2008年02月01日 Fri

「金沢市内の住宅」

定例会議 ←中止
現場 08:50-09:20 ちらちらと雪
橋本工建来所 09:40-10:30
現場 15:30-16:30 曇り

雪/曇り
建て方・電気合番
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土・山岸 4人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人
レッカー ミヤケン工業 宮島 1人
現場員 川端

DSC05176.JPG

構造用合板を断熱材を貫通して野地板に留めるコーススレッドの検収


DSC05217.JPG

構造用合板四周をヒバ下地に留める釘の検収


DSC05178.JPG

構造用合板の下地になる下地材・米ヒバ一等


DSC05180.JPG

構造用合板検収


DSC05193.JPG

屋根断熱材検収 3種b


DSC05199.JPG

断熱材敷き込み中


DSC05240.JPG

作業後の養生

撮影 橋本工建

打合せ

第一生命 12:00-13:45

2008年02月02日 Sat

「金沢市内の住宅」

曇り/晴れ
屋根始末
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土・山岸 4人
現場員 川端

DSC05250.JPG

断熱材敷き込み完了


DSC05278.JPG

構造用合板張り


DSC05293.JPG

ビス留め

撮影 橋本工建

         構造用合板にビスを打つときは、打ちすぎてビス頭が合板上端より
         下がらないことが大切。例えば12mmの合板を使用して、ビス頭が2mm
         もぐったとすると10/12=0.83。二割弱も強度が15パーセントも落ちる
         ということになる。

         一本についての強度だから全体に与える影響は少ないが、それを
         わかって打つのと、そうでないのでは不良率が違う。職人さんは打ち
         すぎる方が締まって強度が出ると思っている場合が多いことを監理者
         は知っておくべきだろう。もう一つ気にしないで打つと確実に打ち
         すぎることになるのだ。面で止めるのはとても難しいということも知っ
         ておくべきだ。

2008年02月03日 Sun

岡田氏来所

岡田氏来所 13:40-

2008年02月04日 Mon

「金沢市内の住宅」

中間検査 10:10-11:30 晴れ
定例会議 17:30-21:15 小雨

曇り/雨
屋根工事・電気合番
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人
現場員 川端

IMG_7623.jpg

断熱材の上に構造用合板張り


IMG_7617.jpg

竪樋穴廻りの補強

2008年02月05日 Tue

「金沢市内の住宅」

曇り/雪
木加工・電気工事・雑工事・鉄骨工事・足場解体・型枠解体
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦 2人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人
型枠工事 勝木組 冨田 1人
足場工事 フクムラ仮設 松村・武田 2人
雑工事 憲和工業 長原 1人
鉄骨工事 宇野製作所 森田夫妻 2人(2h) 製品に間違いあり
現場員 川端

DSC05311.JPG

屋外機置場基礎型枠解体

撮影 橋本工建

2008年02月06日 Wed

「金沢市内の住宅」

現場12:50-14:00

晴れ/夕方から雨
木加工・電気工事・雑工事・鉄骨工事・足場解体・型枠解体
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
設備工事 兼六設備 中田 1人
鋼製建具工事 勝木組 野口・島田・三井 3人
現場員 川端

IMG_7630.jpg

サッシュ下地取付


IMG_7628.jpg

サッシュ取付中

2008年02月07日 Thu

「金沢市内の住宅」

くもり/雪
木加工・サッシュ取付・左官工事・コーキング工事・硝子寸法取り
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
シーリング工事 境川コーキング 境川 1人
鋼製建具工事 勝木組 野口・島田・三井 3人
左官工事・大橋左官 高田 1人
現場員 川端

DSC05418.jpg

シールの攪拌中


DSC05416.jpg

プライマー シールする前に塗るヤツ。有効期限チェックしてる?


DSC05417.jpg

シーリング材 有効期限チェックしてる? 施工温度チェックしてる?

         シール施工者以外(設計事務所や建設会社の現場管理者)で、これを
         チェックしている人を見たことがない。施工時期によってシール材
         が違うことを知っている人も知らない。

         全部下請けにお任せで施工されているのが実状だよ。食品の期限切れ
         を使用して・・・とか問題になっているが建設業界では下請けの良心に
         まかされているのだ。

撮影 橋本工建

2008年02月08日 Fri

「金沢市内の住宅」

現場 13:15-13:55 小雪
定例会議 17:30-21:05 帰り道凍っていて怖かった


木加工・サッシュ取付・左官工事・コーキング工事
          
木工事 橋本工建 米田・赤土 2人
シーリング工事 境川コーキング 境川 1人
左官工事 大橋左官 高田 1人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人
現場員 川端

DSC05464.JPG

RC躯体と木のクリアランス部分に捨てシール

         捨てシールは重要である。
         屋外に露出しているシールは劣化する。5〜10年でやり替えといわれて
         いるが、まじめにやり替えている建物は少ない。・・・というか殆ど無い。

         シールが劣化して水が廻ったとき捨てシールを施工してあればかなり
         強固なプロテクトとなる。捨てシールは露出がないので紫外線や風雨、
         温度などに対して保護されている。そのため、仕上げシールに比べると
         耐久年数が長いのだ。


DSC05466.JPG

躯体の打継目地のシール


DSC05458.JPG

浴室の防水下の調整モルタル塗り


DSC05463.JPG

サッシュの溶接部に錆止塗装

撮影 橋本工建

2008年02月09日 Sat

「金沢市内の住宅」


木加工・外部下地・軒天工事
          
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
現場員 川端

DSC05508.JPG

外壁の木下地取付開始


DSC05519.JPG

外壁下地取付用コンクリートビス

撮影 橋本工建

2008年02月10日 Sun

「西金沢新町の住宅」

08:50-13:25
一年検査・みぞれ

2008年02月11日 Mon

「金沢市内の住宅」

晴れ
外部下地・軒天工事
          
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
現場員 川端

DSC05571.JPG

軒天の不燃ボード張り


DSC05588.jpg

屋根の構造用合板の留め付け

         写真では釘とビスの区別が付きにくいので釘に×、ビスに○の印を付け
         て、設計通りのピッチでそれぞれが打たれていることを工事写真として
         撮影しておく。

         工事写真では対象物が写真として見えにくくなるのがわかっている場合
         は、こういう工夫が必要である。鉄筋などは種類によって色の違う磁石を
         くっつけたりして撮影することが多い。


DSC05592.JPG

検査が終わったので防水施工まで養生しておく


DSC05600.JPG

4mと幅広のポリシートを敷く


DSC05601.JPG

ポリシートの重ね目をテープ貼りしその上にブルーシートを敷いて桟木で留めておく

2008年02月12日 Tue

「金沢市内の住宅」

雨/みぞれ
外部下地・電気配管           
         
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人   
給排水・衛生工事 中田 1人(現場打合せ)
現場員 川端

DSC05632.jpg

外壁の下地と軒天のクリアランス

         外壁の下地(米ヒバ一等)と軒天のボード(準耐火構造用)のクリアランス
         が設計通りであることをチェックしている様子。2mm厚のスペーサーが
         隙間に入るのでクリアランスは適正である。

         このクリアランスが無いと軒先が雪などの荷重によって撓んだとき
         軒天ボードの下側の角が外壁下地にぶつかってボードが変形しバカッ
         と外れてしまう恐れがある。

         いい施工者って、こういう細かい心配に対して確実に対応してくれる人
         達のことをいうのであって、会社が大きいとか資格を持っている技術者
         の数が多いとか、知り合いが居るとかではないんだよね。

DSC05642.JPG

外壁下地の横胴縁取付中

撮影 橋本工建

2008年02月13日 Wed

「金沢市内の住宅」


外部下地・電気配管・左官工事

木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人   
左官工事 大橋左官店 大橋・松田・堀 3人
現場員 川端

DSC05651.JPG

外壁下地の横胴縁取付中


DSC05657.jpg

サッシュ下のモルタル詰め

       まずは、コンクリート面を水湿め(みずしめ)して防水剤入り(だいたい
       はマノール)のモルタルを手動ポンプで押し込む。この後、手でサッシュ
       下枠の裏側まで廻っているか確かめることが重要。最後は鏝で形を整え
       て終了。

       私の設計では、サッシュ下枠と竪枠は下から300mm程度までしかモルタル
       は詰めない。残りの部分はウレタンなどを吹き込む。

       RC造の場合でも上枠にはモルタルを詰めないのがいい。上枠の上には梁
       やスラブがいて、それに溶接で留める。コンクリートはクリープという
       長期間での撓みが生じるので、モルタルが詰まっているとその影響を
       まともに受けて特に連窓方立がやられてしまう。

       しかし、世の中の設計者でそれを知っている人は少ない。

ありがと

可計さん来所

2008年02月14日 Thu

「さかえや」

15:00- 雪

DCF_0006.jpg

4階の「東一花」からの景色
やっぱりさかえや最高 !

「金沢市内の住宅」

現場 08:25-08:50 小雪
2008/02/14/09:20-09:30 橋本工氏来所

雪/くもり
外部下地・浴室アングル取付・左官工事・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
鉄骨工事 宇野製作所 森田夫婦 2人   
左官工事 大橋左官店 堀 1人
エアコン工事 システムサービス 吉田 1人
ハツリ工事 憲和工業 金藤 1人
現場員 川端

DSC05684.JPG

浴室防水止め金物取付


DSC05685.JPG

アングルピースと溶接して固定する


DSC05691.JPG

アングルピースを躯体に留めていたアンカーを削る


DSC05697.JPG

削られたアンカーとアングルピースを溶接で埋め面一にし、ワイヤブラシでスパッタ除去


DSC05698.JPG

メッキ製品なのでローバルを塗って取り付け終了

撮影 橋本工建

2008年02月15日 Fri

「さかえや」

さかえやの食事はいいなぁ-10:20
第一生命 11:30-11:50

「金沢市内の住宅」

定例会議 15:25-18:05

雪/くもり
外部下地・水切取付・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
鋼製建具工事 高橋ガラス建材 島田・野口 2人
現場員 川端

DSC05727.JPG

コンクリートの不良個所の樹脂モルタル埋め


DSC05738.JPG

外壁下部のアルミ水切取付完了(青いのは養生フィルム)

撮影 橋本工建

2008年02月16日 Sat

寒っ

暖かい温泉から寒い我が家に帰ったとたん風邪をひいた。
さらさらの鼻水が滝のように流れ落ちてくる。

「金沢市内の住宅」

雪/くもり
外部下地・塗装工事・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
塗装工事 中村塗工 川崎 1人
現場員 川端

DSC05754.jpg

材料の受け入れ写真

         今どきの現場では内装の仕上げの制限があるため「F☆☆☆☆」である
         ことを証明する写真が必要である。集成材の梁等のように接着剤が
         使用してあるが、☆のシールが無い場合は、製作工場から☆四つの
         接着剤を使用しているという書類を提出してもらうことになる。

         とっても、面倒である。

         設計監理料が変わらないのに手間だけがどんどん増えていく。
         まぁ、設計監理料をあげてもいいのだが、仕事が来なくなるだけなのだ。
         上げなくても来ないけど・・・。


DSC05772.JPG

シールのバックアップ材(ペフ)搬入


DSC05769.JPG

サッシュと内壁の間のシールのためのバックアップ材(ペフ)入れ

撮影 橋本工建


2008/02/16(土)12:30-13:25
立会 川端・試験 藤本2007/12/22打設・33-18-25N
一階躯体型枠脱型用圧縮試験8週

筒先現場気中
 1) 3.464kg 274KN 34.9N/mm2
 2) 3.449kg 264KN 33.6N/mm2
 3) 3.458kg 271KN 34.5N/mm2 平均34.3N/mm2

2008年02月17日 Sun

雪が降った

IMG_7644.jpg

一晩でこれだけ。近年積雪が少なかくなっているから、これでも多め。

2008年02月18日 Mon

「金沢市内の住宅」

現場 10:30-11:10 雪
防水終わっていないのに・・・

雪/くもり
外部下地・浴室サッシュ取付・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
鋼製建具工事 高橋ガラス建材 島田・野口 2人
現場員 川端

DSC05802.JPG

浴室の硝子壁用のサッシュ取付用の木下地取付完了   撮影 橋本工建


DSC05807.JPG

浴室入り口のドア取付中   撮影 橋本工建


DSC05808.JPG

浴室入り口のドア枠溶接中   撮影 橋本工建


IMG_7651.jpg

ったく・・・積もっちゃったよ

2008年02月19日 Tue

「金沢市内の住宅」

現場→二階躯体四週圧縮試験 12:45-14:55

晴れ/曇り
下屋建て方・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦・赤土 3人
電気工事 錦陽電気工事 森 1人
現場員 川端

DSC05833.JPG

玄関ポーチの梁取付金物(外部なので溶融亜鉛メッキ)と照明用ケーブル
左側は玄関ドアの枠だが、躯体との間に捨てシールがまわっている


DSC05841.JPG

玄関ポーチ梁に取り付けられる照明器具のための配線


DSC05848.JPG

梁から持ち出しで取り付けられる幅広の野地板を留めているコーチスクリュー


DSC05854.JPG

ポーチは屋外なので断熱材はなく、野地板の上に構造用合板を直接留める


DSC05871.JPG

構造用合板張り完了(野地板と一体化してパネル化するために張っている)


DSC05882.JPG

コーチスクリューの頭は構造用合板の上面からちょっと面落ちくらい


2008/01/22打設33-18-25N
二階躯体・屋外機基礎・道路側RC塀・木塀立上型枠4週
立会 川端・試験 藤本

筒先・標準
 1) 3.635kg 287KN 36.5N/mm2
 2) 3.637kg 290KN 36.9N/mm2
 3) 3.648kg 291KN 37.1N/mm2 平均36.8N/mm2

筒先・現場気中
 1) 3.526kg 244KN 31.1N/mm2
 2) 3.544kg 251KN 32.0N/mm2
 3) 3.562kg 252KN 32.1N/mm2 平均31.7N/mm2

荷下ろし・標準
 1) 3.624kg 310KN 39.5N/mm2
 2) 3.616kg 305KN 38.8N/mm2
 3) 3.624kg 305KN 38.8N/mm2 平均39.0N/mm2

荷下ろし・現場気中
 1) 3.496kg 221KN 28.1N/mm2
 2) 3.508kg 224KN 28.5N/mm2
 3) 3.509kg 229KN 29.2N/mm2 平均28.6N/mm2

荷下ろし・現場気中2台目
 1) 3.467kg 229KN 29.2N/mm2
 2) 3.476kg 233KN 29.7N/mm2
 3) 3.474kg 233KN 29.7N/mm2 平均29.5N/mm2

2008年02月20日 Wed

「金沢市内の住宅」

現場 09:30-11:05 曇り

曇り/雨
床下地材等関係加工・給水工事・雑工事 
                  
木工事 橋本工建 米田・柳浦 2人
給排水衛生工事 兼六設備 中田 1人
換気工事 三菱システムサービス 安井・岩田 2人
現場員 川端

DSC05900.JPG

給水・給湯管の検収・今回工事では口径13と16も使用する


DSC05909.JPG

架橋ポリエチレン管をサヤ管に通す


DSC05907.JPG

DSC05922.JPG

うーん・・・浴室サッシュの下端・・・ぱかっと穴が開いている
湿気があがると内部のスチール補強が錆びるのでシールで埋めた

撮影 橋本工建


IMG_7662.jpg

はやく雪・・・とけろ

2008年02月21日 Thu

「金沢市内の住宅」

現場 09:00-10:30

晴れ/曇り
浴室防水工事・雑工事・加工2時間
                  
木工事 橋本工建 柳浦・赤土 2人(2時間)
防水工事 北川瀝青 荒木・宮本 2人
現場員 川端

DSC05951.jpg

浴室の防水材料搬入

         防水の種類は改質アスファルト防水。イーテックのハルエース25
         という比較的簡易な防水。プライマー塗って、メンブレンクロスを
         塗り込み、最後にもう一度アスファルトを塗るって工程。


DSC05941.JPG

プライマー塗布中


DSC05966.jpg

メンブレンクロスを塗り込んでいる工程


DSC05954.JPG

浴室ドア下はアスファルト流し込みなのだが、もれるので形材をあてる


DSC05986.JPG

浴室ドアの下枠の溶接しろにアスファルトを流し込む


DSC05991.JPG

今日の作業終了


DSC05973.JPG

階段の最上段の下端にコンクリートの不具合のあった場所を斫って鉄筋まで出した


DSC05985.JPG

水洗いして斫りカスを除去する。この後型枠を組み、後日コンクリートを打つ

撮影 橋本工建

2008年02月22日 Fri

「さかえや」

09:20-12:40 珍しく晴れ

「金沢市内の住宅」

晴れ/曇り
浴室防水工事・雑工事・加工・わらジュラク塗り・給水配管             
木工事 橋本工建 柳浦 1人
防水工事 北川瀝青 荒木・宮本 2人
給排水 衛生工事 中田 1人
左官工事 大橋左官 大橋 1人
現場員 川端

DSC06025.jpg

      浴室入り口ドアの下枠

      浴室入り口ドアのサッシュ下枠と防水の納まりにいつも悩んでいたのだが・・・。
      サッシュ下枠の浴室側で防水は留めにくい。脱衣室の床下地まで
      防水を巻き上げても防水とサッシュの間から湿気が脱衣室側に
      あがってくる。下枠への詰めモルタルに防水剤を入れたところで
      気休めにしかならない。

      それで詰めモルタルの代わりに、アスファルトを流し込むことに
      した。これだとどう間違っても脱衣室側に湿気が登って来ようがない。

      どうして今までこれ、思いつかなかったんだろ。
      どんな納まりの本にもこういうの無いぞ。


DSC05997.JPG

防水完了

      プチッと金属の針が飛び出ているのは『トンボ』という。
      防水の後、保護モルタルを塗りのだが立ち上がり部分が剥離しない
      ようにラスを留めるためのもの。防水が終わったあとでアスファル
      トでトンボを付けていく。トンボの取付は防水の翌日施工です。


DSC05996.JPG

トンボ

撮影 橋本工建


定例会議 ←中止
現場 13:15-16:10

IMG_7674.jpg


      構造用合板は水に一度くらい濡れても大丈夫である。合板はJASで
      規定されるのだが抜き取り検査で90パーセントが合格すれば認定
      される。残りの10パーセントに写真の合板が入るわけで、現場とし
      ては不合格品である。

      構造用合板表面のはく離であり、接着材がきちんとついていない
      のが原因である。ところがJASに合格しているのでメーカーは返品
      に応じない。90パーセントは水に濡れても全然問題ないが、10パー
      セントは一度水に濡れると写真のようになる。しかし、クレームと
      しては受け付けないというのがメーカーの姿勢らしい。

      だからといって、監理者がOKを出すわけにもいかず、建設会社に
      しわ寄せがまわることになる。大抵は張り替えないから、建て主
      にしわ寄せがいくことになる。誰も声を上げないので、この歪な
      メーカーの強気はかわらない。

IMG_7675.jpg

この現場では結構な枚数が張替となった

2008年02月23日 Sat

「西金沢新町の住宅」

一年検査の手直し
09:25-13:55 雨→雪

「金沢市内の住宅」

雨/雪(強風)
給水配管・雑工事       
         
給排水 衛生工事 中田 1人
現場員 川端

DSC06030.JPG

給水・給湯ヘッダまわりの状態

撮影 橋本工建

2008年02月25日 Mon

「金沢市内の住宅」

曇り/晴れ
給水配管・雑工事       
         
ガラス工事 高橋ガラス建材 境川・宮本・徳野(午前中) 3人
                中捨・梶・登・西野・吉川・金田・米林 6人
給排水 衛生工事 中田 1人
現場員 川端

DSC06044.JPG

硝子が入ると風雨が防げるので助かる


DSC06050.JPG

硝子まわりシールの検収


DSC06055.JPG

硝子まわりのシール施工中

撮影 橋本工建

2008年02月26日 Tue

「金沢市内の住宅」


浴室保護モルタル・清掃       
         
左官工事 大橋左官 米田 1人
雑工事 橋本工建 山岸 1人
現場員 川端

DSC06067.JPG

防水押さえアングルと躯体の間にグラウトモルタルを流す


DSC06073.jpg

防水保護モルタルに塗り込むメタルラスの検収


DSC06069.JPG

浴室防水上のラス張り。立ち上がり部は「トンボ」のピンを曲げてラスを固定する。


DSC06075.jpg

立ち上がり部の保護モルタル塗り(20mm厚)。床の保護モルタルは40mm厚。

撮影 橋本工建

2008年02月27日 Wed

「金沢市内の住宅」

曇り/雪
軒天工事・給水工事・清掃       

木工事 橋本工建 米田・柳浦 2人
雑工事 橋本工建 山岸 1人
給排水衛生工事 兼六設備 中田 1人
現場員 川端

DSC06089.jpg

玄関ポーチはこのまま木を見せたいが、準防火地域ではだめなんだ


DSC06110.jpg

軒裏の不燃ボード施工中

撮影 橋本工建


2008年02月28日 Thu

「金沢市内の住宅」

曇り/雪
軒天工事・給水工事・清掃       
                                            
木工事 橋本工建 柳浦 1人
雑工事 橋本工建 山岸 1人
給排水衛生工事 兼六設備 中田 1人
左官工事 大橋左官 米田 1人
現場員 川端

DSC06116.jpg

躯体と木部のクリアランスにウレタン注入

         躯体と野地板のクリアランス内の結露を防止するためウレタンを
         注入する。はみ出た部分を削っているところ。
         橋本工建の山岸クン。 彼は仕事が丁寧だからいいんだ。

撮影 橋本工建

2008年02月29日 Fri

「金沢市内の住宅」

定例会議 中止

晴れ/曇り
浴槽等ウレタン工事・スタイロ準備・墨だし       

雑工事 橋本工建 山岸 1人
ウレタン工事 三友化工 北村・喜多 2人
現場員 川端

DSC06137.JPG

新品の浴槽 これはイナックス製


DSC06141.JPG

ウレタン現場発泡吹付中


DSC06148.jpg

浴槽にウレタン吹付完了


         この時代にメーカーの姿勢もどうかと思うのだが、浴槽自体は全く
         断熱されていない。そのため外壁の断熱材吹付時に浴槽にも吹いて
         もらう。これで随分性能があがる。

         ユニットバス置くだけという簡単設計の場合はぜんぜん関係ない
         世界です。


DSC06149.JPG

サッシュ上部にウレタン充填


DSC06136.JPG

補修にはハンディタイプ使用。缶の底に有効期限が印字されている。

撮影 橋本工建