2020年10月07日 Wed

パン

20201007-2.jpg

今朝の和泉のパン。フロマージュ。チーズ入りといえば良いのにおしゃれなフランス風にフロマージュなのか。このパンは進物になるので私の口には入らない。

和泉の姉さんの眞理ちゃんから「今朝の和泉のパン」が半端なく美味しそう!登場する度、長村先生のちょっと自慢げな感じが可愛い💕」とメールが来たらしい。最初のうちは珍しいから私が写真を撮ったのだがそれが日常になるとわざわざ写真を撮らなくてもと思っていた。そうしていたら和泉からパンの写真を添付した本文なしのメールが届くようになった。なぜ自分のブログに載せないんだろうと思いつつ。どちらかというと「自慢げな」というより「無言の圧力に負けて」なのだが・・・。

「羽咋の確認申請書類作成」

11:22
依頼されていた確認申請書類のデータを岡田氏に送信

「中能登町の排水処理設備」

16:00-18:01
くもり
押水の住宅の浴槽下水抜きの後で岡田氏と現場にむかい配筋検査。職人さんはもう帰ったあとだった。

20201007_IMG_0852.JPG

階段の配筋。明日には蹴上げ板を取り付けて踏面に蓋がされてしまうので今日中に見ておく必要があった。階段最下段の型枠内に砂が溜まってる。


20201007_IMG_0853.JPG

型枠で塞がれると白矢印の斜めに配筋されている段受筋1-D16が入っているかがわからなくなるので今のうちに検査。段受筋は階段の段鼻に入っている2-D13を受ける鉄筋なので重要。


20201007_IMG_0856.JPG

一応、階段の最上段から斜めに入っている段受筋は見えるんだけどね


20201007_IMG_0858.JPG

スラブの配筋は問題なし


20201007_IMG_0860.JPG

セパから水漏れしやすいので気休めかもしれないが止水セパ(止水板付セパレーター)を使ってもらった。中央にゴムが入っている。


20201007_IMG_0861.JPG

これが止水板


20201007_IMG_0862.JPG

あ・・・開口補強筋が3ヶ所抜けている


20201007_IMG_0863.JPG

こっちもだ


20201007.jpg

設計図だとこうなっている。コンクリート打設当日の朝に鉄筋の手直しを確認することにした。


20201007_IMG_0864.JPG

帰り道で配筋検査中にプギャープギャーって鳴きながらドナドナされていった豚を積んだトラックがいた。今日か明日には肉か・・・。

岡田建設工業からの工事日報
10月7日(水) 晴れ時々曇り
・型枠工事 階段型枠
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・長尾道夫・長尾勇志(午前中で帰る)
・スラブ、階段配筋
 西沢鉄筋 田村久夫・四十万謙一・ズオン テ クコン、グエン ウアン トウン・中川秀則(中川鉄筋)
・10月8日(木)の予定
 階段、段型枠、蓋設置 青木工務店

IMG_20201007_165150.jpg

階段最下段の配筋D13@200ダブル(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_170716.jpg

型枠内の掃除完了(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_164509.jpg

稲妻筋D10@200・段鼻2-D13(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_164038.jpg

スラブ配筋D13@200タテヨコW(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201007_163709.jpg

スラブ端部補強筋2-D13。チョークで指している部分。
(撮影/岡田建設工業)

毎年恒例の・・・

12:59-16:00
くもり

20201007_IMG_0845.JPG

押水の住宅で秋の恒例行事になっている「浴槽下の水抜き」。昨年からスイープポンプで水抜きをしている。呼び水は必要だが現場用掃除機と違って機器内に溜まった水を出す必要がなく見ているだけで良いので楽。14:10水抜きスタート。水は浴槽にためてみる。


20201007_IMG_0850.JPG

15:44水抜き完了。1.5時間。


20201007_IMG_0851.JPG

この浴槽は満水で310L。7分目だとしても200Lを超えている。