2013年05月11日 Sat

本気菜園

IMG_7543.JPG

毎年落花生の発芽には苦労する。今年は早めにポットから植えた種を出して発根を確認してみた。05/06に播種して5日目の確認だから無駄に費やす時間が短くて済む。例年は2週間くらい待ってから確認していたのだ。発根していたのは3パレットのうち1パレット分(29ポット/58個分)だった。発根している種を2個ずつ植え直してから新しい種を播く。


IMG_7544.JPG

発根しそうな形跡のある種は湿らせたキッチンタオルで発根させてみる。最初からこうしないのは・・・落花生は太い根が真っ直ぐ下に伸びるのだが、この方法だと種が寝ているせいで根が下に曲がってしまい土に植えにくいのだ。だからこれは非常手段。


IMG_7546.JPG

よく考えてみると・・・普通の種と比べると落花生の種の体積はとても大きい。ソラマメは種は発根や発芽するときの酸素要求量が多いのでお尻を土から出して植える。落花生・・・特に「おおまさり」はソラマメ以上の体積がある種だよね。これまで土に埋めていた(種は普通直径の2〜3倍の深さに植える)。でももしかすると酸素が足りなくて窒息していたんじゃないのか?毎年失敗しながらそこまで気付かなかったぞ。というわけで頭を出して植えてみた。どうなんざんしょ。


IMG_7548.JPG

今日の昼食。タケノコとフキ。旬だなぁ・・・。


IMG_7551.JPG

畠田さんの奥さんのリクエストもあるのでユウガオを多めの9ポットに播種。セルトレイで発芽したパセリ1株とバジル4株をポットに移し替えた。


IMG_7553.JPG

ゴマの播種が近づいているのでプラグトレイに土を入れる。穴の中で同じ高さに土を入れるのが面倒だった。128穴だから256株分。これまでは200株くらい定植していたから何とか足りるか。それとも栽培数を増やすか・・・悩む。