2013年05月01日 Wed

「黒部の住宅・医院」

11:10-20:55

  • 五十嵐建設で木工事打合せ
  • 現場で魚谷氏と打合せ
  • 定例会議
IMG_7240.JPG

下道で神通川の近くにある五十嵐建設へ。いつもなら正面に立山連峰が見える。今日はおどろおどろしい雨雲がいっぱい。気温も低くて寒い。


IMG_7247.JPG

前回のケヤキ板だと白太部分がどうしても入ってしまう・・・と新しい1本物を2段分用意したそう。設計は中央で二本継ぎで2段だから2.3mのものを4本用意してもらう予定だった。一本物、それも一枚の木から取ったヤツ。そりゃぁ文句のつけようもない。ごちそうさまです。綺麗な板だとあっというまに板取を決められる。


IMG_7248.JPG

手前が五十嵐建設の五十嵐呈次氏(豪快)・右が棟梁の横畑忠雄氏。


IMG_7254.JPG

下道で黒部へ。野地板下に張るウレタンボードが搬入されている。


IMG_7278.JPG

左が車庫。右が医院。中央奥のブルーシートが掛かっているのが住宅。


IMG_7280.JPG

車庫の庇の見上げ。溶融亜鉛メッキのst-9tをボルトオン。


IMG_7261.JPG

住宅屋根の様子。


IMG_7260.JPG

車庫屋根の様子。薄いプールになっている。景色が映っていい。


IMG_7259.JPG

医院の屋根はまだ防水前なので養生中。住宅屋根と同じ職人が他の現場に行っているので彼らが戻ってくるのを待っている。連休明けから防水開始。


IMG_7257.JPG

診察室の空調機が取り付けられる部分。冷媒管とドレン管のスリーブがあいている。


IMG_7258.JPG

医院2階外壁の間柱の欠込み。


IMG_7266.JPG

医院スタッフルーム天井裏への電気配管立ち上がりとRC部へのスリーブ。


IMG_7275.JPG

隔離室の様子。2階の外壁間柱も立ってインテリアのボリュームがわかる。


IMG_7271.JPG

医院ピットに降りてみた。配管の様子。1〜2cm水が溜まっていた。躯体ができる前は80cmも水が溜まっていたらしい。その割には綺麗だった。


IMG_7269.JPG

住宅1階の敷居を蓄熱コンクリートに打ち込んだ部分。左が畳。右が花崗岩になる。


IMG_7262.JPG

住宅二階は大工の作業スペース。こちらの居室1は黒田駿氏、奥の居室2・3では小又清範氏が作業している。壁面本棚の見え掛かりの間柱の加工中。ヒノキのいい香りが漂っている。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 曇後雨 最高15℃ 最低8℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅間柱造作、外壁下地取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシAW01、07アングル上塗り
  浦崎塗装 長江研治
・住宅竪樋取付
  YMT工業 上坂伸吾・岡本誠也・高田康弘
 
平成25年5月2日(木)の予定
・住宅AW01、07アングル上塗り
・住宅竪樋取付
・医院、住宅外壁下地取付

PICT7281.jpg

黒板に難しい名前が書いてあるが普通のSOP合成樹脂調合ペイント(パワーホルス/色G15-20B焦げ茶)


PICT7294.jpg

住宅妻側サッシュの両端のサッシュ取付アングルのSOP塗装1回目


PICT7295.jpg

住宅竪樋取付後の建て入れ調整中


PICT7298.jpg

住宅外壁の壁面本棚のための見え掛かり間柱取付完了


PICT7300.jpg

本棚用間柱(ヒノキ2方無節/裏側に節があるので玄関側を綺麗な面にする)
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月02日 Thu

本気菜園

IMG_7288.JPG

オクラが発芽した。


IMG_7289.JPG

04/16にセルトレイに播種したバジルが発芽した。


IMG_7283.JPG

とうとう虫の季節がやってきたよ。キャベツとブロッコリーがやられてる。


IMG_7286.JPG

手前にはアブラムシ。奥には蛾の幼虫。


IMG_7291.JPG

虫をつぶしてからキャベツとブロッコリー・レタスに布を掛けた。


IMG_7292.JPG

ムサシで細めのロープを買ってきた。「クレポリトラックロープ黄」6Φ×20m=998円。使用荷重50kg以内。うちの耕耘機を固定するには十分でしょう。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 雨後晴れ 最高14℃ 最低8℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅間柱造作、外壁下地取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシAW01、07アングル上塗り
  浦崎塗装 長江研治
・住宅竪樋取付
  YMT工業 上坂伸吾・高田康弘
 
平成25年5月3日(金)の予定
・住宅AW硝子取付
・医院住宅外壁下地取付、住宅浴室間仕切り取付

PICT7301.jpg

住宅妻面両側のサッシュ取付用アングルのSOP合成樹脂調合ペイント2回目


PICT7302.jpg

違っていた間柱の位置を手直し。OK。


PICT7318.jpg

竪樋と屋根のおさまり。くさびで固定。


PICT7321.jpg

住宅外壁構造用合板張り


PICT7322.jpg

耐震壁部分の構造用合板留め付けピッチ計測。N50釘@150。


PICT7325.jpg

浴室サッシュの方立部(手前角部)の工場シールについて


PICT7327.jpg

OK。下側(写真左側)の小口がシールされている。ここが口を開けていると湿気が上にあがるので危険。これまでは現場でシールしていたがサッシュ側で対処すべき事なので施工図にもりこんだ。
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月03日 Fri

マイカーが増えた

05:50-19:45
晴れ
  • 岡田氏に軽トラ(ダンプ仕様・車検12月まで)をもらいに羽咋へ。2WDから4WDへのスイッチとダンプ機構の使い方を習う。荷台へのロープの掛け方も教えてもらう。荷台には耕耘機を積むための足場板2枚とストーブ用の薪・消し炭などが積んであった。助手席にはトラロープも。シートは中古の綺麗なヤツに替えてあったし、恐らくエンジンオイルやフィルターも交換されていたようだ。荷台のアオリはペンキで塗装までしてあった。ホントに何から何までお世話になってしまった。和泉がロードスター、僕が軽トラを運転して珠洲まで。和泉が後ろで後続車をブロックしてくれた(ロードスターを煽る車はあまりいない)ので70〜80km/hで走ることができた。それでも軽トラの運転は初めてだったのですごく怖かったけど。びびりながらも大名行列になったらちゃんと避けて後ろに下がってと後続車の迷惑にならないよう気をつけて運転した。軽トラで遅い車の気持ちがちょっとはわかったよ。振動とか安定度では軽トラの70km/hよりロードスターの140km/hの方が安心できる感じ。40km/hくらいで走る車だものね。これからは珠洲の畑と新しい畑の1kmくらいの往復に頑張ってもらう。おもやの前に停めておくことにしたが、帰りは置いていくのが寂しかった。明後日また会おうぜ!
  • 谷本さんから昨年の12/15にいただいたワサビは鉢植えで栽培していたのだが気温が上がってきたので新しい畑の水路際に定植した。
  • 新しい畑の水路に積もった落ち葉や泥を掃除して綺麗にした。やっぱり排水をきちんとするのが先だよね。明け方降った雨で畑は湿っていて耕耘できず。軽トラの荷台に剣先スコップ・5本フォーク・鍬・鎌・移植ゴテ・太枝切り鋏をぽんと載せて新しい畑まで行けるってすごく楽ちん。
  • 今シーズン初のタケノコを掘って大鍋で茹でる。本数が多かったので2回。ストーブの燃料は黒部の現場からもらってきたヒノキの端材。
  • 道路際と茗荷エリア・構内道路の草刈り。
  • 裏山でコシアブラ採り。
  • キャベツ菜・ブロッコリーの側花蕾・アスパラガスの収穫。
  • ジャガイモは数個だけ萌芽していた。今年は寒いから遅い。
  • キャベツ2株とキャベツ収穫後放置してキャベツ菜を採っている2株に布トンネルを掛けた。そろそろ虫が出てくるし。
  • 帰りに池田さんと吉島さんに収穫物のお裾分けに寄る。
IMG_7294.JPG

トランクにワサビの鉢を積む。茎が折れやすくて気を遣う。


IMG_7297.JPG

羽咋に寄って岡田氏から軽トラをいただく。これも2シーターだ。屋根は開かないけど荷台がダンプするんだゼ。


IMG_7298.JPG

足場板と薪・消し炭・トラロープがオプションでついてきた。軽トラってバッテリーがそのまま露出なんだ。座席の下にウォッシャー液とかラジエターのタンクがあるって初めて知った。


IMG_7300.JPG

123,013km。うちのロードスターより走行距離は少ない。長距離を走る車じゃないしね。


IMG_7303.JPG

和泉が後ろを走ってくれた。いなかったら煽られたと思う。この写真はバックミラーを撮ったので左右逆転している(実際は右車線じゃなくて左車線を走っている/とても右なんて走れない)


IMG_7304.JPG

インテリアの様子。シートも替えて下さったらしい。


IMG_7305.JPG

運転席まわり。4速MT・2WD/4WD・定員2名。


IMG_7306.JPG

先週植えたワサビ。


IMG_7309.JPG

奥が先週植えたワサビ。谷本さんにもらったヤツを定植するために手前を耕した。


IMG_7311.JPG

金沢で育てていた10株くらいが植わっている鉢。


IMG_7314.JPG

定植完了。


IMG_7312.JPG

水路が落ち葉で埋まっているので掃除中。


IMG_7313.JPG

落ち葉と泥を上げて水路が綺麗になった。


IMG_7317.JPG

ジャガイモがようやく幾つか萌芽した。


IMG_7319.JPG

先週定植したエダマメ。


IMG_7325.JPG

エンドウ豆(スナックエンドウ)に花が咲いていた。


IMG_7330.JPG

ソラマメは先週2株だけ花が咲いていたが、今日は殆どの株で花が咲いていた。


IMG_7332.JPG

ニンニクの様子。いい感じ。


IMG_7333.JPG

タマネギ・・・うちにしてはいい感じ。


IMG_7321.JPG

道路側と通路の草刈りをしてさっぱりした。「最近新しい畑にばかりかまけて・・・」なんて言われたらまずいので今まで以上にきちんとしておかなくては。


IMG_7334.JPG

アスパラガスとブロッコリー。


IMG_7336.JPG

コシアブラと山椒の葉。


IMG_7339.JPG

茹でたタケノコ。


IMG_7341.JPG

キャベツの薹。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高12℃ 最低8℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅医院外壁下地取付、医院2階耐力壁組立
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシAW硝子はめ込み
  寿板硝子 佐伯喜八・松井弘行・中森孝之・西島清二
  西野シーリング 石川真一・鎌利通・表寺克美
  米原商事 荒木宏和
 
平成25年5月7(火)の予定
・住宅AW硝子内側シーリング
・住宅外壁下地取付、住宅浴室間仕切り取付
・住宅軒天ボード張り
・医院屋根DNシート防水

*5/4(土)〜5/6(月)、現場は休みです。

PICT7331.jpg

硝子まわりのシーリング材搬入


PICT7332.jpg

信越シリコーン シーラント45(ライトグレー)製造日2013/02/15


PICT7334.jpg

シーラント45の有効期限は12ヶ月


PICT7337.jpg

防火設備となるサッシュの硝子シールは防火戸用指定1成分形シリコーンシーリング材(シーラント40N)


PICT7341.jpg

硝子取付後のシール施工中(キッチン)


PICT7343.jpg

硝子取付後のシール(1階和室/防火設備)シーラント40N施工中


PICT7358.jpg

住宅リビングサッシュの硝子入れ完了


PICT7349.jpg

医院2階耐力壁


PICT7354.jpg

上の写真の裏側の構造用合板の留め付け釘のピッチを測る


PICT7357.jpg

N50釘で150ピッチ・・・OK
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月04日 Sat

本気菜園

IMG_7348.JPG

ブラック・マスタードとホウレンソウの苗をセルトレイからポットに移した。


IMG_7353.JPG

明日定植する予定の苗を用意した。左上がブロッコリー19ポット。右上がレタス16ポット。右下がキャベツ17ポット。


IMG_7342.JPG

挿し木で増やした無花果を父の畑に植えてもらう。一鉢をロードスターに積む。


IMG_7346.JPG

父の畑に到着。座席から枝が飛び出ている。

いただく

15:50
中村忍さん来所
さくらんぼ・イチゴ・グレープフルーツをいただく。
果物はいいよね。なんとなくちょっと贅沢したって感じがするんだ。
自分では作れないし・・・。
お返しに有機栽培のカシューナッツを。

なんか空気がいい香りになってる。

IMG_7364.JPG

oh! 宝石みたい。


IMG_7367.JPG

柑橘系の香りが空気を綺麗にしてくれそうな感じ。

うまい!

IMG_7355.JPG

タケノコご飯とタケノコの穂先の吸い物。やっぱりお焦げがいい。必ず焦げを多めに入れてもらう。春は旬の物が多くて食事が楽しい。

2013年05月05日 Sun

ワカメを採ってきた

06:00-21:05
晴れ
  • タケノコを掘ってすぐに茹でる。
  • ブロッコリー・キャベツ・レタスを定植した。
  • 先週定植したワサビに直射日光が当たっていたので遮光ネットを張った。
  • 新しい畑の下の段2コマを耕耘(2回目)・3段目の1コマを荒起こし。
  • コシアブラ採り。
  • 畠田さんとワカメ採り。
  • シイタケ・アスパラガス・ブロッコリー・チューリップを収穫。
  • 実家にワカメを。清水さんにワカメとタケノコをお裾分け。
  • 清水さんにオレンジと小さなプランター2個とお菓子をいただいた。
  • 帰ってからワカメを洗って干す作業をしていたが寒くて半分は明日にすることにした。
IMG_7368.JPG

軽トラの似合う風景。


IMG_7369.JPG

出てる。プロは足の裏で土の中のタケノコを探すという。珠洲ではこの写真くらいで掘ると「もっと大きくなってから掘ればいいのに・・・」と言われる。確かに15cmくらい出ていても味は全く問題ない。どちらかというと掘ってからすぐに茹でる方が大切だと思う。


IMG_7373.JPG

今日の収穫。いい感じ。


IMG_7408.JPG

茹であがったタケノコ。お裾分けする側としては採りたての格好いい姿で持って行きたいのだが、「茹でるのが面倒」と言われるので採ってからすぐに茹でてそれをお裾分けするようになった。こんなジップロックに入った状態って「うーん」なのだ。上の写真の方が格好いいでしょ?


IMG_7374.JPG

ブロッコリーを定植。右は秋植えのブロッコリーだが抜いてレタスを植える。


IMG_7375.JPG

ここにキャベツを植えるか・・・


IMG_7379.JPG

耕耘してからキャベツの定植。奥の倉庫側がキャベツ。手前がレタス。


IMG_7382.JPG

右手前の布トンネルがキャベツ(右側)とレタス(左側)。左の布トンネルがブロッコリー。その右の短いのがレタスの残り。奥のトンネルは先週定植したエダマメと春菊。


IMG_7376.JPG

納屋の前の畑に雑草が生えてきたので耕耘しておく。ここはゴマを植える予定。


IMG_7377.JPG

ざっと耕耘完了。ちょっと水分が多かったので乾いてからもう一度耕耘する。


IMG_7385.JPG

先週定植したワサビに直射日光が当たってぐったり。


IMG_7386.JPG

遮光ネットをかけてやった。どうだろ効果あるか?


IMG_7387.JPG

下の段の2コマ目を耕耘中。


IMG_7389.JPG

3段目の1コマの荒起こし完了。2段目はまだ草刈りのみ。


IMG_7392.JPG

コシアブラを採りにいったらタラの芽発見。このあたりではタラの芽の方が貴重。


IMG_7395.JPG

コシアブラも大きく広がったのが殆どでいい感じのは今日が最後のようだ。


IMG_7393.JPG

シイタケの時期はもう終わりだ。不格好なやつが殆ど。


IMG_7383.JPG

アスパラガスの様子。道路際に2畝あるので道行く人に「アスパラ一杯出てるね!」と挨拶代わりに言われることが多い。


IMG_7397.JPG

アスパラガス。二日前に沢山採ったから今日は少ない。


IMG_7399.JPG

秋植えのブロッコリーの側花蕾もこれが最後。今日春植えの苗を定植したからそれが大きくなるまでしばらく我慢。


IMG_7401.JPG

チューリップを生け花用に収穫。


IMG_7402.JPG

畠田さんとワカメ採り。畠田さん・・・ワカメに半分隠れてる。これは今日一番の大物。生えているワカメを鎌で切ると茎の途中から上が採れる。今回は波で抜けたワカメが波打ち際を漂っているのを採った。これだと根がついている場合が多い。その根の際にメカブがついている。さっと茹でてから細かく刻んで酢醤油かポン酢で食べるとおいしいらしい。そういう意味で生えているのを切るより漂っているヤツの方がメカブを食べられるのでいいとのこと。

IMG_7415.JPG

畠田さんの奥さんが今朝ついたというよもぎ餅をくださった。そういえば05/03に新しい畑を耕耘しているときに寄られてご家族でヨモギを採りに行くとおっしゃっていた。2個いただいたのだが和泉がすぐに食べたので写真は1個だけ。1個じゃ写真の写しようがない。ヨモギは細かく切って餅米の上にのせて一緒に蒸すとのこと。

2013年05月06日 Mon

落花生を播種した

IMG_7417.JPG

早朝から昨日の続きのワカメの水洗い。右下の根元の円盤状に丸いのがメカブ。ワカメの色は濃い色の方がおいしいらしい。歳をとると色が抜けてくるらしい。水洗いしながら選別していると確かに葉の先端の色が抜けて半透明になったようなものもあった。


IMG_7419.JPG

メカブは結構堅くてぬるぬるしてる。


IMG_7420.JPG

水洗いが終わったのを紐でぶら下げて乾燥中。


IMG_7423.JPG

ようやく気温が上がってきたので落花生を播種する。左上の繊維が集まっているところが紐状の子房柄(しぼうへい)がついていた部分(莢の上側)。上を確認しながら莢をあける。


IMG_7424.JPG

種の尖った方が下側でつるんとした方が上側で莢に入っている。種の形によっては上下の区別がつきにくいので莢の上を見ながらあけるようにする。


IMG_7426.JPG

上下を守りながら莢から出した落花生を並べる。見た目だと尖った方を上にしたくなるのだ。それで最初はみんな上下を間違えて種を腐らせてしまう。


IMG_7428.JPG

用意したポットに上下を間違えないように2粒ずつ埋めていく。豆類は1株2本立てで栽培することが多い。単位面積当たりの収量はその方が多いとのこと。この「おおまさり」も2本立てて増収が図れるとの農業総合研究センター・育種研究所・畑作物育種研究室・落花生試験地 の研究結果もある。うちは種が勿体ないので昨年までは1本立てにしていた。今年は自家採種の種がたっぷりあるので2本立てで栽培することにした。1パレット27ポットなので、27×3=81ポット。


IMG_7431.JPG

今日のイチゴの様子。形ができてきた。

2013年05月07日 Tue

本気菜園

IMG_7433.JPG

順次乾燥したワカメは干しカゴの中に入れていく。昨日は午前中強風で乾燥が進んだのだが、午後になって風が止んだ上に太陽も隠れたので思うほど乾かなかった。今日は太陽に期待したいのだが晴れマークは正午のみ。


IMG_7435.JPG

04/25にセルトレイに播種したトウモロコシが発芽した。


IMG_7439.JPG

04/17に芽出しさせて根が出たのを04/22にセルトレイに播種し05/02に発芽したオクラをポットに植え替えた。オクラは直根だからあまり植え替えはしないようがいいようだが・・・。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高13℃ 最低9℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅医院外壁下地取付、住宅浴室間仕切り壁取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシAW硝子シーリング
  西野シーリング 中川吉彦・表寺克美
・住宅軒天ボード貼り
  佐幸内装 佐幸哲男
  ツネ美建 柳澤常文
・医院建方各所手直し
  ラミネート・ラボ 箕輪康夫・中林憲治
・医院屋根DNシート防水
  松田防水 松田正信・中本幸雄・中川清範
 
・梁と野地板の隙間は、屋根の上から叩きましたが動きませんでした。
 
平成25年5月8(水)の予定
・住宅外壁下地取付、住宅浴室間仕切り取付
・住宅AW-3サッシ取付、医院サッシ下地取付、サッシ搬入
・住宅下屋軒天ボード張り
・医院屋根DNシート防水
・医院、住宅1階電気配線
・住宅空調配管

PICT7377.jpg

医院屋根構造用合板のビス頭が合板面より下がりすぎがないかの自主検査(ビス頭が下がりすぎている場合は近くに追加でビスを打つ)

PICT7388.jpg

ビス頭が飛び出ているのは合板面まで締めてやる。


PICT7369.jpg

防水用絶縁シート搬入


PICT7363.jpg

DNシリコンプライマー(製造日2013/03/22/有効期限は3ヶ月以内)


PICT7380.jpg

医院屋根先端部に両面テープを貼る


PICT7381.jpg

絶縁シートを貼る


PICT7385.jpg

アルミクロスを貼ることで通電検査が可能になる


PICT7395.jpg

アルミクロス完了


PICT7402.jpg

ドレンまわりの補強


PICT7396.jpg

デスク板の取付。断熱材を貫通して野地板に留める箇所と木下地に留める箇所があってビスの長さが違うので墨出しして間違えないようにする。


PICT7398.jpg

デスク板取付中


PICT7400.jpg

軒先の塩ビ鋼板を取り付ける


PICT7374.jpg

軒天ボード搬入


PICT7392.jpg

住宅軒天ボード張り


PICT7404.jpg

軒先は荷重で撓むことがある。そのため軒天ボードの外壁側は軒先が撓んでも下地にボードがぶつからないよう2mm程度の隙間を空けておく。

PICT7425.jpg

浴室とパイプスペース間の間柱完了
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月08日 Wed

定期点検

IMG_7441.JPG

10:05-12:00
晴れ
北陸マツダ東大通り店
エンジンオイル ゴールデンSM(5W-30)4.5L
オイルフィルターSHY114302(1200円/パックdeメンテ以外)
125,244km

前回のオイル交換が02/09で116,819kmだったから8,425kmでの交換。

餅つき

03/04についた餅がなくなったのでついた。
いつもは夜に米を研いで、翌朝ついているのだが今回は逆で朝研いで夜につく。

08:30 米研ぎ1升×2(05/08)とぎ汁は野菜に。
12:00 水替え
18:30 1回目水切り(研ぎから10時間)
19:00 1回目蒸し始め(黒豆180cc・落花生180cc)
19:25 2回目水切り
19:40 1回目蒸し上がり
       いつも豆餅は豆についている水分が多いらしく
   柔らかくなるので蒸すための水を少なくしたら
   上の方が生に近かった。慌ててもう一度スイッチを入れたが
   すぐにスイッチが切れる。仕方なく生っぽい餅米を捨てて残りで作った。
   やっぱり最初入れる水は決められた通りじゃないとまずいんだ・・・。
   豆についている水分をしっかりとっておけということか。
19:43 1回目つき始め(塩大さじ1.5)
20:00 1回目つき上がり
20:05 2回目蒸し始め
20:38 2回目蒸し上がり
20:40 2回目つき始め(昆布35g・塩大さじ1)
20:55 2回目つき上がり
21:05 後片付け終了
01:00 斗棒箱から取り出し(つき上がりから4時間)
22:30(05/09) 豆餅を切る・つき上がりから25.5時間後(もち切り器)
              豆餅のは切るのにちょうどいい硬さ。昆布餅はまだ軟らかくてだめ。
05:30(05/10) 昆布餅を切る・つき上がりから32.5時間後(もち切り器)
             まだ柔らかいわ。最適時間がつかめない。

IMG_7462.JPG

餅切り器を買ってから切るのが楽になった。ただ切るまでの時間がまだつかめない。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高15℃ 最低6℃

本日の作業
・現場管理、住宅建具打ち合わせ
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅外壁下地取付、住宅浴室間仕切り壁取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシAW-03取付、住宅AW-07庇取付、医院サッシ下地取付
  井波建材 広瀬潤・広瀬茂・上川
・住宅下屋軒天ボード貼り
  佐幸内装 佐幸哲男
  ツネ美建 柳澤常文
・医院屋根DNシート防水
  松田防水 松田正信・中川清範・武部雄史
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸恭兵
・住宅、医院空調配管
  クレハロ 松室幸司
  江川空調 江川昭人
 
平成25年5月9(木)の予定
・住宅外壁下地取付、断熱材とプラスターボード搬入
・医院サッシ下地取付
・医院屋根DNシート防水
・住宅1階電気配線
・住宅冷媒配管、住宅、車庫竪樋接続

PICT7426.jpg

医院道路側サッシュ搬入


PICT7459.jpg

浴室入り口サッシュ取り付け完了。このサッシュの下枠にはモルタルを詰めるではなくゴムアスファルトを流し込む。それを止めるのが下に付いているアングル。


PICT7433.jpg

住宅リビング側の庇取り付け完了


PICT7427.jpg

医院屋根ディスク板取り付け完了


PICT7430.jpg

軒先金物取付完了


PICT7449.jpg

DN防水平部施工中


PICT7448.jpg

軒先端部での45°立ち上がり施工中


PICT7463.jpg

端部を45°に立ち上げて天端でシールする。最後に平部から45°に立ち上がって外側に垂れまでを被せる。


PICT7469.jpg

医院の防水平部完了。残りは屋根小口の垂れ部分。


PICT7438.jpg

延焼の恐れのある部分側の内装(本棚背板)のシナ合板張り完了


PICT7439.jpg

本棚背板のシナ合板に石膏ボード9.5mm厚を貼る


PICT7440.jpg

石膏ボード貼り完了


PICT7465.jpg

石膏ボード貼りが終わったら構造用合板12mm厚を留める


PICT7467.jpg

ボンドで留めてから・・・


PICT7468.jpg

ビス止めする


PICT7432.jpg

住宅浴室―PSの壁取付中
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月09日 Thu

本気菜園

IMG_7444.JPG

イチゴは低く広がるので実が鉢の外に出てしまいその重さで茎が鉢の縁で折れてしまう。株の10cmくらい上で縛ると実や葉が鉢の外にはみ出すこともなくすごくコンパクトになった。結わえた紐で実も固定されていい感じ。水もやりやすくなったし伸びたランナーを見つけやすくなった。


IMG_7450.JPG

ホウレンソウは双葉が出ているので間引いて1本にした。


IMG_7452.JPG

ブラックマスタードも間引いて1本に。蛍光色みたいな緑に写っちゃうんだが・・・。まぁ、鮮やかな若い緑であることは確かなんだけど。


IMG_7442.JPG

大きな干しカゴはワカメ。あれだけ量のあったワカメが干しカゴ2個分になっちゃった。今日で乾燥終了の予定。小さい干しカゴ2個は今シーズンに収穫して余ったシイタケ。干し椎茸として使う。


IMG_7453.JPG

ワカメの乾燥終了。7袋+1袋(メカブ)になった。メカブはもう何日か乾かすつもり。朝田さん・高田さん・谷口なとみさんにお裾分け。


IMG_7456.JPG

アゲハチョウが飛んでいた。ユズの若芽を見てみ
るとやっぱり!卵が・・・。闘いの日々が始まるのか。


IMG_7457.JPG

土日は雨のようなので明日畑に行くことにした。押水の住宅の浴槽下の水抜きに立ち会ってから行くつもり。定植する予定の坊ちゃんカボチャの苗2株を準備。03/19に播種して04/05に発芽したやつ。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高23℃ 最低16℃

本日の作業
・現場管理、コンクリート打設準備
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅医院外壁下地取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・医院サッシ、下地取付
  井波建材 広瀬潤・広瀬茂・上川博・荒井幸夫
・医院屋根DNシート防水、屋外機置場庇DNシート防水
  松田防水 松田正信・中本幸雄・中川清範
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸恭兵
・住宅、車庫竪樋接続
  文興業 経沢文敏・溝口雅之
  
平成25年5月10(金)の予定
・住宅外壁下地取付、スタイロフォーム張りつけ
・屋外機置場庇DNシート防水
・住宅1階電気配線
・東側塀溝、住宅竪樋、住宅足場箱抜き部コンクリート打設 Fc(21+3)-15-25 

PICT7471.jpg

延焼の恐れのある部分の外壁に使用する耐水石膏ボード12.5t搬入


PICT7473.jpg

タイガー防水ボード


PICT7474.jpg

製造年月日2013/03/15


PICT7476.jpg

医院屋根の立ち下がり部施工中


PICT7491.jpg

事務室屋外物置(医療廃棄物置き場)の屋根防水の絶縁シート張り


PICT7496.jpg

躯体にドリルで穴明け


PICT7497.jpg

ディスク板を留める


PICT7499.jpg

屋根端部の塩ビ鋼板・ディスク板取り付け完了


PICT7495.jpg

医院道路側サッシュ下地(L75×6)取付完了。M12×65@430。


PICT7487.jpg

外壁用(A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種b EX)搬入


PICT7484.jpg

住宅1階電気配線中
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月10日 Fri

坊ちゃんカボチャを定植

12:30-19:10
くもり→小雨
明日は雨らしいので押水からあしを伸ばして珠洲まで行ってきた。
軽トラの名義変更を車屋さんに申込。

IMG_7484.JPG

新しい畑の下の段に坊ちゃんカボチャの第一陣2株を植える。堆肥をバケツ2杯分撒いてから鍬で耕して一畝作る。もう一度耕耘機を掛けたかったのだが明日雨だし・・・。今日は時間がないので仕方が無い。とにかく植えちゃえ。カボチャはこの堆肥の部分に4〜5株植える。でこの写真に写っている畑全面に広がる予定。カボチャは面積が要るんだよね。この左のエリアにはヘチマを。上の段には夕顔を植えるつもり。どれもただただ面積を食う野菜。


IMG_7518.JPG

畝を作って、定植して、保湿用に籾殻を株元に撒いて、鶏糞を追肥して、布トンネルを掛ければ完了。蔓が伸びて葉が大きくなるまでは布トンネルでウリハムシから守ってやる。葉が大きくなって虫に食べられるスピードより成長の方が勝るようになれば布は外せる。


IMG_7521.JPG

05/03に定植して、05/05に遮光ネットを掛けたワサビはぐったりはしてるが葉は生き生きしているので大丈夫なようだ。茎が立ってきたら安心なんだけどもう少しか。


IMG_7522.JPG

こちらは04/27に植えた畠田さんからのワサビ


IMG_7524.JPG

新しい畑はUの字に林で囲まれている。開けた前は田んぼが見えるだけで人家が見えないのがとてもいい。見えるのは軽トラか田植機だけ。右の中央が坊ちゃんカボチャを定植した布トンネル。


IMG_7526.JPG

新しい畑からの帰り道。農道からうちの敷地全景を見る。あ、竹林の左が枯れてる。


IMG_7485.JPG

タケノコ掘り。今年金沢は裏年らしくて値段が張るそうだ。


IMG_7527.JPG

今日のタケノコ。今晩から雨が降ればまた出てくるはず。


IMG_7491.JPG

ソラマメはかなり調子がいい。・・・が、その向こうのニンニクが変。


IMG_7489.JPG

葉先が茶色くなっている。一ヶ月後ならまだわかるが早すぎる。2年前になったような病気なのか・・・そうだとしたらタマネギにもうつるかも。不安だなぁ。二日前の霜のせいなら安心していられるのだが。


IMG_7503.JPG

タマネギは成長中。あとは見守るだけ。


IMG_7494.JPG

05/05に定植したブロッコリー。大丈夫だ。虫にもやられていない。


IMG_7496.JPG

これも05/05に定植したレタス。葉が綺麗。


IMG_7502.JPG

05/05に定植したキャベツ。葉の虫食いは金沢でやられたヤツ。畑ではまだ虫がついていない。でも05/05にはモンシロチョウが飛んでいたから安心はできないんだけどね。


IMG_7505.JPG

04/27に定植したエダマメ。二日前の寒さにびっくりしたろうなぁ。布トンネルのおかげで大丈夫だったようなものだ。はやく気温と地温が上がって欲しい。


IMG_7507.JPG

04/27に定植した春菊。こいつは寒さに強いからね。随分大きく成長してる。


IMG_7510.JPG

ジャガイモもかなり萌芽してきてる。気温が上がればぐんぐん成長するはず。海沿いの畑では二日前の霜で枯れたらしい。ジャガイモは遅霜に弱いからなぁ。5月になって遅霜なんて観測史上初めてらしい。毎年異常気象だ。


IMG_7511.JPG

布トンネルを捲って記念撮影。03/10に定植したキャベツ。巻きはじめてる。


IMG_7512.JPG

これ去年(10/22)植えたキャベツなんだけど・・・上のヤツの方がいい感じに見える。半年何やってたんだろこいつら。成長する気まったくないな。何に抵抗してるんだろう。反抗期なのか。


IMG_7516.JPG

アスパラガスを収穫。豊作。


IMG_7517.JPG

秋植えのブロッコリーの側花蕾を収穫。これで最後かな。


IMG_7539.JPG

竹林に生えてる山椒の木から採った若芽と畠田さんにいただいたフキ。


IMG_7528.JPG

雨が降ってきたので作業終了。さて帰るか。


IMG_7531.JPG

雨・・・弾いてる。


IMG_7537.JPG

ああパトカーが大名行列の先頭か・・・追い越し車線になったのに抜けない。


IMG_7541.JPG

後片付けをしてからタケノコの皮をむいて茹でる。

押水の住宅

07:50-12:30
晴れ→くもり
半年に一回恒例となった浴槽下の水抜きの立ち会い

IMG_7464.JPG

米出ICと能登カントリークラブの間。ツタが絡まって魔法使いの森って感じ。


IMG_7472.JPG

押水の住宅の中庭のケヤキ。立派になった。右上にカラスが巣をつくっている。


IMG_7473.JPG

水抜き開始


IMG_7476.JPG

工事用掃除機に7.5杯排出した。


「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 曇後雨 最高18℃ 最低8℃

本日の作業
・現場管理、コンクリート打設
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅医院外壁下地スタイロフォーム取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・屋外機置場庇DNシート防水
  松田防水 松田正信
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・東側塀溝、住宅竪樋、住宅足場箱抜き部コンクリート打設 Fc(21+3)-15-25
  中山建設 上島義房・山本総一郎

平成25年5月11(土)の予定
・住宅外壁プラスターボード張り
・住宅浴室AW-03アスファルト防水流し込み
・住宅1、2階電気配線
・医院X1通りサッシ取付

PICT7517.jpg

竪樋の下・裏庭の塀際の側溝の勾配コンクリートを打設。24-15-25Nを0.5㎥


PICT7503.jpg

竪樋の受け金物を取り付けられない場所はコンクリートで固定する。


PICT7506.jpg

裏庭の塀際の側溝に勾配コンクリートを打設する


PICT7507.jpg

溶接金網を入れながら打設


PICT7509.jpg

そう、こういうところは足で踏んでコンクリートを詰める


PICT7516.jpg

事務室屋外物置のDN防水完了
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月11日 Sat

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 雨 最高18℃ 最低15℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅外壁プラスターボード張り、タイベック張り
 住宅野地板室内側アキレスボード張り
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
  ツネ美建 柳澤常文
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・医院X1通りサッシ取付
  井波建材 広瀬潤・広瀬茂・上川博
・住宅浴室AW-03アスファルト防水流込み
  北川瀝青 梶本重雄・富永和洋
・医院2階ブレース手直し
  ラミネート・ラボ 箕輪康弘
・医院内ピット冷媒管用アンカー打ち
  井上 井上伸一・山下博

平成25年5月13(月)の予定
・住宅下屋外壁下地、医院外壁下地取付
・住宅浴室アスファルト防水
・住宅1、2階電気配線、医院1階電気配線
・住宅下屋一次シール
・定例打ち合わせ 18:15〜

PICT7520.jpg

浴室防水材(ハルエースコートA)


PICT7523.jpg

硬化剤(ハル硬化剤B)


PICT7526.jpg

ハルエースコートAと硬化剤Bを混合中


PICT7527.jpg

浴室入り口サッシュ下にモルタルの代わりに防水材を充填するため養生


PICT7528.jpg

防水材を流し込む・・・これまではひしゃくでやっていたが今回缶のまま直接かっ!


PICT7529.jpg

防水材充填完了。これで湿気が洗面所に上がることはない。


PICT7525.jpg

タイベックシート


PICT7530.jpg

外壁の延焼の恐れのある部分に張る石膏ボードを留めるビス


PICT7534.jpg

隣地側延焼の恐れのある部分の外壁の耐水石膏ボード(12.5mm厚)張り中


PICT7535.jpg

ビスピッチは210


PICT7537.jpg

タイベックシート張り


PICT7541.jpg

住宅外壁の24時間換気用穴まわりの外壁補強下地入れ


PICT7539.jpg

住宅の天井を張る部分の屋根裏に張る断熱材(アキレスボードAL/PEノンフロン50t)搬入


PICT7540.jpg

アキレスボードを留める釘(ねじ込みは15mmだがその下に天井吊り材を固定するので落ちることはない)


PICT7542.jpg

アキレスボード張り


PICT7536.jpg

医院の道路側のサッシュ取付完了
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_7543.JPG

毎年落花生の発芽には苦労する。今年は早めにポットから植えた種を出して発根を確認してみた。05/06に播種して5日目の確認だから無駄に費やす時間が短くて済む。例年は2週間くらい待ってから確認していたのだ。発根していたのは3パレットのうち1パレット分(29ポット/58個分)だった。発根している種を2個ずつ植え直してから新しい種を播く。


IMG_7544.JPG

発根しそうな形跡のある種は湿らせたキッチンタオルで発根させてみる。最初からこうしないのは・・・落花生は太い根が真っ直ぐ下に伸びるのだが、この方法だと種が寝ているせいで根が下に曲がってしまい土に植えにくいのだ。だからこれは非常手段。


IMG_7546.JPG

よく考えてみると・・・普通の種と比べると落花生の種の体積はとても大きい。ソラマメは種は発根や発芽するときの酸素要求量が多いのでお尻を土から出して植える。落花生・・・特に「おおまさり」はソラマメ以上の体積がある種だよね。これまで土に埋めていた(種は普通直径の2〜3倍の深さに植える)。でももしかすると酸素が足りなくて窒息していたんじゃないのか?毎年失敗しながらそこまで気付かなかったぞ。というわけで頭を出して植えてみた。どうなんざんしょ。


IMG_7548.JPG

今日の昼食。タケノコとフキ。旬だなぁ・・・。


IMG_7551.JPG

畠田さんの奥さんのリクエストもあるのでユウガオを多めの9ポットに播種。セルトレイで発芽したパセリ1株とバジル4株をポットに移し替えた。


IMG_7553.JPG

ゴマの播種が近づいているのでプラグトレイに土を入れる。穴の中で同じ高さに土を入れるのが面倒だった。128穴だから256株分。これまでは200株くらい定植していたから何とか足りるか。それとも栽培数を増やすか・・・悩む。

2013年05月12日 Sun

本気菜園

IMG_7554.JPG

昨日土を入れたプラグトレイにゴマの種を播いた。1コマに3〜4粒ずつなのだが老眼でよく見えない。眼鏡を掛けたり外したりしながら・・・腰は痛いし参った。これまではポットに播いて発芽したのをそれぞれのポットに分けて苗を作っていた。1ポットに6本くらい発芽したらその根をほぐして6個のポットに移し替えていたのだ。わけたあとは株が落ち着くまで成長のタイムラグがあった。今回は普通通りに1コマから幾つか発芽したら間引くことにする。

IMG_7558.JPG

03/03に播種したプリンスメロンは寒さで発芽しなかったので05/07にもう一度播種したのが発芽した。よかった。今年は食べられないかと思った。


IMG_7561.JPG

キッチンタオルで発根させていた落花生の根が出た。2個発根していたので1ポットに植えた。

2013年05月13日 Mon

「黒部の住宅・医院」

2013/05/13/11:50-21:00
晴れ・夏のように暑い。
・ナブコ打合せ 中井康雄氏
・YKKサッシュ分オペレーター打合せ 石崎義高氏・荒井孝之氏
・定例会議
 建て主夫妻・魚谷利彦氏・水口拓也氏・石坂美和氏

IMG_7567.JPG

季節がよくなると立山がくっきり見えるチャンスは少なくなる。


IMG_7597.JPG

え・・・えっ?何あの看板。隣の建物を薬局に貸すというのは聞いていた。でもこの看板はないだろ。やられたなぁって感じ。これだとこの医院の駐車場は隣の薬局の駐車場と勘違いされるでしょう。こちらの樹の枝は工事の前に剪定したがどんどん茂って看板を隠して欲しい。がんばれ!


IMG_7602.JPG

ちょうどこの部分が医院の駐車場になるのだ。その前にこの看板って・・・。外壁に付いているから文句は言えない。でもなぁ・・・。メグスリノキ張り切って枝を伸ばしてヨシ。


IMG_7574.JPG

住宅2階から車庫を見る


IMG_7572.JPG

浴室の防水中。


IMG_7576.JPG

リビングからダイニングへの段の付く位置。この辺りにアンカーを打つので床暖房のパイプが埋まっている部分・・・アンカーを打ってはいけない部分・・・がわかりやすくマーキングされている。こういうのはとてもいい。


IMG_7589.JPG

住宅2階の野地板下の断熱材取り付け完了。


IMG_7587.JPG

こういう釘で留めてある。野地板へのねじ込みが15mmしかないのでちょっと不安。上の写真の短辺方向に下地材を900ピッチで流して絶対に落ちないようにすることにした。


IMG_7607.JPG

キッチン部分。通線してあるけどこの面は耐震壁になるから構造用合板を張ってからじゃないとケーブルを留められないんだ。作業が早いのはいいんだけど早すぎ。


IMG_7579.JPG

住宅外壁隅角部。角でサッシュと外壁を見切る。外壁はこの上にタイベックシートを張ってからガリバリウム鋼板張り。一番手前は溶融亜鉛メッキの竪樋。

IMG_7581.JPG

住宅外壁の断熱材取付中。


IMG_7593.JPG

医院の電気工事は通線中。使用しているケーブル。


IMG_7582.JPG

設備の空調冷媒管。


IMG_7600.JPG

医院の道路側の三協立山アルミのサッシュ取付完了。この溶接・・・溶接後スパッタなどをワイヤブラシで落としておくこと。これは溶接後すぐに錆止を吹き付けてある。

IMG_7605.JPG

医院の2階外壁の耐震壁の釘のピッチを見ていて気付いた。oh!釘頭に釘の長さが刻印されている。


IMG_7611.JPG

打つ前のを見てみたら・・・すげぇ色わけされた上に頭に刻印がある。左は90mm。右は75mm。しらないうちに進歩している。ただネイルガン(釘打ち機)専用のロール釘のみでバラの釘は普通通りだとのこと。

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高30℃ 最低23℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅外壁スタイロフォーム張り、プラスターボード張り、タイベック張り
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅、車庫電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵・朝野卓也
・住宅浴室アスファルト防水
  北川瀝青 富永和洋
・住宅AW防犯配線
  セコム 河森政彦
・定例打ち合わせ 18:15〜
 
平成25年5月14(火)の予定
・住宅間仕切り下地、医院外壁下地取付、材料搬入
・住宅浴室アスファルト防水
・医院1階電気配線
・住宅下屋一次シール
・医院サッシ下地取付
・住宅外部足場壁つなぎ取付

PICT7544.jpg

ハルエースコート用プライマー(ハルeプライマー)アクリルエマルジョン


PICT7550.jpg

ゴムアスファルト主剤(ハルエースコートA)ゴムアスファルトエマルジョン


PICT7548.jpg

硬化剤(ハル硬化剤B)ポリイソシアネート系化合物


PICT7554.jpg

メンブロンクロス


PICT7546.jpg

プライマー塗布中


PICT7555.jpg

防水貫通配管まわりをクロスで補強する


PICT7556.jpg

クロスをゴムアスファルトで塗り込んでいく



PICT7561.jpg

立ち上がり部にクロスを貼っていく


PICT7565.jpg

防水完了


PICT7571.jpg

外壁断熱材(A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種b EX 45t)
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月14日 Tue

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高22℃ 最低15℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅外壁サッシ入隅防水テープ貼り、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・医院電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵・朝野卓也
・住宅浴室アスファルト防水
  北川瀝青 富永和洋
・住宅冷媒管配管
  井上 井上伸一
・住宅外壁一次シール
  堀越コーキング 酒井達仁
・住宅外部足場倒れ防止
  岩崎工業 吉岡利昌・福森淳
・医院X7通りサッシ下地取付
  ダイケンアルミ 石田敦士・大澤憲一・大澤宏貴
 
平成25年5月15(水)の予定
・住宅間仕切り、医院外壁下地取付
・住宅浴室保護モルタル
・医院1階電気配線
・住宅外壁コーナー材取付
・医院ピット内配管
・換気扇材料取付

PICT7574.jpg

防水完了


PICT7575.jpg

保護モルタルのためのラスを留めるトンボを貼り付けていく


PICT7599.jpg

トンボ付け完了。もうすこし平場にも打って欲しいんだよね。


PICT7576.jpg

シーリング材料搬入(PU-2/2成分形ポリウレタン)


PICT7579.jpg

製造年月日2013/04/03なので使用期限内なのでOK


PICT7587.jpg

2成分ポリウレタン系シーリング基剤


PICT7580.jpg

シーリング用プライマー(日本シーカ・シーカプライマー80)

PICT7601.jpg

シーリング材料の撹拌


PICT7607.jpg

住宅下屋と2階外壁間のシール(2成分形ポリウレタンシール)施工中


PICT7629.jpg

サッシュと水切り間の一次シール(2成分形変成シリコン)施工中


PICT7604.jpg

サッシュ取付用アングル(L-75×6をL-75×50にカット)を梁にSUSコーチスクリューM12×65@420以下で取り付ける。


PICT7616.jpg

医院RC壁小口のサッシュ下地溶接中。躯体に打ち込んだFB50×4.5にコ-45×25×45×3.2tの通し金物を溶接する。


PICT7623.jpg

溶接後のスパッタの清掃中


PICT7625.jpg

ワイヤブラシで清掃


PICT7626.jpg

清掃後の様子


PICT7627.jpg

木造部はFB-50×4.5をビス留めした上にコの字の下地を溶接する。溶接部清掃後の錆止塗装



PICT7605.jpg

住宅外壁のサッシュとタイベックシートを防水テープで貼る


PICT7606.jpg

サッシュ枠に取り付けられたアングルとタイベックシートを防水テープで貼る


PICT7617.jpg

上下階通しのサッシュの中間部のサッシュと防水テープ


PICT7608.jpg

住宅1階和室のドレン管立ち上がり


PICT7612.jpg

将来の不具合があったときのためにドレン管の位置測量(柱つらから315が芯)


PICT7613.jpg

住宅1階廊下のX8梁上(下はダイニング)を通る冷媒配管
(撮影/日本海建興株式会社)

スプリング・ロール

IMG_7625.JPG

夕食のおかず。うちのタケノコと干し椎茸が入った春巻き。6本も食ってしまった。

本気菜園

IMG_7616.JPG

何度か播種したパプリカが発芽しない。3年前の種だからなのか・・・。仕方なく新しい種を買った。たった10粒で475円。高っ!これで発芽しなかったら泣く。


IMG_7617.JPG

パセリも発芽状態がよくない。現在2株が発芽しているけど最低6株は必要なのだ。それで新しいのを買ってきた。189円。種は銀色の袋に入っていた。頼むぞ!

IMG_7621.JPG

パプリカ10コマ・パセリ12コマ・鷹の爪4コマ・ナス10コマ播種した。


IMG_7613.JPG

パセリを収穫した。株の状態が薹が立つ感じになってきているのであと数回の収穫だと思う。早く新しい苗を作らなければ・・・。


IMG_7618.JPG

明日定植する苗。左上がブラック・マスタード7株。左下が春菊の余っていた2株。右上がホウレンソウ10株。右下が余っていたブロッコリー4株。


IMG_7622.JPG

左はエダマメ第二弾。右はトウモロコシ。今年はトウモロコシの発芽が悪い。二年目の種はダメなのかなぁ?


IMG_7623.JPG

オクラの苗10株の様子。本葉が揃った。

住民票

09:10-09:30
晴れ
リファーレ2階の本町市民センター
軽トラの名義変更のための住民票をとりに。300円。
明日岡田さんの印鑑証明と「所有権解除依頼書・同意書兼残債照会依頼書」に社名・社印・住所などを記入してもらって提出する。

2013年05月15日 Wed

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高28℃ 最低13℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅間仕切り壁、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・医院電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・住宅冷媒管配管
  井上 井上伸一
・住宅外壁材役物取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・住宅浴室保護モルタル塗り
  福澤左官工業所 扇谷誠・松井研吾
  
平成25年5月16(木)の予定
・住宅間仕切り、医院外壁下地取付
・住宅電気配線まとめ
・住宅外壁材役物取付
・医院ピット内配管
・医院軒天ボード搬入、張りつけ

PICT7640.jpg

医院待合室外壁の横胴縁用パッキン取り付け完了。コンクリートに接する木部なの防腐剤が塗布されている。


PICT7630.jpg

左官材料搬入 普通ポルトランドセメント


PICT7633.jpg

マノール防水材


PICT7635.jpg

サッシュまわりの防水モルタル詰め用モルタル。ちなみに「防水モルタル」と「モルタル防水」は全然違う。「防水モルタル」はモルタルに「防水材」を添加しただけのもの。「モルタル防水」は防水として保証書の出るものをいう。大高事務所に入って最初の頃に「絶対に間違えるな」と言われた。


PICT7636.jpg

サッシュまわりの防水モルタル詰め中


PICT7637.jpg

住宅浴室のラス張り中


PICT7642.jpg

ラス張り完了


PICT7643.jpg

手前が浴槽部、奥が洗い場


PICT7650.jpg

防水保護の保護モルタル塗り中


PICT7664.jpg

保護モルタル完了。浴室出入り口まわりは寸法がぎりぎりなので後で薄く塗る。
(撮影/日本海建興株式会社)

サツマイモを定植した

06:00-19:30
晴れ
  • 岡田建設工業に寄って印鑑証明と「所有権解除依頼書・同意書兼残債照会依頼書」に社名・社印・住所などを記入してもらう。
  • まずはタケノコ掘り。掘ってすぐに茹でる。今回は2回茹でた。
  • 堆肥近くの秋植えのブロッコリーが終了したので抜いてかるく耕耘してからホウレンソウ・ブラックマスタード・春菊を定植する。石灰と鶏糞をやって、株元に籾殻を撒いてから水をたっぷり。布トンネルで保護。
  • その間に和泉はニンジンとアスパラガスの草取り。
  • JAでサツマイモ(紅乙女)の苗50本(900円)。「ベニアズマの苗はないんですか?」「うちはこれだけ(嫌ならほか行けよ。オラオラ・・・的ないい方)」。昔の役所以上ないいかたにびっくり。その後ムサシに行って塗装合板(1,350円)を買う。自動車屋に寄ったて手続きをしようとしたら事務のおばちゃんがいない。出てきた人は出した書類を眺めて黙っている。僕も和泉も「この人はただ見てるだけで、頭は全然動いていない」と思っていた。随分時間が経ってから「今、担当がいないので・・・」。ちっ、先に言えよ!って思った。作業後帰りにもう一度寄って書類を渡した。
  • 新しい畑に坊ちゃんカボチャ3株とブロッコリー4株を定植して布トンネルを掛けた。
  • 2段目に積み上げてあった枯れ草を燃やす。全部は燃え切らずにちょっと残った。ま、次回晴れたときか。
  • 道路側の一番下の段の2コマの道路側に一畝×2。2コマ目の中央に一畝つくった。手前の道路側にはエダマメの第二弾を定植するつもり。2コマ目の中央にはヘチマとユウガオを植えるつもり。2コマ目の道路側はサツマイモを定植した。サツマイモの畝には篠原氏にもらった灰を鋤込んだ。
  • 3段目の1コマを二回目の耕耘。2段目の1コマを荒起こしした。

IMG_7631.JPG

収穫したタケノコ。いつも通り大きいのから小さいのまでいろいろ。


IMG_7628.JPG

竹林の中にある山椒の木に蕾がついている。


IMG_7634.JPG

奥から手前(右/堆肥側)に向かってブラックマスタード・ホウレンソウ・春菊。まずはポットを並べて間隔を調整する。


IMG_7636.JPG

さて新しい畑で作業だ。耕耘機のロータリーが左右ずれて回転しているので足場板だけで降ろすと斜めに進んで足場板から転げ落ちそうになってしまい危険。前回までは和泉に手伝ってもらってようやく降ろしていたのだ。甲斐性無しそのもの。2本の足場板の上に合板をのせてみると一人でやっても安全にうまく降ろすことができた。


IMG_7635.JPG

荷台にはスコップやジョウロ、布トンネルのための支柱や布。布を押さえるための古瓦・・・とか作業道具満載。軽トラがなかったらこれを一輪車で運ぶことになっていた。機械力はすごい。軽トラを受け取った日には岡田さんからちゃんとロープの結び方も習った(南京縛りというらしい)のでばっちし。


IMG_7640.JPG

ワサビの様子。前回と同じで全体的にぐったりしてる。でも新しい葉が株元から出ているのでもう大丈夫だと思う。


IMG_7641.JPG

これは畠田さんからの小指の先くらいの小さい根が根付いたエリア。新しい葉も一杯出てる。これが食べられるのは二年後くらいなのか?


IMG_7643.JPG

ワサビのエリア(写真右)。遮光シートの手前が上の写真の畠田さんにもらった小さい株。遮光シートの中が谷本氏にもらった大きな株。


IMG_7645.JPG

和泉が耕耘して僕が畝を作る。


IMG_7648.JPG

畝にサツマイモの苗を並べてみて配置を確認。


IMG_7653.JPG

上側が定植完了。下側がこれから土を被せるところ。葉だけ残して茎を土に入れる。正確には節を土に埋める。これは水平植えってやつ。芋は小ぶりだけど均等な大きさになるらしい。斜めに植える角度が大きいと数が少なく大きい芋になるらしい。角度を付けて植えたことがないのでホントかはわからない。水平植えでも大きい芋も穫れてるし・・・。


IMG_7654.JPG

2段目の1コマ目を荒起こし中。


IMG_7655.JPG

土は固くて雑草もしっかり根を張ってる。同じ様な草がびっしり生えているが何て名前なのか。覚えたくもないけど。ただうちの畑には生えていない。耕作放棄地特有の雑草なのか。


IMG_7657.JPG

こちらの畑の作業終了。


IMG_7658.JPG

タマネギの様子。玉がふくらみ始めてきた。昨年はこの時期に病気にかかって葉が黄色くなり始めて勢いがなかった。今年は調子いいのか?このまま行ってほしい。


IMG_7659.JPG

タマネギはいいのだが・・・ニンニクが・・・。昨年は青々しているぞ。全部がうまくいくことってなかなかないんだよねぇ。


IMG_7660.JPG

ソラマメは昨年より成長がいい。全体が揃っている感じ。


IMG_7661.JPG

エンドウ豆はまだだな。


IMG_7664.JPG

レタスの様子。虫にもやられずいい感じ。


IMG_7666.JPG

キャベツも問題なし。


IMG_7675.JPG

春植えのブロッコリー。まぁまぁ昨年並み。


IMG_7667.JPG

春菊。大きくなったなぁ。コツの要らない作物だ。


IMG_7669.JPG

エダマメ第一弾の様子。成長がちょっと遅い。


IMG_7670.JPG

ジャガイモ。今年は遅い。昨年はもう土寄せをしていた。遅霜のせいで畠田さんのお母さんのジャガイモは土の中でかなりやられたと仰っていた。うちのは成長が遅いがあまり被害もないので幸せだ。そのうち成長も追いつくさ。


IMG_7677.JPG

ニンジンも発芽している。これも例年並み。


IMG_7679.JPG

アスパラガスは結構伸びている。でも昨年より遅い。


IMG_7683.JPG

作業後の畑。左のブルーシートが掛かった堆肥に一番近い布トンネルが今日定植したところ。これからナス・トマト・キュウリ・トウモロコシなどを定植する場所を決めないとまずいのだが・・・おかしい、畑が足りない。


IMG_7685.JPG

今日の収穫。山椒の葉。シイタケ1個((もう終わったと思っていたら綺麗なのが1個出ていた)。アスパラガス。タケノコ。半分を長村の実家へ。

2013年05月16日 Thu

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 曇 最高22℃ 最低18℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅間仕切り壁、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・医院、住宅電気BOX取付
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・医院ピット冷媒管配管
  井上 井上伸一
・住宅外壁材役物取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・医院軒天ボード張り
  佐幸内装 佐幸哲男
  ツネ健美 柳澤常文
  
平成25年5月17(金)の予定
・住宅間仕切り、医院外壁下地取付
・住宅外壁材取付
・医院ピット内配管
・医院軒天ボード張り
・医院2階床配管

PICT7670.jpg

住宅外壁材搬入


PICT7671.jpg

外壁材の計測(この写真は材料の裏側)


PICT7673.jpg

外壁材を留めるビス


PICT7679.jpg

医院軒天ボード張り完了


PICT7682.jpg

医院外壁断熱材(A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種b EX 45t)


PICT7683.jpg

住宅の天井を張る部分の断熱材(アキレスボードAL/PEノンフロン50t)
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_7687.JPG

今日は寒く曇っている。イチゴが色づいてきた。


IMG_7688.JPG

トウモロコシ。昨年はもう定植しているのに・・・発芽した数もすごく少ない。


IMG_7689.JPG

エダマメは本葉が開いて苗らしくなってきた。これは新しい畑の道路側に定植する。


IMG_7691.JPG

枝豆(大豆)の双葉は豆自体が土の中で緑になってぱかっと割れて双葉になる。ベージュ色だった豆が緑になって土から出てくるって「すげぇ」って感動する。野菜を作るまでそんな当たり前のことを知らなかったんだよね。


IMG_7692.JPG

ナスは発芽してから本葉が出るまでとても時間が掛かる。ようやくナスの葉らしい形をした本葉が出た。世間ではもう定植が終わっているというのに・・・。保温ベッドのない種からの栽培ではかなり遅れる。でもナスは収穫期間が長いからいいとする。


IMG_7694.JPG

双葉はナスと似ているけど、こちらの方がシュッとして葉に艶がある。これは鷹の爪。大きくなるまでピーマンと区別がつかない。


IMG_7695.JPG

これもピーマン系に似た双葉だけど、本葉はくしゃっとしているのでパセリだとわかる。パセリも成長がすごく遅い。


IMG_7693.JPG

オクラも本葉が出てきた。葉に毛がいっぱい生えてる。


IMG_7696.JPG

左がキュウリ。右がヘチマ。ヘチマは何故か煮豆のニオイがする。


IMG_7697.JPG

ヘチマの双葉。葉に艶がある。


IMG_7698.JPG

坊ちゃんカボチャの双葉。でかい。ただ、ただ、でかい。


IMG_7701.JPG

プリンスメロンの双葉。左の大きいのが坊ちゃんカボチャの双葉。

2013年05月17日 Fri

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高18℃ 最低12℃

本日の作業
・現場管理、浴室水栓柱アンカー位置だし
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅間仕切り壁、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・医院ピット冷媒管配管
  井上 井上伸一・新井
・住宅外壁材役物取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・医院軒天ボード張り
  佐幸内装 佐幸哲男
  ツネ健美 柳澤常文
  
平成25年5月18(土)の予定
・住宅各所造作、医院外壁下地取付、サッシ下地取付
・住宅外壁材取付
・住宅浴室浴槽取付

PICT7687.jpg

住宅外壁施工中(キッチンの中庭側)


PICT7688.jpg

住宅隣地側外壁材取付完了


PICT7686.jpg

住宅キッチンと家事室間の間柱完了


PICT7689.jpg

住宅2階居室1空調機用冷媒管立ち上げ
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

晴れ
  • 落花生の調子が悪いので蒔きなおし。頭を出して植えると土との境界で白いカビが生えた。やっぱり少し土に埋まっていないとまずいようだ。ソラマメは植える時期が晩秋なのでお尻を出して植えてもカビが生えないってことか。
  • ゴマを追加でプラグトレー1枚に播種した。前回は買った種・・・何年も前のを播種したのだが発芽しないので一昨年収穫した自家採種の種を播いてみた。
IMG_7713.JPG

イチゴの実がぐんぐん大きくなってる。


IMG_7714.JPG

昨年栽培していたパプリカを越冬させてみようと冬の間3鉢玄関に入れていた。2鉢は完全に枯れたのだが、なんとなく茎が緑っぽい1鉢だけ残していた。


IMG_7703.JPG

おおっ!!!葉が出た。越冬成功だ。昨年は失敗したけど今回初めて成功。これだけ茎(骨格)ができていると実がなるのが早い・・・という。金沢でも冬を越せるんだ。


IMG_7734.JPG

明日定植するオクラ6株と枝豆28ポット。

精米

IMG_7726.JPG

お米がなくなったので玄米を精米に「ほがらか村」まで。100円/10kg


IMG_7723.JPG

コイン精米の前はおこぼれ狙いの鳩がいっぱい。暑いのに戸も開けられんわ。

2013年05月18日 Sat

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高25℃ 最低12℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院外壁下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田 駿
・住宅空調機取付
  井上 井上伸一・新井
・住宅外壁材取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田 悟
・住宅浴室浴槽取付
  クレハロ 松室幸司
  文興業 経沢文敏・溝口雅之・ダコタ・ベイカー
・住宅各所床レベル補修
  福沢左官工業所 扇谷 誠・松井研吾
・医院2階ケミカルアンカー打設
  翔陽 宮保・泉

住宅の床レベルはモルタルで調整しました。

写真
 PICT7691 住宅外壁材留めピッチ
 PICT7701、02 医院AW-19排煙OP配線状況 
 PICT7704、05、06、07、08、09、10、11、12 医院2階ケミカルアンカー打設状況
 PICT7718、20、22、23 住宅浴室浴槽配管状況
 PICT7725、26、27、28 住宅空調機取付状況
 PICT7730 住宅床レベル補修状況
  
平成25年5月20(月)の予定
・住宅各所造作、医院外壁下地取付
・住宅外壁材取付
・住宅浴室ブロック積み
・住宅各所ドレン配管
・定例打合わせ 18:15〜

PICT7701.jpg

医院廊下突き当たりの排煙窓のオペレーター配管上側


PICT7702.jpg

オペレーター配管がRC躯体に入る位置


PICT7704.jpg

ケミカルアンカーと全ネジボルトM12


PICT7705.jpg

設備がRCスラブ上の土台を欠込んで配管を通した。当然それでは土台として弱くなるので両側にアンカーが必要となる。それでケミカルアンカーとなった。スラブ天端に書かれた赤や青の線はコンクリート内部の電気などの配管位置を示している。これを見越してコンクリート打設前に配管位置を測量するよう指示しておいた(2階の配管施工図を承諾していないんだから/以前なら承諾するまでコンクリートの打設は許さなかったけど歳とともに・・・)。


PICT7706.jpg

穿孔した穴の内部の掃除。先端がネジネジになったヤツ。


PICT7707.jpg

次に穿孔した穴の中をブロアーで掃除


PICT7708.jpg

土台天端から穴の底までの深さを確認する


PICT7709.jpg

うん。確かに200mm


PICT7710.jpg

孔内にケミカルカプセルを挿入する


PICT7711.jpg

全ネジボルトM12打ち込む


PICT7712.jpg

土台両脇の補強OK。指定時間が過ぎてケミカルが硬化してからナットを締める。


PICT7718.jpg

浴槽の排水管の接続(普通の間接排水ではなく直接排水)


PICT7722.jpg

左からの配管はポップアップからの排水管


PICT7726.jpg

住宅家事室空調機取り付け完了


PICT7727.jpg

住宅2階居室1空調機取り付け完了


PICT7728.jpg

空調機への冷媒管とドレン管の接続


PICT7730.jpg

住宅1階和室は床暖房のシンダーコンクリートの上に床暖房用の薄い畳を敷く。畳の寸法の調整のためにモルタルで調整したとのこと。モルタルはあまり塗りたくないけど寸法が合わないと仕方がないしな。我慢する。
(撮影/日本海建興株式会社)

来所

18:30-20:30
中村さん来所
イチゴ・サクランボ・ビワ・グレープフルーツをいただく。
車庫で話をしながらワカメを洗っていたのであっという間に時間が過ぎた。
フルーツのお礼に今日採ったアスパラとタケノコ・乾燥ワカメと洗った生ワカメをお返しに。

サトイモを定植

05:50-18:00
晴れ
  • タケノコを掘って茹でる。
  • 道路際の草刈り。
  • 畠田さんとワカメ採り。バケツ2杯分の収穫。
  • サトイモを定植(16+7+5=28個)
  • 新しい畑にオクラと枝豆を定植。
  • 新しい畑2段目の2コマ目を荒起こし。全部終わらないので一部にサトイモの残りを仮植え。
IMG_7736.JPG

ツバメの巣。今年は2組が巣を作っているようだ。もう一つはどれかまだわからない。


IMG_7740.JPG

タケノコはこれで最後かな。


IMG_7741.JPG

納屋の裏を草刈り。


IMG_7758.JPG

刈った草はビワや無花果の木の下に。


IMG_7742.JPG

裏の道路側も刈る。


IMG_7757.JPG

さっぱりした。


IMG_7744.JPG

昨年は葉まで出たのをもう定植していた。今年は芽が出ているだけ。


IMG_7745.JPG

こいつは左の頭だけではなく色んなところから芽が出てる。


IMG_7760.JPG

中央と左上2畝(竹の骨組みだけで布の張ってない畝)にサトイモを定植した。


IMG_7749.JPG

新しい畑の1段目1コマ目の道路側にオクラ6株と枝豆28ポットを定植した。オクラは375ピッチ。枝豆は300ピッチ千鳥。


IMG_7752.JPG

2段目を荒起こしする和泉。ここの土はよかった。


IMG_7754.JPG

荒起こし途中で時間切れ。黒く焦げているのは刈った草を燃やしたから。右の竹が4本立てているところにサトイモの残りを仮植えした。このエリアに3畝つくって定植するつもりだが間に合うのかな。ちょっと不安。


IMG_7755.JPG

ワサビはまだぐったり。この場所でいいのか不安になってきた。


IMG_7756.JPG

作業後の新しい畑。道路側の布トンネルが枝豆。手前が坊ちゃんカボチャとブロッコリーの布トンネル。


IMG_7767.JPG

最初に植えた枝豆の様子。


IMG_7769.JPG

レタスの様子。1株が虫にやられていた。


IMG_7770.JPG

ジャガイモの様子。うちのは遅い。


IMG_7771.JPG

ソラマメの様子。


IMG_7772.JPG

ニンニクの様子。病気が進行してる。


IMG_7781.JPG

タマネギの様子。


IMG_7773.JPG

エンドウ豆の様子。奥が絹サヤ。手前がスナックエンドウ。実がつくまで見分けがつかないけどね。


IMG_7774.JPG

アスパラガスの様子。ひょろひょろとのびてる。2畝の通路部分に来年は新しい苗を植えようと思う。


IMG_7776.JPG

ニンジンの様子。


IMG_7780.JPG

ブロッコリーの様子。


IMG_7783.JPG

アスパラガスとタケノコ。フキは畠田さんにいただいた。


IMG_7789.JPG

帰ってから20:30までワカメを洗って干した。まだ残ってるけど身体が冷えたので店じまい。

2013年05月19日 Sun

本気菜園

  • ユウガオはまだ芽が出ないし、ヘチマも数が揃わないので追加播種。面倒なので大きいポットに7個ずつ播種した。今年は苗のできが悪い。落花生なんて1個も発芽していない。
IMG_7793.JPG

昨晩の続きでワカメを洗って干す。昨晩メカブを茹でてから細く切って酢醤油で食べてみた。あまりに磯の香りが強すぎてアウト。


IMG_7797.JPG

ちょっと不細工だけどイチゴの収穫第一号

2013年05月20日 Mon

本気菜園

IMG_7799.JPG

ゴマが発芽した。


IMG_7800.JPG

落花生が発芽した。いつもながら感心するが格好いい本葉だ。


IMG_7803.JPG

今日もワカメの乾燥。半乾きのワカメは干しカゴへ。


IMG_7805.JPG

シイタケを屋外で乾燥中。


IMG_7806.JPG

今朝のイチゴ。2個/累計3個。

「黒部の住宅・医院」

14:00-21:20
くもり
IMG_7811.JPG

良い天気ならこの正面に立山連峰がどーんと見えるのに・・・。


IMG_7813.JPG

浴室入り口溝の排水管。これまでは1ヶ所から排水していた。一気に水が流れると排水能力が追いつかないようなので3ヶ所から抜くことにした。


IMG_7815.JPG

2階廊下の合板捨て張り。この上に無垢のフローリングを張る。エアコンの配管を打ち抜くことがないように印が付けられている。こういう心配りが大切。優秀な現場だと思う。


IMG_7816.JPG

魚谷氏の後ろの壁にエアコンがつく。


IMG_7827.JPG

上側はエアコンの取付用に合板を張る。下側は石膏ボード。間違えないように下地に張り分けを注意書きしている。


IMG_7824.JPG

医院の野地板裏の断熱材張り中。


IMG_7836.JPG

小又氏に階段ノンスリップの溝を掘ってもらう。左から幅6×深さ6mm・2.5mm・4mmの溝。設計通り深さ6mmの溝を3本付けることにした。ビットは株式会社マキタ U溝ビット6×6・P/N D-08202


IMG_7837.JPG

裸電球をぶら下げるためのヒートン。設計は真鍮だったがこのブロンズ色の方が目立たなさそうなのでこちらを採用。足長洋灯吊り(ブロンズ22) 株式会社コメリ FA-17394

日本海建興からの工事日報

天候 曇 最高29℃ 最低14℃

本日の作業
・現場管理、浴室浴槽廻り断熱材詰め込み
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院床下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅冷媒管配管
  井上 井上伸一
・住宅外壁材取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・住宅ドレン配管
  文興業 経沢文敏
・住宅浴室ブロック積み
  福沢左官工業所 扇谷誠
・住宅各所電気BOX配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・定例打ち合わせ 
  
平成25年5月21(火)の予定
・医院床下地取付
・住宅外壁材取付
・住宅浴室水栓柱アンカーボルト溶接
・住宅各所ドレン配管
・医院、住宅電気BOX配線
・医院X1通り壁下地

20130520.jpg

設計の循環口はストレートタイプを使用する


PICT7733.jpg

本来なら浴槽の循環口から真っ直ぐの位置にスリーブを開けて循環パイプが左方向に行くべきなのにスリーブの位置を間違えたせいでL型の金物で下に振り、またL型に振り・・・と。設計を改悪されていくのを見るのは本当に腹がたつ。


PICT7735.jpg

浴槽まわりの配管が終わったので鉄筋をたててコンクリートブロックを積む


PICT7739.jpg

コンクリートブロックの浴槽側は断熱材を詰める。浴槽下にコンクリートが入ると浴槽が浮いてしまうのだ。


PICT7740.jpg

コンクリートブロック天端まで防水押さえコンクリートを打つ。その上に断熱材を敷き、床暖房の配管を入れてから蓄熱用シンダーコンクリートを打つ。その後ようやく仕上げの花崗岩(白)ジェットバーナーを貼る。浴室は工程が多くて複雑なので工事は大変。ユニットバスは楽ちんだよね。

PICT7744.jpg

医院の2階スラブ上の下地組中。コンクリートに接する木部は防腐剤を塗る。
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月21日 Tue

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高25℃ 最低16℃

本日の作業
・現場管理、住宅浴室防水押さえCON打設準備
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院床下地
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅外壁材取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・住宅浴室配管、医院2階床下配管
  文興業 経沢文敏
・住宅床レベル補修、医院X1通り壁下地
  福沢左官工業所 扇谷誠・扇谷重信・寺島盈雄(みつお)
・医院電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵
・住宅浴室水栓柱アンカーボルト溶接
  堅和工業 岩城隆一

平成25年5月22(水)の予定
・医院床下地取付、住宅各所造作
・住宅外壁材役物取付
・住宅浴室防水押さえコンクリート打設 Fc21-15-25 0.5m3
・住宅ドレン配管
・医院電気BOX配線
・医院竪樋搬入、取付
・住宅軒天耐火シール

PICT7747.jpg

住宅浴室の水栓柱アンカーボルト。4本アンカーを指定位置に入れるのは大変なのでセットにしている。一体化されていると位置合わせが楽。


PICT7763.jpg

浴室の水栓柱アンカーボルト溶接後のスパッタ清掃中


PICT7764.jpg

錆止塗装完了(防水押さえコンクリートの中に入るから錆止は必要ないんだけど)


PICT7767.jpg

溶接金網を敷いて給水・給湯・電気リモコン配管はテンプレートに通してずれないようにセットする。防水押さえコンクリートの打設準備完了。


PICT7751.jpg

壁左官塗りの下地調整用モルタルNSボンドM#150


PICT7753.jpg

下地調整モルタルの前に塗るシーラーN#45


PICT7757.jpg

医院躯体への左官塗り前にまずシーラーを塗る


PICT7761.jpg

医院2階ミニキッチンの給湯・給水・排水の床立ち上げ位置の測量
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_7839.JPG

今朝のイチゴ。5個/累計8個。今日の大きいヤツは指と比べてわかるがかなり大きい。小さいのと体積差はすごいんだが重さをはかるのは面倒なのでとりあえず収穫数で統計をとっていく。昨年は26株で243個、05/21から06/11まで収穫できた。今年は23株で05/19から収穫が始まった。何個実がつくんだろうね。

2013年05月22日 Wed

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高26℃ 最低14℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院床下地
  横畑建築 小又清範・黒田駿
・住宅外壁材役物取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・住宅浴室防水押さえ、AW-23捨てCONコンクリート打設
  澤田土建 澤田正嗣・二本松仁・保要和彦
  福沢左官工業所 扇谷誠
  コロムビア電設工業 石坂美和
  文興業 経沢文敏
・医院X1通り竪樋搬入、取付
  YMT工業 上坂伸吾・高田康弘
・住宅軒天耐火シール
  堀越コーキング 堀越飛行

平成25年5月23(木)の予定
・医院床下地、住宅各所造作
・医院X7通りサッシ搬入、取付
・医院電気配線
・医院竪樋取付

PICT7806.jpg

浴室の防水押さえコンクリート・医院事務室屋外物置サッシュ下の捨てコン打設。21-15-25Nで0.5㎥を2台。


PICT7770.jpg

浴室の防水押さえコンクリート打設中


PICT7771.jpg

防水押さえコンクリート均し中


PICT7772.jpg

事務室の外部物置サッシュ下捨コン打設完了


PICT7774.jpg

延焼の恐れのある部分の軒天ボード間の耐火シール材料


PICT7775.jpg

住宅軒天目地への耐火シール施工中


PICT7777.jpg

医院2階スラブ上の大引(90×45)ピッチの検測。910ピッチ。


PICT7778.jpg

医院2階スラブ上の根太(45×60)ピッチの検測。303ピッチ。


PICT7791.jpg

医院2階床の捨て張り合板を張る前の配管撮影。

PICT7786.jpg

1階のパイプスペースから2階スラブ上へ空調ドレン管・排水管・空調冷媒管・給水管・給湯管の順で配管。


PICT7789.jpg

配管の写真撮影が終わって床捨て張りの合板張り中


PICT7804.jpg

医院スタッフルーム2階の床合板捨て張り中。根太は45×75@303


PICT7796.jpg

医院竪樋搬入(SGP80A-89.1φ×3.2t溶融亜鉛メッキ)。亜鉛付着量はHDZ55


PICT7803.jpg

医院竪樋受け金物搬入


PICT7798.jpg

住宅キッチン下屋の2階外壁材と防水端部立ち上がりのクリアランスの手直し完了
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_7843.JPG

今朝のイチゴ。4個/累計12個。2人でわけて食べるので偶数個ずつ収穫する。


IMG_7844.JPG

パセリを収穫。段々と背丈が高くなって薹が立つ準備が始まってる。


IMG_7847.JPG

ゴマの様子。プラグトレイの半分くらいが発芽している。


IMG_7848.JPG

05/07に播種した鷹の爪が発芽した。

2013年05月23日 Thu

久しぶり

16:10-18:30
高専の同級生の清水さん(野村さん)が出張で金沢に来たとメールが入った。
日航でお茶してきた。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高25℃ 最低14℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院内部下地
  横畑建築 黒田駿・小又清範
・医院X1通り竪樋取付
  YMT工業 上坂伸吾・高田康弘
・医院X7通りサッシ搬入、取付 
  ダイケンアルミ 石田敦士・大澤宏貴・若林孝行・土田真輝
・医院2階床下電気配線
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵

平成25年5月24(金)の予定
・医院階段手摺り下地、住宅各所造作
・医院X7通りサッシ取付
・医院空調機取付
・住宅軒天ボード塗装

PICT7808.jpg

医院診察室などのサッシュ搬入


PICT7810.jpg

診察室1のサッシュ取付用アングルを躯体に取付。躯体にはFB-50×4.5が打ち込んであり、L-60×5にピッチで穴が開いている。FBにアングルを重ねて穴の中で溶接してから磨く。


PICT7813.jpg

アングルの取り付けが完了して錆止塗装終了


PICT7816.jpg

一般部のサッシュ取付。躯体に打ち込んだFBにコの字型を溶接する。そのコの字の一回り大きいサッシュ側のコの字を被せて溶接する。

PICT7817.jpg

ワイヤブラシで溶接スパッタなどを取る


PICT7818.jpg

磨き終わった状態。


PICT7825.jpg

医院2階のミニキッチン部の外壁の内側。ボード張り前に下地やケーブルの位置を撮影しておく。上部は24時間換気の穴。左下と中央部上がコンセント。中央部下はIHヒーター用


PICT7822.jpg

医院2階床下捨て張り合板張り中


PICT7823.jpg

ミニキッチン部への電気ケーブル・排水管・給水管・給湯管
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_7850.JPG

今朝のイチゴ。9個/累計21個。


IMG_7852.JPG


駐車場で原木シイタケ・メカブを干す。苗を陽に当てる。借りている駐車場は幅が広いのでこれだけ置いてもちゃんと車を停められる。とても助かっている。


IMG_7853.JPG

ユウガオの双葉は奥のカボチャより一回り小さくて(といっても他の野菜と比べればとても大きい。右下がトマトの双葉)色が濃い。


IMG_7857.JPG

05/20に播種し直したゴマが発芽した。頭に土をのせている。

2013年05月24日 Fri

作品を見せてもらう

09:25-13:40
晴れ
同級生の豊橋の清水さんと西村氏宅へ
フォーラスSHARMAで昼食

IMG_7871.JPG

お菓子をいただいた。ありがと!

本気菜園

IMG_7863.JPG

今朝のイチゴ。8個/累計29個。


IMG_7883.JPG

今年のイチゴの実は去年より大きくなり味もよくなった。葉がまた大きい。道行く人によく「これ、イチゴ?イチゴってこんなに葉が大きかったっけ」といわれる。実だけでなく葉も昨年より大きいような気がする。肥料は糠と餅米のとぎ汁だけなんだけど・・・。「なんという品種?」とも聞かれるが・・・わからん。畠田さんから苗をもらうのだが、珠洲の人たちは品種に余り興味が無いようで・・・。


IMG_7864.JPG

ワカメが干しあがった。メカブが1袋。ワカメが10袋(うち我が家用B級品袋)。


IMG_7868.JPG

シイタケも干しあがった。手前から大・中・小と大きさ別に分けた。


IMG_7878.JPG

明日定植する苗を点検していたら・・・トウモロコシの葉を蛾の幼虫が食ってる。かなりボロボロにされてしまった。今年は発芽率も悪くてイライラしていたのに早くも食害か・・・ぶちっ。つぶすのも平気になってきたよ。


IMG_7882.JPG

明日定植する苗。キュウリ3株とトウモロコシ6株(少なっ・・・ていうか発芽しないんだよね。二年目の種はダメか)。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高26℃ 最低13℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅各所造作、医院内部下地
  横畑建築 黒田駿・小又清範
・医院1階AW-17、18取付 
  ダイケンアルミ 大澤宏貴・若林孝行・土田真輝
・医院1階空調機取付
  井上 井上伸一・新井英夫
・住宅軒天ボード塗装
  第一興産 早川幸治・長江研治

平成25年5月25(土)の予定
・医院、住宅各所造作
・医院AW-17、18サッシモルタル詰め
・医院空調機取付
・住宅軒天ボード塗装
・医院OP配線
・住宅天井ドレン配管、屋外機置き場基礎融雪配管
・住宅AW-03、車庫AW-13、医院AW-23取付

PICT7828.jpg

住宅軒天塗装用シーラーの主材


PICT7827.jpg

シーラーの硬化剤


PICT7830.jpg

シーラーの主材と硬化剤の混合割合は4:1


PICT7832.jpg

住宅の起点シーラー塗り中


PICT7834.jpg

住宅軒天のAEPアクリル樹脂エマルジョンペイント搬入(色/G19-85B)


PICT7836.jpg

医院待合室サッシュ取付中


PICT7837.jpg

溶接完了
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月25日 Sat

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高27℃ 最低20℃

本日の作業
・現場管理、屋外機置き場基礎墨出し
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 横畑忠雄・黒田駿・小又清範
・医院サッシモルタル詰め
  福沢左官工業所 扇谷誠
・住宅AW-03、車庫AW-13、医院AW-23取付 
  井波建材 広瀬潤・広瀬茂・上川博
・医院1階空調機取付
  井上 井上伸一・新井英夫
・住宅軒天ボード塗装
  第一興産 長江研治
・住宅天井配管
  文興業 経沢文敏・溝口雅之・ダコダ・ベイカー
・医院OP配線
  オイレスeco 岡部信之
・医院、住宅分電盤下地
  コロムビア電設工業 石坂美和
  ナカオ電工 河岸享兵

平成25年5月27(月)の予定
・医院、住宅各所造作
・医院水切り搬入、取付
・住宅浴室水栓柱建込
・住宅浴室型枠組立
・住宅浴室断熱材敷込
・住宅天井配管、屋外機置き場基礎融雪配管
・住宅外部シーリング
・定例打ち合わせ 18:15〜

*長村様
  マジックコートの試し塗りは6/3(月)に車庫北側壁面から行いますので宜しくお願いいたします。

PICT7840.jpg

住宅軒天ボードのアクリル樹脂エマルジョンペイント(ビニデラックス300)1回目


PICT7849.jpg

住宅軒天のAEP塗装2回目


PICT7848.jpg

住宅浴室天井裏の2階トイレからの汚水管配管完了


PICT7851.jpg

医院外壁端部の補強板(合板12t+9t)取付完了


PICT7841.jpg

医院サッシュまわりの防水モルタル詰め完了(待合室)


PICT7846.jpg

医院排煙オペレーター配管固定中


PICT7847.jpg

医院診察室・処置室の下がり天井にエアコン取り付け完了


PICT7850.jpg

車庫のドア取り付け完了
(撮影/日本海建興株式会社)

耕耘して畝を立てる

06:00-18:10
晴れ
  • 落花生のためにつくってあった2畝は雑草でおおわれてしまった。畝をたててない3畝分のエリアはタマネギ側の雑草がすごい。タマネギ側の雑草を鎌で刈ってから耕耘。雑草に被われた2畝はとりあえずそのままにしておく。今週水曜日あたりで雨が降る予報なのでまずは畝をつくりたい。
  • ムサシ珠洲店へ水中ポンプを買いに行く。昨年まではバケツで何十杯と汲み上げてヘロヘロになりながら野菜に水をやっていた。12/16に岡田さんが発電機を下さったのでそれを使うことにした。5月から梅雨までは雨が少ないので夏の本番を前に試運転してみようかと。
  • 耕耘の終わった落花生エリアに3本の畝(8.5m)をたてた。
  • 上の畑にはゴマを植える予定。ここも耕耘して畝をたてる。ひいひい云いながら4畝(7.5m)つくった。30cmピッチで2筋だから1畝あたり50株。50×4=200株。もっと増やしたいんだけど・・・。2011年は07/02・09・16・23の4回で定植している。タマネギは6月中に収穫だからそのあとに植えるか。タマネギの畝は広いから3筋植えられる。30×3=90・・・oh!200株で4.5Lだから290株だと6.5L収穫できることになる。ま、順調にいった場合だけどね。
  • 枝豆の雑草取りと土寄せ。
  • レタスの雑草取り。
  • ジャガイモの芽欠きと追肥・土寄せをしたいのだが時間がない。次回こそ必ず。
  • 発電機を運転して水中ポンプで畑に水をやった。
  • 新しい畑に行って枝豆・オクラ・カボチャ・ブロッコリーに水をやる。
  • アスパラガス・春菊・スナックエンドウを収穫。
  • 畠田さんにフキをいただいた。
  • 畠田さんに畑分の固定資産税1000円を払う。農地は農業従事者以外は入手できないってくだらない法律がある。そのため畑の土地代は支払って自分のものになっているのだが登記できない。それで畠田さんの名義をお借りした。で、固定資産税が畠田さんに請求されるのだ。畠田さんは畑や山など一杯あってどれがうちの分に相当するのか調べるのが面倒らしいので毎年1000円支払うことにしているってわけ。
IMG_7889.JPG

今週雨が降りそうなので畝をたてることにした。畝が無い状態で雨が降るとなかなか畑が乾かない。畝の間の通路って大切なのだ。右の2畝は雑草に覆われてしまってる。その左側の半分と平たい部分を今回耕す。左のタマネギ際の雑草が耕耘機のローターに絡まるので鎌で草刈りが済んでから耕耘。


IMG_7890.JPG

いい感じに耕耘できた。


IMG_7903.JPG

紐を張って畝を作っていく。


IMG_7923.JPG

3本畝を立てた。天端均しは定植するときにやる。右の2畝はそのうちに雑草退治のためつくりなおす。落花生は今日つくった畝から定植を開始する。来週くらいには今芽が出ている苗を定植できそう。株間25〜30cmで畝幅40〜45cmと書いてあるが無理。うちのは株間60cmで畝幅90cm・通路30cmにしている(うちの一般の作物は畝60cmで通路60cm)。それでも収穫前には通路がなくなってしまう・・・ってことは落花生の直径1.2mまで成長しているわけだ。


IMG_7891.JPG

上の畑も耕耘して畝を作る。


IMG_7907.JPG

耕耘中。左の布トンネルの中のキャベツ2株を収穫できればもっと広くなるのに。


IMG_7922.JPG

4畝完成。ゴマは草丈が高いので雑草取りは最初だけ。ゴマが成長すると下の方は日陰になるので雑草はあまり生えない(他の作物より少ないという意味ね)。それで通路幅は少なくして株数を多く植えることにした。畝幅60cmで通路幅30cm。


IMG_7906.JPG

枝豆の雑草取りと土寄せ中。


IMG_7913.JPG

春菊・・・おいおい成長早いな。もう食べられるじゃん。03/05播種・03/10発芽・04/27定植。なに定植してから1ヶ月で食べられるんだ。はやっ。


IMG_7915.JPG

春菊と一緒に定植した枝豆。ちんまりしてる。


IMG_7910.JPG

キュウリを3株定植する。柿の木の向こう側には・・・トウモロコシを。


IMG_7912.JPG

トウモロコシは千鳥で6株定植。第二弾の苗が早く成長しますように。


IMG_7924.JPG

悲・・・発芽したサトイモの葉が丸坊主になって茎だけ残ってる。やっぱり直植えじゃなくてポットで苗にした方がよかったか。培養土が一杯要るからと土をけちったらこういうことになるんだよね。しつこく探したんだけど犯人を見つけることはできなかった。


IMG_7927.JPG

ニンジン・・・収穫するのを忘れていたら薹が立ってる。失敗したなぁ。


IMG_7929.JPG

タマネギの様子。小ぶりだがこれまでで一番いいでき。タマネギだけは毎年いまいちだった。あと一ヶ月でどこまで太るか期待したい。


IMG_7931.JPG

ニンニク。病気が進行してる。葉が緑で残っている間に収穫にこぎ着ければいいのだが。2012年は06/16。2011年は06/27。2010年は07/03に収穫だった。あと3週間ちょっと我慢してくれればいいのだが。


IMG_7932.JPG

ソラマメはぐっと大きくなっていた。脇芽も多いしいい感じ。次回寄せ土をして倒れないようにしたい。


IMG_7933.JPG

エンドウ豆の様子。絹サヤはまだだが、スナックエンドウが収穫できた。


IMG_7934.JPG

アスパラガスは結構伸びた。次回紐を張らなくっちゃ。


IMG_7916.JPG

井戸の裏にあるCB造の味噌蔵に発電機を置くことにした。左はガソリン携行缶。現場からもらってきたヒノキの端材を敷いて湿気対策。


IMG_7917.JPG

発電機。インバーターだからパソコンも使えるらしい。定格出力2.6kVA・連続運転時間3.5〜7.7時間。タンク容量5.9L・本体重量35.2kg。タイヤも付いて持ち運びも楽。現場によくあるやつと違ってとにかくカッコいい。小屋の中に入れておくのは勿体ないけど見せびらかす人はその辺歩いていないし・・・。


IMG_7897.JPG

水中ポンプ「ponstar」PSK63210(15,800円)。10mmくらいの浮遊物までOK。


IMG_7901.JPG

水中ポンプは32mmホース用なので15mmホースへの変換用の異径カップリングクミ32×15「工建」PA-004(546円)


IMG_7894.JPG

「カクイチ」アレスホース15mm×50m(4,400円)


IMG_7899.JPG

ホースジョイント QG-039-FJパケット(498円×2個)。水中ポンプとホース、散水器とホースをワンタッチで取り外すジョイント。


IMG_7902.JPG

ニュー散水器 SJ20(1,980円)。ホース先端に取り付けて霧状にするもの。


IMG_7898.JPG

ファインクランプ D-24 15-24(160円)。水中ポンプに取り付けた異径カップリングクミにホースを抜けないように締め付けるクランプ。


IMG_7918.JPG

ポンプに短いホースをクランプで留める。長いホースをそのままポンプに付けると取り回しが面倒になるのでジョイントで切り離せるようにした。井戸に渡してポンプをぶら下げる単管1.5m(715円)も用意した。50mのホースで井戸から道路まで届く。口径を落として50mのホースを繋げたせいで水圧はかなり落ちた。まぁ畑全体の野菜に何とか水をやれるのでOK。


IMG_7919.JPG

新しい畑の最上段に定植した谷本さんからもらったワサビ。もとの葉はぐったりしたままだけど、小さいが新しい葉が出ていた。新しい葉はシャキッとしていたからもう大丈夫だと思う。


IMG_7921.JPG

畠田さんからもらった小さいワサビは葉が増えていた。そこらじゅう小さい葉がでてる。これらが大きくなったら・・・と、期待しちゃう!


IMG_7936.JPG

左上がアスパラガス36本。左下がスナックエンドウ。右が春菊。中央が畠田さんが下さったフキ。

本気菜園

IMG_7888.JPG

今朝のイチゴ。11個/累計40個。


IMG_7938.JPG

落花生の発芽が思わしくないので湿らせたキッチンタオルでサンドイッチして発根を確認したヤツだけポットに植えることにした。昨年も最後の手段でこんなことやっていた。

2013年05月26日 Sun

本気菜園

IMG_7939.JPG

今朝のイチゴ。8個/累計48個。

2013年05月27日 Mon

本気菜園

IMG_7943.JPG

今朝のイチゴ。19個/累計67個。収穫するたびに明日の分はあるのかなぁ・・・とちょっと不安になる。でも何個かずつ熟したのがちゃんとなってる。今日は中国系の夫妻が散歩で通りかかって「沢山とれましたねぇ。いつまで収穫できますか?」と声をかけられた。

「黒部の住宅・医院」

12:30-21:10
くもり
現場定例会議

IMG_7948.JPG

浴槽下の断熱材。すごい・・・びっしり詰まってる。水口クンまじめでいいね。


IMG_7950.JPG

浴室水栓柱のアンカーボルト。ちゃんと誤差を測量してる。


IMG_8007.JPG

水栓柱取り付け完了。経沢さんが排水口の調整中。


IMG_7955.JPG

2階和室入り口のケヤキの踏み板。


IMG_7952.JPG

裏側は反りを減らすために溝を切ってある。


IMG_7967.JPG

医院の屋外機置き場の屋外機基礎型枠完了。


IMG_7980.JPG

医院から住宅のキッチン下屋部を見る。


IMG_7979.JPG

朴木の枝や葉が屋根に・・・


IMG_7977.JPG

軒天まで浸食されてる。伐ってもらわなくては。


IMG_7984.JPG

医院診察室下がり天井部のエアコン取り付け完了。


IMG_7995.JPG

シール中。缶の下に「有効期限6ヶ月」とある。


IMG_7996.JPG

製造年月日が13.04.11←6ヶ月以内なのでOK。


IMG_8019.JPG

医院の2階はブレースの向こうに障子が入る。ブレースを焦げ茶に塗る。障子が無い状態だと焦げ茶色だと殆ど見えないが、障子の白色を持ってくると目立つ。


IMG_8020.JPG

おお、白色の方が目立たなくなるんだ。じゃ白色で塗ることにする。


DC.jpg

黙っているとだいたいはこのドアチェックが取り付けられる。ドアチェックの下の出っ張りBがドアの上枠から下に飛び出るのだ。そんなもんだと気にしないか、いや不細工なのは恥ずかしいと感じるか・・・。


IMG_8012.JPG

このドアチェックなら出っ張りも上枠から下に飛び出ない。

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高30℃ 最低18℃

本日の作業
・現場管理、住宅浴室断熱材敷き込み
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 横畑忠雄・黒田駿・小又清範
・住宅浴室水栓柱建込
  堅和工業 岩城隆一・矢後正吹
  文興業 経沢文敏
  コロムビア電設工業 石坂美和
・住宅、車庫外部シーリング
  堀越コーキング 酒井達仁
・医院軒天ボード張り
  佐幸内装 佐幸哲男
  ツネ建美 柳澤常文
・医院外壁AL水切り取付
  三栄建工 菅原豊・田中稔
・住宅浴室シンダー・屋外機置場基礎型枠組立
  エムビー建設 和泉宏
・電気工事打ち合わせ
・定例打ち合わせ 

平成25年5月28(火)の予定
・医院手摺り下地、住宅各所造作
・住宅浴室床暖房配管
・住宅浴室、屋外機置場基礎ワイヤーメッシュ敷き
・住宅天井配管、屋外機置き場基礎融雪配管
・住宅外部シーリング
・医院1階壁下地補修

PICT7852.jpg

医院軒天ボード張り中

PICT7854.jpg

車庫シーリング中(MS-2/2成分形変成シリコーン)


PICT7855.jpg

住宅浴室の水栓柱取付中
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月28日 Tue

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 曇 最高28℃ 最低18℃

本日の作業
・現場管理、住宅浴室・屋外機置き場基礎ワイヤーメッシュ敷き
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 黒田 駿・小又清範
・住宅外部シーリング
  堀越コーキング 酒井達仁
・医院屋外機置き場基礎配管
  文興業 経沢文敏
・住宅浴室床暖房配管
  日本テック 下中泰二郎
・医院1階壁下地補修
  福沢左官工業所 扇谷 誠
・屋外機置き場基礎電気配管
  コロムビア電設工業 石坂美和
・医院1階空調機取付
  井上 井上伸一・新井英夫

平成25年5月29(水)の予定
・医院、住宅各所造作
・住宅浴室シンダー、屋外機置き場基礎コンクリート打設 Fc21-18-25 2m3
・住宅外部シーリング

PICT7856.jpg

昨日頼んでおいた朴木の屋根に掛かっていた枝を伐ってもらった


PICT7857.jpg

軒下から朴木を見る。まぁ、あっという間に屋根の上に枝が伸びるだろうけど。


PICT7858.jpg

住宅浴室の断熱材敷設完了


PICT7889.jpg

床暖房の配管をやってから溶接金網を被せてコンクリート打設準備よし。
(撮影/日本海建興株式会社)

本気菜園

IMG_8022.JPG

今朝のイチゴ。12個/累計79個。


IMG_8025.JPG

05/25から湿らせたキッチンタオルの中で発根させていた落花生の一部が発根している。もう少し伸びてから土に植える。以前播種した種の発芽が思わしくないので昨日追加でタッパウエア2個分発根させることにした。


IMG_8026.JPG

パセリに蕾ができた。


IMG_8028.JPG

ヘチマのツルが伸びてきた。そろそろ定植か。


IMG_8030.JPG

プリンスメロンは本葉2枚目がでてきた。定植はもう少し先かな。


IMG_8031.JPG

バジル6株をポット大に植え直した。


IMG_8032.JPG

ゴマを追加で播種。36×2=72セル分。


IMG_8033.JPG

セルトレイを入れる育苗箱チビ125円×3=375円。


IMG_8035.JPG

明日定植する落花生の苗20株。落花生は夜になると葉を閉じて寝る。


IMG_8037.JPG

ユウガオの双葉も閉じて寝てる。

2013年05月29日 Wed

本気菜園

IMG_8137.JPG

根が出てきた落花生20個をポットに植えた。はやく新しい苗を用意しないと・・・。

落花生を定植

03:40-17:20小雨
  • アスパラガス×4畝、エンドウ豆、ソラマメが倒れないよう竹杭を打って紐を張った。
  • 落花生15(1畝)+5=20株定植。
  • トウモロコシ3株定植。
  • 新しい畑にヘチマ3株とオクラ3株を定植。
  • ジャガイモの畝の草取りをしてから鶏糞を追肥して土寄せした。
  • ブロッコリーとキャベツの草取り・鶏糞追肥・土寄せ。
  • レタスの草取り。
  • ニンジンを播種。
  • 畠田さんのお母さんからカボチャの苗を2株もらったので堆肥近くの段々畑端部に定植した。
IMG_8049.JPG

今日定植するトウモロコシ3株・ヘチマ3株・オクラ3株・落花生20株。


IMG_8051.JPG

もう草だらけ。草刈りをしたいが雨なので次週に。


IMG_8053.JPG

アスパラやエンドウ豆がふらふらなので紐を張る。


IMG_8117.JPG

紐を張って倒れた茎を紐の間に入れてやる。


IMG_8116.JPG

ソラマメは胸の高さになってる。いつもは倒れてからあわてて紐を張っている。何年もかかったがようやく学習して倒れる前に張った。


IMG_8067.JPG

落花生を定植する。一畝60cmピッチで15株。


IMG_8069.JPG

3株毎に竹の支柱を挿して・・・


IMG_8070.JPG

布を張って完了。落花生の苗(豆が割れて双葉になる)は鳥の大好物なので双葉が見えなくなるまではトンネルが必要。当然、収穫時期が近づいてもカラスにやられる。9月になるとすぐにネットを掛けなければならない。


IMG_8079.JPG

ジャガイモまわりの雑草を抜いて鶏糞を追肥してから土寄せ・・・完了。


IMG_8061.JPG

ブロッコリーは葉も大きくなってきたので土寄せする。


IMG_8086.JPG

布トンネルを捲ってから雑草を取り、鶏糞を追肥してから土寄せ・・・完了。


IMG_8087.JPG

裏の竹林に行って倉庫近くの伸びた竹を蹴り倒す。この写真の範囲の新しい竹は全部倒した。だんだん建物の近くに移動してきているのでやばい。


IMG_8129.JPG

05/18にサトイモを植えた畝にわらを掛けた。まだ1個も芽が出ていない。大丈夫なんだろうな。ちょっと不安。


IMG_8056.JPG

レタスの様子。2株ヨトウムシにやられていた。


IMG_8058.JPG

キャベツの様子。追肥して土寄せした。3株ヨトウムシにやられていた。2匹つぶした。


IMG_8062.JPG

ホウレンソウの様子。初めてなので順調なのかよくわからない。


IMG_8063.JPG

ブラックマスタードの様子。今年は葉を食べるつもりで植えた。もうしばらくかかりそう。


IMG_8080.JPG

05/25に定植したキュウリ。あまり変化無し。


IMG_8088.JPG

新しい畑に05/18に定植したオクラ。変化がわからない。オクラの成長は遅い。


IMG_8090.JPG

新しい畑に05/18に定植した枝豆。


IMG_8091.JPG

新しい畑に05/10に定植した坊ちゃんカボチャ。


IMG_8096.JPG

05/03に定植した谷本さんのワサビ。雨のせいか元気がいい。


IMG_8097.JPG

04/27に定植した畠田さんの小さいワサビ。


IMG_8103.JPG

ヘチマを3株一番下の段の2コマ目に定植した。この右隣(道路側が)サツマイモの畝。


IMG_8104.JPG

サツマイモは活着したようだ。先週まで葉が枯れてしぼんでいたのに青々してる。


IMG_8107.JPG

新しい畑。木に囲まれていい感じ。


IMG_8109.JPG

畠田さんのお母さんからカボチャを2株もらった。


IMG_8128.JPG

堆肥置き場の上に2株植えた。


IMG_8110.JPG

タマネギがやばい。左隣のニンニクが病気で葉が茶色になっていたのが移ったようで、二畝のうちニンニク側から葉先が茶色になってきている。あと3週間我慢して欲しい。この辺りでは畠田さんのお母さんのタマネギが一番ひどくやられている。



IMG_8112.JPG

スナックエンドウ。今年のは細長い。昨年までの品種の方がよかったかも。


IMG_8077.JPG

薹の立ったニンジン。流石にニンジンは堅くなっていてだめだった。


IMG_8075.JPG

ニンジンの花・・・なのか蕾なのかよくわからないが、妙な顔をしてる。


IMG_8074.JPG

上の写真の蕾がひらくとこんな「っがっ」て感じになる。喰われそうだ。きもい。


IMG_8120.JPG

収穫したスナックエンドウとアスパラガス。


IMG_8124.JPG

左が畠田さんにいただいたカタハ。右が収穫した春菊。


IMG_8122.JPG

畠田さんにいただいたフキ。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 雨のち曇 最高22℃ 最低18℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 黒田駿・小又清範
・住宅外部シーリング
  堀越コーキング 酒井達仁
・住宅浴室シンダー、屋外機置場基礎コンクリート打設
 Fc21-18-25 2.0m3
  澤田土建 澤田正嗣・下田真・二本松仁・保要和彦
  福沢左官工業所 扇谷誠
  文興業 経沢文敏
  コロムビア電設工業 石坂美和
・医院1階壁下地補修、車庫スラブ補修
  福沢左官工業所 扇谷誠

平成25年5月30(木)の予定
・医院、住宅各所造作
・住宅外部シーリング
・車庫スラブ補修
・医院手摺り、ブレース各所塗装

PICT7908.jpg

医院屋外機置き場と住宅浴室床暖房用シンダーコンクリートの打設21-18-25Nを1m3で2回


PICT7896.jpg

今回はバケット打ち。左の塀の中に屋外機基礎がある。


PICT7894.jpg

するするっとバケットを降ろしてきてばさっと打つ


PICT7895.jpg

コンクリート打設中


PICT7903.jpg

基礎天端の金ゴテ押さえ中


PICT7905.jpg

降雨に備えての養生完了


PICT7897.jpg

住宅浴室の床暖房蓄熱コンクリート打設中


PICT7898.jpg

こういう薄いコンクリートの場合はバイブレーターを掛けるより踏むのが一番。


PICT7904.jpg

金ゴテ押さえ中


PICT7899.jpg

住宅外壁とサッシュ間の二次シール打設完了


PICT7900.jpg

医院スタッフルーム上部と倉庫間の手摺壁(壁は塞ぐ前に必ず写真を撮る/撮影目的は電線や配管の位置を知るためと間柱間隔など下地の位置を知るため)


PICT7901.jpg

間柱間隔455ピッチ


PICT7902.jpg

反対側の構造用合板12mm厚張り
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月30日 Thu

本気菜園

IMG_8141.JPG

今朝のイチゴ。21個/累計100個。昨日は早朝暗いうちに家を出たので収穫できなかった。今日は2日分なのでいつもより多い収穫。毎日これくらい採れればいいんだけど鉢を増やす場所がないし。


IMG_8142.JPG

05/17にプラグトレイに播種したゴマは63セル/128セルだから約1/2の発芽。なんかイマイチだなぁ。プラグトレイのまま苗を作るつもりだったが、余りに密植過ぎるので自信が無くなってきた。安全をとって発芽した株を小ポットに移すことにした。


IMG_8145.JPG

86株になったゴマの苗。あと164株作らなくては・・・というわけでもう1トレイに播種した。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 雨 最高24℃ 最低16℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 横畑忠雄・黒田駿・小又清範
・住宅外部、車庫軒天シーリング
  堀越コーキング 酒井達仁
・医院1階壁下地補修、車庫スラブ補修
  福沢左官工業所 扇谷誠
・住宅天井ドレン配管、医院竪樋接続
  文興業 溝口雅之・ダコダベイカー
・医院ブレース塗装
  第一興産 早川幸治 

平成25年5月31(金)の予定
・医院、住宅各所造作
・医院1階壁下地
・車庫外壁シーラー下塗り
・医院X7通り竪樋取付、倉庫の鋼管取付
・住宅外壁水切り取付

PICT7909.jpg

延焼の恐れのある部分の軒天のシール材料搬入


PICT7911.jpg

耐火シール基材


PICT7913.jpg

硬化剤


PICT7914.jpg

色粉(今回はホワイト)


PICT7919.jpg

プライマー。どの缶や袋にも製造年月日と有効期間が書かれている。製造年月日が明記されていない場合はロット番号がその代わりで問い合わせると製造年月日を教えてくれる。上の写真の缶にスタンプされているのは「130109CB」有効期間内であること必ず確認させるのが重要。期限切れの材料が入ってくることはよくある。うちの現場で使わなければそれでいい。そういうのを確かめない雑な現場で使ってくれ。


PICT7927.jpg

医院2階ブレースの下塗り(エポマリンGX/亜鉛メッキ用エポキシ樹脂塗料下塗)


PICT7932.jpg

医院2階倉庫に取り付けられる配管カバー搬入
(撮影/日本海建興株式会社)

2013年05月31日 Fri

本気菜園

IMG_8146.JPG

今朝のイチゴ。19個/累計119個。


IMG_8149.JPG

05/14に播種したパセリ7株・パプリカ5株・ナス2株をポットに移した。パセリとパプリカはようやく必要分が揃った。今年は苗作りに時間が掛かってる。


IMG_8153.JPG

父が栽培してみたいと言っていたので坊ちゃんカボチャの苗を2株あげた。昨年も苗をあげたのだが1個しか収穫できなかったらしい。1個ってどうやったらそうなるのか不思議だが、リベンジのつもりなのか。


IMG_8154.JPG

ユウガオの苗。本葉が出始めた。左下はナスの苗。この時期に恥ずかしいほどのちんまり感。ナスってホントに時間が掛かるわ。


IMG_8156.JPG

土の中に埋めて「芽出し」していたショウガを掘り出した。左が小ショウガ(三州生姜)で右が大ショウガ(近江生姜)。芽の大きさが明らかに違う。大生姜の2片の芽が出ていなかった。出るのか腐るのかどっちだろ。


IMG_8157.JPG

これまではどっちが上になるかわからなかったので適当に埋めてあった。芽を上にして並べて再び1〜2週間あとまで埋めておく。


IMG_8163.JPG

ユズの葉にアゲハチョウの卵発見。


IMG_8166.JPG

もう孵化したのもいる。古い葉なら許すが今春出た若葉だから揺るさん。バイバイ。


IMG_8175.JPG

越冬したパプリカの様子。葉がいっぱい出てきた。種を播いたパプリカは発芽して双葉の状態。2ヶ月くらいの差がある。今年も越冬にチャレンジしてみるか。


IMG_8177.JPG

明日定植する予定の落花生15株。ちょうど一畝分。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 晴れ 最高25℃ 最低13℃

本日の作業
・現場管理
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・医院、住宅各所造作
  横畑建築 横畑忠雄・黒田駿・小又清範
・住宅床レベル補修
  福沢左官工業所 扇谷誠
・住宅外壁上部水切り取付
  竹鼻工業 志鷹成人・遠田悟
・医院X7通り竪樋取付、医院倉庫鋼管建込み
  YMT工業 上坂伸吾・高田康弘・峯田
・車庫外壁マジックコート下塗り
  坂本吹付工業 金谷義博
・医院、住宅OP配線
  オイレスeco 岡部信之  
・医院ピット内冷媒配管
  日本テック 下中泰二郎

平成25年6月1(土)の予定
・医院、住宅各所造作
・住宅外部リーリング
・医院ブレース中塗り、サッシ下地下塗り
・医院サッシ庇取付
・医院外壁役物取付、スパン割付け、墨出し

PICT7940.jpg

外壁左官のマヂックコート材料搬入


PICT7942.jpg

マヂックコート基材


PICT7944.jpg

マヂックコート色粉


PICT7945.jpg

材料撹拌中


PICT7946.jpg

マヂックコート下塗り中(車庫外壁)


PICT7952.jpg

車庫のマヂックコート下塗り完了。


PICT7949.jpg

医院2階配管保護管の3連鋼管建込み完了。医院2階は木造軸組が表れているだけでパイプスペースが無い。1階の電気盤と設備配管スペースから一気に屋根裏まで配管を上げるためのカバーがこれ。左から2階エアコンドレン・エアコン冷媒管・電気ケーブルがこの中を通る。

PICT7950.jpg

配管カバーのベースプレート。右の電気は2階床下へもケーブルを通すので足元に穴があいている。左と中の設備のドレンと冷媒管は1階から一気に上まで行くのでここには穴が無い。


PICT7956.jpg

医院の竪樋取付完了