2012年12月10日 Mon

「黒部の住宅・医院」

13:30-20:45
くもり→晴れ→雪→雨

家を出る前に北陸自動車道の事故情報を見たら黒部の手前の滑川・魚津付近で事故の赤バツ印がいっぱいでぞっとする。行きは魚津から黒部までの区間がシャーベット状の轍ができていた。何台かが中央分離帯のワイヤーに突っ込んだ痕があった。これか赤バツ印は・・・。

帰りは黒部→立山間が雪が多くて轍にハンドルを取られて怖かった。富山IC前後は問題なし。小矢部ICからトンネルまでの区間が凍って波板状のため危険回避渋滞で60km/h以下だった。それでもお尻がずりずりと左右に動くわハンドルはとられるわで寿命が3年縮まったような気分。こういうときFR車はつらいんだ。金沢に着いてみると雪のかけらもない。ここまでの恐怖は何だったんだって感じ。冬の間、定例会議に出るのは嫌だなぁ。でも私が行かないと始まらないし・・・困った。

IMG_4389.JPG

立山IC付近


IMG_4403.JPG

黒部ICの手前で雪が強くなってきた。


IMG_4405.JPG

現場は30cm超えの積雪。


IMG_4408.JPG

水口クンが住宅基礎の雪除け中。彼は五箇山の出身だから雪の中は平気なのか。