2015年08月05日 Wed

仙台へ

不忘閣
↓46.7km・45分
たまご舎でお茶
仙台メディアテーク
Roomで食事
宮城県仙台市青葉区の武山宅へ
夕食を食べながら花火見学

IMG_8846.JPG

「殿舎」と呼ばれるこの建物に伊達のお殿様が来られた時の弁当箱や、滞在中に狩りをした時の弓などが展示されていて、その見学ツアーがあるので見せてもらった。


IMG_8872.JPG

明治40年に再建された建物の昨晩夕食をとった部屋(2階)の廊下からアプローチする


IMG_8848.JPG

1階廊下


IMG_8850.JPG

照明器具


IMG_8851.JPG

1階廊下天井の吹寄せ棹縁の隅部納まり


IMG_8852.JPG

床の隅部納まり


IMG_8855.JPG

廊下のガラス窓


IMG_8856.JPG

伊達の殿様が仙台からここに来る時の弁当箱


IMG_8854.JPG

伊達家の家紋入りの欄間


IMG_8857.JPG

照明器具


IMG_8862.JPG

2階廊下の吹寄せと棹縁の隅部おさまり(1階は両方吹寄せ)


IMG_8863.JPG

照明器具。


IMG_8869.JPG

「伊達の殿様がこの部屋に座ると正面に仙台の街が望めたそうでございます」と説明される。この建物は昭和初期に再建されたそうで・・・。ってことは殿様・・・ここに座っていないじゃない。「元の図面や資料が残っていて、それを元に建物を再建したんですか」と質問したら、図面などは無い・・・と。「伊達の殿様の部屋だから欄間に家紋が入っています」という説明があったけど図面・・・無いのか・・・。想像・・・なのか。この障子の桟も想像か。まぁ、ガラス戸が入っていて照明器具が付いていて・・・で、元通りじゃないとは思っていたんだけど、想像か。


IMG_8861.JPG

座敷から山と山の間から仙台の街が見えたとのこと。でも、想像だけどね。


IMG_8894.JPG

武山宅で治子さんの手料理をいただく


IMG_8906.JPG

部屋から正面に花火が見られる