2010年05月01日 Sat

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 17℃

左官工事 ピーコン穴埋め 岡田建設工業 道下
洗面廊下土間埋め戻し・砕石地業 岡田建設工業 岡田

R0014005.jpg

塀の基礎立ち上がりの打放し部分のPコン(ぴーこん)のモルタル穴埋め完了。打放し部分ではPコン穴の面(つら/表面のこと)から2mmくらい面落ち(めんおち)でモルタルを押さえる。


R0014013.jpg

浴室内部は防水で隠れるので見栄えは必要ない。穴
埋めのモルタルはコンクリートの面(つら)で押さえる。


R0014008.jpg

脱衣室の土間下の砕石敷き転圧中


R0014009.jpg

廊下部分にも砕石を入れる
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月02日 Sun

ニンジン収穫

03:40-18:00 晴れ

・助手席に載せて行ってビワを定植した。
・残りのジャガイモを定植した。
 キタアカリ4ポット・インカのめざめ6ポット・昨年の秋の出島6個くらい
・畠田氏にキャベツの苗11株もらって定植した。
 ついでにトンネル用の布もいただいた。
 奥様手作りの草餅をいただいた。
・ブロッコリーとカボチャのための畝をつくった。
 残りは落花生用の4畝と予備の畝を耕すだけになった。
・冬に伐った竹の枝を落花生用の場所で燃やした。
・ナメコの原木に水をかけた。
・残っていたエンドウ豆の4株分の棚を作った。
・ニンジンの3期分を収穫した。大きさも長さも大小様々。
・アスパラガスを収穫した。前回ほど太くない。
・ツバメは子育て中。まだ雛は見えない。(まだ巣より小さいから)
・もうモンシロチョウが飛んでいた。嫌だなぁ。
・林氏にいただいたチューリップは全部の種類が咲いた。
  でも、モンテカルロとウィローザの一部が発芽しなかった。残念。

IMG_3159.jpg

ウィローザ


IMG_3162.jpg

バレリーナ


IMG_3161.jpg

黄色


IMG_3164.jpg

赤色


IMG_3165.jpg

リンVDマーク・・・だと思う


IMG_3166.jpg

手前からリンVDマーク・赤・黄・バレリーナ・ウィローザ・モンテカルロの順


IMG_3167.jpg

左側奥のニンジンを収穫したあとを耕した。ブロッコリーを植える予定。


IMG_3169.jpg

ニンジンとアスパラガス

2010年05月03日 Mon

アスパラガス

IMG_3174.jpg

昨年畑のアスパラガスから採種した種を02/28に播種した
やつの芽が出てる。全部陽の当たる方を向いてひょろっと。

カボチャ

IMG_3175.jpg

03/30に播種して最初の芽が04/27に出た。今日の様子。

ブロッコリー

IMG_3177.jpg

絵描き虫(ハモグリバエ)がブロッコリーについた。白い線を見つける度に潰してる。

スナックエンドウ

IMG_3178.jpg

エンドウ豆の葉もハモグリバエだらけ。実にはつかないとはいえ気分が悪い。

無花果

IMG_3180.jpg

イイ感じで葉が出てる

ゴマ

IMG_3181.jpg

昨年栽培したゴマをようやく使ってもらえる。「うなぎのちらし寿司」に・・・。使う分を
ザルでざっと水洗いして水を切ってからフライパンで煎る。ゴマの味がよかった。

2010年05月04日 Tue

カボチャ

IMG_3183.jpg

04/29に播種したカボチャの芽が出そう(05/04/10:23)

2010年05月05日 Wed

落花生用の畝を作った

04:00-18:30 晴れ

・タケノコ5本を収穫してすぐにストーブに火を点け、大鍋で茹でた。
  帰ってからタケノコご飯と煮物にして貰った。うまかったぞ。長村にお裾分け。
・タケノコを収穫したついでに山椒の葉も収穫。
・アスパラガスを収穫。
・畝4本つくるのははつらかった。
・タマネギの成長が悪い。3月過ぎてから追肥をするともちが悪くなるらしい。
  とはいえ実がならなければ意味がないので、牛糞堆肥と鶏糞をやった。
・ニンニクは枯れ始めているし・・・。
・ソラマメに寄せ土。
・絹サヤ、スナックエンドウ、ソラマメ、ブルーベリー、チューリップ・・・全部花が咲いている。

IMG_3184.jpg

夜明けから霧がすごかった


IMG_3188.jpg

畑も霧でぼやーっとしてた


IMG_3191.jpg

2009/12/05に畠田氏から苗を貰って定植したブルーベリーの蕾


IMG_3192.jpg

ブルーベリーの花


IMG_3193.jpg

2010/05/02に定植したビワ


IMG_3199.jpg

ニンニクの葉が枯れてきている。おばちゃん達のも同じ。ただ、うちのが一番ひどい。


IMG_3196.jpg

落花生用の畝4本


IMG_3197.jpg

今日収穫したアスパラガス

カボチャ

IMG_3201.jpg

昨日の朝芽が出そう・・・って言っていたのが、今日一気に。気温が上がるとすぐだな。


IMG_3202.jpg

03/30に播種した1期は本葉が出た。

アスパラガス

IMG_3204.jpg

あっという間に、アスパラらしくなった。ただ、細いけどね。

青シソ

IMG_3203.jpg

2010/03/22に播種して04/13に発芽した青シソに小さな本葉が出た。

2010年05月06日 Thu

ソラマメ

IMG_3205.jpg

今日は暑かったんだねぇ。ぐったりしている。

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 29℃ 急に暑い

本日の作業
型枠工事 廊下土間コンクリート止め型枠、足落とし返し型枠 岡田建設工業 道下
洗面廊下土間砕石地業、防湿シート敷き、 岡田建設工業 岡田

R0014041.jpg

廊下の防湿用ポリエチレンシート敷き


R0014043.jpg

洗面所のポリエチレンシート敷き


R0014060.jpg

テラスの様子
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月07日 Fri

「川北町の住宅」

08:20-10:05 強い雨
川北町役場確認申請書類提出

「羽咋の住宅改修」

天候 雨のち晴れ 17℃
解体工事 サッシュ取り付け箇所既存基礎はつり(FL-373) 岡田建設工業 岡田・道下
  今日は急な仕事が入りましたので午前中しか仕事できませんでした。
  明日もその現場に行かなければなりません。

R0014063.jpg

サッシュ取付位置まで基礎天端を斫る。このあと外壁を解体する。
(撮影/岡田建設工業)

ヘチマ

IMG_3208.jpg

04/25に播種したヘチマが発芽した

「さかえや」

水落屋から電話 15:20
04/28に製作を依頼してあった
さかえや 東一花露天風呂の簾(スダレ)ができたとのこと

資金計画書

住宅の工事費を銀行から融資して貰う場合「資金計画書」という書類が必要だそうで・・・。施工者側で用意するのが普通だという。その書類が施工者側に無い場合は銀行と建て主で作製するという。


「そういう書類は提出したことがないし(施工者側からの提出書類は全部私を経由する)、内容から言っても施工者の書くものではないので、銀行と建て主で用意して欲しい」・・・と私。

銀行が言うには・・・「9割以上の工事業者は(その書類を)持っている」と。

「住宅メーカーのうち9割じゃないの」と聞くと

「持っていないのは大工さんか小さな工務店くらい」という。


その書類を持っていない施工者はダメ工務店のように聞こえないか。また、大工さんや小さな工務店を下に見ているようにもとれる言い方だ。今から住宅を建てようとしている建て主に、その施工者は最低限の書類も用意できないという印象を与える銀行のいい方はどうなのか。確かに橋本工建の規模は大きくないし、社長の満氏と次男の忍氏は大工だ。いつもいい仕事をしてくれるのに書式が無いだけでこういう言われ方はないぞとカチンときた。調べてみると住宅専門のメーカーではこういう書類を用意しているようだが、公共工事をするような建設会社では用意してない。銀行の言う根拠は何なんだろう?自分の周りでの経験か?

本来この書類は銀行側が作製するモノだったように思える。それを施工者の方に押しつけてきたって感じ。融資しないとなると施工者は仕事を逃すことになるので、書類を押しつけられてもいいなりになるしかない。だいたい施工者側から提案するようなプロジェクトじゃない限り「資金計画」なんて建て主側で解決すべき話なのだから。それを施工者に書かせるってホントに銀行って・・・。

2010年05月08日 Sat

サトイモ

IMG_3212.jpg

くるくるっと巻いた葉が出てきた

中田クンのバジル

IMG_3217.jpg

04/29に播種したバジルの芽がでた

ピーマン

02/28に播種したのだが芽がでない。去年の種だからか・・・。
もう一度小ポット4個に4粒ずつ播種した。

2010年05月09日 Sun

ブロッコリーを定植した

04:00-18:30 晴れ
  • まわりの田圃に苗が植えられていた。蛙の鳴き声がする。
  • 写真を撮ろうとするとこれまでは近くに僕が居る間は巣に近づかなかったツバメの親鳥だがかなり慣れてきて、巣に戻ってくれた。ただ、動きが早いのでぶれてしまってうまく撮れない。
  • タケノコ掘り 今年は少ない。小さいのが6個くらい。長村へ半分。
  • ブロッコリー定植 13株を植えて布トンネルを掛けた。
  • 最近畑を耕してばかりいたので道路際や裏側が草ぼーぼーになっていた。混合ガソリンを買ってきて草刈りをした。
  • カボチャの畝をもう一本つくった。その端に青シソ・ニラ・パセリをスジ播きした。
  • ニンジンの芽が出ていた。
  • 朝と帰る前にニンジン・ジャガイモ・エンドウ豆・ソラマメ・キャベツ・アスパラ・タマネギに水をやった。これが一番疲れた。
  • タマネギとソラマメとブルーベリーのまわりの草取り。
  • アスパラガスが伸びてもいいように囲いをした。05/05に採ったばかりなのにもう伸びてる。8本収穫。半分長村へ。
  • 岡田氏からもらった原木に一個シイタケが出てた。でかい。
  • 畠田氏からワラビとフキを沢山いただいた。長村と小島さんへ。

IMG_3219.jpg

まずはポットを60cm間隔に並べてから植える


IMG_3229.jpg

左手前がニンジン4期・左奥がインカのめざめ
中央がきたあかり・右が今日植えたブロッコリー


IMG_3224.jpg

手前がカボチャの畝。左側に青シソ・ニラ・パセリを筋捲きした。右にカボチャを植える。


IMG_3226.jpg

アスパラがまた伸びている


IMG_3228.jpg

ニンジンが発芽していた。芽を出させるのが難しいのでこの後は楽。


IMG_3234.jpg

2009/10/26に谷本さんがコシアブラの苗を持ってきて
下さった。それを11/07に定植した。先端に芽がついている。


IMG_3236.jpg

芽が開くとこうなる。ここを食べるのだ。でも、今年はこのまま。


IMG_3237.jpg

綺麗だ


IMG_3225.jpg

ウィローザが終わりになるとこんな感じ。なんかすごい。


IMG_3238.jpg

今日の収穫。あ、タケノコの写真撮り忘れてる。


IMG_3240.jpg

畠田さんからのフキとワラビ

2010年05月10日 Mon

「さかえや」

10:00-11:20 曇り水落屋さかえや
真壁さんに簾を渡す

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ後曇り 18℃

今日は他現場の仕事で午後より作業しました。
鉄筋工事 洗面脱衣、廊下土間配筋 岡田建設工業 岡田・道下

R0014071.jpg

廊下のスラブ配筋


R0014072.jpg

洗面所のスラブ配筋(奥の茶色の配管が洗濯機の排水
手前の灰色が洗面の排水・赤と青が洗面の給湯と給水)
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月11日 Tue

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り後雨 15℃

鉄筋工事 洗面脱衣・廊下土間配筋。Y4―X5〜6壁配筋 岡田建設工業 道下・岡田
型枠工事 廊下階段箇所型枠 岡田建設工業 道下

R0014077.jpg

廊下スラブ配筋
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月12日 Wed

「羽咋の住宅改修」

定例会議
12:00-15:15曇り→小雨
どうしてだろう。水曜日の定例会議の日って、すごく寒くて天候が悪いのだ。どうも現場では僕のせいになっているようで・・・そういえば「珠洲の改修工事」のときも現場に行く度に嵐だった。今日の岡田氏からの日報には「天候 曇り後雨 13℃ 水曜日なので寒い」・・・と書かれてしまったよ。

岡田氏・道下氏
  • 居間の足落としの打継部分の鉄筋より外側にレイタンスが溜まっている。コンクリート打設後の硬化直前に洗車ブラシなどで取ってしまわないと硬化後除去するのは大変だよ。ピックで目荒しできるか?
  • 勝手口部分の基礎立ち上がり部分の型枠内を掃除すること。結束線は型枠と反対側に曲げておくこと。
  • 廊下と洗面所のスラブの入り隅部の斜め補強筋を入れること。←確認済。
  • 廊下と和室の間の既存土台受けのコンクリート縁あきが少ないので、廊下側にもう一本受け材を追加する。受け材のプレートに砕石をかぶせないでプレートまでコンクリートを打設すること。受け材に一本鉄筋を流して溶接しておくこと。
  • 地下室から洗面への給水・給湯配管が貫通している部分について・・・洗面所側の貫通部分は砕石をかぶせないでコンクリートを打設すること。検査時は貫通部分に砕石が被さっていた。
  • 屋外木塀のアンカーボルトが溶融亜鉛メッキ品でなかった件について・・・基礎パッキンの反対側に溶融亜鉛メッキ品をケミカルアンカーする。現在打ち込まれている、メッキ無しのアンカーボルトはそのまま使用する。もし、それが錆びて腐っても、隣のメッキ品が残ればいいとする。
  • テラスへの階段はテラスと同じ仕上げにすることにした。豆砂利と型枠の縁あきは35mmとする。
  • 玄関からテラスへの納戸外部の仕上げはコンクリートの犬走りではなく、土のままで植栽にしたい。屋外配管のメンテナンスを容易にしておきたいので、建物周囲になるべく構造物は作らない方針。
  • キッチン・洗面・浴室のサッシュ取付のため外壁を解体する前に庇受けがバラバラにならないように、内部側の天井裏のレベルで柱の横繋ぎ補強材をコーチスクリューなどで面付けしておくこと。補強→外壁解体の順序を間違えないこと。
  • 浴室のY7通りは防水巻き込み用アングルの下までラスボードを突っ込めるように、現在ぶつかる予定の基礎コンクリートをサンダーで落とす必要がある。柱面に構造用合板12t+ラスボード7.5の予定。
  • 防水巻き込み用アングルに取り付けたサッシュを乗せる小アングルが歪んでいる部分があった。サッシュ取付時に注意すること。取り付ける職人に必ず伝えること。
  • 浴室内の防水下地が悪い。ジャンカ的な部分はモルタルで埋めてバリのように出ている部分はケレンして綺麗に面を出しておくこと。
  • 廊下の階段部分のコンクリート打設は、面(めん)を綺麗に出すこと。床暖房用の断熱材を敷くため面が歪んで曲面になると断熱材を綺麗に敷けない。特に斜め部分の面はきちんと押さえること。


IMG_3250.jpg

スラブ入り隅の補強筋を入れるよう指示


IMG_3252.jpg

既存土台受け。もう一本横に鉄筋を流して受け材の軸と溶接するよう指示。


IMG_3254.jpg

浴室の防水巻き込み用アングルの取付前。サッシュ取付用小アングル
が歪んでいる部分があるので、サッシュ取付時に気を付けるよう指示。

天候 曇り後雨 13℃
水曜日なので寒い ← 設計事務所が来る定例の日は必ず寒くて天気が悪いのだ!

鉄筋工事 洗面脱衣、廊下土間配筋。Y4ーX5〜6壁配筋 岡田建設工業 道下・岡田
型枠工事 Y4-X5〜6壁型枠 岡田建設工業 道下・岡田
木工事 X6-Y4〜Y7天井裏柱補強梁取り付け 岡田建設工業 道下・岡田

R0014113.jpg

廊下の配筋検査。スラブの入り隅に補強筋3-D13。


R0014114.jpg

洗面所の配筋検査


R0014115.jpg

浴室・洗面所の柱を抜くのでその補強梁取付


R0014117.jpg

キッチン部の束の下端を切る前の補強梁取付
(撮影/岡田建設工業)

レーズンサンド

IMG_3243.jpg

大高事務所のチーフだった二瓶氏から「かをり」のクッキーが届いた。


IMG_3244.jpg

独身の時、広島へのお土産に必ずこれを買って行った。懐かしい。

アスパラガス

IMG_3246.jpg

小さいポットに播種したのだが・・・


IMG_3247.jpg

裏から根がのぞいてきたので、大ポットに移し替える


IMG_3248.jpg

今日、明日と曇りか小雨なので移植にはちょうどよかった

ピーマン

IMG_3257.jpg

02/28に播種したピーマンの芽がやっと出た。遅っ。種の帽子をかぶっている。

サトイモ

IMG_3259.jpg

葉が開いた

ニラ

IMG_3260.jpg

今日のニラ

ソラマメ

IMG_3262.jpg

鉢植えのソラマメ。鞘ができている。名前の通り空(上)を向いている。

定期点検のお知らせ

19:50
北陸マツダ東大通り店の山上氏から2.5年点検の連絡があった。04/15にオイル交換をしたばかりなのでもうしばらく走ってから行くと伝える。

2010年05月13日 Thu

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り後雨 12℃ 寒い

コンクリート工事
  足落とし基礎立ち上がり・洗面土間・廊下土間
  X6-Y4〜5基礎立ち上がりコンクリート打設
  岡田建設工業 道下・岡田
解体工事 AW6サッシュ取り付け箇所解体・Y7コンクリートはつり
  岡田建設工業 道下・岡田
木工事  AW6サッシュ取り付け下地取り付け 岡田建設工業 道下

R0014158.jpg

浴室側の基礎が予定より出っ張っていたので斫る。浴室
からはガラスを通して左官仕上げが見えるようになる。


R0014119.jpg

ピックでレイタンスとり。本来ならコンクリート打設直後に洗車ブラシで撫でておけば簡単に取れるのだが・・・。固まってしまうと取るのは一苦労。鉄筋の外側の白い部分がレイタンス(見た目はつるっと光ったような感じで、セメントや砂などに入っている微粒子が水に浮いてたまったモノ。強度が無く、この上にコンクリートを打設すると一体化されないのでよくない)


R0014124.jpg

洗面所と浴室の間の型枠の水湿し。建物内部なのでザバザバ掛けられない。


R0014126.jpg

居間の足落とし部分の水湿し(みずしめし)


R0014127.jpg

基礎延長部(もともと抜けていた)の型枠に水湿し(配管がいっぱい上に伸びている部分は土台を貫通して壁の上方に分電盤が取り付けられる。ベージュの配管は全部電気の配管)


R0014130.jpg

ネコ(一輪車)でコンクリート打ち。コンクリートは遠い部分から先に打つ。


R0014132.jpg

既存土台の鋼製受け材に鉄筋を流して溶接してある(昨日の現場指示の手直し)


R0014134.jpg

この部分は廊下から和室へ階段がつくところ。まずはコンクリートを盛り上げておいて、ある程度固くなってからきちんと均す(ならす/コテで押さえるという意味)。階段の段は次の床暖房用のシンダーコンクリートでつくる。今回は斜めに押さえる。


R0014161.jpg

廊下階段下のスラブコンクリートを均し終わった状態


R0014135.jpg

洗面所のスラブコンクリート打設終了 (下に防湿のためのポリエチレンシートが敷いてあるので、水分は上方だけにしか逃げられないため水はけが遅くなり、コンクリート打設直後は表面の水分が多い状態になる)


R0014162.jpg

居間の足落としの周囲立ち上がり部分の打設完了


R0014137.jpg

電気配管が多い立ち上がり部分はハンドバイブで丁寧に打設する
(撮影/岡田建設工業)

二瓶氏から電話

2011/01末の土曜日に東北工業大学教授の退官講演を福島県でするから来ないか・・・と。ついでに福島県立美術館でワイエスの「そよ風」を見てくるか。いい季節だったら建築めぐりもできるんだけどなぁ。

2010年05月14日 Fri

「川北町の住宅」

確認申請書類の修正南加賀土木事務所で正・副修正→川北町役場で副修正
08:00-10:30 くもり

落花生

IMG_3263.jpg

発芽したけど・・・土が盛り上がって明日には発芽するか・・・となってから4日くらい寒くて雨が続いた。そのため芽が土の中で何日か過ごすことになったのが理由なのか、あまり色が良くないし元気がない。

ヘチマ

IMG_3264.jpg

04/30播種のヘチマが発芽。ポットの右に小さく葉が出てる。

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り後晴れ 13℃ 久しぶりに太陽がまぶしい。

解体工事 AW3・4サッシュ取り付け箇所解体 岡田建設工業 道下・岡田
鉄骨工事 浴室周りアングル取り付け(溶接用アンカー打ち込みまで)
       岡田建設工業 岡田
木工事  浴室周りサッシュ取り付け下地取り付け
       高見建設 高見 岡田建設工業 道下

R0014166.jpg

外壁の解体中(内部側)


R0014168.jpg

外壁の解体中(外部側)。束の切断中。


R0014170.jpg

浴室と洗面所の間の柱取付完了


R0014172.jpg

浴室の防水押え用アングルを取付けるために、溶接アンカー
を打つ。 (黒くちょんちょんと等間隔で並んでいるヤツのこと)
(撮影/岡田建設工業)

散髪

10:30-12:00 くもり
川北町役場の帰りに寄った

「川北町の住宅」

14:00 
  川北町役場から電話
  05/07提出の確認がおりたので印鑑を持って取りに来て下さいとのこと。

14:15-16:00 晴れ
  川北町役場で確認済証を受け取り
  県土木事務所の課長さん自ら届けてくれたって町の担当のお姉さんが言っていた。
  明日は土曜日だし早くても月曜日になると思っていたのに・・・
  最近役所の仕事はスピーディになっているのか。
  工事契約の前に確認がおりていると気持ちがいい。

2010年05月15日 Sat

「川北町の住宅」

16:30-18:30 晴れ 
橋本工建で

IMG_3279.jpg

契約書に印鑑を押印中

草抜き

06:00-16:30 晴れだけど少し肌寒い

・筍掘り。
・ずっと草取り。
・ニンニクは多分もうだめ。病気か。がっかりだ。
・アスパラガス収穫。
・山椒の葉収穫。
・畠田さんからカタハをいただく。

IMG_3268.jpg

筍の皮を剥いて茹でようとしているところ。今年は気温が低かったせいかすごく不作。


IMG_3269.jpg

ニンニクの葉が柔らかく腐ってきている。中央の一本だけが元気。


IMG_3270.jpg

04/26に播種したニンジンの芽


IMG_3271.jpg

今日も元気なアスパラガス


IMG_3272.jpg

作業後の畑


IMG_3273.jpg

今日はかなり草を抜いた


IMG_3281.jpg

左が、金沢の鉢植えの豆。右が畑で収穫した豆。


IMG_3284.jpg

収穫したアスパラガス


IMG_3285.jpg

収穫した山椒の葉。長村へ。


IMG_3282.jpg

畠田氏にいただいたカタハ。長村へ。

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 17℃

金属製建具工事 AW3・5・6サッシュ仮取付 岡田建設工業 道下・岡田
鉄骨工事 浴室周りアングル取付 岡田建設工業 岡田
木工事 浴室周りサッシュ用下地取付 岡田建設工業 道下
給排水衛生設備工事 給水配管(さや管内にチューブを通す)羽咋設備 加毛・谷内

R0014177.jpg

防水巻き込み用アングル取付完了(庭側を向いて撮影)


R0014176.jpg

防水巻き込み用アングル取付完了(浴室入り口側から撮影)。溶接棒がコンクリートの上に転がっているのはまずいね。コンクリートは水分を含んでいるからなぁ。溶接棒は乾燥していなくてはならない。


R0014180.jpg

給水・給湯の保護管内に架橋ポリエチレン管を通す


R0014182.jpg

サッシュの仮付け後、防犯のためシート養生
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月16日 Sun

車庫の前で育苗

IMG_3287.jpg

2004/05/22にウッディミタニの谷本氏にいただいた樹脂製のパレット。カセットテープのMaxell用の入れ物のようなのだが、谷本氏がどこかで手に入れたそうで十数個いただいた。また、これが優れモノで小さいポットなら18個・大きいポットなら10個がぴったりはいるのだ。ポットを数個ずつ手で運ばなくても良いのは嬉しい。その上苗の整理整頓しやすくて、きちっと並べられるのは気持ちがいいものだ。

ハモグリバエがエンドウ豆にいっぱいついている上に、青シソの葉に芋虫の小さいのがついてるのを昨日見つけたので苗の保護のために布掛けをすることにした。布は畑でこの間まで使っていた2009/05/23に畠田氏が下さったもの。パレットの赤い丸印の隙間に竹小舞(これは2004/05/02に岡田氏がわざわざ珠洲まで持ってきてくださったモノ・本来の使い方をする機会が無くなったので布トンネルの骨として使ってとても便利)を挿すとちょうどうまく固定できるのだ。貰い物による苗用の簡単ノックダウン式布トンネルはそれ用にあつらえたようだ。

失敗

2009/12/08に播種した柚子(ユズ)の芽はでなかった。ポットをほじっても根も出ていなかったので整理した。

2010年05月17日 Mon

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 22℃

金属製建具工事 AW3・5・6サッシュ取付 名前を聞くのを忘れました
    肝心のAW-4は加工ミスがあったようで5月20日に取り付けとなりました。
木工事  浴室周りサッシュ用木下地取付(AW4用) 岡田建設工業 岡田・道下

R0014192.jpg

浴室外部のサッシュ取付中・・・だが、ありえん。これはありえん。サッシュの下枠の養生もせずに溶接しているから溶接火花が飛んでいる。確実に仕上げ面に傷が付いているはず。最低でも部品取替だな。だいたいヘルメットもかぶっていないし、なんか服装からして信用できない感じがするんだな。素人か? 住宅だから手元(職人について雑用をする人)が来たのか?


20100518.jpg

上の写真のような溶接をされたくないから、施工図でわざわざ「この部分溶接時はサッシ下枠及び鋼材アングルをガムテープ等で養生する事」と注意書きで指示をしているのに・・・図面も見ないのか? 写真を見ているとかなり不安になってきたので、明日現場に行って実物を見てくることにした。

バジルを整理

昨年中田君に貰った種を栽培して2009/12/15に採取したものを2010/02/28に播種した6ポットは芽がでなかった。自家採種のせいなのか理由がわからないのは気持ちが悪いなぁ。04/29に播種したバジルに期待するか。

落花生

04/27に3パレット(18×3=54ポット)に播種して05/14に発芽した。今日までに7ポットで芽が出ている。土が盛り上がって確実に芽が出るとわかっているのは1パレット分。あとの2パレットのうち一つの土を掘ってみたら一応根は出ていたのだが・・・。去年と比べて播種から発芽まで時間がかかりすぎているしちょっと不安。新しい種を買ってきて播種した方がいいのか昨日から悩んでいる。とにかく今週一杯は様子を見てみるか・・・と思いつつも、水やりの度に「今日はほがらか村で種を買おうか・・・」って誘惑と戦っている。4畝も用意しているのになぁ。

2010年05月18日 Tue

「羽咋の住宅改修」

2010/05/18/08:40-11:45 晴れ
現場で岡田氏・道下氏と打合せ

・昨日の日報の写真からサッシュ取付に疑問があって
  確かめるために現場を見てきた。
  1. 浴室外部サッシュAW-3の下枠に溶接火花が飛んだ痕がある。この部分はサッシュ下枠なのか養生用の何かなのか?仕上材であれば取替を希望する。養生材であれば問題なし。・・・とはいえ、溶接するのに養生もしないというやりかたはサンエムにとっては普通のやり方なのか?住宅の改修工事ということで、手順を省略しているのか?
  2. AW-3・AW-5・AW-6の下枠の溶接のスタートが端部より300以上離れている。端部より100程度での溶接が必要なはず。このピッチなどはサッシュ施工図の特記仕様書で指定されているのだ。
  3. 上記サッシュの溶接後のスパッタ取りと錆止塗装がされていない。
  4. X6の浴室サッシュ両側の柱にはL-30×30のアルミアングルを先に取り付けてからサッシュを取り付けるはずだが? 「隙間をあけてあるから後でアングルを取り付けられる」・・・と昨日取付に来た人が言ったらしい。図面を見る限りアングルが先に取り付けるのが常識的順序なのではないか? だってアングルの裏に両面テープが貼ってあれば1.5mmの隙間に差し込みながらずらすってやりづらいはず。
IMG_3290.jpg

浴室外部サッシュに溶接火花が飛んだ痕・・・写真からの予想通り。


IMG_3289.jpg

洗面所サッシュ。柱際から100mm程度で最初の溶接をしなければ
ならないのに、300mmくらい離れたところが第一溶接部・・・だめ〜。


IMG_3293.jpg

溶接部の写真。溶接スパッタ(滓)をワイヤブラシで落としてから
錆止塗装をしなくてはならないのに、溶接やりっぱなし。だめ〜。


IMG_3292.jpg

柱の左側の角はアルミのアングルを取り付けてからサッシュを取り付けなくてはならないのに、アングル取付を忘れている。順序が逆になるので、サッシュを一度外してから取り付け直しだ。わかってねぇなぁ。わかってない人に伝えるために施工図が存在しているのにそれもちゃんと見ないってプロじゃないな。

天候 晴れ 23℃

型枠工事 足落とし・X6―Y4〜5脱型 岡田建設工業 岡田・道下
左官工事 足落とし・X6―Y4〜5天端均しモルタル 岡田建設工業 岡田・道下

R0014204.jpg

天端均し用型枠取付


R0014206.jpg

コンクリート天端に接着増強材「ハイフレックス」を塗る


R0014207.jpg

天端モルタル完了


R0014208.jpg

分電盤の下の配管が基礎を貫通する部分も天端均しのためハイフレックス塗布中


R0014209.jpg

天端均しモルタル施工中
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月19日 Wed

「羽咋の住宅改修」

定例会議
昨日(05/18)に現場に行ったので・・・今日は中止

落花生


芽のでないポットを掘ってみた。根が出ているけど芽が出なくて半分腐って虫が付いているのが多かった。植えてから暑い日と寒い日が波のようにやってきていたからじゃないかと思う。一気に芽が出ないとだめなんだよなぁ。一週間くらい種まきをずらせばよかったな。・・・というわけで「ほがらか村」で種を買ってきた。2パレット分の36個を播種した。もっと早く掘ってみればよかった。失敗。岡田さんのお母さんと田村にあげた種はちゃんと発芽しているのかなぁ・・・。

IMG_3295.jpg

420円


IMG_3297.jpg

根が出たけど芽が出なかったり、芽が黄色いままで終わっているやつとか・・・がっかり。

「羽咋の住宅改修」

天候 雨 22℃

木工事 AW-4取り付け木下地取り付け 岡田建設工業 岡田

R0014212.jpg

明日(05/20)の作業予定はAW-4(浴室内部サッシュ)の取付になっていた。この写真を見て悩んだ。このまま浴室内部のサッシュをこの縦の木下地(中央の細い柱状の下地材)に取り付けられては困る。細い下地は撓む(たわむ)ため。がっしりした下地に取り付けないとまずいのだ。先にサッシュを取り付けて、あとから下地を補強するという逆順は誤差の元になる。襖4枚のうち右側二枚分は壁になる予定。まず、その壁を作り、壁にこの柱状の下地を取り付けないとまずいのだ。うーん明日の朝、現場に連絡するか・・・

嫌だなぁ

IMG_3300.jpg

落花生の種を植えて虫が付かないように布をかぶせて置いたのだが・・・早速だ

ぜんまい

17:50 雨

IMG_3302.jpg

これ、何かわかるか?なんか芸術的な感じがする。谷本夫妻が天気の悪い中持ってきてくださった「ぜんまい」。灰がまぶしてある。作るのにも手が掛かっているし、戻すにも手が掛かる食品なんだな。昔、いっぱい取ってきて家の横にゴザを広げて干したことを想い出した。そのときちゃんと干しながら揉んでいたのかなぁ・・・あれ、食べたのかなぁ・・・。

さかえや

清水さんがテレビで「さかえや」のCMをしていたよ・・・ってメールをくれた。そのCMを見たいがためにテレビを点けていたが、そういうときに限って目的のモノは出てこない。試しに「YouTube」で検索してみたら・・・なんだあるじゃん。


清水さんによると・・・この二つとも彼女が見たのとは違うらしい。もっと素敵だったとのこと。短いバージョンに近いが、あんなに短くはなかったし、畳の風呂も登場した。キャンペーンの文字も映ってなかったはず。・・・って。何、他のバージョンがあるのか。ますます見たくなった。でも、CMを見るためにずっとテレビを見るわけにもいかんしなぁ。05/20

2010年05月20日 Thu

「羽咋の住宅改修」

2010/05/20/12:10-14:45 曇り
岡田氏・道下氏
サッシュ取付中

・花木(息子さん)氏に05/17のサッシュの取付方のダメだしをした。
・AW5(洗面所)とAW6(キッチン)の下枠下はモルタルではなく断熱材
  なので、サッシュ溶接後は錆止塗装が必要。
・当然AW3(浴室)の溶接部も錆止塗装が必要。
・Y7通りの構造用合板張りを確認してきた←OK
・道下氏より構造用合板をビス留めしたのだがと質問あり。
  N50で@150として欲しいと伝える。
  現在のビスは仮止めと考えてそのままおいておく。
・構造用合板にAW4のサッシュ下地(档)が取り付けられて
  いるのを確認←OK

IMG_3303.jpg

浴室内部サッシュ取付中。まず、岡田氏に連絡して壁下地を作って貰い、その下地に構造用合板を張ってからサッシュ取付用の下地を取り付けてもらうよう連絡した。ちょっと心配なので午後から現場を見に行くことにした。ついでに05/17のサッシュ取付のダメ出しもしてきた。職人さんは覚悟して待っていたようだった。

天候 雨後晴れ 22℃

金属製建具工事 AW4取り付け 大創建工 花木敬三・花木(息子)
木工事 AW4取り付け木下地,Y7構造用合板取り付け 岡田建設工業 岡田・道下

R0014222.jpg

浴室内部サッシュ取付中


R0014226.jpg

浴室入り口サッシュ取付中


R0014230.jpg

浴室入り口サッシュ上部の溶接ヶ所へ錆止塗装


R0014234.jpg

浴室入り口サッシュの竪枠を間柱に溶接した様子


R0014235.jpg

浴室サッシュ取付完了
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月21日 Fri

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 22℃

給排水衛生設備工事 浴室水洗ジョイント取り付け 羽咋設備 加毛
左官工事 浴室廻りアングル下端モルタル詰め 岡田建設工業 道下
型枠工事 地下スラブ脱型 岡田建設工業 岡田

R0014243.jpg

防水巻き込み用アングルと基礎の隙間をモルタル詰め
(撮影/岡田建設工業)

タイヤ交換

08:00-10:40 晴れ
交換するの遅くなったなぁ。
ガソリンスタンドで「夏タイヤ持っていないんですか」と聞かれた。
大きなお世話だ・・・とはいえ恥ずかしかった。

IMG_3306.jpg

交換して・・・タイヤ洗って・・・空気入れにマツダまで
行って・・・ぐるっとまわって・・・増し締めして終わり。


IMG_3304.jpg

両端から二番目の「C字型」のパターンがまだぎりぎり残っているので、前タイヤにした


IMG_3305.jpg

左から二番目の「C字型」パターンがずるずるつながっ
てしまっている。後輪にした。今シーズンで替えるか・・・。

工事のお知らせ

11時くらい 晴れ

05/31-09/10の工期で堀川町地内の「ガス管及び配水管改良工事(その1)」ってのが始まるらしい。「その1」ってことは「その2」もあるのか・・・。だいたい3月に下水道工事をやったばかりなのに・・・同じ企業局なんだから一緒にできないのかなぁ。・・・で、その工事のお知らせを回覧していただきたい(町会長をやっているから)と工事会社の方がいらっしゃった。工事をする北川建設株式会社の田上氏は峰行の高専の同級生だとのこと。おっと、丁寧に応対してよかった。宗教と新聞の勧誘には冷たいのだが、工事関係者はお互い様なので丁寧に接することにしているのだ。それにしても世の中は狭いなぁ。・・・となると宗教と新聞の勧誘にも知り合いがいる可能性があるわけか・・・。今度から丁寧に断ることにするか。

おお、お久しぶり

16:30 晴れ

近くの建物の解体工事のお知らせを持って・・・来たのは・・・真柄建設を定年退職した林氏だった。今日は工事のお知らせが多いな。いい天気だと皆さんの機嫌がいいからなのかね? 林氏は「さかえや」の改修工事の現場をみて下さった。退職後、出身の富来の寺井建設株式会社に就職されたとのこと。「なんだ大企業の定年だから退職金でウハウハと優雅に余生をおくっているって思っていた。」って言ったら「無理。無理」だって。うちのすぐ近所に金沢営業所を開いたそうで・・・。その営業所から解体工事の現場まで歩いて行くのにうちの前を通ることになるのだ。家の前で野菜をいじって暇つぶしをしている隠居じじいとしては話し相手が通ってくれるのがとても嬉しい。

中村さんと

19:10-20:50クリスタルパークって喫茶店でお茶

2010年05月22日 Sat

豆の収穫

06:00-18:30 曇り

  • ネットで調べるとニンニクが『春腐れ病』らしいので元気な一本以外は抜いた。がっかりだ。
  • ニンニクの植わっていた畝を荒起こしした。
  • 里芋と生姜を植える予定の梅の木のまわりを荒起こしした。
  • 坊ちゃんカボチャを2つ定植した。
  • 昨年雑草置場だったところが今は春ブロッコリーの畝になっている。そこからカボチャの芽が出ていた。確かにカボチャの虫食いのヤツとか捨てたモノなぁ。
  • 畠田さんの奥さんからキュウリの苗を3つ貰ったので定植して布トンネルを掛けた。この場所は来週坊ちゃんカボチャを植えようかと思っていた。キュウリに占領されたので納屋の横の畑からちょっと上がった柿の横あたりをカボチャ用として耕した。
  • ジャガイモに土寄せして鶏糞をまわりに撒いた。イイ感じに成長していた。
  • ナメコの原木に水を掛けた。
  • ビワの葉に青虫と蛾の幼虫がついてボロボロに食い荒らしていた。瞬殺。
  • キャベツがようやく形になってきた。おばちゃん達のってもう次の世代に入っているのに。
  • 絹サヤとスナックエンドウ・アスパラガスを収穫。
  • ニンジンの間引き。「お、太そう・・・」と思って抜くと、おいおい5cmかよってのがあったりして・・・。
  • 大鍋を持っていったけど筍は終わりだった。今年はすごく本数が少なかった。
  • 畠田氏へ農地の名義を借りているので税金分として1000円とお礼のお酒を。
  • 畠田氏からわかめをどっさり。肥料を発酵させるヤツ・・・コーラン(土壌酵素活性剤)・・・を分けて貰った。
  • 茗荷の芽が出ていた。
  • ひとみさんからフキ・ハチメ・ワラビ・コーヒー・コロッケ(揚げる前のヤツ)などいっぱいいただいた。なんか嫁に出した娘に持たせるお土産のような・・・。

IMG_3307.jpg

コシアブラの若い芽


IMG_3309.jpg

前前回のコシアブラはこうなった


IMG_3311.jpg

ジャガイモが結構のびていた


IMG_3314.jpg

右のトンネルがキュウリの苗。中央の空豆の草丈が大きくなっていた。


IMG_3313.jpg

左から4期の間引きしたニンジン・トウのたったタマネギを抜いた・アスパラ。
トウのたった玉ネギは固くなるそうで、さっさと抜いて食べた方がいいらしい。


IMG_3318.jpg

左からスナックエンドウ・絹サヤ・山椒の葉(長村用)

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 27℃

木工事 X6・Y4〜Y5土台取り付け 岡田建設工業 道下

R0014286.jpg

基礎が無かった部分に基礎を新設して土台を取り付けた様子。配管が貫通
している上方に分電盤が取り付く。奧側は腰掛鎌継ぎで、手前は長ほぞ差し。
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月23日 Sun

培養土

ほがらか村でいつもの「花咲き物語り」28リットル・908円を買う。これは良いんだけど高いのでムサシで「野菜の培養土」24リットル・499円を買って1/2ずつ混ぜて使う。だいたい中身は値段相応の感じ。

IMG_3319.jpg

サトイモ

IMG_3321.jpg

葉が開いてきた


IMG_3320.jpg

よーくみると、緑のアブラムシが点々と・・・きぃーっ!

枝豆

IMG_3323.jpg

ほがらか村で189円。小ポットに1粒ずつ18ポット播種した。

2010年05月24日 Mon

「川北町の住宅」

13:50-16:15 雨
橋本満氏・智江さん・工氏

IMG_3325.jpg

おはぎと笹寿司をいただいた

中村さんと

びっくりドンキー
18:30-20:12
小雨

「羽咋の住宅改修」

天候 雨 22℃

木工事 足落とし土台取り付け(途中)岡田建設工業 道下
型枠工事 内部スラブ脱型 岡田建設工業 原田

R0014289.jpg

地下物置天井の型枠解体中


R0014320.jpg

型枠解体後の様子。左側は型枠解体後のクリープを防ぐためのサ
ポート。電球がぶら下がっている孔は、キッチンの排気管用のもの。
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月25日 Tue

ショウガ

IMG_3336.jpg

芽出しのため土に入れてあったのだが、どうな
ったかと掘ってみた。白い「歯」みたいなのが芽。


IMG_3334.jpg

芽が伸びて根が生えているのはこれくらいで、残りは芽の短いのだけ。まだまだだな。
この芽の伸びたヤツはショウガじゃなくてサトイモだった。

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り 22℃

木工事 足落とし土台取り付け 岡田建設工業 道下
型枠工事 地下階段廻りシンダー止め型枠 岡田建設工業 原田
給排水衛生設備工事 食洗機排水配管 羽咋設備 宮本・中村

R0014323.jpg

足落としの土台を加工中


R0014327.jpg

足落とし土台取付完了。うーん。コンクリートやモルタルに接する木部は防腐剤を塗布するんだよなぁ。ヒバやヒノキを使っていても基礎パッキン以外は蒸れる可能性があるし・・・既存部分が塗ってあるのに、改修工事で塗らないってわけにもいかないよね。一度取り外してから塗ってもらうか。


R0014324.jpg

地下物置への階段まわりの床暖房シンダーコンクリート用型枠取付中


R0014326.jpg

地下室天井(キッチンの下)の配管中。茶色は給湯用耐熱管(HT)。残念ながらジョイントをHTにすると直管と継手の境で段差ができるのだ。排水管内部の段差は困る。それでジョイントはVP用を使用するのだ。その辺、メーカーはもっと考えて欲しいのだが。設計者のほとんどが設備に興味がないから文句が出ない・・・ことが一番問題なんだけどね。設備設計者も意匠設計者も現場でそんなところ見ないからなぁ。困ったことだ。


R0014330.jpg

右上が食器洗浄機からの排水。中央奥が流し台からの排水。
(撮影/岡田建設工業)

パセリ

IMG_3330.jpg

2009/06/01に播種した中田クンのパセリの草丈が急に大きくなった


IMG_3328.jpg

先端に蕾ができている


IMG_3329.jpg

先端を横からみるとこんな感じ。薹(とう)がたって花が咲くと成長が止まって枯れていく二年草らしい。とりあえず花が咲かないように先端を切っておいた。じゃぁ、あたらしく種を播くか・・・。

ソラマメ

IMG_3333.jpg

家の前の鉢植えのソラマメの様子

2010年05月26日 Wed

「羽咋の住宅改修」

11:50-18:25 行き曇り→帰り雨

岡田氏・樋口氏・天田氏・本田氏
・設備・硝子打合せ
・床暖房シンダーコンクリート下の断熱材の立ち上がり部分取付中

IMG_3337.jpg

宝達山のふもとまで雲がおりてきて手が届きそうな感じ


IMG_3341.jpg

おかあさんから絹サヤとアスパラガスをいただいた

中村さん

18:32 雨
中村忍さん来所
初任給で買ったという「ちりめんじゃこ」と「サラダパスタ」を買ってきてくれた。
かわいいのう。

IMG_3340.jpg

2010年05月27日 Thu

中田クンのパセリ

IMG_3342.jpg

今あるパセリの薹がたち、寿命が来そうなので新しく中田クンにもらった種を播種した。

「羽咋の住宅改修」

15:00-16:55 小雨
岡田氏と金沢古民芸会館で居間に置く時代箪笥を選んできた。

IMG_3346.jpg

1階は食器類・2階には家具や建具が置かれている


IMG_3345.jpg

金沢の箪笥で枠がケヤキのモノは珍しいそうでこれに決めた。上下の寸法が同じのが決め手。上と下のユニットの高さが違うのが殆どで同じ高さなのは少なかった。今回は横に並べるので同じ高さの家具を探していた。


IMG_3348.jpg

岡田氏の車に積んで・・・。

天候 雨時々曇り 13℃

木工事 地下室階段周囲板張り、足落とし大引き取り付け 岡田建設工業 道下
断熱材工事 立ち上がり、土間断熱材張り 岡田建設工業 原田
金属製建具工事 AW3樹脂交換、アルミアングル取り付け 花木親子
備品工事 中古家具買い付け 岡田建設工業 岡田

R0014362.jpg

浴室外部サッシュを溶接するための養生の様子


R0014376.jpg

足落としの土台ができたので大引の復旧


R0014371.jpg

洗面所から浴室への床暖房配管のためのスリーブ入れ(往きと帰りで2本)


R0014359.jpg

地下物置への降り口まわりの小口隠しの木部と断熱材立ち上がりの様子。飛
び出ているビスがシンダーコンクリートに食い込むことで小口隠しを固定する。


R0014361.jpg

足落とし部分のシンダーコンクリート下の断熱材敷き込み完了


R0014370.jpg

廊下の階段部分の床暖房シンダーコンクリート下の断熱材敷き込み完了
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月28日 Fri

「羽咋の住宅改修」

2010/05/28/11:15 くもり

岡田氏より電話

・昨日の日報は届いていないことを伝えた。
・昨日の家具の虫が喰ったり反ったりしている部分の
  ケヤキ枠は取り替える。家具内部は桐の板に取り替えて清潔にする。
  ・・・とのこと。約7万円らしい(材料支給だから)。
  家具代と合わせて15万円ならいいと思う。
  虫食い状態などの現状をしっかり写真にとっておいて、それが
  どう補修されたかと比べられるようにして欲しい。
  水曜日まで部品は作ってもばらすなと建具屋さんに伝えてあるとのこと。
  「よかれと思ってさっさと仕上げた」
  ・・・ということがよくあるので念を押しておいてほしい。
・浴室入り口サッシュの下枠まわりについて
  アスファルト流し込み止めがアングルだとツバが排水溝に飛び出しそう
  なのでFBを使うことにした。いい寸法のモノがなかったので30mmのを
  15mmかぶせで継いで45mm高さにしたものを使用した。
  サッシュ下枠側(FBの上側)は脱衣室側・FBの下側は浴室側とのこと。
  FBの継手の裏にはアスファルトが回るので継ぎ目から水が染みても
  他に漏れる恐れはないとのこと。排水溝のモルタルはFBの下端から
  モルタル厚のちりを付けて塗るとのこと。FBを取り付けるビスはSUS製を
  使用したとのこと。←了解。

天候 雨時々曇り 12℃

木工事 足落とし根太取り付け 岡田建設工業 道下
断熱材工事 土間断熱材張り 岡田建設工業 原田 
防水工事 浴室防水(ハルエース)北川瀝青 小坂・日野
給排水衛生設備工事 スラブ貫通給水、給湯配管 加毛・宮本

R0014379.jpg

浴室防水材料の検収。二成分系の塗膜防水材の主剤と硬化剤。


R0014380.jpg

防水する部分のコンクリートにプライマーを塗る


R0014382.jpg

立ち上がり部分の補強クロスを塗り込む


R0014387.jpg

浴室入り口サッシュ下にプライマー塗布の上にアルミフラットバー取付


R0014389.jpg

立ち上がり部分にアスファルトを塗り込む


R0014398.jpg

平部を施工中


R0014391.jpg

キッチンの床暖房用コンクリート下の断熱材敷き込み中


R0014397.jpg

サッシュ際のウレタン吹付部分。この部分は断熱材を薄く仕上げたいので、ポリスチレンのスタイロフォームではなく薄くても同じ性能を持つウレタンを吹き付ける。硬化してから指定厚さに削る。


R0014401.jpg

足落としまわりの根太(ねだ)復旧中
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月29日 Sat

キャベツ収穫

06:50-16:45 曇り一時小雨寒い。とても寒かった。

  • 連日の雨で耕せない。里芋・ショウガ・枝豆のために荒起こしが終わっている部分を耕さないといけないのだが・・・。
  • ブロッコリーのトンネル内の草取りと寄せ土。
  • キャベツが二個割れてきたので収穫。トンネル内の草取りと寄せ土。布トンネルは隙間無く張っているのだが、苗二つにまるまると太った青虫がついている。葉はボロボロ。これから復活してくれるのかなぁ。ホント憎らしい。
  • 絹サヤとスナックエンドウ・アスパラガスの収穫。
  • ソラマメが倒れていたので竹を打って麻紐を張って倒れ留めしておいた。遅いが摘心した。昨年は摘心しなくてもちょうどいい高さだった。この倒れたのは買った種のやつで種類が違ったんだ。早々に摘心しておけば倒れなかったかも。ソラマメにアブラムシがいっぱいついている。虫の季節が来たか。
  • 来週落花生の第一回目の定植をするので作ってあった畝の雑草を取った。
  • タマネギの草取り。
  • 坊ちゃんカボチャを3株定植した。
  • 畠田さんから茗荷竹(茗荷の芽)をいただいた。うちのは土からすぐ芽が出ているのだが、畠田さんのは杉の葉が厚く敷いてあるので、白い部分が長いのだ。

IMG_3350.jpg

今日定植した3株の坊ちゃんカボチャの苗


IMG_3351.jpg

ソラマメが風でばっさばっさ倒れていた。くーっ。悲しい。倒れてから時間
が経っていたようで、倒れつつ先端だけ太陽に向かって伸びたようだ。茎
がL字型になっていた。竹の支柱を打って麻紐を張って倒れどめにした。


IMG_3357.jpg

倒れながらもちゃんとサヤを太らせていた。ちょっと歪(いびつ)だけどね。


IMG_3352.jpg

手前のトンネルは坊ちゃんカボチャ2株。右の下側のトンネルにもう1株を定植。


IMG_3353.jpg

山椒の花


IMG_3358.jpg

手前がスナックエンドウ。左奥の方が絹サヤ。絹サヤの苗が雪でかなり
やられたので、収穫が少ない。スナックエンドウの方がずいぶん多い。


IMG_3359.jpg

左の畝がニンジン。ニンジンの奥のトンネルはブロッコリ
ー。アスパラはずいぶん伸びた。まだ何本か収穫できた。


IMG_3361.jpg

ニンジンの草取りをしていたら・・・ヨトウムシが丸まっていた。瞬殺。


IMG_3369.jpg

スナックエンドウとソラマメに幼虫が・・・。


IMG_3363.jpg

茗荷竹(茗荷の芽)


IMG_3364.jpg

今年生え若竹の皮がむけてきた


IMG_3365.jpg

竹の皮は下から剥けてくる


IMG_3367.jpg

中央のがまだ皮付の若竹。もう上まで伸びているんだよ。


IMG_3372.jpg

キタアカリに花が咲いていた。はやっ。


IMG_3371.jpg

これは「インカのめざめ」。キタアカリとそっくり。


IMG_3374.jpg

IMG_3375.jpg

割れが入っているので収穫したキャベツ。


IMG_3376.jpg

左がニンジンで来週収穫の予定。その奥と中央
の畝がジャガイモ。右のトンネルがブロッコリー。


IMG_3377.jpg

ニラの芽も顔を出していた。


IMG_3380.jpg

アスパラガス→斉藤さんへ


IMG_3381.jpg

絹サヤ→小島さんと清水さんへ


IMG_3382.jpg

スナックエンドウ→小島さん・斉藤さん・清水さんへ。直径33cmのザル一杯。


IMG_3383.jpg

畠田さんにいただいた茗荷竹(茗荷の芽)→小島さん・清水さん・斉藤さんへ

エダマメ

IMG_3384.jpg

05/25に播種した枝豆の芽が出る寸前。この天候なのに頑張ってる。

お返し

IMG_3385.jpg

清水さんからエンドウ豆のお返しにといただいた。こっちのほうが高価じゃん。すまん。

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り時々晴れ 16℃

木工事 足落とし板仮張り(道具を置くため) 岡田建設工業 道下
左官工事浴室防水保護モルタル 中條左官 中條
金属製建具工事 AW7,8取り付け 岡田建設工業 岡田・道下

R0014417.jpg

浴室の防水保護のためのモルタル用にワイヤラスを「とんぼ」に留める


R0014418.jpg

ワイヤラス取付中


R0014420.jpg

立ち上がり部分の保護モルタルを塗り上げ中


R0014441.jpg

床の保護モルタル塗り


R0014438.jpg

居間足落としまわりの畳下の荒板復旧中


R0014446.jpg

地下物置への階段室のサッシュ取付中。もとはキッチンの勝手口だった。
(撮影/岡田建設工業)

2010年05月30日 Sun

アスパラガス

IMG_3386.jpg

アスパラガスの苗をわけた。左の4ポットが未処理で右側8個が2個のポットからわけたもの。うまくいくかわからないのでまずは2ポットやってみて、問題がなければ残りの4ポットも分ける予定。

テントウムシ

IMG_3388.jpg

鉢植えのソラマメにいた「ナミテントウ」。これは「黒地に赤の二紋」。このタイプは西日本に多いらしい。幼虫も成虫もアブラムシを食べるそう。すごく動き回っている。ソラマメに嫌ほどアブラムシが付いているので頑張って食べてくれ。

2010年05月31日 Mon

「羽咋の住宅改修」

天候 曇のち晴れ 22℃

鉄骨工事 浴室水栓柱取り付け 岡田建設工業 岡田・原田・道下
断熱工事 浴槽廻り断熱材製作 岡田建設工業 原田
金属製建具工事 AW7・AW8取り付け 岡田建設工業 道下

R0014448.jpg

浴室床の保護モルタルに墨を出して水栓柱のアンカーボルトを置く


R0014450.jpg

H鋼で作った水栓柱(水栓・シャワー・給湯リモコン・鏡
が取り付く)をチェーンで吊り指定レベルに調整する。


R0014454.jpg

二液性のエポキシ接着剤(左が硬化剤で右が主剤)


R0014456.jpg

エポキシ樹脂で床の保護モルタルにアンカーボルトを固定する


R0014470.jpg

手前が地下物置への階段室のサッシュ。奥が勝手口の引き戸のサッシュ枠
(撮影/岡田建設工業)

エダマメ

IMG_3391.jpg

今日から晴れが続く。気温が上がったので一気に発芽した。

パスワード

このブログを読んでいる人を確定するために
明日・・・2010/06/01からパスワードを変えます。
継続して読みたい方はメールをください。

長村寛行

JAあぐり

「小松のJAが大きくて品物揃えがいい」・・・と、和泉が聞きつけてきたので行ってみた。

「・・・」

JAグリーンとかわりないじゃん

IMG_3392.jpg

ヘチマのためのネットを探していたのだが、3.6mより長いのがなかなかみつからなかった。1.8×5mと1.8×10mの10cm角目のがあったので5mのを買った。貼ってくれたシールは「JAグリーン」じゃないか。小松まで来て・・・これか。

家庭菜園用 野菜栽培ネット1.8m×5m・10cm角目
つる性植物の棚や、緑のカーテンにも使える!
四方ロープ付でかんたん取り付けできる!
材質 ポリエチレン
第一ビニール株式会社
中国製
580円