2008年05月01日 Thu

「金沢市内の住宅」

現場 13:30-16:30

晴れ
左官工事・家具工事・塗装工事・電気工事・外構工事・給排水工事

塗装工事 中村塗工 川崎 1人
左官工事 大橋左官 大橋・松田 2人
電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
家具工事 ウッディ・ミタニ 北村 1人
外構工事 憲和工業 東 1人
狭間工業 安部・道村 2人
給排水 衛生工事 中田 1人
現場員 川端

IMG_8448.jpg

リビング壁の左官塗り

塗ったときは水分が前面に出て光って
いるが、乾いてくるとザラッとしてくる。


IMG_8455.jpg

玄関ドア 米杉の無垢板25t二枚合わせ・ドア寸法1,095×2,335×50

ドアの上側(写真の左側)小口に当ててある板は運搬時の養生用。
米杉は杉の中でも水には結構強い方だが、杉だけあって柔らかい
ので丁番のビスを揉む位置に堅木であるタモを埋木(うめき)している。
ドアを取り付ければ丁番で隠れてしまう「仕事」である。

2008年05月02日 Fri

「金沢市内の住宅」

現場 08:30-15:40

晴れ
左官工事・電気工事・外構工事・給排水工事

左官工事 大橋左官 大橋・松田 2人
電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
外構工事 憲和工業 金藤・森田・東 3人
狭間工業 安部・道村 2人
給排水 衛生工事 中田・北村・中野 3人
現場員 川端

IMG_8483.jpg

道路側の庭の仕上げ作業中

基礎の根伐り時に、地中からかなりの量の石が出た。昔のドブ(側溝)の
石積みの石っぽいが、小さいのから結構大きな物まであった。
もったいないので庭の仕上げに使うことにした。

着工時から最後までずっと石を保管しておいて、それを移動したりする
だけでも大仕事なのでたいていの施工者は嫌がるのだが、橋本工建が協
力してくれたので実現できた。

こういう仕上げ方は数字や線で指示できないので「憲和工業」の職人さん
と一緒に作業した。石に人さし指を挟んで太さ1.5倍になるわで、すっげ
ぇ疲れた。三年分働いた感じ。

・・・で、とても贅沢な仕上げになった。


IMG_8480.jpg

玄関のコンシールド型ドアチェック

普通にドアチェックを付けるととても格好悪い。勝手口ならまだしも、
玄関にはちょっと。ということで近年は引き戸にすることが多かった。

ドアの場合はフロアヒンジを使っていたが、巾70mmのタイプが廃番
になってしまった。薄型タイプのフロアヒンジが無いので今回は
丁番吊りにした。

ドアチェックはコンシールド型という閉めたとき内外とも金物の
見えないタイプを使用している。


IMG_8481.jpg

玄関ドア枠とポーチ梁と外壁の納まり


外壁の凹部にシールがくるように庇の先端、取り付く梁、竪枠
・・・の位置が決められている。

内部と違って、ポーチの梁は外壁材の割付と納まりによるので
通り芯から微妙にずれている(通り芯からずれても完成すれば
わからないしそれが一致することは何の意味も持たない)。

梁を取り付ける鉄骨プレートを外壁材の凹の芯にすると板金と
シールの納まりが抜群によくなるんだなぁ

2008年05月04日 Sun

「金沢市内の住宅」

現場 10:15-11:20

IMG_8490.jpg

押入中段

         中段を合板張りにして、あとからスノコを買う・・・のが普通。
         こうすれば確実に性能はあがるのだが、施工費も上がる。

         中段自体がスノコ
         造作は米ヒバ
         壁・床はシナ合板

「川北町の住宅」

建て主夫妻来所 10:15-17:00

2008年05月05日 Mon

珠洲へ

曇り→雨
珠洲 07:00-17:20

連休だけあって帰りは渋滞だった。上棚矢田の料金所の列が西山
パーキングから1km穴水側までのびていた。
上り勾配での渋滞はMTには辛い。こういうときだけはATが羨ましい。


タケノコを掘った・草を刈った

05/02に来ようと思っていたのに 当日は現場で石を敷く作業
をするはめになり、予定が3日遅れた。その3日のせいでタケノコ
がのびすぎて 収穫はタケノコご飯一回分だけ。

IMG_8501.jpg

林氏にいただいたチューリップの新色が咲いていた


IMG_8500.jpg

縁がびろびろのチューリップ。こういうのアリ ?


IMG_8495.jpg

今年初めての草刈り。膝までボーボーにのびていた。


IMG_8503.jpg

草刈りの成果。左に二山。右に一山。


IMG_8509.jpg

先週は葉っぱが開いていなかった。実もこころなしか大きくなったような・・・


※これ実じゃないって06/14に気付いた。
  葉の出はじめらしい。だんだんこれが広がって葉になっていた。

2008年05月06日 Tue

「金沢市内の住宅」

現場 08:50-09:30・10:00-12:20・14:00-16:30

・裏庭に石を運んで列べた
・家具扉取付中

2008年05月07日 Wed

「金沢市内の住宅」

現場 10:00-10:50
現場→金沢市役所建築指導課完了検査
→石川県建築住宅総合センターへ竣工現場検査申請書を提出
12:45-16:30

晴れ
左官工事・電気工事・オペレーター工事・給排水工事・畳工事
金沢市検査

左官工事 大橋左官 大橋 1人
電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
換気工事 三菱システムサービス 安井・岩田 2人
給排水 衛生工事 中田 1人
オペレーター工事 オイレスECO 岩下 1人
畳工事 直建畳工業 直江兄弟 2人
現場員 川端

いつものことだが、検査に来る人って名のらない。
他人の家に入るのに名のらないなんて人として最低だと感じて
いるのだが・・・

そういえば石川建築賞の審査員も名のらない。

建築士会連合会や中部建築賞などの全国区な賞の場合はちゃんと
名のってから審査に入る。技術以前に人としてのレベル差が歴然
としているんだよな。

そういうことが続いて応募する気も無くなった。審査する方と
される方で立場は違うが、同じ建築にたずさわる者として賞の
応募に同意してくれた建て主に対してすごく恥ずかしいんだもの


IMG_8518.jpg

二階は全部タタミ敷き・向こう側も手前側も吹抜に面している


IMG_8529.jpg

玄関の下足入れの背板をはずして給水・給湯ヘッダを点検する
手前の赤いサヤ管が給湯、奥の水色のサヤ管が給水管


IMG_8531.jpg

流し台からの排水管と給水・給湯管

6ヶ月点検

ロードスター 6ヶ月点検 16:30-17:40

IMG_8536.jpg

5,445km

      ガソリンが高いので距離がのびない。ユーノスの時は半年で1万キロ
      を越えていたからなぁ。まぁ、歳をとって出不精になったのもある。

2008年05月08日 Thu

「金沢市内の住宅」

現場 09:00-10:05・12:45-15:00

晴れ
外構工事・給排水工事・クリーニング工事・ブラインド工事・建具工事

外構工事 憲和工業 東 1人
外構工事 東造園 東・米本 2人
建具工事 藤部建具 藤部 1人
クリーニング工事 ビコー 水野・舟橋 2人
給排水 衛生工事 中田 1人
ブラインド工事 石川装美 石田・吉井 2人
現場員 川端

IMG_8551.jpg

流し台レンジフードからの排気用のファン取付完了

2008年05月09日 Fri

「金沢市内の住宅」

晴れ
給水引込工事・器具付け工事・網戸工事・建具工事

電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
建具工事 藤部建具 藤部 1人
給排水 衛生工事 中田 1人・引込工事 5人
フィルム工事 石川装美 北出 1人
鋼製建具工事 高橋ガラス建材 島田・野口 2人
エアコン工事 システムサービス 相川 1人
現場員 川端

IMG_8568.jpg

内部を掃除し、高めに作ってあった排水桝を指定高さに切る

2008年05月10日 Sat

「金沢市内の住宅」

金沢市役所建築指導課→石川県建築住宅総合センター→
現場 08:40-10:45
現場 12:40-15:00

くもり
外構工事・器具付け工事・家具工事・建具工事・コーキング工事

電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
建具工事 藤部建具 藤部・東 2人
家具工事 谷本・北村 2人
左官工事 大橋左官 米田 1人
コーキング工事 境川コーキング 境川夫妻 2人
外構工事 憲和工業 東・大西・町 3人
現場員 川端

IMG_8585.jpg

IMG_8597.jpg

木塀の軸組組立中


IMG_8596.jpg

リビングから吹き抜け上部を見たアングル。二階の居室の
格子戸をフルオープンにしたとき階段上部が戸袋となる

タラの樹

IMG_8579.jpg

家具の谷本氏にタラの挿し木をもらった

         根付くのかなぁ ?
         根が出たら珠洲に植えよう

      ※ かわいがったんだけど残念ながら枯れた

2008年05月11日 Sun

「金沢市内の住宅」

現場 10:00-11:00 曇り

IMG_8577.jpg

外構の木塀の土台

         アンカーボルトは溶融亜鉛メッキ
         柱の立つホゾ穴は染み込んだ水が溜まって
         腐らない様に水抜き穴をあけている。樹種は米ヒバ


IMG_8620.jpg

木塀の板(補助棧)張り完了


IMG_8623.jpg

リビング側吹抜に面した格子戸


IMG_8607.jpg

格子戸のディテール

手前側が杉の赤太による太い格子。向こう側が杉の白太による細い格子。
・・・で二重格子

2008年05月12日 Mon

「金沢市内の住宅」

事務所検査 08:10-12:00
橋本工建→現場 13:20-15:50

晴れ
事務所検査・電気工事・給排水工事・床暖房工事

電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
給排水 衛生工事 中田 1人
木工事 橋本工建 荒木・根来 2人
床暖房 キーサン 北村 1人
現場員 川端

IMG_8639.jpg

流し台完成


IMG_8640.jpg

屋外機置場

手前側(左側)から・・・
エコキュート貯湯タンクユニット
床暖房灯油ボイラ
リビング空調室外機
2階空調室外機
エコキュートピートポンプユニット

エコキュート貯湯タンクユニット下部のパネルにはまいってしまう。
ノック穴(配管を突っ込む用にパネルにミシン目をいれたもの)だらけ
のパネルは一体何?それも5×3のノック穴って・・・

このスカートパネルはオプションなので本体のみの購入だと配管が
もともと露出。カタログや仕様書にもスカートパネルを取り付けた写真
なんて載ってさえいない。なんと不親切なんだろう。

でも、オプションで配管を隠せるだけ、まだましと感謝すべきなのか。

性能や見栄えを考えて全て綺麗に下から配管していたのに側面ばかり
か前面まで露出配管を前提としたノック穴か・・・まじめに配管しようって
気が無くなってくるようなパネルに唖然。ミシン目だらけだからパネル
もベコベコしてひ弱な感じだし・・・

だって正面から露出配管を突っ込むような施工したら前面のスカート
パネル自体が取り付けられなくなるだろうに・・・1×3で縦長の穴を開け
ちゃえってことなのだろうか?

「西金沢新町の住宅」ではノック穴は二段だった。今回、前面が
これだけガバッとはずれるように替わった。

そんな改良の前に器械内部の銅管露出部分を少なくしろって言いたい。
冬期に内部の配管が凍結で破裂しないか不安で仕方がない。

メーカーからは『問題ない』という回答だったのだが根拠は示されなか
った。(05/23に回答がきた)たかだか断熱もしていない外装樹脂パネル
(正面の上側のパネル)をはずすと30cmも銅管が露出している部分があ
るのだ。『うわっ。見なければよかった・・・』って感じ。

※凍結防止ヒーターを設けているから断熱材を巻けないとの回答がきた


IMG_8570.jpg

配管を接続中 2008/05/09撮影

写真下部一番右の青いサヤ管から入ってすぐに露出の銅管が見える。
黒いセンサーの上は保温されている。写真では見えにくいが、赤いサヤ管
の上も同じように露出の銅管がある。本体の左側は電線がごちゃごちゃ。
こんなのを屋外に置いて大丈夫なん?

オプションのスカートパネルを取り付けない場合には写真下部の部分は
このまま露出になる。そんなん許せるかなぁ。オプションではなく本体に
含むべきではないのか?

※改修の場合にフレキシブルに対応できるように
  前面パネルにもノック穴を設けたと回答がきた

新築用にノック穴無しのスカートパネルを標準装備し、改修用にノック
穴有りのスカートパネルをオプションとすれば気のきいたメーカーだと
思えるのに・・・

そんな心憎いメーカーが無くなってきたから、玄関ドアとかキッチンや
レンジフードや浴室・家具などを設計するようになってしまったのだ。
現在メーカーの既製品を使うのは機器類だけだもの。既製品を使わず設
計するようになったおかげで性能や使い勝手が抜群によくなり他の設計
事務所と差別化をはかれるようになったわけだ。なんと皮肉な・・・。


IMG_8641.jpg

床暖房のヘッダ

2008年4月2日に仮付けだったヘッダが完成すると上のようになる。
今回工事では4回路となっている。
回路数は床暖房面積によってきまる。
ちなみに「珠洲の住宅」や「押水の住宅」は7回路。
珠洲の「O邸改修工事」では5回路だった。

ヘッダを取り付ける位置は毎回違っている。
前回はトイレの家具キャビネットの中だった。
今回はリビングの家具キャビネットの中にした。

架橋ポリエチレン管がピンク色なのは不凍液の色。
黄緑の時もある。

給水・給湯ヘッダと床暖房ヘッダ、分電盤、エアコンの配管を
平面のどこに置くかで毎回とても悩む。
必要なんだけど、邪魔だし、点検できなければ困るし。

2008年05月13日 Tue

「金沢市内の住宅」

現場 09:30-11:40・14:10-15:40

晴れ
床工事・網戸工事・雑工事
石川県建築住宅総合センター検査(確認検査ではなく融資の検査)

防水工事 北川瀝青 渡辺 1人
鋼製建具工事 三協立山アルミ建材 浦本・河野 2人
内装工事 石川装美 北原 1人
ステンレス工事 マコト 大屋 1人
現場員 川端

IMG_8644.jpg

木塀の控柱


IMG_8649.jpg

ヤマボウシの花が咲いた

ついこの間植樹したばかりなので今年は無理だろうと思っていたが・・・
強い樹だなぁ


IMG_8652.jpg

屋根防水の通電検査用機器


DSC07905.JPG

屋根防水の通電検査中   撮影 橋本工建


IMG_8664.jpg

玄関の袖パネルと外壁

袖パネルは玄関戸と同じ米杉の25mm厚の無垢板を二枚合わせにしている(50mmの無垢板だと金額が高いし、変形が大きくなるのでお金の無駄遣いとなる)。インターホンの配線は躯体→ガリバの裏→竪枠貫通→袖パネル貫通・・・となるので電気工事が大変。

RC躯体の上にウレタンフォーム吹付+ガリバリウム鋼板という耐候性、断熱性において現在私の考えるベストな外壁となっている。

板金の外壁で綺麗に割りつけられた建物を見ることは稀だ。サッシュ際や出隅、入り隅は曲げ物の役物をまわすことでごまかすのが普通の納まりとなっている。タイルや石だと目地を割りつけるのに、何故、板金だと割りつけないのか不思議である。同じ建築材料なのに。・・・っていうか、設計者を名乗るくらいなら割りつけろよ。大切な作業を「さぼるな」と言いたい。

材料を縦に張ったり横にしたり、斜めにしたり・・・がデザインと勘違いしている設計者ほどこういう部分の納まりが汚い。

情けないアルミの既製品の玄関戸を選びたくないが、準防火地域なので、延焼の恐れのある部分に引っかからない位置までわざわざ玄関の位置を下げて木製にしている。

斜線制限のため斜めに建物がカットされているのを見ると法律や規制はデザインに悪影響を及ぼしているように感じる。しかし、それはデザインが下手な人の言い訳に過ぎない。制限をクリアしてうまく持っていくのがデザインなのに。

2008年05月14日 Wed

「金沢市内の住宅」

小雨
建物引き渡し 09:00-10:50
手直し確認一回目 13:50-16:00

手直し工事
建具工事 藤部建具 藤部 1人
電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
家具工事 ウッディ・ミタニ 谷本 1人
換気工事 三菱システムサービス 岩田 1人
現場員 川端

IMG_8768.jpg

引き渡したとはいえ・・・・

玄関ポーチの屋根にはハシゴを掛けるための養生がつきっぱなし。
ポーチには脚立などが・・・まだ手直しがいっぱい残っている。

2008年05月15日 Thu

「金沢市内の住宅」

現場 15:00-16:00

晴れ
手直し工事

電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人
シーリング工事 境川コーキング 境川夫妻 2人
エアコン工事 システムサービス 室谷 1人
現場員 川端

IMG_8821.jpg

玄関を入った正面の窓

隣家の棗(なつめ)の樹による影絵

透明ガラスにして借景をいただくには隣家からの視線が気になる。
加えてそれほど美しくない景色の場合、光と影だけをもらうと
『時間』を感じることのできる窓になる。

ま、そういう移り変わりに気付く感性がないと意味はないのだが。

こういうのを見て『計算?』と聞かれることがある。
「当然です」とこたえるか、 「いやぁ、偶然ですよ」と返すかいつも悩む。
前者は嫌味な感じだし、後者は信じられても困る。

設計前に敷地に立ち、樹の影が地面に落ちているのを見ているから計算
なのだが、ホントのところは『うまくいけばラッキー、ダメだったら黙っ
ておこう』って感じ。計算はするのだが、太陽の動きは一定していないの
で『まぁまぁ』の効果であれば成功である。うまくいったのを確認して
からでないと人には言わない。

例えば・・・ 『押水の住宅』の庇の出による直射日光のコントロールとか
『螢屋』の女子トイレのガラス屋根に雨が流れたときの視覚効果と
か・・・は、うまくいった。

今回はシメシメの部類だな。大きな樹の影が窓一杯に映ることで、硝子の
向こうにかなりの空間がひろがっているように感じる。


IMG_8824.jpg

玄関ドアの竪枠

竪枠の下端は床面より10mmあげてシール。
床に飲み込むと、竪枠の小口から水を吸うので下端は上げておく。
シールが切れても隙間をとっておけば水を吸わないので汚れたり
腐ったりしないですむ。
竪枠は米ヒバ、建具は米杉、内部壁はわら聚楽、巾木と床は花崗岩


IMG_8807.jpg

流し台の水栓

根元は温度調整(普段は触らない)
手元で水を出したり止めたり
水栓の根元が水でビショビショにならないのがいい

2008年05月16日 Fri

「金沢市内の住宅」

現場 10:00-12:00
取扱説明・手直し検査2回目 12:45-16:10

晴れ
取扱い説明・駐車場工事

洗濯機/食洗機 システムアップ 向田・音田 2人
エコキュート 三菱電機住環境システム 山本 1人
床暖房 キーサン 北村 1人
IHヒーター 金沢商行 小村 1人
現場員 川端

IMG_8827.jpg

洗面所、その奧がトイレ

初めて洗濯機を工事に含んだ。カウンター下に洗濯機を入れたため、
カウンターは少し高め。洗濯機置場って結構スペースが必要になるし、
あまり綺麗にならないから、都市型住宅だとこういうのもアリかもし
れない。

洗濯機には輸送時に洗濯機内部のカゴがぐらつかないように本体
裏側に固定部品が取り付けられている。

施工手順書をよく読まずに取り付けたらしく固定部品がはずされて
いなかった・・・ことが取扱説明時に発覚した。

これをはずさなくても試運転などは普通に行えるのでそれまで気付
かなかったわけだ。

取付前に手順をチェックするのは当然のことなのだが梱包してある箱
にでっかくそのことを明記して欲しいなぁ

わざわざ取付が楽なように、洗濯機を据付てから上のカウンターを取り
付けるように工程を組んだのに・・・。結局、手前に引き出して、固定部品
をはずしてから押し込むという普通の手順になってしまった。

本格的に使いはじめる前にミスに気付いてよかった


IMG_8836.jpg

浴室の水栓柱

「自動湯張り」や「追い炊き」の機能は必要ないとのことなので
今回工事では水栓柱にリモコン無し。鏡とシャワーバーのみ。

これまで水栓柱の巾を600にしていたんだけど、とても重いのと、今回の
浴室はあまり広くないので400巾にしてみた。また、浴室のガラス壁の縦
サッシュも無くしてみた。

同じように見えても少しずつ試行錯誤しています。


IMG_8867.jpg

引き込み柱と引き込み盤

隣地が駐車場なので、車が当たっても盤に影響ないように基礎を高めにしたのだが・・・仕方ないとはいえプロポーションが悪いなぁ


IMG_8859.jpg

RC塀に取り付けられた床暖房用オイルタンク撮影 橋本工建

2008年05月17日 Sat

「川北町の住宅」

敷地を見に→野々市の粉太製麺 16:30-18:20

IMG_8883.jpg

住宅の敷地。今はまだ整然とした綺麗な畑だ

2008年05月19日 Mon

「金沢市内の住宅」

手直し検査3回目 09:45-13:15

曇り
電話立会い・手直し

電気工事 錦陽電気工事 森・石井 2人

IMG_8892.jpg

引き込み柱の頂部


IMG_8893.jpg

引き込み柱の電線管の固定


20080519692.JPG

キッチンからの排気用の桝。枠を溶接。   撮影 橋本工建


20080519694.JPG

錆止を塗って・・・と   撮影 橋本工建


20080519695.JPG

敷き砂利をかぶせて・・・完了   撮影 橋本工建

「川北町の住宅」

信じられないヘマをこいた。

先週から描き始めて土曜日に徹夜して完成させた「川北町の住宅」の図面
を消してしまったらしい。

何年かに一度こういうことがあるのだが・・・つらすぎる

スパンを変えて目地割りも新しくしたので途中のバックアップがない
図面だった。数日間の成果なんだけど精神的には一週間分くらいのじ。
昨晩気付いて、明け方までどこかに紛れ込んでないかファイルを探した
けど見つからなかった。

2008年05月20日 Tue

「川北町の住宅」

図面の復旧のため、ひきこもり

2008年05月21日 Wed

お礼に行ったつもりが

家具のウッディミタニのある加賀へ「金沢市内の住宅」の工事のお礼に行ったのだが、近くの山を案内してもらったうえに食事までごちそうになってしまった。

IMG_8902.jpg

白く細いのが全部タラの樹。ううっ。これ全部欲しいっ。


IMG_8907.jpg

縦の線が綺麗

ねずみとり



大きな地図で見る

山側環状線のトンネルを出たところで、ねずみとり

2008年05月22日 Thu

「金沢市内の住宅」

現場 11:00-11:35 晴れ
手直し確認日を一日間違えていた
すごすご帰る
なんだよ。ぼけはじまったか

2008年05月23日 Fri

「金沢市内の住宅」

手直し検査4回目 10:40-12:10

マウスを画像に

流し台 ウッディ・ミタニ(木製家具)+マコト(ワークトップ)

毎回同じメンバーでの取付なので一物件を経る毎にうまくなっていく。
メンバーを替えないとわかると安心して価格を吊り上げたり、品質が落
ちたり・・・というのが世間ではよくあるのだが、このメンバーは信用できる。

何故なら、それぞれが仕事にプライドを持っているから。


IMG_8913.jpg

流し台裏面の点検扉を開けたところ

食器洗浄機裏側の配管スペース

「押水の住宅」の時は、配管を接続してから機器を押し込むという普通
通りの設計をしていたのだが、どうせアイランド型の流し台をゼロから
設計するんだから・・・と、「O邸改修工事」から改良した。

キッチンの背の点検口を開けるとIHヒーターと食器洗浄機の電源、排水
管、給水管などにアクセスできるようになっている。

写真右側にちらっと写っているのが、SUS製の排気チャンバー。その点検
口を開けるとオイルフィルターが入っている。普通のレンジフードは上
向きにオイルフィルターが入っているので、掃除は上向き作業で、とても
疲れるが、これは下向き作業なのでとっても楽・・・なはず。

2008年05月24日 Sat

痛くて痛くて

腰が尋常じゃないほど痛くて珠洲行きを断念。
大好きな車の運転をあきらめるほどだからよほどである。
布団から起きるのに苦労したので運転どころかシートに
座る自信がない。

和泉はぎっくり腰だという。
でも、重い物を持ち上げたとか・・・それらしき覚えはないのだが。
いつ治るんだろう。

・・・あ、庭石か・・・

2008年05月25日 Sun

「川北町の住宅」

建て主夫妻来所 08:55-11:45 雨

2008年05月26日 Mon

まだ治らない

相変わらず腰が痛い

2008年05月28日 Wed

「川北町の住宅」

小西建築構造設計へ 09:20-11:30
腰が痛いので和泉に運転してもらった

お見舞いに

岡田氏来所 13:30-14:30・18:00-19:50

IMG_8914.jpg
岡田氏も昨年ぎっくり腰になったそうで・・・


腰痛は大変だろうからとコルセットやケーキやお米などおみやげを
一杯持ってお見舞いに来て下さった。写真はいただいたコルセット。
やってみたら立ち上がるときの痛みがかなりやわらぐ。

ありがと !

2008年05月29日 Thu

「川北町の住宅」

図面
洗面と浴室まわりをかなり改良できできてイイ感じ

2008年05月31日 Sat

「金沢市内の住宅」

建て主夫妻来所 18:00-20:00