2012年07月21日 Sat

夕顔を収穫

06:20-18:00
雨(金沢)→くもり(畑)→雨(帰り道)→くもり(金沢)
  • 出発直前まで珠洲の天気予報は午前中雨だった。家を出ようとすると土砂降りだったので小降りになるまで時間をずらした。畑についてもアズキの残りを定植してキュウリを収穫するくらいしか作業はできないか・・・でも、水やりはしなくていいか・・・などと考えながら運転していた。珠洲に着いてみると曇り。まだ降りそうにない・・・作業できるうちにやっとこう!とすぐに仕事開始。でも、結局降らなかった。天気予報全面はずれ。近頃はずれがすごく多いんだけど、どうなっているんだろ。雨が降らなくて作業ができたかわりに水やりをしなくてはならなくなった。
  • アズキは1株枯れていた。残り6株のスペースと枯れた1株に振り分けて持ってきた10株を定植した。
  • サトイモ・ニンジンの畝まわりの雑草取り。
  • トマトに網を掛けた。
  • 夕顔・キュウリ・アスパラガス・茗荷・トウモロコシを収穫。
  • カラスにキュウリを食われていた。初めてだ。
  • プリンスメロンは直径10cmくらいになっていた。実を持つとヘタの部分でぽろっと取れると収穫時期だと畠田さんの奥さんに教わった。
  • 例年だと8月に入ってから茗荷を収穫する。7月の後半だとどうだろうかとさがしてみた。小さめだけどいくつか出ていた。人にあげるほど太っていないので、そうめん一回分として5個収穫。来週もっと真剣に採ってみるか。清水さんが楽しみにしているはずだし。
  • 帰る前に全部の野菜に水をやった。今日雨が降らないと来週まで日照りの可能性もあるし。井戸の水面は高かったけど汲む回数が多くて最後はバケツを上げるのも大変だった。
IMG_2291.JPG

作業前の様子。落花生の畝と通路の草取り。先週畝の雑草はほとんど取ったつもりだが、まだ残っていた。布トンネルの支柱もそのままになっていたのを撤収する。


IMG_2293.JPG

作業中。通路を耕して雑草を根まで取ってから土を両側の畝肩に盛り畝幅を拡げる。


IMG_2294.JPG

作業終了。枯れた株をあとから補った部分はまだ若くて株が小さい。落花生に石灰と豚骨ペレットを追肥。石灰は肥料ではないが、サヤを作るために必要なので花が咲き出したら撒く。通路をタケノコ掘用の鍬で耕し、雑草を根まで取って畝に土寄せ。これが今日のメインの仕事。午前中一杯掛かった。これで当分落花生は手が掛からなくなるはず。せいぜい水やりくらいか。


IMG_2295.JPG

サトイモの畝の草取り作業中。雑草に埋もれている。


IMG_2300.JPG

草取り終了。綺麗になった。今年の雑草はこれまでにない茂り方で困ってる。何度か土曜日に雨が降って草取りできなかったツケが回ってきたのか、それとも雨と気温が雑草にとっていい感じだったのか・・・。畠田さんが今年はおかしい・・・セミが鳴かない。カモメがこの辺りまで来てオタマジャクシや蛙を食べている・・・なんか変だといっていた。雑草の伸びも変だ。


IMG_2303.JPG

収穫したトウモロコシ10本とキュウリ3.8kg。キュウリは左の4本が普通の大きさ。トウモロコシの収穫時期は毛が茶色くなったら。遅くなると堅くなって美味しくないと教わった。畠田さんの奥さんのノウハウはわかりやすくて実践的。「長村さんが次に来るのは一週間後だから、ちょっと早めくらいで収穫しないと堅くなるから・・・」とうちの作業状況に合わせて教えてもらえるのだ。


IMG_2308.JPG

長夕顔41cm×13.5cmφ×4.3kg(上)と60cm×14.5cmφ×5.9kg(下)。表皮に爪が立つくらいが収穫頃だと畠田さんの奥さんに教わった。上の方は皮がちょっと固いので干瓢にしてみる。下の方は半分を長村の実家にお裾分け。半分は出汁で炊いて餡かけにして冷やしたのに生姜をすって食べる。夏には最高のごちそうだ。アスパラ4本とはしりの茗荷5個。


IMG_2305.JPG

畠田さんにいただいた大粒のブルーベリーと早採りのヤングコーン・インゲン豆。