2010年04月02日 Fri

「羽咋の住宅改修」

09:10-12:10 小雨
基礎コンクリート圧縮試験
勝二建設生コンクリート工場→現場
  • 躯体の豆砂利洗い出しについて・・・もう少し洗いを強くした方がいいと思う。砂利の種類は御浜(みはま)の4分とのこと。種類はこれでいいと思う。
  • テラスの型枠は型枠天端をコンクリート天端にしてほしい
  • 足洗い場の給水管について・・・スリーブの位置は鉄筋の外側になっているが、配管に沿ってクラックが入ってしまう。そのため、配筋内で立ち上げてから基礎側面に突き出すようにしてほしい。
  • 居間の足落としの基礎は、スラブ上までを一緒に打設して打設回数を減らしたい。基本なら捨てコン・ベース・立ち上がり・山砂入れ・砂利敷き・スラブの工程になるところをベースからスラブまでを一回の打設で終わらせることにした。ベース筋をダブル配筋にする。

27-15-25N
打設日2010/03/27・スランプ15.5cm・空気量5.1パーセント
試験日2010/04/02・材令6日

標準養生
1) 3.661kg 184KN 23.4N/mm2
2) 3.654kg 181KN 23.0N/mm2
3) 3.646kg 179KN 22.8N/mm2 平均23.1N/mm2

現場気中
1) 3.574kg 120KN 15.3N/mm2
2) 3.539kg 124KN 15.8N/mm2
3) 3.578kg 121KN 15.4N/mm2 平均15.5N/mm2
  現場気中の強度が低い。普通ならこの季節の場合
  標準マイナス3Nくらいになるのだが。

IMG_2858.jpg

勝二建設の生コン部に到着


IMG_2860.jpg

標準養生の養生槽。ぬくぬくと不自由なく育った坊ちゃん状態。


IMG_2862.jpg

圧縮試験終了。現場気中の強度がコレまでの経験値よ
り低かった。では、現場に行こう。(撮影/岡田建設工業)


IMG_2864.jpg

現場で原田氏が鉄筋を加工していた。鉄筋を挟んで・・・


IMG_2866.jpg

鉄筋(D13)を切ったところ。曲げることもできる。


IMG_2868.jpg

御浜(みはま)という石。和歌山県熊野川の石。大きさは4分。


R0013591.jpg

テラスの仕上の実験(2010/03/27)。コンクリートが固まり掛けたところで豆砂利を撒く。


R0013592.jpg

コテでしごく


R0013594.jpg

しばらくしてからスポンジで洗い出す


R0013596.jpg

まぁまぁか・・・。普通はモルタルに豆砂利を入れて洗い出す。それだとコンクリートスラブの上に別のモルタル層をつくることになって、肌別れして剥がれたりクラックが入ったりする。それをコンクリートの躯体の表面で一気にやってしまおうというわけ。全体の厚さも薄くできるし、うまくいけばとても利点が多い。ただ、やり直しがきかないのだ。今回はテラスのベースのコンクリートを打ったばかりだから、まだテラス本体の打設まではしばらく時間がある。もう少し打ち合わせして詰めてみよう。


IMG_2871.jpg

今日の様子。もう少し洗いを強くして石をもっと露出させることにしよう。


IMG_2873.jpg

地下室上のスラブ。この上に断熱材を敷いて床暖房の蓄熱コンクリートを打つ。


IMG_2872.jpg

廊下と浴室、洗面所の様子

天候 雨後晴れ 寒い 7℃
 
鉄筋工事 テラス配筋 岡田建設工業 原田
木工事 便所床大引き入れ 高見建設 高見
給排水衛生設備工事 便所床配管吊り 羽咋設備 加毛

R0013690.jpg

手洗いとトイレの床組中


R0013681.jpg

床組の間に断熱材を入れている
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月03日 Sat

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ時々曇り一時雨 10℃

鉄筋工事 外部塀基礎筋 岡田建設工業 原田
補強工事 X6-Y6〜7壁クラック補修 岡田建設工業 岡田

03月03日の定例会議時に浴室になる予定の部屋の外部基礎にクラックが見つかった。3mm以上隙間がある重大な構造クラックのため、中の鉄筋まで水分が到達して錆びているだろう事は明らかだった。周囲を斫って鉄筋を出して補強してからコンクリートを打設し直すことにした。03月04日にクラックの周囲のコンクリートを斫ったら無筋だった。

R0012862.jpg

床下換気口隅角部からの構造クラック。写真で鮮明
にわかる太さということは重大な欠陥だということだ。


R0012866.jpg

クラックの周囲にコンクリートカッターを入れる


R0012868.jpg

コンクリートを鉄筋が出るまで斫っていきます


R0012871.jpg

あら、貫通しちゃった。無筋だ・・・! いいのか? この基礎 (ここまで03/04の写真)


R0013692.jpg

・・・で、床下点検口の範囲を斫り、鉄筋を入れることにした


R0013697.jpg

基礎を斫ってケミカルアンカーで鉄筋を入れる


R0013704.jpg

外部側に型枠を当てる。浴室の基礎は内部側にふけるので一緒にコンクリートを打設する。


R0013695.jpg

木塀の基礎が屋外機置場の基礎に切り替わる部分の配筋中
(撮影/岡田建設工業)

まだだ・・・

06:50-17:30 雨→晴れ

能登の春はまだだな。往きの柳田村あたりではミゾレが降っていた。ジャガイモを植えようと種芋を持っていったのだが、畑はまだぬかるんでいた。がっかりだよ。数日前に雪が降ったそうで・・・数センチ積もったとか。風で飛んでドロドロになっていたキャベツのトンネルの布を井戸水で洗ったけど、まだ水は冷たい。手が真っ赤になってしまった。

竹林に転がしてあった、昨年伐った杉の丸太を30cmくらいの持てる大きさに切ってコンクリートの上で乾かすことにした。去年やってしまっておけばよかった。ついでに裏でかってに生えてきた杉の若木(幹の直径が3cmくらいで高さが1.5〜2mくらい)を3本伐った。次回畑で竹を燃やすときの焚き付けに使おうかと。杉の葉っぱって燃えやすいから便利なんだよね。

そのあとニンジンの草取りと間引きを二畝やってから、素掘側溝の掘り直しを。腰に来るので1/4くらいやったところで作業終了。最後に納屋に置いてあるナメコの原木に水を掛けてから後かたづけ。


IMG_2885.jpg

ニンジンの雑草をとって間引きをした。去年のう
ちに間引いておけばもっと大きくなっただろうに。


IMG_2875.jpg

間引いたニンジン


IMG_2876.jpg

去年、竹林の中に生えていた杉を伐った。1〜1.5mくらいにざっくり切って転がし
てあったんだけど、30cmくらいにチェーンソーで切り分けた。次の冬に燃やそう。


IMG_2878.jpg

岡田氏に貰ったホダギからシイタケが出ていた。前回指先くらいだった
のが左のヤツ。一個だけだけど収穫してきた。右の小さいのは次回だな。


IMG_2880.jpg

今日のタマネギ。和泉が草取りした。


IMG_2881.jpg

今日のニンニク。茎が太くなってきた。


IMG_2882.jpg

今日のソラマメ。これは最初に定植したヤツ。


IMG_2884.jpg

素掘側溝が1年で随分埋まってしまったので、掘り
なおした。今日は6mくらい。全体の1/4くらいか・・・。


IMG_2879.jpg

キャベツのトンネルが風で飛ばされてドロドロに
なっていた。回収して洗ってもう一度張り直した。


IMG_2893.jpg

畠田さんにいただいた菜花。いろんな種類があるのでわけているところ。いつもお世話になっている小島さんに半分お裾分けした。「私、菜っ葉大好きなんだ」といいながらそのままムシャムシャ食べて「おいしいねぇ」って。牛かっ! 左の皿に載っている焼芋は今日焼いてきたヤツ。おいしいなぁ。毎回ストーブの上に石を並べて焼いている。

ジャガイモ

畑はぬかるんでいて植えられなかった。次珠洲に行くのは二週間後なのでちょっと間があくんだなぁ・・・と悩んでいた。秋にやったようにポットの大で芽出しをやることにした。キタアカリ24ポット。インカのめざめを16ポット植えた。残りはキタアカリ12個(まだシワシワになっていないから二週間あとでも大丈夫かと判断)とインカのめざめ1個(芽がまだ皆無。種芋としては小さすぎるような感じ)。二週間のうちにポット内で根は出るだろう。去年の秋ジャガではポットに植えてから8日目に発芽していたしな。ポットの大だと一つのパレットに10ポット入るから、24+16=40でちょうど4パレット分植えた。ポットで芽を出してから定植するとカラスに喰われなくて済むから安心なんだけど、培養土が沢山いるんだよね。定植するとき少しは回収してこようっと。

IMG_2887.jpg

キタアカリ。半分に切ったヤツとシワが多くて柔らかくなったヤツからポットに植えた。


IMG_2888.jpg

インカのめざめ。買ったときは芽は全然出てなかった。

2010年04月04日 Sun

絹サヤ・スナックエンドウ

IMG_2896.jpg

03/16に播種した春捲きの絹サヤとスナックエンドウが発芽した。左下・右上・右下


IMG_2899.jpg

03/21に張ってやった紐に巻き付く「巻き髭」。葉の一部が変化したモノだって。

ワサビ

IMG_2906.jpg

葉の茎は一年の間に短くなってしまったが、花の茎だけは昨年と同じ
でびよーんとのびてる。少しでも遠くに種を落とそうとしているのか・・・。


IMG_2905.jpg

白い花は可憐。外から咲いていく。


IMG_2921.jpg

これまで山野草用の小さい砂利に植えていた。小さい方の植木鉢がかなり混んでいるので他の鉢に分けたいのだが、03/31の移植で小砂利を使い切ってしまった。畑わさびってのがあるくらいだから培養土でもいけるか・・・と、小ポットに小さい株を移植してみた。これがうまくいけば鉢植えに他のを移植できる。

04/05に「ほがらか村」でワサビの苗をみつけた。小ポットに入って茎が2〜3本の苗が300円だった。高っ。

ブロッコリー

IMG_2910.jpg

鉢植えのブロッコリーの二回目の脇芽はざっくざく


IMG_2912.jpg

左は02/21播種・02/28発芽。右は03/13播種・03/23発芽のブロッコリー「みかも」


IMG_2916.jpg

02/21に播いた方は小さい本葉が出てきている

あなごのちらし

昨日珠洲でアナゴが安かったので買ったそう。大きい(30cmのトレイに二つ折りで一杯に入っていたそう)のが一匹550円だって。焼いて・・・タレを付けてまた焼いて・・・で、とてもおいしそうだったので写真に撮った。アナゴのちらしをごはん4カップ分つくってくれた。ちょっと遅い昼食になったが、おいしくってどれだけでも食べられる。腹一杯だ。また、この価格で売っていればいいのに。

IMG_2919.jpg

まず白焼きして・・・


IMG_2920.jpg

タレを付けて・・・また焼く

2010年04月05日 Mon

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ時々曇り 18℃

 鉄筋工事 外部塀基礎筋 岡田建設工業 原田
       浴室周り壁ふかし配筋 岡田建設工業 岡田
 型枠工事 X外部塀基礎型枠 岡田建設工業 原田

うどん

IMG_2928.jpg

一昨年だったか・・・橋本工建からいただいた「鶴一屋」の「乾麺うどん」は18分も茹でるのでめんどうなんだけど、とてもおいしかった。ふと想い出して和泉に「買ってよ!」と言ったら、「あれ、高いわよ!!」・・・と。ネットで調べてみたら473円もした。やっぱり分相応に1個70〜80円の「冷凍うどん」でがまんするよ。

ショウガ

IMG_2930.jpg

ほがらか村で種ショウガ。長崎県産500gで570円(昨年は04/09に560円で買った)。

ブロッコリー

IMG_2932.jpg

鉢植えのブロッコリーの脇芽の二度目を収穫した

2010年04月06日 Tue

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ後曇り 18℃

 鉄筋工事 浴室周り壁ふかし筋溶接 岡田建設工業 岡田
 型枠工事 外部塀基礎型枠・セパ溶接 岡田建設工業 岡田
 給排水衛生設備工事 外部下流し給水配管・浴室周りスリーブ入れ 羽咋設備 加毛

R0013747.jpg

04/03に説明した構造クラックの入っていた床下換気口周りのその後。内部側
に「ふかし筋」を入れ、既存基礎に溶接アンカーで留めて基礎全体の補強を図る。


R0013749.jpg

横方向も既存基礎を補強するように「ふかし筋」を入れる。ピンクと水色の配
管は、浴室水栓のための給湯と給水の保護管。水が通る管はこの中を通る。
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月07日 Wed

「羽咋の住宅改修」

12:00-16:25 曇り→小雨
肌寒い・・・僕が現場に行く日は必ず寒い。なんなんこれって。
岡田氏・樋口氏
今日は他の現場に職人さんをとられたので、開店休業状態だった。
打合せも早く終わったので、三人でまったりと雑談をしてきた。

・塀と屋外機置場の鉄筋は腹留め筋で@300でつなぐ。
・塀と屋外機置場の隅角部は鉄筋の水平方向の定着をとること。
・水平方向の定着は浴室のふかし筋も同じ。
・浴室のリモコンへのスリーブの位置をずらすこと。
 現在のままでは防水の立ち上がりの施工がしずらいので
 コンクリートブロックを積む脇あたりに移してほしい。
・浴室水栓柱への給水と給湯のさや管の根元に結束線がでている
 防水を施工し辛いので切っておくこと。
・浴室の中央の排水金物のための立ち上がりは防水前にエルボまで
 取り付けておくこと。
・屋外機置場の基礎の小口に水栓が取り付く位置は、排水管と
 芯を合わせること。

IMG_2936.jpg

浴槽搬入済。排水金物はオプションの水平出しになっている。


IMG_2937.jpg

手洗い・トイレの床組中


IMG_2939.jpg

おみやげにたくさん野菜をいただいた。いつもありがとうございます。
ワケギ・キャベツ・菜花・ブロッコリー・大根とワケギ用に酢味噌まで。

天候 曇り時々雨 8℃

 鉄筋工事 外部室外機置き場基礎・浴室周り鉄筋補強 岡田建設工業 岡田
 型枠工事 外部塀基礎型枠 岡田建設工業 岡田

R0013774.jpg

隅角部の水平方向の鉄筋の定着筋を入れ、手直し完了


R0013777.jpg

塀基礎と屋外機基礎の鉄筋をつなぐ腹留め筋を300ピッチで入れた
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月08日 Thu

「羽咋の住宅改修」

天候 晴天なれども寒い 8℃
型枠工事 外部塀基礎型枠 岡田建設工業 岡田

R0013782.jpg

型枠補強中
(撮影/岡田建設工業)

ブロッコリー

IMG_2940.jpg

2010/02/21に播種して02/28に発芽した苗の様子


IMG_2943.jpg

本葉が1.5枚ってところ。これを別々のポットにわける。


IMG_2945.jpg

思ったより根がまわっていた


IMG_2952.jpg

26個発芽していた苗のうち18ポット分を残した

ショウガ

IMG_2946.jpg

植える大きさに折って切り口を乾かしている

絹サヤ・スナックエンドウ

IMG_2953.jpg

04/04に発芽したエンドウ豆の芽はぐんと大きくなっている

お茶

古川氏と全日空でお茶 18:30-19:15
日中は暖かかったのに、日が暮れるとまだまだ寒い。

IMG_2954.jpg

いつもご馳走になってばかりなので紅茶を持っていったが・・・


IMG_2959.jpg

お土産にホテル・ザ・マンハッタンのガトーバーをいただいてしまった

シイタケ

IMG_2960.jpg

和泉のヨガ教室の生徒さん(なとみちゃん)からいただいた
分厚いシイタケ。焼いて醤油をちょっと垂らしたらおいしいよ
ねぇ〜。我が家はいただきモノで食べていっているような・・・。

2010年04月09日 Fri

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 16℃

型枠工事
  室外機置き場上返し型枠+スリット型枠・テラス型枠加工 岡田建設工業 岡田

R0013793.jpg

木塀と屋外機置場の型枠返し完了
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月10日 Sat

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ時々曇り 18℃

型枠工事 テラス立ち上がり型枠加工 岡田建設工業 岡田
いろんな用事があって2時間程しか作業できず。

R0013814.jpg

テラスの立ち上がり部分の型枠加工
(撮影/岡田建設工業)

来所

中村忍さん来所11:00-13:00
就職が決まったって。
おめでとう。

ワサビ

IMG_2971.jpg

花の中にアブラムシがびっしり頭を突っ込んでいる。
一匹ずつ潰すのは難しいので花ごとつぶしてやった。


IMG_2974.jpg

花が終わった部分は種のさやができる


IMG_2978.jpg

葉の裏にもアブラムシが・・・。ワサビって虫がつきやすいんだ。

エンドウ豆

IMG_2969.jpg

03/16に鉢植え用に播種・04/04に発芽したエンドウ豆の成長が著しいので定植した。


IMG_2984.jpg

左の苗二つのが絹サヤ。右の苗三つのがスナックエンドウ。


IMG_2981.jpg

前に鉢に定植したやつにはもう花芽がついた

ソラマメ

IMG_2983.jpg

鉢植えのソラマメに花芽がついた。まだ茎の高さが低いんだけどな。

無花果

IMG_2985.jpg

02/24に剪定した枝を02/25に赤玉土に挿し木しておいた


IMG_2987.jpg

13本のうち7本で芽がほころんできた

2010年04月11日 Sun

パセリ

IMG_2990.jpg

02/25に移植してから随分大きくなったので収穫した。なんかピンぼけだ。

2010年04月12日 Mon

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ時々曇り 12℃

型枠工事 テラス立ち上がり型枠加工 岡田建設工業 岡田
木工事 便所床・壁断熱材入れ 高見建設 高見

R0013817.jpg

トイレ外壁の断熱材入れ


R0013818.jpg

浴室横の廊下の基礎の抜けていた部分の配筋の自主検査


R0013820.jpg

浴室のふかし筋の配筋自主検査


R0013828.jpg

浴槽横の基礎の途切れていた部分の新設基礎配筋自主検査


R0013826.jpg

浴槽の中庭側のふかし筋の配筋自主検査


R0013822.jpg

浴槽の脱衣室側の配筋自主検査


R0013823.jpg

浴室入り口側の配筋自主検査
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月13日 Tue

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り後雨 12℃

型枠工事
  テラス立ち上がり型枠 岡田建設工業 岡田
  浴室廻り立ち上がり型枠 岡田建設工業 原田

R0013843.jpg

テラス立ち上がりの型枠組立


R0013841.jpg

浴室周りの型枠組立中
(撮影/岡田建設工業)

ニラ


IMG_2992.jpg

2010/03/22に播種したニラの発芽。葱の芽と似ている。

青シソ

IMG_2996.jpg

03/22に播種した青シソが発芽した

2010年04月14日 Wed

来所

第一生命 11:00-11:30集金
ひとつ解約

ブロッコリー

IMG_3002.jpg

こちらは03/13に播種した二期のブロッコリー


IMG_3003.jpg

これは02/21に播種して04/08にポットに分けたやつ。移植した次の日から双葉が枯れてきて全体がやばい感じ。こんな急激な変化は水か土に問題があったとしか考えられない。水はいつも水道水だしかわりはないはず。この土は通販で安かったんだよなぁ・・・。このままだと多分、二期のヤツに追い抜かれると思う。

無花果

IMG_2999.jpg

葉が開き始めた。新緑が綺麗だ。

ジャガイモ

IMG_3004.jpg

土が割れてきた。もうすぐ「インカのめざめ」芽が出る。

「羽咋の住宅改修」

2010/04/14/11:50-18:00
曇り→小雨→曇り
岡田氏・樋口氏
・地下室鉄骨柱のベースプレート下のモルタル流し込み
 モルタルが漏れない処置をしてないから、だらだら・・・と。
 無収縮モルタルは日之出水道機器製の「ハイジャスター」
 製造元に聞いた
 No.81028A←頭の8は西暦の最終桁、つまり2008年製
 Aは08:00-16:00の間に製造したことを示すらしい
 2008/10/28/08:00-16:00製造という意味
 製造日より4ヶ月以内が使用期間と袋に明記されているので
 この製品は使えない。・・・が、建て主が「これでいい」とのことな
 ので使用した。指定の水量を計って練り混ぜして流し込んだ。
 秤などを事前に用意しておくべき。
・テラスの排水管を加毛氏が取付
 鉄筋に当たらないように65mmずつ内側に取り付けることにした。
 施工図を修正すること。
・屋外機置場の配筋のスタラップ天端の高さが間違っている。
 100mmくらい下がっている。ふかし筋を入れて鉄筋だらけに
 しても(そんな強度も必要ないし)しようがないので、設備の
 給水管を鉄筋で囲むことだけやってもらうことにした。
 冷媒管保護管立ち上がり周りの補強は入れて貰う。ただ屋外機
 とりつけのためアンカーを打つので仕上げ面から50mm以上逃げること。
・Y6通りの塀基礎の型枠補強棧を75mmのモノを使用したため
 テラススラブとの間隔が75+12=87と広くなってしまうとのこと。
 広いと子供が足を落とす危険があるのだが、それを承知であればOK。
・来週の半ばにコンクリートを打設したいとのこと←了解。
・お母さんにワケギとキノコご飯をいただいた。
 いつもごちそうさまです !

前のノートパソコンのディスプレーがいかれたようで、新しいバイオになっていた。Windows7を少し触ってみたが、すごく使いにくかった。OSって性能はあがっても良いけど、使い勝手が変わるとそれに慣れたり理解したりする時間がかかるのは困る。主役はOSではないのにMicrosoftはそのあたりを勘違いしているような気がする。多くの企業がXPを使い続けているのは、生産しないOSに時間とお金を費やすのが馬鹿らしいから・・・と考えているということが・・・わからないんだろうな。


IMG_3008.jpg

無収縮モルタル


IMG_3010.jpg

2008/10/28/08:00-16:00製造という意味。消費期限を過ぎている。


IMG_3015.jpg

通称「ハンドミキサー」。正式名称は「モルタル攪拌機」・・・で混ぜる。仕様では90秒。


IMG_3017.jpg

可使時間が10分だから、さっさと流し込まなくてはならない。


IMG_3019.jpg

無収縮モルタルを流し込んだらベースプレートの裏側を指でなぞるか、
ハンマーで叩くなどしてベースプレート下の空気を出す。これとても大切 !

型枠工事 テラススラブ型枠 岡田建設工業 岡田
鉄骨工事 地下室鉄骨柱BPL下端無収縮モルタル充填
給排水衛生設備工事 テラス排水配管、外流し給水配管

R0013865.jpg

テラスの床面からの排水管入れ


R0013866.jpg

屋外機基礎側面の水栓のための給水管


R0013867.jpg

給水管周りと屋外機配管保護管周りの補強筋
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月15日 Thu

「羽咋の住宅改修」

解体撤去工事 X6―Y5〜6既存基礎はつり
型枠工事 テラススラブ型枠、セパ溶接 岡田建設工業 岡田
       浴室廻り型枠セパ溶接 岡田建設工業 岡田

R0013874.jpg

キッチンからテラスに出るための掃き出し窓のために基礎天端を斫る


R0013875.jpg

この部分には床からの窓が付くために外壁は解体す
るのだが、雨風をしのぐためにぎりぎりまで残しておく。


R0013871.jpg

型枠を組むためにセパ(セパレーター/型枠の間隔を維持するための
モノ・この場合は片側にしか型枠がないので溶接している)を溶接する。
(撮影/岡田建設工業)

ソラマメ

IMG_3022.jpg

鉢植えのソラマメに花が咲き出した。これは主枝(しゅし)の花だが、側枝(そくし)が4本あってそちらにもつぼみが付いている。畑ならば側枝は7〜8本残して残りは切るのだが、鉢植えだとそんなに出てこないようだ。昨年珠洲の畑では04/18に花が咲いていた。今年はどうなんだろうか。

スナックエンドウ

IMG_3023.jpg

花が咲いた。この株は苗の時に成長が悪くて珠洲の畑に定植できなかった。能登の気温はまだ低いのでいまでは畑のよりこっちの方が成長してしまったわけだ。でも、畑と植木鉢では土の量が違うのでそのうちにまた追い越されるのだろうけど。本来間引かれてしまう苗でも長い目で見てやればちゃんと成長するんだね。

オイル交換

15:00-15:30 曇り

IMG_3021.jpg

40,127km(4,000円)。前回は12/12で33,779kmだったから6,348kmでの交換。

2010年04月16日 Fri

「羽咋の住宅改修」

型枠工事 テラススラブ型枠 岡田建設工業 岡田・山田
       浴室廻り型枠 岡田建設工業 原田

R0013886.jpg

テラスのスラブ型枠組立中


R0013887.jpg

浴室周り立ち上がりの型枠組立中(左が廊下・右上が浴室・右下が洗面脱衣室)
(撮影/岡田建設工業)

ブロッコリー

IMG_3030.jpg

鉢植えで栽培していたブロッコリーの最後の側花蕾を収穫して
から整理した。葉をとって鉢から抜いたら根が鉢の形をしていた。

2010年04月17日 Sat

無花果

IMG_3031.jpg

朝、珠洲に行こうと外に出ると小さい葉が開いていた。

ブロッコリー

IMG_3032.jpg

双葉の色は悪いが、なんとか持ち直した。次からは植え替えないで間引こう。

サトイモ

IMG_3033.jpg

ジャガイモより先に芽が出た

ビワ

IMG_3034.jpg

大きくなった。珠洲に持っていけるのか・・・不安。

乾かない

雨→曇り
06:35-18:00

・天候の巡り合わせが悪くて畑が乾いていないので、素掘側溝を掘った。
・アスパラが出ていた。もう結構古株なので親指くらいの太いのが出てる。
・ソラマメの花が咲いていた。
・エンドウ豆はまだまだ。
・ニンジンはしっかりしてきた。
・ナメコの原木のうち一本に白い雑苔が生えていたので薪にするため隔離。

IMG_3036.jpg

親指くらいの太いのがニョキニョキ。次回収穫だな。


IMG_3040.jpg

ソラマメの花


IMG_3041.jpg

タマネギ。向かいのおばちゃんのタマネギの葉はすごく茂っていた。悔しい。


IMG_3042.jpg

IMG_3043.jpg

土がたまり雑草が生えて埋まっていた素掘側溝・・・開通

2010年04月19日 Mon

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ時々曇り 16℃ようやく春めいてきました

型枠工事 テラススラブ型枠 岡田建設工業 岡田
 作業員がまた他の現場に引っ張られて行きました。
 今日も一人作業の上に、役所に陳情に行ったり、見積もり
 したり、お通夜があったりでてんてこ舞いです。
 
R0013889.jpg

R0013890.jpg

テラスのスラブ型枠を組立中
(撮影/岡田建設工業)

カボチャ

IMG_3046.jpg

13:30 晴れ 03/30に6ポット播種したけど今だに芽がでないので、追加で3ポット播いた

ブロッコリー

13:00-13:20 晴れ

IMG_3044.jpg

03/13に播種して03/23に発芽した二期のブロッコリー


IMG_3045.jpg

一期のは間引かずに分けたせいで、枯れそうになった。今回はちゃんと間引いた。

2010年04月20日 Tue

ワサビ

なんか葉や花にすごく虫がつくから、何とかならんか・・・と調べたら・・・
ワサビってアブラナ科なんだ。キャベツやブロッコリーと同じ種類ジャン。
そりゃぁ虫がつくのも無理はないな。あきらめた。
毎日、葉の裏も点検することにしよう。

IMG_3053.jpg

種ができつつあるワサビ

「羽咋の住宅改修」

天候 曇り後雨 18℃

型枠工事 テラススラブ留め型枠 道下工務店 道下
浴室まわり型枠 岡田建設工業 山田
鉄筋工事 テラススラブ配筋 岡田建設工業 岡田・山田

R0013899.jpg

テラススラブの下筋の配筋中


R0013904.jpg

スラブ配筋の上筋配筋終了
(撮影/岡田建設工業)

ブロッコリー

IMG_3052.jpg

昨日間引いたばかりなのに一気に葉が大きくなった。朝見てびっくり。

ニラ

IMG_3049.jpg

半分腰が折れたように二つ折りで芽が出てから、頭をもちあげだす

ジャガイモ

昨日が暖かかったから一気に芽が出てきた。

IMG_3047.jpg

「インカの目覚め」の芽が出た。小さいながら葉の形がわかる。


IMG_3048.jpg

「きたあかり」の芽が出た。くしゃっとしてる。

中村さん

京都のおみやげってヨモギ餅を持ってきてくれた。
この間話をしていて「粒あん」が好きだと言ったのを覚えていて
これ、粒あんですから・・・って

2010年04月21日 Wed

オンライン・ストレージ

OSがクラッシュしたときのための自分用のメモ代わり

ADrive
無料で50GBのストレージ
英語だがアカウントを申し込むのは簡単。
01.https://www.adrive.com/login/signupでBasic-FreeのPlanを選択する。
02.「FREE 14-Day Trial」のチェックを外す。
  これは有料プランのトライアルだから必要ない。
03.Enailアドレスを二回記入。
04.8文字以上で一つは大文字、一つは数字が入っているパスワードを二回記入。
05.名前と名字を記入。
06.性別・年齢を選択。
07.組織は記入の必要なし。
08.国名を選択。
09.郵便番号を記入。
10.どこで知ったかを選択。
11.巡回ロボットではなく人間が操作している証拠のために、横に表示されている
  認証数字を記入。
12.ADriveからのメールを希望しない場合はチェック。
13.サービスを受けることの同意のためチェック。
14.「Continue」ボタンを押す。
15.登録時のメールアドレスに送られてくるメールに書いてあるURLにアクセスすれば
  手続き完了。
・SkyDriveよりアップロードスピードは速い。
・一回でアップロードできるファイル数に関係なく容量は2GBまで。
・一ファイルの容量の制限はない。
  ただ一回で送れるのは2GBだから一ファイルは2GBまでになる。
・Javaをインストールしてあるとファイルマネージャーを使ってアップロードしやすくなる。
・Javaをインストールしない場合はファイル一つずつのアップロードとなる。

SkyDrive
「Windows Live」の中に「SkyDrive」というのがある。無料の25GBのオンラインストレージなのでデータのバックアップに使える。ただ、スピードが遅いので、データを頻繁に入れ替えるのはちょっと面倒。一つのファイルが50MB以下という制限もある。

その欠点を補うため・・・

ウェブ・ブラウザからデータをSkyDriveにアップロードかダウンロードするわけだが、インターフェイスが使いにくいので「SkyDriveExplorer」というフリーソフトをインストールする。、エクスプローラーの中にSkyDriveが「SDExplorer」という名前で仮想ドライブ化される。あとは普通どおりにファイルをコピーしたり削除したりできるようになる。ブラウザ上でファイル操作するよりずっと楽になる。

SkyDriveの1ファイル容量制限のため、大きなファイルは50MB毎に分割する必要がある。「Fdivider」というフリーソフトを使って大きなファイルを分割する。これを選んだ理由はパスワードを掛けられること。オンライン・ストレージはサービスが終了した場合に、データがどのように扱われるかわからないので、パスワード付データのみアップロードすることは最低条件だろうから。

「羽咋の住宅改修」

12:00-16:40 晴れ

岡田氏とまったり

帰りに「宿」でトイレに寄った。
チャックが開いていてびっくりこいた。
ぼけてきたかもしれん。参った。
まぁ、街に出たときじゃなくてよかった。

IMG_3055.jpg

テラスのスラブ短手先端の配筋が間違っていたのを修正・出隅補強を入れるよう指示


IMG_3057.jpg

お母さんに出たばかりのアスパラをいただいた

天候 晴れ時々曇 18℃

型枠工事 テラススラブ留め型枠 道下工務店 道下
鉄筋工事 テラススラブ配筋 岡田建設工業 原田・道夫下
土工事 足落とし基礎根伐り・砕石・捨てコン打設 岡田建設工業 岡田・原田・道下

R0013908.jpg

居間の足落としのため床を撤去して、現状地盤を掘削


R0013910.jpg

砕石を入れて転圧中


R0013914.jpg

砕石の厚さ・・・100mmを確認


R0013916.jpg

捨てコン打設完了
(撮影/岡田建設工業)

気持ちよかった

IMG_3054.jpg

久しぶりにいい天気だったので屋根を開けて現場へ

2010年04月22日 Thu

「羽咋の住宅改修」

天候 雨 12℃

型枠工事 足落とし立ち上がり型枠 道下工務店 道下
鉄筋工事 足落とし基礎・土間配筋 岡田建設工業 岡田

R0013920.jpg

居間とダイニングの間にある基礎と足落とし躯体を繋
ぐ鉄筋を入れる。ドリルで穴を開けてその中の清掃中。


R0013924.jpg

ケミカルアンカーで鉄筋の固定完了


R0013927.jpg

足落としのベース配筋完了
(撮影/岡田建設工業)

2010年04月23日 Fri

「羽咋の住宅改修」

09:30-13:00 曇り→小雨

コンクリート圧縮試験→配筋検査

27-15-25N
打設日2010/03/27・スランプ15.5cm・空気量5.1パーセント
試験日2010/04/02・材令27日
試験 勝二建設生コンクリート部試験室 大島

標準養生
1) 3.639kg 277KN 35.3N/mm2
2) 3.626kg 258KN 32.8N/mm2
3) 3.654kg 253KN 32.2N/mm2 平均33.4N/mm2

現場気中
1) 3.532kg 195KN 24.8N/mm2
2) 3.581kg 201KN 25.6N/mm2
3) 3.552kg 206KN 26.2N/mm2 平均25.5N/mm2>21+3=24N/mm2 OK

テラススラブの配筋
・短辺側中央のフック付き主筋3本を柱内までのばして貰った。
・フックに近いスペーサー(ウマ)を配力筋にずらして貰った。
・結束線の端部が型枠に近いモノは折り曲げておくこと。
・04/26(月)08:30からコンクリート打設とのこと。

IMG_3064.jpg

出隅の補強も入ったし、短辺側の主筋フックもついて良くなった


IMG_3061.jpg

断熱材吹付済の浴槽が現場の隅においてあった

天候 晴れ一時雨 13℃

仮設工事 コンクリート打設準備 岡田建設工業 岡田・原田

R0013945.jpg

足落としの型枠組立中


R0013946.jpg

浴室まわりの基礎立ち上げ部分打設のための仮設路(一輪車用)


R0013948.jpg

土台下にコンクリートを入れるための「漏斗」


R0013951.jpg

居間の足落とし基礎への一輪車用の仮設路


R0013953.jpg

テラススラブの仕上げに使う豆砂利
(撮影/岡田建設工業)

かまぼこ

IMG_3069.jpg

和泉の生徒さん(旦那さんが氷見の方)からいただいた「かまぼこの盛り合わせ」

2010年04月24日 Sat

洗車

IMG_3066.jpg

昨日雨の中を走ったら水を弾きもせずべたっと濡れているのを見て洗車することにした
前回は03/21だから一ヶ月ぶり。なんだ一ヶ月でコートが効かなくなるのか。40,780km

2010年04月25日 Sun

食事

螢屋 17:30→実家でお茶 24:00両親と4人でガラスの間
明日は僕たちの結婚24年なので

いただきもの

17:20-17:30 晴れ
谷本夫妻がコシアブラとタラの芽とお米を持ってきてくださった。
せっかくなのに螢屋に出かける時間が迫っていたのでお茶もできなくて残念。
実家と近所にお裾分け。

IMG_3103.jpg

タラの芽


IMG_3102.jpg

コシアブラ。とても綺麗で売っているのよりもずっと美しい。

ワサビ

IMG_3093.jpg

これは去年の種を埋めておいたら発芽したかわいいやつ


IMG_3097.jpg

今年の種ができつつある

ソラマメ

IMG_3089.jpg

このソラマメは白ベース(畠田さんのお母さんの種)

ニラ

IMG_3082.jpg

腰の折れたのが出て、腰を伸ばす。

カボチャ

IMG_3080.jpg

坊ちゃんカボチャの双葉が見えている。はよでてこい。

ヘチマ

ほがらか村→カジマート→JAグリーン 09:00-10:30 晴れ
ほがらか村で培養土(花咲き物語28リットル 908円)・JA発酵鶏糞166円
JAグリーンで大長へちまの種
どちらの農協もすごい人出だった。春になって苗を求める人と、野菜が高い
せいで農協に買いに来る人がごっちゃになって・・・。駐車場が一杯になって
いるなんて初めて見た。


IMG_3070.jpg

JAグリーンで142円。ほがらか村では種の数が多くて300円。
農家じゃないんだし数粒あれば十分なのに。買ったこの袋でも
多すぎ。殆ど使うことなく捨てられることになる。誰か要らない?


IMG_3072.jpg

3粒ずつ3ポット(小)に播種した。西日の当たる
キッチンの外に網を張って日除けにしようかと。

2010年04月26日 Mon

ジャガイモようやく植えた

04:10-15:00 晴れ

明日が雨の予報のため、「羽咋の改修工事」のコンクリート打設は申し訳ないけど欠席。建設会社自前の工事の場合は、そこまで口を出すのもどうか・・・と。谷口建設社屋の監理でもコンクリート打設は立ち会っていない。そういうわけで手抜きという訳ではないのです。うまく日が合えば行っていたけど、ごめんね。とはいえ、テラスのコンクリート躯体での豆砂利洗い出しの具合はとても気になるので帰りに寄ることにした。そのため、畑仕事を早く切り上げるために夜中に出かけた。それでも西山ICに着く前に明るくなっていた。もう冬は終わったんだと感じる。

・毎年恒例のツバメの子育てが倉庫の天井で始まっていた。
  一年経つと忘れるのか、僕が入っていくと親ツバメ二匹が僕の方に向かって
  すごいスピードで飛んでくる。でも、一時間ほどもすると危害を加えないとわかる
  のか、向こうは向こうの仕事(エサ採り)を。僕は僕の仕事を・・・で、共存できた。
・芽の出ているキタアカリ20ポットとインカの目覚め10ポットを持っていく。
  金沢の残りはキタアカリ4ポット。インカの目覚め6ポット。
・アスパラガスの収穫。太かった。
・次回キャベツの苗をあげるって畠田さんが。
・シイタケの原木を立てかけていた竹の横棧の紐が切れて、原木がちらばっていた。
  直すのは今度。今日は畝つくりで精一杯。
・林氏にいただいたチューリップが咲いている。道路沿いに咲いていていいのだが・・・
 もっと肥料をやらないとダメなのか。どうも成が低すぎる。
 高級な球根のが3〜4つ連続して芽が出ていない。やっぱりカラスに食べられたのかなぁ。
・例年だとこの日には確実にタケノコが出ているのに、今年はまだ。やっぱり寒いのか。


IMG_3104.jpg

早朝の畑


IMG_3107.jpg

出てる。出てる。太いのがいっぱい。


IMG_3113.jpg

帰る直前に収穫。


IMG_3114.jpg

コレなんだと思う? チューリップです。モンテカルロって名前。


IMG_3116.jpg

これはオーソドックスなヤツ。この手のは全部咲いているのに、
ウィローザとバレリーナは全然。ウィローザは芽すら出ていない。
高級特殊な品種は難しいのか。それともカラスに喰われたのか。
林氏に申し訳ないなぁ・・・。次回芽が出ていることを期待してみる。


IMG_3118.jpg

このソラマメは「早生そら豆」。薄いムラサキの花びら。畠田さんのお母さんのは白色だった。


IMG_3121.jpg

ニンニク・・・これ二つ芽が出てしまってる。普通は一つを残すのだが、気付くのが遅すぎた。今更脇芽を抜くわけにもいかないので、収穫したときにどうなっているのか調べることにする。


IMG_3117.jpg

左がニンジンの畝。 中央手前はアスパラ。その奥が一番向こうまでキタアカリ。奥の方にワラをかぶせてあるのはポットで芽を出したヤツ。まだ、霜が降りることがあるらしいので。先週も霜が降りたぞって畠田さんにおどされた。右の畝の奥はインカの目覚め。手前にはそのうちにサトイモを植える予定。

「羽咋の住宅改修」

天候 晴れ 15℃

コンクリート工事
  テラススラブ・塀基礎・室外機置き場基礎
  浴室廻り基礎・足落とし基礎・土間コンクリート打設
  岡田建設工業 岡田・原田・山田・道下

R0013956.jpg

居間の足落とし基礎の配筋検査


R0013960.jpg

足落としの立ち上がりの配筋検査


R0013969.jpg

浴室内の床水栓用の保護配管立ち上がり


R0013968.jpg

テラススラブの配筋検査


R0013970.jpg

型枠に散水中


R0013977.jpg

テラスのコンクリート打設中(シュート打ち/生コン車のシュートから直接打設する)
(撮影/岡田建設工業)

「羽咋の住宅改修」

15:00-18:00 くもりコンクリート打設後の後かたづけをしていた。

IMG_3122.jpg

まだ洗い出しする堅さじゃないんだけど、ちょっとやってもらった。いいかも。
でもテラス全部に豆砂利を入れるのは大変だったらしい。4袋使ったって。


IMG_3123.jpg

塀の基礎に入れたアンカーボルトが溶融亜鉛メッキじゃなかったことに気付く。やっぱり朝から来るべきだったかと後悔してしまった。気になってしかたがないので、お母さんの畑を見せて貰って気晴らしを。これ、ブロッコリーの花だって。高さ1mくらいになっていた。


IMG_3124.jpg

畑で採ってきたからって言ったんだけど、それでも持って行きなさいって。ごちそう
さまです。うちの収穫分と合わせて半分ずつにして長村の実家にお裾分けしました。

2010年04月27日 Tue

カボチャ

IMG_3144.jpg

芽が出た。ほんとにカボチャの双葉ってでかい。

「羽咋の住宅改修」

天候 曇りのち雨 16℃

仮設工事 テラススラブ養生

R0013994.jpg

雨で叩かれないようにシート養生中
(撮影/岡田建設工業)

落花生

昨年収穫したのを編み袋に入れて車庫にぶら下げて乾燥してあった。そろそろ播いてみるか(売っているヤツじゃないからもし発芽しなくてもやり直せるように早めに)・・・とサヤを剥いた。それにしても身体が痛い。昨日の畑のおかげで身体を動かす度にあちこちでパキパキと音がするように痛い。

落花生用に畝の長さ6.5mのを4本分用意してある。茹で落花生があまりにもおいしくて自分達で食べたいあまり身近な方にしかお裾分けができなかったので、昨年の2.5畝から4畝に増やすことにした。枝豆だったらその辺に売っているけど、採れたての落花生なんてこのあたりじゃ手に入らないからなぁ。そういえば珠洲の向かいの畑のおばちゃんも今年は植えるって言っていたし、この間、畠田さんも種を買ったって言っていた。

6.5m/0.6間隔-1=9.8・・・一畝に10株植えることになるので40株必要。小ポットだと一つのパレットに18個入るから3パレットで54ポットになる。それだと14ポットが余計で必要数の35パーセントも多いのだが自家収穫の発芽率がわからないので65パーセントの発芽率で40株ぴったりということになる。これでいくか・・・。まさか65パーセントを下回るなんてありえないし。

IMG_3126.jpg

こんな袋に入れて乾燥してあった


IMG_3127.jpg

大きめのサヤを選んで豆を出す


IMG_3128.jpg

写真の上側が子房柄側 (地上側)。種はちゃんと根が下になる様
に入っていた。当たり前のこととはいえちゃんとしているなぁと驚く。
ピッと尖った方 (形を見ると芽が出そうなのだが) から根が出る。


IMG_3131.jpg

昨年は一晩水につけておいたが、今年は3時間くらいにしてみた。一晩浸けておくと浮いたのも沈んでしまい昨年はそのまま全部植えてしまった。でも、今年は種が沢山あるので浮いた種は捨てる。優秀な種を残していくことにするのだ。左上の方の沈んでいるけど割れているような種も捨てる。(バックが赤いのはバケツの色)


IMG_3133.jpg

小ポット18個×3パレットで54ポットに播種。培養土
はこの間整理したブロッコリーの鉢のを使った。

2010年04月28日 Wed

「さかえや」

18:20
さかえや旅館 真壁さんから電話
東一花露天風呂の簾(スダレ)を取り替えたいとのこと
水落屋に製作を依頼

「羽咋の住宅改修」

天候 雨のち晴れ 18℃

型枠工事 浴室廻り脱型 岡田建設工業 岡田 道下

型枠の存置期間
規定では基礎のせき板はコンクリート打設後平均気温が15℃以上で3日。5℃から15℃未満で5日間型枠を存置しなくてはならない。もしくは5N/mm2以上の圧縮強度を確認した場合は型枠を解体してもいい。羽咋地方の2010/04/27の平均気温は12.0℃・04/27が13.6℃・04/28が12.2℃であるためせき板の解体は早い。ただコンクリート強度が5N/mm2以上を確認すればいいのだが、圧縮試験はやっていない。・・・ということで、だめじゃん。施工が仕様と違っている場合、監理者は建て主に報告しなければならない。報告・・・したよ。

R0013996.jpg

浴槽基礎立ち上がりの型枠解体


R0013995.jpg

基礎立ち上がり型枠解体完了
(撮影/岡田建設工業)

里帰り

和泉広島へ 06:15-

ブロッコリー

IMG_3140.jpg

小ポットではちょっとバランスが悪くなってきたので大ポットに移植する


IMG_3141.jpg

12個を大ポットに移植した。小ポットは予備のためもう少しおいておく。

田村へ

10:10-10:25 曇り
株式会社田村の田村氏はマメジンで豆を作っている。大豆を主に作っている
ようだが落花生も如何?というわけで残り全部の種を持っていった。

 
IMG_3142.jpg

昨日の写真と似ているが量が違う

中田君から

IMG_3143.jpg

昨年に引き続いて今年も種を送ってくれた。何かの懸賞に応募して現金か種か・・・らしい。ってことは外れたわけだ。今年は2セットも送って貰った。で、中身が違う種も入っていてパセリ2袋・青シソ2袋・赤丸二十日大根・小松菜・かいわれ大根・みつば・バジル・スープセルリー・・・の8種類の種が入っていた。バジルとスープセルリーの袋には「高級種」と書いてあった。何が違うのだろう? 昨年のバジルは確かに成長具合・味とも良かったが。種は「東京優芳園株式会社」って書いてあった。この会社ってこういう種をノベルティとして売っているところなんだね。いろんなシリーズがあるようだ。

昨年、ミツバは鉢植えでは調子が悪かった。バジルと青シソはとてもイイ感じだった。カイワレはキッチンだろうし、バジルとスープセルリーは発芽適温20℃って書いてあるから、まだだろうし・・・さて、どれをどこに播くか、今度珠洲の畑で畝を作りながら考えよう。中田くん、ありがとう!

スナックエンドウ

IMG_3145.jpg

夕方、水をやっていたら・・・・この間咲いていた花にもうサヤがで
きている。畑に定植もできなかった未熟児がよく育ってくれたよ。

偶然だけど・・・

今朝、田村氏に落花生の種を届けたときに、「長村さんの結婚記念日は04/26なんですね。うちは04/27で、31回目でした」って。昨年、球根を沢山いただいた林氏に「チューリップが咲いたよ」ってメールを送ったんだけど、その返信で「うちも04/26です」って・・・。へぇーっ。びっくりだね。僕たちの結婚式のときは桜が満開だった。二十数年過ぎた今では桜の時期は4月の上旬になってしまってる。時が過ぎると季節も徐々に変わっていくのだなぁと「歳」を実感してしまった。

2010年04月29日 Thu

「川北町の住宅」

2010/04/29/08:30-09:35
雨→晴れ
見積書受取

三井さん

IMG_3148.jpg

お土産を持ってきてくださった。でも和泉・・・居ないんだよなぁ。

中田クンのバジルと青シソ

バジルはパスタやピザ、青シソは料理に早く使いたいな・・・ということで、昨日届いた中田クンの種を播くことにした。それぞれ2ポットずつ。バジルは一つでも苗ができてくれれば、脇芽を水栽培してどれだけでも増やせるからこれで十分だろう。昨年貰った種を育てたバジルから採った種を02/28に播いてあるのだが、まだ発芽していない。今回のは暖かい玄関の中においておくことにしよう。


IMG_3151.jpg

バジルの種


IMG_3153.jpg

青シソの種


IMG_3154.jpg

2つずつ小ポットに播いた

2010年04月30日 Fri

「羽咋の住宅改修」

天候 曇りのち晴れ 16℃

型枠工事
浴室廻り・塀基礎・室外機置き場脱型 岡田建設工業 岡田 道下

R0013999.jpg

屋外機基礎の型枠解体(左が塀の基礎立ち上がり・右が屋外機基礎)


R0014001.jpg

塀の基礎立ち上がり型枠解体完了(手前が屋外機基礎)
(撮影/岡田建設工業)

書類作り

IMG_3156.jpg

一年半前に設計が終わった「川北町の住宅」・・・金額が折り合わずに外壁をRCから木造に設計やり直し。ようやく金額の折り合いがついた。前回の設計で確認申請がおりていたので今回は「工事の取りやめ届」を出すことになる。その上でもう一度確認申請を出さなくてはならない。・・・で、図面に印鑑を押して・・・図面を折って・・・ハンコの横のビンは図面の折り目がピシッとなるように押さえるため。


IMG_3157.jpg

完成。県土木事務所へ提出の確認申請書の正本と副本と川北町用の副本。一年半の間「いつになったら発注できるんだろ」「やっぱり設計やり直しになるのか」「これまでのより施工は楽になっているのにどうして金額が高くなっているんだろう」「うへっ、図面描き直しか」・・・と憂鬱だった。延々ストレスのかかるこんな仕事してると寿命も短くなるなと思った。

ヘチマ

ヘチマたわしをつくるのに「水に入れて腐らせて・・・」ではなくて、大きな鍋で30分くらい茹でて皮を剥いて種を出せば作れる・・・ってネットで出ていたのを話したら、母も「ヘチマ」をプランターで栽培したいという。それで小さいポット3つに2粒ずつ播種した。04/25のはまだ芽が出ていない。