2013年05月18日 Sat

サトイモを定植

05:50-18:00
晴れ
  • タケノコを掘って茹でる。
  • 道路際の草刈り。
  • 畠田さんとワカメ採り。バケツ2杯分の収穫。
  • サトイモを定植(16+7+5=28個)
  • 新しい畑にオクラと枝豆を定植。
  • 新しい畑2段目の2コマ目を荒起こし。全部終わらないので一部にサトイモの残りを仮植え。
IMG_7736.JPG

ツバメの巣。今年は2組が巣を作っているようだ。もう一つはどれかまだわからない。


IMG_7740.JPG

タケノコはこれで最後かな。


IMG_7741.JPG

納屋の裏を草刈り。


IMG_7758.JPG

刈った草はビワや無花果の木の下に。


IMG_7742.JPG

裏の道路側も刈る。


IMG_7757.JPG

さっぱりした。


IMG_7744.JPG

昨年は葉まで出たのをもう定植していた。今年は芽が出ているだけ。


IMG_7745.JPG

こいつは左の頭だけではなく色んなところから芽が出てる。


IMG_7760.JPG

中央と左上2畝(竹の骨組みだけで布の張ってない畝)にサトイモを定植した。


IMG_7749.JPG

新しい畑の1段目1コマ目の道路側にオクラ6株と枝豆28ポットを定植した。オクラは375ピッチ。枝豆は300ピッチ千鳥。


IMG_7752.JPG

2段目を荒起こしする和泉。ここの土はよかった。


IMG_7754.JPG

荒起こし途中で時間切れ。黒く焦げているのは刈った草を燃やしたから。右の竹が4本立てているところにサトイモの残りを仮植えした。このエリアに3畝つくって定植するつもりだが間に合うのかな。ちょっと不安。


IMG_7755.JPG

ワサビはまだぐったり。この場所でいいのか不安になってきた。


IMG_7756.JPG

作業後の新しい畑。道路側の布トンネルが枝豆。手前が坊ちゃんカボチャとブロッコリーの布トンネル。


IMG_7767.JPG

最初に植えた枝豆の様子。


IMG_7769.JPG

レタスの様子。1株が虫にやられていた。


IMG_7770.JPG

ジャガイモの様子。うちのは遅い。


IMG_7771.JPG

ソラマメの様子。


IMG_7772.JPG

ニンニクの様子。病気が進行してる。


IMG_7781.JPG

タマネギの様子。


IMG_7773.JPG

エンドウ豆の様子。奥が絹サヤ。手前がスナックエンドウ。実がつくまで見分けがつかないけどね。


IMG_7774.JPG

アスパラガスの様子。ひょろひょろとのびてる。2畝の通路部分に来年は新しい苗を植えようと思う。


IMG_7776.JPG

ニンジンの様子。


IMG_7780.JPG

ブロッコリーの様子。


IMG_7783.JPG

アスパラガスとタケノコ。フキは畠田さんにいただいた。


IMG_7789.JPG

帰ってから20:30までワカメを洗って干した。まだ残ってるけど身体が冷えたので店じまい。

来所

18:30-20:30
中村さん来所
イチゴ・サクランボ・ビワ・グレープフルーツをいただく。
車庫で話をしながらワカメを洗っていたのであっという間に時間が過ぎた。
フルーツのお礼に今日採ったアスパラとタケノコ・乾燥ワカメと洗った生ワカメをお返しに。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高25℃ 最低12℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田 駿
・住宅空調機取付
  井上 井上伸一・新井
・住宅外壁材取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田 悟
・住宅浴室浴槽取付
  クレハロ 松室幸司
  文興業 経沢文敏・溝口雅之・ダコタ・ベイカー
・住宅各所床レベル補修
  福沢左官工業所 扇谷 誠・松井研吾
・医院2階ケミカルアンカー打設
  翔陽 宮保・泉

住宅の床レベルはモルタルで調整しました。

写真
 PICT7691 住宅外壁材留めピッチ
 PICT7701、02 医院AW-19排煙OP配線状況 
 PICT7704、05、06、07、08、09、10、11、12 医院2階ケミカルアンカー打設状況
 PICT7718、20、22、23 住宅浴室浴槽配管状況
 PICT7725、26、27、28 住宅空調機取付状況
 PICT7730 住宅床レベル補修状況
  
平成25年5月20(月)の予定
・住宅各所造作、医院外壁下地取付
・住宅外壁材取付
・住宅浴室ブロック積み
・住宅各所ドレン配管
・定例打合わせ 18:15〜

PICT7701.jpg

医院廊下突き当たりの排煙窓のオペレーター配管上側


PICT7702.jpg

オペレーター配管がRC躯体に入る位置


PICT7704.jpg

ケミカルアンカーと全ネジボルトM12


PICT7705.jpg

設備がRCスラブ上の土台を欠込んで配管を通した。当然それでは土台として弱くなるので両側にアンカーが必要となる。それでケミカルアンカーとなった。スラブ天端に書かれた赤や青の線はコンクリート内部の電気などの配管位置を示している。これを見越してコンクリート打設前に配管位置を測量するよう指示しておいた(2階の配管施工図を承諾していないんだから/以前なら承諾するまでコンクリートの打設は許さなかったけど歳とともに・・・)。


PICT7706.jpg

穿孔した穴の内部の掃除。先端がネジネジになったヤツ。


PICT7707.jpg

次に穿孔した穴の中をブロアーで掃除


PICT7708.jpg

土台天端から穴の底までの深さを確認する


PICT7709.jpg

うん。確かに200mm


PICT7710.jpg

孔内にケミカルカプセルを挿入する


PICT7711.jpg

全ネジボルトM12打ち込む


PICT7712.jpg

土台両脇の補強OK。指定時間が過ぎてケミカルが硬化してからナットを締める。


PICT7718.jpg

浴槽の排水管の接続(普通の間接排水ではなく直接排水)


PICT7722.jpg

左からの配管はポップアップからの排水管


PICT7726.jpg

住宅家事室空調機取り付け完了


PICT7727.jpg

住宅2階居室1空調機取り付け完了


PICT7728.jpg

空調機への冷媒管とドレン管の接続


PICT7730.jpg

住宅1階和室は床暖房のシンダーコンクリートの上に床暖房用の薄い畳を敷く。畳の寸法の調整のためにモルタルで調整したとのこと。モルタルはあまり塗りたくないけど寸法が合わないと仕方がないしな。我慢する。
(撮影/日本海建興株式会社)