2012年09月01日 Sat

ダイコンを播種した。

06:00-16:20
晴れ→帰りに雨
  • ジャガイモ(インカのめざめ)を追加で15個植えた。
  • カボチャや長夕顔が植わっていたエリアを耕してハクサイとダイコンを植える畝を作った。昨晩雨が降ったようで土は濡れているが耕すと下の方は乾燥していた。表面10cmくらいだけが濡れていた。短時間だけの降雨だったようだ。
  • ダイコンの種を播種してたっぷり水をやってから藁を敷いた。でもこんな雨が降らない日が続くと発芽しないかも。しても干上がって枯れるか・・・でも、播種しないわけにもいかず。雨、降ってくれ。金沢は降ってもちょうど畑だけ雨雲が避けているみたいなんだな。
  • ショウガと里芋の根元に堆肥を撒いた。
  • ショウガ、サトイモ、ナス、トマト、セロリ、サツマイモ、ニンジンにみずやり。
  • 蒸し暑くてぼーっとしてきたので早めに帰宅した。
  • 先週も今週も畠田氏の顔を見ないのでおかしいなと思ったら入院されたそうで驚いた。そういえば二週間前には「疲れた」と話していたから調子が悪かったのかもしれない。お見舞いに行こうかと和泉と話していたんだけど、病状によっては迷惑だろうし・・・と迷っていたら、息子さん夫妻の車とすれ違った。聞いてみたらもう元気だそうで火曜日には退院されるとのこと。安心した。
  • 長村の実家に夕顔とトマトをお裾分け。20:40
IMG_2791.JPG

先週植えたニンニクは変化無し。ショウガはまたいくつか枯れた。今年の収穫は少なそうだ。うちの1年分さえ確保できないかも。がっくりだ。


IMG_2790.JPG

今日の落花生。多分順調だと思う。


IMG_2792.JPG

ネギの横の大野のサトイモは良い調子だ。例年は元川さんのサトイモの8掛けくらいが大野のサトイモなのだが、今年は逆転。大野のサトイモは柿の木の影が落ちる位置なので、まともに直射日光があたる元川さんのサトイモは雨が降らない分不利だったみたい。帰り道で道路沿いの畑でおじさんが軽トラの荷台から20Lのポリタンクを何個も下ろしているのが見えた。うちはまだ井戸があるからいいけど水の無い畑の人は大変だと思う。


IMG_2795.JPG

先週整理して荒く耕耘機を掛けておいたエリアをもう一度丁寧に耕す。畝になる部分に牛糞堆肥を撒く。どちらかというと堆肥は肥料ではなくて土壌改良材に近いが、うちはこれを元肥ににしている。途中で鶏糞を少し追肥するくらい。それで十分。


IMG_2797.JPG

撒いた牛糞堆肥を撹拌していく。


IMG_2798.JPG

耕耘機の後ろ側は堆肥入りのいい感じの土になってる。


IMG_2800.JPG

サトイモの向こうに1畝。真ん中に1畝。道路側のナスの奥に1畝。道路側の畝にダイコンを播種した。土が乾燥しないように藁を多めに敷いたけど、発芽するか不安。発芽しても雨が降りそうもないし。だめもとでの播種なのだ。


IMG_2803.JPG

手前側が元川さんのサトイモ。落花生の奥が大野のサトイモ。大野のサトイモはもう肩くらいの高さに成長しているけど、元川さんのは胸までもいっていない。ちょっとかわいそうだ。例年ならわっさわっさになっているのに。


IMG_2805.JPG

まだまだ夏の雲だ。これだけ積乱雲が成長しているんだから夕立があってもいいのに。


IMG_2807.JPG

今日の収穫はナスとトマトだけ。暑くてミョウガも採る気になれなかったし・・・。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れのちくもり 31℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
仮囲い材料搬入・組立 島田組 田中邦人・村上義厚

平成24年9月3日(月)の予定
仮囲い山留め材料搬入・組立

PICT3968.jpg

仮囲い組み立てのためのコア抜き作業中
(撮影/日本海建興)

2012年09月03日 Mon

家庭菜園

IMG_2827.JPG

久しぶりにテントウムシを見た。どこに行っていたんだろう?顔が見えないと寂しい。


IMG_2830.JPG

オクラ3本収穫。

これまでのオクラの収穫数
09/03 3本
08/31 2本
08/29 3本
08/27 3本
08/26 6本
08/21 2本
08/19 7本
08/16 2本
08/13 2本
08/11 2本
08/07 1本
08/05 2本
08/01 2本
07/27 2本
07/22 1本
07/01 3本
計  43本

「黒部の住宅・医院」

07:50-11:30
晴れ
確認申請の追加説明と差し替えのため新川土木事務所へ。
大村俊一氏
・屋根が負圧を受ける場合の釘またはビスの引き抜き
 の検討が必要とのこと。住宅だけでは無く医院も同じ。
・構造用合板12t両面張りの場合の壁倍率5の
 法的根拠。どこに書いてあるか。
を追加で。出直しか・・・。

構造用合板両面張りの壁倍率5について
 建築基準法施行令第46条第4項表一(一)項から(七)項までに掲げる軸組と同等以上の耐力を有する軸組及び当該軸組に係る倍率の数値を定める件【昭和56年6月1日建設省告示第1100号】
別表第1の(一) 構造用合板(構造用合板の日本農林規格(昭和51年農林省告示第894号)に規定するもの(屋外に面する壁又は常時湿潤の状態となるおそれのある壁(以下「屋外壁等」という。)に用いる場合は特類に限る。)で、厚さが5ミリメートル(屋外壁等においては、表面単板をフェノール樹脂加工した場合又はこれと同等以上の安全上必要な耐候措置を講じた場合を除き、7.5ミリメートル)以上のものに限る。)
別表第6(一)(い)  第1第一号から第五号までに掲げる壁のうち一
告示第1-九 別表第6(い)欄及び(ろ)欄に掲げる壁又は筋かいを併用した軸組
告示第2-九 第1第九号から第十一号までに定める軸組にあつては、併用する壁又は筋かいを設け又は入れた軸組の第一号から第八号まで又は令第46条第4項表一の倍率の欄に掲げるそれぞれの数値の和(当該数値の和が5を超える場合は5)
・別表第1の(一)によって構造用合板の場合の壁倍率2.5
・第2-九によって数値の和をとることができる。

IMG_2814.JPG

行きの流杉PAを過ぎたところ。山が墨絵のようにみえる。


IMG_2818.JPG

帰りの富山ICあたりで。どどーんとした積乱雲。

16:10-16:50
太田忠範氏・早川隆志氏・富ア茂樹氏来所
造園の見積について

日本海建興からの日報

天候 くもり一時雨 30℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
仮囲い山留め材料搬入・組立 島田組 田中邦人・川森政一

平成24年9月4日(火)の予定
既存建物内部解体撤去
神棚・欄間の取り外し移動
案内看板・工事看板取付
既存手洗い温風ヒーター移設

PICT3969.jpg

仮囲い組立中


PICT3971.jpg

仮囲い組み立て完了
(撮影/日本海建興)

2012年09月04日 Tue

家庭菜園

IMG_2836.JPG

08/26に播種して08/29に発芽したハクサイの様子


IMG_2838.JPG

08/19に畠田さんに苗をいただいたイチゴの様子。暑さで5株枯れた。


IMG_2839.JPG

プランターで栽培している黒大豆にサヤがついていた。


IMG_2841.JPG

鷹の爪の赤色は葉の緑色に映えている。殆どのみが色づいた。


IMG_2834.JPG

「ぜいたくトマト」を収穫

今日の昼食はトマトソースのパスタ。昨日はトマトソースを塗ったピザ。今年はトマトの収穫が多くてトマトソースをたっぷり作ってもらえた。大きいか小さいかは別にしてこれまでに収穫したトマトは176個にもなった。「麗夏」はちゃんと大玉に育つし脇芽にも実が一杯成ってなかなかいい品種だった。「デルモンテのぜいたくトマト」は大玉の癖して小玉にしかならない。畑に植えたのも小さかった。ただ、とても甘くておいしいそうだ。来年は効率的に麗夏に絞って栽培するか。

09/04   5個 金沢
09/01  29個 珠洲
08/25  30個 珠洲
08/18  22個 珠洲
08/13   7個 金沢
08/10  19個 珠洲
08/07   9個 金沢
08/04  21個 珠洲
07/30   7個 金沢
07/28   1個 珠洲
07/26  11個 金沢
07/17   6個 金沢
07/11   3個 金沢
07/10   8個 金沢
07/03   3個 金沢
計    181個 珠洲122個・金沢59個

IMG_2831.JPG

自家製のトマトソースとバジルを使ったピザ。おいしいなぁ・・・。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 くもり 28℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物内部解体撤去搬出
  岡本斫工業 佐伯 浩・高畠義雄・吉田哲雄・大野賢一・酒井 孝・宇津 学
神棚・欄間の取り外し移動 五十嵐建設 黒田 駿
案内看板・工事看板取付 北辰工芸社 山ア圭一
既存手洗い温風ヒーター移設 北陸電工 川端 晃

平成24年9月5日(水)の予定
既存建物内部解体撤去搬出

PICT3975.jpg

設計施工者看板・仮医院への案内板


PICT3973.jpg

既存建物解体開始
(撮影/日本海建興)

2012年09月05日 Wed

家庭菜園

IMG_2844.JPG

08/26に播種したが殆ど発芽していない。その原因は天候のせいか、種が2010/02/21の2年前のもので発芽率が落ちていたのかわからない。08/26で種は全部使ってしまったので新たに「ほがらか村」でブロッコリーの種を買ってきた。378円。品種は前と同じ。新しい種にしたので今度は発芽してほしい。畑に定植したのはたった3株しかない。これじゃ冬の楽しみがなくなってしまうじゃないか。


IMG_2846.JPG

一番小さいポットに3粒ずつ16ポット播種した。


IMG_2850.JPG

車庫の奥のアシナガバチの様子。数が増えてる。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 30℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物内部解体撤去搬出 岡本斫工業
  沢田岳志・小林清志・吉田哲雄・大野賢一・酒井孝・宇津学・松原徹
  新井正洋・国本靖・富樫明・南保圭一・常本裕樹・大岡勇介・吉田潤
 
平成24年9月6日(木)の予定
既存建物内部解体撤去搬出・解体養生足場組立

PICT3981.jpg

2階居室解体中


PICT3983.jpg

2階リビングダイニングキッチン解体中


PICT3985.jpg

養生足場組み立て中


PICT3986.jpg

解体材コンテナ積み込み状況
(撮影/日本海建興)

2012年09月06日 Thu

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 雨のち晴れ 30℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物内部解体撤去搬出・解体養生足場組立 岡本斫工業
 沢田岳志・吉田哲雄・大野賢一・酒井孝・宇津学・松原徹・新井正洋・国本靖
 南保圭一・大岡勇介・吉田 潤・田中敏夫
 
平成24年9月7日(金)の予定
既存建物内部解体撤去搬出
フロン回収破壊法による業務用エアコンの処理
家電リサイクル法による家庭用エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機の処理

PICT3987.jpg

2階居室重機による解体作業中


PICT4001.jpg

仮囲い全景
(撮影/日本海建興)

2012年09月07日 Fri

「黒部の住宅・医院」

08:00-15:00晴れ
カメラを忘れたので写真無し。
09:30 黒部消防本部で確認書類の差し替え。
09:55-12:45 現場・現場事務所で打合せ。
13:00 新川土木事務所で確認書類の差し替え。

日本海建興からの日報

天候 晴れ 32℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・坪坂公介
既存建物内部解体撤去搬出 岡本斫工業 沢田岳志・酒井孝・松原徹
 
平成24年9月8日(土)の予定
既存建物内部解体撤去搬出

PICT4010.jpg

見積書の枝打ちと伐採の食い違い部分について現場で確認中。


PICT4011.jpg

解体中の既存建物。設備の躯体貫通部分は殆どコンクリートを痛めていてひどい工事に驚く。後の時代に他人に見られて軽蔑される工事にだけはしたくない。


PICT4007.jpg

フロンガスの回収中。
(撮影/日本海建興)

家庭菜園

  • 08/19に畠田さんからもらってポット大に28株植えたイチゴのうち12株が枯れたので整理した。植え付けてから一週間は車庫奥の薄ら日のあたるところに置いた。一週間後からは黒大豆のプランターの陰に置いてとすごく気を遣ったのに気温の高さには勝てなかったようで根付かないままになった。残りの16ポットも微妙で根付くのは10株くらいしかないかも。
  • このところ毎日、蛾とアゲハの幼虫を退治。
IMG_2852.JPG

09/05播種のブロッコリー16ポットのうち14ポットが発芽。新しい種は発芽率が良い。


IMG_2854.JPG

オクラを3本収穫。1本は種採り用に収穫せずにおいてあったもの。


IMG_2856.JPG

こんな感じで種が並んで5室(5角形)分ある。


IMG_2858.JPG

1本から43個の種が採れた。

2012年09月08日 Sat

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れのち曇り 32℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体撤去搬出
 岡本斫工業 沢田岳志・吉田哲雄・酒井孝・宇津学
 松原徹・新井正洋・南保圭一・富樫明・国本靖
 
平成24年9月10日(月)の予定
既存建物内部解体撤去搬出

PICT4046.jpg

医院待合室と住宅リビングの壁面解体中


PICT4043.jpg

住宅2階解体状況
(撮影/日本海建興)

家庭菜園

長村の実家へ長夕顔とカボチャをお裾分け。
ニラの花が綺麗だというので一束切った。
鰻をもらった。
わらしべ長者だ。

あんころ餅

和泉が「圓八のあんころもち」を買ってきた。
「フォークを持ってこようか?」と聞かれた。
いや、あんころ餅は爪楊枝で食べるものなのだ。
寝かすようにして残ったあんこをちょっと押しつけて取るのだ。
だいたいの石川県の人は爪楊枝でうまく食べられるはず。

IMG_2861.JPG

2012年09月09日 Sun

家庭菜園

IMG_2862.JPG

09/05播種・09/07発芽のブロッコリー。ポットの半分だけ土を入れて播種してあった。発芽した後ひょろっとのびるので残りの半分に土を入れて倒れないようにした。


IMG_2865.JPG

08/26播種・08/29発芽のハクサイに本葉が出た。

2012年09月10日 Mon

からしの種とり

03:00-17:10曇り→晴れ→曇り
  • 朝09:00から雨だというので夜明けから作業することにして雨が降ってきたらカラシの種を採ってから帰るつもりでいた。雨どころか暑い夏の日になってしまったのでフルタイム働いて草刈りまでしてきた。
  • ショウガ、サトイモ、ナス、セロリ、ダイコンに鶏糞を追肥。
  • 晴天続きでずっと種を播けなかったニンジンを播種。
  • キャベツを5株定植。
  • ネギに寄せ土。
  • 小豆が大きくなりすぎて布トンネルが持ち上がってめくれていたのでトンネルを外した。2畝とも。汚れていた一枚は洗った。
  • おもやに干してあった「からし菜」と納屋に干してあった「ホワイト・マスタード」から種を出す。シートの上でサヤのついた茎ごと拝むように手をすりあわせて種を出す。サヤの滓も落ちるけどそのまま種と混ざったのを金沢に持って帰る。フルイと風選で選別してから洗う。ゴマと同じ。
  • ナスとトマトを収穫。
  • 地区のお祭りも近いようなので草刈りをしておく。
20120910.jpg

予報はこうだったのに暑い一日だった。


IMG_2873.JPG

今日の落花生。朝5:30。


IMG_2874.JPG

ナスがバケツ一杯採れた。


IMG_2878.JPG

小豆の花


IMG_2881.JPG

ダイコンが発芽していた。ヒョロッとしていたので土を寄せた。ネキリムシのせいか(発芽はしていたのに倒れていた)3ヶ所抜けていたので追加で播種した。


IMG_2880.JPG

間引きはもう少し後にしよう。ネキリムシにやられるかもしれないし。


IMG_2883.JPG

また一株ショウガが枯れそうになっていた。


IMG_2884.JPG

ネギに寄せ土。


IMG_2882.JPG

サツマイモのツル返しをしてからサトイモに鶏糞を追肥。


IMG_2885.JPG

08/04に定植したキャベツ2株。


IMG_2886.JPG

今日定植したキャベツ5株。


IMG_2889.JPG

08/04定植のブロッコリー2株と08/10に3ポット定植して全滅。08/18に4株飢えて1株だけ生き残った。まだ3株しか定植していない。はやく苗が大きくなってほしい。

IMG_2894.JPG

セロリのようす。また1株枯れていた。


IMG_2895.JPG

ニラの花が綺麗。


IMG_2902.JPG

コガネムシの小型みたいやつ。


IMG_2904.JPG

小さめの蜂


IMG_2908.JPG

大きな蜂


IMG_2912.JPG

からし菜の茎を手でしごいて種を取り出す。


IMG_2914.JPG

道路沿いとアプローチの草刈り。草は一輪車で竹林へ運んで竹の肥料にする。


IMG_2916.JPG

草刈り完了。


IMG_2917.JPG

珠洲ではハサ掛けをしているところがちらほらあって風情がある。


IMG_2921.JPG

今日の収穫。トマトはもう終わりだ。


IMG_2923.JPG

帰ってからカラシの種をフルイで選別。


IMG_2927.JPG

左の2本が「からし菜」の種。右が「ホワイト・マスタード」。おおざっぱにフルイでよった程度。純粋な種はこれの7割くらいになると思う。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 34℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体撤去搬出
  岡本斫工業 沢田岳志・吉田哲雄・酒井孝・宇津学・松原徹
           新井正洋・南保圭一・国本靖

平成24年9月11日(火)の予定
既存建物内部解体撤去搬出
机の荷下ろし・移動(ユニック4t×1台)13:30に官舎到着予定

PICT4054.jpg

医院解体状況
(撮影/日本海建興)

2012年09月11日 Tue

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 雨 28℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体撤去搬出
  岡本斫工業 沢田岳志・高畠義雄・富樫明・吉田哲雄・酒井孝
  宇津学・松原徹・新井正洋・南保圭一・国本靖
机の荷下ろし・移動ユニック1台 島田組 村上善厚・垣本修二
 
平成24年9月12日(水)の予定
既存建物内部解体撤去搬出

2012年09月12日 Wed

家庭菜園

  • イチゴの丈夫そうな4株をA-230型(6L)樹脂鉢に植え替えた。また2株枯れて残りは14株になった。
IMG_2929.JPG

オクラ1本収穫。


IMG_2931.JPG

昼食のピザ用に小さめのパプリカを2個収穫。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 32℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体撤去搬出
  岡本斫工業 沢田岳志・吉田哲雄・酒井孝・宇津学
  松原徹・新井正洋・南保圭一・国本靖
 
平成24年9月13日(木)の予定
既存建物内部解体撤去搬出

PICT4087.jpg

医院1階の様子。随分すっきりした。


PICT4088.jpg

2階応接室。この部屋で何度も設計の打合せをした。寂しい。
(撮影/日本海建興)

2012年09月13日 Thu

家庭菜園

IMG_2933.JPG

毎日点検しているのにこんな大きいの(アゲハの幼虫)どこに隠れていたんだ。


IMG_2935.JPG

オクラの先端。一週間後に一気に4本くらい収穫できそうだ。こういう蕾の塊が3ヶ所くらいある。9月で終わるはずだから最後の一花ってやつなのか・・・。

新米

IMG_2934.JPG

谷本氏から新米が送られてきた。普通は60〜65株/坪のところを45株/坪で植えている。稲穂のできる頃に肥料をやると収穫量が増えるらしい。その穂肥をしないと収穫量が減るが味がよくなるとのこと。曽宇町は最上流の地域なので山からの綺麗な水が使える・・・などの理由で蛋白値を4.8%と抑えた(蛋白値が少ないと味が良い/魚沼コシヒカリで4〜5%・加賀コシヒカリで7〜8%・加賀の目標値が6〜7%・加賀の最良値が5〜6%)味のよいお米になっているそうだ。アミロース値は18.7%(粘り、弾力性の指標で20以下が良い)、脂肪酸値は16.6mg(米の劣化を示す指標で15以下が良い)、水分値14.2%(14.5〜15.5%が良好)で品質評価値が81点(加賀コシヒカリ目標が72点以上、特上コシヒカリ77点以上、魚沼コシヒカリ83点以上)とのこと。こう見てみると魚沼産コシヒカリってやっぱりすごいんだね。ちゃんと作った人がわかっていて、それも魚沼産に匹敵するほどおいしいお米を安心して食べられるのは幸せだと思う。いつもありがとうございます。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 32℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体・断熱材撤去
  岡本斫工業 沢田岳志・酒井孝・宇津学・松原徹・黒川昭久・神田明男

平成24年9月14日(金)の予定
既存建物内部解体・断熱材撤去

PICT4094.jpg

医院1階軒天解体中


PICT4098.jpg

医院正面の軒天解体中。木下地なんだ・・・。


PICT4103.jpg

2階応接室の断熱材撤去。断熱材はコンクリートに密着しているから大変だ。
(撮影/日本海建興)

夕食

09:40-10:20
久しぶりに8番ラーメン

2012年09月14日 Fri

散髪

09:00-11:30
晴れ
前回は07/04だから70日ぶりの散髪。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 30℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体・断熱材撤去
  岡本斫工業 沢田岳志・酒井孝・宇津学・松原徹・黒川昭久
  神田明男・高畠義雄

平成24年9月15日(土)の予定
既存建物内部解体搬出、レントゲンのトランス絶縁油搬出処分
既存植栽移植

2012年09月15日 Sat

ブラックマスタードの種採り

05:30-16:30晴れ 暑い
  • 今週も雨が全然降ってなかったようなので水やり。またショウガが一株枯れた。先週定植したキャベツ5株のうち1株が枯れた。週に一回しか水やりできないから仕方が無いけど悲しい。
  • トマトを整理して耕耘した。
  • ハクサイ用の畝を耕耘した。
  • ダイコンの葉が虫に食われていたので布トンネルを掛けた。
  • サトイモの草取りと寄せ土。
  • ネギの寄せ土。
  • ニンジンの草取り。
  • 倉庫に干してあったブラックマスタードの種を採った。
  • 清水さんにナスとカボチャをお裾分け。お礼にって「ギンビス たべっ子どうぶつビスケット」を。いつもありがと。
  • 長村の実家にムカゴと長夕顔をお裾分け。
IMG_2937.JPG

左2畝が小豆。中央がニンニクだけど萌芽していない。右は生姜。また1株枯れた。


IMG_2936.JPG

今日の落花生。もう通路は歩けない。幅が1200まで成長したということだ。


IMG_2940.JPG

ハクサイ用の畝を再度耕した。


IMG_2938.JPG

虫に食われたダイコンの葉。ウリハムシのようだった。


IMG_2943.JPG

これは綺麗な株。ウリハムシを取りながら布トンネルを掛けた。


IMG_2947.JPG

奥の道路側の布トンネルがダイコンの畝。サツマイモをツル返しした。


IMG_2944.JPG

ブラックマスタードの種の選別中。日陰で作業していたら蚊に食われまくったので太陽の下で。ここだと全然食われない。ブラックマスタードの種は一番細かい目のフルイに引っかかるヤツと通るやつがあって選別しにくい。種が全部引っかかれば土埃だけが通る。大きいゴミは風選で飛ばす。いい目のフルイが無い・・・って畠田さんに話していたらステンレスの細かいメッシュを弁当型につくってきて下さった。これはいい。借りて帰って「からし菜」の種もこれで選別することにした。


IMG_2946.JPG

ざっと選別したブラックマスタード。まだ大きいゴミが入っている。ホワイトマスタードと合わせて500mlくらいになりそうだ。


IMG_2951.JPG

今日の収穫。左は畠田さんからいただいたムカゴ。トマトは整理したときに成っていた実を全部持ち帰った。アスパラ3本。ニンジン5本。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 31℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物内部解体搬出・レントゲンのトランス絶縁油搬出
  岡本斫工業 沢田岳志・酒井孝・松原徹・高畠義雄
既存植栽移植搬出 大井仙樹園 庄谷大輔・五十嵐俊明・石川創太郎
 
平成24年9月17日(月)の予定
既存建物解体養生足場の搬入組立、アスベスト除去機器の搬入設置

PICT4114.jpg

X線装置のトランス絶縁オイルのPCB分析で0.31mg/kg<0.5mg/kg(判定基準値)なので通常の廃油扱いで処分。


PICT4137.jpg

既存の移植する樹木の根鉢養生。時期がなぁ・・・こんなに暑い時期で大丈夫だろうか。建物の解体を遅らせるわけにもいかず・・・枯れる樹がが少ないことを祈ろう。
(撮影/日本海建興)

2012年09月16日 Sun

家庭菜園

  • 早起きして鉢植えのトマトを整理した。茎や葉でゴミ袋2袋分になった。畑だと積んでおけば肥料になるんだけど街中じゃなぁ。
  • ニラを刈った。
  • イチゴがまた1株枯れた。2株は明日にも枯れる。枯れたのはどれも植えたときから根が張っていない。これまで生きてきたのは蓄えていた栄養の差しにか過ぎない。今の状況が悪くて枯れたわけではない。残りは11株。
IMG_2952.JPG

トマトは花は咲いているけど実がならないので整理する。


IMG_2956.JPG

残りの実を収穫。


IMG_2957.JPG

ゴミ袋2袋分。


IMG_2963.JPG

カミキリムシ以外は虫害に縁の無い無花果の葉が虫に食われている。


IMG_2958.JPG

いた。10匹くらい捕殺。


IMG_2959.JPG

あ、卵まである。油断できないなぁ。


IMG_2961.JPG

07/06に収穫して干してあったブラックマスタードを昨日、手で脱穀してきた。ゴマの収穫後と同じように扇風機で軽いゴミを飛ばしてから水洗い。綿のサラシの上で乾かす。一気に乾かさないと発芽するので今日中に乾燥させる。ブラックマスタードとホワイトマスタードを風選して水洗い、その後のからし菜の風選で一日を費やしてしまった。


IMG_2965.JPG

左が「カラシ菜」でざっと風選した状態。明日もう一度風選別してから水洗いする。中央がホワイト・マスタード」でホワイトというより黄色。右が「ブラック・マスタード」でブラックというよりブラウン。


IMG_2967.JPG

それぞれの拡大。左が「カラシ菜」。下が「ホワイト・マスタード」で種の径が大きい。右が「ブラック・マスタード」。

2012年09月17日 Mon

家庭菜園

IMG_2969.JPG

今日も暑く(35℃超)湿度が低いので昨日に引き続いて種を選別する。面倒な作業なのでその気になったときにやっておかないと永遠にやる気にならない。「カラシ菜」の種を扇風機の風で選別してから水洗い。浮いた種とゴミは捨てる。


IMG_2970.JPG

畠田さんに借りたステンレスメッシュの上に洗った種をのせて水を切る。


IMG_2971.JPG

サラシの上に拡げて扇風機で乾かす。


IMG_2975.JPG

次は金ゴマの選別。今年は栽培していないのに、どうして?・・・昨年は09/17・10/01・10/10の3回に分けて収穫したゴマを母屋で干した。11/19に脱穀して、11/22に洗い、11/19に4Lの洗いゴマができた。12/14に干し残りのゴマを脱穀したがもう冬で乾燥に時間が掛かるので来年ね・・・と先送りしていた。そのお蔵入りに成っていたゴマをようやく選別する日が来た。フルイで大きなゴミを取り、風で選別してからタッパウエアでの選別中。乾いたタッパウエアに静電気のせいで滓ゴマや埃のような軽いゴミが吸い付く。揺すって傾けると角の部分にくっついているのだ。これでだいたいのゴミを取ってから水洗いする。


IMG_2977.JPG

ゴマは水洗いするとき不安になるほどの量が浮く。でも心を鬼にして捨てる。茶漉しで5杯分はゆうに捨てる。もったいないけど虫に食われた中身の無いゴマだったりするので仕方が無い。フルイで選別しても水洗いするとこれだけの土埃がバケツの中に溜まる。


IMG_2978.JPG

サラシの上にひろげて乾燥中。


IMG_2981.JPG

昨日からの成果。左から金ゴマ(600ml)、からし菜(400ml)、ホワイト・マスタード(200ml)、ブラック・マスタード(300ml)。


IMG_2973.JPG

オクラ1本収穫。


IMG_2974.JPG

いい感じで蕾も沢山ついている。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 34℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
既存建物解体養生足場の搬入組立、アスベスト除去機器の搬入設置養生
  岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦・沼田剛英・常本裕樹
 
平成24年9月18日(火)の予定
アスベスト除去作業箇所の養生

PICT4138.jpg

既存建物解体養生足場の組み立て中


PICT4142.jpg

養生完了
(撮影/日本海建興)

2012年09月18日 Tue

家庭菜園

  • 昨日の暑さが一転。久しぶりに雨ですごしやすい。でも珠洲の畑の方は降っていないようだ。
  • 09/16に整理したトマト5鉢のうち当日に1鉢の土を整理。今日3鉢を整理。残りは素焼きの植木鉢2個分。土をほぐしてフルイに掛けて根を取り除く。できたふかふかの土はパレットで乾燥させる・・・という作業は土の置き場に困るので数鉢ずつしか整理できないのだ。乾燥が不十分な土をビニール袋に入れておくとカビが生えちゃうし、土を乾かすパレットの容量で作業の進行が決まってしまう。
IMG_2983.JPG

パプリカを収穫。

「黒部の住宅・医院」

「構造事務所から確認申請はどうなった?」と電話が入った。

09/07に確認申請書類の差し替え時に構造の質問があると担当者が言っていたので、直接構造事務所に聞いてと伝えていた。まだそれが尾を引いていると思っていたのだが、「別に質問の電話はなかった」とのこと。新川土木事務所に問い合わせてみると「確認済証は09/12におりているのだが、黒部市役所が取りに来ないのでまだここにある」って。もう一週間経っているじゃない。流石、お役所仕事だ。完全にひとごとだもの。明日の朝一番で新川土木事務所で受け取って自分で黒部市役所へ届けて確認済証を受け取ることにした。そういうわけで明日09:00からだった現場での打合せを10:00からに延期してもらった。

地鎮祭は10/23でまだ一ヶ月もあるからそれまでに確認済証がでればいいのだが、そんなこと言っていると設計料が入らない。構造事務所や設備事務所に支払わないとまずいので確認済証がほしいのだ。なんせ非常勤講師以外で今年になって初めての収入だからなぁ。
日本海建興からの日報

天候 晴れのち雨 33℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
アスベスト除去作業箇所の養生 岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦・佐伯浩

平成24年9月19日(水)の予定
アスベスト除去作業箇所の養生
10:00〜設計打合せ
 ・ピット防水について
 ・ピット廻りの埋め戻しについて
 ・水路の仕様
 ・サッシ廻りの納まりについて

PICT4153.jpg

アスベスト除去作業箇所の養生中
(撮影/日本海建興)

2012年09月19日 Wed

「黒部の住宅・医院」

09:00からピット防水・地盤改良・側溝の打合せ予定

07:30-14:05
曇り時々晴れ時々雨

08:50 新川土木事務所
09:20 黒部市役所
09:40 現場事務所で打合せ
 北川瀝青 秋山氏と防水打合せ→現場

IMG_2988.JPG

くもり。雨が降りそう。


IMG_2996.JPG

現場の帰りに黒部の「まいどはや」という作業服の店に寄った。これまで使っていたヘルメットが行方不明なのでツナギと一緒に買ってきた。ツナギはグレーを探しているんだけどなかなか気にいった形のがない。サイズも揃っていないので色は諦めてとりあえず買ってきた。ネイビーブルー色で山田辰20000(NB)3,600円。ヘルメットはトーヨーセフティーNo.170F(ABE)1,800円。もう一軒「ワークマン」にも寄ったが望んでいる形のツナギはなかった。

日本海建興からの日報

天候 曇り時々晴れ 29℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
アスベスト除去作業箇所の養生 岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦・小林清志
現場打合せ10:40〜12:20 長村 様
確認済証(写)受領
 
平成24年9月20日(木)の予定
アスベスト除去作業

PICT4172.jpg

既存建物のサッシュ上のジャンカ。そのまま補修もなし。ぽろぽろで骨材がとれる。


PICT4171.jpg

サッシュの左と上のクリアランスが200mm。それをラスモルタルで埋めている。躯体の寸法間違えすぎ。そのままモルタルで埋めるって・・・。


PICT4169.jpg

左官の下に変な物が埋まってる。


PICT4170.jpg

上がカンナクズ。下がセメント袋。中国か?これは?ひどい施工だ。
(撮影/日本海建興)

家庭菜園

IMG_2997.JPG

クラウン部から新しい葉が覗いてきた3株を定植した。これで7株定植完了。


IMG_2994.JPG

ゴマの選別で水に浮いたのを暖地桜桃の鉢の上に捨てた。それが一斉に発芽してる。


IMG_2993.JPG

また無花果に蛾の幼虫がいる。2匹駆除した。毛虫だ。

2012年09月20日 Thu

「黒部の住宅・医院」

11:30-12:10
ラミネートラボ内田氏来所

16:35-16:50
三協立山株式会社 三協アルミ社
森田氏勇二氏・松浦正樹氏来所
日本海建興からの日報

天候 晴れ 28℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
アスベスト除去作業 岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦・小林清志・御福勇太
アスベスト環境測定 アースコンサル 岩間真治
 
平成24年9月21日(金)の予定
アスベスト除去養生・機器の撤去と搬出

PICT4174.jpg

敷地境界線での赤面粉塵濃度測定
(撮影/日本海建興)

書類整備

少額訴訟の書類を揃えた。

06/04の事故相手が修理費を支払わないので08/24に損保ジャパンで少額訴訟の書類の書き方を教えてもらった。訴状、 原告車の自動車検査証の写し、 交通事故証明書、 事故現場・損害部分の写真、原告車の見積書、レッドブック、交渉経緯録を3部。事情調査票を1部揃えた。あとは明日提出するのみ。

餅つき-1

前回は08/29。

08:00 米研ぎ 1.8L×2
11:00 水替え
16:00 水替え
19:00 水替え
21:30 1回目の水切り(研ぎから13.3時間)
22:00 1回目の蒸し始め→蒸し上がり22:34(黒豆100cc・落花生200cc・塩大さじ1.5)
22:37 1回目のつき→つき上がり22:51
22:30 2回目の水切り
23:00 2回目の蒸し始め→蒸し上がり23:33 (昆布35g・塩大さじ1)
23:35 2回目のつき→つき上がり23:45
23:55 後片付け終了

2012年09月21日 Fri

簡易裁判所

09:45-11:00小雨→曇り
少額訴訟の訴状を提出しに簡易裁判所へ

書類のチェックを受けた後
向かいの郵便局で収入印紙と切手を買い提出。
切手の枚数が指定されている。
   500円切手     10枚
   100円切手       5枚
     80円切手       5枚
     50円切手       4枚
     20円切手     10枚
     10円切手     10枚
2,000円収入印紙 1枚
計8,400円の費用がかかった。

昼食

13:00-13:30
くもり
粉太製麺
この時間だとすいていた

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 雨 26℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也・坪坂公介
アスベスト除去作業養生の撤去、石綿・養生材・保護具の搬出 岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦
 
平成24年9月22日(土)の予定
アスベスト機器の撤去と搬出
アスベスト除去後の環境測定
オイルタンク残油の引き取り

PICT4182.jpg

アスベスト除去後の廃石綿搬出状況。日本全国で使用された石綿の量はものすごいはず。建物所有者にとっては莫大な捨て金となるこういう非効率で金額の掛かる廃棄方法がベストなのか疑問に思う。電化製品は廃棄処分が有料になって、たかが数千円なのに不法投棄が増えている。金額のオーダーが3つくらい違うんだからアスベスト入り建材を皆がまじめに廃棄しているなんてとうてい信じることができない。一方、福島では放射性物質入りの水が平気で垂れ流しなのに規制もされなかっし処罰もされていない。もっと大きな問題は日本全国の地方都市が東北のがれきを受け入れる・・・金沢市も受け入れを表明している・・・のだが、そのなかに確実にアスベストが含まれている。自治体はがれきを焼却したり埋め立てたりしても健康に影響は無いと言っている。それは放射性物質に関しての答弁ばかりで、アスベストに関しては話題にも上っていない。東北のがれきが健康に影響ないのならこの現場のアスベストも問題ないと思うのだが?
(撮影/日本海建興)

家庭菜園

IMG_3000.JPG

オクラが花盛り。今月で終わりのはずなのに最後になって蕾が一杯ついてる。

家庭菜園

IMG_3002.JPG

オクラを2本収穫。


IMG_3003.JPG

09/17に水に浮いたゴマを暖地桜桃の鉢に捨てた・・・もふもふになってきた。

餅つき-2

餅つき1回目の続き
05:30 斗棒箱から取り出し/斗棒箱洗い(つき上がりから5.5時間後)
13:30 切りわけ(つき上がりから13時間後。)(09/21)

豆餅が39.5cm・34枚
昆布餅36.5cm・30枚

餅つき2回目 珠洲で買った餅米が終了
06:00 母にもらった真空パックの餅米玄米をほがらか村で精米。
07:00 米研ぎ 1.8L×2(09/21)
11:00 水替え(09/21)
13:30 水替え(09/21)
17:00 水替え(09/21)
20:30 1回目の水切り(研ぎから13.3時間)
21:00 1回目の蒸し始め→蒸し上がり21:34(黒豆100cc・落花生200cc・塩大さじ1.5)
21:38 1回目のつき→つき上がり21:52
21:30 2回目の水切り
22:00 2回目の蒸し始め→蒸し上がり22:33 (昆布35g・塩大さじ1)
22:35 2回目のつき→つき上がり22:45
22:55 後片付け終了
02:00 斗棒箱から取り出し/斗棒箱洗い(つき上がりから3時間後)(09/22)
15:30 豆餅切りわけ(つき上がりから16.5時間後。柔らかくて切りにくい)(09/22)

豆餅が39.0cm・31枚
昆布餅35.5cm・26枚

09/21 小島さんにお裾分け・トウモロコシをいただいた(09/23)。
09/22 長村の実家に半分。
09/22 池田さんにお裾分け。
09/23 堀川さんと木村さんにお裾分け。

2012年09月22日 Sat

「押水の住宅」

17:20-00:25
お祭りに招待していただいた

IMG_3008.JPG

建物に写った夕焼けとケヤキの樹


IMG_3011.JPG

おみやげにと立派な箱入りのブドウとゴーヤ・ウリをいただいた。

いただいた

IMG_3006.JPG

誕生日に・・・と、高専の同級生の中田クンから僕の大好きな「Petit Ossawa/プチ・オオサワ」のGhanaが送られてきた。写真を撮ってから早速ひとつ、おいしい!55歳にもなって誕生日でもないのだが祝ってくれる人がいるというのは嬉しい。

家庭菜園

16:50-17:20
ムサシで買い物

IMG_3014.JPG

草刈り機の替え刃230φ×36P・500円/枚。安いのを早めに交換する方がいい。


IMG_3017.JPG

ナーセリーポットA-230を5個。155円/個。


IMG_3015.JPG

雨の日の作業用。年に数回なので4〜5,000円するカッパを買うより150円のを使い捨て(といっても何回か使うが、作業しているとすぐに破れてくる)する方が経済的だと気付いた。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 25℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
アスベスト機器の撤去と搬出 岡本斫工業 沢田岳志・岩切一彦・浦門司
アスベスト除去後の環境測定 アースコンサル 福岡幸博
オイルタンク残油の引き取り ジャパンオイルサービス 村田健二
 
平成24年9月24日(月)の予定
既存建物上屋撤去・重機搬入
13:00〜現場確認

PICT4185.jpg

アスベスト除去工事終了で機器の搬出。


PICT4186.jpg

アスベスト除去後の環境測定。


PICT4189.jpg

オイルタンク残油の引き取り
(撮影/日本海建興)

2012年09月23日 Sun

お米

11:10
くもり・小雨
岡田氏が新米を持ってきてくださった。
谷本氏と岡田氏のおかげでごはんを食べている。
おいしいし、安心だし・・・という一番の贅沢をさせていただいている。

IMG_3018.JPG

本気菜園

  • 山形のKYLYNクンからのバースデーメールで「本気菜園」との評価をもらったので今日から「家庭菜園」あらため「本気菜園」に改称する。
  • 今日は珠洲でも少し雨が降ったようでめでたい。
  • 昨日の明け方から一気に秋になった。
IMG_3019.JPG

残りのイチゴ4株をA-230ポットに定植した。パセリを1株A-190に定植した。


IMG_3020.JPG

オクラを3本収穫した。

2012年09月24日 Mon

「黒部の住宅・医院」

11:25-18:00
曇り→雨→曇り
既存建物躯体解体前に建て主に躯体の状態を説明する。
前回と似た写真が登場するけど今日のは自前の写真だから。

IMG_3033.JPG

雲が低い。立山町あたり。


IMG_3036.JPG

重機が入ってる。この仮囲いが・・・数時間後には・・・。


IMG_3037.JPG

格好いい。まさしくクワガタだ。


IMG_3038.JPG

日立建機のZAXIS200


IMG_3041.JPG

スラブ貫通の配管は2階からドリルで穴をあけて下側のコンクリートが剥離してる。


IMG_3047.JPG

壁貫通部。コア抜きくらいすれば?面倒なのか雑に斫り。貫通穴は埋めてない。


IMG_3052.JPG

改修時にコンクリートを斫ってそのまま。鉄筋の錆止も斫った部分のモルタル仕上げも無し。二段のコンクリートブロックは鉄筋1本でかろうじて落ちない状態。かなり危険で怖いが、天井裏だったので「知らない方が幸せ」ってやつ。


IMG_3061.JPG

窓まわりの躯体寸法違いをモルタルで無理矢理埋めました。設計事務所は監理に来ないからだまってやっちゃいます。こうなっているのも設計事務所はしりません。でも、監理料はもらっちゃいます。・・・ってことか。


IMG_3063.JPG

柱脚部のジャンカ。柱脚部ってラーメン構造の場合とても大切で強度が必要な部分なのに補修も無くこのまま。ジャンカが出て失敗することもある。強度を確保するため、また鉄筋を錆びさせないために不良部をどう補修するかが大切。こういうのを見ると「ものを作る人」のプライドが無いんだと思うし軽蔑する。施工者も監理者も同じ。


IMG_3065.JPG

正面の壁から向こうが一期工事の建物。こちら側が二期工事の建物。写真中央部あたりのスラブをしたから見あげると・・・。


IMG_3067.JPG

外から陽の光が射し込んできている。上に1期工事の庇があるんだけど・・・。台風時とかには漏っていたと思う。吹き付けてあったウレタンのおかげで雨水が止まっていたのかもしれない。設計施工ならまだわかるんだけど、富山の大手設計事務所が監理していたはずなんだけど全く見ていないってことだな。


IMG_3070.JPG

内部間仕切。木下地の間仕切にすれば軽くてすむんだけどコンクリートブロックを使ってる。遮音のためか?その小口にセメント袋が詰まっている。本来ならモルタルでコンクリートブロックの小口処理をするところだ。


IMG_3071.JPG

昔はこういうの当たり前だったの?っていうくらいセメント袋下地の部分が多い。


IMG_3073.JPG

引っ張ると「何とか化成」って。


IMG_3075.JPG

躯体を鉄筋が出るまで斫ってサッシュアンカーを溶接している。錆止もなく埋めてもいない。躯体の中の鉄筋は主筋。躯体をちゃんとつくってもこういうことされると強度はどんどん落ちていく。


IMG_3079.JPG

窓のとりつく躯体寸法を間違ったらしく側面を斫ったまま。補修も無し。ん?あれっ?窓の上の躯体が・・・変だ。


IMG_3080.JPG

窓上の躯体見上げ。コンクリート打継ぎ部分でジャンカと肌分かれ。コールドジョイントなんて可愛いよ・・・くらいの肌別れ。こういうの見ても平気な神経がある意味うらやましい。神経がないのか「無神経」ってことか。いやぁ。今日の写真は参考資料としてとてもいい。


IMG_3081.JPG

左の垂れ壁は一期工事のときの外壁面。2期工事で改修して外壁面を梁下に移している。垂れ壁下部の斫った部分は他と同じでやりっぱなしで補修も無い。垂れ壁と梁の間のスラブは雨漏りで白華が出て白くなっている。スラブの鉄筋被りが無いために鉄筋が露出して錆びている。

IMG_3082.JPG

そのスラブの下面の見上げ。1期工事の鉄筋は丸鋼を。異形鉄筋のない時代。


IMG_3084.JPG

2期工事の屋上防水の様子。


IMG_3085.JPG

防水はパリパリになってひび割れて触るとポロポロ剥がれる。


IMG_3087.JPG

1期工事の屋上は豆砂利敷き。隅の方にはスギゴケが生えていた。


IMG_3095.JPG

医院1階の診察室部分。土間コンクリートが無く束立ての床。鉄筋コンクリートの建物で土間コンクリートが無いって初めて見た。こんなのありなのか?これらの「はて?こんな工事でいいの」というそんな建物でも普通に住んでいたわけだ。


IMG_3099.JPG

現場事務所で打ち合わせしていたら、現場から電話が・・・oh。


IMG_3105.JPG

壊し始めると早いもので・・・。


IMG_3106.JPG

鉄筋は丸鋼。この時代のコンクリートは壊していて柔らかいと沢田さんが言ってた。


IMG_3108.JPG

昼にこの建物の中で躯体の説明をしていたのに・・・。


IMG_3109.JPG

スタッフルームも診察室も住宅玄関も瓦礫になった。


IMG_3128.JPG

帰りは正面に西日が来て前が見えない。黒部は雨だったけど金沢に近づくと晴れてきた。

日本海建興からの日報

天候 曇り時々雨 25℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体・重機搬入
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川 翼・斉藤大己
13:00〜現場確認
14:00〜打合せ
 
平成24年9月25日(火)の予定
既存建物上屋解体

PICT4213.jpg

医院1階待合室あたりで既存躯体のスリーブについて説明中。


PICT4217.jpg

躯体の解体開始。入るときに仮囲いにぶつかったのか・・・?


PICT4218.jpg

そうか。仮囲いの中からだと近すぎて壊せないのか。


PICT4224.jpg

ホントにあっという間だな。
(撮影/日本海建興)

本気菜園

IMG_3022.JPG

無花果を樹脂鉢小から樹脂鉢大へ移植。ポットのパセリをその樹脂鉢小へ移植。


IMG_3025.JPG

鷹の爪の熟したのを収穫して干す。

2012年09月25日 Tue

「羽咋の社屋」

07:50-12:50
曇り
岡田建設工業で打合せ
エレベーションに合わせたサッシュの変更を打合せ
仕上げについて
カタログ置き場について

IMG_3132.JPG

敷地(右側の緑がこんもりの部分)へどの電柱から引き込むかを検討中。


IMG_3133.JPG

雲がかっこよかった。


IMG_3143.JPG

帰りは大好きな杉野屋北から押水森本までの道路を通る。気持ちいい。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 25℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川翼・斉藤大己
 
平成24年9月26日(水)の予定
既存建物上屋解体、南面の養生足場解体

PICT4227.jpg

躯体解体中。


PICT4231.jpg

壊し始めると早い。
(撮影/日本海建興)

2012年09月26日 Wed

簡易裁判所

11:20-11:55
担当のB係高岡氏から電話があって訴状の訂正に行く。
平成24年(少コ)第96号

14:10
高岡氏から電話
2012/11/01(木)15:30からに決まったとのこと。

本気菜園

和泉が母と滋賀県の治美さん(母のいとこ)のところに日帰り旅行。
先日選別した洗いゴマを持っていってもらった。

ツナギ

12:30-13:10
晴れ
8号線沿いのアイビー野々市店
ようやく以前に買ったツナギと同じのを見つけた。
桑和・長袖続服9000N・(7)グレー・綿100%・MADE IN CHINA
サイズLで2,490円

IMG_3146.JPG

下がこれまで使っていたやつ。上が新品。古いヤツは随分色が褪せてしまった。

手続き

13:10-13:50
金沢工大で非常勤講師の手続き

IMG_3150.JPG

「辞令」をもらう。校舎に入るときにカードリーダーにこのIDカードをかざすと戸が開くのだ。駐車場のカードの申請書類を書いて終了。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 25℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体、南面の養生足場解体
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川翼
  アジアベンチャー 成瀬博光
  OPTION’92 沼田剛英・北村容一
 
平成24年9月27日(木)の予定
既存建物上屋解体、北面の養生足場解体
仮囲い手直し

PICT4260.jpg

1期工事の医院部分の上屋の形がなくなった。


PICT4261.jpg

2期工事部分解体開始。


PICT4267.jpg

上屋の残りはわずかになってしまった。
(撮影/日本海建興)

2012年09月27日 Thu

本気菜園

IMG_3152.JPG

オクラを4本収穫。計57本。


IMG_3154.JPG

今週末に定植する予定のハクサイの苗。


IMG_3161.JPG

追加のブロッコリーは定植までもう少し。出遅れてしまった。


IMG_3162.JPG

パプリカは大きくなっているけど黄色が多い。


IMG_3163.JPG

鷹の爪の乾燥状態。気持ちよく晴れて湿度も低くて良い天気が続いてる。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 26℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川翼・斉藤大己・斉藤京介
北面の養生足場解体
  OPTION’92 沼田剛英・大岡勇介
 
平成24年9月28日(金)の予定
既存建物上屋解体、解体材搬出
仮囲い手直し

PICT4282.jpg

書いた以上今日・・・「解体状況」を入力してこんな変換。新しいATOKっていまいち。


PICT4274.jpg

南側CB塀際の地蔵2体。
(撮影/日本海建興)

2012年09月28日 Fri

特別送達

12:05
簡易裁判所から「特別送達」が届いた。切手は1040円分。

「期日呼出状」
期日 平成24年11月1日(木)午後3時30分
場所 簡易裁判所8号法廷(1階)

こちらに届いたって事は相手にも届いているってことだな。

IMG_3169.JPG

差出人が裁判所・公正取引委員会・特許庁・収用委員会のとき特別送達扱いらしい。


IMG_3171.JPG

期日呼出状。免停を思い出す。行く場所も同じだし。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 28℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体、解体材搬出
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川翼・斉藤大己
仮囲い手直し 島田組 川森政一
 
平成24年9月29日(土)の予定
既存建物上屋解体材搬出

PICT4292.jpg

よしっ仮囲いなおった。いいね。ぶつけたままじゃ雑な現場に見えるからな。


PICT4294.jpg

解体材の搬出状況。
(撮影/日本海建興)

本気菜園

IMG_3166.JPG

無花果の葉がボロボロになって葉脈だけ残っている。こいつか・・・。


IMG_3167.JPG

その葉を裏返すとここにもいるぅ〜。マイマイガかな。特定が難しい。

2012年09月29日 Sat

ブロッコリー全滅

06:10-17:00
くもり
  • 先週は畑に来られなかったので二週間ぶり。畑に到着後見回って愕然。ブロッコリーがヨトウムシにやられて全滅。セロリは一株瀕死でその他は水不足で枯れてる。セロリは初栽培で苗を沢山つくちゃったので色んな人に配った。それなのに自分のは枯れるなんて。次回からはプランターで栽培することにする。セリ科だから水不足は致命的だった。ブロッコリーは頂花蕾ができているかと楽しみにしていたのに・・・。今、金沢で作っている苗を早く植えなくては。
  • 09/10に播種したニンジンは3本しか芽が出ていなかった。まぁ、雨が降らないから諦めていたので大きな落胆は無かった。追加で少し残っていた種を播種した。
  • ハクサイを24株定植した。
  • ナス、茗荷、ネギを収穫した。
  • 椎茸の原木を冬用の場所に移動した。
  • 畠田さんからゴミ袋二杯分の籾殻をわけてもらった。ムカゴをいただいた。
  • 清水さんにナスと茗荷をお裾分け。すずなりの太鼓饅頭をもらう。
  • 室田さんにナスと茗荷をお裾分け。
  • 長村の実家へ茗荷・ナス・カボチャと畠田さんからいただいたムカゴをお裾分け。梨とチョコレート。
  • 岩井さんへ茗荷・カボチャ・ゴマをお裾分け。(09/30/15:30)
IMG_3195.JPG

ブロッコリーの変わり果てた憐れな姿。三週間前のありし日(09/10)の姿。ヨトウムシ・・・許せん。これで生きられるのかわからないが抜くにはしのびなくて、鶏糞を追肥してこのままにしてきた。葉が一枚も無いから復活・・・しないだろうけどもしかしてってこともあるし。それにしてもブロッコリーを狙い撃ちか。隣の黒大豆は葉を食われてもいいのに食わないんだ。


IMG_3175.JPG

今朝の落花生の様子。


IMG_3172.JPG

ナスは二週間ぶりなので鈴なり。


IMG_3173.JPG

ダイコンは先週間引くはずだったのに一週間延びたので間引きにくかった。


IMG_3198.JPG

黒豆の様子。実の詰まったのもあればそうでないのもある。どれくらい虫にくわれているんだろう。心配だ。あちこちでカメムシの姿がみえるんだもの。


IMG_3207.JPG

左がアズキ。中央がニンニク。右がショウガ。ニンニクはまだ発芽していない。大丈夫なのか?ショウガは半分が枯れて、残っているのは向こうの大ショウガ4株と手前の小ショウガ5株。瀕死状態のが2株。


IMG_3182.JPG

小豆(アズキ)の葉。


IMG_3180.JPG

アズキの莢。


IMG_3183.JPG

小ショウガ(三州生姜)


IMG_3184.JPG

大ショウガ(近江生姜)。ショウガは実家とうちの一年分を作る予定だったのに半分が枯れてしまった。来年は節約しながら使わなければならなくなった。次回からは植える場所を考えよう。素堀側溝を広くして中の島をつくってそこに植えようか・・・とか。


IMG_3191.JPG

サツマイモとサトイモの間の布トンネルがハクサイ。右のトンネルに21株。左のトンネルに3株定植した。左の残りの部分にはブロッコリーを植えるつもり。トンネルが二本にわかれたのは布の長さが足りなくなったから。


IMG_3185.JPG

定植したハクサイの苗。ヨトウムシにやられないように祈る。


IMG_3192.JPG

ジャガイモ(インカのめざめ)が殆ど萌芽していない。この1株だけがまともな大きさになっていた。あとは1/3が萌芽したばかり。2/3が音沙汰無し。雨がふらなかったせい?原因がよくわからない。昨年は09/03に萌芽しているのに・・・。一ヶ月遅れだとまともに育つか怪しい。


IMG_3193.JPG

1株以外の1/3はこんな感じ。だめだこりゃ。


IMG_3189.JPG

サトイモの葉に蛾の幼虫が・・・。


IMG_3200.JPG

1cmくらいのがあちこちにごちゃごちゃと。手で潰すには数が多すぎるので被害の大きい葉を刈ってバーナーで炙った。いい気味。


IMG_3194.JPG

ネギに寄せ土した。里芋の葉が倒れてる。水不足だからだろうな。


IMG_3202.JPG

09/10に定植したキャベツの様子。何株かはヨトウムシに食われているが、まだ大丈夫。


IMG_3205.JPG

08/04に定植した2株のキャベツは巻きはじめている。


IMG_3210.JPG

倉庫の道路側の下屋部分に蔓系の草が這い上がってる。


IMG_3209.JPG

よく見るとアケビで小さい実がなっていた。アケビが雑草のように自然に生えるんだ・・・。


IMG_3208.JPG

茗荷・・・こんな状態なのに新しいのが出てた。倉庫の方に勢力を拡げていっている新顔の下に太っちょの大きいのが出ていた。今回はお裾分けできるほど収穫できた。こんな葉の倒れた状態だからもう葉の下に首を突っ込まなくてもいい。どうせもう季節も終わりだから茎や葉を平気で踏みつけながら収穫できてすごく楽。


IMG_3217.JPG

一個一個が大きくて太ってる。すごくいいできばえだ。


IMG_3213.JPG

今日収穫したナス。53本。すげぇ。


IMG_3214.JPG

今期初収穫のネギ5本。暑さがやわらぐとネギも元気になってくる。


IMG_3218.JPG

畠田さんにいただいたムカゴ。

「黒部の住宅・医院」

日本海建興からの日報

天候 晴れ 29℃

本日の作業
現場管理 日本海建興 魚谷利彦・水口拓也
既存建物上屋解体、解体材搬出
  岡本斫工業 沢田岳志
  長谷川解体 長谷川翼・斉藤大己・薄波一成

平成24年10月1日(月)の予定
既存建物上屋解体、解体材搬出
第1回定例打合せ16:15〜

PICT4309.jpg

鉄筋にコンクリート塊がぶら下がっている。「繭玉だんご」みたい。
(撮影/日本海建興)

2012年09月30日 Sun

本気菜園

  • 15:00-16:00雨。岩井さんへ茗荷・カボチャ・ゴマを届けに。
IMG_3219.JPG

ホンダの耕耘機F310のVベルト。左斜め下に割れが・・・。


IMG_3222.JPG

V字型にヒビが入って劣化している。もうすぐ切れそうなので新品に替えるため金沢に持って帰ってきた。実物を持って買いに行かないと間違えそうだからね。


IMG_3227.JPG

オクラを6本収穫。計63本目。