1989年07月24日 Mon

Sárospatak, Hungary

Keleti pu 07:00→09:30 セレンチュ駅 (Szerencs vasútállomás) 09:56→Tokaj Express→14:47 シャーロシュパタク駅 (Sárospatak vasútállomás)→徒歩で市民センター→シャーロシュパタク駅 14:47→15:36 セレンチュ駅 17:00→ 19:33 Keleti pu


絵はがき 10×10=100
トイレ 2×2=4
トイレ 3×2=6
昼食 216
ジュース 6
チョコレート 36
ブダペストからシャーロシュパタクへの予約 16×4=64
トラムのキップ 5×6=30
マクドナルド 170
計 632×2.5=1,580円




S1-099-1.jpg

ブダペストからシャーロシュパタクへのチケット。信じられないがこれが指定券。


S1-099-5.jpg

シャーロシュパタクの駅のレストランで昼食


S1-099-2.jpg

シャーロシュパタクからブタペストへの指定券。この国に自動発券機って無いのか?


S1-099-4.jpg

S1-099-3.jpg

国鉄よりも地下鉄のチケットの方がまともだね



文化センター (Művelődési ház)
1972-1977
3950 Sárospatak, Eötvös utca 6, Hungary
マコヴェッツ・イムレ Makovecz Imre

4018-009.jpg

シャーロシュパタク文化センター


4018-018.jpg

文化センターの前はこうなっている


4018-025.jpg

正面。眼をデザインしたらしい。


4018-013.jpg

ちょっと脇からみた感じ


4018-010.jpg

二階への階段。右側は映画館。


4018-011.jpg

映画館のエントランス


4018-026.jpg

MOZI=映画館


4018-012.jpg

映画館と反対側のエレベ


4018-027.jpg

これはギャラリーの入り口


4209-021.jpg

ホールのためのホワイエ


4018-020.jpg

大高事務所で英語で書かれた「Architectural Record」のこんな写真を見てこの建物を見たくなった。鯨のお腹に入ったピノキオがあばら骨をと背骨を中から見ることができたらこういう感じかなぁ・・・と。このおどろおどろしさを是非見たかった。


4209-016.jpg

ホールの内部


4018-017.jpg

ホール内部の椅子


4018-014.jpg

木造フレームを照らす照明器具


4018-021.jpg

柱頭部と木造フレーム


4209-027.jpg

ギャラリーを見下ろす


4209-019.jpg

ギャラリーの照明器具


4209-017.jpg

展示室



シャーロシュパタク市内

4209-026.jpg

看板もちょっとシンプルというか・・・ザルツブルグが良かっただけに・・・


4018-029.jpg

4018-030.jpg

4018-031.jpg

4018-032.jpg

集合住宅の現場



ブダペストへ

4018-033.jpg

4209-025.jpg

つい最近まで東側だった国らしい感じの貨物車とその錆具合


4209-014.jpg

Sárospatak vasútállomás→Tokaj Express→Szerencs vasútállomás


4209-015.jpg

Szerencs vasútállomás→Keleti pu