2018年12月22日 Sat

「堀川町の住宅」

09:30-11:20
 くもり
 現場→田村→現場→小島さん
15:45-16:05
 埋木方法を打合せ
16:10-16:35
 接着剤確認

20181222_IMG_6850.JPG

足場メッシュシートが張られた


20181222_IMG_6831.JPG

仮設屋根の下地


20181222_IMG_6863.JPG

仮設屋根完了


20181222_IMG_6848.JPG

仮設屋根の下側・仮設屋根材搬入中


20181222_IMG_6864.JPG

仮設屋根下の屋根上の状況


20181222_IMG_6834.JPG

基礎と柱を緊結する「ホールダウンU」20kN・D15A05-02。まだ本締めはしていない。とりあえず問題がないか設置していく。


20181222_IMG_6858.JPG

本締め終了後。ナットからボルトの先端が飛び出ている。


20181222_IMG_6843.JPG

問題があった・・・柱のボルト穴は指定位置(柱芯)だが上の梁の貫通穴は17mm偏心すべきなのに梁芯に穴あけしてる。この梁の穴は捨ててホールダウン金物を柱の逆面に取り付けることにした。柱のボルト穴はそのままで使えて梁に新しい穴を一本あければいい。このボルトは長すぎ(L=550)だからL=360に取替してもらう。


20181222_IMG_6855.JPG

柱の向こう側に穴をあけホールダウン金物取付終了。捨てた穴が手前上側に見える。


20181222_IMG_6857.JPG

柱の反対側に移したホールダウン金物


20181222_IMG_6845.JPG

土台が土足で踏まれて泥だらけだったので荒金さんと一緒に水洗い


20181222_IMG_6853.JPG

梁の穴あけ位置を間違えたのがもう一ヶ所見つかった。その部分は金物の位置を変えることができないので埋木することにした。構造材で認められているイソシアネート系の接着剤で、樹種は米松で埋木する。接着剤は大鹿(オーシカ)ピーアイボンド・水性高分子イソシアネート系木材接着剤・主剤TP-111と架橋剤H-3M)。養生期間は3日。温度条件は10〜35℃なので火曜日の午後一番で埋木することにした。

田村からの工事日報

平成30年12月22日(土)
天候 曇り

本日の作業
・現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・金物取付
 鍋谷宅建 荒金正直
・仮設屋根設置
 STEEL 臼井徹・吉田和彦・高真人・田中喜樹
 川上拓海・臼井二莫・坂井未来也
 太陽興産 貞原浩之
 (株)タケノ 塩谷龍男・七田英明・筒井彰

明後日の作業
・金物取付