2018年03月01日 Thu

代車

北陸マツダ東大通り店
02/04に右前のキャリパーを交換したが他の3ヶ所分は部品の到着待ちだった。ようやく交換作業してもらう。

20180301_IMG_1696.JPG

デミオ(LDA-DJ5FS)1.5Lディーゼル。平成29年12月6日登録の新車だ。走行距離151km。

そろそろ春か?

20180301_IMG_1694.JPG

道路脇の雪は殆ど解けた。今日は台風の様な強風が吹き荒れてる。

磯辺揚げ

20180301_IMG_1700.JPG

12/22に「さかえや旅館」の女将さんにいただいた立派な自然薯で磯辺揚げ・・・もちもちとして海苔とのハーモニーが抜群。2本いただいたのだが1回に1/2本ずつ使って今日が3回目。この皿には3個だけど写真用。1回に18個くらい揚げてもらって二人で思う存分食う。それでももっと食べたくなってしまう程この料理が好き。女将さんごちそうさまです!

SDカード

14:50 ARKでSANDISK「SDSQUAR-064G-GN6MA」を注文
 MicroSDXC
 64GB
 最大転送速度100MB/s
 スピードクラスCLASS10
 2,270円+送料185円=2,455円
19:00 出荷完了メールが届く。速っ!

2018年03月02日 Fri

取替完了

10:15-10:30
244,609km
北陸マツダ東大通り店
左前後・右後のキャリパー交換
114,000円

散髪

10:30-12:40
くもり

ジャガイモ

12:40-12:55
ホームセンタームサシ

20180302_IMG_1705.JPG

ニシユタカを探しに行ったんだけどなかったので十勝こがね1kg458円を買う

SDカード

12:55
外出から帰ったら昨日14:50に注文したSDカードが届いていた

20180302_IMG_1708.JPG

MicroSDXC・64GB

いただいた

18:05
清水さんが「蜜柑(たまみ)を取り寄せたので・・・」と沢山お裾分けに持って来てくれた。ごちそうさま!

20180305_IMG_1781.JPG

いくつか食べてしまったあとになったけど写真を。オレンジの香りがする。

2018年03月03日 Sat

今シーズンの畑作業開始

06:35-15:30
晴れ

20180303_IMG_1710.JPG

いい天気だ。でも気温はマイナスだから気をつけて行く。


20180303_IMG_1720.JPG

桜峠手前の当目の温度計は0℃


20180303_IMG_1733.JPG

珠洲は昨日雪が降った様で道路の中央に雪が残ってる


20180303_IMG_1743.JPG

畑の雪はほとんどなくなってた


20180303_IMG_1766.JPG

軽トラは無事冬を乗り越えたようでよかった。バッテリーは次回つなぐ予定。


20180303_IMG_1752.JPG

気温は低いけど天気がよくてよかった


20180303_IMG_1751.JPG

水溜の桝が凍っていた


20180303_IMG_1736.JPG

赤間田さんの焚き火の煙が10m付近で漂ってる


20180303_IMG_1747.JPG

雪に埋もれたアーティチョーク


20180303_IMG_1748.JPG

ニンニク


20180303_IMG_1749.JPG

ソラマメ


20180303_IMG_1742.JPG

一個残したキャベツは昨年と大きさが変わっていない。昨年収穫したキャベツの最後のやつがまだ半分残っているのでもう少しおいてから収穫する。


20180303_IMG_1753.JPG

あ・・・そういえば毎年竹が雪で折れて倉庫の棟を痛めるんだった。様子を見ておくか・・・。


20180303_IMG_1744.JPG

あれっ、今年は一本も折れていない。あれだけ雪が降ったのになぁ。


20180303_IMG_1741.JPG

ブロッコリーの防鳥網の竹支柱が折れてつぶれてる。まぁ70cm積もったんだから仕方ないよね。


20180303_IMG_1754.JPG

新しい竹に取り替えて復旧完了


20180303_IMG_1755.JPG

一年の間に埋まってしまった素堀側溝を掘る。左側が完了して次は右側。


20180303_IMG_1757.JPG

いいねぇ。ぴしっと線が通ってる。


20180303_IMG_1759.JPG

除雪車が通った跡が砂利だらけになってる。どこから引っ張ってきたのか。草刈りの時に跳ねて危ないので拾っておく。バケツに1/3もあった。


20180303_IMG_1740.JPG

ビワの枝が雪で折れていたので剪定する


20180303_IMG_1761.JPG

手前から奥方向にイチジクの剪定した枝・ビワの剪定した枝・杉の葉や枝をかためて置いておく。乾いたら畑で燃やす。


20180303_IMG_1771.JPG

側溝のコンクリート蓋が土や杉の落ち葉で埋まっていたので掃除。掃除するのは一年に一度だけなんだけど綺麗になるとちょっと嬉しい。


20180303_IMG_1765.JPG

道路向かいの側溝の溜め桝が杉の落ち葉で詰まっていたので掃除しておく


20180303_IMG_1769.JPG

蕗の薹


20180303_IMG_1776.JPG

新しい畑はまだ雪だらけなので次回防鳥網を復旧する


20180305_IMG_1779.JPG

春になって最初の収穫は「ふきのとう」。いつも沢山穫れる納屋の脇は雪で埋まっていて収穫できず。無花果のまわりで少しだけ採れた。

2018年03月05日 Mon

電話

12:00
石井氏から電話
工大の森教授が退官されるそうで慰労会のお知らせ
03/29か03/30とのこと。

2018年03月06日 Tue

手続き

09:45-10:35
ソフトバンク北安江

我が家の携帯電話は最初J-PHONEだった。それが2002年にボーダフォンになり、2006年にソフトバンクに買収された。そんなわけでソフトバンクには何の愛着もないし、どちらかといえば大っ嫌い。
03/06/11:00 DMMに申し込み完了
03/08/10:20 本人確認完了のメール

2018年03月07日 Wed

歯科へ

08:10-09:00
晴れ
右下の型とり

播種

20180307_IMG_1785.JPG

ホワイトマスタードを2粒ずつ40ポットに播種した

2018年03月08日 Thu

電話

11:10
谷口のお母さんから電話。
今年もアスパラの苗が欲しいとのこと。
人気あるなぁ。

2017/04/15 64株
2016/05/07 48株
2015/05/02 34株

これまでに146株もあげているんだが・・・。
うちの畑でも30株程度(新しい畑に昨年20株程度追加で栽培を始めた)の栽培なのに一体どれだけ植えるんだろ。今、作っている苗は63ポットだけど越冬できるのは55ポットくらいかな。今春は30株くらいお裾分けしようか。

スマホケース

03/05/23:02 Amazonでスマホケースとガラスフィルムを注文
03/07/12:24 発送完了メール
03/08/12:10 ゆうメールで受取

20180308_IMG_1794.JPG

Asus ZenFone 4 Max ZC520KL(約23,000円)専用カバーとガラス・全部中国製

2018年03月09日 Fri

歯科へ

08:10-09:15
左上・右下とも終了。

2018年03月11日 Sun

側溝掘り

06:40-14:10
晴れ→雨
朝フロントガラスが凍っていた。

20180311_IMG_1797.JPG

朝やけの中を走る


20180311_IMG_1800.JPG

桜峠手前の当目の温度計は1℃


20180311_IMG_1808.JPG

冬の間外してあったバッテリーを軽トラに取り付けてからロードスターと結んでエンジンを掛ける。なかなか掛からなかったがようやくエンジン始動。ほっとした。しばらく暖機運転してから30分くらい和泉にドライブして貰う。


20180311_IMG_1809.JPG

昨年11/25に定植したキャベツの苗6株×2畝は生き残っていた


20180311_IMG_1810.JPG

ニンニクは先週より元気になってる・・・ような気がする


20180311_IMG_1811.JPG

ソラマメは3株消えて5株が生き残ってる


20180311_IMG_1813.JPG

納屋側のU字溝を掃除する


20180311_IMG_1819.JPG

よしっ!


20180311_IMG_1816.JPG

次はここ


20180311_IMG_1821.JPG

水下側の水の溜まっている部分の土を上げるのは重くてつらい


20180311_IMG_1815-2.JPG

次は道路側


20180311_IMG_1820.JPG

太陽がかげって寒くなってきた。ようやく素堀側溝全部掘り直し完了。


20180311_IMG_1822.JPG

新しい畑のブロッコリーの潰れた防鳥トンネルをなおす。雨が降ってきた。


20180311_IMG_1825.JPG

防鳥トンネル張り直し完了。雑草はもう少し土が乾いてからとる。


20180311_IMG_1827.JPG

シイタケの原木が雪で倒れまくっていたので起こしておく


20180311_IMG_1828.JPG

ホダ木置き場から見た新しい畑。まだ雪が残ってる。


20180311_IMG_1830.JPG

畠田さんにフキノトウ・ニンジン・ダイコンをいただいた


20180311_IMG_1831.JPG

シイタケ2個とフキノトウ(和泉が収穫)


20180313_IMG_1832.JPG

フキノトウの半分は和泉が蕗味噌に。フキノトウの天麩羅が二皿分。残った一皿は冷凍しておいてうどんやソバに入れる。

2018年03月13日 Tue

煎り落花生

20180313_IMG_1833.JPG

煎り始め


20180313_IMG_1834.JPG

30分煎ったあと

2018年03月14日 Wed

スマホ

20180314_IMG_1837.JPG

DMMmobileから和泉用の「ASUS ZenFone 4 Max」とわたし用のsimが届いた

2018年03月15日 Thu

スマホ

20180315_IMG_1846.JPG

ヨドバシ・ドット・コムから「ASUS ZenFone 4 Max」が届いた(私の)

2018年03月17日 Sat

台湾旅行1日目

03/17土曜日(旅行初日)

06:55小松空港
小松07:45 ANA・NH752便10KJ
08:55羽田空港第2旅客ターミナル
国際線旅客ターミナル
有田夫妻とお茶
12:40 ANA・NH853便25KJ

20180317_IMG_0022.JPG

いざ、台湾へ!アクアラインの風の塔を横目に


20180317_IMG_0036.JPG

雲から頭を出している富士山をかすめて


20180317_IMG_0044.JPG

四国の室戸岬をあとにして


20180317_IMG_0056.JPG

台北市上空に到着・・・空港上空は撮影禁止らしい


20180317_IMG_0062.JPG

予定より早く台北松山機場に到着


Screenshot_20180317-215100.jpg

前半の天候は良さそうだけど後半がちょっとイマイチなのか?


Screenshot_20180317-215105.jpg

台中は問題なし。行くのは日曜日だけなんだけど。

松山機場16:15着(予定は16:50着)
 ここから台湾時間(JST-1)

20180317scan-001.jpg

両替(2人で4万円→10610元=3.77円/元)
タクシー130元
MRT雙連
悠遊カード(カード代100元+400元チャージ済み)購入
500元×2枚=1000元
台北車站
02/19に台灣高鐵オンライン予約で申し込んだ03/18の高鐵台北→高鐵台中へ新幹線の往復チケットを自動販売機で受取

 02/19/01:05に予約  
 TR9839323
3/18台北→台中
 予約番号:05628003
 料金総額:$2800
 予約枚数:おとな5枚
 往路列車番号:613(台北 08:21 - 台中 09:23)
 往路車両:標準車両 
 往路座席番号:5車両16A-16E
03/18台中→台北
 予約番号:05633728
 料金総額:$3150
 予約枚数:おとな5枚
 往路列車番号:1570(台中 21:51 - 台北 22:58)
 往路車両:標準車両 
 往路座席番号:5車両13A-13E
(赤)MRT台北車站・淡水行き
MRT雙連(赤)
徒歩6分・450m
18:10着

20180317scan-003.jpg

20180317scan-004.jpg

ホテルのカードキーケース


Deluxe Triple(ダブルベッド+キングベッド・シャワー・バスタブなし)・4泊・39,616円(1人1泊4,952円)・朝食なしで01/13に「agoda」で予約した。ホテルに着くと「Deluxe Double」で予約されているとのこと。03/17から03/21までの4泊全てその部屋しか空いていないらしい。agodaとの交渉は帰国してからにする。

明日03/18は早朝から遅い時間まで台中へ行くため03/19昼食の予約をホテル到着後すぐにフロントでお願いした。
 ・天廚菜館
 ・2018/03/19(星期一)12:00
 ・5人
 ・北平烤鴨(二吃)
 時間と人数は予約されていたが料理内容は予約されていなかった
 ↑
 この時私たちはホテルの担当者と何故予約と違う部屋が用意されているのか交渉中だった。

20180317_IMG_1850.JPG

Deluxe Tripleだとダブルベッドとキングベッドの二つのベッドだったのにDeluxe Doubleだと一つしかないのでどちらかが寝返りを打つと目が覚める。


20180317_IMG_1852.JPG

バスタブなしの水回り。ウォッシュレット使えず、トイレットペーパーの位置がばかにしてる。シャワーの排水イマイチ。武山さん達の部屋も排水がかなり悪かったらしい。

18:20 ホテルで祐クン(東京→16:15 TPE 台北 台湾桃園国際着)と合流

20180317_IMG_1863.JPG

「Via Hotel Loft 雙連館」のロビー。奥の左からお菓子とかコーヒーなどの冷たい飲料・プリンやミネラルウォーターなど・7upやコーラなどを自由にとってどうぞとのこと。


20180317_IMG_1861.JPG

お菓子類


20180317_IMG_1860.JPG

コーヒーメーカーやトースターが並んでいる


20180317_IMG_1859.JPG

プリンやミネラルウォーター


20180317_IMG_1853.JPG

道路脇にスクーターがずらりと駐車されてる。看板も漢字が多くて雰囲気がでてるわ。


20180317scan-002.jpg

20180317_IMG_1856.JPG

京鼎樓の台湾本店で小籠包・空心菜の炒め物・チャーハンなどを食べる。3人で1034元。


ホテルで(武山夫妻 775便 16:40 SDJ仙台 →20:05 TPE台湾桃園国際・A12空港第1ターミナル駅着)と合流。
22:00-23:00 ホテルから歩いて近くの寧夏夜市

20180317_IMG_1865.JPG

人がすごい。臭いもすごい。地元の人は屋台で座って食べてる。ちょっと勇気が出なかった。


20180317_IMG_1869.JPG

臭う臭い鍋・・・って。鼻で息ができない。


20180317_IMG_1873.JPG

中山地下街のシャッター


20180317_IMG_1871.JPG

それぞれのシャッターには絵が描かれている


20180317_IMG_1870.JPG

シャッターの中身は誠品書店


20180318_IMG_1878.JPG

和泉達は冷たいタピオカミルクティーとかを・・・


20180318_IMG_1882.JPG

ジュース屋さんの左隣はホテルの入り口

2018年03月18日 Sun

台湾旅行2日目

03/18日曜日(臺中國家歌劇院・無為草堂・緑光計画・範特喜聚落・宮原眼科)

Via Hotel Loft 雙連館

20180321_IMG_3105.JPG

このホテルは食事なしなのだが、朝は無料でサンドイッチ・トーストなどが用意されている。今朝はそれを朝食とした。飲み物やお菓子も自由に24時間無料。ま、ホテル代にその分は入っているんだけどね。


20180321_IMG_3106.JPG

マフィンの様なのから菓子パンみたいのや食パンまで

ホテル07:30出発→徒歩で雙連駅へ


20180318_IMG_1883.JPG

雙連駅までに交番があってその前に警察のスクーターがずらっと並んでる。白バイならぬ白スク。


20180318_IMG_1884.JPG

僕たちが毎日使う雙連車站の1番出口


20180318_IMG_1885.JPG

双連駅(赤)象山行→MRT3分→(赤)台北車站・台北車站の地上広場


20180318scan-002.jpg

台灣高鐵のチケット


20180318_IMG_1886.JPG

高鐵台北駅・高鐵の改札を抜けて1番月台(1番プラットホーム)へ


20180318_IMG_1889.JPG

これは1本前の08:09発の新幹線

列車番号613 高鐵台北駅08:21→09:23高鐵台中駅
2800元(5人)・5車両16A−5車両16E

高鐵台中駅1階6番出口→11番プラットホーム・バス(161) 10:05→10:45
161系統は高鐵台中駅出発後すぐに高速道路にのるため座席数しか乗車できないので注意が必要
次の「臺中國家歌劇院Tai China Jia Ge Ju Yuan」下車

20180318_IMG_1890.JPG

161系のバスは停留所が少ないのでとても速い。真ん中から降りようとしたら「前から!(多分)」と言われて前から降りた。


20180318_IMG_1893.JPG

変わった形の集合住宅の奥に変わった形のオフィスビルがあったり・・・


20180318_IMG_1903.JPG

同じカメラを持つ人達の撮影会らしい(夏穀n公園)


臺中國家歌劇院 National Taichung Theater

20180318_IMG_1900.JPG

蟻の巣を直方体で地上に取りだして建物にしたって感じのナショナルシアター。伊東豊雄氏の設計で随分前に日経アーキテクチュアに掲載されたときから見たいと思っていた。


20180318_IMG_1907.JPG

ファサードと池


20180318_IMG_1909.JPG

構造や配管・サインなどの試作実物大模型が敷地の隅に展示してあった


20180318_IMG_1912.JPG

反対側


20180318_IMG_1910.JPG

出入り口の左はトラスウォール(網の型枠)がわかる様になってる


20180318_IMG_1913.JPG

溶接金網とラスによる型枠で三次曲面を作っていくのがトラスウォール。これを最初に見たのはつくばの科学博。集英社館が人の顔とかが集まった遺跡の様な外観をトラスウォールで作っていた。それがナショナルシアターに使われるとは・・・。


20180318_IMG_1914.JPG

曲面の躯体の穴をサッシュによって塞ぐ様子


20180318_IMG_1917.JPG

躯体―サッシュのディテール


20180318_IMG_1915.JPG

トラスウォール


20180318_IMG_1918.JPG

開口部をくぐって建物内部側の検討も面白かった


20180318_IMG_1920.JPG

トイレや案内のサイン見本


20180318_IMG_1921.JPG

配管の見本。奥側は配管を曲面に沿って溶接した配管。手前のは数種類の角度が付いたジョイントを使用した配管。設計者側からの提案なのか、それともVE案としての建設会社からの提案なのかはわからない。実際の建物はジョイント使用の配管で設計されているのではないかと思う。


20180318_IMG_1933.JPG

開口部周りの三方枠はテラゾー


20180318_IMG_1934.JPG

左側の竪枠


20180318_IMG_1935.JPG

これは右側の上枠と竪枠


20180318_IMG_1936.JPG

天井を見ると左右で色が違う。左側の方が少しつるつるしていた。左右でテラゾーの調合が違うようだ。


20180318_IMG_1937.JPG

ちょっと右の三方枠の色が濃い。


20180318_IMG_1939.JPG

テラゾーの試作配合表。麗明營造股份有限公司って書いてある


20180318_IMG_1927.JPG

試作状況を見る武山教授


20180318_IMG_1940.JPG

じゃぁ、ファサードからぐるっと一周してみようか


20180318_IMG_1941.JPG

正面右側で建物内部から出た水が北東側まで繋がっていく


20180318_IMG_1944.JPG

北側横べーション


20180318_IMG_1947.JPG

西側の裏べーション。こちらの外構はまだ施工中。


20180318_IMG_1946.JPG

北西の上側はガラスウォールを包む様に曲面庇が出っ張ってきている


20180318_IMG_1953.JPG

裏側の守衛所・・・この逆ラッパ型の柱と屋根は03/20に見学に行く台湾大学辜振甫紀念圖書館(Koo Chen-Fu Memorial Library)のモチーフだ。


20180318_IMG_1956.JPG

屋根の納まりは台湾大学図書館と違って形だけが似ている


20180318_IMG_1957.JPG

南西側の屋外階段


20180318_IMG_1958.JPG

段板の小口を見せた屋外階段。でも階段裏中央に桁があった。桁の無い段板だけの階段はつくったぞ!


20180318_IMG_1958.JPG

上の写真で階段の踊り場付近からテント地の庇が出ている。写真を拡大してみるとその下に立っている白い看板に『吸菸區』と印刷されている。武山教授たち不良おじさん歓喜のたまり場『喫煙コーナー』だったよ。


20180318_IMG_1959.JPG

長方形のガラスに囲まれたエリアの外側にはみ出た形はグリーンになる(画像をクリックすると大きい画像が開く)


20180318_IMG_1961.JPG

南西角のサンクンした屋外劇場


20180318_IMG_1963.JPG

屋外劇場へのアプローチ


20180318_IMG_1969.JPG

南側テラス・・・暑い!


20180318_IMG_1970.JPG

右斜め前方が試作現寸模型


20180318_IMG_1973.JPG

これで外回りを一周した


20180318_IMG_1975.JPG

エントランスから東方向の夏穀n公園方向を見る


20180318_IMG_1977.JPG

池で遊ぶ少年少女


20180318_IMG_1984.JPG

夏穀n公園から国家歌劇院を見る


臺中国家歌劇院(ツアー11:30-12:30)
建物に入れるのは11:30からなので外観を先に見るが暑い
 02/01/13:18に見学を予約(現在見学予約は中国語サイトからのみ)
 名前・パスポート番号・メールアドレス・電話番号・人数などを記入して申し込む
 2018年03月18日(星期日) 11:30定期導覽
 ツアーは中国語のみなので音声ガイド一人120元を借りる

20180318scan-001.jpg

音声ガイド案内図(画像クリックで拡大)


20180318scan-004.jpg

音声ガイド 120元×4=480元


20180318_IMG_2136.JPG

1階案内図


20180318_IMG_1995.JPG

エントランス正面の服務台(インフォメーションカウンター)


20180318_IMG_2162.JPG

インフォメーションカウンターからエントランス方向を見る


20180318_IMG_2163.JPG

カウンターの腰壁ディテール


20180318_IMG_2148.JPG

インフォメーションの車椅子用デスク


20180318_IMG_2117.JPG

インフォメーションの背側の壁サイン


20180318_IMG_2119.JPG

エントランスからチケットカウンター方向(左前方)を見る


20180318_IMG_2121.JPG

壁のサイン


20180318_IMG_2122.JPG

エントランス側からチケットカウンター方向を見る。左奥は大劇場への階段。


20180318_IMG_1986.JPG

チケットカウンター正面


20180318_IMG_1990.JPG

チケットカウンターからエントランス方向を見る


20180318_IMG_1985.JPG

受付カウンター前のベンチ


20180318_IMG_2159.JPG

ベンチのディテール


20180318_IMG_1989.JPG

エントランス方向を見る




20180318_IMG_2131.JPG

1階の水路


20180318_IMG_2141.JPG

水路はぐるっと繋がっていく。左上の妙なでっぱりは2階から5階への階段


20180318_IMG_2137.JPG

水路は屋外へ繋がっていく


20180318_IMG_2150.JPG

奥のガラスボックスは1階から地下へのエレベーターシャフト


20180318_IMG_1991.JPG

トイレのサイン


20180318_IMG_1996.JPG

エレベーターホール入り口。先に上に上がってから降りてくることにした。


20180318_IMG_2164.JPG

1階エレベーターホール


20180318_IMG_2002.JPG

6階 空中花園。藤江和子氏の「花的風」と「風的花」。


20180318_IMG_2008.JPG

ビアガーデンも開かれると言っていたがどこでやるんだろ


20180318_IMG_2010.JPG

曲面・曲線が多いので子どもは楽しそうだった


20180318_IMG_2013.JPG

屋上立ち上がり壁とドレンと照明器具の関係


20180318_IMG_2030.JPG

5階 展示廳(展示ロビー)・画像をクリックで拡大


20180318_IMG_2055.JPG

5階エレベーターホール


20180318_IMG_2044.JPG

5階の雑貨と本屋さん


20180318_IMG_2049.JPG

5階のレストラン


20180318_IMG_2051.JPG

天井の配管はこんな感じ


20180318_IMG_2024.JPG

左がバルコニーで右がトイレ


20180318_IMG_2027.JPG

このバルコニー・・・出てみたいよう!


20180318_IMG_2025.JPG

ドアに鍵がかかっていたのでサッシュから撮影。昔と違って今は大抵電気錠だから勝手に開けるとガードマンが飛んで来そうで怖い。外国だとちょっとしたことで捕まったりするから大人しくしておく。


20180318_IMG_2035.JPG

サッシュと一繋がりになった内部の床と壁


20180318_IMG_2056.JPG

空調吹出口とスプリンクラー(だと思う)


20180318_IMG_2034.JPG

アプローチ広場と夏穀n公園を見る


20180318_IMG_2032.JPG

5階から2階へ降りる階段


20180318_IMG_2099.JPG

5階から降りてくる階段の見上げ


20180318_IMG_2096.JPG

階段をぐるぐる下りてくると2階へ


takeyama2018-03-18 12.24.44.jpg

2階のサイン(画像をクリックで拡大)(武山教授撮影)


20180318_IMG_2068.JPG

2階のエレベーターホール。左手前側が大劇場で右側が中劇場


20180318_IMG_2075.JPG

大劇場ホワイエからエレベーターを囲みながら1階へ降りる階段


20180318_IMG_2130.JPG

大劇場ホワイエから1階への階段


20180318_IMG_2083.JPG

大劇場ホワイエ


20180318_IMG_2070.JPG

トイレ入り口


20180318_IMG_2078.JPG

トイレからホワイエまでのうねった廊下


20180318_IMG_2093.JPG

中劇場ホワイエから階段方向を見る


20180318_IMG_2091.JPG

中劇場ホワイエ


20180318_IMG_2088.JPG

1階からの階段を上がった中劇場ホワイエ


20180318_IMG_2095.JPG

中劇場ホワイエの階段側壁とカウンター


20180318_IMG_2104.JPG

中劇場から1階へ下りる階段


20180318_IMG_2106.JPG

中劇場から1階へ下りる階段


20180318_IMG_2111.JPG

1階から中劇場への階段


20180318_IMG_2118.JPG

1階から中劇場への階段


20180318_IMG_2113.JPG

地下 小劇場。正面は1階への階段。右が小劇場ホワイエ。
タクシー・2.0km・125元
13:00-14:05
建物がすごくよかった

20180318_IMG_2248.JPG

横断歩道を渡った先が「無為草堂」の門


20180318_IMG_2167.JPG

交差点に面している中華系らしい門を入る


20180318_IMG_2169.JPG

水路があって石橋が架かっている


20180318_IMG_2170.JPG

橋の左側


20180318_IMG_2171.JPG

橋の右側


20180318_IMG_2242.JPG

門の見返り。交差点が見える。


20180318_IMG_2172.JPG

エントランス見返り


20180318scan-006.jpg

20180318scan-003.jpg

無為草堂のネームカード


20180318_IMG_2176.JPG

母家から渡り廊下や建物が池を囲んでいて、それぞれの部屋だったり、小上がりだったり廊下の膨らみだったりで食事をする。


20180318_IMG_2183.JPG

池を囲む回廊


20180318_IMG_2215.JPG

左上のベランダに行きたいんだけど・・・


20180318_IMG_2194.JPG

普段は料理の写真は撮らないんだけど、ここは個室だったので全員分を撮影した。私と治子さんが客家橙汁燻鴨套餐 250元・・・これは美味しい。左上のダイコンのスープはちょっと味が薄すぎる様な気がするけど鴨は美味しかった。畳の上でテーブルを囲んでとる昼食は日本で食べている様な感じだった。


20180318_IMG_2192.JPG

精緻紅焼牛腩套餐 280元


20180318_IMG_2195.JPG

祐クンが香煎檸檬鮭魚套餐 280元


20180318_IMG_2196.JPG

武山教授が特選蒲焼鰻魚套餐 320元・・・彼はすごく楽しみにしていた。何せ「特選」だから。でも、何かが違った様で彼によると「なまず的な・・・まずいわけではないんだが・・・」で、とってもがっかりしていた。


20180318_IMG_2197.JPG

食事が済んだので建物の探検にでかける。池の周りの回廊。


20180318_IMG_2199.JPG

やっぱり2階のベランダに行きたい。お願いしてみることにした。


20180318_IMG_2208.JPG

女性が写真を撮りあってる


20180318_IMG_2221.JPG

フロントの女性に2階の写真を撮りたいんだがとお願いしてみたら「ゆっくりどうぞ」的な感じで許してもらえたのでいそいそと2階へ。階段を上がると屋根のあるテラス的な屋外空間。ここでも食べられるんだろうね。テーブルの向こうのいくつかの小上がりの間の通路を通ってベランダに行く。


20180318_IMG_2238.JPG

階段を振り返る


20180318_IMG_2224.JPG

上の写真の右奥へ行くとブリッジ的な2階回廊


20180318_IMG_2235.JPG

ベランダからさっきのテラス的な屋外空間を見る。緑の向こう側。


20180318_IMG_2234.JPG

ベランダでは私の背中側で一組が食事をしていた。右奥がブリッジ的な回廊。


20180318_IMG_2231.JPG

池に飛び出た女性が写真を撮り合っていた四阿的な方を見る


20180318_IMG_2241.JPG

1階玄関の外部には離れもあるようだ


20180318scan-005.jpg

無為草堂レシート 1518元


20180318_IMG_2257.JPG

バスで移動。バスは前から降りるのか真ん中から降りるのかで悩む(高鐵台中駅から国家歌劇院までのバスは前乗り・前降りだった)。他の人がどう降りるかを観察して真ん中から降りる。14:25 勤美術館。公園にある屋外展示の美術館らしい。


20180318_IMG_2255.JPG

屋外彫刻的なのがあったり


20180318_IMG_2259.JPG

すり鉢状のグリーンだったり


20180318_IMG_2261.JPG

現代アートだったり


20180318_IMG_2262.JPG

こういうのはあまり好きじゃないけど。まぁ、芸術だから好きにすればいいけど。


20180318_IMG_2265.JPG

隣に誠品書店の「誠品拷道」というデパートがあった


20180318_IMG_2266.JPG

ビルを緑化っぽくして「緑園道」というのか・・・


20180318_IMG_2270.JPG

ま、デパートです。


20180318_IMG_2269.JPG

武山氏はランチの味が気にくわない様でフライドチキンでリセットだって


20180318_IMG_2271.JPG

草悟道(公園・市民広場)という名前の公園



20180318_IMG_2272.JPG

お祭りか?っていうほど人がいる


20180318_IMG_2276.JPG

どこから集まってきているんだろう


20180318_IMG_2277.JPG

公園脇には木のデッキが張ってある


20180318_IMG_2279.JPG

右のデッキにはずらっと腰を下ろして食べたりスマホいじったり



20180318_IMG_2281.JPG

テントを張っているヤツもいるし結構好き放題


20180318_IMG_2285.JPG

ベンチにも人がすずなり


20180318_IMG_2283.JPG

市民広場。右の走ってきたおっさんは斜め腕立てを始めた。


20180318_IMG_2287.JPG

緑光計画・範特喜聚落までちょっと歩く


20180318_IMG_2293.JPG

中華系は赤が多いし好きだよね


20180318_IMG_2297.JPG

麺屋さんのメニューだと思う。赤い札が貼ってある。


20180318_IMG_2300.JPG

お茶屋さん。赤いのれん


20180318_IMG_2302.JPG

15:23-15:45 緑光計画・範特喜聚落。通り沿いのリノベーション。植物の緑と2階のバルコニーと中庭でいい感じをかもしだしてる。


20180318_IMG_2303.JPG

ビール屋さん。バルコニーの上から外人さんがアジアの雰囲気を楽しんでる


20180318_IMG_2307.JPG

ビール屋さんの入り口。緑の壁の裏が2階へ上がる階段。


20180318_IMG_2306.JPG

階段の段板の下から水を落として涼しげさを街に提供してる


20180318_IMG_2343.JPG

階段の裏側


20180318_IMG_2344.JPG

水盤があって、階段裏からは水がちょぼちょぼ落ちていてその音が涼しげ。


20180318_IMG_2347.JPG

階段の下にはベンチがあって不良おじさんがタバコを吸う場所になってる


20180318_IMG_2345.JPG

ベンチの脚のH鋼が顔を出して木と面一になってる好きなデザイン


20180318_IMG_2348.JPG

ベンチに座っていると隣で撮影タイム。こちらの人は写真に写るのが大好きみたい。


20180318_IMG_2316.JPG

上の写真の階段と反対側にある階段。段毎にプランターがおいてある。


20180318_IMG_2315.JPG

階段を上って進むと


20180318_IMG_2310.jpg

さっきの外人さんが観光客を眺めながらビールを飲んでた。お互いに嬉しそうに「hi」って挨拶。


20180318_IMG_2318.JPG

中庭への入り口と看板がそれぞれ工夫してあって楽しい。夜はちかちかしているんだろうね。


20180318_IMG_2319.JPG

庇が出ているのが良いと思う


20180318_IMG_2321.JPG

看板と植物と枕木の様な木のデッキ


20180318_IMG_2322.jpg

道路においた2枚の石の板が効いてる。アメリカンがやってる店なん?そこたらじゅう星条旗。


20180318_IMG_2324.JPG

屋台みたいのや緑とレンガが雰囲気を出してる


20180318_IMG_2325.JPG

緑・緑してるといい感じだね。株立ちの木もいい。


20180318_IMG_2330.JPG

珍しくスクーターじゃないオートバイを見た


20180318_IMG_2332.JPG

奥のベンチを撮影しようかと入った


20180318_IMG_2350.JPG

女の子が座ったのにカメラを構えるとわざわざ立ち上がってくれた。ごめんよ。座ってくれていた方が絵になったんだけど。


20180318_IMG_2353.JPG

壁の開口部の向こうに階段があるんだけど・・・


20180318_IMG_2357.JPG

アンコールワットかどこかの遺跡の様に木が暴れまくってる


20180318_IMG_2358.JPG

壁のあっちにもこっちにも根のようなのが絡みついてすごい


20180318_IMG_2359.JPG

そんなおどろおどろしい様な木を見ながら階段をあがる


20180318_IMG_2362.JPG

それぞれの中庭から伸びた木が2階レベルから顔をだして木影を作ったり、花を見せたりしてベランダもいい感じになってる。


20180318_IMG_2364.JPG

この赤い花の前は通る女性が順番をつくりながら撮影タイム

20180318_IMG_2367.JPG

タイヤを4個置いて、椅子の脚を突っ込んで・・・


20180318_IMG_2368.JPG

アメリカンな窓を緑が覆ってる


20180318_IMG_2370.JPG

ぐるっと回ってきたら教授がビールを片手に階段を下りてきた。踊場の下がベンチになってる。緑光計画・範特喜聚落の端にあるこのビール屋さんが一番よかった。


20180318_IMG_2373.JPG

もう一つリノベーションされている審計新村まで歩く。ビル街に残った4軒。


20180318_IMG_2375.JPG

ちょっとおしゃれな白いビル


20180318_IMG_2377.JPG

国立台湾美術館へ通じる緑道を南方向へ歩く


20180318_IMG_2378.JPG

ガラス張りの喫茶店。大きな扉を開けてみたかった。

16:00 審計新村

20180318_IMG_2379.JPG

原宿的位置づけなのか若者がほとんど。「緑光計画・範特喜聚落」の方が雰囲気は良いのにこちらの方がすごく人が多い。この差は何なんだろう。


20180318_IMG_2382.JPG

フリーマーケットの様な感じでいろいろ売ってる。お茶して休みたいんだけど雰囲気が違うので台湾美術館まで歩く。


20180318_IMG_2384.JPG

積み重ねたキューブがガチャガチャってなったデザインのビル



20180318_IMG_2383.JPG

17:00 台湾美術館に到着。歩き疲れたので館内の春水堂でお茶する。


20180318_IMG_2386.JPG

春水堂のトイレの手洗い


20180318_IMG_2390.JPG

タクシー145元。17:40-18:00 宮原眼科。交差点に面した日本統治時代の建物をリノベーションしてスイーツのお店になっている。


20180318_IMG_2396.JPG

エントランス


20180318_IMG_2398.JPG

エントランスから交差点を見る


20180318_IMG_2391.JPG

中山路側はレンガのフレームを残している


20180318_IMG_2392.JPG

歩道なんだけどもう宮原眼科の中の様な感じ


20180318_IMG_2397.JPG

緑川側はレンガフレームの両側に鋼管を立てて補強している。補強というか鉄骨の別フレームを立てている感じ。


20180318_IMG_2416.JPG

緑川側の歩道のペンダント照明器具。2本の鋼管の間の床にはレンガフレームを下からテラス床埋込のLEDライトも埋め込まれている。


20180318_IMG_2419.JPG

歩道の上の木造床は新しい下地に取り替えられている。この上は外観から見るとベランダになっているようだ。やっぱりレストランに行くべきだったな。失敗した。


20180318_IMG_2424.JPG

歩道に面する「宮原珍奶」はテイクアウトのお茶部門


20180318_IMG_2427.JPG

店舗もお茶缶もパッケージも制服も全部おしゃれ


20180318_IMG_2429.JPG

カウンター横のお茶缶の下をくぐると宮原眼科の店内


20180318_IMG_2428.JPG

「宮原珍奶」店舗内部の鉄骨柱


20180318_IMG_2420.JPG

歩道に面するアイスクリーム店舗の「宮原眼科冰淇淋」はすごい行列


20180318_IMG_2414.JPG

宮原眼科のエントランス床


20180318_IMG_2415.JPG

エントランスドア


20180318_IMG_2403.JPG

エントランス左側の宅配便などの受付


20180318_IMG_2401.JPG

薬箪笥をそのままレジカウンターにしている。床に直置きじゃないのがちゃんとしてる。


20180318_IMG_2404.JPG

建物だけじゃなくて家具までちゃんと残っていたのがすごいと思う。


20180318_IMG_2405.JPG

正面は鏡。とてもうまい。


20180318_IMG_2408.JPG

上階はレストランのお客さんのみ


20180318_IMG_2410.JPG

本棚に並んでいるのは・・・


20180318_IMG_2411.JPG

説明コーナーでわかるが改修時にでた木材を本の様に並べてる。脱帽だ。


20180318_IMG_2409.JPG

吹抜部の天井の見上げ


20180318_IMG_2407.JPG

何処を見ても気の利いたデザイン。そのおかげで売っている物も1.5倍以上の価格になっている。宮原眼科というブランドになっている。


20180318_IMG_2431.JPG

お茶の葉をレコードのパッケージ風に


20180318_IMG_2430.JPG

お菓子をCDのパッケージ風に


20180318_IMG_2436.JPG

歩いて台中火車站の向こう側に行く。いい時代の駅舎の左側にドーム状の新駅舎


20180318_IMG_2440.JPG

台中駅の反対側は完全に新駅舎の顔

18:20
20號倉庫芸術特区 リノベーション。時間が遅くて締まっていた

20180318_IMG_2441.JPG

20號倉庫の奥側にあったレストラン


20180318_IMG_2443.JPG

線路沿いの建物をリノベーションしてアートスペースになっている


20180318_IMG_2444.JPG

道路と歩道の段に座る国籍のバラバラな人々。どこの国の中央駅でもみられる光景だ。


台中駅→新烏日・台灣高鐵台中駅。新幹線の台中駅(台灣高鐵台中駅)と在来線の台中駅(台中火車站)は離れている。
予約した列車
列車番号1570 21:51→22:58・料金総額:$3150.0・5車両13A−5車両13E
早く帰りたいとのことで19:32発の自由席に一人45元支払って座れず立って乗る。疲れた。
20:33高鐵台北駅
MRT台北車站→MRT雙連


20180318_IMG_2447.JPG

21:00 老董牛肉細粉麺店(雙連旗艦捷運店)で夕食。八角が強かったので私には苦手。
Via Hotel Loft 雙連館

2018年03月19日 Mon

台湾旅行3日目

03/19月曜日(故宮博物院と九份)

Via Hotel Loft 雙連館
朝食はホテルでサンドイッチ

20180319_IMG_2451.JPG

台湾のコイン50・10・5・1元


20180319_IMG_2452.JPG

1000元札


20180319_IMG_2454.JPG

10元札。500元もあるんだけどすぐに使っちゃうから写真なし。


20180319_IMG_2456.JPG

悠遊カード(easy card)。とても便利だった。


20180319_IMG_2457.JPG

ホテルの210号室の窓の外の景色・・・カーテンを開けて引いた。


20180319_IMG_2460.JPG

窓の左側の景色


MRT双連駅(赤)淡水行き→(赤)MRT士林駅

20180319_IMG_2463.JPG

MRT士林から国立故宮博物院までのタクシー。助手席のフロントに・・・


20180319_IMG_2462.JPG

布袋さんが笑ってるわ!安全運転してくれそう。タクシー約10分・130元


08:00着
私たちが一番乗りだった

20180319_IMG_2510.JPG

バスで来るとこれを歩かないとダメなんだよね。30代までだったら公共交通機関で・・・と思っていたんだけど、今はもう歩くのは最小限で!


20180319_IMG_2467.JPG

どど〜ん。中華系の発注者はこういうスケールの大好きだよね。


20180319scan-002.jpg

20180319scan-003.jpg

国立故宮博物院のチケット 350元


20180319_IMG_2474.JPG

まずは観光客でいっぱいになる前に展示室302で白菜と角煮を見る


20180319_IMG_2477.JPG

おお・・・白菜か・・・でも白菜の芯の方は白じゃないし葉も緑じゃないなぁ


20180319_IMG_2482.JPG

おお・・・角煮・・・上の脂の部分がなんともぷるぷるしてる感じをかもしてる


20180319_IMG_2495.JPG

漢字の元になったやつ。「今」は何からなのか?


20180319_IMG_2496.JPG

「臨」なんて何からこうなるのか


20180319_IMG_2492.JPG

オレンジのシャーベットを削り出したようなこんなのも好きだった


20180319_IMG_2505.JPG

何年、いや何十年・・・それとも何代かにわたってつくったのか。これを作らせた権力を考えると恐怖を感じるし、作るのに掛かった時間を考えると気が遠くなる。これを作った人は楽しんで作ったのだろうか?楽しんで作ったと感じられないのだが。似た方向だけど『鉛筆アート』には作っている人が楽しんでいると感じるんだよね。ものをつくる職人さんには楽しんで作ってもらいたいと思う。


20180319_IMG_2493.JPG

故宮博物院の消火栓


takeyama2018-03-19 10.04.26.jpg

故宮博物院の女性用トイレサイン(武山教授撮影)


takeyama2018-03-19 10.04.34.jpg

故宮博物院の女性用トイレサイン(武山教授撮影)


takeyama2018-03-19 10.05.53.jpg

故宮博物院の身障者用トイレサイン(武山教授撮影)


20180319_IMG_2512.JPG

10:10 1階東側の「闍助乾でお茶しながら立替分の清算中・お茶325元(2人)


20180319scan-004.jpg

「闍助乾のレシート


故宮博物院から士林駅までタクシー・120元

20180319_IMG_2517.JPG

MRT士林駅。ホームの屋根に反りが入って鉄骨造でありながら中華的。

MRT士林駅(赤)→MRT中山駅

20180319_IMG_2525.JPG

11:15-13:20 天厨菜館。 故宮博物院に続いて私たちが最初のお客だった。『行く所は長村さんと治子ちゃんにまかせる。食べる所は和泉さんと治子ちゃんに任せる。行き方は祐に任せる』・・・と何一つ希望を言わなかった教授が唯一行きたいと言った「天厨菜館」で北京ダックを食べる。


20180319_IMG_2519.JPG

こちらはあまりアルコールが置いてある店が少ない。ビールを手にしてニンマリ喜ぶ教授。


20180319_IMG_2522.JPG

お局さまが「こうやるのよ」って見本で一度やって見せてくれた


20180319scan-005.jpg

天厨菜館のレシート 1804元


20180319_IMG_2533.JPG

ちょっと時間が早いので中山駅近くで探検。初日の夜にシャッターが締まっていた書店は日中こういう感じ。


20180319_IMG_2527.JPG

白スクに乗った警官が来て違法駐車のスクーターを取り締まってる。多分「違反」の紙を置きながらスマホで撮影していってる。見ている間に10台はやられた。台湾に来たら道路脇はどこにでもスクーターが置いてあるから駐車違反ってないんだと思っていたけど禁止区域もあるんだ。

MRT中山
MRT台北車站
台北14:30→瑞芳15:04 蘇澳行き
タクシー15〜20分・250元
15:25
九份 (今日の日没は18:06)
帰り際に小雨が降り出した
帰りのタクシー250元

Screenshot_20180319-152419.jpg

この辺でタクシーを降りた・・・というか降ろされた。別のタクシーに乗った人たちはもっとずっと手前で降ろされていのをみると私たちの運転手はかなり親切だったもよう。スマホは自分の位置がわかるのが便利でいいね。


20180319_IMG_2541.JPG

このあたりでタクシーから降りる。セダンタイプは4人乗りだけど、写真左下に写っている様なミニバン型は6人乗れる。台北市内でミニバン型で4人と書いてあっても後ろの座席をバゲージスペースにしているからで、お願いすると5人でも乗せてくれることもある。タクシーの運ちゃんは瑞芳駅と九份の間を一日に何回往復できるかで売上げが決まるので、スピードは出すし車間距離はぎりぎりでなかなかすごい運転だった。でも、台湾のタクシーの運転手でぼったくりする人はいないし料金に関しては安心だった。


20180319_IMG_2574.JPG

細い路地を歩くがお祭り状態で混雑度マックス


20180319_IMG_2544.JPG

お好み焼き的な何か


20180319_IMG_2576.JPG

スープに浮かんでいる何かを串に刺して(見た目は)みたらし団子みたいに食べてた。腐豆腐の臭いがするのであまり鼻で呼吸していないので見た目だけでしか判断できず、これも何かわからない。


20180319_IMG_2579.JPG

メインストリートからちょっと横を向くと階段を下りていく路地が見える


20180319_IMG_2555.JPG

脇道にそれるといい感じの路地や住宅が斜面にへばりついている


20180319_IMG_2557.JPG

階段の踏面も斜面に合わせてあるので一段ずつ寸法がちがっていたりする


20180319_IMG_2559.JPG

人の家の下をくぐったりとなかなか楽しい


20180319_IMG_2561.JPG

メインストリートから一本裏道に入るだけでとても静か


20180319_IMG_2563.JPG

センスの良いなにかのお店。「香草花園」って書いてある


20180319_IMG_2564.JPG

雑草の生えた法面はかなり急角度。側溝には分厚い鉄板の蓋。


20180319_IMG_2565.JPG

レンガ・石積み・階段・・・とおいしい路地の三種の神器が揃ってる


20180319_IMG_2566.JPG

ふと横を見ると斜面にへばりつく住宅が見える


20180319_IMG_2568.JPG

メインストリートに戻ってきた


20180319_IMG_2569.JPG

もうこの辺りからメインストリートのがやがやが聞こえる


20180319_IMG_2595.JPG

相変わらずメインストリートは人で混雑している


20180319_IMG_2580.JPG

また逸れてみる。路地も広くなったり狭くなったりして飽きない。


20180319_IMG_2582.JPG

やっぱりこちらは竹の足場だよね


20180319_IMG_2584.JPG

段を下りていくと門扉があったりして


20180319_IMG_2585.JPG

門扉の中はちょっと広くなって前庭なのか


20180319_IMG_2586.JPG

振り返ると竹の足場を組んだ建物の全貌が目に入る。4階建てだったのか。


20180319_IMG_2588.JPG

廃墟の中はプランター置き場になっていた


20180319_IMG_2589.JPG

3枚前の写真で写っていた茶色の縁取りのあるビルの前を上がって振り返る。これだけ階段を上ったり降りたりを繰り返すとだんだん脚が重くなってきた。普段歩かないからかなりつらい。でもごちそうを前にして諦めることもできない。


20180319_IMG_2591.JPG

太い路地から細い路地に階段を下りていく


20180319_IMG_2592.JPG

階段を上がるとまたメインストリートへ


20180319_IMG_2600.JPG

頭もトサカもついた鳥の丸焼きが並ぶ。大鍋の中は何なんだろう?


20180319_IMG_2605.JPG

写真を見て右の階段を上がるとコーヒーのある喫茶店だと気付いた。殆ど人にぶつからない様、段を踏み外さない様にしているからあまり上を見られないんだよね。


20180319_IMG_2606.JPG

どんどん階段が急勾配になっていく。団体旅行のおっさんが「ひぃ〜」っていっていた。


20180319_IMG_2612.JPG

最後の急階段をあがると小学校だった。ちょっとがっかり感。お店が両側に並んでいたからなんとなく参道のような気がしていた。行った先に何かがないと盛り上がらんわ。小学校かよっ!って思った。


20180319_IMG_2614.JPG

・・・で、降りて戻ることにする。また脇道に逸れれば楽しめるからな。


20180319_IMG_2619.JPG

向かい側の阿妹茶樓を見るためにこの海悦楼茶坊でお茶しようと思っていたんだけど人でいっぱい。祐クンが聞きに行ったら予約でいっぱいだそうで。考える事は皆同じなわけでお店に入れない人が階段から写真を撮っている。


20180319_IMG_2624.JPG

私も階段を上って写真を撮ってきた


20180319_IMG_2627.JPG

阿妹茶樓の入り口。長い列が続いていた。


20180319_IMG_2628.JPG

阿妹茶樓の下あたりの洞窟の様な落ち着ける空間


20180319_IMG_2648.JPG

階段を少し下りてきた


20180319_IMG_2645.JPG

広場に出た


20180319_IMG_2650.JPG

広場から左側の階段を下りる。ちょっとセンスの良いお店が右側にあった。


20180319_IMG_2660.JPG

また小径を探していく


20180319_IMG_2672.JPG

タクシーを降りた場所より下まで降りてしまったのでもう一度上がっていく


20180319_IMG_2640.JPG

清潔そうなお店を見つけたのでお茶にする


20180319_IMG_2705.JPG

ちょっと高級な感じ


20180319_IMG_2704.JPG

17:35-18:35 水心月茶房←日本語サイト


20180319_IMG_2686.JPG

各々一人100元を支払い、それと別にお茶(我々は貴妃茶を選んだ)を買う(592元)とお茶のいれかたをレクチャーしてもらえる。


20180319_IMG_2693.JPG

最初の一杯目でレクチャーが終わって、あとは自分たちで頑張ってねと。


20180319_IMG_2700.JPG

自分たちでお茶をいれてます


20180319_IMG_2694.JPG

水心月茶房のベランダからの眺め


20180319_IMG_2638.JPG

水心月茶房のバルコニーから海側の眺め


20180319_IMG_2707.JPG

お茶を楽しんだあと広場まで出てみると提灯に灯りがともっていた


20180319_IMG_2711.JPG

18:00タクシーで瑞芳車站着。タクシーは台北までのお客さんが優先(一人300元で強制相乗り)されるけど「瑞芳 5人」と書いて見せると4台目で乗せてもらえた。料金は行きと同じで250元(一人50元だから200円/人)だった。人数が多いとタクシーがお得だよね。電車がちょっと遅れていたためうまく18:04発の各停に乗れた。

瑞芳駅→台北車站
区間車18:04→18:52樹林行き(6分遅れ)・人が多かった
台北車站→MRT中山

20180319_IMG_2717.JPG

20:00 三越地下の鼎泰豊で小籠包を食べる。734元。

MRT中山→MRT雙連
21:15
ホテルをちょっと通り過ぎて頂好超市 Dong-guang Store(スーパー) へ

20180319_IMG_2720.JPG

スーパーで野菜や果物の市場調査をしてきた。キーウィはバラ売り。


20180319_IMG_2723.JPG

ピーナッツなどの豆がいろいろ


20180319scan-006.jpg

頂好スーパーのレシート


20180319_IMG_2726.JPG

寳島食品 いろんなドライフルーツが並んでいる


20180319_IMG_2728.JPG

試しにドライパイナップル100元を買ってみた


20180319_IMG_2729.JPG

ビニール袋に入れてくれる。見た目はパイナップルなのだがあまり香りがしない。03/20に迪化街の李日勝で買ったドライフルーツはパイナップルの香りも味も強くて、両方を比べると良いものは良いとよくわかった。

和泉たちはスーパーマーケット「頂好超市」での買い物が長いので武山氏と私は先にホテルに戻ってきた。林森北路からホテルが面している民生東路一段の交差点で客引きのおっさんに声を掛けられた。当然行く気もないし中国語もわからないので「ごめんね」って言った途端日本人って判断したんだろうね。スマホを見せながら「すっぽんぽん。かわいいよ!」って。スマホの画面にはひらがなで大きめのフォントで「すっぽんぽん」、その隣に女の子の顔写真が表示されていた。武山氏は「長村さんが寄ってくる様な顔をしていたから・・・」という。台湾初日の夜に祐クンと三人で食事に行った帰りにもこの交差点でこのおっさんに声を掛けられたんだ。やっぱり私の顔が問題なのか?
21:30 Via Hotel Loft 雙連館

2018年03月20日 Tue

台湾旅行4日目

03/20火曜日(雙連朝市・龍山寺・剥皮寮歴史街区・東三水街市場=新富市場・迪化街・台湾大学辜振甫先生紀念圖書館・松山文創園区)

Via Hotel Loft ロビーに08:00集合


20180320_IMG_2745.JPG

08:30 世紀豆漿(04:00-11:30・16:30-21:30・無休)で朝食。旅行前に調べたときは「永和世紀豆漿大王」という名前だったが来てみたら「世紀豆漿」に変わっていた


20180320_IMG_2743.JPG

地元の人達の様にテーブルで食べる。日本語のメニューが置いてあった。注文は紙に書いてテイクアウトと同じお店の方に持っていく。料理を受け取るときに代金を支払う。


20180320_IMG_2739.JPG

葱花蛋(ねぎを入れたたまご焼き)と・・・鹹豆漿(この店の定番らしい。おぼろ豆腐になりかけた豆乳に韮が入っていて胡麻油がかかってる)と熱豆漿(豆乳)×3


20180320_IMG_2740.JPG

赤い印が付いているのは「菜包(野菜を入れた包子)」。私は「肉包(豚肉を入れた包子)」。肉包は写真を撮る前に食べてしまった。


20180320_IMG_2747.JPG

雙連朝市 08:45-09:00。足が台からぶら下がってるし・・・。


20180320_IMG_2754.JPG

ソックスにおばさん達が群がっていた。安いのかな。


20180320_IMG_2757.JPG

にわとりがビニール袋に包まれて・・・トサカが見える


20180320_IMG_2753.JPG

魚が並んでいる隣は女性の下着屋さん・・・生臭くならないのか?この距離感はなんとかならないのか・・・なんか汁が飛びそうだし日本じゃありえないな。


20180320_IMG_2772.JPG

アサリと・・・右はなんだろ色が違う


20180320_IMG_2755.JPG

赤いのはピーマンか?大きすぎる。もうタケノコが出てる。


20180320_IMG_2767.JPG

ショウガも大きかった


20180320_IMG_2770.JPG

見たことのないフルーツ。武山教授によると「釈迦頭(シャカトウ)/バンレイシ」っていうフルーツらしい。


20180320_IMG_2759.JPG

玉子屋さん


20180320_IMG_2768.JPG

太刀魚が光ってた


20180320_IMG_2771.JPG

餃子の様なものと春巻きのようなもの。整然と並んでいて性格がでてると思う


(赤)双連駅・象山行き→(赤)台北車站で乗り換え(青)頂埔行き→MRT龍山寺(青)

20180320_IMG_2777.JPG

09:30-09:50 龍山寺


20180320_IMG_2778.JPG

いや〜この反り具合が中華だなぁ


20180320_IMG_2783.JPG

柱の龍が巻き付いた様な・・・たまに腕が出てるのがきもい


20180320_IMG_2784.JPG

立派だ


20180320_IMG_2786.JPG

この奥の建物が本堂なのか、こちらから皆さんがお祈りしてる


20180320_IMG_2788.JPG

手前の長テーブルにお供えものを置いて・・・


20180320_IMG_2789.JPG

多分いつもは長テーブルの位置でお祈りするんだろうけど、雨が降っているから手前の軒下でお祈りしている人が多いようだ


20180320_IMG_2820.JPG

回廊で座っている人も皆さんお経をよんでいる


20180320_IMG_2818.JPG

上の写真の木の左斜め上の屋根の先端の龍の飾り。なんか毛がいっぱい生えてる。


20180320_IMG_2806.JPG

龍山寺の横ベーション


20180320_IMG_2822.JPG

09:55-10:30 剥皮寮歴史街区 皮を剥ぐって人食い人種かよ・・・って思ったら清の時代に中国の福州から舟で杉が運ばれ、ここで杉皮を剥いで加工したってことらしい。


20180320_IMG_2826.JPG

武山教授によると日本統治時代の建物を2003年から2009年にかけて修復したプロジェクトとのこと。


20180320_IMG_2824.JPG

道路に面したアーケードの天井


20180320_IMG_2827.JPG

アーケードの床に埋め込まれた通り名「康定路175」


20180320_IMG_2828.JPG

サイン


20180320_IMG_2832.JPG

素晴らしい石積みの壁。ドアの素材が残念だった。


20180320_IMG_2834.JPG

左側は内壁で鉄骨の右側は外壁だったんだろう


20180320_IMG_2849.JPG

煉瓦壁と窓と舗装


20180320_IMG_2846.JPG

網代敷きの煉瓦舗装


20180320_IMG_2851.JPG

この地区の地図を舗装に象眼している


20180320_IMG_2852.JPG

恐らく昔入っていた店の名前を表示しているんだと思う。「土炭市」「長壽號茶桌仔店」「宗協興米店」などと書かれている。
「土炭市」は『現在の広州街と康定街が交わるあたりには、かつて石炭を販売する店が集まっていた。三輪車の車夫はここを「土炭市」と呼び、ここに集まって世間話をしたり、休憩を取ったりしていた。喉が乾けば近くの秀英茶室で冷たい茶を飲んだ』・・・と「台北――未完成の現代性」というウェブサイトに書かれている。
長壽號茶桌仔店」はなんとこの近くで営業しているお茶屋さんの名前


20180320_IMG_2857.JPG

艋舺・剥皮寮 Mengjia Bopiliao・・・の文字。「艋舺」はここをロケ地にした映画の名前。


20180320_IMG_2861.JPG

こちらはアーチ型のアーケード


20180320_IMG_2859.JPG

屋根は葺き直しているようだ


20180320_IMG_2843.JPG

消火栓


20180320_IMG_2868.JPG

展示館内部


20180320_IMG_2867.JPG

左側は吹抜の小屋裏(新しく取替済み)・右側は2階床板の裏側(元の床材を使用)


20180320_IMG_2862.JPG

屋根は母屋の上に木摺を打ち、その上に平瓦を敷いた上に屋根瓦を葺いているようだ。


20180320_IMG_2871.JPG

開口部の向こうにいい煉瓦壁が見える


20180320_IMG_2873.JPG

屋根が見える


20180320_IMG_2886.JPG

屋根の納まり。瓦は日本のと全然違う。


20180320_IMG_2872.JPG

味のある煉瓦壁は何種類かあって積まれた時代が違ってるのがわかる。右の方の橙色の大きめのレンガは以前開口部だった所を埋めたんだろうね。


20180320_IMG_2875.JPG

中庭の照明器具


20180320_IMG_2893.JPG

煉瓦壁の換気窓


20180320_IMG_2894.JPG

これも煉瓦壁の換気窓


20180320_IMG_2898.JPG

隙間が空いてジョイントされていないけどエキスパンションジョイント


20180320_IMG_2896.JPG

汚水枡の蓋・この木と魚のデザインのは一般的だった


20180320_IMG_2897.JPG

「剥皮寮老街整建記念」と書いてあるのでこの区域用の桝蓋


20180320_IMG_2900.JPG

剥皮寮から新富市場への途中の路地


20180320_IMG_2907.JPG

10:35-10:55 東三水街市場=新富市場。鶏の丸焼きから角煮まで肉料理色々屋さん。


20180320_IMG_2903.JPG

こちらは調理する前の牛肉屋さん。日本みたいにパッケージ化された肉は売っていない。肉の部位を決めての量り売りが基本の様だ。


20180320_IMG_2906.JPG

かまぼこやさん。この男性は置いてあるステンレスのボールにトングでいっぱい取っていた。なるほどそういう買い方なんだ。


20180320_IMG_2919.JPG

市場の古い建物をリノベして飲食が出来て、会議も出来て、貸しスペースもあって・・・という施設なんだけど、市場の人は使わないよねって感想。


20180320_IMG_2922.JPG

まぁ、おしゃれ。でも日本と同じくらいの価格。




20180320_IMG_2930.JPG

MRT龍山寺→MRT台北車站→歩きで。12:00-12:45。  迪化街(てきかがい)・乾物屋さんが並んでいるらしい。


20180320_IMG_2934.JPG

椎茸の袋詰め・・・またこれが大きい


20180320_IMG_2942.JPG

持って帰れないのに和泉が吸い寄せられる竹細工の店


20180320_IMG_2944.JPG

ヘチマタワシが売ってる。またこの長さはどういうこと?これ一本180元(720円)。安っ。


20180320_IMG_2945.JPG

また竹細工のお店


20180320_IMG_2946.JPG

ここにもヘチマタワシが。日本のと比べてすごく目が詰んでいた。


20180320_IMG_2961.JPG

無農薬のも売っていた。細くて200元はちょっとお高いね。3回もヘチマの写真が登場して申し訳ないがヘチマタワシも作っているファーマーとしてはとっても気になるわけですよ。


20180320_IMG_2958.JPG

武山家推薦の「李日勝」。彼らはカラスミが目的でこのお店に。


20180320_IMG_2952.JPG

水沙勾はフカヒレ


20180320_IMG_2947.JPG

左上が日本産干しナマコで右が日本産干し貝柱


20180320_IMG_2951.JPG

買ったのは芒果乾(ドライマンゴー・220元×3=660元)と鳳梨乾(ドライパイナップル・180元×3=540元)。この間のと違ってドライパイナップルはすごく美味しかった。雲泥の差だ。


20180320_IMG_2962.JPG

ツバメの巣屋さん


20180320_IMG_2964.JPG

彰化銀行前の歩道でやってる「妙口四神湯 肉包專賣店」肉まん1個20元。「店」の名が付いているから店舗があるんだと思っていたら歩道だった。とてもおいしい。


20180320_IMG_2967.JPG

タクシーでMRT中山へ。13:20 「牛乳大王」でジュースを飲む。お店によく「大王」とついた名前を見かける。威張ってるなぁと思っていたんだけど「専門店」という意味だった。蜂王乳木瓜飲(ローヤルゼリー・パパイヤ・リンゴ・レモン・蜂蜜)・安枕舒心飲(パイナップル・りんご・バナナ・レモン)それぞれ80元。

MRT中山站(緑)松山行
(緑色)捷運南京復興站で乗り換え(茶色)
動物園行き
14:10
MRT科技大楼站(茶色)

20180320_IMG_2969.JPG

この道路の突き当たり右側が目的地
徒歩15分・700m
14:20-15:50

 02/02/22:32予約
 下記は申し込んだ内容
 系統時間: Fri Feb 02 22:33:22 CST 2018
 ===========基本資料===========
 申請單位: architectural design office
 聯絡人姓名: HIROYUKI NAGAMURA
 聯絡電話: +81-76-262-8712
 電子郵件: fontana@sr.incl.ne.jp
 領隊姓名: HIROYUKI NAGAMURA
 參訪日期: March 20, 2018
 參訪時間: 15:00-15:40
 來賓身份: architectural designers
 來賓類別: 其他
 參觀人數: 5
 備  註: We are looking forward to seeing a excellent library.

20180320_IMG_2973.JPG

この建物は「台灣大學社會科學院大樓」で伊東豊雄氏設計


20180320_IMG_2975.JPG

台湾的な雨に濡れずに歩けるアーケードがある


20180320_IMG_3055.JPG

社会科学部棟をぐるっと回って裏側から図書館を見よう


20180320_IMG_2976.JPG

社会科学部棟の裏側に回ると・・・お、あれだ。あれ、足場が立ってる。


20180320_IMG_2980.JPG

残念なことに屋根の上で工事しているらしい。防水か?


20180320_IMG_2984.JPG

コーナー部。図書館の周りを水が囲んでいる。ガラス面から外の柱は屋根のドレンとして使われているようだ。


20180320_IMG_2985.JPG

社会科学部棟にはいくつかの吹き抜けた大きな穴があけられていて屋上庭園になっている。中廊下はその吹抜に繋がっていて外気に解放されている。暖かい国ならではだよね。


20180320_IMG_2986.JPG

社会科学部棟本体と図書館のとりあい


20180320_IMG_2987.JPG

非常口からの避難路・・・なのか?


20180320_IMG_3016.JPG

台湾大学の汚水マンホール蓋


20180320_IMG_3010.JPG

ぐるっと建物を回っているとようやく案内板を見つけた(画像をクリックで拡大)


20180320_IMG_3017.JPG

7・8階(教師研究室の階)の吹抜にあがってきた


20180320_IMG_3021.JPG

グレー色が防水施工済みで茶色が未施工。一段上がっている部分(丸と丸の間の部分)がトップライトのガラス。ガラスは養生してあるのでグレーに見えている。


20180320_IMG_3018.JPG

8階吹抜部の天井


20180320_IMG_2995.JPG

3階の3層の大きな吹抜。木が植わって散水用にスプリンクラーが取り付けられていた。


20180320_IMG_2996.JPG

4.5階の階段踊場から見おろす


20180320_IMG_2997.JPG

航空写真で見ると屋根の丸っこい緑と外構の丸っこい植栽が連続して繋がって見える様になっているんだね。オニバスの様な緑の屋根を見たかった。


20180320_IMG_3003.JPG

社会科学部棟の端にある階段。外気に対してオープン。


20180320_IMG_3006.JPG

踊場の円形の手摺と躯体の間にネットが張ってあった。結構大きめの網目だったから「物」用じゃなくて「人」用だよね?


20180320_IMG_3007.JPG

1階に降りて内部を案内して貰う建築ツアーのため図書館のエントランスへ行く。右側は図書館のこちら側の端だからもっと奥がエントランス。


20180320_IMG_3008.JPG

でっかい石に「學而第一 辜振甫先生紀念圖書館 Koo Chen-Fu Memorial Library」と彫られている。學而第一には1から16まである。子いわく、学びて時にこれを習う・・・ってやつです。


20180320_IMG_3040.JPG

オーガニックな森林を思い出させる様なデザインと説明を受けた。書架は台湾にとってポピュラーな材料である竹の積層材でできている。


20180320_IMG_3045.JPG

書架はウェーブしている


20180320_IMG_3046.JPG

面積区画のためのシャッターだと思われる。付けたくなかっただろうなぁ


20180320_IMG_3050.JPG

本館側に向かってAVスペース


20180320_IMG_3027.JPG

天井を照らすアッパーライトを本館2階から撮影


20180320_IMG_3025.JPG

本館側2階の紙の様なベンチと紹介された


20180320_IMG_3035.JPG

予約を受け付けたとメールをもらった李明玲(Ming-Ling Lee)さんが案内して下さった。数字を挙げていろいろ丁寧に説明して下さってありがとうございました。


20180320_IMG_3033.JPG

最後は記念撮影までしていただいた(撮影/李明玲さん)


徒歩15分・700m
MRT科技大楼站(茶色)南港展覧館行き
(茶色)忠孝復興駅で乗り換え(青色)
徒歩


20180320_IMG_3056.JPG



20180320_IMG_3057.JPG

奥に見える現場はオペラハウス。このエリアの木を伐って作るのはけしからんと反対運動されているとのこと。


20180320_IMG_3058.JPG

舗道の石割り


20180320_IMG_3063.JPG

頭が光っている坊や


20180320_IMG_3067.JPG

誠品書店が経営する eslite hotel 伊東豊雄氏設計


20180320_IMG_3070.JPG

サイン・・・うーん。意味あるのか。


20180320_IMG_3073.JPG

eslite hotel エントランス。ここに泊まりたかったんだけど、ちょっと不便な場所でかなりお高い・・・ということで諦めた。でも、ホテルは泊まってみないと評価は出来ないしなぁ。


20180320_IMG_3075.JPG

本棚があるというホテルロビーは思ったより狭かった


20180320_IMG_3078.JPG

ロビーを抜けて出てみた


20180320_IMG_3076.JPG

プロムナードデッキか


20180320_IMG_3079.JPG

右の10スパン分がホテルだと思う


20180320_IMG_3084.JPG

この入り口を入ってみたら職員用だった。イングランド的に「何かご用でしょうか?(入ってくるなよ)」と言われたので「ごめん。間違いました」と謝って戻った。そこらへんは見たのでそれでも収穫はあった。


20180320_IMG_3083.JPG

高速道路側は躯体に色が付いてる



20180320_IMG_3091.JPG

夜景


20180320scan-015.jpg

17:35-19:10 3階の春水堂人文茶館 (松菸店)で食事のあと雨のためタクシーでホテルまで帰る


20180320_IMG_3102.JPG

和泉達がマッサージに行っている間、武山氏と教育について話をしていた。教授そんなに見つめないで!恥ずかしいから。

20180320_IMG_3097.JPG

治子さんが宮原眼科で買ったパイナップルケーキ2種類の試食会

2018年03月21日 Wed

台湾旅行5日目

03/21水曜日(最終日・中正記念堂のみ)

20180321_IMG_3108.JPG

雙連高記水餃店(16:15-23:00) / 三五水餃 (08:30-16:00)。営業時間によってお店の名前が変わるのだ。私たちは朝に来たからお店は「三五水餃」。韮黄水餃10個一皿60元。茹でる鍋の近くでもくもくと餃子を包んでる。


20180321_IMG_3112.JPG

包み終わった餃子がトレイに整然と並んでた。ボウルをちょっと傾けているのに経験を感じる。


20180321_IMG_3109.JPG

10個のうち5個食べてから写真を撮っていないのに気付いた。小籠包の様に中にスープが入ってた。もちもちして美味しい。


20180321_IMG_3114.JPG

MRT雙連→MRT中正記念堂。地下鉄の出口を上ったら「國家戲劇院」だった


20180321_IMG_3119.JPG

反対側に行くと広場の先に同じ様な建物が・・・國家戲劇院とは微妙にスパンが違っていたこちらは「國家音樂廳」。この広場は「自由廣場」。建物の用途が劇場であろうとコンサートホールであろうと伝統的な形の中にぶちこむ設計に武山氏と苦笑いする。圓山大飯店も同じ手法だよね。


20180321_IMG_3121.JPG

左を見ると「自由廣場牌樓」


20180321_IMG_3120.JPG

右を見ると「國立中正紀念堂」。その時の政権によって名前が変わったらしい。国民党「中正紀念堂」→民進党「台湾民主紀念館」・儀仗隊交代式が中止→国民党「中正紀念堂」・儀仗隊交代式再開。


20180321_IMG_3131.JPG

中正紀念堂の上から自由廣場を見る。このスケールは中華だね。


20180321_IMG_3141.JPG

09:00 衛兵の交代を見る。見ている観光客は最初はざわざわしていたけどそのうちに静かになっていった。それくらいシャキッとしていて素晴らしい。ただ、ちょっと長いから1時間ごとにやるのは大変だろうね。「台北ナビ」によると衛兵は海・陸・空の軍が半年ごとに入れ替わるんだとか。この制服の色だと海軍らしい。


20180321_IMG_3147.JPG

ぴくりともしない。選ばれたエリートなんだろうね。


20180321_IMG_3145.JPG

1時間の護衛が終わって戻っていく衛兵


20180321_IMG_3148.JPG

衛兵交代が終わると観光客はぞろぞろ帰る


MRT中正記念堂→MRT雙連
MRT雙連で悠遊カードeasy cardの払い戻し
50元×2=100元
Via Hotel Loftをチェックアウト
タクシー140元
11:20 松山機場着
和泉タピオカミルク120元

20180321_IMG_3154.JPG

このぺらぺらのチケットって悲しい


Screenshot_20180321-125138.jpg

ここで搭乗を待ってます


20180321_IMG_3158.JPG

どんよりした曇り空から帰国 松山機場13:30 ANA・NH852便26KJ


20180321_IMG_3161.JPG

飛行中もずっと雲が広がっていてつまらん。折角窓側なのに。


20180321_IMG_3163.JPG

エコノミーの食事。十分美味しいぞ。でも狭くって置き場所に困る。


20180321_IMG_3168.JPG

17:30羽田国際線旅客ターミナル着。雨です。

1階B出口 0番線 連絡無料バス
旅客第2ターミナル
讃岐うどん般若林 550円×2=1100円・ぬるかった
お土産にかりんとう10袋=3834円

Screenshot_20180321-185540.jpg

ここで待っています。小松・富山行きはターミナルの一番端・・・遠い


20180321_IMG_3170.JPG

19:55 ANA・NH759便15KJ 非常口の横なので座席間隔がとても広い


20180321_IMG_3172.JPG

非常口に座る人はこの注意に同意しなくてはならないらしい

21:00 小松空港
リムジンバス1130円×2人=2260円
22:20 無事に自宅着

武山夫妻 254便 14:35 TPE台湾桃園国際 →18:45 SDJ仙台
祐クン 桃園17:05→東京
今回の旅行の計画は自分の体力が若い頃とあまり違わないと勘違いして目的地が多かったので大変だった。その代わりに5人でタクシーに乗るという割安で速い移動方法を採ることが出来て良かった。ミニバン型のタクシーに気付いたのがよかったよ。

台湾旅行4泊5日で撮影した写真は4.0GB・1434枚だった。デジカメの時代でホントに良かった。フィルムだと気軽にシャッターを押せないからなぁ。次がいつかはわからないけど武山氏との旅行は神戸・出雲方面を予定している。

2018年03月22日 Thu

simが届いた

DMMmobileから和泉用のsimが届いた

2018年03月23日 Fri

歩いて

13:15-14:00
晴れ
高屋のおばさんのお参りに

アサリ

IMG_3176.JPG

今年も眞理ちゃん(和泉の姉さん)からアサリが送られてきた・・・が、いつもとちょっと違う。アサリの周りに牡蠣が詰まってる。和泉は何年か前から牡蠣アレルギーになっているから、これはお裾分け用か?


IMG_3177.JPG

アサリ!夕食はボンゴレビアンコだ!

2018年03月24日 Sat

耕耘

06:00-15:40
晴れ

IMG_3179.JPG

今年の雪で杉が折れた。折れた幹が倒れたところに山椒の木があってその枝に被害が出た和泉からお気に入りの山椒をなんとかしてくれと2週間前に言われていた。家に帰ってから「なんとか」してくるのを忘れたのに気付いた。今日はちゃんと処理しようとノコギリを持っていったら、折れたのは直径15cm弱。どうせ小分けに切らないとダメだし・・・チェーンソー使うか。


IMG_3191.JPG

一年以上使っていなかったのでなかなかエンジンがかからなかった。


IMG_3192.JPG

杉は折れた部分が半分繋がっていたのでハシゴを掛けてブィーンと伐り、三分割に。ついでに杉に巻き付いていたツルを取る。ツルのせいで弱っていてそれに雪が追い打ちをかけたんじゃないか?


IMG_3207.JPG

杉は上の方が無くなってしまった。でもこの杉は野良杉だから邪魔なんだけどね。今度伐るか・・・。


IMG_3180.JPG

今年は雪が多くて溶けるのも遅かった。そのせいで今頃蕗の薹だらけ。


IMG_3181.JPG

アーティチョークは冬の間に何株かは溶けてしまったが生き残ったやつは葉が元気になってきてる。


IMG_3184.JPG

ブロッコリーの手入れをする。防鳥網を捲って・・・


IMG_3186.JPG

草取りをしてから鶏糞を追肥した


IMG_3187.JPG

キャベツも手入れする


IMG_3188.JPG

雑草を取って土を盛って南側に傾いていたのを矯正して鶏糞を追肥


IMG_3190.JPG

キャベツが6株ずつ2畝あるんだけど・・・草だらけだし・・・耕耘機を出して退治しておくか


IMG_3194.JPG

耕耘機は3回くらいでエンジンが掛かった


IMG_3195.JPG

畑はまだ水分が多いので雑草を切るくらいに浅めに耕耘する


IMG_3200.JPG

キャベツの畝の間だけ残った。これだけ雑草を退治しておけばいいとする。


IMG_3201.JPG

ついでにこっちもやっちゃう


IMG_3202.JPG

腰が痛くなったのでこの辺で終わりにする


IMG_3204.JPG

畠田さんから「エンドウ豆植えた?」と聞かれて、昨年播いたけど芽が出なかったので諦めた・・・と答えたら。苗を10株貰った。畠田さんも昨年播いたのがダメで今年になって播き直したらしい。よし、すぐに植えよう。


IMG_3205.JPG

ちょうとよかった。さっき耕耘したキャベツの畝の隣に定植する。あとから追加の苗ももらったので14株になった。


IMG_3210.JPG

ソラマメに鶏糞を追肥


IMG_3211.JPG

ニンニクにも鶏糞を追肥


IMG_3209.JPG

巻かなかった「白菜」って春にこんな格好になっちゃうんだよ。


IMG_3208.JPG

中心部に菜花がついてる。これを採ると脇から沢山でてくる。春の味でおいしい。でも今年は巻かなかった白菜が少なくて3株しかない。それはそれで寂しい。


IMG_3206.JPG

シイタケが一杯でていた。畠田さんに肉厚だねぇって誉められた。


IMG_3213.JPG

フキノトウ

2018年03月25日 Sun

お礼のメール

和泉に添削してもらっていくつか修正してOKが出たので、03/20の午後に台湾大学の辜振甫先生紀念圖書館(Koo Chen-Fu Memorial)を案内していただいた李明玲(Ming-Ling Lee)さんにお礼のメールを送った。旅行の日記も書いたし、お礼メールもしたし、これで肩の荷がおりた。

この日記

スマホを買ったのでこの日記を見てみた。広告だらけの見にくさ(醜さ?)に驚いた。PCだと広告を表示させないようにできるのでseesaaブログを選んだのだがスマホだと気持ち悪すぎる。

seesaaブログではスマホでアクセスするとPCとは別のレイアウトになって広告が表示されるようだ。一度最初のページ一番下の「PC版を見る」から入ると画面下側に一つ広告が出るだけ。写真に合わせてちょっと拡大してから見ると、それ以降のアクセスはPC版になるようなのでそれが私には一番きもちがいい。如何でしょうか?履歴を消去すればPC版から元のスマホ版に戻ります。

2018年03月30日 Fri

オイル交換

13:45-14:30
晴れ
246,031km
エネオスでオイル交換3.9L・0W-20
VIP会員なので無料

森先生の・・・

18:30-23:45
晴れ
森先生の退官慰労会
タベルナ・ガッパ
二次会まで参加

2018年03月31日 Sat

ジャガイモの定植

06:00-17:40
晴れ
家に帰って車を停めたら隣のマンションの若者がブースターケーブル持ってませんか?と。長い間乗っていなかったらしくバッテリーが上がったとのこと。一日一善でした。

20180331_IMG_3214.JPG

桜峠手前の当目の温度計は0℃。タイヤ交換はもう少し後にする。


20180331_IMG_3221.JPG

白菜の菜花の数が増えてる


20180331_IMG_3220.JPG

菜花は「おかず」になるくらい収穫できそう


20180331_IMG_3224.JPG

左下は昨年収穫したキャベツの茎の残り。葉が出てるのでしばらくするとキャベツの菜花も収穫できそう。


20180331_IMG_3215.JPG

今日はジャガイモを定植する予定


20180331_IMG_3244.JPG

昨年の残りの堆肥を畝の予定位置に撒く


20180331_IMG_3249.JPG

和泉が教室から戻ってきたので耕耘を替わってもらう


20180331_IMG_3251.JPG

溝を掘ってジャガイモ(キタアカリ・十勝こがね・インカのめざめ)を定植。ついでに堆肥も溝の中に撒いておく。


20180331_IMG_3252.JPG

4月でも必ず遅霜がおりるので布をベタがけしておく


20180331_IMG_3234.JPG

畠田豊作さんが堆肥を持って来て下さった


20180331_IMG_3238.JPG

この「ホワホワホワ〜ン」と湯気が上がっているのがいい


20180331_IMG_3243.JPG

道路の側溝蓋にはみ出た堆肥は掃除しました


20180331_IMG_3231.JPG

シイタケが一杯出てる


20180331_IMG_3233.JPG

帰るまで裏返して太陽に当てておく。こうするとぐんと美味しくなる。


20180331_IMG_3255.JPG

先週畠田さんの奥さんからもらって定植したスナップエンドウに竹の枝を立てた


20180331_IMG_3257.JPG

白菜の菜花とブロッコリー


20180331_IMG_3254.JPG

上の写真だとブロッコリーが小さく見えるんだよね。こんなに大きいんよ!