2012年02月15日 Wed

展覧会

瀬沼健太郎氏から個展と二人展の展覧会の案内をいただいた

瀬沼健太郎硝子展
 2012/02/21(火)-02/26(日)
 12:00-18:00・最終日15:00まで
 期間中無休・02/25以外作家在廊
 炎色野(ひいろの)
 東京都渋谷区渋谷2-7-14中村ビル1F

20120215-003.jpg

瀬沼健太郎硝子展

磁器×硝子展
 大槻智子(磁器)
 瀬沼健太郎(硝子)
 2012/03/22-03/28
 12:00-19:00・最終日17:00まで
 会期中無休
 在廊日
  大槻 22・24・25・28
  瀬沼 全日在廊
 ギャラリー 空箱(そらのはこ)
 東京都渋谷区恵比寿西2-11-7

20120215-001.jpg

磁器×硝子展

パンク修理

09:45-10:30
小雨
パンク修理キットは持っているけど、

自分の修理は信頼できない

だってやったことがないんだから・・・。
以前乗っていたユーノスにはテンパータイヤ(幅の細いヤツ/パンクのため一度使った)がついていた。新しいロードスターには予備タイヤがついていない。かわりにタイヤに薬液を注入して、中から無理矢理穴を塞ぐキットが標準装備されている。でも、それを使うとタイヤの中がベトベトになって洗い落とすのが大変らしい。洗い落とせない場合はタイヤ交換になってしまうともいわれている。ホントの非常時用なのだ。

タイヤがダメになるのは困るので標準キットは最悪の場合。その前に使うためにパンク修理キットを買ってトランクに常備している。まぁ、天気が良いなら非常時の前に練習のためにやってみておこうか・・・となるんだけど、寒いし雨降ってるし。・・・で、楽に済ませることにしてオートバックスへ。脱着なしのパンク修理だけなので1,050円。

10:30-11:00
春にノーマルに替える予定だった古いスタッドレスを仮に履かせていたものを修理済みのと交換。はずしたのを洗って後片付けの終わるまで30分もかかった。


IMG_9668.JPG

穴が大きかったのか修理棒を二本突っ込んであった。以前買ったパンク修理キットは2,520円で修理棒が3本ついていた(穴の形を修正して修理棒を突っ込む錐もついている/多分それの価格が高いんだろう。びっくりしたもの)。今回は修理棒を2本突っ込んで1,050円だからキットを使うより全然お得。結局修理キットは非常時のために投資するものであって、行けるならお店で修理してもらう方がいいってことだ。

「黒部の住宅・医院」

屋根面の仕様について
耐震壁端部の柱を追加
医院トイレ家具詳細図