2020年08月01日 Sat

もらった

16:30−16:46

20200801_IMG_9448.JPG

清水さんにミョウガと畠田さんにもらった長いナス・庭で採れたキュウリを持って行ったらお返しをもらった。「北陸製菓」のビーバーと白えびビーバー。北陸製菓は私が小さい頃すぐ近所に工場があった。工場が移転した後、建物を取り壊すまでその中を探検するのが楽しかった。

草取り&草刈り

04:50-15:17 曇り→小雨→曇り→晴れ

20200801_IMG_9409.JPG

あれ〜っ。今日は降らないはずなんだけど怪しい雲行き。


20200801_IMG_9411.JPG

なんか一週間でサトイモがぐんと大きくなったような気がする


20200801_IMG_9415.JPG

朝一番ならヤブ蚊も寝ているかとミョウガを収穫。とんでもなかった。耳元でブ〜ンブ〜ン。あちこち喰われて気が狂いそうになった。


20200801_IMG_9414.JPG

安納芋の様子


20200801_IMG_9418.JPG

ツル返ししてから篠原さんにもらった灰を撒く


20200801_IMG_9416.JPG

畠田さんのお母さんが「ニンジンに灰をやれ!赤くなるから!」と。


20200801_IMG_9417.JPG

遅く定植したサトイモにも灰を。地面の中にできる野菜には灰がいい。


20200801_IMG_9419.JPG

ネギの草取りをする


20200801_IMG_9420.JPG

綺麗になりました


20200801_IMG_9422.JPG

今朝降った雨で土が泥濘んでいて何もできないので草刈りする


20200801_IMG_9423.JPG

草刈り完了。雑草も地面も湿っているので重かった。


20200801_IMG_9425.JPG

草を何ヶ所かに集めて干しておく


20200801_IMG_9421.JPG

構内道路も草刈りする


20200801_IMG_9424.JPG

草刈り完了


20200801_IMG_9426.JPG

こっちも何ヶ所かに集めて干しておく


20200801_IMG_9427.JPG

キャベツの草取りをする。狐が瓦やアニマルネットの上でくっさいうんこをしている。朝一番の仕事が狐のうんこを捨てること。腹立つわ〜。畠田さんにどうして土の上より物の上でするんだろうね?って聞いたら「確かに物の上でよくうんこするよね。この間は喰ったスイカの皮の上にしてあった。ひどいことするよね〜」って激おこだった。物の上にうんこする理由はわからんかった。


20200801_IMG_9430.JPG

草取り完了。収穫した後のキャベツの葉も片付ける。収穫したキャベツの茎を残しておくとそこからキャベツがまたできる。


20200801_IMG_9428.JPG

こちらのキャベツも草取りする


20200801_IMG_9431.JPG

手前の1株以外は収穫した茎


20200801_IMG_9429.JPG

キャベツはかなりナメクジにやられていた。でも何枚も剥けば綺麗な部分が出てくる。雨が長かったからナメクジの被害だらけ。


20200801_IMG_9433.JPG

帰る前になっていい天気になってきた。道路側から順に畝の様子を写す。空き畝・イチゴ2畝・空き畝。


20200801_IMG_9432.JPG

落花生・空き畝+キャベツ・落花生2畝・キャベツ+空き畝


20200801_IMG_9434.JPG

空き畝・里芋3列+ショウガ・法面がナス


20200801_IMG_9435.JPG

大田原の登坂車線新設工事のアスファルト舗装をしていた。来週開通しているかも。


20200801_IMG_9441.JPG

畠田さんにもらったキュウリ。真ん中の小さいのが普通のサイズ。それ以外全部大きい。出汁で煮て餡かけにしたのを冷やして食べる。


20200801_IMG_9442.JPG

畠田さんからもらったカボチャとなんか細長いナス。シタのナス本はうちの。


20200801_IMG_9443.JPG

青しそたっぷり


20200801_IMG_9444.JPG

ミョウガを洗う


20200801_IMG_9446.JPG

先取りの細かったのとは違って太っていい感じ。花が咲き始めていたのでたくさん採れるのは今日まで。花が咲いてしまうと茗荷が緩んで中に虫や土が入りやすくなる。今後も緩んでない締まったのも出るんだけど数が少なくなるので収穫数と蚊に喰われる数を考えると割に合わない。在庫が少なくなったら仕方なく採るって感じ。

本気菜園

20200801_IMG_9440.JPG

庭のキュウリを収穫


20200801_IMG_9439.JPG

まだ偶にイチゴに実が付く

2020年08月03日 Mon

本気菜園

・暑い・・・ようやく夏になったな

20200803_IMG_9449.JPG

庭からキュウリ・トマト・パプリカを収穫

2020年08月04日 Tue

本気菜園

20200804_IMG_9450.JPG

庭からキュウリとトマトを収穫


20200804_IMG_9459.JPG

またイチゴの実が付いてる

打合せ

10:03-10:50
曇り・暑い

県 井上氏
北陸電力 ?氏

堀川町4−14の無電柱化工事の敷地内への引き込み位置について打合せ

USBメモリ

  • 08/02/20:46 ドスパラに「SanDisk」SDCZ430-032G-G46×3個を注文・3個で1,740円・送料無料
  • 08/04/11:52 宅急便で到着
  • USBメモリでコントロールパネル→回復→回復ドライブの作成
  • Fドライブにコントロールパネル→バックアップと復元→システムイメージの作成(WindowsImageBackupフォルダ)
これで安心

20200804_IMG_9452.JPG

580円×3個=1,740円


20200804_IMG_9456.JPG

親指の爪くらいの大きさ。USBの差し込み口に埃がたまるので挿しっぱなしにしておくのにちょうどいい大きさ。車のオーディオ用にも使う予定。

2020年08月05日 Wed

本気菜園

20200805_IMG_9460.JPG

昨日のイチゴを収穫

2020年08月06日 Thu

本気菜園

20200806_IMG_9465.JPG

トマトの殆どの株が青枯れ病で枯れたので残りのトマトを収穫。曲がったキュウリ2本も収穫。


20200806_IMG_9466.JPG

先日から収穫したトマトで作っていたトマトソースの量が纏まったので瓶詰めして煮沸消毒中。


20200806_IMG_9468.JPG

トマトソースの瓶詰め450ml×4本

暑すぎる

外気温を測定するためにポーチの屋根の下で雨や直射日光が当たらない柱(当然屋外)にSwitchBot温湿度計が取り付けてある。今日の13:34の気温がなんと38.4℃になっていた。土間コンクリートからの熱輻射のせいなんだろうけどすごすぎる。ちなみに今日の最低気温は05:36の24.6℃だった。

tenki.jpの今日の金沢市の最低気温は25.0℃で最高気温は34.5℃だった。

20200806_SwitchBot-s.jpg

上記写真をクリックで拡大

2020年08月07日 Fri

本気菜園

20200807_IMG_9469.JPG

庭からキュウリを収穫

2020年08月08日 Sat

殆ど畑仕事できず

06:27−14:50
曇り→雨(畑)→曇り
今日は金沢はあまり降らないが珠洲は土砂降り

20200808_IMG_9473.JPG

大田原の登坂車線工事が終わっていると思っていたら登坂車線の舗装は終わっていたが走行車線の舗装はまだだった。


20200808_IMG_9474.JPG

そりゃぁ雨ですものサトイモは元気に成長してる。親株の周りに子株の芽がでてた。このままいけば豊作が期待できる。種芋を新調した上に雨が多いからな。


20200808_IMG_9477.JPG

追加で定植したサトイモの様子。早く大きくなってほしい。


20200808_IMG_9489.JPG

土砂降りで通路に水が溜まっていて畑に入れない


20200808_IMG_9480.JPG

雨で作業できないのでナスを収穫。いい大きさの綺麗なのが採れた。


20200808_IMG_9485.JPG

青シソもたっぷり収穫


20200808_IMG_9492.JPG

畠田さんのお母さんのサツマイモがイノシシにやられた。芋はまだ直径2cm位にしかなっていないのに・・・。畠田さんのお母さんの畑はうちの向かい側の。もう人ごとではない。


20200808_IMG_9476.JPG

うちのサツマイモ(安納芋)の様子


20200808_IMG_9493.JPG

畠田さんからアニマルネットをかけなさいといわれたのですぐに


20200808_IMG_9494.JPG

畠田さんのお母さんが竹の枝で囲むと良いって赤間田さんが言っていた・・・と。早速サツマイモの周りに竹の枝を挿す。これじゃぁツル返しするのすごく面倒そう。でも被害を受けるよりはいいか。畠田さんの畑ではメロンをハクビシンにやられ、キツネにスイカをやられ、今回はサツマイモ・・・と動物の被害がどんどん増えてる。うちの畑はまだウンコされるのと落花生の苗を引き抜かれたくらい。ウンコも苗を引き抜かれるのも嫌でしょうがないけど畠田さんの畑よりはまだまし。面倒なことになってきた。


20200808_IMG_9487.JPG

土が見えたりイレギュラーな部分は収穫のため動いた跡。雨が降っていても葉の下にはヤブ蚊がいっぱいでホント嫌になる。


20200808_IMG_9496.JPG

殆どのミョウガには花が咲いていて咲いていないのは少ない

本気菜園

20200808_IMG_9497.JPG

庭からキュウリを収穫

2020年08月10日 Mon

ドライブ

10:15−13:05
晴れ・暑い

城端→千里浜→道の駅千里浜
岡田さんにお中元を届ける。
羽咋の堀田農園のブドウをいただいた。

20200810_IMG_9501.JPG

久しぶりに白尾ICから合流。空も海も青くて夏らしい。


20200810_IMG_9503.JPG

いただいた葡萄。粒も大きさも揃ってとても綺麗。

本気菜園

20200810_IMG_9505.JPG

庭からパプリカとキュウリを収穫

「堀川町の住宅」

20200810_temperature.jpg

14:43のポーチの外気温が40.5℃。最高記録を更新した。左が気温で右が湿度なのだが、どちらが気温か湿度かわからないような数字になってしまってる。

2020年08月11日 Tue

本気菜園

白菜24ポット・ブロッコリー12ポット・キャベツ4ポットを播種

20200811_IMG_9506.JPG

収穫してあったトマトでトマトソースを作る

2020年08月13日 Thu

来所

12:30-14:58
曇り
薬師さんとうちでランチ
茶菓工房たろうのお菓子をいただく

マイバックの代わりに金沢市指定のゴミ袋を使いたいが持ち歩くデザインではないので指定ゴミ袋は「ひゃくまんさん/私は石川さんの方が好き」でも印刷してくれれば良いのに。いや、どうせレジ袋が有料になったのなら金沢市内のお店のレジ袋は全て金沢市指定のゴミ袋にしてくれれば皆がお得でいいのに(レジ袋はゴミに出せないが指定ゴミ袋はゴミ袋として使える/袋の量が半減する)・・・といった話をして盛り上がった。

本気菜園

20200813_IMG_9509.JPG

天気が悪くて点検しなかったらドンと大きくなっていた

2020年08月14日 Fri

本気菜園

20200814_IMG_9511.JPG

08/11に播種した白菜とブロッコリーが発芽してる。写真は白菜だけどブロッコリーと見分けが付かない。


20200814_IMG_9512.JPG

キュウリを収穫

2020年08月16日 Sun

草取り

04:20-16:30
晴れ
  • バジルを2階で栽培しているのだが葉裏に虫が付いたのか(虫は小さくて見えないが葉が透けたようになっているので多分虫だと思う。は裏を水洗いしたらちょっと元気になる)成長が思わしくないので畑に3株定植した。
  • 今年の夏の土曜日は殆ど雨の日が多くて晴れて暑いのは今シーズン初めて。塩を舐めたのも今シーズン初。
  • 畠田さんから昨年の余ったネギが分けつした細いのを薬味用に沢山貰った。
  • 帰りは車が多かった。ずっと大名行列。例年よりは少なめで最後の追い越し車線(矢駄から金沢寄り)で渋滞があったのみ。
20200816_IMG_9515.JPG

これまで雨ばかりで草取りが進んでいないのであちこち雑草だらけ


20200816_IMG_9519.JPG

落花生の周りは雑草でかなり汚い


20200816_IMG_9523.JPG

暑い上にしゃがんで立っての繰り返しで腰が痛い。作業を初めたばかりなのにこの落花生3畝の草取りで体力が削られた。


20200816_IMG_9520.JPG

左のニンジンと中央手前のナスの草取り前


20200816_IMG_9526.JPG

草取り後。左側のナスは細長いヤツだった。このナスは畠田さんにもらった苗を定植した。


20200816_IMG_9516.JPG

落花生3畝の草取り前


20200816_IMG_9527.JPG

草取り&土寄せ後


20200816_IMG_9529.JPG

遅めに定植したサトイモも草取りと土寄せ


20200816_IMG_9533.JPG

左がサトイモとショウガ。右の法面がナス。雑草で埋まってる。


20200816_IMG_9536.JPG

草取りとショウガに土寄せ後。綺麗になった。


20200816_IMG_9537.JPG

イノシシにやられているかと不安だったが今のところ大丈夫。安納芋のネットを外してツル返し。その後またネットを掛ける。ホント面倒くさい。


20200816_IMG_9538.JPG

ネギの草取りと土寄せ前


20200816_IMG_9539.JPG

土がカチカチになっているので耕耘機を掛ける


20200816_IMG_9540.JPG

やわらかくなった土でネギの土寄せ完了


20200816_IMG_9546.JPG

サトイモはこれまでで一番成長しているのだが台風が来たら茎が折れそうで不安だ。


20200816_IMG_9542.JPG

畠田さんの奥さんが冷やしたウーロン茶とスイカを差し入れしてくださった。生き返るわ〜。


20200816_IMG_9531.JPG

イチゴの畝は雑草だらけ


20200816_IMG_9543.JPG

下葉とランナーを切って畝と通路の草取り後


20200816_IMG_9545.JPG

こちらの落花生の畝も草取りして土寄せした


20200816_IMG_9548.JPG

来週まで雨が降らない予報なので水をたっぷりやっておく。水やりだけで1時間かかるが井戸水で冷たいので腕に掛けると気持ちがよくて作業の中では一番楽しい。ただ50mホースを伸ばして井戸にポンプを吊して発電機のエンジンを掛けて・・・の準備は面倒くさい。


20200816_IMG_9549.JPG

水やり完了。雑草は暑い日が続いて水をやらないのに枯れない。呆れるほど強すぎる。


20200816_IMG_9550.JPG

青シソを収穫


20200816_IMG_9560.JPG

ニンジンを収穫。帰ってから庭のキュウリを収穫。


20200816_IMG_9557.JPG

収穫したナス・右下の細いのがニンジンの横に定植してある畠田さんにもらった株(畠田さんも貰ったらしい)のナス。

2020年08月17日 Mon

ネギを植える

昨日畠田さんから貰った昨年のネギが分けつした細いのをいっぱい貰った。そのうち直径1cmくらいのを庭に定植した。涼しい朝のうちに・・・と07:30から作業したのだがもう汗だく。

本気菜園

20200817_IMG_9561.JPG

もう薄暗くなってしまったが明朝だと大きくなりすぎるのでキュウリを収穫。ついでにパプリカも。

2020年08月18日 Tue

本気菜園

20200818_IMG_9564.JPG

熟しかけたパプリカに強い夏の直射日光が当たると尻腐れの様に痛み始めるので現在付いている実を全部収穫した。パプリカの鉢は直射日光があまり当たらない北側の犬走りに移した。

2020年08月19日 Wed

餅つき

07/16の餅がなくなったので搗く

16:30 (08/18)米研ぎ2升
05:30 1回目水切り(研ぎから13時間)
06:00 1回目蒸し始め(餅米10カップ)・黒豆洗い
06:25 2回目水切り
06:30 1回目蒸し上がり
06:34 1回目つき始め(昆布30g・塩大さじ2)
06:49 1回目つき上がり
06:57 2回目蒸し始め(餅米9.5カップ・黒豆200cc)
07:30 2回目蒸し上がり
07:35 2回目つき始め(塩大さじ2.2)
07:53 2回目つき上がり
08:10 後片付け終了
14:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから6.5時間)
18:00 (07/20)つき上がりから35時間後「もち切り」で切る

本気菜園

20200819_IMG_9565.JPG

庭のキュウリを収穫

2020年08月20日 Thu

本気菜園

20200820_IMG_9566.JPG

庭のキュウリを収穫

2020年08月21日 Fri

本気菜園

20200821_IMG_9567.JPG

庭のキュウリを収穫


20200821_IMG_9568.JPG

06/30播種・07/08発芽のばらまきしたパセリを別のポットに移した。08/11播種・08/14発芽のブロッコリーと白菜を間引きした。

打合せ

13:00−14:42
県 井上氏
堀川町4−14の無電柱化による引き込みについての打合せ

「中能登町の排水処理設備」

17:30−19:15 ブロア室ドアの施工図チェック・返却
19:15−20:30 柱状改良施工計画書チェック・返却

いただいた

20200821_IMG_9570.JPG

黒部の吉澤夫妻から宇奈月・新興果樹園の「幸水」をいただいた

2020年08月22日 Sat

耕耘

04:51−15:25
くもり→小雨→くもり

20200822_IMG_9571.JPG

柳田村・上町の高架の先は霧で真っ白


20200822_IMG_9574.JPG

サトイモに土寄せするためにソラマメのあとそのままになっていた畝を耕耘する。昨年からの畝なのでもうカッチカチになっていて耕耘するのが大変だった。


20200822_IMG_9575.JPG

たったこれだけを耕耘するのに1.5時間もかかってしまった


20200822_IMG_9577.JPG

追肥してからやわらかくなった土をサトイモの株元に掛ける


20200822_IMG_9578.JPG

次はこっちを耕耘する。ここは黄からし菜を収穫した後一度耕耘しているのですごく楽。


20200822_IMG_9579.JPG

ソラマメの畝の倍くらいの面積を1時間で耕耘


20200822_IMG_9580.JPG

疲れたので休憩代わりに野菜に水をやった。予報ではこの先一週間雨が降らないのでたっぷりやっておく。


20200822_IMG_9582.JPG

ニンニクを21片定植した


20200822_IMG_9583.JPG

土をかぶせてから牛糞堆肥を掛けておく


20200822_IMG_9584.JPG

イチゴにも堆肥をやった


20200822_IMG_9585.JPG

左の落花生がこの時期ではまぁまぁの成長具合。右の畝はしょぼすぎて・・・7月初旬くらいの成長具合。今年はだめだな。


20200822_IMG_9588.JPG

青しそ


20200822_IMG_9589.JPG

ナス

2020年08月24日 Mon

本気菜園

20200824_IMG_9590.JPG

庭のキュウリを収穫

2020年08月25日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

06:30−07:16
柱状改良施工計画書チェック・承諾

2020年08月26日 Wed

散髪

08:19−10:42
明日から現場立ち会いが始まるので少しでも涼しくなるように散髪してきた。

本気菜園

20200826_IMG_9594.JPG

庭のキュウリを収穫

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの日報

岡田建設工業 中正哲夫・山田治
柱状改良杭芯出し

DSCN9546.JPG

柱状改良杭芯出し(撮影/岡田建設工業)

2020年08月27日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

07:04−17:25
晴れ・暑い
今日から柱状改良が始まるので立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太・竹村佳紘
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200827_IMG_9595.JPG

07:18 畑に行く時間より遅いので車が多い


DSCN9560.JPG

杭芯位置の確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9599.JPG

ワイビーエムの「GI-50C-HT20K」とコマツのバックホウ


20200827_IMG_9600.JPG

プラントと発電機と水タンク


20200827_IMG_9620.JPG

改良材(デンカソイルパックSP-2000)が到着


20200827_IMG_9625.JPG

搬入中


20200827_IMG_9627.JPG

トンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9633.JPG

ロッドの検尺中


20200827_IMG_9631.JPG

ロッド長は9.2m。竹村さん。


20200827_IMG_9637.JPG

掘削攪拌機の全長検尺中90cm。山本さんと竹村さん


20200827_IMG_9640.JPG

撹拌翼の幅検尺60cm


20200827_IMG_9642.JPG

工事写真を撮影中の村上さん


20200827_IMG_9643.JPG

オーガーで1m毎の現場の土を採取する


20200827_IMG_9696.JPG

搬入時に錆々だったオーガーを土採取後に水洗いしたら綺麗になってる


20200827_IMG_9653.JPG

採取した土のpHを測定する。4以下の酸性だと強度が出ない。


20200827_IMG_9647.JPG

深度1mの土サンプルのpH計の目盛5.4


20200827_IMG_9654.JPG

pH測定器は農業用らしくてpHによって最適な作物が書かれている。竹村電機製作所製。


20200827_IMG_9788.JPG

プラントの制御盤


20200827_IMG_9787.JPG

水セメント比0.6。立米あたり600kgとなるが少なめの580kgでスラリーを配合


20200827_IMG_9661.JPG

プラントからスラリーを柄杓で採取して比重試験器に入れる


DSCN9583.JPG

比重測定器の重りの位置確認中(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9664.JPG

支点の上に付いている水平器でおもりの釣り合いを取る


20200827_IMG_9665.JPG

比重の読みは1.7。設計では1.696。差は±1%以内なのでOK。


DSCN9589.JPG

杭芯への攪拌機先端セット確認(撮影/岡田建設工業)


20200827_IMG_9666.JPG

「A1」から改良を開始する


20200827_IMG_9669.JPG

地盤調査よりも浅めで支持層に達してしまった


20200827_IMG_9670.JPG

地盤調査位置に近いA25を試験杭にすることにした


20200827_IMG_9672.JPG

支持層の深さは地盤調査と一致したのでこれを試験杭1本目としてロッドの残りの長さを検尺中。現実には施工機械のディスプレイで深度やトルク値・スラリー流量が管理されているので検尺は古き良き時代の形だけでしかないが慣例なので検尺してくれている。


20200827_IMG_9676.JPG

A25試験杭完了


20200827_IMG_9683.JPG

A51の試験杭2本目に移動


20200827_IMG_9684.JPG

ロッド+ドリル長=9.9m・残尺6.2m・削孔長=3.7m。この位置のレベルはGL-400なのでドリル先端はGL-4.1m。


20200827_IMG_9687.JPG

改良材をプラントに入れる


20200827_IMG_9693.JPG

ホッパ下の長楕円形の風船みたいのが集塵機で改良材が飛び散らないようになっている。


20200827_IMG_9659.JPG

施工した杭状改良の中から試験サンプルを採取するための機材。中央がロッドに取り付けるためのアダプター。上の機材が外側で下の機材がその中にすっぽり入る。


20200827_IMG_9698.JPG

A51試験杭の柱頭と先端からサンプルを採取するための機材をロッド先端に取り付ける


20200827_IMG_9701.JPG

攪拌機を取り外してサンプル採取のための機材用アダプターを取り付ける


20200827_IMG_9703.JPG

ドリフトピンで固定中


20200827_IMG_9704.JPG

サンプル採取用機材取り付け中


20200827_IMG_9707.JPG

正回転で閉まっていた蓋が逆回転で開きサンプルを採取する


20200827_IMG_9713.JPG

柱頭部(GL−1800程度)からサンプルを採取してロッドを引き上げる


20200827_IMG_9714.JPG

周りに付いた不要な改良土をへらで落とす


20200827_IMG_9717.JPG

逆回転時に内部に入った試料を手で掻き出してモールドコアに詰める


20200827_IMG_9720.JPG

モールドコアに試料を充填中


20200827_IMG_9722.JPG

左側にモールドコア


20200827_IMG_9727.JPG

次に深部から試料を抜き取りモールドコアに充填


20200827_IMG_9731.JPG

深部試料採取完了


20200827_IMG_9732.JPG

左が柱頭で右が深部からの採取試料。後日一軸圧縮試験を行う。


20200827_IMG_9739.JPG

機材の水洗い中


20200827_IMG_9741.JPG

深部から試料を採取したため穴が開いた状態になっているのでもう一度撹拌機を下まで入れて穴埋めする


20200827_IMG_9742.JPG

試験杭による検尺や試料の抜き取りなどが完了したのでブロア室部から柱状改良を開始する


20200827_IMG_9748.JPG

ブロア室一本目の「B2」杭の柱頭からサンプルを採取中


20200827_IMG_9760.JPG

B2杭のモールドコア


20200827_IMG_9752.JPG

本日2回目の改良材搬入(4袋)


20200827_IMG_9789.JPG

搬入されたトンパックに番号をスプレーする


20200827_IMG_9794.JPG

ブロア室の8本が完了


20200827_IMG_9812.JPG

13本目完了。これで本日の施工は終了。


20200827_IMG_9800.JPG

改良材にブルーシートを掛ける養生中


20200827_IMG_9801.JPG

プラントの清掃中



20200827_IMG_9814.JPG

余ったスラリーを捨て孔に注入中


20200827_IMG_9819.JPG

攪拌機の清掃中。オペの高坂さん。高坂さんと山本さんは昼休みせずに作業したので早めに終える。

2020年08月28日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

07:09−16:33
曇り→晴れ・暑いけど昨日より全然まし
柱状改良2日目の立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200828_IMG_9820.JPG

今日は曇りか?太陽が出ないでほしい。昨日はホントに暑さに参った。


20200828_IMG_9822.JPG

08:10 改良材4袋搬入


20200828_IMG_9828.JPG

これで15袋搬入完了


20200828_IMG_9824.JPG

今日の作業開始


20200828_IMG_9830.JPG

油圧ショベル・コマツPC78US


20200828_IMG_9831.JPG

今日1本目のA11杭を検尺中


20200828_IMG_9832.JPG

残尺5.9m


20200828_IMG_9833.JPG

ロッド長9.9m・残尺5.9m・削孔長4.0m・GL-1.87mが杭天端でA11杭の現況地盤高がGL-0.3mなので改良長は2.43m。このデータは改良機からプリントアウト出力とデジタルデータ出力されるので残尺の検尺は現場に来ない監理者(設計事務所)のための撮影なのでこの現場では監理者が立ち会っているのでこれ以上検尺はしないことにした。「全数検尺してくれ」という監理者もいると聞いたがちゃんと立ち会えよ!検尺するのにはすごく手間がかかるのに全数なんて・・・。


20200828_IMG_9857.JPG

機械の操作部


20200828_IMG_9852.JPG

ディスプレーには深度・積流・トルク値がグラフで、ロッドの傾き(左右と前後)も表示される。トルク値で支持層に届いたかどうかを判断する。支持層が堅い場合はロッドがガタガタ音を立てるし機械が反力で持ち上がるのでわかりやすいが微妙な土質の場合はトルク値でしか判断できない。今回の支持層は堅いので機械の動きと音を聞いていれば一目瞭然。


20200828_IMG_9913.JPG

ブロア室の床レベルと外構の関係がイマイチだったので中正氏の測量図を元にFLを150mm下げることにした。そのうち合わせ記録。


20200828_IMG_9917.JPG

14:10 改良材7袋搬入


20200828_IMG_9927.JPG

今日最後の改良が完了


20200828_IMG_9928.JPG

今日は昨日と違って捨て孔(スペースが無いので)ではなく余ったスラリーと配管内の掃除の水は垂れ流しで。


20200828_IMG_9931.JPG

丁寧に水洗い中。中古でも1500万円だったらしい。


20200828_IMG_9932.JPG

改良材の養生を終え機材の清掃中


20200828_IMG_9933.JPG

昨日と今日の2日分の風袋

2020年08月29日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

07:06-17:15
晴れ・暑かった・顔が痛い
柱状改良3日目の立ち会い

いつもなら土曜日は畑の日だけど今日はこちらを優先するしかない。和泉は珠洲の教室があるため、朝現場で下ろして貰い夕方ピックアップして貰った。

写真を見て「マスクは?」と思う人がいるかもしれないが、この炎天下の中でマスクをしていたら倒れる。用心深い私でも諦めた。マスクしていなくても倒れそうなのに・・・。

岡田建設工業 中正哲夫
 アキュテック 村上隆太
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
  ヤシキ重機 永岡茂・北嶋信之
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200829_IMG_9975.JPG

現場に入るには家畜伝染病予防のため薬剤ボックスに長靴で入って消毒する。右のボックスは現場から出るときに砂や泥を落とすため。


20200829_IMG_9939.JPG

朝一番でそれぞれのユニックに4袋ずつ8袋の改良材が搬入された


20200829_IMG_9946.JPG

プラントに改良材を投入して作業開始


20200829_IMG_9945.JPG

水量カウンタは昨日と同じか確認しておく


20200829_IMG_9999.JPG

毎日やる比重測定


20200829_IMG_0001.JPG

1.7でOK


20200829_IMG_9969.JPG

C4柱頭からの採取サンプル


20200829_IMG_9976.JPG

今日は昨日までに施工した杭頭処理を永岡さんと北嶋さんがやってくれる。ブロア室の杭頭処理中。所定高さまで平爪バケットでガリガリ削っていく。


20200829_IMG_9978.JPG

北嶋さんがレベルを確認中


20200829_IMG_9981.JPG

あとどれだけ削るかの数値をスプレーする


DSCN9768.JPG

ブロア室の杭頭処理確認(撮影/岡田建設工業)


20200829_IMG_0007.JPG

ブロア室の杭頭処理完了。手前はフェノールフタレイン溶液によるアルカリ反応の着色を確認した部分。紫になるということは改良材が混ざっているという意味。


DSCN9778.JPG

処理槽本体の杭頭はGL-1870なので穴の底に降りて杭頭処理を確認中
(撮影/岡田建設工業)


20200829_IMG_0025.JPG

処理槽本体側でもフェノールフタレイン反応試験を行う


20200829_IMG_0020.JPG

村上さんが着色した杭部分の寸法を確認中


20200829_IMG_0021.JPG

柱頭が地盤面に近い場合はスラリーが多くなるので着色や杭頭の形状がわかりやすいが、今回の様に2m近く下の地中から始まり4〜6mまで改良する場合は柱状改良部分とその周囲との区別が付きにくい。


20200829_IMG_0042.JPG

本体部分の柱状改良はGL-1870から下なので上部の土をどかさないと柱頭処理がしにくいのでダンプで不要土を搬出する。ダンプが敷地内に入場するときには消毒薬を散布して家畜伝染病を予防する。残土置き場まで行って戻ってくるたびに消毒する。


20200829_IMG_0044.JPG

出荷通路を養生して残土をダンプへ


20200829_IMG_0065.JPG

地中の杭頭部分とその周囲の土。これは見分けが付きやすい方。


20200829_IMG_0081.JPG

今日まで3日間の改良材の風袋は23袋


20200829_IMG_0082.JPG

掘削攪拌機を洗浄して作業終了


20200829_IMG_0087.JPG

プラントを洗浄し残った改良時を養生して作業終了

畑に行けず

20200829_IMG_0093.JPG

和泉が畑から収穫してきたナス

2020年08月30日 Sun

本気菜園

08:28-08:50
晴れ
ほがらか村でダイコンの種を買う

例年だとお盆休み明けに播種しているのだが今年は雨が降らないし育つ気がしないのでまだ種を播いていない。根菜はポットに播種できない直播きが不便。

20200830_IMG_0094.JPG

おでん大根・426円


20200830_IMG_0095.JPG

庭のキュウリを収穫

2020年08月31日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

07:06-10:35
曇り→晴れ
柱状改良4日目の立ち会い

岡田建設工業 中正哲夫
  高坂建設興業 高坂真琴・山本将太
  ヤシキ重機 永岡茂・北嶋信之
今日の作業順序は柱状改良平面図参照

20200831_IMG_0098.JPG

今日も暑そう


20200831_IMG_0102.JPG

改良材をプラントに投入して作業開始


20200831_IMG_0115.JPG

杭芯合わせ。ピンに爪の先端を合わせる。


20200831_IMG_0104.JPG

今日の一本目A42杭から開始


20200831_IMG_0109.JPG

毎日定例のスラリーの比重測定


20200831_IMG_0110.JPG

1.7でOK


20200831_IMG_0135.JPG

使用した改良材の風袋確認・・・26袋


20200831_IMG_0142.JPG

A45杭(67本目)が最後

大根を播種

10:35-17:27

杭状改良が早く終わったので水やりに珠洲まで足を伸ばした
家から現場まで58km
現場から畑まで91km
畑から家まで141km

畠田さんの畑に電柵がしてあった。ショックだ。

20200831_IMG_0147.JPG

毎年9月のはじめに落花生にカラスよけのアニマルネットを張るのだが今年は成長が思わしくないのが悲しい。


20200831_IMG_0148.JPG

遅れて定植したサトイモの様子


20200831_IMG_0150.JPG

サツマイモ(安納芋)のツル返しをしてからネットをかけ直す


20200831_IMG_0151.JPG

イチゴはこの暑さでかなりくたびれていた


20200831_IMG_0152.JPG

水をやる前に下葉をとって綺麗にした


20200831_IMG_0155.JPG

まだ晴天が続きそうなのでたっぷり水をやる


20200831_IMG_0156.JPG

先週耕耘したエリアは土がカラカラになっているので水を撒いてから大根を播種する。畝の半分(30cmピッチ14本分)をまず播種する。2週間後にもう一度残りの半分に播種する。


20200831_IMG_0157.JPG

播種してから籾殻を播く


20200831_IMG_0161.JPG

もう一度たっぷり水をやってから布トンネルをかける