1999年10月16日 Sat

「広島の住宅」

撮影 三輪晃久写真研究所


hiroshimaR_01.jpg

広島の住宅

この住宅は瀬戸内海に向かって雛壇状に造成された広島近郊のベッドタウンにある。敷地面積80坪・第一種低層住居専用地域・指定建ペイ率55パーセント・境界から1mの壁面線後退と良好な住環境が確保されている。二面が道路に接するが、団地内の建築協定により緑道に面した間知石積の擁壁は崩すことができず、利用できるのは山側の道路のみである。敷地は総幅16mの緑道となる海側の道路からはちょうど一層分の高さがあり、島影が点在する穏やかな瀬戸内海の眺めと日照を得るには都合がいい。夜はしんと静まり、街灯も少ないせいか早い時間から寝静まったように暗くなってしまう文字通りの閑静な住宅地である。

住宅に対する要望は、眺望を生かすこと、明るい家にすること、趣味の音楽を聴くスペースを持つ夫婦用のスペースをとることなどであった。夫婦+娘2人の4人で現在住んでいる場所での建て替え工事として設計依頼を受けた。現地での数回の打合せに加えて、広島と金沢という物理的な距離を埋めるために数多くのファックスがやりとりされ、設計を煮詰めるのに半年にも及ぶ設計期間を費やすこととなった。現場監理も半年間の常駐監理を行い住宅の規模としては考えられないほど密度の高い仕事ができたように思う。

この住宅は典型的な都市型住宅として捉えて、海側以外の面は壁によって閉じ、その代替えとして大小3つのバルコニーを設けることによってプライバシーと採光を両立させている。

パブリックとしてのキッチンやダイニングは2階に配し、リビングに繋がったちょっと広めのバルコニーを空中に張り出している。広島湾と、瀬戸内海越しに安芸の宮島を臨み、海からの風を受けてひとときを過ごせる憩いの場所となっている。バルコニーを支える柱は、地震時に本体から跳ね出したスラブの振れを少なくするブレース的な役割を持たせるためにそれぞれの向きに配置されている。6本のうち2本は竪樋としても機能しているが、柱と同径に近いパイプを使うことによってすぐにはそれと分からないデザインになっている。

谷口社屋と屋根の形状は似ているが、それぞれの土地の気候・風土によって構造のディテールを工夫する必要があった。北陸では下向きの積雪荷重で構造を考えるが、この地域では夏に毎年決まって通過する台風による吹き上げを考慮しなくてはならない。屋根を支える大部分の束内部に鉄筋コンクリートの壁から長いボルトを通し、梁上で緊結することにより風の吹き上げに抵抗している。また、刀型の梁の材質は建設会社のオフィスと個人の住宅という用途の違いで使い分けてみた。谷口社屋の場合はある意味、来訪者に見てもらう材料のショールームとして捉えた。梁のそり・ねじれ・割れ・あばれ・松脂の漏出なども無垢材を使うメリット・デメリットの実物例として考え、また補修も自社で簡単に行えるという安心もあって、無垢材からの削りだしの梁として設計している。一方、住宅は24時間休みなく使用されるために寸法精度や質感に対する要求はオフィスの比ではないと考えている。そこで構造用集成材による一本物として設計し、野地板も米松現しではなくヒバ材を張ることで繊細に仕上げを施している。

住宅の玄関を飾る表札は建物を活かすための重要な要素の一つとだろう。建て替え前の庭にあった石を掘り出し、斜めに切断したその面に建て主による文字を彫り込んだものである。その文字は「この家の屋根をイメージして書いたんですよ。感じが出ているでしょ!!!」という設計者にとっては嬉しい言葉と共に渡された。

開口部を風雨や強い日射しから守る庇は性能面からもデザイン面でも大切なものだと考えている。スチールプレートをボルトでコンクリート躯体に留め、建物にシャープな線を出している。

夜、仕事を終えて闇に静まる住宅地で行灯のように光を発することを意図して照明計画を行ったが、竣工後『温かく漏れている灯りを頼りに帰宅の途につくのが嬉しくて仕方がない』という建て主の言葉があった。


hiroshimaR_02.jpg

hiroshimaR_04.jpg

hiroshimaR_05.jpg

hiroshimaR_06.jpg

hiroshimaR_07.jpg

hiroshimaR_08.jpg

hiroshimaR_09.jpg

hiroshimaR_10.jpg

hiroshimaR_11.jpg

hiroshimaR_12.jpg

hiroshimaR_13.jpg

hiroshimaR_14.jpg

hiroshimaR_15.jpg

hiroshimaR_16.jpg

hiroshimaR_17.jpg

hiroshimaR_18.jpg

hiroshimaR_19.jpg

hiroshimaR_20.jpg

hiroshimaR_21.jpg

hiroshimaR_22.jpg

hiroshimaR_23.jpg

hiroshimaR_24.jpg

hiroshimaR_26.jpg

hiroshimaR_27.jpg

hiroshimaR_29.jpg

hiroshimaR_33.jpg



「広島の住宅」施工者一覧

設計・監理-architect office- Strayt Sheep/長村寛行
構造設計(有)吉村建築設計室
設備・電気設計ジェーエス設備事務所坂野真由美・金子克茂
施工野村建設株式会社 担当 谷本直志 ◎
電気工事田邊電業(株) ◎
給排水衛生・換気設備工事(株)第一工務店
コンクリート工事広島シーオーシーレミコン(株)
木工事宗広建設(株) ◎
木製建具(有)光善木工 ◎
構造用集成材銘建工業(株)
档材・テーブル(株)谷口建設
ケヤキ地板(有)浮田銘木店
木製サッシュKimado(株)
金属製建具昭栄建材(株)
シャッターオーバースライダー広島販売(株)
オペレーター誠和鋼機(株)
金属工事大和建材(有)
金属工事(株)丸幸金物店
石工事(株)三洋石材
塗装工事(株)濱本塗装店
アスファルト防水丸福建材
シート防水筒中シート防水(株)
ウレタン吹付・GL西村商会
ガラス工事橋本硝子
日照調整フィルム日本ティーエス(株)
流し台トーヨー工業(株) ×××
既製家具永大産業(株)
透水性豆砂利舗装三徳(みのり)産業(株)
ロールスクリーン立川ブラインド工業(株)
造園工事(株)土井紅葉園
シロアリ防除広島県薬業(株)
アンテナ工事(株)日本伝送サービス
空調工事大田鋼管(株)