2010年11月05日 Fri

家庭菜園

IMG_5255.jpg

「長ちゃんかぼちゃ」が保存しているうちに赤く色づいてきた。


IMG_5257.jpg

一株ずつ植えていたニラが株別れして二株にな
っていたのだが、また株別れしそうな雰囲気だ。

慣行栽培

一般の農家が行っている栽培時に農薬を撒く回数や化学肥料の使用量は地方自治体が決めている。その指針に沿って栽培することを「慣行栽培」という。石川県の場合は『石川県における「農林水産省特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に関する化学肥料・化学合成農薬の使用の慣行レベル』に示してある。

たとえばショウガを例にとると・・・高知産の生姜はブランドとして有名。高知県の慣行栽培の基準でショウガを見ると露地栽培で、なんと30回農薬が使うことになっている。ショウガの栽培期間は北陸では6月~11月までの6ヶ月間だが、高知県では8ヶ月と書かれている。8ヶ月で30回だと一週間に一度は農薬を使っていることになる。ところが石川県だと同じ慣行栽培での農薬使用は7回となっている。「減農薬」として販売できるのは慣行栽培の半分の回数と決められている。高知県産の減農薬(実は農薬15回)のショウガと石川県産の慣行栽培(7回)のショウガが並んでいた時、消費者はどちらを買うでしょう?同じ価格なら減農薬って書いてある方に手がのびるんではないでしょうか?その消費者は減農薬の方が気持ち的に安全だものね・・・というのが選択基準のはず。実は逆に高知県産の減農薬の方が石川県産の慣行栽培の物より倍以上農薬を使っているのに・・・。現在の農業政策の矛盾はこういうところにもあって、そういう矛盾を消費者に伝えないことが、農政に関わる人達を信用できない理由だ。これは農薬が是か非かとは別の次元の問題なので非常にまずいと思うのだ。野菜の栽培方法を調べているうちにこういう矛盾に気付いてしまって、ある意味知らない方が幸せかもと思ったりもする。

作物の種類ごとの農薬散布の回数を見ていくだけで気持ち悪くなってしまう。「ダイコン・・・19回かよ・・・ハクサイ・・・ちぇっ20回か。ブロッコリーもキャベツもすごいよなぁ。確かに虫がいっぱいつくもんなぁ。ネギなんてハウスの中で28回って!!!。おおっキュウリやトマトもすごいじゃん。サツマイモなんて放っておけばいいのに、それでも8回か・・・ナスも放りだしっぱなしでいいのに・・・何っ36回か。薬漬けだな。なんだ果物はもっとすごいのか・・・桃・・・40回って」

そうなると自分で作るしか安心できないわけで・・・気付いたら量はとにかくとしてもキャベツ・サトイモ・ジャガイモ・サツマイモ・人参・ナス・ブロッコリー・絹サヤ・ソラマメ・スナックエンドウ・ミョウガ・タマネギ・バジル・長ネギ・アスパラガス・落花生・ショウガ・カボチャ・ピーマン・枝豆・ゴマ・キュウリ・ダイコン・ハクサイ・ニンニク・パセリ・ニラ・シソ・椎茸・クリタケ・・・を作ってた。年をおうごとに作る野菜の種類がどんどん増えていって、ネットで慣行栽培などの基準が公開されているお陰で健康的な食生活を送れるようになってしまった。ネットがない時代だったらこういうことさえ知るチャンスがなかったもん。

タマネギの苗

08:50-09:30
晴れ
ほがらか村へタマネギの苗を買いに・・・
ネオアースが無い・・・というか苗が殆ど無い。入荷してもすぐに売り切れてしまう・・・とのこと。「甘70」と「ターボ」という2種類しかない。何れも収穫後、年内が保存期間なのでちょっとなぁ。いつ入荷するか聞いたがネオアースはもう入らないんじゃないかと思う・・・とのこと。次は10時くらいに苗をもってくる人はいるけど・・・と。妥協するか悩んだ。でも50本で380円は高い。強気の価格設定だ。価格も不満だが品種も不満だ。先週植えた200本と明日植える200本の品種をかえてもいいのだが、保存期間が違うという事は区別して保管しなくてはならないということになる。収穫から乾燥・保管まで別々なんて面倒すぎる。JAグリーンまで行ってみるか。向こうも同じだったら戻ってこよう。

09:30-10:10
JAグリーンへ
苗も品種も数は多かった。「甘70」は生産者に人気があるのかすごい在庫数だった。でも売れているのは「ネオアース」。生産者は小松市の田端と書いてあった。お持ち帰り用のトレイは樹脂製だった。ほがらか村はダンボール。どちらがいいかは好きずきだけどね。うちは苗を珠洲まで運ぶから樹脂トレイの方が助かるな。樹脂トレイといっても豆腐が入っているような薄いやつだよ。昨年の苗は津幡の森田美津枝さんのだった。あの苗は大きさといい根のつきかたといい良かった。だいたい姿が綺麗だった。畠田さんのお母さんが「良い苗だねぇ」と言っていたのがわかった。今年のは先週ほがらか村で買ったのも含めて根の付が悪い(苗床から引っ張って抜いた感じ)し、根元が曲がっている・・・が、品種優先だから買う。

IMG_5253.jpg

ネオアース 50本で298円を4束200本買った。1,192円。ちょっと育ちすぎだと思う。薹(とう)立ちを予感させるほど大きくなっているのでちょっと不安。でも、ネオアースはこの苗しかないからどうしようもなかった。タマネギは冬を迎える前に根はしっかり張るとよい。でも、株自体が成長していると春に薹立ちしてしまう。知らないと大きい苗を選びがちなんだが、小さい方がいいのだ。この苗はトレイからはみ出しているから大きすぎる。2月くらいまで肥料を控えておくことにする。タマネギは定植時期の範囲が2週間も無いくらいのピンポイントで植える。苗の大きさも育ち過ぎもせず、かといって冬に負けないくらいの大きさは必要・・・とピンポイントで作らなくてはならない。種から苗を作るのは天候を見ながらの技術が必要なのでうちでは苗を買っている。今年は秋になってから急に寒くなったり雨が多かったりと読めない天候だったからプロも苗作りが難しかったようだ。去年は苗のサイズも品種もいろいろ選べて豊富だったもの。