2018年11月01日 Thu

「堀川町の住宅」

・08:45-09:10 型枠検査 配管周りの鉄筋補強を指示
・10:45-11:05 手直し確認OK。ようやくベースコンを打設できる。
・昨日の木工事での打合せ結果を盛り込んだ図面を作成して送信
・配管立ち上がり平面図を作成・送信

20181101_IMG_5739.JPG

型枠の通りを修正中


20181101_IMG_5741.JPG

前回円盤で凹んだ跡が見える。今回の円盤は押さえ込んでいない。セパのピッチも正常になった。田村の現場担当の室田忠芳さんは断熱材が凹んでいてセパの穴も残るので取り替える(納品まで10日)と言っていた。クライアントの建物ならともかく自宅でもあるしセパ孔や凹みの影響は少ないだろうしそのまま利用して断熱材の隙間や浮きを修正して貰えばいいとした。


20181101_IMG_5743.JPG

電気の引きこみ管の外側に補強筋を入れてもらった。今回のベースのコンクリート打設は150mm厚。その上の立ち上がりは次回。立ち上がり部の配管外側には溶接金網を入れて補強する予定。


20181101_IMG_5742.JPG

床暖房の熱交換器とエコキュートのタンクへの冷媒保護管の立ち上がり部に補強筋を入れてもらった。

田村からの工事日報

平成30年11月1日(木)
天候 晴

本日の作業
・型枠検査(ベース)
・型枠建て入れ・通り確認
 黒川建設  宮田公司
・現場管理
 室田忠芳
明日の予定
・ベースコンクリート打設