2009年08月31日 Mon

秋ジャガ

IMG_1436.jpg


JAのほがらか村でジャガイモの種芋を買ってきた。
13:50-14:20 小雨
岡山産の「出島」という種類。1kg(18個)で400円。

09/05は珠洲に行くが、その次は09/19で一週間あくことになる。
この種芋は全く芽が出ていないので、今日植えても今週末の09/05には芽が出ないだろうし・・・。今週直植えってのもありだけど、またカラスにほじくられるし・・・。三週間後の09/19に定植だと遅いような気がするし・・・。

うーん。畑が遠いと困るなぁ。

とりあえず芽出しをしておくか・・・と、小ポットに植えた。ホントは大ポットに植えたいのだが、谷本氏にもらったパレットに小さいポットがちょうど18個入るのだ。芽が出たヤツだけ大ポットに植え直すことにする。

調べてみたところ、秋ジャガの注意点は・・・
・秋植えは地温が高く腐りやすいので切らない。
 一個が50〜60gの小さめの芋一個を種にする。
・品種が限られている。メイクイーンなどの休眠期間が長い芋だと秋に芽
 が出ないらしい。「出島」などは休眠期間が短いようだ。
・芽は一本だけ残す。

08/22に珠洲のムサシにもJAにも秋ジャガの種芋は無かった。入荷しないのかと尋ねると『こんな季節に・・・』というような顔をされた。隣の畠田さんのお母さんも「ジャガイモ・・・?」と不審そうだった。「春取り・・・かね?」と聞かれたので「いや、年内です」と応えると、「いや、春でしょ」・・・と。ネットで調べる限り冬を越える栽培方法はなかった。きっと珠洲では秋ジャガって植えないんですね。「また、金沢の子が変わったモノ植えているよ」と噂になっているの確実。うちの父も「ジャガイモは春だろ。基本をまもらんと」と言っていた。でも、JAに種芋が売っているということは間違いじゃないんだろ?

失敗したくないなぁ