2010年11月28日 Sun

銀杏

10/16に畠田さんの栗畑に植えられているイチョウから落ちたギンナンを拾わせていただいた。11/26に果肉を取り、昨日・・・11/27に水洗いした。調べてみると、殻のままでの保存は1〜2ヶ月くらいまで、それでも殻の中で実は萎んでいく。それ以上保存するなら殻から出したギンナンを茹でて薄皮を剥いてから冷凍保存らしい。茹でると黄色くなるので煎って半透明のグリーンになったのを冷凍する方がいいんじゃないかとやってみた。でも、薄皮が剥けない。残りの半分は茹でてみた。鍋の中の半分くらいは勝手に薄皮が剥けているが、残りはまだなんとなく皮がついたまま。そんなやつはお湯を切ってから親指の腹で指紋で擦るようにするときれいに剥ける。とりあえず煎ったのと茹でたのを別のジップロックに入れて冷凍した。


IMG_5502.jpg

毎年ギンナンの殻を割るときだけ使うウォーター・ポンプ・プライヤーを出してくる。昨晩から父の車庫で干してあった殻はギンナンのにおいでかなり臭い。家の中に臭いがつくのも困るので車庫で殻わり作業をする。さすがにこの時期に室外では指の先が冷たくなって寒い。全部で256個もあった。


IMG_5500.jpg

毎年写真を撮っているが、左の三面体が雌。左の二面体が雄。