2016年03月01日 Tue

今朝の積雪

IMG_2610.JPG

ガチガチに凍ってる

2016年03月04日 Fri

本気菜園

  • 日中の気温が15℃まで上がったので今シーズンの本気菜園を始める。明日は17.7℃、明後日は19.6℃まで気温が上がるらしい。今年の春は早いのか?
  • 冬の間玄関の中に入れてあったアスパラガスの苗を外に出す。
  • 葉の落ちていないパプリカを外に出して陽に当てる。
  • パセリの中耕と追肥。
  • サニーレタスの布トンネルを片付けて中耕と追肥。
  • ムサシ→ほがらか村へ。
IMG_2613.JPG

上が「インカのめざめ」青森産500g390円カネコ種苗で下が「キタアカリ」北海道産1kg240円。


IMG_2614.JPG

左が「インカのめざめ」21個。右が「キタアカリ」14個。玄関の中で芽出しする。


IMG_2642.JPG

有機石灰セルカ430円。普通の石灰との差はわからないがカキガラの方がいいような気がして・・・。


IMG_2643.JPG

樹脂鉢やパレットの掃除用にホイルブラシ298円。竹挽き鋸240(TN240-K)340円を2枚。


IMG_2612.JPG

汚れたパレットを水洗いして乾かす


IMG_2638.JPG

上のパレットがトウモロコシ15ポット・トマト5ポット。下のパレットがナス8ポット・パプリカ8ポット・鷹の爪8ポット・キャベツ8ポット・パセリ8ポット・・・に播種。パレットは玄関の中に入れておく。


IMG_2637.JPG

黒大豆の残りを選別して磨いた。これははじいたダメ豆。


IMG_2636.JPG

上の3つが虫食い。下の左から皮の破裂。皮の皺。色抜け。


IMG_2626.JPG

1kgずつ6袋でちょうど6kgの収穫


IMG_2639.JPG

昨年播種したスナックエンドウと絹サヤの苗。苗としては大きくなりすぎてるけど明日定植する。

マスタード

09/15につくったマスタードがなくなったので・・・

IMG_2644.JPG
上がブラックマスタード・左が黄からし菜・右がホワイトマスタード。2012年秋に収穫した3種類がまだなくならない。2014年に収穫したホワイトマスタードと黄からし菜にも手をつけていない。しいていえばブラックマスタードが少ないんだけどそれでも100ccくらい残ってる。来年ブラックマスタードを作るか・・・。


IMG_2646.JPG

粒が残るくらいまで擂り粉木でゴリゴリやる。これくらいでOK。


IMG_2650.JPG

擂ったマスタードを瓶に入れ、ぬるま湯でこねる。しばらくおいて辛みが出てから酢・白ワイン・胡椒を入れてまたコネコネする。これで完成。

2016年03月05日 Sat

畑仕事開始

06:00-16:10
晴れ
  • 軽トラのエンジンがかかるか心配だったけど、バッテリーぎりぎりって感じでなんとか。
  • 畑に行く時は手を洗ったりするための水を5L持っていくんだけど・・・久しぶりの畑だからか忘れていた。熱いお茶であっちっちってなりながら手を洗った。昨晩、今日の用意をしているとき何か足りないと思っていたんだけど・・・。思い出せないってことが老化か。だよなぁ。
IMG_2654.JPG

桜峠手前の当目で2℃。柳田村は雪深いなぁ。


IMG_2663.JPG

冬の間にブロッコリーの葉が鳥にたべられないように網を掛けておいたが雪で竹の支柱が折れてめちゃくちゃになっていた。ようやく復旧。


IMG_2674.JPG

この冬は重い雪が積もったようで折れた竹や杉の枝を皆さんが燃やしている。


IMG_2665.JPG

無花果の木に落ちた杉の枝が絡まってる。取ったら長さが2.5mもあった。


IMG_2666.JPG

ビワの枝が折れ放題。太い幹が折れたので細い方を生かすしかなくなった。


IMG_2667.JPG

倉庫の屋根に折れた杉の枝が乗ってる


IMG_2669.JPG

屋根に上がってチェーンソーで伐っていく。滑り落ちそうで怖い。折れた竹と杉の枝が絡まってほどくのが大変。地面の上でその作業するのも大変なのに屋根の上でなんて。


IMG_2673.JPG

道路の奥の方に散らばっていた杉の葉を掃除して持って来た。この上に今日伐った竹や杉の枝を置いて燃やす。


IMG_2675.JPG

景気よく燃え上がるのでどんどん竹や杉の枝をくべる。太い枝は直径10cm以上あった。今日中に全部燃えるのか?


IMG_2683.JPG

杉って油分が多いから綺麗さっぱり燃えちゃった。身体中に煙の臭いがついて燻製のようになってる。


IMG_2672.JPG

新しい畑に絹サヤとスナックエンドウを定植した。今年は絹サヤが20株・スナックエンドウが10株。


IMG_2678.JPG

ソラマメは雪に埋もれても平気なようでホントに寒さに強いわ。


IMG_2680.JPG

傷んでいる葉もあるけど全然平気。


IMG_2679.JPG

タマネギとイチゴの草取り後、鶏糞を追肥。


IMG_2677.JPG

シイタケ・・・大漁・・・だけど時間が経ってるので開きすぎのが多い。まぁこれは仕方ないよね。今日から畑仕事開始だから次回からはいい感じのが採れると思う。


IMG_2690.JPG

ニンニクの草取り後、鶏糞を追肥


IMG_2681.JPG

まるでエイリアンの卵。不気味だけどこれを1〜2枚剥ぐとヨトウムシが出てくる。4〜5枚剥ぐと・・・


IMG_2684.JPG

綺麗な白菜が出てくる


IMG_2691.JPG

巻かなかった白菜は薹が立ってる。これが菜花。


IMG_2685.JPG

収穫した菜花


IMG_2682.JPG

収穫したブロッコリーの側花蕾


IMG_2687.JPG

谷口ひとみさんからワカメをいただいた


IMG_2686.JPG

倉庫に野菜が置いてあった。小松菜・水菜・春菊・・・きっと畠田豊作さんの奥さんだ。帰りに野菜のお礼を伝えようと豊作家へ寄ったとき、昨年頂いた小豆のお礼を伝えたら「もっと持っていく?」と・・・1.5kgくださった。珠洲の方って一回の量が僕たちの感覚の数倍なんだよね。太っ腹すぎる〜。

2016年03月06日 Sun

「庫裡」

08:45-11:00
晴れ
此花町で打合せ

「既存不適格調書」に添付する「建築の時期を示す書類」をつくるため、アルバムから昭和25年の建築基準法施行前に建物が建っていたことを証明する写真をさがしてもらった。昭和13年に8歳のお父さんが和室で写っている写真と昭和33年に玄関で1歳の現住職とお母さんが写っている写真をピックした(昭和33年時点で十分古い建物であることがわかる→基準法施行後に新築されたとして築8年以下には見えない外観)。来週指導課へ持って行ってみる。鐘楼の棟札には寛政五年十月吉日(1793年)と書かれているので、今の本堂や庫裡はこの時期に建てられたんだろうけど、客観的に証明するのって難しいんだよね。

IMG_2719.JPG

建て主のお母さんがブンタンの皮でつくった「オレンジ・ピール・・・いやブンタン・ピール」をいただいた。

本気菜園

IMG_2722.JPG

イチゴの下葉と花や蕾を切り落とす。下葉は冬の間に風でボロボロになってる。また冬の間、寒さに抵抗するためロゼット葉になって土にぺったりとくっつくようになっているが、これから気温が上がるのに土にくっついたままだと病気になったり虫の住み処になるので切ってしまう。北陸ではまだ虫が活動しないのでこの時期に花が咲いていても受粉できない。実にもならない花にエネルギーを費やされても無駄なので花や蕾は落とす。


IMG_2728.JPG

剪定後。さっぱりとしていい感じ。上の写真と鉢の位置は同じ。


IMG_2726.JPG

剪定前のイチゴ


IMG_2727.JPG

中耕してから剪定完了。一株に最低3枚残っていればいいらしいが、汚い葉のみ取ってから鶏糞を追肥した。


IMG_2729.JPG

玄関の前においてあるやつも・・・


IMG_2730.JPG

剪定完了。これから気温が上がって春になると葉の茎も長くなって行く。


IMG_2733.JPG

イチゴの株元を「クラウン」と呼ぶ。クラウンが大きいと実がたくさんつく。苗を定植してから春までに如何にクラウンを大きくするかが勝負らしい。この写真のクラウンは小さくてショボい。


IMG_2735.JPG

こちらのクラウンは上の写真の下部の倍くらいの大きさになってる。

2016年03月07日 Mon

本気菜園

IMG_2736.JPG

晴れた日は干し椎茸つくり。シイタケが分厚いから時間が掛かる。

2016年03月08日 Tue

「庫裡」

08:40-09:20
小雨
金沢市役所建築指導課 石田氏へ昭和13年と現在を比べた写真の写しを提出

2016年03月09日 Wed

餅つき

02/04についた餅がなくなったので搗く。

00:00 米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
09:00 1回目水切り(研ぎから9時間)・落花生を水に浸ける
09:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
10:00 2回目水切り
10:08 1回目蒸し上がり
10:12 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
10:27 1回目つき上がり
10:35 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生160cc)
11:10 2回目蒸し上がり
11:16 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
11:32 2回目つき上がり
11:45  後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから5時間)
23:00  (03/10)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る

二回目の豆餅を搗いているとき、餅つき機の中から金属が擦れるような音が出だした。釜から餅を持ち上げて負荷を無くすと音は止む。釜に餅を置くと音がする。やっぱり豆餅は負荷が大きいんだな。はやく修理してもらわなくては・・・。

2016年03月10日 Thu

餅切り

IMG_2737.JPG

23:00 昨日搗いた昆布餅と豆餅を切る。中田クンと長村の実家にお裾分け。

本気菜園

IMG_2739.JPG

「サカタのタネ」からトマト(麗夏)・ヘチマ・春白菜(ゆめぶき502)・小玉スイカ(紅こだま)・イエローポップの種が届いた。

2016年03月11日 Fri

本気菜園

  • 晴れているけれど寒い
IMG_2740.JPG

春白菜8ポット・トマト12ポット・小玉スイカ4ポットに播種

2016年03月12日 Sat

蔦の絡まる・・・

05:50-15:40
小雨(金沢)→くもり→霙(帰り道)→晴れ(金沢)

IMG_2751.JPG

桜峠手前の当目の気温はマイナス1℃


IMG_2762.JPG

駒渡の手前。今朝降った雪が樹の枝を真っ白にしてとても綺麗


IMG_2772.JPG

畑・・・積もってる。とんでもなく寒いし・・・


IMG_2773.JPG

軽トラはセル一発でエンジンがかかった。昨年バッテリーを交換してよかった。でも、今度はワーパーが動かない。ウィンウィンと音はするんだけど・・・。向こうの畑までの距離だからワイパー無しで我慢するか。


IMG_2777.JPG

寒いので身体を動かすことにして雪で折れた竹を伐る。


IMG_2788.JPG

細いまま大きくなった竹も伐る


IMG_2779.JPG

ソラマメの様子


IMG_2780.JPG

先週定植したエンドウ豆の様子


IMG_2784.JPG

これじゃぁわかんないよね・・・イチゴの畝です


IMG_2783.JPG

イチゴの様子


IMG_2785.JPG

タマネギの様子


IMG_2786.JPG

この手前の原木・・・これだけ生えたら今年でダメになっちゃうんじゃないの?ナメコのようにシイタケが生えてる。


IMG_2787.JPG

なんか普通の大きさに見えるけど全部大きいんだよ一番大きいのが12cm。


IMG_2792.JPG

畑に一生懸命で油断してたわ。蔦がとんでもないことになってる。これ手の届く高さまで取ってしまった後の写真だからね。作業前の写真撮っておけばよかった。


IMG_2795.JPG

手の届く高さまでとった後は、はしごを掛けて蔦を剥がす。上の方でも蔓の直径が1cm以上になっていて、もう大変。瓦や壁の下見板の隙間に入っていったりして・・・もうっ!


IMG_2797.JPG

どーです。綺麗になったでしょ。次は竹林側の面を・・・


IMG_2789.JPG

これがまたすごい。1mピッチくらいで地面から生えたのが壁全面を覆ってる。


IMG_2791.JPG

蔦の生え際は直径5cmにまでなっちゃってる。如何にメンテナンスしてなかったか・・・恥ずかしい。


IMG_2798.JPG

はしごを掛けて上の方からバリバリと剥がす。太い蔓は竹用鋸で切る。


IMG_2801.JPG

綺麗さっぱり。散髪終了。はしごをずらしながら軒樋の中にたまった土も掃除した。今日は上向きの作業が多くて腕がもう上がらない。疲れ果てたので時間は早いけど帰ることにする。


IMG_2799.JPG

取った蔓は畑において乾かしてから燃やす。厄介者も燃やせばいい肥料さ。


IMG_2803.JPG

収穫した白菜の菜花


IMG_2812.JPG

手前が今日収穫したシイタケ。奥が先週収穫したヤツ。早い時間に帰ってくると色んなこと(洗車とか軍手を洗ったりとか)が明るいうちにできてとてもいい。でも本格的に春になったらぎりぎりまで作業をしてしまうんだよなぁ。

食事

21:30-22:30
和ごころ料理「梅みづき」

洗車

IMG_2807.JPG

珠洲から帰ったら凍結防止剤のせいで車が真っ白。天気も良いし洗いましょ。


IMG_2809.JPG

イオンコートも掛けてぴっかぴっかです。199,062km。

2016年03月13日 Sun

「庫裡」

08:20-12:10
晴れ
高松で打合せ

食事

18:00-20:45
くもり→小雨
母と三人で「京城園」→「サブリナ」

2016年03月15日 Tue

餅つき機

2011/12/26に一升用の餅つき機AFC-10Fを買った。

03/09に豆餅を搗いているときに異音がしだしたので、今日修理をお願いしに行ってきた。東芝に問い合わせてもらうと、恐らく軸部がダメなんだろうとのこと。修理代金15,000+消費税で16,200円。東芝に送ってこれ以上かかるようだったら見積を出すとのこと。その時点で修理を取りやめても1,080円はかかりますとのこと。いや、この価格なら新しいのを買えるんじゃない?・・・と一度家に帰る。ネットで調べると
AFC-10Fは生産が終わっていてPFC-20FKに変わっていた。その最安値が15,353円・・・新しいのを買う方が安いわ。

で、PFC-20FKを買おうかと思ったのだが、また4年くらいで軸部がダメになるんでしょ。それならモーターや軸部が強力な2升用の方が安心じゃない?ってことでAFC-296を買うことにした。価格.com最安値の「AQUA-FEEL」と2位の「アキバイーチョイス」で比較。何れもカード払いは無しなので代引きで比べる。送料・5年延長保証などを入れると料金は殆ど同じ。違うのは配送方法。ヤマト運輸と佐川だとヤマトだよね。で「AQUA-FEEL」に決定。

AFC-296 21,000円
5年延長保証 2,000円
送料 700円
代金引換手数料 324円
計24,024円

ただ2升用だと寸法がねぇ・・・しかたないけど。
AFC-10F 幅250×奥行353×高さ309×質量7.4kg
AFC-296 幅398×奥行310×高さ375×質量10.7kg
2升用で1升を搗くならモーターや軸部の強度にもゆとりがあっていいと期待している。

「庫裡」

08:40-09:40
小雨
金沢市役所建築指導課石田氏と打合せ

2016年03月16日 Wed

餅つき機

IMG_2817.JPG

03/15/11:13に注文した餅つき機が03/16/13:00にはもう到着。早いなぁ。左が2升用のAFC-296で右がこれまで使っていた1升用のAFC-10F。新しいのでかいわ〜。


IMG_2815.JPG

操作パネルは長辺側になった。古いのはまだ完全に壊れているわけではないのでいざという時の予備のために置いておくことにした。餅を作っている途中(蒸していたり搗いているとき)に壊れるのが一番怖い。こんなにたくさんの餅米どうする?ってなっちゃうからなぁ。

本気菜園

IMG_2819.JPG

03/04に播種したキャベツが発芽してる


IMG_2823.JPG

冬の間車、庫の奥に入れてあった無花果を外に出した


IMG_2822.JPG

ブンタンとユズの鉢も外に出した


IMG_2832.JPG

車庫の前のイチゴとレタスの様子


IMG_2833.JPG

玄関の前のイチゴの様子


IMG_2826.JPG

イチゴの葉はだんだんと立ってきてる

IMG_2829.JPG

天気が良いのでシイタケを干す

2016年03月17日 Thu

本気菜園

IMG_2835.JPG

玄関で芽出ししているジャガイモの様子。芽が出てきてる。

2016年03月18日 Fri

本気菜園

  • 今日の最高気温・・・20℃。暖かい。
  • 夕方から雨。
IMG_2838.JPG

03/11に播種した春白菜が発芽したのでポットを外に出す


IMG_2836.JPG

昼食のサンドイッチ用にサニーレタスを10枚ほど収穫

2016年03月19日 Sat

素堀側溝掘り

06:10-16:30
  • 09:40-10:00 冬の間に杉の木と竹が折れて倉庫の屋根の棟の雁振瓦が何枚かと桟瓦が何枚か割れていたので矢野さんに修理をお願いした。
  • 畠田豊作さんに今年も堆肥をお願いした。あまり量が無いらしく今年はダンプ一台分になった。
IMG_2842.JPG

桜峠手前の当目で気温9℃。暖かくなった。道路の右側にはまだ雪が残ってる。


IMG_2843.JPG

畑の様子。雨じゃ蔦は燃やせない。カッパを着て一年間で埋まった側溝を掘り直すことにした。


IMG_2855.JPG

作業の前に新しい畑の点検とシイタケの収穫をする。植わっているのは1段目のみ。2段目より上はサトイモ・ショウガ・黒大豆を収穫したままになっている。


IMG_2846.JPG

絹サヤの様子


IMG_2849.JPG

ソラマメの様子


IMG_2852.JPG

イチゴの様子。新しい葉は出てきてるけど、まだ茎が立っていない。珠洲は金沢より気温がだいたい2℃低いからなぁ。


IMG_2853.JPG

タマネギ(ねおアース)の様子


IMG_2854.JPG

タマネギ(猩々赤)の様子。この時期にタマネギがこんなに大きくなったのは初めて。猩々赤は早生だからってのもあるけど・・・今年のは苗がよかったんだと思う。


IMG_2881.JPG
s
シイタケが豊作。長村の実家にお裾分け。


IMG_2857.JPG

まずこの素堀側溝から掘り直す


IMG_2861.JPG

紐を張って・・・


IMG_2862.JPG

左側を掘り終わったので、次は右側に紐を張る


IMG_2864.JPG

お向かいさんに「U字溝を入れたみたいにピシッとしてるね」と誉められた


IMG_2858.JPG

次は道路側を・・・


IMG_2866.JPG

同じ様に紐を張って・・・


IMG_2871.JPG

土が水を吸って重い重い。腰にくるわ。


IMG_2874.JPG

次は構内道路側をやっつけるぞ


IMG_2877.JPG

かなりしんどかった。もうヘロヘロ。


IMG_2870.JPG

最後は構内道路奥の小さいU字溝の中を掃除する


IMG_2879.JPG

上の写真とあまり変わっていないように見えるけどちゃんと掃除した


IMG_2867.JPG

こちらの道路際の一皮分を荒起こししておく


IMG_2873.JPG

道路側の荒起こし完了


IMG_2880.JPG

黄色くなってる古い竹を伐る。側溝掘りで疲れていたので4本伐って終わり。


IMG_2875.JPG

ニンニクの様子。和泉が草取り。


IMG_2884.JPG

白菜の菜花


IMG_2886.JPG

ブロッコリーの側花蕾

来所

IMG_2891.JPG

中村忍さんから東京のお土産に仙太郎のぼた餅をいただいた

2016年03月21日 Mon

本気菜園

IMG_2894.JPG

昼食のサンドイッチ用にサニーレタスを7枚収穫


IMG_2895.JPG

落花生の殻から実を出す。まずはC級の自家用・・・あまり実が入っていないイマイチな莢・・・から作業開始。先にA級やB級から
始めるとC級になったとたん回収率が悪くてがっかりするから、できの悪い方からにする。


IMG_2898.JPG

まだ陽は出ているけど肌寒くなってきたので作業終了。左が餅に入れるやつで670g、右がお裾分け用の煎って食べるできのいい落花生で260gを回収した。この作業は5月の連休までに終わらせる予定。

2016年03月22日 Tue

プリンターを購入

昨年末くらいから2006/12/22に買ったCANON Satera LBP3500 A3レーザープリンタの調子が悪くなっていた。紙を2枚ずつ持って行かれてプリンタの前側と後ろ側で詰まってしまう。カセットに1枚だけ紙を入れると問題なく印刷できる。・・・が、打合せの前日になると毎回1枚ずつ用紙をセットして、印刷して、また用紙を1枚セットして・・・と面倒さ爆発。修理してもらおうかと思ったのだが・・・

2006/12/22 プリンターLBP3500購入46,380円
  
この間3年 付属のトナーを使用
  
2009/11/23 トナーカートリッジCRG-509(0045B004)購入32,580円
  
この間6.5年 購入したトナーを使用
  
2016/03/22 プリンター購入検討 

上記を見るとそろそろトナーが無くなる時期にきている。修理してもまたすぐにトナー代(今日の最安値31,137円)がかかってしまう。購入後10年弱という期間を考えると他の部品も消耗してきているだろうから、数年のうちにまた壊れる確率大。新しい機種のLBP8100は実売最安値で44,345円。廃盤になったこのLBP-3500はまだ販売されていて最安値が22,640円。それなら今使っているのを修理するより今と同じ機種を22,640円で買った方がいいよね・・・ってことになった。

いつものように価格.comで調べる。最安値は「e-trend」と「NTT-X Store」の2社が同価格で税込送料無料の22,640円。「NTT-X Store」は無料会員登録するとこのプリンターが2,840円割引になるクーポンがついてくる・・・でここに決定。22,640−2,840=19,800円で注文した。

先日は餅つき機が壊れた。次にプリンター。こういうのうつるから次は何だろう?・・・あ、ユニットバスの壁に腐食で穴があいているんだった。

本気菜園

IMG_2899.JPG

今日も天気が良いので日光浴しながら落花生の殻剥き。

昨日からのC級が終わってB級に取りかかってる。B級はC級と違って中身が詰まっているので作業していてもやりがいがある。昨日のC級は中身があっても小さかったりで捨てる実が多すぎて・・・でも、たまにちゃんとした実が入っていることがあるのでやらないわけにはいかないし・・・と、半分嫌々作業だった。このなんとか級は落花生の選別時に僕が勝手にクラス分けしているだけで主観的な分け方にしかすぎない。S級は次年度の種用で一番立派な莢。あとはAからCまでの4クラスに分けている。Cは捨てるには忍びないけど中身に期待できないよね、せいぜい自分たちで食べる用か・・・って感じ。A級だとお裾分けしても自慢して配れるくらいの莢。C級さえ終わればこの作業も結構楽しいのだ。莢を割って大きい実がでてくると「これは有田さんに、これは武山さんに」ってお裾分けする人の顔を思い浮かべながらなので時間の経つのがあっという間。

2016年03月23日 Wed

なんか違うなぁ

ND(4代目ロードスター)のRHTバージョンが「ロードスターRF」として発表された。これタルガトップって感じだな。NCがいいや。

もう届いた

11:00 佐川急便
曇り
昨日12:30に注文したプリンターLBP3500(モノクロA3レーザープリンター)がもう届いた。速っ。24時間経っていないのに。

IMG_2901.JPG

トナーはこれまで使っていた1代目のを引っ張り出して使った。付属のトナーは今のが無くなるまで保管しておく。同じ機種だからケーブルを繫げばすぐに印刷できると思っていたんだけど「エラー」がでる。そのうち気が付くとプリンターリストに「CanonLBP3500(1コピー)」ってのが勝手に作られて、それを選択すると印刷できた。

2016年03月24日 Thu

寒い

なんか寒いと思っていたらアラレが降っていた

2016年03月25日 Fri

第一生命

13:50-16:10
松野芳子さん・松野奈美さん来所
保険の見直しについて

2016年03月26日 Sat

耕耘開始

IMG_2909.JPG


能登里山海道・・・良い天気になりそう。予報も晴れだった。


IMG_2910.JPG

あっれ〜っ。雨が・・・


IMG_2911.JPG

畑の様子


IMG_2913.JPG

白菜の様子。薹が立った先端の菜花を毎回収穫しているが、とうとう一番上に花が咲いていた。一週間に一度の収穫より成長の方が早くなってしまった。


IMG_2914.JPG

03/22に倉庫の外壁から剥がした蔦を燃やす。ついでに雪で折れたビワの枝・葉も燃やす。火をつけたら雨が降りだしたのでカッパを着て作業する。強い雨ではないので火は消えない。


IMG_2917.JPG

03/12と03/19に伐った竹の枝も燃やす


IMG_2918.JPG

多分来週には畠田豊作さんが堆肥を持って来て下さるので、それまでに昨年の残りを畑に撒く。


IMG_2931.JPG

上の畑へ一輪車7杯分を持っていく


IMG_2921.JPG

葱を植える法尻付近は土が凸凹しているのでスコップで運ぶ。雨が止んだ。カッパを着て作業していると内が蒸れて濡れるので雨があがって助かった。


IMG_2922.JPG

納屋側の端は一輪車で一杯分持っていく(傾斜の上の方が土がやせてる。いい土は雨で流されて傾斜の下側に溜まるから)それでこちら側は多めに堆肥を入れる。


IMG_2924.JPG

雑草が凄いので荒起こしとしてざっと耕耘機を掛ける


IMG_2927.JPG

ネギの畝まわりの荒起こしが終わったので、素堀側溝のこちら側にも耕耘機を掛ける。側溝際は時間が掛かるので次回にでも。


IMG_2926.JPG

耕耘中。冬の間に土が固くなっているので、耕耘機が跳ねる。ローターが土に噛むように力を入れて押さえつけながらなので親指と人さし指の又に水ぶくれができる。


IMG_2928.JPG

荒起こし完了。手前の島状の部分はアスパラガスが植わっている畝。邪魔なんだけど多年草だから一度植えたら動かせない。根が1mくらい伸びるらしく掘りあげて場所を移すのは面倒だし・・・と、このまま。


IMG_2934.JPG

堆肥を撒く


IMG_2935.JPG

反対側から。堆肥はまだ残っているので来週続きをやる。


IMG_2951.JPG

納屋の瓦の修理を先週矢野さん(矢野本家謹製瓦株式会社←会社名がカッコいいよね。昔は瓦を焼いていたんだけど今は葺くだけ)に頼んだのだが、もう終わっていたので支払いに行く15,000円。おばちゃんが「畑をやっているんだってね」と領収書と一緒に缶コーヒー(ジョージアEUROPEAN香るブラック)をくださった。なんとなく、お使いにきた小学生の気分。


IMG_2938.JPG

ソラマメの様子。寒さに強いので失敗することはない。


IMG_2940.JPG

エンドウ豆(手前が絹サヤ・奥の方がスナックエンドウ)


IMG_2943.JPG

イチゴの様子。イチゴも失敗しないねぇ。


IMG_2942.JPG

タマネギ(ネオアース)の様子。タマネギは成功するのが難しい。


IMG_2944.JPG

タマネギ(猩々赤)の様子。もうネギみたいに大きくなってる。成功か?


IMG_2930.JPG

左上が畠田さんからの菜花・・・何の菜花かわからない。右はうちの白菜の菜花。


IMG_2947.JPG

収穫したシイタケ


IMG_2948.JPG

木越さんにお裾分け。こういう似合った入れ物に入れて和泉がいう「ほら、とっておいてよかったでしょ」・・・と勝ち誇ったように・・・。うちの母もよく同じ様に言っていた。そのためにどれだけのスペースが犠牲になっていることか

20万q

IMG_2946.JPG

畑から帰ったら200,042kmだった。今日はガソリンが1L100円・・・いいねぇ

2016年03月27日 Sun

本気菜園

IMG_2952.JPG

良い天気なので落花生の殻剥きを。左が自家用で右がお裾分け用。

「庫裡」

11:50-14:45
快晴
高松で打合せ

2016年03月28日 Mon

本気菜園

  • 晴れ
IMG_2956.JPG

03/04に播種したパセリが発芽している

本気菜園

IMG_2958.JPG

今日も午後の2時間は落花生の殻剥き作業。今日で写真のB級は終わってA級に取りかかる。A級は莢も大きいしみっちり実が詰まっていて作業しても楽しい。


IMG_2962.JPG

縫い目みたい模様が集まってきてるこちら側が莢の上側で紐のような子房柄で地上部と繋がっていた。


IMG_2964.JPG

この網目が立ったようになっている方が莢の下側


IMG_2967.JPG

莢の下側の網目の立った部分をプライヤーで挟むと殻がぱきっと割れる。莢の上側でやっても割れるのだが綺麗に割れないので種を出すのに手間取るのだ。大量の落花生の殻剥きには作業効率は大切。


IMG_2972.JPG

この何日かの成果。左がいいやつで2.6袋分。右が自家用で3.5袋分。

2016年03月29日 Tue

餅つき

03/09についた餅がなくなったので搗く。

23:00 (03/28)米研ぎ2升・とぎ汁を野菜の鉢に。
08:00 1回目水切り(研ぎから9時間)・落花生を水に浸ける
08:30 1回目蒸し始め・黒豆洗い
08:55 2回目水切り
09:00 1回目蒸し上がり
09:02 1回目つき始め(餅米10カップ・昆布30g・塩大さじ1.5)
09:16 1回目つき上がり
09:25 2回目蒸し始め(餅米9カップ・黒豆180cc・落花生170cc)
09:52 2回目蒸し上がり
09:56 2回目つき始め(塩大さじ1.7)
10:11 2回目つき上がり
10:30  後片付け終了
17:30 斗棒箱から取り出し(つき上がりから7時間)
22:00  (03/30)つき上がりから35.5時間後「もち切り」で切る。

新しい餅つき機AFC-296のパワーは凄くて、2升搗きのところを1升でやっているせいもあるんだろうけど餅がぐるんぐるんまわってそとに飛び出しそうな勢い。回るスピードが速くて餅が釜にくっつくこともない。釜に餅がくっつかないので手水をつけて餅をひっくり返す必要もないので楽。蒸す時間も搗く時間も短くなった。使い勝手は前の機種と比べると雲泥の差。5000ccの車と1000ccの車くらいの差がある感じ←どっちの車も乗ったことないけど、そんなイメージ。両方使ってみると1升しか搗かなくても2升搗きを買わないとダメだとわかる。ただ寸法が大きいのだけがネック。

IMG_2979.JPG

グリングリン回ってパワーを感じる

洗車

IMG_2975.JPG

200,138km。和泉が初めて洗車した。

本気菜園

IMG_2982.JPG

種用以外の落花生の殻剥きが終わった。上の段がA級900g×4袋+220g×1袋。下の段がB級900g×2袋・C級900g+850g。粒の大きさが上の段と下の段でかなり違うのがわかる。B級で普通の落花生の大きさくらい。A級は「おおまさり」らしい大きさ。B・C級は豆餅用でA級は「どや顔」でお裾分けする用。

2016年03月30日 Wed

餅切り

IMG_2984.JPG

22:00 昨日搗いた豆餅と昆布餅を切った。長村の実家と妹の関家へお裾分け。関家は「昆布餅しか要らない」と我が儘を言うので昆布餅のみ袋詰め。

2016年03月31日 Thu

家族と

17:20-19:40
家族8人(母・妹一家・弟の娘+うち2人)で「梅みづき」へ

本気菜園

IMG_2987.JPG

03/04播種・03/16発芽のキャベツの発芽が良いので、別ポットに分ける。


IMG_2988.JPG

03/11播種・03/18発芽の白菜を別ポットに分ける。


IMG_2989.JPG

左がキャベツ・右が白菜・中央下が03/04播種・03/28発芽のパセリ。キャベツの方が白菜の双葉より緑が濃い。


IMG_3006.JPG

03/11に播種したトマトが発芽してる

蕎麦の製粉

IMG_2991.JPG

先週畠田さんから借りてきた石臼で寒晒しの蕎麦の実を挽く。蕎麦の実は約3.5Lくらい。フルイはうどんや蕎麦を茹でるとき「てぼ」がわりに使ってるざるを使う。蕎麦打ちして食べるんじゃなくて「蕎麦のガレット」や「蕎麦がき」で食べるのであまり細かいフルイの必要はない。蕎麦殻の欠片も入るけど、舌に触る程の大きさじゃないのがいい。


IMG_2992.JPG

約3Lの蕎麦の実を一回挽き終わった状態。石臼の下の段が埋まるくらい。


IMG_2994.JPG

挽いた蕎麦を器に移す


IMG_2995.JPG

2回目を引き終わった状態


IMG_2996.JPG

右の2Lのペットボトルは2回挽いてフルイにかけたもの。500mlのペットボトルはその残りをもう一回挽いて(3回)フルイにかけたもの。左が3Lの蕎麦の実を3回挽いた残りの蕎麦殻。


IMG_3002.JPG

3回挽いた残りの蕎麦殻。まだ白い蕎麦の実が残っているけど分離する方法がわからない(4回目を挽くのはしんどい)のでここで終りとする。


IMG_2998.JPG

左が3回挽いたやつ。右が2回挽いたやつ。左のは蕎麦殻がたくさん混ざってるので色が濃い。


IMG_3004.JPG

もう蕎麦は面倒だから栽培をやめるわ・・・と言っていたんだけど、珠洲で2回自家採種を繰り返した種を全部食べて無くしてしまうのは勿体ないような気がして・・・左が種用として一応残した蕎麦の実300ml。1.8Lの綺麗なそば粉。500mlの蕎麦殻が多めに混ざったそば粉。