2010年04月23日 Fri

「羽咋の住宅改修」

09:30-13:00 曇り→小雨

コンクリート圧縮試験→配筋検査

27-15-25N
打設日2010/03/27・スランプ15.5cm・空気量5.1パーセント
試験日2010/04/02・材令27日
試験 勝二建設生コンクリート部試験室 大島

標準養生
1) 3.639kg 277KN 35.3N/mm2
2) 3.626kg 258KN 32.8N/mm2
3) 3.654kg 253KN 32.2N/mm2 平均33.4N/mm2

現場気中
1) 3.532kg 195KN 24.8N/mm2
2) 3.581kg 201KN 25.6N/mm2
3) 3.552kg 206KN 26.2N/mm2 平均25.5N/mm2>21+3=24N/mm2 OK

テラススラブの配筋
・短辺側中央のフック付き主筋3本を柱内までのばして貰った。
・フックに近いスペーサー(ウマ)を配力筋にずらして貰った。
・結束線の端部が型枠に近いモノは折り曲げておくこと。
・04/26(月)08:30からコンクリート打設とのこと。

IMG_3064.jpg

出隅の補強も入ったし、短辺側の主筋フックもついて良くなった


IMG_3061.jpg

断熱材吹付済の浴槽が現場の隅においてあった

天候 晴れ一時雨 13℃

仮設工事 コンクリート打設準備 岡田建設工業 岡田・原田

R0013945.jpg

足落としの型枠組立中


R0013946.jpg

浴室まわりの基礎立ち上げ部分打設のための仮設路(一輪車用)


R0013948.jpg

土台下にコンクリートを入れるための「漏斗」


R0013951.jpg

居間の足落とし基礎への一輪車用の仮設路


R0013953.jpg

テラススラブの仕上げに使う豆砂利
(撮影/岡田建設工業)