2020年08月27日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

07:04−17:25
晴れ・暑い
今日から柱状改良が始まるので立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太・竹村佳紘
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200827_IMG_9595.JPG

07:18 畑に行く時間より遅いので車が多い


DSCN9560.JPG

杭芯位置の確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9599.JPG

ワイビーエムの「GI-50C-HT20K」とコマツのバックホウ


20200827_IMG_9600.JPG

プラントと発電機と水タンク


20200827_IMG_9620.JPG

改良材(デンカソイルパックSP-2000)が到着


20200827_IMG_9625.JPG

搬入中


20200827_IMG_9627.JPG

トンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9633.JPG

ロッドの検尺中


20200827_IMG_9631.JPG

ロッド長は9.2m。竹村さん。


20200827_IMG_9637.JPG

掘削攪拌機の全長検尺中90cm。山本さんと竹村さん


20200827_IMG_9640.JPG

撹拌翼の幅検尺60cm


20200827_IMG_9642.JPG

工事写真を撮影中の村上さん


20200827_IMG_9643.JPG

オーガーで1m毎の現場の土を採取する


20200827_IMG_9696.JPG

搬入時に錆々だったオーガーを土採取後に水洗いしたら綺麗になってる


20200827_IMG_9653.JPG

採取した土のpHを測定する。4以下の酸性だと強度が出ない。


20200827_IMG_9647.JPG

深度1mの土サンプルのpH計の目盛5.4


20200827_IMG_9654.JPG

pH測定器は農業用らしくてpHによって最適な作物が書かれている。竹村電機製作所製。


20200827_IMG_9788.JPG

プラントの制御盤


20200827_IMG_9787.JPG

水セメント比0.6。立米あたり600kgとなるが少なめの580kgでスラリーを配合


20200827_IMG_9661.JPG

プラントからスラリーを柄杓で採取して比重試験器に入れる


DSCN9583.JPG

比重測定器の重りの位置確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9664.JPG

支点の上に付いている水平器でおもりの釣り合いを取る


20200827_IMG_9665.JPG

比重の読みは1.7。設計では1.696。差は±1%以内なのでOK。


DSCN9589.JPG

杭芯への攪拌機先端セット確認(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9666.JPG

「A1」から改良を開始する


20200827_IMG_9669.JPG

地盤調査よりも浅めで支持層に達してしまった


20200827_IMG_9670.JPG

地盤調査位置に近いA25を試験杭にすることにした


20200827_IMG_9672.JPG

支持層の深さは地盤調査と一致したのでこれを試験杭1本目としてロッドの残りの長さを検尺中。現実には施工機械のディスプレイで深度やトルク値・スラリー流量が管理されているので検尺は古き良き時代の形だけでしかないが慣例なので検尺してくれている。


20200827_IMG_9676.JPG

A25試験杭完了


20200827_IMG_9683.JPG

A51の試験杭2本目に移動


20200827_IMG_9684.JPG

ロッド+ドリル長=9.9m・残尺6.2m・削孔長=3.7m。この位置のレベルはGL-400なのでドリル先端はGL-4.1m。


20200827_IMG_9687.JPG

改良材をプラントに入れる


20200827_IMG_9693.JPG

ホッパ下の長楕円形の風船みたいのが集塵機で改良材が飛び散らないようになっている。


20200827_IMG_9659.JPG

施工した杭状改良の中から試験サンプルを採取するための機材。中央がロッドに取り付けるためのアダプター。上の機材が外側で下の機材がその中にすっぽり入る。


20200827_IMG_9698.JPG

A51試験杭の柱頭と先端からサンプルを採取するための機材をロッド先端に取り付ける


20200827_IMG_9701.JPG

攪拌機を取り外してサンプル採取のための機材用アダプターを取り付ける


20200827_IMG_9703.JPG

ドリフトピンで固定中


20200827_IMG_9704.JPG

サンプル採取用機材取り付け中


20200827_IMG_9707.JPG

正回転で閉まっていた蓋が逆回転で開きサンプルを採取する


20200827_IMG_9713.JPG

柱頭部(GL−1800程度)からサンプルを採取してロッドを引き上げる


20200827_IMG_9714.JPG

周りに付いた不要な改良土をへらで落とす


20200827_IMG_9717.JPG

逆回転時に内部に入った試料を手で掻き出してモールドコアに詰める


20200827_IMG_9720.JPG

モールドコアに試料を充填中


20200827_IMG_9722.JPG

左側にモールドコア


20200827_IMG_9727.JPG

次に深部から試料を抜き取りモールドコアに充填


20200827_IMG_9731.JPG

深部試料採取完了


20200827_IMG_9732.JPG

左が柱頭で右が深部からの採取試料。後日一軸圧縮試験を行う。


20200827_IMG_9739.JPG

機材の水洗い中


20200827_IMG_9741.JPG

深部から試料を採取したため穴が開いた状態になっているのでもう一度撹拌機を下まで入れて穴埋めする


20200827_IMG_9742.JPG

試験杭による検尺や試料の抜き取りなどが完了したのでブロア室部から柱状改良を開始する


20200827_IMG_9748.JPG

ブロア室一本目の「B2」杭の柱頭からサンプルを採取中


20200827_IMG_9760.JPG

B2杭のモールドコア


20200827_IMG_9752.JPG

本日2回目の改良材搬入(4袋)


20200827_IMG_9789.JPG

搬入されたトンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9794.JPG

ブロア室の8本が完了


20200827_IMG_9812.JPG

13本目完了。これで本日の施工は終了。


20200827_IMG_9800.JPG

改良材にブルーシートを掛ける養生中


20200827_IMG_9801.JPG

プラントの清掃中



20200827_IMG_9814.JPG

余ったスラリーを捨て孔に注入中


20200827_IMG_9819.JPG

攪拌機の清掃中。オペの高坂さん。高坂さんと山本さんは昼休みせずに作業したので早めに終える。