2005年05月09日 Mon

「画塾」

木質複合部材建て方開始 08:50-17:15
遊佐氏
耐圧板1W圧縮試験

現場員 1人
齋藤木材(トビ工) 5人 鉄骨建方
音頭金属(足場) 2人 上記相番
キング警備 2人 交通整理

IMG_2158.jpg

梁の耐火複合部材が長野県から現場到着


IMG_2160.jpg

ビニルシートは建方後に梁を濡らさないための養生


IMG_2161.jpg

妻面のブレースが1階RC部に定着される部分のアンカーボルト


IMG_2162.jpg

梁の小口の詳細


IMG_2163.jpg

梁天端の詳細。コーチスクリューはスラブ鉄筋と結束されることで
凹型の集成材梁の天端が応力によって開かないように固定する。


IMG_2167.jpg

妻面の梁。中央部のブレース用ガセットプレート付き。


IMG_2170.jpg

柱が現場到着。長く鉄骨柱が飛び出ているのは、RC部に打ち込まれる部分。


IMG_2172.jpg

吊り下げられた梁


IMG_2174.jpg

妻面のブレースが取り付く梁の端部詳細


IMG_2178.jpg

柱の玉掛け中


IMG_2179.jpg

撓まないように吊り下げていく


IMG_2184.jpg

柱と梁のジョイント部分。まだボルトは締められていない


IMG_2185.jpg

仮留めされた柱の状態


IMG_2206.jpg

建て方中の柱の様子


一階耐圧版一週圧縮試験
27-15-20N・材令7日

標準養生
1) 190kN 24.2N/mm2
2) 184kN 23.4N/mm2
3) 188kN 23.9N/mm2 平均23.8N/mm2

現場気中
1) 208kN 26.5N/mm2
2) 195kN 24.8N/mm2
3) 198kN 25.2N/mm2 平均25.5N/mm2 はて。気中の方が成績いいぞ。