2013年04月12日 Fri

畑までのルート

能登有料道路が無料になったので一番効率のいいルートを決める。
とりあえず高松ICまでの距離をGooglemapで測ってみた。


8号線→津幡バイパス→白尾IC→高松IC 25.9km これまでのルート
やっぱり一番距離があるんだ。浅野川沿いより2.7kmもあるんだ。


田中交差点→内灘IC→高松IC 24.3km
道路は広いけど信号多し

浅野川沿い→内灘IC→高松IC  23.2km
 道路は狭いけど信号が少ない
昔からのこの道が一番効率がいいんだ・・・じゃぁ、これでいこう。


金沢の家から畑まで142km

本気菜園

IMG_6486.JPG

ムサシでトーチ(ボンベ1本付き・2,380円)とセルボックス198円(36穴10枚セット285×285×43.5/育苗箱に2枚載る)を買ってきた。2004年1月に岡田氏からストーブと一緒にトーチもいただいた。ずっと使っていたのだがダメになったので新しいのを入手。ストーブの点火や畑で草を燃やすときに大活躍なのだ。マッチじゃ・・・ねぇ。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの工事日報

天候 曇後雨 最高10℃ 最低5℃

本日の作業
・現場管理、医院1階レベル墨出し、鉄骨階段レベル確認
  日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
・住宅耐力壁組立、住宅敷居取付
  横畑建築 横畑忠雄・小又清範・黒田駿
・住宅サッシ防水モルタル詰め、医院ジャンカ補修
  福沢左官工業所 野崎・松井研吾
・医院アンカーボルト位置確認
  ラミネート・ラボ 佐藤博一・箕輪康夫
・医院外部足場材搬入、組立
  岩崎工業 吉岡利昌・福森淳
・医院1階のジャンカを補修してもらいました。

平成25年4月13日(土)の予定
・住宅間仕切り壁組立、X1通り敷居取付
・医院内外部足場組立
・医院ジャンカ補修、木コン詰め

PICT6688.jpg

住宅サッシュ溶接後の錆止塗装


PICT6694.jpg

住宅サッシュ下端モルタル詰め用モルタル


PICT6696.jpg

防水材のマノール


PICT6699.jpg

マノールの缶の裏の製造日


PICT6730.jpg

サッシュ下の防水モルタル詰め


PICT6732.jpg

浴室サッシュ下無収縮モルタル詰め


PICT6692.jpg

ジャンカ部分の斫りだし。傷口が鉄筋まで及んでいないのでモルタル補修する。


PICT6700.jpg

ジャンカ補修と浴室サッシュ下に使う無収縮モルタル(パッドミックス)


PICT6702.jpg

無収縮モルタルの製造日


PICT6727.jpg

ジャンカ補修にシーラーN#45


PICT6728.jpg

シーラーの缶の裏。この番号は製缶した工場の番号なので中身には関係なし。


PICT6729.jpg

シーラーのロット番号832061は平成25年2月8日製造らしい。使用期限は6ヶ月。最初の「8」は窯の番号、最後の「1」は工場を示していて千葉県の佐倉工場とのこと。


PICT6708.jpg

モルタル詰め中


PICT6703.jpg

アンカーを入れ忘れた1本はケミカルアンカーを打つ。ドリルで穴明け。


PICT6704.jpg

ブロアで孔の中の清掃


PICT6705.jpg

先端がネジネジになったヤツで清掃中


PICT6709.jpg

ケミカルアンカーと全ネジボルト


PICT6711.jpg

ケミカルアンカーの有効期限とロット番号


PICT6712.jpg

穿孔した穴にカプセル挿入


PICT6713.jpg

全ネジボルト打込み


PICT6714.jpg

アンカーの高さ確認


PICT6716.jpg

住宅リビング敷居取付時に使用する木工ボンド


PICT6717.jpg

木工ボンドの製造日


PICT6720.jpg

リビング敷居の下地を留めるビス(HDF-580)


PICT6721.jpg

HDF-560(5Φ×60)皿頭


PICT6722.jpg

敷居下の下地の座掘り中


PICT6723.jpg

下地ピッチの計測


PICT6734.jpg

下地にボンド塗布中


PICT6736.jpg

敷居をコーススレッドで下地に留め付け中


PICT6724.jpg

医院外部足場組み立て
(撮影/日本海建興株式会社)