2013年05月06日 Mon

落花生を播種した

IMG_7417.JPG

早朝から昨日の続きのワカメの水洗い。右下の根元の円盤状に丸いのがメカブ。ワカメの色は濃い色の方がおいしいらしい。歳をとると色が抜けてくるらしい。水洗いしながら選別していると確かに葉の先端の色が抜けて半透明になったようなものもあった。


IMG_7419.JPG

メカブは結構堅くてぬるぬるしてる。


IMG_7420.JPG

水洗いが終わったのを紐でぶら下げて乾燥中。


IMG_7423.JPG

ようやく気温が上がってきたので落花生を播種する。左上の繊維が集まっているところが紐状の子房柄(しぼうへい)がついていた部分(莢の上側)。上を確認しながら莢をあける。


IMG_7424.JPG

種の尖った方が下側でつるんとした方が上側で莢に入っている。種の形によっては上下の区別がつきにくいので莢の上を見ながらあけるようにする。


IMG_7426.JPG

上下を守りながら莢から出した落花生を並べる。見た目だと尖った方を上にしたくなるのだ。それで最初はみんな上下を間違えて種を腐らせてしまう。


IMG_7428.JPG

用意したポットに上下を間違えないように2粒ずつ埋めていく。豆類は1株2本立てで栽培することが多い。単位面積当たりの収量はその方が多いとのこと。この「おおまさり」も2本立てて増収が図れるとの農業総合研究センター・育種研究所・畑作物育種研究室・落花生試験地 の研究結果もある。うちは種が勿体ないので昨年までは1本立てにしていた。今年は自家採種の種がたっぷりあるので2本立てで栽培することにした。1パレット27ポットなので、27×3=81ポット。


IMG_7431.JPG

今日のイチゴの様子。形ができてきた。