2006年06月03日 Sat

「西金沢新町の住宅」

晴れ
現場 07:20-15:30
改良工 4人 加藤・白石・渡辺・北村 杭10本施工+杭頭処理
現場員 1人

PICT0013.jpg

ある程度固まったら設計レベルまで ユンボで杭頭を削り杭頭のレベルを出す


IMG_3868.jpg

改良中に埋設物が出た


PICT0013.jpg

杭頭レベル出し ある程度固まったら設計レベルまで ユンボで杭頭を削る   撮影 橋本工建


20060603-f.JPG

改良工事終了後の風袋の確認   撮影 シゲムラ建設


IMG_3868.jpg

改良中に埋設物が出た


 以前建っていた建物の基礎なのか・・・
 2.3m×1.7m×0.7mのコンクリートの塊をはじめにごろ
 ごろと出てきた。
 だいたい地盤面から0.8mくらいの深さに埋めてあった。
 住宅を建てるならこの深さまで掘ることは稀なのだ。
 また、道路側の6m分くらいに埋めてあり、普通に住宅を
 建てるときは駐車スペースにする部分であった。
 この埋めてあった場所から想像すると、以前の建物を
 解体した業者が意図的にやったのだろうと思う。

 それにしても、ばれないと思っているのだろうか・・・。
 やはりこの業界はまだ遅れている。

 殆どを掘り返したが隣地とまたがっている埋設物
 があり、それを掘り出すと隣地のコンクリート土間
 に影響するので、それだけは埋めっぱなし。

 やっぱり隣家を建てるとき気付かなかったんだね。
 埋設物は掘り出せば済むことだが、問題は0.8mより
 下に埋まっているわけだから以前にかなり深くまで
 地盤が荒らされているということだ。隣家はその上に
 普通に建っているわけだから、他人事だが心配になる。

 建て主が買った不動産屋さんにクレームを言ったら
 飛んできた。 まだ売れていない裏の土地を工事中に
 無償で借りられることになった。ある意味ラッキー。

IMG_3908.jpg

この地中障害物は敷地境界をまたいで埋まっていた
掘り起こすと隣家の土間コンクリートに影響するので触らない


IMG_3928.jpg

作業終了後の道路清掃