2018年11月01日 Thu

「堀川町の住宅」

・08:45-09:10 型枠検査 配管周りの鉄筋補強を指示
・10:45-11:05 手直し確認OK。ようやくベースコンを打設できる。
・昨日の木工事での打合せ結果を盛り込んだ図面を作成して送信
・配管立ち上がり平面図を作成・送信

20181101_IMG_5739.JPG

型枠の通りを修正中


20181101_IMG_5741.JPG

前回円盤で凹んだ跡が見える。今回の円盤は押さえ込んでいない。セパのピッチも正常になった。田村の現場担当の室田忠芳さんは断熱材が凹んでいてセパの穴も残るので取り替える(納品まで10日)と言っていた。クライアントの建物ならともかく自宅でもあるしセパ孔や凹みの影響は少ないだろうしそのまま利用して断熱材の隙間や浮きを修正して貰えばいいとした。


20181101_IMG_5743.JPG

電気の引きこみ管の外側に補強筋を入れてもらった。今回のベースのコンクリート打設は150mm厚。その上の立ち上がりは次回。立ち上がり部の配管外側には溶接金網を入れて補強する予定。


20181101_IMG_5742.JPG

床暖房の熱交換器とエコキュートのタンクへの冷媒保護管の立ち上がり部に補強筋を入れてもらった。

田村からの工事日報

平成30年11月1日(木)
天候 晴

本日の作業
・型枠検査(ベース)
・型枠建て入れ・通り確認
 黒川建設  宮田公司
・現場管理
 室田忠芳
明日の予定
・ベースコンクリート打設

26万q

何キロまで乗れるんだろ?

2018年11月02日 Fri

「堀川町の住宅」

・09:30-12:05
 ベースコンクリート打設
  27-15-25N
  スランプ16.5cm
  空気量3.9%
  コンクリート温度18℃
  外気温14℃
  試験担当 福岡晴人
  2.3+2.3+1.3=5.9㎥
・13:30-15:10
 晴れ→くもり
 長村(堀川町4-14)で定例会議
 出席者
 田村 室田忠芳氏
 杉山設備工業 上保貴志

20181102_IMG_5747.JPG

今朝の現場


20181102_IMG_5749.JPG

型枠と捨てコンに散水中


20181102_IMG_5753.JPG

小型のポンプ車で配管長が短いのでモルタル車を呼ばずセメント0.5袋と砂を入れてモルタルを作る


20181102_IMG_5757.JPG

水でこねる


20181102_IMG_5761.JPG

09:31→09:58着(27分←OK)・27-15-25N・2.3㎥を確認


20181102_IMG_5766.JPG

モルタル分の混入しているコンクリートは捨てるのだが、引き込み柱の捨てコンはアンカーセットの意味もあって厚さが200mmあるのでその中に打つ。引き込み柱の基礎は重さがあればいいのでモルタル分が入っても問題ない。


20181102_IMG_5768.JPG

引き込み柱の捨てコンにモルタル分の入ったコンクリートは出し切っているので筒先から試験用のコンクリートを採取する。生コン屋さんは荷下ろし(生コン車から出たなり)を受け渡しとして試験するのだが、現場としては実際に打設されるコンクリート(ポンプ車の筒先)での性能で可否を判断したい。このため筒先で採取するというと必ず嫌な顔をされる。特記仕様書に書いてあるのに・・・。


20181102_IMG_5758.JPG

コンクリート中の塩分量を試験するカンタブの袋のロット番号と換算表のロット番号が同じであることを確認する。


20181102_IMG_5769.JPG

カンタブ試験とコンクリート温度測定中


20181102_IMG_5774.JPG

先に打ったアンカーセット用の引き込み柱捨てコンの様子


20181102_IMG_5777.JPG

受け入れ試験終了。テストピースは標準養生の一週3本、四週3本、現場気中の4週3本を採取。現場気中は実際に打設されたコンクリートに近い状態での圧縮試験をするため。


20181102_IMG_5775.JPG

受け入れ試験合格を待ってコンクリート打設開始


20181102_IMG_5786.JPG

キッチン当たりのベース打設中


20181102_IMG_5814.JPG

ぐるっと時計回りに打って最後はポーチのベースを打設して終わり


20181102_IMG_5817.JPG

少ないけど残ったコンクリートはポンプ車に返す


20181102_IMG_5827.JPG

ポンプ車を掃除中

田村からの工事日報

平成30年11月2日(金)
天候 曇り時々晴れ

本日の作業
・現場管理
  (株)田村 室田忠芳
・基礎ベースコンクリート打設
  土工 (有)まどか 持山誠・切中勝己・山黒新一
  ポンプ工 石川圧送センター(株) 沢上優作
明日の予定
 墨出し
 型枠建て込み(片面)

2018年11月03日 Sat

生姜を収穫

04:40-16:00
晴れ

20181103_IMG_5835.JPG

桜峠手前の「当目/とうめ」の温度計は5℃。5℃以下になるとショウガは傷むので今日収穫するしかない。


20181103_IMG_5837.JPG

残りの落花生を片付ける


20181103_IMG_5840.JPG

落花生はこれで全部収穫が終わった


20181103_IMG_5839.JPG

左側のショウガと右のサトイモを収穫する


20181103_IMG_5843.JPG

ショウガとサトイモ9株の収穫完了。サトイモの残りは14株+4株。


20181103_IMG_5844.JPG

ショウガと落花生。持って帰るのを忘れていたサツマイモ2個。


20181103_IMG_5846.JPG

サトイモ9株で15L+15L=30Lの収穫。今年は暑かったので皆さんあまりいい出来ではなかったらしい。うちは平年とあまり変わらず。豊作さんの奥さんは畝に穴を掘って種芋を植えたらしい。長村さんのやり方だと土寄せが楽そうだったし・・・と。皆さんが不出来のなか豊作さんところはいい出来で長村流がよかったと報告に来られた。確かに深植えになるから日照りの時影響を受けにくいんだよね。一週間に一度しか水をやれないからそうしていたんだけど誉められるとはびっくり。


20181103_IMG_5838.JPG

左の2畝は白菜。右の2畝はブロッコリー+ブロッコリー+キャベツ。右の中央寄りのブロッコリーの布トンネルを雪が降って潰れにくい様に防鳥網に取り替える。


20181103_IMG_5847.JPG

布トンネルを防鳥網に替えて布を干す。


20181103_IMG_5860.JPG

白菜の布トンネルに大きなカマキリがじっとしていた


20181103_IMG_5849.JPG

今日収穫した落花生の畝を耕耘する。ソラマメの苗を植える予定。


20181103_IMG_5851.JPG

ネギの周りを耕耘する。来春にエンドウ豆を植えるので少しでも雑草を退治しておきたい。


20181103_IMG_5854.JPG

耕耘完了。来週ネギを収穫する予定。


20181103_IMG_5852.JPG

落花生を植えていた道路際のエリアも耕耘しておく


20181103_IMG_5853.JPG

畝をつぶして平らにしておくと来春耕耘しやすいんだ


20181103_IMG_5856.JPG

気になっていたニンニクの草取りを終わらせよう


20181103_IMG_5857.JPG

雑草を抜いて鶏糞を追肥してから籾殻を撒いておいた


20181103_IMG_5863.JPG

豊作さんの奥さんから大根菜と白菜をいただいた


20181103_IMG_5845.JPG

前区長の松本さんから柿をいただいた


20181103_IMG_5858.JPG

お隣の畠田さんからも違う種類の柿をいただいた


20181103_IMG_5861.JPG

帰ってから落花生を洗い次にショウガを洗って干す


20181103_IMG_5864.JPG

サトイモを洗い終わったのが17:40。収穫物を洗うのに1時間40分もかかって身体が冷えた。

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

本日の作業
・現場管理
 田村 室田忠芳
・墨出
 大橋工務店  大橋敏夫・山元菊雄
 太陽興産  貞原浩之
・型枠建込(片面)
 黒川建設 黒川潤・山崎哲雄・宮田公司

11/05の予定
 電気・設備スリーブ入れ

2018年11月04日 Sun

ショウガ

20181105_IMG_5865.JPG

昨日洗って干してあったショウガを広口瓶に詰めてホワイトリカーで漬ける。これで常温で一年以上保つ。我が家では一年でだいたい2本分使うのだが昨年のがあと一瓶残っているのでセーフ。母にお裾分けした1本弱とこの1本と今年はホントに収穫が少なかった。多分例年の半分以下だと思う。来年に期待しよう。

2018年11月05日 Mon

「堀川町の住宅」

・竪樋施工図チェック・返却

20181105_IMG_5873.JPG

設備スリーブ取付中

田村からの工事日報

今日の作業
・立上りスリーブ入れ
 杉山設備 酒本武司
 斉藤電工 酒本昭夫
明日からの予定
・11月6〜11日 作業なし

2018年11月07日 Wed

「堀川町の住宅」

工事を発注してから予定していた現場担当者の現場が終わって堀川町の住宅に取りかかれるのが09/10からと聞いていた。それまでの解体工事は私が管理と監理することにしていた。結局現場担当者がこの現場に来たのは10/19。来たばかりなのに今週一週間は現場担当者の自宅の引越とのことで現場もお休み。どうなってるだ田村?。ちゃんと作って欲しいからコンクリート養生期間をきちんととったりして予定より現場が遅れるのは問題ないのだがこういう遅れ方はだめでしょ。

2018年11月08日 Thu

落花生の脱莢

初期に収穫した落花生を脱莢大きくて良い莢を選んだはずなのに中が真っ黒になっていたりカビが生えていたりと今年は例年より出来が悪い感じ。株の中央のいいところをネズミにやられたせいで大きな莢が少ないうえ中が黒いんじゃなぁ・・・。がっかりだ。

20181108_IMG_5875.JPG

1パレット目


20181108_IMG_5876.JPG

上の写真と似てるけど別写真。2パレット目。腰が痛い。

「堀川町の住宅」

・基礎伏図修正
・土台伏図修正

メールを受け取れない

何日か前からメールを受け取れなかった様で・・・現場が動いていないので気付くのが遅れたのだが、スマホでは受信しているので異常に気付いた。パソコンを再起動してもダメなのでメールソフトからinclのアカウントを一度削除してから新規に追加で登録してみたらうまく受信できた。原因はわからない。

2018年11月09日 Fri

「堀川町の住宅」

09:20-11:10
小雨→晴れ
桜井生コンでベース一週圧縮試験→金沢木材協同組合→ホームセンタームサシ

20181109_IMG_5879.JPG

2018/11/02 打設
2018/11/09 一週圧縮試験
試験者 新谷誠三氏
27-15-25N
1) 3.660kg・205kN・26.1N/mm2
2) 3.665kg・209kN・26.6N/mm2
3) 3.635kg・213kN・27.1N/mm2
平均26.6N/mm2


20181109_IMG_5895.JPG

金沢木材協同組合の奥の建物


20181109_IMG_5893.JPG

奥が管柱で手前が通し柱


20181109_IMG_5889.JPG

左が柱頭側で右が柱脚側。2階床部分の梁が通し柱にぶつかる部分。外壁側はボルト頭が飛び出さない様にマルチボルトを使用するので丸く座繰りしてある。


20181109_IMG_5890.JPG

通し柱の柱頭部分。この上に大梁(120×390)が乗る。「ほぞ」の隣に穴があいているのは柱と大梁とを緊結する引きボルトを通すため。外壁側は全部通し柱で引きボルトあり。

草刈り機用の部品

20181109_IMG_5896.JPG

草刈り機のチップソーを留めるボルトの頭が削れて丸くなっていたので取り替える。前回買ったのは2012/08/12だから6年前。「刃物ボスB」698円と「左ネジ(8mm)」498円(何れも丸山製作所の製品)。6年前は500円と330円だった。1.5倍の値上げか・・・。

2018年11月10日 Sat

里芋の収穫完了

04:40-16:00
くもり→晴れ

20181110_IMG_5902.JPG

ネギの向こうにホワイトマスタードの種が落ちたらしく自生してる。葉っぱを持って帰って食べてみるか・・・。


20181110_IMG_5904.JPG

アーティチョークはジャングル状態


20181110_IMG_5905.JPG

ニンニク(ホワイト6片)は今のところいい感じ


20181110_IMG_5906.JPG

キャベツは今日収穫する


20181110_IMG_5907.JPG

ブロッコリーの様子


20181110_IMG_5908.JPG

さて、サトイモの残り18株を掘る


20181110_IMG_5911.JPG

右の株は大きいが左の株は小さい。茎の数がそのまま芋の数を左右する。ジャガイモやサツマイモと違って掘る前から収穫量がわかりやすくて良い。


20181110_IMG_5913.JPG

芋をバラしたところ


20181110_IMG_5910.JPG

売っているのは根が切ってある。栽培して初めて知った・・・サトイモにこんな根が沢山生えてるって。これを取るのが結構面倒臭い。


20181110_IMG_5917.JPG

里芋の収穫完了


20181110_IMG_5921.JPG

サトイモは18株で15Lのバケツに山盛り3杯。右はついでに収穫したニンジン。帰ってから半分くらい洗ったけど水を切るための箕がいっぱいになったので残りは明日の朝洗う。前の家だと車庫に新聞紙を敷いてどれだけでも干しておけて便利だったなぁ。


20181110_IMG_5918.JPG

良い天気なので耕耘した。左側にソラマメを定植する。先週耕耘した柿の木の下にソラマメを植える予定だったんだけど。柿の木の下は日陰になるので来年ショウガを植えることにした。あの場所でショウガを作ったときは豊作だったはず。そういうわけでソラマメは道路側に植える。


20181110_IMG_5909.JPG

ソラマメの苗13株


20181110_IMG_5919.JPG

ポットを45cm間隔で並べる


20181110_IMG_5922.JPG

ソラマメの定植完了


20181110_IMG_5923.JPG

左側の白菜の布トンネルを外した


20181110_IMG_5920.JPG

巻きかけてる。冬までに間に合うのかなぁ。


20181110_IMG_5925.JPG

今シーズン初のねぎの収穫。今週は6本だけ。


20181110_IMG_5926.JPG

キャベツは大きくて虫喰いも殆どなくて綺麗

咲いた

20181110_IMG_5929.JPG

Oh・・・ビワの花が咲いてる


20181110_IMG_5928.JPG

ビワの花が咲き始めている

2018年11月11日 Sun

本気菜園

20181111_IMG_5930.JPG

06:00-07:20 昨日の続きでサトイモとニンジンを洗った。黄色いバケツのは「衣かつぎ」で食べる用の小さいサトイモ


20181111_IMG_5932.JPG

09:50 サトイモ表面の水も切れた様なので4階の和室で干す。1階から4階までサトイモを載せたパレットを持って8往復。昨日の収穫で腰が痛い上に太ももまで・・・。和室は物干し部屋になっている。左上の2パレットが先週収穫したサトイモ。左下が脱莢した落花生。右下が来年の種と脱莢を待つ落花生。中央上の8パレットが昨日収穫したサトイモ。


20181111_IMG_5933.JPG

12:20 収穫してから選別して大きく熟した莢だけ乾燥している。大きいのだけを選んだはずなのに乾燥してみると意外とB級の莢が多くてテンションが落ちる。最後のA級の脱莢をする前にB級の作業をやってしまう。莢を割っても大きな豆は少ないのでフラストレーションが溜まる。嫌なことは先にやって大きな莢は最後の楽しみに取っておく。B級のパレットの脱莢後は予想通り大粒の豆は少なかった。左が1級、右が2級のピーナッツ。


20181111_IMG_5945.JPG

13:05 最後の楽しみにとっておいた大きい莢を剥いている。莢を割って大粒の豆がみっちり詰まっていると最高!


20181111_IMG_5947.JPG

こんな大粒の莢は豆も大きくてテンション上げ上げ


20181111_IMG_5942.JPG

こちらが子房柄(しぼうへい)に繋がっている莢の上側


20181111_IMG_5943.JPG

落花生はこっちの莢の下側から割ると縫い目に沿って綺麗に割れる


20181111_IMG_5934.JPG

莢に傷が無く大きくて莢の厚みがあるのに中が黒くなっているのが今年は多い。割って中が黒いとがっくり。ひどいのはカビが生えてる。水分が入っているんだろうけど理由がわからない。莢に傷がついていたらこうなるのもわかるんだけど・・・。


20181111_IMG_5946.JPG

14:20 左が2級・右が1級のピーナッツ。これで脱莢全部終了。あとは4階で数日間乾燥させてから袋詰めする予定。

2018年11月12日 Mon

「堀川町の住宅」

20181112_IMG_5948.JPG

一週間ぶりに現場再開・基礎立ち上がりの型枠返し中

田村からの工事日報

今日の作業
・立上り型枠(返し)建込
 黒川建設 黒川潤
・引込柱用埋設電気配管
 斉藤電工 酒本昭夫
・現場管理
 田村 室田忠芳
明日の作業
・立上り型枠建込
・設備躯体打込み配管

「窒素ガス発生装置上屋」

14:00-16:30
曇り→雨
岡田建設工業→羽咋消防署→岡田建設工業→ステンレス久世現場
・岡田さんにサトイモと冷凍した茹で落花生・宮本さんにサトイモをお裾分け
・岡田さんから柿をいただく
・10.5m×3.6m=37.8uと小さい建物
・羽咋消防署 中本氏・橋本和磨氏と下打ち合わせ。
・ステンレス久世の窒素発生装置上屋の敷地へ杭打ち機が入れるか三谷セキサンと打合せ。

20181112_IMG_5956.JPG

以前、基礎の設計をした水素発生装置ができてる。水素ホルダーがちょっとカッコいい。


20181112_IMG_5964.JPG

この場所に窒素発生装置の上屋を建てる予定


20181112_IMG_5966.JPG

岡田さんに柿をいただいた

2018年11月13日 Tue

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

今日の作業
・立上り型枠(返し)建込
 黒川建設 黒川潤
・設備躯体配管仕込み
 杉山設備工業 酒本武司・藤原真人
・現場管理
 田村 室田忠芳
明日の予定
・引込鉄骨・柱脚鉄骨建方
・電気躯体配管仕込み
・床暖スリーブ入れ

2018年11月14日 Wed

「堀川町の住宅」

20181114_IMG_5968.JPG

引きこみ柱が建った


20181114_IMG_5970.JPG

アプローチの柱脚の鉄骨が据付られた


20181114_IMG_5969.JPG

浴室へ防水貫通する床暖房のさや管

田村からの工事日報

今日の作業
・引込柱・柱脚鉄骨建方
 IK工業 夷藤和也・高道陽一郎
・電気躯体配管
 斉藤電工 斉藤淳一・酒本昭夫
・床暖躯体配管
 キーサン 北村卓也
・現場管理
 田村 室田忠芳
明日の予定
・電気躯体配管
・アプローチ・引込柱基礎配筋

2018年11月15日 Thu

「堀川町の住宅」

20181115_IMG_5973.JPG

引き込み柱の基礎の配筋中。引き込み柱の基礎は転倒防止の為の重りの役目。


20181115_IMG_5972.JPG

アプローチ柱脚部が回転しない様にコンクリートで根巻きするためH-150×150を鉄筋で巻く。この立ち上がっている角パイプに木の柱を突っ込んでボルト留めすることで、柱脚を「ピン」ではなく「剛」に近くしてブレースを省いている。

田村からの工事日報

平成30年11月15日(木)
天候 

本日の作業
現場管理
 (株)田村 室田忠芳
・アプローチ柱脚立上り配筋
・引込柱基礎配筋
  (有)茂古沼鉄筋 茂古沼祐次
・立上り型枠建込み
  (有)黒川建設 宮田公司

2018年11月16日 Fri

「堀川町の住宅」

14:20-15:30
くもり
田村氏来所

餅つき

10/25に搗いた餅がなくなったので

18:30 (11/15)米研ぎ2升
09:00 1回目水切り(研ぎから14.5時間)
09:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
09:50 2回目水切り
09:58 1回目蒸し上がり
10:00 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
10:14 1回目つき上がり
10:20 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆220cc)
10:47 2回目蒸し上がり
10:50 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
11:10 2回目つき上がり
11:25 後片付け終了
16:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから5時間)
22:30 (11/17)つき上がりから35時間後「もち切り」で切る

2018年11月17日 Sat

今日も雨

06:00-14:30
雨→くもり

20181117_IMG_5977.JPG

駒渡ポケットパーク前の温度計は8℃。秋になってから毎回雨だ。畑に行くまでに道路の温度計は3ヶ所かある。温度は点滅しているので写真を撮っても文字が見えないことが多い上ぶれていたりする。写りの良いのを載せているので場所を固定できない。だいたいの温度は同じ違っても1℃。


20181117_IMG_5979.JPG

ネギは12月に入ってから本格的に収穫するつもり。うちにはまだ先週持って帰ったのが残ってる。


20181117_IMG_5982.JPG

このジャガイモは種芋を買ったのに2株しか芽が出なかった


20181117_IMG_5983.JPG

インカのめざめは先週芽が出た。遅すぎるわ。多分収穫できない。


20181117_IMG_5984.JPG

ニンニクはOK


20181117_IMG_5985.JPG

ニンジンは今年最後の日に収穫予定。だいたい4月までもつ。


20181117_IMG_5988.JPG

アーティチョークは好き放題伸びてる


20181117_IMG_6007.JPG

ビワは花は咲くけど実がならない。冬が寒いのが原因。金沢だと実がつくのに・・・。暖冬であることを祈ろう。


20181117_IMG_5990.JPG

雨が降っているので07/28に収穫して09/15に脱穀しておいたホワイトマスタードをフルイに掛ける。


20181117_IMG_5991.JPG

2枚のフルイで何回も振るってここまでになった。バケツの中は莢とか茎とか。ビニール袋に入れて持って帰り細かいフルイで砂を落とす。その後天気の良い日が続くときに水洗いして干す。なかなか食べられるようにするまでは大変なのだ(作業工程はゴマと殆ど同じ)。でも自作のマスタードは美味しいし頑張る。


20181117_IMG_5980.JPG

おおっ!太くなってる。


20181117_IMG_5993.JPG

えぇぇっ?太短かすぎる。おでん用ダイコンって種だったけど。


20181117_IMG_5989.JPG

キャベツ2株とソラマメ6株を定植する


20181117_IMG_5996.JPG

ソラマメは先週定植したのが14株。今日定植したのが6株。だいたい45cmピッチで1畝(9mくらい)20株。畑はぐしょぐしょで歩くと長靴のそこに土がついてどんどん背が高くなっていく。


20181117_IMG_5994.JPG

雨があがったので白菜の布トンネルを整理していたら豊作さんの奥さんが来て「巻いてないねぇ。うちの持ってく?」と。一緒に話しながら豊作さんちに歩いて行く。


20181117_IMG_6004.JPG

綺麗そうなのを・・・って選んでくれてる。今年で前区長さんの松本さんが田んぼを止めた。近くの竹中さんが亡くなった。田んぼを止めても草ぼうぼうにするのは嫌・・・それで両者から頼まれてその田んぼも豊作さんがやることになったらしい。今朝畑に向かうとき大豆の収穫が終わった豊作さんの畑の一角に新しいハウスの骨組みが建っているのを見て、「あぁ、松本さんとこの田んぼの苗用か・・・」と思ったんだと奥さんに言ったら、松本さんのだけじゃなくて竹中さんのも頼まれてこれまでの1.5倍の面積になってどうしようか困ってると・・・。手が増えないのに仕事量が1.5倍になるってかなり大変だろう。この細谷地区では40代の下が小学生らしい。その40代の上は60代が数人、殆どが70歳以上らしい。


20181117_IMG_6009.JPG

豊作さんの奥さん作の白菜2個ゲット


20181117_IMG_6014.JPG

草刈り機のチップソーを留めるボルトとボス(二週間くらい前に買ってきたヤツ)。ボスの縁はボルト頭より少し出ていて地面からボルト頭を保護している。


20181117_IMG_6012.JPG

地面に擦れてボスの縁が無くなってる。その上ボルト頭まですり減ってレンチで回せなくなってしまっていた。ちゃんと点検しておかないとダメだよね。で、お隣の畠田さんに泣きついてサンダーでボルト頭を平行に削って貰いようやく取り外すことができた。これの元の姿が上の写真って想像できないよね。


20181117_IMG_6010.JPG

原木から出たナメコ


20181117_IMG_6015.JPG

洗ったナメコ。少なく見えるけどかさが大きくてすごい量がある。

2018年11月18日 Sun

本気菜園

  • 眞理ちゃんに落花生とお餅・サトイモをお裾分け。昨年はもっといろいろ送ったのだが今年は種類も量も少なくて悲しい。来年の出来はどうなるんだろう。
20181118_IMG_6018.JPG

サトイモと落花生の整理。洗って乾燥させていたサトイモを箱に入れ2階の事務所のファンヒーター近くに保管。洗って干していた落花生は莢から出した状態で11/11から1週間再乾燥していた。最後に日に当ててから袋詰めした。左下がC級・左上がB級・右の2.1袋がA級。昨年はA級が6袋も穫れていたのに・・・。なんとなく今年は少なかったなぁと思っていたんだけど1/3か・・・。その分茹で落花生は沢山食べられたのでよしとするか。

来所

17:00-21:00
沼津の鈴木克己氏来所
梅みづきで食事してからうちでお茶

鈴木氏とは大高事務所時代に南大沢の現場で一緒に仕事をした。
鋳鋼の柱の発注先だった。

20181119_IMG_6020.JPG

ワサビ漬をいただいた。右のワサビすごく大きい。

2018年11月19日 Mon

鈴木さんと

07:25-13:10
鈴木さんの会社が納めている金網について石川動物園と打ち合わせするとのことで運転手
東横INN金沢駅東口→石川動物園→石川県庁→粉太製麺→金沢駅西口

20181119_IMG_6025.JPG

動物園って行くことないよなぁ


20181119_IMG_6026.JPG

園路の法面に自然石に描いた動物の顔が並んでた


20181119_IMG_6027.JPG

オオハシ


20181119_IMG_6028.JPG

トラとサル?


20181119_IMG_6029.JPG

石川動物園のマンホール蓋


20181119_IMG_6030.JPG

ホワイトタイガーは大きかった


20181119_IMG_6038.JPG

カピバラはお湯の中でじっと動かない


20181119_IMG_6047.JPG

朱鷺が4羽いるトキ里山館。この施設に10億5千万円かかっているそうで・・・。エサのドジョウは近江町から、ミルワームは手取フィッシュランドから取り寄せているらしい。ネットは25mm目くらいだったと思うが鳥インフルエンザ防止の為に張ってあるとのこと。


20181119_IMG_6054.JPG

この時期は羽が生え替わったあとで羽を広げた内側が鴇色で綺麗だとのこと。でも動かないから見られなかった。なんとなく透けているのがトキ色。

2018年11月20日 Tue

本気菜園

IMG_6056.JPG

今日は天気が良いので11/17に畑でフルイに掛けて持ち帰ったホワイトマスタードを綺麗にする。まずはゴマの選別で使ってる細かい目のSUSネットで砂や小さいゴミを落とす。


IMG_6058.JPG

フルイと細かい目のSUSネットで除けられた砂やゴミ


IMG_6059.JPG

水洗いする。水面に浮いたのは未熟で中身の詰まっていない種や莢の破片などの軽いもの。浮いたのは全部捨てる。


IMG_6062.JPG

粗方の浮いたゴミを取った後は、何度も水を替えてバケツを斜めにしてゴミを洗い流す。持ち帰った収穫物の量はどんどん減っていく。


IMG_6063.JPG

茶漉しでバケツの底に残ったホワイトマスタードの種を新聞紙の上にひろげた日本手拭いの上で干す。時間が掛かると芽が出るので最初はファンヒーターの前で手拭いの下に敷いた新聞紙を取替ながら一気に水分を取る。


IMG_6065.JPG

ホワイトマスタードは濡れるとちょっとぬるぬるになるので指にくっついて取りにくいのだがある程度乾くとくっつかなくなってくる。それくらいの乾き具合になったら手拭いを替えてあとは自然乾燥させる。

20181120_IMG_6066.JPG

ファンヒータの前で乾かしながら和泉が取ったゴミ


20181120_IMG_6068.JPG

ようやく落花生とサトイモを片付けて綺麗に掃除した4階の和室にまたパレットを持っていく。もう乾燥部屋になってしまってる。

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月20日(火)
天候 曇り一時雨

本日の作業
・紙ボイドテープはがし
  (株)田村 室田忠芳

2018年11月21日 Wed

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月21日(水)
天候 晴

本日の作業
・立上り配管部溶接金網入れ
  (株)田村 室田忠芳
明日の予定
・立上り型枠固め
・アプローチ引込柱型枠建込み

本気菜園

20181121_IMG_6069.JPG

今日もホワイトマスタードの種を陽に当てて乾燥


20181121_IMG_6072.JPG

乾燥したので漏斗で550mlのペットボトルに入れる。ブラックマスタードと混ぜてマスタードを作るからこれだけでも我が家で消費する1年分以上の量がある。

2018年11月22日 Thu

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月22日(木)
天候 雨

本日の作業
・現場管理
  (株)田村 室田忠芳
・立上り型枠固め
  黒川建設 黒川潤
・プレカット材納入前シッケンズ塗装開始
  於金沢木材協同組合 倉庫
  (有)酒野塗装店 1名+タイの実習生3名
明日の予定
・アプローチ柱脚、引込柱基礎型枠建込み

2018年11月23日 Fri

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月23日(金)
天候 雨のち晴れ

本日の作業
・現場管理
  (株)田村 室田忠芳
・アプローチ柱脚、引込柱基礎型枠建込み
  黒川建設 黒川潤・山崎哲雄・宮田公司
・プレカット材納入前シッケンズ塗装
  於金沢木材協同組合 倉庫
  (有)酒野塗装店  
明日の予定
・立上り配管テンプレートセット

2018年11月24日 Sat

今年最後の草刈り

06:20-17:00
雨→くもり
また雨である。強力な雨男である。

20181124_IMG_6073.JPG

桜峠手前の「当目/とうめ」の温度計は3℃。次回はタイヤ替えておかなくては。


20181124_IMG_6080.JPG

パセリの苗を9株定植


20181124_IMG_6081.JPG

ソラマメを3株追加で定植。冬の間左側からの風が強いので苗の左側の土を盛っておいた。気休めだけど。


20181124_IMG_6082.JPG

来週来られないのでネギを半分収穫する。汚い葉を切り落として一皮剥いて綺麗になったのを持って帰る。


20181124_IMG_6083.JPG

綺麗になったネギ


20181124_IMG_6084.JPG

残りは21本


20181124_IMG_6087.JPG

切ったネギの葉と剥いた皮。このままにして置いても冬の間に無くなる。


20181124_IMG_6085.JPG

包んでねぎの収穫完了


20181124_IMG_6088.JPG

今年最後の草刈りをするぞ!


20181124_IMG_6090.JPG

雨で濡れているので刈った草はそのままにしておく。集めてももうこの季節じゃ燃やせないし。


20181124_IMG_6095.JPG

新しい畑の道路側も綺麗にしておく


20181124_IMG_6096.JPG

草刈り終了。今日は燃料タンクを3回分も草を刈った。3日分の草刈りをやったわけで腰が痛い。草刈りは腰を捻り続けるので腰に悪いのだ。


20181124_IMG_6097.JPG

収穫したニンジン。今回のはまだましな形だ。でも売っているような綺麗な形にはならない。


20181124_IMG_6099.JPG

畠田さんから白菜と柿の差し入れ


20181124_IMG_6101.JPG

持って帰ったネギをプランターに突っ込んで束植えしておく。


20181124_IMG_6102.JPG

洗ったニンジンとナメコ。ナメコ最高!

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月24日(土)
天候 晴

本日の作業
・現場管理
  (株)田村 室田忠芳
・立上り配管テンプレートセット
  太陽興産(株) 貞原浩之
  (株)鍋谷宅建 坂下正一
・墨出し
  大橋工ム店 大橋敏夫・山本菊雄
明日の予定
・現場作業ナシ
明後日の予定
・アンカーボルトレベル調整
・立上り型枠社内自主検査

2018年11月25日 Sun

本気菜園

20181125_IMG_6110.JPG

パセリの苗を中ポットに植え直し


20181125_IMG_6109.JPG

昨日収穫して束植えしたネギを2階の玄関に・・・腰が痛い

タイヤ交換

07:00-08:30
晴れ
261,823km
タイヤ交換→内灘までぐるっと一回り→増し締め→タイヤを洗って干す
内灘までの往復で時間がとられて人通りも多くなってきたので洗車は次回にする。

20181125_IMG_6103.JPG

実家横の道路で交換するしかないので寒いけど早朝に作業する


20181125_IMG_6108.JPG

タイヤを綺麗に洗って干す


20181125_IMG_6106.JPG

夏タイヤはスリップサインが近づいているしパターンがすり減ってる。来年交換だ。

2018年11月26日 Mon

「堀川町の住宅」

田村からの工事日報

平成30年11月26日(月)
天候 晴

本日の作業
・アプローチ柱脚配筋自主検査
・引込柱配筋自主検査
・アンカーボルトレベル
・立上り型枠社内自主検査
   (株)田村 室田忠芳
明日の予定
・コンクリート打設前型枠検査
・指摘事項手直し

2018年11月27日 Tue

「堀川町の住宅」

08:50-10:05
晴れ
型枠検査
電気屋は全然施工図を描かない。仕方なく私が基礎打込みの電気配管の立ち上がり位置の図面を描いた。それが9月のこと。型枠検査していると知らぬ位置に電気配管が2本追加されている。基礎の隅角部なので配管の立ち上がり位置を避けていた場所に勝手に追加している。型枠検査時に私が気付かないとでも思っていたのか?

建築の担当者が来てからまともに管理をしていないために何度も現場がストップしている。そのうえ大切なことを報告しないで勝手に進めるのにはホントに困っている。現場に行くのが大好きな私がこの数週間現場に行く気もしないくらいで・・・。検査だから仕方なく現場に行ったら勝手に変えて作っているんだからそりゃ怒るわ。

13:45
勝手に追加されていた電気の配管2本は11/01にルートを変更して配管を減らした指示が建築から電気に連絡していなかったのが原因らしい。

15:20-16:30
型枠検査の続き
鉄筋の被りが足りない部分が多い。
一切自社検査していない感じ。

田村からの工事日報

平成30年11月27日(火)
天候 晴

本日の作業
09:00〜10:30
・コンクリート打設前型枠検査
15:30〜16:30
・コンクリート打設前型枠検査
明日の予定
・コンクリート打設前に指摘事項の手直し
・基礎立上りコンクリート打設

2018年11月28日 Wed

「窒素ガス発生装置上屋」

13:58-15:55
くもり
確認申請書類が揃ったので建て主の印鑑をもらうため岡田建設工業へ届ける

本気菜園

15:55-16:15
くもり
ホームセンタームサシ
畑で使っている長靴が水漏れするようになったので新調した。

20181128_IMG_6167.JPG

ULTRA LIGHT BOOTS カバー付軽量ゴム長靴カップインソール入・輸入販売アークランドサカモト・中国製・XL・1980円・現在使っている長靴は重いので軽いのを選んだ。価格もいつもの半額くらいだから一年もてばいいか。

「堀川町の住宅」

08:15-11:30
くもり
◇基礎立ち上がりコンクリート打設
  • 当初の打設予定が10/30→11/01→11/16→11/28とどんどん遅れてようやく今日コンクリート打ち。この現場では工程表はお飾り。
  • アプローチ基礎の被りを修正したと聞いたが現場を見てみると被りが足りないので内型枠を解体して被りをとってもらう。アプローチのコンクリート打設を最後にして型枠を手直しする間に本体のコンクリートを打設する。
  • 引き込み柱の型枠は道路側底側のセパがちゃんととれていないとのことなので、1/3くらい入れてから試験用のコンクリートを採取し、その後本体の立ち上がりを打設。その後引き込み柱の残りを打設しアプローチ基礎の打設へ。Y1・X3-X4のアプローチ側を最後に打つ
  • 2.3+2.3+2.3+2.0=8.90㎥打設 

◇コンクリート打設後にアプローチ鉄骨角パイプに水抜き穴があけられ
 ていないことに気付く。
 →11:36に田村氏へ連絡。宇野製作所の西尾氏と対処方法を検討して貰う。
 →対処方法案
  • 長穴では無く丸穴に変更して現場で穴明けする←OK
  • ドリルを指定位置で滑らず穴明けするためにアトラスエースLO-3550Aという機械を使う。マグネットで固定するのでずれないとのこと←OK
  • 穴の小口の塗装はROVALではなくZRCを使用する。HDZ55(550g/u)と同等の防食性能らしい。でもROVALも同じ事を書いているけど錆びるんだよね。←保留
いや〜問題だらけの現場で精気が吸い取られるわ〜。

20181128_IMG_6114.JPG

生コン車1台目の伝票・08:03発08:34着・2.3㎥・30-15-25N


20181128_IMG_6115.JPG

アプローチ部分の鉄筋被りが足りないので内側の型枠をバラしてコンクリート断面を増やして対処。地中で見えないからこれでOK。打設する前日にはこういうことは終わらせておいて欲しいものだ。


20181128_IMG_6116.JPG

ポンプ車からのモルタル入りの最初のコンクリートは強度ではなく重さが必要な引き込み柱基礎に入れる。普通に設計監理を依頼された場合、建て主は技術者ではないので幾ら説明しても「シャバシャバ」のコンクリートを入れたという事実を気持ち悪く思うはずなのでモルタル入りのコンクリートは捨てる。でも私の自宅であり設計者兼監理者兼建て主が納得しているのでOK。これはまだコンクリート打設が始まっているわけではなくあくまでモルタル入りのコンクリートを捨てている状態。


20181128_IMG_6118.JPG

道路側の下部はセパが入らない(道路に近く掘ると崩れるので)ので1/3くらいコンクリートを入れたあとコンクリートの受け入れ試験をする。


20181128_IMG_6119.JPG

建物本体の立ち上がりを打設する前に筒先からコンクリートを採取して受け入れ試験をする。この試験が終わるまではコンクリート打設は始まらない。職人さん達は試験が終わるのをじっと待ってる。スランプ試験中。試験者は福岡晴人氏。


20181128_IMG_6120.JPG

コンクリート中の空気量試験中


20181128_IMG_6123.JPG

スランプ16.5cm・空気量4.4%・コンクリート温度17℃。気温16℃


20181128_IMG_6125.JPG

コンクリート受け入れ試験が終わったので本体の基礎立ち上がりの打設開始。


20181128_IMG_6126.JPG

型枠大工の黒川さんは一度バラした型枠を組み立てて固め中


20181128_IMG_6128.JPG

採取するテストピースは1週3本+4週3本+現場気中4週3本+型枠脱型用3本


20181128_IMG_6133.JPG

コンクリート中の塩分量を測定するカンタブの換算表とカンタブ


20181128_IMG_6137.JPG

受け入れ時の全部の試験が終了した写真


20181128_IMG_6153.JPG

基礎立ち上がり部に打ち込まれる電気や設備の配管とそれを指定位置に固定するテンプレート


20181128_IMG_6154.JPG

水平方向に通っているピンク色の管は浴室への床暖房用。左側で立ち上がっているベージュの管が電気配管。立ち上がっている管の周りを溶接金網で補強している。


20181128_IMG_6161.JPG

建物本体の基礎立ち上がり部の打設が終わったので引き込み柱の残りを打設する


20181128_IMG_6162.JPG

引き込み柱の基礎コンクリート(倒れ止めの重り)の打設終了


20181128_IMG_6166.JPG

アプローチ部分のコンクリート打設が終わる寸前。この写真を撮っていて手前の角鋼の下に水抜き穴があいていないのに気付いた。コンクリート打っちゃってるし・・・。ここまで来てぶちこわせとも言えないし・・・。この事実にすごく憂鬱なんだけど「お客さんの建物じゃなくて良かった」って胸をなで下ろしている自分がいる。

田村からの工事日報

平成30年11月28日(水)
天候 曇

本日の作業

・現場管理
  (株)田村 室田忠芳
・鉄筋かぶり修正
  (有)黒川建設 黒川潤
   太陽興産(株) 貞原浩之
・基礎立上りコンクリート打設
  土工 (有)まどか 切中勝巳・山黒新一
      タマツフィールド3 永谷幸輝・野崎英輔
         太陽興産(株) 貞原浩之
  ポンプ工 石川圧送センター(株) 沢上秀人・沢上優作
  生コン試験 桜井生コンクリート(株)福岡晴人
  打設相番 斎藤電工 酒本昭夫
       杉山設備工業(株)上保貴志
       (有)黒川建設 黒川潤
・Jパネル納入前塗装
 於金沢木材協同組合 倉庫
  (有)酒野塗装店 徳井文哉・チャン・ミン・タン
明日の予定
・現場作業 予定ナシ
・Jパネル納入前塗装

2018年11月29日 Thu

「堀川町の住宅」

08:50-09:20
晴れ
散水養生

09:30-10:00
田村氏来所
給排水の申込書に印鑑

20181129_IMG_6187.JPG

昨日打設したコンクリートに散水養生中。コンクリート強度の初期発現時には乾燥は大敵。湿潤状態を保つのが良い。田村の担当者は「散水養生」って言葉も知らないだろうし、知っていてもやるはずもないので自分で散水する。多分今日はのんびりしているんだろうね。現場は専任らしいんだけど一体何をしているんだろ?


20181129_IMG_6171.JPG

浴室のサッシュを溶接する為のサッシュアンカー


20181129_IMG_6170.JPG

サッシュアンカーは「アヒル」と呼ばれる


20181129_IMG_6172.JPG

左の太く飛び出ているのがホールダウン金物用(柱が抜けないように留める金物)のM16。右の低いのが土台を基礎に留めるアンカーボルトM12。

15:40-16:05
くもり
散水養生

20181129_IMG_6203.JPG

自分で散水

田村からの工事日報

平成30年11月29日(木)
天候 晴

本日の作業
・Jパネル納入前塗装
  (於金沢木材協同組合 倉庫)
  (有)酒野塗装店 徳井文哉・チャン・ミン・タン
明日の予定
・現場作業 予定ナシ
・ベースコンクリート4週圧縮試験

ワイパーゴムの交換

20181129_IMG_6168.JPG

BOSCHワイパー替えゴム・Aerotwin Multi用AMR-45。前回交換したのは2016/11/29(218,725m)。2年もったのか・・・例年なら1年しかもたないのに。261、946km。

迷惑

20181102_IMG_5818.JPG

写真は以前のものだけど・・・右側の細い道に面したその後ろの家(手前を解体して焦げ茶色の板金の外壁になった家)の前に看板が掛けられていた。住宅を用途変更してゲストハウスにするらしい。建築主は兵庫県で来年1/10から工事すると書いてある。この細い道はこれまで住んでいる人しか通らなかったけど今後は不特定多数が入ってくるってことか。治安が悪くなるな。近所の人は憂鬱そうに嫌だねぇと話していた。こういう施設は近隣住民には何のメリットも無くデメリットしかないんだよな。

解体中だ!

20181129streetview.jpg

先日沼津の鈴木さんが仕事で金沢に来たときに言われて知ったのだがストリートビューを見ると解体中の我が家が写ってる。


20181129-2.jpg

航空写真は解体前のまま

2018年11月30日 Fri

「堀川町の住宅」

08:50-10:00
桜井生コン試験室

27-15-25N ベース
2018/11/02 打設
2018/11/30 4週圧縮試験
試験者 福岡晴人氏

標準養生
1)3.620kg 274kN 34.9N/mm2
2)3.635kg 270kN 34.4N/mm2
3)3.615kg 272kN 34.6N/mm2
平均34.6N/mm2

現場気中
1)3.630kg 295kN 37.6N/mm2
2)3.615kg 286kN 36.4N/mm2
3)3.620kg 274kN 34.9N/mm2
平均36.3N/mm2

現場気中のテストピースは陽の当たらない場所に置き雨がかからないように保管するのだが、ペール缶の中に入れて蓋がない状態だった。私が気付いたのは11/27に現場に落ちている型枠クズなどが多いので自分で掃除したとき。ペール缶の中には雨水が溜まって現場水中養生の状態だった。打設後一ヶ月経つと標準養生と現場気中のテストピースの重量は100g以上違うのが普通。今回のは重さが標準養生と現場気中で変わらないというのは水分量が変わらないということ。水分があると強度が出やすい。今回のデータを見ると現場気中の方が強度が高くなっている。これまで随分前の現場から現場気中のデータを取ってきたのだが今回のベースの4週現場気中圧縮試験のデータは使えない。ちぇっ、使えねぇなぁ。

20181130_IMG_6207.JPG

標準養生のテストピースを養生槽から出す


20181130_IMG_6208.JPG

標準養生のテストピース3本


20181130_IMG_6210.JPG

テストピースの重量測定


20181130_IMG_6212.JPG

標準養生の圧縮試験完了


20181130_IMG_6215.JPG

現場気中の圧縮試験完了。重量を量った時点でデータは使えないとわかったが折角来たので写真を撮ってもらう。田村の担当者は立ち会わない。そんな現場管理者って初めて。生コンの試験室も驚いていた。

11:40-12:10
小雨
金沢木材協同組合 倉庫

20181130_IMG_6220.JPG

羽咋市役所で確認申請を提出したあと金沢木材協同組合の倉庫をのぞいてみた。塗装したJパネルが積み上げられていた。

田村からの工事日報

平成30年11月30日(金)
天候 曇

本日の作業
・なし
明日の予定
・立上り配管テンプレート解体(午前中)
・基礎立上り天端レベラー打ち(午後)

「窒素ガス発生装置上屋」

10:00-11:40
岡田建設工業→北國銀行羽咋支店→羽咋市役所
  • 岡田建設工業で建て主に押印して貰った委任状・確認申請書・建築工事届を受け取る。
  • 北國銀行羽咋支店で県証紙9000円を買うのに35分もかかった。人多すぎ!
  • 羽咋市役所の駐車場で車を停めたら隣が羽咋設備株式会社の樋口裕由樹氏だった。挨拶されて気付いた。
  • 羽咋市役所でチェックリスト・委任状・建築士免許証の写し・確認申請書・建築計画概要書・建築工事届を提出。羽咋市には建築主事がいないので審査は中能登土木事務所(七尾市)でしてもらうことになる。

さかえや旅館

11/30/16:30-12/01/10:10
和泉の友人の入江さんとひらめちゃんが遊びに来てくれたので一緒に「さかえや旅館」泊。部屋は山法師。

20181201_IMG_6232.JPG

八寸の写真を撮ったらあとは食べるのに夢中でこれ以降の写真は無し