2016年11月02日 Wed

本気菜園

IMG_0303.JPG

09:30
11/29に収穫した落花生を干す。昨日は終日雨だったので干せなかった。明日も雨の予報。とにかく晴れているときに干さないと・・・。


IMG_0301.JPG

10:00
西川氏が天然のナメコを持って来て下さった。冷凍したのと生のと。収穫した後、洗ったり石突をとったりの下処理が綺麗にしてあってありがたい。収穫前の写真を見せてもらったが立ち枯れの木からわさわさに生えていてすごかった。ナメコは大好きなのでとても嬉しい。


IMG_0304.JPG

12:30-13:40
暖かい陽だまりの中で10/22に収穫した落花生の殻を剥く。収穫が後半になって選別がうまくなってる。右のお裾分け用の割合が多い。その分茹でて食べたのが多いってことだけど。


IMG_0305.JPG

下がお裾分け用で上が豆餅に入れる自家用。今年は防虫網の中で乾燥して殻から剥いてすぐにジップロックに入れたから虫がつくことはないはず。

2016年11月03日 Thu

本気菜園

11:50
よくうちの前を通るおばあちゃんが来た。
  • おばあちゃん 「お多福豆をもらったんだけどどうやって食べればいい?」と。
  • ヒロユキ 「どんな状態でもらったの?莢から出してあるのか?莢に入ったままなのか、どっち?」
  • おばあちゃん 「莢に入ってる」
  • ヒロユキ 「ああ、じゃぁ、莢は真っ黒になってるんだよね?」
  • おばあちゃん 「いや、白い」
  • ヒロユキ 「うーん。ソラマメの莢は乾燥すると真っ黒なんだけどなぁ・・・」
  • 奥から和泉が 「ソラマメの種類が違うんじゃないの?」
  • ヒロユキ 「白い莢のソラマメってあるのかなぁ?、とりあえずその豆を持って来てみてよ」
  • おばあちゃん 「持って来たよ〜」
  • ヒロユキ 「ソラマメじゃなくて落花生じゃん・・・これ」
  • おばあちゃん 「ああ、そうそう落花生」
  • ヒロユキ 「どうやって食べたいの?煎って食べる?茹でて食べる?煎るのなら殻から出したのをフライパンで30分煎ってから器に出して15分湿気を飛ばす。茹でるのならこの半分の量だと鍋に入れてひたひたの水を入れて大さじ山盛りに1.5杯の塩で1.5時間茹でる。途中で水が足りなくなるから足してね。茹でたら足が早いから二日くらいで食べないとダメだよ。あまったら半分冷凍にしておいて食べるときは熱湯に入れて10分くらい茹でると熱々でたべられるよ。」
  • おばあちゃん 「ありがとね」・・・と帰ろうとしたら雨が土砂降り。
  • ヒロユキ 「傘貸してあげるから」
至れり尽くせりである

2016年11月04日 Fri

「羽咋のオフィスビル」

12:40-15:30
晴れ

・山越現場→岡田建設工業→羽咋土木→岡田建設工業
・山越現場 外壁胴縁取付中・鉄骨にグレー塗装中
・三谷セキサン 亀谷聡氏
・岡田浩之氏と羽咋土木へ
 国道からの乗入の打合せ 山本真樹氏

「高松の倉庫」

11:50-12:40
晴れ

IMG_0307.JPG

良い天気だ


IMG_0309.JPG

鉄骨建方が終わり、屋根が葺かれ、外壁の胴縁の取付中だった
続きを読む

2016年11月05日 Sat

生姜を収穫

  • 05:00-16:30
  • 晴れ
  • 谷口のお母さんにイカをいただいた。
  • 帰ってからショウガを洗ったのだが19:00でもう寒くて降参。ショウガは途中だし里芋もニンジンも洗えなかった。続きは明日にする。
  • 朝田さん・富沢さんにショウガをお裾分け。
  • 夕食は「ショウガご飯」
IMG_0315.JPG

柳田村から珠洲への工事中の道路。先週通ったときもう完成しているように見えたので今日は通れると期待していたんだけどまだだった。


IMG_0316.JPG

ネギは太くていい出来だねと畠田さんに誉められた。


IMG_0317.JPG

手前から奥へ白菜・インカのめざめ・サトイモ・ショウガ。白菜は巻き始めているんだけど・・・。追肥した。


IMG_0320.JPG

左がダイコン、手前は野良ジャガイモ


IMG_0321.JPG

先週定植したブロッコリーに追肥した


IMG_0322.JPG

今日は鷹の爪4株を収穫して帰る


IMG_0323.JPG

左がニシユタカ・右がニンジン。今日はニンジンを何本か収穫する。


IMG_0329.JPG

ニンニクの畝。ニンニクに追肥した。右の奥(道路側)が先週定植したタマネギ。タマネギの手前側(ニンニク側)が猩々赤。道路側が正院で買った品種不明のタマネギ(買うときに聞かなかったという意味)。


IMG_0330.JPG

手前2畝がJAグリーンで買ったネオアース。奥の1畝が正院で買った品種不明のタマネギ。


IMG_0331.JPG

ネオアースは根が短かったので一週間じゃ根も復活しないので寝てる。


IMG_0332.JPG

正院で買った苗は葉は短いけど根が長かったのでもう立ってる。


IMG_0337.JPG

黒大豆の様子。晴れているから収穫したいけどショウガが先。今日黒大豆まで手が回るかなぁ?(無理でした。)


IMG_0326.JPG

新しい畑のショウガと里芋を収穫する


IMG_0327.JPG

新しい畑の方は小ショウガ(三州生姜)


IMG_0338.JPG

09:20 左から小ショウガ10L・里芋30Lを収穫・里芋は例年より悲しくなるくらい少ない。芋の大きさは例年と変わらないんだけど1株あたりの量が少ない。夏の暑さで茎の数が少ないし、葉の高さも低い。


IMG_0340.JPG

バケツがいっぱいになったので残りの里芋5株は次回収穫する


IMG_0325.JPG

サトイモの側溝側(手前側)のショウガを収穫する


IMG_0345.JPG

この株はショウガの成長具合がわかりやすい。中央下のこい茶色のが種生姜。その上に芽が出て根元がふくらんで新ショウガができる。その新ショウガから左側に伸びて芽が出て根元が膨らんで・・・。最初の新ショウガから右側に伸びて芽が出て・・・と左右にどんどん成長していく。地上部の茎の本数でショウガの大きさがわかるってこと。


IMG_0348.JPG

今日は一人。暖かいし天気が良いので外で弁当を食べる。


IMG_0349.JPG

12:20 ようやく里芋際に植えてある生姜の収穫完了。45Lは過去最高でしょ。


IMG_0324.JPG

次は柿の木の下のショウガを掘る


IMG_0351.JPG

側溝際の2列は掘り終わったがその左側まで掘れなかった。ショウガの収穫を一日でできなかったのは初めて。あ、新しい畑の里芋掘っていたからか・・・。でも、どうしても食べたかったんだよね。


IMG_0352.JPG

これが次回分。この分は種生姜として保存する。


IMG_0353.JPG

畠田さんから柚子の差し入れ


IMG_0354.JPG

煮物用にニンジンを何本か収穫

2016年11月06日 Sun

本気菜園

  • 木越さんと竹中さん・牛山さんにショウガをお裾分け。
  • 18:15宮本夫妻ショウガお買い上げ。
  • 18:30朝田さんにナメコをいただく。
IMG_0357.JPG

昨日の続きでショウガを洗う。小ショウガは小さくて洗う手間がかかるのでもう作らない。栽培の失敗が少ないらしいけど見栄えがねぇ・・・。


IMG_0356.JPG

洗ったショウガは和泉が茎や根を切って新聞紙に並べて干す。


IMG_0359.JPG

昨日収穫したニンジンを洗っていたら絡みついて絞め殺そうとしているヤツを発見


IMG_0360.JPG

裏側。真っ直ぐ伸びればいいのに何故絡みつく?


IMG_0362.JPG

里芋も洗った


IMG_0364.JPG

今年のショウガはとても豊作。昨年までは新聞紙4枚にまばら。今年は新聞紙8枚。


IMG_0365.JPG

左が小ショウガ(三州生姜)・中央が大ショウガ(近江生姜)。右は種生姜を回収したヒネ生姜。


IMG_0371.JPG

ショウガの表面が乾いたので瓶に詰めホワイトリカーでつける。上段が我が家の分。下段の1.5本が長村実家用。小さい瓶の上に載っているのは和泉のお友達へのお裾分け用。今年も1年分のショウガが確保できた。

2016年11月07日 Mon

本気菜園

  • 11:00 岡田さんにショウガをお裾分け。
  • 13:40-14:17 出島二郎事務所へサトイモとショウガをお裾分け。
  • 母経由で米田さんにショウガをお裾分け。

「羽咋のオフィスビル」

08:00-12:50
晴れ
中能登土木事務所→岡田建設工業

2016年11月08日 Tue

うっ・・・

午前 くもり・午後 雨
ロードスターのトランクから買ってきた灯油の入ったポリタンクを降ろしたとき腰がぴきっとなった。1個ずつにすればよかったのに2個を同時に持ったのが悪かったのか・・・どういう姿勢をしていても痛い。動けないほどではないがまずいな、これは。顔を洗えない。トイレに行っても手摺が欲しい。お尻を拭くのも大変。靴下をはくのにも苦労する。

本気菜園

  • 水上さんショウガお買い上げ。
  • 眞理ちゃんにサツマイモ・サトイモ・ニンニク・ショウガ・落花生を送る。

2016年11月09日 Wed

電池

IMG_0376.JPG

携帯電話の充電がすぐに切れるので電池(TSBAU1)を買った。前回は2012/02/29だから4.5年。今回の電池はamazonで定価3,240円のところ600円だった。新品なのに異様に安いのだが失敗してもこの価格だから・・・と買ってみた。この東芝の814Tは2008/01/14からだから9年近く使っていることになる。スマホは必要ないので壊れるまで使うつもり。


IMG_0377.JPG

20年くらい使っていた関数電卓(CASIO fx-61F)の液晶とソーラー電池周りのパネルが取れてしまい、液晶の数字が偶に表示されないようになってきたので新しくした。今回のはカシオfx-260・2,100円。届くまでわからなかったんだけどハードケース付なのがよかった。

2016年11月10日 Thu

更新-2

IMG_0379.JPG

カメラのキタムラに注文してあったデジカメが届いた。本体26,820円+5年保証1,341円=28,161円・送料無料。


IMG_0009.JPG

上がこれまで使っていた「S120」で下が新しい「SX620HS」。外形寸法が一回り小さくなって少し軽くなった。

本気菜園

12:30 随分前から我が家担当の宅急便の林さんにショウガをお裾分け

本気菜園

IMG_2286.JPG

11/08に眞理ちゃんに送ったショウガ。早速ホワイトリカーにつけたって写真が届いた。きちっと詰まってるなぁ。つけてくれるんならもっと沢山送ればよかった。右の瓶は誕生日にレストランからもらったようだが何が入っていたんだろう?そうか・・・名古屋に居たときに通っていたレストランなのか・・・こういうのをもらえるってよほど足繁く通っていたんだろうなぁ・・・セレブだ・・・と写真を見ながら想像した。多分来年はラベルの貼ってない瓶に入れた写真になると思う。

おでんに入れたサトイモを食べた。今回収穫したのは新しい畑のサトイモなんだけど・・・例年のようにねっとりとした感じが少ない。新しい畑の芋だからか夏の暑さのせいなのかは今週うちの畑の里芋を掘ってみないとわからない。食べてみてちょっとがっかりだった。といっても売っている里芋くらいの味は十分あるんだけどあの例年のねっとり具合がよかったのに。出島さんや眞理ちゃんにどや顔で送ったんだけど、ショボンだ。「いつもはもっと美味しいんです」といいわけしたい。

2016年11月12日 Sat

掘る・・・掘る・・・掘る

05:00-16:30
小雨→晴れ

IMG_0002.JPG

駒渡の温度計は4℃だった。最低気温が5℃を切ったのでショウガやサトイモを早く収穫しないとまずい。


IMG_0030.JPG

ニシユタカの右下の茎が青枯れ病になってる


IMG_0031.JPG

病気になってるのは一部の株なので収穫は大丈夫だと思う


IMG_0003.JPG

ブロッコリーの様子。手前の3株は苗を買ったヤツなのでまだ実はついていないけど大きくなってる。種から育てた苗は時期が遅かったせいもあってまだ小さい。春の収穫に期待しよう。


IMG_0008.JPG

左からサトイモ・インカのめざめ・白菜。左の里芋を収穫するうちの畑の残り28株。


IMG_0011.JPG

サトイモを掘りつつネギに土寄せていく


IMG_0029.JPG

サトイモを掘りつつインカのめざめにも土寄せしていく


IMG_0015.JPG

ある程度掘ったら土を落とす程度に洗って干す。朝の雨で道路は濡れているけど天気が回復したのですぐに乾くはず。濡れたままだと車のトランクが湿っぽくなるから帰るまでになるべく水分を飛ばしておきたい。


IMG_0027.JPG

手前の2株が残った


IMG_0006.JPG

残りのショウガ14株を収穫する


IMG_0018.JPG

残っていた生姜は大ショウガだと思い込んでいたんだけど、全部小ショウガだった。がっくりだ。こういう間違いを無くすためにも来年からは大ショウガだけの栽培にする。小ショウガは洗う手間がかかるのに貧弱に見えるからあまりメリットがない。大ショウガに比べて小ショウガは栽培に失敗しにくいといわれているので両方栽培してきたけど、あまり失敗しないからもう一種類で大丈夫。


IMG_0019.JPG

無花果の収穫も終わったようなので(まだ実はいっぱいついているけどもう熟さない)道路にはみ出ている枝を伐る。ちゃんとした剪定は来年になってから。今日はざっと伐るだけ。


IMG_0021.JPG

応急処置としての剪定終わり


IMG_0023.JPG

畠田さんが勉さん(僕が借りている新しい畑の地主さん)から夏ネギの苗をもらってきたそうで、ついでに長村さんにも届けてと預かってきた・・・と。夏ネギってどんなんだろ?長ネギの夏収穫バージョンか。


IMG_0025.JPG

紐を張って約5cm間隔で定植し。約40本。


IMG_0026.JPG

この時期にあまり苗を植えるってないから踏みつけてしまいそうなので籾殻を撒いておいた。


IMG_0016.JPG

畠田さんからユズと「むべ」。むべはアケビに似た感じの実だけどアケビのように割れないので長持ちするらしい。でも「種が面倒くさいよね」・・・って言ったら、畠田さんの奥さんが「アケビもムベもスイカも種ごと食べるわ」・・・と。種出さないのか・・・スイカ食べるの早いんだろうなぁ。


IMG_0033.JPG

コヤチさんにリンゴと梨と玉子をいただいた。写真を撮ろうとしたら茶色ばかりだったので畠田さんのムベをおいて見た。


IMG_0034.JPG

サトイモ4袋とショウガ2袋・・・これから洗うのか・・・


IMG_0035.JPG

小ショウガを1袋分洗ったところで作業終了。ぎっくり腰なのに畑で頑張ったのでもう無理。あとは明日。


IMG_0037.JPG

小生姜の残り。サトイモは手もつけていない。とにかく明日。

2016年11月13日 Sun

本気菜園

IMG_0040.JPG

昨日収穫したショウガ


IMG_0041.JPG

右奥の新聞紙1枚分以外は昨日収穫したサトイモ


IMG_0043.JPG

10/27に播種したソラマメが発芽した


IMG_0046.JPG

落花生の最後の殻剥きをした。左が自家用で右がお裾分け用。最後の畝は出来がよくなかったので比率は半々くらいでよくなかった。


IMG_0047.JPG

左が豆餅用3.5袋・右が大粒のいいやつ4袋(既にお裾分け1袋済)になった。


IMG_0048.JPG

来年の春に植えるための種は約110莢。来年は畝数を減らすので少なめにした。

2016年11月14日 Mon

「羽咋のオフィスビル」

08:00-14:20
くもり

岡田建設工業で道路工事施工承認申請書・道路の占用許可申請に押印
  
羽咋土木で道路工事施工承認申請書・道路の占用許可申請提出
  
羽咋市役所で書類受取
 確認済証
 確認申請副本
 特定公益的施設新築等工事届出書
 エネルギーの使用の合理化等に関する法律届出副本
 エネルギーの使用の合理化等に関する法律受理
  
岡田建設工業で電気・設備打合せ
 樋口裕由樹氏
 菊田三雄氏・原田稔氏
岡田建設工業で工程打合せ
 岡田建設工業 岡田浩之氏
 セブン・イレブン・ジャパン金沢地区事務所 吉田康弘氏・尾崎公一郎氏
 株式会社織田設計 永井一也氏
 三由建設株式会社 荒木栄司氏・藤森智広氏
 北陸電気設備 菊田三雄氏・原田稔氏
  
岡田氏と現場で建物位置と杭芯の確認


IMG_0053.JPG

手前が鉄骨3階建新社屋の位置。奥のRC3階建てが既存社屋。

2016年11月15日 Tue

「羽咋のオフィスビル」

本日の作業
  • 出入り口給水・電気配管用配管入れ・仮設トイレ設置 岡田建設工業 佐山政博
  • 給水配管(井戸水)取り出し 岡田建設工業 木舩(キブネ)浩
  • 既存社屋 東側窓位置図作成 岡田建設工業 岡田浩之

2016年11月16日 Wed

「羽咋のオフィスビル」

終日鉄骨の施工図チェック

岡田建設工業からの日報
11月16日(水)
天候晴れ 気温-最低8℃ 最高11℃

本日の作業内容
・大工小屋下屋一部解体 岡田建設工業 佐山政博
・仮設給水配管、仮設便所給排水配管 岡田建設工業 木舩浩

明日の予定
・大工小屋〜北川道路〜現場内通路整備(東側裏の敷地に残土運搬のため)

R0026963.JPG

大工小屋下屋解体中 (撮影/岡田建設工業)

本気菜園

12:15
中村忍さんショウガお買い上げ

2016年11月17日 Thu

「羽咋のオフィスビル」

・鉄骨施工図チェック
・基礎伏図施工図チェック

岡田建設工業からの日報
11月17日(木)
天候曇り一時雨 気温-最低10℃ 最高14℃

本日の作業内容
・大工小屋〜北側道路〜現場内通路整備 岡田建設工業 木舩浩

明日の予定
・大工小屋〜北側道路〜現場内通路整備(東側裏の敷地に残土運搬のため)

R0026991.JPG

北側道路からの通路整備中 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月18日 Fri

「羽咋のオフィスビル」

岡田建設工業からの日報

11月18日(金)
天候 快晴
最低気温9℃・最高気温15℃

本日の作業
  • 北側道路取付通路整備、大工小屋解体残材撤去 岡田建設工業 佐山政博・木舩浩
  • 階段基礎杭周り掘削 岡田建設工業 岡田浩之
三谷セキサン打合せ 亀谷聡氏・竹野茂氏・重機オペ堀田和彦氏
  • 屋外階段基礎の杭は建物本体の杭より890mm(GL+470)上がりなので現状地盤(GL+600)で打てないかと聞いたところ、機械はばらすまで水平の地盤においておきたいとのこと。本体と同じGL+365(土間砕石下端)まで掘削することになった。
  • 溢れ出したセメントミルクを溜める釜場は基礎外部に設けることにした。
  • 乗り込みが1日早まり11/21日(月)、よって試験杭打設は11/23(水祝)となった。
明日の予定
  • 杭業者バックホー搬入PC120クラス
  • 階段基礎掘削
  • 周囲片付け(仮囲い残材等、杭施工準備)
R0027020.JPG

北側の敷地内入り口完成 (撮影/岡田建設工業)


R0027014.JPG

屋外階段基礎部の掘削中 (撮影/岡田建設工業)

本気菜園

IMG_0057.JPG

10/27播種・11/13発芽のソラマメ。24個のうち20個発芽・発芽率83%。予定では明日定植だったがまだ小さいので来週にのばす。

打合せ

09:30-13:30
晴れ
中山会計 森本友治氏と長村実家で打合せ

2016年11月19日 Sat

ニシユタカを収穫

06:30-14:20
長村の実家に焼き芋・ジャガイモをお裾分け

IMG_0058.JPG

桜峠手前の当目(とうめ)の気温は10℃。雨だから暖かめだ。


IMG_0060.JPG

柳田村上町の道路が開通していた。これまではここで右に迂回路だった。


IMG_0065.JPG

雨の中で作業したら寒いだろうからストーブを焚く。そのつもりだったので今日の昼食は弁当ではなく焼き芋なのだ。ストーブの上に石を置いてアルミホイルに包んだ芋をのせておく。雨のかからない軒下に煙突を上げているので短めの煙突にして、先端はH型じゃなくてエルボをつけた。これだと軒に高温の排気があたらないから安心。


IMG_0066.JPG

新しい畑の残っている里芋5株を収穫する。ぎっくり腰中なので作業したくないけど掘らないで腐らせるのも悲しいので歯を食いしばりながら頑張る。


IMG_0069.JPG

うちの畑の残り2株の里芋も掘った


IMG_0067.JPG

ニシユタカも掘るか・・・


IMG_0070.JPG

15Lのバケツにこれだけ。まぁ植えた株数が少ないからな。


IMG_0071.JPG

土を落としてから帰りたいのでざっと水洗いすると「色白の素肌美人」


IMG_0075.JPG

赤間田さんのおばあちゃんにもらった安納芋。見ただけで美味しいってわかるわ。毎年安納芋の苗を手に入れようとしているんだけど毎回売り切れているのでまだ栽培したことがない。こんなのだったらそりゃぁ人気も出るよね。


IMG_0076.JPG

上側が安納芋。下の大きいのがうちの金時。


IMG_0078.JPG

畑も収穫した畝ばかりになって残っているのは白菜・ダイコン・ネギ・ブロッコリー・インカのめざめ。ガランとした畑は寂しい。


IMG_0079.JPG

先週定植した夏ネギはもう立ってる


IMG_0081.JPG

椎茸はこれだけ。ナメコなんて全然出ていない。


IMG_0082.JPG

パセリ


IMG_0091.JPG

新しい畑の里芋


IMG_0092.JPG

うちの畑の里芋とニシユタカ

「羽咋のオフィスビル」

IMG_0087.JPG

現場で着るカッパを買ってきた。黒部の現場の時はLLを買ったんだけどちょっと大きかったので今回はL。カバーワーク(COVER WORK)レインウェア クリティカルハード F-8300・グレー・3,580円


IMG_0086.JPG

黒部の現場の時買った長靴が裂けていたので新しくした。すごく軽くていいんだけど耐久性がちょっと心配。「水に浮かぶ新軽量ゴム/フェザーウェイトコンパウンド/従来品より25%軽量化を実現」・・・って書いてあった。重いと疲れるからね。弘進ゴムLM-02W・ブラック・L 3,980円

・基礎伏図施工図チェック2回目

岡田建設工業からの日報

11月19日(土)
天候 雨時々曇り
最低気温10℃ 最高気温16℃

本日の作業
杭業者バックホー搬入PC120クラス
階段基礎掘削 岡田建設工業 木舩浩
周囲片付け(仮囲い残材等、杭施工準備) 岡田建設工業 木舩浩
基礎伏せ図修正  岡田建設工業 岡田浩之

明日の予定
作業員休憩所整備(机・椅子等搬入)
階段基礎杭芯出し

R0027030.JPG

バケットに付いているワイヤは「掘削の時ロッドの泥をハイウォッシャーで落とせないときに擦り落とすため」三谷セキサン竹野氏より。 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月20日 Sun

「羽咋のオフィスビル」

・基礎伏図施工図チェック3回目

岡田建設工業からの日報

11月20日(日)
曇り一時雨

最低気温14℃、最高気温17℃
本日の作業
階段基礎掘削・杭芯出し 岡田建設工業 岡田 浩之
仮設休憩所 机・椅子・畳搬入(ここで力尽きました) 岡田建設工業 岡田 浩之

R0027032.JPG

階段基礎掘削・杭心出し完了 (撮影/岡田建設工業)


R0027037.JPG

お裾分けしたショウガで3回目の生姜ご飯・・・とのこと。作った野菜を食べてもらえるのは嬉しい。

本気菜園

IMG_0093.JPG

腰が痛くて最近苗の手入れをしていなかったので一気に終わらせる。まずは「まんぷく2号」から。右上の2鉢が09/17に買った株。前列は全てそれから伸びたランナーで増やした苗。この苗を各々樹脂鉢やポットに移植する。


IMG_0094.JPG

これが最初に買った2株。かなり茂っているので古い葉を落として散髪する。


IMG_0095.JPG

奥の2鉢が散髪した親。手前の8株が今日分けた苗。手前3株が10/21に分けた株。全部で13株になった。


IMG_0098.JPG

こっちのイチゴも散髪中。手前側が作業が終わった鉢。


IMG_0099.JPG

綺麗になった

2016年11月21日 Mon

夫婦での食事会

17:30-21:45
吉島夫妻と雅乃で食事
帰りに送っていただく

次回は五十嵐で来年春に。

「羽咋のオフィスビル」

・基礎施工図チェック4回目
・岡田鉄工で鉄骨打合せ
12:50-17:05
晴れ
岡田浩之氏に送り迎えしていただく。
出席者 岡田建設工業 岡田浩之氏
    岡田鉄工 岡田外司氏・籠居清治氏
    シーケー金属 坂上辰美氏

IMG_0007.JPG

岡田浩之氏に送り迎えしてもらった。夕焼けが綺麗。助手席だとらくちん。
岡田氏に里芋お裾分け。

岡田建設工業からの日報

11月21日(月)
天候 晴れ時々曇り
最低気温10℃・最高気温16℃

本日の作業
杭打ち機搬入組み立て
三谷セキサン 竹野茂
中山クレーン 中山琢喜
山本運輸 堀田和彦・西村・伊藤弘幸・江添清和

岡田鉄工にて打ち合わせ
長村さん
岡田浩之
岡田鉄工 岡田外司社長・籠井氏、
シーケー金属 坂上辰美氏
 ベランダ手摺・階段屋根鉄板・デッキプレートの掛り代・軒裏ボルト納まらない件
 外部階段手摺の件・内部階段上部取り合いの件・外部階段梁支え逆V型支え上部の
 納まりの件・フリードーナッツ位置の件・P10下溶接施工の件・天窓アングル4方
 枠の納まりの件・デッキプレート受け梁フランジ下端アングル溶接の件
 QLデッキ製品変更の件・ドレイン、避難ハッチ、屋上ハッチ現物取り寄せの件

明日の予定
   杭打ち機組み立て・杭材料搬入

R0027040.JPG

杭施工会社の現場新規受け入れ教育 (撮影/岡田建設工業)


R0027053.JPG

杭打ち機組み立て中 (撮影/岡田建設工業)


R0027068.JPG

今日お裾分けした里芋を煮て下さったとのこと (撮影/岡田浩之氏)

2016年11月22日 Tue

「羽咋のオフィスビル」

・基礎施工図チェック5回目・6回目承諾
岡田建設工業からの日報

平成28年11月22日(火)
天候  晴れ後曇
最高16℃・最低12℃

本日の作業
・杭打ち機組み立て
  三谷セキサン 竹野茂
  山本運輸  堀田和彦・伊藤弘幸・江添清和・西村秀忠・河合大輔
  玉木運輸  福島俊祐

明日の予定
・杭材料搬入
・試験杭

R0027071.JPG

杭打ち機組立完了 (撮影/岡田建設工業)


R0027074.JPG

セメントミルク・ベントナイト液プラント設置完了 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月23日 Wed

「羽咋のオフィスビル」

07:50-17:45
小雨→くもり→晴れ→くもり
杭工事立会 吉村重紀氏

IMG_0100.JPG

羽咋に向かうけどまだ小雨が降ってる。予報では杭工事開始までには雨があがるはず。降っていてもカッパがあるからいいんだけど・・・。


IMG_0103.JPG

今朝、現場に杭搬入されていた。今回はリブ付の30cmΦ×10mの杭を使用する。


IMG_0116.JPG

左が杭打ち機。右がセメントミルクのプラント。その奥が現在の岡田建設工業。


IMG_0104.JPG

杭の長さの検測


IMG_0105.JPG

10mなのでOK


IMG_0111.JPG

杭頭には杭を吊るための角鋼が溶接されている


IMG_0143.JPG

杭先端部にはアングルが溶接されている。最後に回転したとき噛むように。以前はこういう45°ではなく90°で取り付けていたらしいが、これが一番うまくいったとのこと。経験値が増えて改良されているらしい。


IMG_0112.JPG

杭の刻印もチェック・杭径やリブ径も検測する。


IMG_0119.JPG

杭頭のボルト穴に養生のガムテープを貼ってる


IMG_0121.JPG

杭が順回転の場合のヘッドの径を検測・・・480mm


IMG_0122.JPG

逆回転時のヘッド径も検測・・・650mm(杭先端部の穴を拡大するため)。逆回転すると土の抵抗でヘッド先端部が広がるようになっている。うまいこと考えてあるわ。


IMG_0129.JPG

一本目の穴をあけるためロッド先端に付けられたヘッドを杭芯に置き、90°の2方向で逃げ墨からロッドまでの距離を測り芯ズレがないことを確認する。


IMG_0131.JPG

ようやく1本目の穴開け開始


IMG_0134.JPG

ヘッドが少し地盤面下に入ってからもう一度杭芯ズレの確認


IMG_0140.JPG

ヘッドから穴壁が崩れないようにベントナイトを出しながら掘っていく


IMG_0146.JPG

現在のヘッドの深さがどれだけか。順回転か逆回転か。杭先端の直径拡大部にセメントミルクがどれだけ入ったか・・・などは杭打ち機の横の箱に入っているモニターでチェックする。ロッドの回転するときの負荷による(土が固いと抵抗が大きいので電流は多く流れ、軟らかいとするする入るので負荷は小さく使用電流は少ない)電流を見ることによって支持層に入ったかもわかる。杭芯の位置や杭の垂直を見る以外はここをチェックしていればOK。


IMG_0166.JPG

モニターに陽が当たって見にくいが・・・ピンクの横線二本の間の水色の線が杭先端部の直径拡大部のロッドの動き


IMG_0155.JPG

杭穴があいたらヘッドからセメントミルクを出す。セメントミルクを作るプラントでセメントと水の混合量などを検査する。


IMG_0154.JPG

プラント入り口に貼ってある今回のセメントミルクの配合表


IMG_0144.JPG

セットした配合が決められた配合と合っているかを確認する


IMG_0158.JPG

1本目は試験杭なのでセメントミルクの供試体を採取する


IMG_0162.JPG

採取した供試体


IMG_0160.JPG

セメントミルクの比重を計測する。設計値1.74・実測値1.76・1.71-1.79でOK。


IMG_0176.JPG

杭打ち機のワイヤーで杭をつり上げる


IMG_0180.JPG

徐々にワイヤーを引き上げて杭を吊っていく


IMG_0212.JPG

回転キャップに杭頭に溶接してある角鋼を入れて杭を保持する


IMG_0186.JPG

デジタル傾斜計で杭の建入を計測する


IMG_0189.JPG

セメントミルクが詰まった孔に杭を沈設中。殆ど自重で入っていく。


IMG_0220.JPG

最後の1〜1.5mくらいになったとき杭の中の穴を通ってセメントミルクが噴き出すので僕たちは逃げるけど職人さんたちは平気でセメントミルクまみれになってる。ぼーっとした監理者は頭からかぶることになる。


IMG_0192.JPG

杭頭の位置にズレがないか確認する


IMG_0194.JPG

セメントミルクが少し固まって杭が沈下しないようになってから機械を外す


IMG_0198.JPG

2本目のロッド位置にズレがないか確認中


IMG_0229.JPG

二本目終了。最後に杭頭のレベルを確認して三本目へ。


IMG_0235.JPG

今まで自分ののっていた敷き鉄板を持ち上げる


IMG_0236.JPG

今から自分の載る位置へ敷き鉄板を移動中


IMG_0240.JPG

敷き鉄板の下になっていた杭芯をもう一度測量し直す


IMG_0245.JPG

3本目開始前にレベルの確認中


IMG_0247.JPG

3本目の杭芯ズレを確認中


IMG_0256.JPG

杭穴にセメントミルクを注入し終わってロッドを抜くときはハイウォッシャーで汚れを落としつつ引き上げる。


IMG_0272.JPG

4本目のロッドと杭芯ズレの確認中


IMG_0280.JPG

杭穴から溢れてきたセメントミルクはユンボのバケットで汲み上げて池を作っておき、ソイルパックを混ぜて固める。


IMG_0287.JPG

今日最後の5本目


IMG_0291.JPG

日が落ちるとモニターがとても見やすくなる。左上から22番杭。現在のロッド位置9.6m・実測最終深度10.9m。現在の電流78A・流量7.61m3/h・水量1.5m3・速度1.1m/min・最終深度10.92m(プリセット値)。グラフは時間あたりのロッドの深度・時間あたりの電流・電流記録値・根固め液注入量などが表示されている。とても大切なデータでこれは毎日提出される。それにしても寒い。フリースを2枚着て、その上にカッパを着ているんだけど震えがとまらん。


IMG_0293.JPG

杭穴にセメントミルクを注入後ロッドを抜くと、セメントミルクが吹きだしている。そのまま杭を釣り込むと杭打ち機の配管の中のセメントミルクが固まって詰まってしまう。セメントミルクが水になるまで全部出し切る。


IMG_0296.JPG

吹きだしていたグレーのセメントミルクが、綺麗な水になったので次の作業に移る


IMG_0298.JPG

もう薄暗くなったけどライトを点けて最後の一本をつり込む


IMG_0305.JPG

杭頭の位置を確認


IMG_0306.JPG

最後に杭頭のレベルを確認して今日の作業終了。寒い中おつかれさん。

岡田建設工業からの日報

平成28年11月22日(火)
天候  小雨後曇
最高8℃・最低6℃

本日の作業
・試験杭立合、長村氏・吉村氏
・試験杭打ち 杭打ちNo.24,23,18,17,22
  三谷セキサン 竹野茂・河合大輔・森茂俊・途中まで亀谷聡
  山本運輸  堀田和彦・伊藤弘幸・江添清和・西村秀忠、
  城西運輸機工  熊本郁雄

明日の予定
・杭打 No.21・20,・・・・

R0027085.JPG

杭現場到着 (撮影/岡田建設工業)


R0027088.JPG

杭荷下ろし中 (撮影/岡田建設工業)


R0027099.JPG

杭の受け入れ検査中・リブ径検測 (撮影/岡田建設工業)


R0027139.JPG

5本目の杭を沈設中 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月24日 Thu

本気菜園

IMG_0309.JPG

イチゴに花が咲いてる。半年早いわ!


IMG_0310.JPG

施工図をチェックしながらつまもうと落花生を煎る


IMG_0313.JPG

弱火で30分、いい感じに煎りあがった。水分が飛ぶまであと10分我慢。

2016年11月25日 Fri

「羽咋のオフィスビル」

2016/11/25/07:35-17:40
小雨→くもり→小雨
今日は23日よりフリースを1枚余分に着たので雨でも
震えるほどではなかった。カッパのズボンも効果があった。
ただ昼食時以外は一日立ちっぱなしなのでぎっくり腰が悪化しそうだった。
杭工事の合間に原田稔氏と電気の打合せ
今日の杭施工順 2→3→4→5→6→7→8→9→10→11

IMG_0315.JPG

おおっ、虹がたってる


IMG_0317.JPG

アラレが降って轍が見えるくらいになった。まだノーマルタイヤなので左車線へうつる。晴れてほしいんだけど・・・。


IMG_0346.JPG

一昨日釜場に溜めた漏れ出たセメントミルクのプールは固まっていた


IMG_0355.JPG

固まった部分をユンボで削るとこんな感じ


IMG_0320.JPG

セメントミルクの比重を測る


IMG_0319.JPG

1.75でOK


IMG_0323.JPG

杭30本に1回採取するテストピースの抜き取り


IMG_0332.JPG

今日の1本目は2番杭からスタート


IMG_0337.JPG

杭芯に打ってある木杭にヘッドを合わせる


IMG_0342.JPG

ヘッドが少し入り込んだ時点でロッドの位置が杭芯と合っているか90°の二点へ逃げた鉄筋棒から馬鹿棒で測る。


IMG_0514.JPG

杭の鉛直を90°の2方向で確認する


IMG_0335.JPG

杭を沈設したあと杭頭の位置が杭芯にきているか馬鹿棒であたる


IMG_0357.JPG

杭の刻印で製作日と製作番号がわかる。どれをどの位置に打ったかも最後の報告書で提出してもらう。


IMG_0433.JPG

杭穴をあけているときに孔の壁が崩れないようにヘッドからベントナイト液を注入していく。ベントナイト液はその現場の土質にあった比重でつくる。

IMG_0435.JPG

ベントナイト液のもとクニゲルGS


IMG_0529.JPG

上からドバーッと調合されたセメントミルクが落ちてくる。調合盤側から見た写真。


IMG_0530.JPG

外部側からみた写真。文字通りドバーッ。


IMG_0383.JPG

セメントミルク


IMG_0387.JPG

杭の先端や周りにセメントミルクが注入されていき底が見える


IMG_0537.JPG

最後の杭(24本目・今日の10本目)の孔をあけセメントミルクが詰まった孔に杭を沈設する


IMG_0540.JPG

杭の中空の穴から杭孔内のセメントミルクがバシャーッと溢れてくるので逃げる。


IMG_0543.JPG

杭頭の位置を確認して・・・


IMG_0544.JPG

杭頭のレベルを確認すると作業終了。明日からは杭打ち機やプラントの分解。


IMG_0588.JPG

繊維会社で廃棄処分になった糸を巻く木製の芯がいっぱい・・・薪ストーブのために2袋もらった

岡田建設工業からの日報

平成28年11月25日(金)
天候  雨時々曇
最高11℃・最低6℃

本日の作業
・本杭打設 No.2,3,4,5,6,7,8,9,10,11
  三谷セキサン 竹野茂・河合大輔
  山本運輸  堀田和彦・伊藤弘幸・江添清和・西村秀忠
・13:50−14:40  北陸電気設備 原田氏打合せ

明日の予定
・セメントミルクプラント解体搬出・杭打ち機解体

R0027268.JPG

5番杭の杭頭の誤差が一番大きくて50mm50mm (撮影/岡田建設工業)


R0027280.JPG

6番杭の鉛直を検測中 (撮影/岡田建設工業)


R0027285.JPG

6番杭の杭頭レベル確認中 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月26日 Sat

黒大豆を収穫

05:40-17:10
雨→くもり→晴れ→くもり
帰りの「のと里山海道」(自動車専用道路)で歩いているおばあちゃんを保護するところのパトカーが居た。どこから入ったんだろ?

IMG_0550.JPG

今日も昼食は焼き芋。火をおこして芋をのせてから作業開始


IMG_0551.JPG

雨が止まないのでカッパを着てニンジンを掘る


IMG_0552.JPG

今から定植するソラマメの苗20株


IMG_0554.JPG

新しい畑の近くに白鳥が来ているらしいので見に行ったら鴨が一気に飛び立った


IMG_0557.JPG

上空の鴨は臆病だけど白鳥は知らん顔をしてる


IMG_0566.JPG

左側に新しい畑がある。左奥の白い長い建物が畠田さんの工場でその奥がうちの畑。右の点々と白いのが白鳥。


IMG_0582.JPG

左と中央の手前がニンニク。中央の奥がタマネギの猩々赤。右が今日定植したソラマメ12株。ニンニクとタマネギの草取りをして鶏糞を追肥した。


IMG_0584.JPG

左はソラマメの8株を定植した。その右3畝はタマネギ。


IMG_0573.JPG

茎も葉も雨でずぶ濡れだけど晴れてきたので黒大豆を収穫する。12月になると晴れることなんて期待できないからね。


IMG_0576.JPG

茎を根元で切って3〜4株ずつ紐で縛って倉庫へ持っていく


IMG_0577.JPG

倉庫に逆さまに吊して干しておく。こういうスペースがないと不便だろうなぁ。


IMG_0589.JPG

ナメコが少しだけ採れた。椎茸のいい形のが1個採れたんだけど写真を撮るのを忘れて焼いて食べてしまった。


IMG_0548.JPG

畠田さんに柿とみかんをいただいた。今年は柿を沢山もらう年だ。


IMG_0586.JPG

左が畠田さんにいただいたキーウィ。右が谷口さんのお母さんにいただいたキーウィ。上が黄色で下が緑だそう。畠田さんのは緑。

「羽咋のオフィスビル」

岡田建設工業からの日報

平成28年11月26日(土)

天候  晴れ時々曇
最高14℃・最低9℃

本日の作業
・杭打ち機解体
・セメントミルクプラント解体搬出
  三谷セキサン 竹野茂・河合大輔
  山本運輸  堀田和彦・伊藤弘幸・西村秀忠

明日の予定
・セメントミルク残土搬出
・出来ればY2通り杭芯ずれ確認

R0027374.JPG

杭打ち機解体中 (撮影/岡田建設工業)


R0027382.JPG

杭打ち機マスト降伏 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月27日 Sun

「羽咋のオフィスビル」

岡田建設工業からの日報

天候  小雨
最高12℃・最低9℃

本日の作業
・セメントミルク残土搬出、Y2通り杭頭だし、杭芯ずれ測定  岡田建設工業  岡田浩之

明日の予定
・杭打ち機解体搬出

R0027389.JPG

セメントミルク残土搬出 (撮影/岡田建設工業)


R0027392.JPG

セメントミルク残土積み込み中 (撮影/岡田建設工業)


R0027412.JPG

基礎底付近まで掘削して杭頭を露出する (撮影/岡田建設工業)


R0027422.JPG

設計位置からの杭芯のズレを測量する (撮影/岡田建設工業)


R0027418.JPG

X方向・Y方向の芯ズレを測量中 (撮影/岡田建設工業)

2016年11月28日 Mon

本気菜園

IMG_0596.JPG

整理した2鉢のパプリカの実

タイヤ交換

IMG_0590.JPG

夏タイヤからスタッドレスに交換中


IMG_0593.JPG

タイヤ交換完了。ワイパーのゴム(BoschのAMR-45)も交換した(前回は2014/11/30)。いつもならタイヤ交換後洗車してコートを掛けるんだけど雨が降ってきたので諦める。次の晴れた日にやろう。


IMG_0592.JPG

一回りまわってから増し締めする。218,721km。20万キロをこえた辺りからエンジン音が大きくなってきた。


IMG_0594.JPG

夏タイヤに噛んだ石を取ってから洗剤で汚れを落とす


IMG_0595.JPG

洗い終わったら数日間乾かす

「羽咋のオフィスビル」

岡田建設工業からの日報

平成28年11月28日(月)
天候  曇時々雨
最高11℃・最低8℃

本日の作業
・杭打ち機解体搬出
 三谷セキサン 竹野茂・河合大輔
 山本運輸  堀田和彦・伊藤弘幸・江添清和、・西村秀忠
 城西運輸機工 脇坂文雄

明日の予定
・基礎掘削、砕石地業 岡田建設工業 佐山1人の予定
 12/02(金)捨てコン打設希望

image1.JPG

杭打ち機解体完了 (撮影/岡田建設工業)


image4.JPG

杭打ち機の上に載っていたディーゼル発電機搬出 (撮影/岡田建設工業)


image7.JPG

重機のいなくなった現場入り口側 (撮影/岡田建設工業)


image8.JPG

上の写真の右側・綺麗さっぱり (撮影/岡田建設工業)


image9.JPG

その右側(建物が建つ位置) (撮影/岡田建設工業)

2016年11月29日 Tue

洗車

IMG_0600.JPG

昨日タイヤとワイパーゴムは交換した。今日は洗車してコート掛けて、フロアマット洗って、硝子を拭いて・・・冬の用意はできた。218,725km。

「羽咋のオフィスビル」

岡田建設工業からの日報

平成28年11月29日(火)
天候  曇後雨
最高10℃・最低6℃

本日の作業
・基礎掘削
  岡田建設工業  佐山政博

明日の予定
・基礎掘削、砕石地業、捨てコン天端出し
・PM1:30より定例会議
・12/02捨てコン打設予定

004.JPG

基礎掘削・残土積み込み中 (撮影/岡田建設工業)

散髪

16:20-18:30
夕方に行くのは初めて

2016年11月30日 Wed

「庫裡」

08:45-09:25
晴れ・寒い

敷地測量を建て主から測量事務所に発注してもらった
宮林健治・野村義明と現地で打合せ

「羽咋のオフィスビル」

09:25-17:25
晴れ

岡田さんにキーウィをお裾分け
09:25-11:45
 岡田建設工業で「建築確認申請内容変更届」に印鑑をもらう。
 中能登土木事務所へ変更内容の説明
 「工事費減額のためQLデッキ(JFE建材)をMAデッキ(明治鋼業)に変更する」
 図面に描いてある「QLデッキ」の文字全てを修正して提出だって・・・参った。
 消防の分も必要だとは思わなかった。12/02に提出することにした。
11:45-12:00 羽咋郡市広域圏事務組合消防本部予防課 北山雅大氏に変更の説明
12:30-現場
 岡田浩之氏
 北陸電気設備 原田稔氏
 羽咋設備 樋口裕由樹氏
13:00 警備保障打合せ
 ・岡田浩之氏
 ・ALSOK 安田一平氏・児玉繁氏
15:00 太陽電池打合せ
 ・岡田浩之氏
 ・北陸電気設備 菊田三雄氏・原田稔氏
 ・柿本商会 馬場浩栄氏
 ・日立コンシューマ・マーケティング 伊東勉氏・小山欣一氏
16:15 鉄筋打合せ
 ・岡田浩之氏
 ・西沢鉄筋工業所 西沢博幸氏・田村久夫氏

IMG_0601.JPG

良い天気だけど寒い


IMG_0605.JPG

地盤が砂質土だと遺跡発掘現場みたいになるなぁ・・・


IMG_0607.JPG

掘削が終わったら右に積んである砂利を敷く・・・でも、その前に杭天端の角鋼を取ってサンダー掛けしてからキャップしなくっちゃいけないんだけど12/02に間に合うのかなぁ?
岡田建設工業からの日報

平成28年11月30日(水)

天候  晴れ後曇
最高10℃・最低2℃

本日の作業
・基礎掘削、砕石地業、捨てコン天端出し
  岡田建設工業、岡田浩之・山田治・佐山雅博・木舩浩

定例会議
・PM1:30〜PM2:30  外部引き込み線、警備について打合せ
01.外からの回線について
02.ALSOKセンサーの付ける位置
      各テナントに付けるより、北陸綜合警備保障で集中管理してもらう
・PM2:30〜PM3:00  設備打合せ施工図が出来てから再打合せ
・PM3:00〜電気打合せソーラーパネル関係
・PM4:00〜4:45鉄筋打合せ、ベース袴筋のフックについて
  立ち上がりの縦筋について、
      FG3主筋アンカーについて、梁主筋端部収まりについて
・ルーフドレンについて
 付属の溶接用丸棒を取り外し頭まで入るボルトを取付、梁と溶接固定する
・避難ハッチについて
 袴の有無を確認する

明日の予定
・基礎掘削、砕石地業、捨てコン天端出し 岡田建設工業 岡田、山田、佐山、木船

R0027466.JPG

杭芯ズレの測量 (撮影/岡田建設工業)


R0027468.JPG

杭まわりの掘削中 (撮影/岡田建設工業)