2020年10月02日 Fri

面白いものを見つけた

20201002.jpg

A-Bの区間は2017/05のまま更新されていないらしい。Bからみると借りていた道路側の駐車区画の奥にイチジクのプランターがあり、長靴を履いてこちらに歩いてくる私がいる。どうも車庫の前でプランターを洗っているらしい。撮影されているのに全然気づかなかった。Cの位置だと2019/07で立て替え後の我が家だ。BとCのたった数メートルの移動で2年の時間経過が見えるのは面白い。

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

10月2日(金) 晴れ時々曇り
・型枠工事 スラブ張り、外部返し型枠立て込み
・青木工務店 吉田征紀・斉藤雅秀・松本年雄・花田正志・木澤俊男(谷建設応援)
・型枠搬入 松井レッカー 岡田兆功
・10月3日(土)の予定
 壁・スラブ・外部返し型枠 青木工務店
 荷運搬 松井レッカー下請け 米原商事

IMG_20201002_151959.jpg

外部側型枠。斜めに鋼管がとりついている部分は今後階段型枠が取り付けられる。(撮影/岡田建設工業)


IMG_20201002_160643.jpg

排水処理槽のスラブ型枠(撮影/岡田建設工業)

巻雲

20201002_IMG_0772.JPG

高度が高い雲なので見てると涼やかな感じがする。秋らしい。

掃除のついでに

20201002_IMG_0766.JPG

掃除の間パプリカの鉢はポーチ屋根の上に。直射日光が苦手らしくしょぼんとしてる。

コンクリートブロック塀

08:20-09:40
お盆の頃に近所のMさんのコンクリートブロック塀(4段×4列の小さい塀)にその前のマンションの住民の車がぶつかって塀が壊れた。当然相手の車の所有者が物損の保障をするのだが、その内容がまともかどうかわからないので・・・と相談された。壊れた塀の解体時に基礎や鉄筋の様子を見てそれと同等以上になるように工務店と話をした。今日その塀の新しいコンクリートブロックを積む工事だったので現場を見ていた。仕事ではないが相談を受けていたのでコンクリートブロックの品質の確認や配筋が適切かを自主監理していた。

作業を見ていると全てのブロックが横型横隅型基本型は一個も無い。基準では横筋は800ピッチなので基本型3段の上に横型が積まれる。横筋ピッチがもっと細かいとしても全部横型というのは見たことなかった。職人さんに「どうして横筋用しか持って来てないん?」って聞いたら「基本型より横型の方が上からの水が溜まりにくいから・・・」という。そりゃそうだ基本形は孔が3個上から下に貫通しているし横型は孔が埋まっていて上からの水は下に行きにくい。「でも横型の方が高いでしょ?」と聞くと「ホームセンターだと価格差はあるけどプロが仕入れると基本型も横型も同じ価格だ」とのこと。価格がかわらないなら確かに全て横型を使う方が良いに決まってる。「勉強になったわ。今日現場見ていてよかった」とお礼を言ったら「事件は現場で起きてるしな!」と。誰がうまいこと言えと!

基準だと縦筋も横筋も800mm以下となっているのをいずれも400mmピッチで、それも全て横型部ロックで施工してくれていた。話もおもしろい良い職人さん夫妻(・・・だと思う)だった。

20201002_IMG_0741.JPG

A種は8・B種は12・C種は16。「16」は16N/mm2以上の圧縮強さ。一番強度のあるC種部ロックでもコンクリートでいうと捨てコン程度の強度。躯体に使用するのは21N/mm2以上。


20201002_IMG_0742.JPG

全部横型部ロック


20201002_IMG_0764.JPG

完成後後片付けの掃除中