2013年05月11日 Sat

本気菜園

IMG_7543.JPG

毎年落花生の発芽には苦労する。今年は早めにポットから植えた種を出して発根を確認してみた。05/06に播種して5日目の確認だから無駄に費やす時間が短くて済む。例年は2週間くらい待ってから確認していたのだ。発根していたのは3パレットのうち1パレット分(29ポット/58個分)だった。発根している種を2個ずつ植え直してから新しい種を播く。


IMG_7544.JPG

発根しそうな形跡のある種は湿らせたキッチンタオルで発根させてみる。最初からこうしないのは・・・落花生は太い根が真っ直ぐ下に伸びるのだが、この方法だと種が寝ているせいで根が下に曲がってしまい土に植えにくいのだ。だからこれは非常手段。


IMG_7546.JPG

よく考えてみると・・・普通の種と比べると落花生の種の体積はとても大きい。ソラマメは種は発根や発芽するときの酸素要求量が多いのでお尻を土から出して植える。落花生・・・特に「おおまさり」はソラマメ以上の体積がある種だよね。これまで土に埋めていた(種は普通直径の2〜3倍の深さに植える)。でももしかすると酸素が足りなくて窒息していたんじゃないのか?毎年失敗しながらそこまで気付かなかったぞ。というわけで頭を出して植えてみた。どうなんざんしょ。


IMG_7548.JPG

今日の昼食。タケノコとフキ。旬だなぁ・・・。


IMG_7551.JPG

畠田さんの奥さんのリクエストもあるのでユウガオを多めの9ポットに播種。セルトレイで発芽したパセリ1株とバジル4株をポットに移し替えた。


IMG_7553.JPG

ゴマの播種が近づいているのでプラグトレイに土を入れる。穴の中で同じ高さに土を入れるのが面倒だった。128穴だから256株分。これまでは200株くらい定植していたから何とか足りるか。それとも栽培数を増やすか・・・悩む。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 雨 最高18℃ 最低15℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅外壁プラスターボード張り、タイベック張り
 住宅野地板室内側アキレスボード張り
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
  ツネ美建 柳澤常文
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・医院X1通りサッシ取付
  井波建材 広瀬潤・広瀬茂・上川博
・住宅浴室AW-03アスファルト防水流込み
  北川瀝青 梶本重雄・富永和洋
・医院2階ブレース手直し
  ラミネート・ラボ 箕輪康弘
・医院内ピット冷媒管用アンカー打ち
  井上 井上伸一・山下博

平成25年5月13(月)の予定
・住宅下屋外壁下地、医院外壁下地取付
・住宅浴室アスファルト防水
・住宅1、2階電気配線、医院1階電気配線
・住宅下屋一次シール
・定例打ち合わせ 18:15〜

PICT7520.jpg

浴室防水材(ハルエースコートA)


PICT7523.jpg

硬化剤(ハル硬化剤B)


PICT7526.jpg

ハルエースコートAと硬化剤Bを混合中


PICT7527.jpg

浴室入り口サッシュ下にモルタルの代わりに防水材を充填するため養生


PICT7528.jpg

防水材を流し込む・・・これまではひしゃくでやっていたが今回缶のまま直接かっ!


PICT7529.jpg

防水材充填完了。これで湿気が洗面所に上がることはない。


PICT7525.jpg

タイベックシート


PICT7530.jpg

外壁の延焼の恐れのある部分に張る石膏ボードを留めるビス


PICT7534.jpg

隣地側延焼の恐れのある部分の外壁の耐水石膏ボード(12.5mm厚)張り中


PICT7535.jpg

ビスピッチは210


PICT7537.jpg

タイベックシート張り


PICT7541.jpg

住宅外壁の24時間換気用穴まわりの外壁補強下地入れ


PICT7539.jpg

住宅の天井を張る部分の屋根裏に張る断熱材(アキレスボードAL/PEノンフロン50t)搬入


PICT7540.jpg

アキレスボードを留める釘(ねじ込みは15mmだがその下に天井吊り材を固定するので落ちることはない)


PICT7542.jpg

アキレスボード張り


PICT7536.jpg

医院の道路側のサッシュ取付完了
(撮影/日本海建興株式会社)