2012年06月13日 Wed

「黒部の住宅・医院」

11:00
ラミネート・ラボ株式会社から集成材のサンプルが届いた。設計では米ヒバ集成材なのだが、ラミネート・ラボでは档(あて/石川県での能登ヒバの呼び名)しか製作していないとのこと。能登ヒバは桧に似ていて米ヒバと比べるとピンク掛かっている。米ヒバはちょっと黄色掛かっている。

先日工場を見てきたときに実物の切れ端がなかったので、そのうちに作ることがあったらサンプルをいただきたいと伝えていた。でも、これわざわざ作ったんだろうな

IMG_1721.JPG

ラミナは25mm厚で120角の柱にラミナ5枚・・・OK。ラミナ4枚のこんなのをつくるメーカー(悔しいが国産)もあるからホントに油断できない。サンプル内にフィンガージョイントが含まれていなかったのは残念。こういうバカな方向にフィンガーを入れるメーカー(さすが中国製!)もあるから、実物を見ないと不安なのだ。そういうひどい集成材がかなり輸入されて住宅に使われているんだと思う。監理によって得る品質が大切だとわかっていない建て主がそういう製品をつかまされるんだろうけど仕方ないね。野菜と同じだ。


IMG_1722.JPG

積層じゃない方の面。サンプルからつーんとヒバのいい香りがする。


IMG_1723.JPG

木口面。ラミナとラミナの間の線(接着面)が黒い線になっているのは「レゾルシノール樹脂接着剤」。テーブルなどの造作材に使うのは接着面が透明な「水性高分子イソシアネート系接着剤」か「酢酸ビニル樹脂系接着剤」。レゾルシノールの方が耐水性が高いといわれている。