2010年12月28日 Tue

パーティションを切る

VAIOはノートなのでデスクトップと違って内蔵HDDは一台しか搭載できない。当然パーティションは切ってない状態で「Cドライブ」のみで出荷されてきている。オプションで買ったMicrosoftのOfficeは再インストール用のCDが付属していたのだが、恐ろしいことにジャストシステムのATOKやAdobeのAcrobatはCDが付属されてこなかった。内部からインストールする・・・というシステムになっているのだ。パーティションを切りなおすためにフォーマットしてしまうとATOKやAcrobatがどうなってしまうのか・・・。そのあたりがさっぱりわからん。それでパーティションを切れないまま今日まで来た。今年のフリーソフトランキングの24位に「EASEUS Partition Master Home Edition」というのを見つけた。フリーソフトのランキングに入るということは多くの人が使っているということなんだろう。フォーマットしないで、現在のCドライブ750GB(実質700GB程度)の状態からCドライブの容量を好きに減らして、その減らした分をDドライブとしてパーティションを切ることができるのだ。起動ドライブ(Cドライブ)でもいけるってのがいい。うまいことに32bitのOSだけではなくて64bitにも対応しているようで、VAIOのWindows7(64bit版)でも使えるのだ。

Cドライブを300GBにして、残りの400GBをDドライブとすることにした。
上記を設定したあとで再起動すると「EASEUS Partition Master Boot Mode」で立ち上がってパーティションを変更し始める。1時間くらい(HDDに保存してあるデータ量による・うちのは160GB)で勝手に再起動されたあとはもうDドライブが誕生していた。めでたし、めでたし・・・いいねぇ。このソフト。

12/29 昨晩の続き
Cドライブに入っていたデータをDドライブに移したら、もとのCの使用領域はがくっと減って30GB以下になった。Cドライブを300GBにしておくのはちょっと勿体無いので200GBに減らし、その分Dドライブを増やして500GBに変更することにした。こういう調整も簡単にできるところがいい。

IMG_5734.JPG

再起動後Operation1として300GBのCドライブを200GBに変更中


IMG_5737.JPG

続いてOperation2として400GBのDドライブを500GBに変更中


パーティションについて−ひとつのHDDをパーティションで幾つかに分ける利点。
OSが物理的にではなくソフト的にトラブったときOSを再インストールしなければならなくなることがよくある。そのときCドライブのデータは救えない。パーティションを区切って起動ドライブと別にDドライブなどをつくってあれば、OSの再インストールに影響されずにデータは使える。物理的にHDDに傷がつくなどして壊れた場合は所詮一個のHDDだからパーティションを切ってあろうとデータを救い出すのは無理なのだが・・・。物理的にHDDが壊れるよりOSがソフト的にクラッシュする頻度のほうが高い(そういうWindowsってどうよ・・・という話はおいておいて・・・)ので、パーティションを切ってOSが入っている起動ドライブである「C」と別に「D」か「E」を作っておきそちらにデータを置いておくのが安心だ。物理的に内蔵HDDが壊れたときのために外付けHDDにバックアップをしておくのはもっと大切。別ドライブにバックアップするとき毎回全部をコピーしていると時間がかかってしょうがないので、差分(変更のあったデータ)のみコピーするソフトを使う。いまはデスクトップのInspiron545から「BunBackup」で外付けのLANDISKとVAIOのいずれかに毎晩バックアップをとっている。そのおかげで12/05にクラッシュしたときもデータはLANDISKから全て救えた。今はVAIOがあるからデスクトップが使えなくなってもすごく安心できる。一台予備機があるってとてもいい。

20101229.jpg

BunBackupでデスクトップのDドライブからVAIOのDドライブへバックアップ

中田くんの家へ

11:00-12:00
晴れ
お土産をいただきに。
豆と昆布の餅と塩鮭・干し柿をお返しに。
香典をいただいた。

忘年会

18:00-21:30
小雨
主計町・太郎 6,000円
石井氏・川口氏・森氏・宇野さん・吉島氏の6人宇野さんが中尾清月堂のアンコはおいしいっておっしゃっていた

「太郎」に行くのは初めてだ。いろんな意味で有名な店で楽しみにしていた。鍋自体に味がついていて出汁はさすがにおいしかった。でも、給仕の都合で客同士の座る位置関係がなんだか不自然な感じになる。自分達で鍋をつつくならいい感じで座れるのだが、ここは鍋に手を出せないので客は横に並ぶようで「鍋を囲む」って雰囲気とは違うんだな。

寄せ鍋は仲居さんが一人三回、鍋の具をよそってくれる。その次に餅を入れて。最後が雑炊にして・・・と五回給仕してもらうことになる。一人がタケノコが嫌いだったらしい・・・年末で忙しかったせいもあるんだろうけど、仲居さんが毎回違う人に入れ替わってしまい、給仕してもらう度(結局三回とも)に「タケノコが苦手なんだけど・・・」と伝えていた。その方はこれまでに100回はこの店に来ているらしく仲居さんとも顔見知りだった。きっと何百回「タケノコが・・・」と言っているのだろうなとおかしくなった。常連さんの好みも気にせず、ただ、ただ給仕のみをするだけか・・・。ただ一回の食事で三度も別のものならまだしも、同じものに対して「これ嫌いなんです」と繰り返し言わなければいけない店って、どんだけ学習能力が無いんだって突っ込みたくなるよ。そういう意味での「雑さとか粗さ」が感じられて自らはお客さんを連れて行けない店だなぁと思った。

鍋は家で食べるのがいい