2012年06月12日 Tue

パスワード

2012/04/11から日記のパスワードを解除していた。
今後またパスワードを入力していただくことになりました。

06/04に和泉が運転していて・・・
信号待ちで右折レーンの先頭から2台目に停まっていたところに追突された。

ナンバーは11-11
黒のオデッセイ
女性×2(金髪+タトゥー)+子供
任意保険に入っていない
・・・から想像できるとおりの外見・服装。

その場で「修理代の方を全額負担します」と署名してもらってる。

事故後何日か経っても音沙汰がないので
マツダで見積書を作ってもらって送った。06/08

「写真を撮りたくて近くまで来ているから」と突然日曜日の夕方食事の支度中に電話があった。こんなの無理矢理でアポイントじゃないよね。僕は事故相手には当然会ったことが無い。女性1人と男性2人の完璧なヤンキー(僕たち普通の人にはとても怖い外観)な3人で来て、挨拶も自己紹介も無しで車をビデオで撮りだした。

「ちょっと待って。事故後初めて会ったわけで、普通はお身体は大丈夫でしょうかとか、今回はご迷惑をおかけしてとか挨拶をするのが大人としての対応でしょ?。ところであなた方は無言でビデオを撮り出しているけれど、まず、自分がだれであるかを名乗ってから撮ってもいいでしょうか?って聞くのが普通じゃ無いの?」と黙ったままの三人に話した。多分それをみた近所の人は三人のヤンキーに僕が絡まれていると思っていたことだろう。それでも、挨拶もしないでじっと黙ったまま。「んじゃ、好きにすれば。どうぞ写真を撮って」と言ったら、ようやく「まぁ、一言ことわり入れときますわ。今回はご迷惑をおかけして・・・」とぼそぼそっと(身体に異常はないか・・・などはコメント無し)。それから事故相手のヤンキー(女)は「おたくの車は動いていたから、そちらにも過失はある。それをこちらが100パーセント悪い様にいうがとんでもない」と自説を振りまき、「封書を送ったから読んでくれ」と。06/10

今日(06/12)封書が届いた。まぁ、とんでもない内容で・・・。
こちらは車両保険に入っているので損保ジャパンにその封書を持って相談に行った。

プロがいうには、「巷で・・・双方の車が動いていた場合は10:0になることはない・・・と言われているようだがそれは違います。被害者側が急ブレーキを掛けるなど避けようのない場合の他は、動いていたとしても追突は10:0」とのこと。損保ジャパンの担当者はこの文章だと一切支払う気は無いようですねと。相手が支払わない場合、修理は最悪こちらの車両保険を使うことになる。

その事故の数日前に近所のFさんと立ち話をした。
Fさんの車がクラウンから軽四に替わったよね・・・と言ったら。
後ろから追突されて車が使えなくなってしまった。相手は無保険。それでも最初はちゃんと弁償しますと言っていた。こちらの車が車両保険に入っているのがわかったら次第にのらりくらりし始め、最後は電話にも出なくなったらしい。結局、Fさんは自分の車両保険を使って事後処理をしたんだとか。50万円コースだったらしい。

・・・おお、F氏の事故をそのままトレースしているじゃないか。

相手は「10:0じゃないんだから、おたくの保険会社から連絡をさせるべきだ」と何度も言ってきている。保険会社で「こちらが車両保険に入っていることを伝えずに交渉して欲しい」と希望したが、伝えないと交渉に入れない仕組みらしい。しかし、そうなると修理費を払わなくてもこちらの保険でカバーできると相手に知らせるようなものだ。その上「交渉中に引っ越しでもされれば、連絡も取れなくなって打つ手が無い」と担当者が言っていた(相手はアパート。こちらは家まで知られている・・・最悪だ)。相手のごね得コースまっしぐらってことか。F氏の話を聞いて用心しなくてはと思っていたが、プロの保険会社でも回収できる可能性は少ないようなニュアンスだった。確かにF氏の50万円で回収できないなら、うちの12万円ではとても無理なんだろうと思う。

こうなると任意保険に入っているまじめな人は、10:0の判例がありこちらに非が無くても、相手次第で自分の車両保険で修理せざるを得ないようだ。なんだこれ。多分「10:0の事故を無しにしてやったゼ!オレらってチョーすごくね?」って仲間内で自慢して、そのやり方がどんどん広まって任意保険に入らないやつが増えるんだろうと思う。

そんな悪人に間違ってもこの日記を読まれたくは無いし、嫌がらせをされても困るので再度パスワードを掛けることにした。