2010年02月25日 Thu

無花果の挿し木

IMG_2577.jpg

珠洲の畑のお隣さんの畠田氏によると、挿し木は栄養のない土でやるのがいいそうな。んで、赤玉土を買ってきた。樹脂の植木鉢(大・小)でちょうど一袋分だった。挿し木は太い枝は30cmくらいに、細い枝は20cmくらいに切って根元をくさび形に削る。大きい鉢に8本、小さい鉢に5本を挿した。

長いヤツを挿せば一気に葉が出て実がなるのも早いんじゃないか・・・と、素人らしいことを考えて去年剪定した1mくらいのを2本畑の隅に挿した。教科書通りでないので当然ではあるが根がでなかった。原因は蒸散面積が大きくなるためじゃないか・・・と想像してみた。デブが飢餓状態に弱いって感じ。今年はまじめに教科書通りにやってみた。