2004年05月25日 Tue

営業に来た

住宅プロデュース会社の訪問をうける。 10:00-11:30

最近流行の建て主と施工者・設計者の仲立ちをするビジネスである。建て主に選択のチャンスを与えるとして、登録されている設計者(建築家と呼ぶらしい)や施工者がいる。しかし、その専門家については来る者は拒まずとして門戸を広げている。そういうことでクオリティは保てるのか。結局の話、ピンハネする相手が多い方がビジネスとしての基本ということか。顔がクライアントを向いていない。世の中にはいろいろな考え方があるので、まぁ、頑張ってね・・・というのが感想。