟んでずっと悩んでいた。今回打合せで第一回の設計案を提出する予定なのだが、条件が未整備だと一つ条件が変化すると他までずるずる変わっていくことになるためいい案を出すのは難しく悩んでいたわけだ。これまでだったら建て主に案を見せる前に和泉のチェックを受けて、建築のプロじゃない人が見たときの印象や疑問を修正してから提出していた。数日前に「大丈夫なん?」って聞かれつつ、「まだ、条件も決まっていないし、これを見せてもなぁ・・・」と見せないまま本番へ。僕が建て主に説明するのを横で聞きながら、突然彼女が「この平面いいわねぇ」と誉めだした。すぐに彼女は「いつもは先に見せてくれるんだけど、今回は今初めて見たので・・・」って言ったから意味は通じただろうけど、そうでなければ『なんじゃこの夫婦。自画自賛かよっ!』と思われていたかもしれん。ま、事前じゃなくて本番でになったけど彼女のOKがでたってことは、このプランでいけるはず。安心した。


IMG_2390.JPG

打合せ後、昼食に白尾の亀屋で蕎麦。食事をしながらも和泉は「あのプランはよかった。隠していないで先に見せてよ」と。かなりお気に入りのようだった。いやいや隠してたわけじゃないし・・・。

2016年01月16日 Sat

餅切り

IMG_2381.JPG

21:00 昨日搗いた昆布餅と豆餅を切る

お誘い

2016/01/16/16:15
石井氏から電話

2016/01/31(日)16:45
21世紀美術館シアター21入り口で待ち合わせ
吉田酒造 白山の酒造りの上映90分
そのあと食事

2016年01月15日 Fri

餅つき

12/24についた餅がなくなったので

00:00 米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。水が冷たい。
08:00 1回目水切り(研ぎから8時間)
08:30 1回目蒸し始め
09:00 2回目水切り
09:07 1回目蒸し上がり
09:11 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
09:26 1回目つき上がり
09:34 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆230cc・落花生100cc)
10:09 2回目蒸し上がり
10:13 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
10:31 2回目つき上がり
10:45  後片付け終了
16:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから5時間)
21:00  (01/16)つき上がりから34.5時間後「もち切り」で切る

2016年01月13日 Wed

寒い

20:00 アラレが降ってきた

2016年01月09日 Sat

いただいた

IMG_2347.JPG

01/05に和泉の知人の水口さんから津幡で穫れた猪の肉1kg以上のかたまりをいただいた。その一部を塩胡椒で焼いて食べてみたら美味しかった。豚肉よりちょっと固い感じ(歯ごたえがある)がするけどとてもうまい。ちゃんと血抜きをした肉は臭みがないというがこれも下処理が良かったんだと思う。

2016年01月01日 Fri

雑煮を食べる

IMG_2262.JPG

金沢の雑煮は昆布と鰹節でとった出汁のすまし汁で白角餅と三つ葉、ねぎ、ゆずだけのシンプルなものです。1999/11/10に大高建築設計事務所の先輩である奈良の倉本宏氏から建築士会連合会賞受賞祝いにと夫婦(めおと)の合鹿椀をいただいた。正月には必ずそのお椀で雑煮をいただく。そういうわけで毎年正月には倉本さんの顔を思い浮かべる・・・と、メールを送った。

倉本氏から返信
奈良の雑煮は白味噌仕立ての中に白い具が三つ(豆腐、小口大根、里芋)と白い丸餅です。朱塗りの椀に良く映えます。私も長村君から輪島塗でももらえるようになりたいが・・・略

・・・とのこと。輪島塗か・・・覚えておくわ。

新年会

14:10-24:40
快晴
小林信隆さんと長村の実家で新年会

2015年12月31日 Thu

いただいた

  • 木越さんから「トマトソース」のお返しにと「ミートソース」と五色豆をいただいた。

2015年12月30日 Wed

いただいた

  • 吉澤さんから「かに身」を送っていただいた。僕は蟹味噌のある甲羅より足の方が好きなので嬉しい。

2015年12月28日 Mon

雪が降らない

天気予報では昨日、今日と雪マークだった。
いつの間にか雪マークがみぞれマークに。
このままいくと11/27にアラレが少し積もっただけで
雪が積もらないままに12月が終わりそう。
例年だと12月に何回かは積もるんだけど。
運動が出来なくてちょっと困る。

洗濯機

洗濯機の水位調節のすすぎフィルター部分がぱかっと外れるのだが、その部品が分解できない。取説を見ても大きな部品を外すまでしか書いてないのである程度までは分解できるのに・・・。分解できた部分は歯ブラシで汚れを落とせたが、どうしようもない部分は隙間からホースで水圧で吹き飛ばしたんだけど完全ではないので悔しい。無理に引っ張ると樹脂だから折れそうだし・・・簡単に分解できるように設計して欲しいぞ日立PS-50ASE4。それにしても汚れがすごいわ。内部の蛇腹のホースなんか気が狂いそうだった。

2015年12月25日 Fri

餅切り

IMG_2240.JPG

10:00
昨日搗いた白角餅を切る。パレットの枡目が転写されるので同じ大きさに切りやすい。2013年は搗いてから切るまでの時間が9.5時間、昨年は15時間でまだ軟らかめだったので今年は20時間にしてみた。でもまだ軟らかかった。来年は斗棒と同じ32時間でやってみる。伸し餅は年に1回か2回しか搗かないので最適な置き時間がまだわからない。毎年が実験みたいもんだ。白角餅を眞理ちゃんにお裾分け。


IMG_2246.JPG

22:00
豆餅は切り終わった。次は昆布餅を切る。餅切り器はウエダ製作所A-210(中)


IMG_2249.JPG

昆布餅の昆布は長村の母からの提供。豆餅に入れる黒大豆と落花生は自家製。塩は能登製塩。餅米はうちの畑の前の田圃で栽培している畠田豊作さんから購入。昆布以外は珠洲製。

うちの餅つき機は東芝AFC-10F。東芝は「白物家電」全拠点を売却・・・とニュースが流れている。多分うちの餅つき機は普通の家庭と比べるとすごく高い稼働率だから故障したときや部品の供給がどうなるかが心配。

2015年12月24日 Thu

餅つき

今年18回目の餅つき
12/13に搗いた餅がなくなったので正月用に白角餅と豆餅・角餅の3回搗く。
クリスマスイブにケーキじゃなくて餅って !
毎回殆ど同じ作業をしてるんだけど、今日は詳細に作業内容を書いてみる。
友人・知人にお裾分けするようになってから衛生面はかなり丁寧にしているよ。
黒大豆や落花生は虫食いがないか目視でちゃんと選り分けているし・・・。

03:50-04:30米研ぎ3升(昆布餅用10カップ・豆餅、白角餅用9カップ)
 とぎ汁を野菜の鉢に
05:30 水替え
09:00 水替え
10:00 水替え・作業で使う布巾と豆を蒸す時に包む麻布を煮沸消毒
11:00 ・餅つき機内部を水拭き、釜や羽根・パッキンなどを水洗い
 ・餅つき機に蒸し用の水を入れる
 ・落花生を水に浸ける。ブルーシートを広げてシャモジ・昆布・塩・片栗粉・豆餅・
  白角餅蒸し用の水(各420cc)を用意する
11:30 ・1回目昆布餅用餅米水切り(研ぎから7.5時間)
 ・シャワーを浴びて洗濯したての服に着替える
11:55 釜に餅米を入れる(中央部を盛り上げ気味に)
12:00 ・1回目昆布餅用餅米蒸し始め。キッチンや洗面所のタオルを替える
 ・髪の毛が落ちないようタオルで「姉さんかぶり」
 ・黒豆を洗って落花生と一緒に麻布に包む
 ・斗棒箱とパレットに片栗粉をまぶす
12:30 2回目豆餅用餅米水切り
12:36 1回目昆布餅用餅米蒸し上がり・シャモジで昆布(30g)と塩(大さじ1.5)を混ぜる
12:39 1回目昆布餅搗き始め。5〜6分経って餅がまとまってきたら1分に一回くらい水
  をつけた手でひっくり返す。本来は自分でくるくると回るはずなのだが、新米
  のように水分が多かったり豆餅のように混ぜるものが多くなると側面に
  くっついて回りにくくなるのでひっくり返した方がうまく搗ける
12:55 ・1回目昆布餅搗き上がり
 ・斗棒箱に入れてから埃よけと防湿のために綺麗な布巾を掛けておく
 ・釜や羽根・パッキンを洗って餅つき機内部を水拭き
 ・本体に蒸し用の水を入れる
 ・餅米の上に麻布に包んだ豆をのせて蓋をする
13:02 2回目豆餅用餅米蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生160cc)
13:35 3回目白角餅用餅米水切り
13:36 2回目豆餅用餅米蒸し上がり・豆と塩(大さじ1.7)を混ぜる
13:40 2回目豆餅搗き始め
13:58 2回目豆餅搗き上がり
14:04 3回目白角餅用餅米蒸し始め
14:38 3回目白角餅用餅米蒸し上がり・塩(大さじ1.7)
14:40 3回目白角餅搗き始め(塩大さじ1.7)
14:56 3回目白角餅搗き上がり
15:10  後片付け終了
19:00 斗棒箱から取り出し(搗き上がりから5時間)
10:00  (12/25)搗き上がりから20時間後白角餅切り(包丁)
22:00  (12/25)搗き上がりから32時間後斗棒餅切り(もち切り器)
※豆餅の作り方は12/13参照

IMG_2193.JPG

餅米は中央部を高く、周辺部を低めにして入れる。餅つき機は東芝AFC-10F


IMG_2195.JPG

洗った黒大豆と水に浸してあった落花生。黒豆は長時間水に浸すと餅を搗いたときにつぶれてしまうので、短時間で洗う。


IMG_2197.JPG

麻布をザルの上にひろげて落花生・黒豆の順で入れる。落花生の方が豆が大きいので少しでも高い温度で蒸せるように下に置く。


IMG_2207.JPG

上から時計回りに・・・豆餅用の塩・白角餅用の塩・豆餅用の蒸し水・白角餅用の蒸し水・餅が完成したときに被せる乾いた布巾・斗棒箱2本・搗きあがった餅を受けて片栗粉をまぶすときに使うパレット(白角餅はこのパレットにで伸す)・昆布餅用の昆布と塩・餅つき機・手水・濡れ布巾とシャモジ・瓶は片栗粉・麻布に包んだ落花生と黒大豆。


IMG_2208.JPG

餅つき機の蓋から蒸気が上がると、もうすぐ蒸し上がり


IMG_2212.JPG

昆布餅をこねこね中


IMG_2214.JPG

斗棒箱に入れ終わった昆布餅


IMG_2215.JPG

豆餅の豆は麻布に包んで餅米を入れた上にのせる。餅つき機の蓋は1.8Lの餅米を入れて豆をのせてちょうどいい感じで被せることが出来る様ゆとりがとってある。蒸し上がったとき取りやすいように麻布の4隅はまとめておく。


IMG_2217.JPG

蒸し上がった豆を皿に受けたところ。熱いので火傷に気をつける。


IMG_2218.JPG

搗く前にシャモジで塩と豆を混ぜる。ネットで豆餅の作り方を探すと途中で豆を入れる人もいる様だが、この量入れたとききちんと混ざらないので先に混ぜる方が安心確実。


IMG_2220.JPG

豆餅の搗き始め。くるくるまわりながら外周部の餅米を取り込んでいく。


IMG_2221.JPG

だいたいまとまってかたまりになった状態


IMG_2223.JPG

搗き始めてから5〜6分経つと釜の壁が抵抗になってくっつき始める。このようになってからは1分ごとに手水をつけた手で裏返す。餅を持ち上げると餅つき機本体が浮いてくるので両足で固定しながら餅を持ち上げて返す。(後日2升搗きのAFC-296に替えてからはパワーがあるので途中で餅を返す必要はなくなった)


IMG_2228.JPG

白角餅を搗き始めたところ。混ぜるのは塩だけなので楽ちん。


IMG_2233.JPG

つるんつるんのかたまりになってるけど、やっぱり下の方は釜にくっつくので返す作業は必要。取扱説明書では餅の取り出しは
スイッチを切って臼ごと取り出し、裏返しにしてくっついてきた羽を餅から取り出す・・・となっているんだけど、回っているときにさっと餅を取り出せば羽もくっついてこないし簡単。安全のためにスイッチを切って・・・というのが建前なんだろうけど。


IMG_2234.JPG

パレットに入れた伸し餅(白角餅)と斗棒箱に入れた豆餅と昆布餅。次の作業まで上に乾いた布巾を掛けておく。

2015年12月23日 Wed

夕食

19:00-20:30
和ごころ料理「梅みづき」
今日注文したのは海の物づくし

2015年12月20日 Sun

岡田さん

13:00-13:30
果物セットとカシューナッツを持って。
牛タン味噌漬けをいただいた。
お返しにお返しで・・・終わらない。

「庫裡」

08:50-13:00
多分今年最後の快晴
12月も後半になってこの天気は珍しい
高松で打合せ

2015年12月18日 Fri

いただいた

IMG_2098.JPG

和泉の知人からシュトーレンをいただいた。とてもおいしかった。家でこういうのつくれるのか・・・味といい形といい完全にプロ級の腕だな。

お裾分け

和泉がうちでつくったカボチャでコロッケを沢山つくったので木越さんと長村の実家にお裾分け。

いただく

  • ひとみさんからメロンを送っていただいた。先日は眞理ちゃんからも送ってもらったしメロン好きって有名なのか・・・。

2015年12月15日 Tue

いただいた

IMG_2080.JPG

和泉の知り合いの水口さんが釣った鯵16尾とサヨリ4条・小鯛2枚をいただいた。サトイモをお返しに。長村実家へお裾分け後に撮影。

2015年12月13日 Sun

餅つき

12/04に搗いた餅がなくなったので今月3回目の餅を搗く。1回分昨年の餅米が残っているのでそれを使い切る。1回目(昆布餅)は昨年の餅米が残っているのを使い、2回目(豆餅)は新米を使うので水浸しの時間が違う。

20:30(12/12)米研ぎ1升(昆布餅用10カップ)
      とぎ汁はプランターに。
04:30 米研ぎ1升(豆餅用9カップ)
11:30 1回目水切り(研ぎから15時間)昨年の残り
12:00 1回目蒸し始め
12:30 2回目水切り(研ぎから8時間)新米
12:35 1回目蒸し上がり
12:38 1回目つき始め(昆布30g・塩大さじ1.5)
12:54 1回目つき上がり
13:00 2回目蒸し始め(黒豆200cc・落花生170cc)
13:35 2回目蒸し上がり
13:39 2回目つき始め(塩大さじ1.8)
13:57 2回目つき上がり
14:10 後片付け終了
20:00 斗棒箱から取り出し(つき上がりから6時間)
19:40(12/14)つき上がりから29.5時間後(もち切り器)
20:10(12/14)後片付け終了

・長村の実家と治美さんにお裾分け
・餅切りまでの時間は短かった。新米になったら32時間くらいは必要か・・・。

豆餅のつくりかた(普通は黒大豆を入れるが、うちは自作の落花生と黒大豆を入れる)
黒大豆は餅米を蒸す直前(早く洗っておくとふやけてしまって黒大豆の皮が剥けてしまう・落花生は30分以上前に水に浸けておく)に洗う。洗ったら水を切って麻布に包んで餅米の上にのせて一緒に蒸す。釜に餅米を入れるときは中央を盛り気味に。餅米が蒸し上がったら、上にのっている黒大豆を別皿に広げる。シャモジで餅米をかき混ぜながら塩と黒大豆を混ぜていく。だいたい混ぜ終わるまで3〜4分。豆を混ぜ終わったら餅つき機の「つく」ボタンを押す。ある程度餅米がまとまってきたあとは1分に一度くらい、手水をつけてから持ち上げて裏返す。白餅の場合は回っている間に勝手に少しずつ裏返っていくが、豆餅は抵抗が大きく自分で回らないので手で裏返す。白餅や昆布餅は15分程度搗くが、豆餅は18〜20分程度と少し長めに搗く。搗き終わったら回っているうちに取り出す。餅つき機の取説だと安全のため回転を止めてから取り出すと書いてあるが、そうすると羽も一緒に取れることがあって餅の中から羽根を取り出すのが面倒。片栗粉を敷いたパレットに取りだして片栗粉をつけつつ手にくっつかない様にしてから斗棒箱に入れて成形する。斗棒箱がない場合は、なまこ型にするらしい。金沢ではきちんとした長方形の豆餅や昆布餅が伝統なので斗棒箱に入れる。斗棒箱は売っていないので家具屋さんなどに作ってもらうしか入手方法はない。古道具屋を何軒か回って探したが、値がつかないし場所の無駄になるからねぇ・・・と言われた。

2015年12月12日 Sat

「庫裡」

09:00-11:10
曇り→晴れ
現況測量7回目
  • 1〜3階の段差部分。
  • 残す部分の天井高など。
  • 平面図が出来たのでこれで測量は一応終了。

2015年12月11日 Fri

いただく

  • 武山さんから「玉澤」の「霜柱と九重のセット」を送っていただいた。
  • 近所の南野さんからサトイモのお礼だと「さわやかリンゴ(長野へ嫁いだ娘さんからの)」をいただいた。

来所

10:00-10:40
岡田氏来所
長村の実家に障子を入れに来て下さったあと来所。
「御菓子司のと屋」のよもぎ万頭をいただいた。
モーツアルトのクッキーをお返しに。

2015年12月07日 Mon

夕食

21:00-22:15
「和ごころ料理 梅みづき」へ
いつもどおり安定のおいしさとリーズナブルな価格に満足

2015年12月05日 Sat

餅切り

IMG_1901.JPG

今日も終日雨。昨日搗いた昆布餅と豆餅を切る。

2015年12月04日 Fri

餅つき

12/02に搗いた餅がなくなったので

23:30(12/03) 米研ぎ2升(昆布餅用10カップと豆餅用9カップ)
    とぎ汁はプランターに。
07:00 1回目水切り(研ぎから7.5時間)
07:30 1回目蒸し始め
08:02 2回目水切り
08:07 1回目蒸し上がり
08:11 1回目つき始め(昆布30g・塩大さじ1.2)
08:27 1回目つき上がり
08:32 2回目蒸し始め(黒豆200cc・落花生150cc)
09:08 2回目蒸し上がり
09:12 2回目つき始め(塩大さじ1.5)
09:32 2回目つき上がり
09:45 後片付け終了
16:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから7時間)
17:00(12/05)つき上がりから31.5時間後(もち切り器)
17:30(12/05)後片付け終了

2015年12月03日 Thu

いただいた

IMG_1891.JPG

石田さんからJean-Paul HévinのPetite boîte Subtileをいただいた。高級すぎて食べるのが怖い。

お裾分け

  • 清水さんに餅・里芋・長ネギ・落花生・黒豆・キーウィ・トマトソースをお裾分け。お取り寄せのミカン(ゆら早生)とL'espoirのClaviers Coloresをいただいた。
  • 村上さんのお父さんに落花生をお裾分け。
IMG_1893.JPG

Claviers Colores・・・色が綺麗

餅切り

IMG_1890.JPG

今日は終日雨。今は雪雷が鳴ってる。これがゴロゴロ鳴り出すと冬が来る。昨日搗いた豆餅と昆布餅の斗棒を切る。今回のは清水さん・武山さん・石田さん・眞理ちゃんにお裾分けして殆どなくなるので、明日もう一度搗く。

2015年12月02日 Wed

餅つき

11/04に搗いた餅がなくなったので

18:30(12/01) 米研ぎ2升(昆布餅用10カップと豆餅用9カップ)
    とぎ汁はプランターに。
09:00 1回目水切り(研ぎから14.5時間)
09:30 1回目蒸し始め
10:02 2回目水切り
10:06 1回目蒸し上がり
10:09 1回目つき始め(昆布35g・塩大さじ1.2)
10:25 1回目つき上がり
10:32 2回目蒸し始め(黒豆170cc・落花生150cc)
11:05 2回目蒸し上がり
11:09 2回目つき始め(塩大さじ1.5)
11:29 2回目つき上がり
11:45 後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから6時間)
19:30(12/03)つき上がりから32時間後(もち切り器)
20:00(12/03)後片付け終了

IMG_1876.JPG

左上から時計回りに・・・餅箱・斗棒箱×2・のし用のパレット(搗きあがった餅をこの上において片栗粉をつける)・手水を入れた片手鍋・昆布餅用の昆布・昆布餅用の塩・シャモジと濡れ布巾・二回目に搗く豆餅用の麻布にくるんだ豆(黒豆と落花生)・二回目に搗くとき餅つき機の中に入れる水(1.8Lの餅米に対して420cc)を入れた器。二回目の豆餅用の塩、真ん中は片栗粉を入れた瓶・・・これだけを用意して、今、一回目の昆布餅の蒸し中。餅つき初期の頃(2012年〜2013年くらい)は豆餅も昆布餅も1.8L(200ccカップ×9)で餅つきをしていた。豆餅には黒豆と落花生を300cc以上入れるので、できあがりは豆餅の方が昆布餅より多かった。斗棒箱に入れて3〜4cmくらいの差があった。あるときふと気付いて昆布餅用の餅米を1カップ多めにしたら同じ量の餅ができた。それ以来昆布餅用に10カップ、豆餅用に9カップを研いでいる。気付くまでかなりの時間が掛かったのが恥ずかしい。気付いてからも餅つき機が1.8Lが上限なのでそれをこえる2.0Lを搗いてもいいのかと躊躇していた。でもよく考えてみると確かに餅米は1.8Lだけど0.3Lの豆を加えて豆餅を作っているんだから、昆布餅で2.0Lは楽勝じゃん・・・って。多分餅つき機に負荷は多めなんだろうけど今のところ大丈夫。普通、毎月餅つき機を使う家庭って殆どないはずだからそれだけでも我が家の負荷は多めだけどね。


IMG_1880.JPG

昆布餅こねこね中


IMG_1882.JPG

豆餅こねこね中


IMG_1884.JPG

次回の餅つきのために精米してきた。投入口に餅米玄米をザザーッ。


IMG_1885.JPG

精米程度は「上白」。料金は20kgで300円・30kgで400円。

2015年12月01日 Tue

いただく

  • 今年もあと1ヶ月か・・・。月日の経つのが早すぎ。
  • 池田氏から「ローストビーフ」を送っていただいた。毎年正月に長村の実家でいただいていて「正月の味」になってしまった。野菜は作っているけど肉と魚はうちでは作れないのでチョー嬉しい。

2015年11月30日 Mon

電話

大学の同級生の竹下クンからの電話が嬉しくて1時間も話してしまった。
大企業の役員になって忙しく外国を飛び回ってるらしい。
そのせいでこのごろは年に一回も会えなくなってしまった。

2015年11月29日 Sun

「庫裡」

09:00-15:40
小雨→くもり
現況測量6回目
  • 2階
  • 外部の測りもれ
  • 3階
  • これでおおよその平面測量終了
  • 次回は測りもれを測っておしまい

2015年11月28日 Sat

来所

16:15
谷本夫妻がお歳暮のお礼にとお米を持ってきてくださった。
雨のせいで早めに畑から帰ってきていたのでよかった。
いつも通りなら会えないところだった。
里芋・落花生・キーウィをお裾分け。

2015年11月23日 Mon

「庫裡」

09:00-16:50
晴れ←くもり
現況測量5回目
  • 外部の測量
  • 1階内部の測り忘れ部分の測量

2015年11月22日 Sun

「庫裡」

13:00-17:20
くもり
現況測量4回目
  • 本堂裏廊下に水糸を張って測量
  • 玄関―仏間に水糸を張って測量
  • トイレ→玄関→外部スロープまわり
  • いろいろ増築したり改修したりしているので建物の軸が傾いている。どこが歪んでいるのか把握できないので平面図を描いても誤差が多くて途方に暮れる。トランシットが必要かもしれない。困った。

2015年11月20日 Fri

サイレンが

15:10
何台もの消防車のサイレンが五月蠅い・・・と思っていたら、近くで停まる。
近いのか?と外に出てみたら大通りの方に消防車が停まっていた。
近くのラーメン屋で小火だったそう。
大ごとじゃなくてよかった。

2015年11月19日 Thu

夕食

16:45-19:45
くもり
野曽原夫妻と「まいもん寿司」へ

2015年11月18日 Wed

「庫裡」

09:00-17:15
小雨
現況測量3回目
  • 中庭まわりの測量もれ部分
  • トイレ→書斎→寝室→個室→洗面浴室→車庫1→車庫2→帳場→階段→ダイニング→台所2→玄関(途中で時間切れ)

2015年11月14日 Sat

いただく

IMG_1587.JPG

中村さんにワサビをいただく。里芋をお裾分け。

2015年11月13日 Fri

「庫裡」

12:45-17:20
くもり
現況測量2回目
 ・本堂まわりの測り忘れ部分の測量
 ・茶室→応接室→和室

2015年11月11日 Wed

お菓子

IMG_1488.JPG

以前から好きだったけど、お土産にもらった時くらいしか食べられなかった南部煎餅。夏の東北旅行中に買って食べた(南部せんべい まめ 樋口煎餅店)のが美味しくてくせになった。探してみるとこちらでも南部煎餅はいろんなところで売っていた。金沢で手に入る中でお気に入りになったのが「オーサワ」の南部せんべい。ただちょっと高いのが不満だけど、今まで食べた中でこれが一番おいしい。ただ、ゴマとピーナッツが中国産なのが残念。

2015年11月09日 Mon

「庫裡」

終日雨
昨日測量したメモを元に図面化。
測り忘れが多くて参る。

お菓子

IMG_1474.JPG

最近おきにいりの「栄煎堂」の「輪島名物 堅焼 しおせんべい(黒ごま)」。南部煎餅みたい形をしているんだけどパリッとして堅い。塩味が抜群に絶妙で手が止まらなくなる。

2015年11月08日 Sun

「庫裡」

12:45-17:20
現況測量1回目
・本堂まわり
寒くなる前に測量を終わらせたいのだが・・・

2015年11月05日 Thu

餅切り

IMG_1371.JPG

19:30-20:00 昨日搗いた豆餅と昆布餅の斗棒を切る

2015年11月04日 Wed

餅つき

10/06に搗いた餅がなくなったので

19:30(11/03) 米研ぎ2升(10カップと9カップ)
09:00 1回目水切り(研ぎから13.5時間)
09:30 1回目蒸し始め
10:02 2回目水切り
10:04 1回目蒸し上がり
10:08 1回目つき始め(昆布35g・塩大さじ1.2)
10:24 1回目つき上がり
10:30 2回目蒸し始め(黒豆180cc・落花生180cc)
11:04 2回目蒸し上がり
11:08 2回目つき始め(塩大さじ1.5)
11:27 2回目つき上がり
11:40 後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから6時間)
19:30(11/05) つき上がりから32時間後(もち切り器)
20:00 後片付け終了

IMG_1359.JPG

豆餅の餅搗き中

2015年11月03日 Tue

昼食

13:00-14:00
村田屋で蕎麦

いただく

IMG_1357.JPG

16:00-17:15
晴れ
長村の実家へ
小林信隆氏からリンゴをいただく
野田山のお墓参りの帰りにりんご園で買ってきたとのこと。

2015年11月02日 Mon

寒い

昨日の晴天が嘘のよう
終日雨で最高気温が15℃
冬が近いのを感じる

夕食は大鍋一杯の「おでん」
身体が温まる

2015年11月01日 Sun

いただいた

14:20-15:00
中田クン来所
大好きな「ガーナ」をいただく
中学校の同窓会に出席するための帰省とのこと

「庫裡」

07:20-14:10
建て主と「黒部の住宅・医院」を見学

IMG_1327.JPG

まずはかほく市高松へ。待ち合わせしてから黒部に向かう。


IMG_1335.JPG

帰り道。立山連峰に雪が・・・。