2004年08月01日 Sun

「さかえや」

真柄建設へ
サッシュ打合せ
16:20-23:40

2004年08月02日 Mon

「さかえや」

サッシュ打合わせ
不二サッシ
13:00-15:20

2004年08月03日 Tue

「さかえや」

真柄建設へ
09:20-22:30
金属・硝子・木工事打合せ

2004年08月04日 Wed

「画塾」

金沢市役所→駅西消防署
09:50-11:15

「さかえや」

定例会議
12:10-20:25

2004年08月05日 Thu

「画塾」

打合せ
09:20-10:25

「さかえや」

TOTOショールームへ
13:10-14:30

2004年08月06日 Fri

「さかえや」

真柄建設へ 08:40-11:25
金属工事 階段・男子露天風呂手摺承認・サッシュ承認・設備打合せ

米沢電気工事 13:10-16:20

2004年08月07日 Sat

「画塾」

05:50-

大臣認定用の柱耐火試験一回目

梁の試験をしたベターリビングには水平炉しかない。
柱の試験では垂直炉が必要なので大阪のの日本建築総合試験所で行った。


IMG_0869.jpg

炉に設置された柱の試験体


IMG_0872.jpg

試験体下部


IMG_0873.jpg

試験体上部


IMG_0876.jpg

炉の扉を含む壁面に開いている穴から炎が出ます。一時間耐火試
験では炉内の温度の上げ方にまで指定があります。そのため温度
コントロールを正確に行うには炉内各所の温度を知らなくてはなり
ません。つくつく飛び出しているものは炉内温度を測るセンサーです。


IMG_0877.jpg

炉の扉が閉められました


IMG_0891.jpg

点火直後の炉内。左側のバーナーに点火されたのがわかり
ます。このあと他の口からも一気に炎が吹き出してきます。


IMG_0892.jpg

試験開始後40分くらいの状態


IMG_0894.jpg

試験終了直後の状態。バーナーの口からの炎は止まっています。


IMG_0903.jpg

炉を今から開けます



IMG_0905.jpg

燃え止まっているようです



IMG_0906.jpg

炉の扉全開


IMG_0923.jpg

炭化層を斫ったところ。集成材が見えます。


IMG_0924.jpg

柱試験体全景

著書をいただく

砂野氏に本をいただく

やさしい住まいの法律入門書 あなたの家は大丈夫?

違反建築や欠陥住宅で困らない建築基準法の知識
砂野秀裕 著
発行所 株式会社 秀和システム

地下鉄の運賃高いだろ

大阪の地下鉄って高すぎる。何故、大阪の人文句言わないんだろ ?
関西の人ってコストパフォーマンスにうるさそうなのに・・・

2004年08月08日 Sun

今井町

奈良
大高OBの倉本氏に橿原市今井町を案内していただいた。
暑い日だったけどとても勉強になったし楽しかった。

大高事務所に在籍していて、橿原市に建つ奈良県営住宅の担当だったときに一度今井町を見ている。しかし、あの時は無知で感性も不足していたのでしょう。全然感動もしなかった。今、再び来てみると見るべき点の多いことに驚くと共に、かつての自分を恥じた。

写真集

2004年08月09日 Mon

「画塾」

-03:30 ← これ帰宅時間

大臣認定用の柱耐火試験二回目

大臣認定の試験は実物大の試験体に荷重をかけて試験を行い
二回合格しなければならない。

IMG_0974.jpg

二回目の実験開始


IMG_1013.jpg

試験終了。燃え止まって合格。


IMG_1017.jpg

炭化層をはつり取って集成材が残っているのを確認。

2004年08月11日 Wed

委員会

金沢市役所
まちなか駐車場のあり方市民検討会 09:20-12:10
委員になると謝礼がでるって初めて知った。よくニュースで
ナントカ委員会の様子って撮されているが、将にそういう雰囲気だった。

暑いだろこれじゃ

車のエアコンがまた壊れた。マツダは休み。当分の間このままかい(怒)

「さかえや」

定例会議
12:10-00:25

2004年08月12日 Thu

打合せ

ニシムラ夫妻来所 10:00-12:20
「ぶどうの木」の緑のぶどうのクリームサンドをいただく

「さかえや」

消防打合せ 13:10-15:30
防水打合せ 真柄建設 15:30-19:25

2004年08月13日 Fri

「さかえや」

サッシュ開口測量 (消防の有窓階・無窓階判定のため) 11:30-12:40

「お客さんが『改修工事の設計は長村さんなんでしょ ?』
と聞かれましたよ」と仲居さんが・・・。何故知っている ?  怖い。

さかえや 消防打合せ 平面図など提出 12:40-13:15
さかえや 設備打合せ M建設 16:10-19:20

2004年08月14日 Sat

「さかえや」

終日施工図チェック

2004年08月15日 Sun

「さかえや」

終日施工図チェック

2004年08月16日 Mon

「さかえや」

真柄建設へ
09:10-09:40

エアコンが効かない

マツダへ 09:40-10:10
またコンプレッサーがいかれているとのこと。
原因を確かめてもらうためにドック入り。
代車デミオ。

2004年08月17日 Tue

「さかえや」

雨が降っている
けやき手配 福光へ
09:40-12:30

曇り時々雨
外部足場組立・5階養生・5階女子露天風呂解体

鳶工 2人 外部足場組立
電気工 5人 器具取り外し
配管工 2人 器具取り外し
人夫 2人 5階養生
現場員 2人
仮設材搬入

2004081702.JPG

外部足場組立中


img_6827.jpg

解体前の女子露天風呂


2004081701.JPG

解体後の女子露天風呂


img_6839.jpg

解体前の男子脱衣室


2004081704.JPG

男子脱衣室解体中

撮影 真柄建設

google

このところGoogleの画像が日替わりのオリンピック仕様になっている
15がパルテノン
16がスイミング
17がアーチェリー
18がフェンシング
19がウェイトリフティング
画像をクリックすると「athens 2004」の検索結果に。

暑いので心配

随分ご無沙汰だが、畑はどうなっているだろう。
暑い中水もやれないので枯れたのではないかと心配だ。
今日のように雨が降るとホッとする。

2004年08月18日 Wed

「さかえや」

定例会議
09:10-17:15

曇り
外部足場組立
5階男子脱衣室・4階東一花 壁天井解体
電気・設備 器具取外し
各所養生

鳶工 9人 外部足場組立
電気工 1人 器具取り外し
配管工 2人 器具取り外し
その他 5人 5階脱衣室・4階東一花解体
人夫 2人 3階養生・4階畳まくり養生
現場員 2人
仮設材搬入・25tレッカー

img_6952.jpg

東一花のユニットバスを撤去中


img_6953.jpg

東一花の内装撤去中


img_6954.jpg

都忘れの畳養生中


img_6956.jpg

女子露天風呂の仕上げ撤去中


img_6957.jpg

男子脱衣室の内装撤去中

撮影 真柄建設

お誘いを受けた

森氏と 「富来」 7人→二次会 6人 →三次会 3人18:30-01:00

2004年08月19日 Thu

中学の同級生

真介たちと飲み会 「かぶ菜」 18:30-01:00

「さかえや」

曇り

外部足場組立
5階男子脱衣室、3・4階東一花 解体
5階男子脱衣室 床下配管撤去
各所養生

鳶工 5人 外部足場組立
配管工 1人 5階男子脱衣室床下配管撤去
その他 6人 5階男子脱衣室、3・4階東一花解体
人夫 2人 各所養生・5階斫り墨出し
現場員 2人
25tレッカー

20040819-04.JPG

外部足場の様子


20040819-01.JPG

女子露天風呂の様子


20040819-02.JPG

男子脱衣室の様子


20040819-03.JPG

東一花の内装がだいたい撤去された


20040819-05.JPG

沢桔梗の内装撤去。この部屋と上の東一花を繋いでメゾネットにする

撮影 真柄建設

2004年08月20日 Fri

「さかえや」

雨のち曇り

外部足場組立
5階 コンクリートはつり
3階 沢桔梗 内部解体

鳶工 4人 外部足場組立
電気工 5人 電線整理
はつり工 6人 5階コンクリートはつり
その他 4人 3階沢桔梗 解体
人夫 2人 各所養生・墨出し
現場員 2人
25tレッカー

img_7009.jpg

足場にシート掛け


img_7002.jpg

男子脱衣室からの屋外避難階段。ここに男子露天風呂を作る


img_7007.jpg

露天風呂のため男子脱衣室を少し狭くするために外壁をはつる


img_7008.jpg

斫りつつある壁を内部側から見る


img_7011.jpg

壁の撤去完了

撮影 真柄建設

2004年08月21日 Sat

「さかえや」

晴れ

内外足場組立
3階 壁コンクリートはつり
4階 階段部分スラブコンクリートはつり
5階 壁、女子露天風呂縁石はつり
配管撤去

鳶工 3人 足場組立
配管工 1人 東一花 配管撤去
はつり工 6人 3・4・5階コンクリートはつり
人夫 2人 各所養生・清掃
現場員 2人
25tラフター

img_7014.jpg

3階の沢桔梗とメゾネットにするため、4階東一花
のスラブを斫りとる。とっても大変な仕事だ・・・。



img_7024.jpg

東一花のスラブを斫りとり階段のための穴をあけたところ


img_7028.jpg

3階の沢桔梗。東一花から降りてきて、この部分に専用の露天風呂をつくる


img_7018.jpg

女子露天風呂の基礎をはつる


img_7027.jpg

ようやく女子露天風呂の撤去が完了


img_7016.jpg

男子脱衣室の様子。左側の開口部はコンクリートを打って壁にする

撮影 真柄建設

2004年08月22日 Sun

「さかえや」

木工事打合せ 10:00-20:15

曇り

4階 内装撤去
5階 ファンコイル撤去
5階 墨出し

配管工 2人 5階ファンコイル撤去
その他 6人 4階内装解体
人夫 2人 5階墨出し
現場員 2人

img_7037.jpg

4階廊下の様子・・・廃墟かっ !


img_7040.jpg

4階廊下からデシャップ(Dish Up/厨房で調理された料理が来る場所)を見る

撮影 真柄建設

2004年08月23日 Mon

収穫

畑 07:40-18:20

10:00-15:50 雨
一ヶ月ぶりの畑はどうなっているかなぁ・・・と。恐る恐る。
枝豆は1/4が時期を過ぎていた。一部収穫した。
トマトは小さいのが10個なっていたが、まだ青い。
重さで倒れていたのを、添え木をして結んでやった。
昼食を食べてから見たら、5個付いた房ごと落ちていた。
なんてこったい。とりあえず、持って帰る。
虫に葉が喰い荒らされた桜は元気に新しい葉を付けていた。
柚から綺麗な黄緑色の若い葉が出ていた。
茗荷はわんさかと・・・。手の届く範囲を収穫。
トウガラシは赤く実っていた。一部収穫。
サヤインゲンは、大きいか小さいか・・・。
日照り続きのため、威勢が良くなかった。
ニラは、雑草に負けてしまって姿が見えない。
長芋は枯れていた。日照りのため?
我が家の里芋は相変わらずミニチュア版。
畑全体が雑草に覆われてユーウツ。

IMG_1024.jpg

休憩場所の様子。今回は薄紫色の椅子を並べてみました。


IMG_1025.jpg

収穫時期が過ぎた枝豆


IMG_1027.jpg

まだ若い枝豆。もっとふくらむはず。次回収穫しよう!


IMG_1031.jpg

いい感じの枝豆


IMG_1030.jpg

ぼさぼさのトウガラシ


IMG_1028.jpg

少しずつ赤く色づいてきたトウガラシ


IMG_1029.jpg

まだ若いトウガラシ


IMG_1035.jpg

葉が復活した佐藤錦(さくらんぼ)


IMG_1033.jpg

虫に喰われた葉が復活。ナポレオン(さくらんぼ)


IMG_1034.jpg

若々しい葉が綺麗な柚。葉からも柚の香りがたちのぼっていた。


IMG_1037.jpg



IMG_1036.jpg

若いトマト。倒れていたのを添え木に結んだのに、この後、このトマトの房ごと落ちた


IMG_1038.jpg

IMG_1039.jpg

収穫時期が過ぎたサヤインゲン


IMG_1040.jpg

大きくならない。でも我が家の畑では一番大きい里芋


IMG_1046.jpg

サヤインゲンの葉に乗るアマガエル


IMG_1047.jpg

収穫したトウガラシ


IMG_1048.jpg

収穫したサヤインゲン


IMG_1049.jpg

収穫した枝豆

「さかえや」

曇り時々雨

3階5階 型枠建て込み
5階 ケミカルアンカー打ち込み
3階 鉄骨階段搬入
4階床モルタル、5階防水欠込み はつり
4階 内装解体材搬出
3、4、5階 既設配線整理

型枠大工 4人 3,5階 型枠建て込み
金物工 5人 ケミカルアンカー、階段搬入
電気工 3人 既設配線整理
はつり工 5人 4階床モルタル、5階防水欠込
その他 6人 4階 解体材搬出
人夫 2人 各所墨出し
10tラフター

img_7055.jpg

img_7062.jpg

ケミカルアンカーの材料搬入


img_7050.jpg

ドリルで穴開け


img_7063.jpg

ドリルで開けた穴にケミカルのカプセルを入れて鉄筋をたたき込む


img_7064.jpg

ケミカルアンカー完了


img_7066.jpg

手前が脱衣室、ケミカルアンカーの向こうが露天風呂になる
撮影 真柄建設

2004年08月24日 Tue

「さかえや」

銘木店 08:30-10:30
定例会議 10:30-22:00

曇り時々雨
3階・5階 壁型枠建て込み
3階・5階 壁配筋、スリーブ入れ
3階 ケミカルアンカー打ち込み
3階 鉄骨階段取付
4階 床モルタルはつり

型枠大工 6人 3階・5階 壁型枠建て込み
鉄筋工 3人 3階・5階 壁配筋
金物工 5人 3階鉄骨階段、ケミカルアンカー
配管工 1人 壁スリーブ入れ
その他 4人 4階 床モルタルはつり
人夫 2人 雑工
現場員 2人
10tラフター

img_7078.jpg

メゾネットの鉄骨階段搬入。チェーンブロックで吊ったところ。


img_7080.jpg

5階男子脱衣室と露天風呂の間仕切壁の配筋


img_7088.jpg

スリーブは露天風呂の浴槽への配管


img_7081.jpg

メゾネットの東一花の3階のサッシュをはずして露天風呂の開口部に改造
撮影 真柄建設


2004年08月25日 Wed

代車とおさらば

マツダ 08:50-09:05
久しぶりにロードスターが戻ってきた

「さかえや」

現場09:05-18:20

曇り
3階、5階 型枠建て込み
東一花 鉄骨階段取付

型枠大工 2人 3階・5階 型枠建て込み
金物工 3人 東一花 鉄骨階段取付
人夫 2人 各所墨出し・測量
現場員 2人

img_7122.jpg

東一花3階露天風呂の型枠。腰の型枠より向こう側左が洗い場、右側が露天風呂


img_7124.jpg

東一花3階から4階に上がるための階段


img_7125.jpg

5階脱衣室壁の型枠完了
撮影 真柄建設

2004年08月26日 Thu

「さかえや」

3〜5階コンクリート打ち 10:30-20:20

24-18-15N軽量2種
スランプ20.0cm
空気量4.5パーセント
コンクリート温度28.0℃
外気温度28.0℃

カンタブ LotNo.4121132
4.8 4.9 5.0 指標
0.0318 0.0331 0.0345 パーセント(換算表より)
0.059 0.061 0.064 kg/立米 塩化物量
0.06kg/立米 塩化物平均値
0.06<0.30kg/立米 OK

目標値1805kg±3パーセントのところ1921kgだった。
ポンプ車のモルタル分が残っているようなので
生コン車から直接取りだし、再計測してもらう。
1836kgなので軽量コンクリート2種の重量としてOK

曇り
3階、5階 躯体コンクリート打設
4階 耐火間仕切り LGS下地
東一花 鉄骨階段取付

土工 3人 3階、5階 躯体コン打設
鳶工 1人 足場盛り替え
型枠大工 1人 コンクリート打設立会
金物工 2人 東一花 鉄骨階段取付
内装工 2人 4階 耐火間仕切りLGS下地
電気工 1人 コンクリート打設立会
配管工 1人 コンクリート打設立会
はつり工 1人 各所はつり
人夫 2人 各所墨出し、養生
オペレーター 2人 生コン圧送
ガードマン 1人 車両誘導
現場員 2人
ポンプ車

img_7136.jpg

img_7135.jpg

ポンプ車からモルタル車へモルタル入りのコンクリートを返しているところ


img_7137.jpg

正規のコンクリートへの変わり目を待つ。ボクは沢山出したいが、他の人は少なくしたい。


img_7139.jpg

受け入れ検査。改修なので少しでも荷重が増えないように軽量2種コンクリート。


img_7143.jpg

上部階でざばざば水を流すわけにいかないので、型枠と元の躯体の水湿めもバケツで


img_7148.jpg

上に躯体があるので、漏斗でコンクリートを入れる


img_7150.jpg

型枠バイブ。型枠の継ぎ目から漏れるコンクリートを見ながら詰まり具合を把握する。


img_7159.jpg

壁上部の漏斗からコンクリートを打つ
撮影 真柄建設

2004年08月27日 Fri

「旧諸江屋改修工事」

螢屋中部建築賞応募書類印刷

「さかえや」

晴れ
東一花 手摺取付
4階 防火戸取付
各所 天井配管撤去
5階 女子露天風呂手摺撤去、新手摺取付用はつり
5階 スラブケミカルアンカー打込み

金物工 3人 東一花 手摺取付、ケミカルアンカー
金属建具工 2人 4階防火戸取付
配管工 3人 天井配管 撤去
はつり工 1人 5階 手摺撤去、取付用はつり
人夫 2人 片付け・墨出し
現場員 2人
2tダンプ はつり解体材搬出
10tラフター

img_7183.jpg

防火戸取付 グレーのでかいヤツ。これは開いた状態。(常開/非常時のみ閉)

撮影 真柄建設

2004年08月28日 Sat

「さかえや」

脱型用コンクリート圧縮試験 07:30-08:10
金属工事打合せ 08:30-10:10
現場 10:10-00:10

晴れ
3階、5階 型枠解体、搬出
東一花 階段手摺取付
5階 女子露天風呂スラブ裏暴露補修
3階 廊下天井解体
各所配管・各所配線

型枠大工 3人 型枠解体、搬出
金物工 2人 東一花 階段手摺取付
補修工 2人 5階 露天風呂スラブ暴露補修
電気工 1人 各所配線
配管工 2人 各所配管
その他 3人 3階 廊下天井解体
人夫 2人 各所墨出し
現場員 2人
10tラフター

3・4・5階壁08/26打設・材令2日
24-18-15N軽量2種

現場気中
1) 3.46g 89.0kN 11.3N/mm2
2) 3027g 83.0kN 10.6N/mm2
3) 3011g 90.0kN 11.5N/mm2 平均11.1N/mm2

img_7196.jpg

コンクリートの被りが少ないため鉄筋が錆びてい
る。傷口を拡げてワイヤーブラシでさびを落とす。


img_7204.jpg

防錆材を塗る


img_7228.jpg

中性化防止ポリマーセメント塗り


img_7195.jpg

男子露天風呂の型枠解体中


img_7240.jpg

男子露天風呂のコンクリート。綺麗に打てている


img_7237.jpg

男子露天風呂と脱衣室の境の壁


img_7233.jpg

東一花の下階の露天風呂のコンクリート


img_7215.jpg

東一花のスラブ開口を補強するプレート取付中
撮影 真柄建設

2004年08月29日 Sun

「さかえや」

現場13:00-00:10

晴れ
外部足場 メッシュシートまくり
5階 露天風呂洗い場スラブ下 断熱材充填
5階 浴槽配管

鳶工 1人 メッシュシートまくり
配管工 2人 5階 浴槽配管
現場員 2人

taika-1.jpg


      1時間耐火の壁下部に不具合がある。元の設計者に問い合
      わせると、『ファンコイルのために壁を薄くしたんです』と。
      『ちょうど改修工事をされているなら直して貰えばいいん
      じゃないですか』とあくまで他人事のようにいう。驚いた!


taika-2.jpg

      壁上部は木下地の上に軽量鉄骨のランナーがのる。
      壁下はボードにモルタル薄塗り。

      「これでは耐火性能がないでしょう?」との私の問いに

      『モルタルを塗っているから大丈夫でしょう』

      「そういう仕様なら大臣認定のどれに該当しますか?」

      『正確には該当しないけどね』

      ・・・とあくまで他人事のような返事。というか、あなたは一級建築士か?

      建て主が可哀相である。 事故があったらどうするんだ?


img_7245.jpg

耐火一時間壁であるべき壁の実際に施工されていた仕様


taika-4.jpg

まさしく木の上に軽鉄のランナーがのっていた。木・・・って


taika-5.jpg

      こういうインチキ工事の責任は誰にあるのか?

      設計監理者であるHY建築設計事務所?
      大手一流建設会社とよばれているOB組?

      何れにしろ建て主のことを考えていない工事で
      あることは確かである。 心無い工事はいかん。

2004年08月30日 Mon

「さかえや」

宇野製作所工場で希望のラインを出すため職人さんと作業 12:40-18:30
さかえや 現場 18:30-23:10

曇り
5階男子露天風呂 型枠建て込み、配筋
5階女子露天風呂 軒裏木下地
3階 露天風呂 防水下地モルタル面取り
東一花 3階 LGS下地、4階 スラブ裏塗装

型枠大工 1人 5階露天風呂型枠建て込み
鉄筋工 1人 5階露天風呂スラブ配筋
造作大工 3人 5階 女子露天風呂軒下地
金物工 2人 東一花 階段取付
塗装工 3人 東一花 スラブ裏塗装
内装工 1人 東一花 LGS下地
電気工 2人 各所配線
配管工 3人 各所配管
人夫 1人 片付け
現場員 2人
10tラフター


壁にすり付く部分と天井の中央部の高さを決めるための治具をチャンネルで作って貰う。力のない私でも素手で曲げられる6φの鉄筋で曲面を決め、職人さんに交点を溶接してもらう。明日の夕方までに今日決めた鉄筋の間を補間してもらうことにした。

IMG_1052.jpg

IMG_1053.jpg

IMG_1054.jpg

IMG_1055.jpg


とても暑い一日で疲れた。職人さんは大変だ。


img_7260.jpg

img_7264.jpg

男子露天風呂のスラブ配筋   撮影 真柄建設


img_7275.jpg

東一花の下階の洗い場・露天風呂の防水下地完了   撮影 真柄建設

改修の必要なし

可計さん 打合せ09:50-11:15

車の下が緑色

車を停めたら緑色のクーラントが漏れていた。
ラジエタのファンモーターが壊れて、オーバーヒート
気味になり、リザーブタンクから吹き出したようだ。

また、代車のデミオ。
今回はマニュアルミッションタイプ。
最近ロードスターよりデミオに乗っている時間の方が長いような・・・。

「旧諸江屋改修工事」

浅田屋 15:00 (和泉)
螢屋中部建築賞に印鑑

2004年08月31日 Tue

「さかえや」

ケヤキ手配 福光→志賀町 09:30-17:00
ここでは螢屋のケヤキや押水の住宅の大判のタモやテーブル用の栃の板を手配した
→ 幅広の板を鉋掛けできる日高機械の工場へ
→ 宇野製作所で天井の鉄筋組17:00-18:00
現場 18:00-02:10

雨後曇り
5階男子露天風呂スラブコンクリート打設
3階東一花露天風呂アズファルトプライマー塗布
5階女子露天風呂壁木下地
東一花鉄骨階段手摺取付
各所耐火間仕切り下地、ボード貼り、山法師軽鉄下地
木材シッケンズ塗装
各所配管・各所配線

土工 2人 5階 男子露天風呂
型枠大工 1人 コンクリート立会い
防水工 2人 3階 東一花アスファルトプライマー
造作大工 3人 5階 女子露天風呂壁下地
金物工 2人 東一花 階段手摺取付
塗装工 2人 シッケンズ塗装
内装工 2人 各所耐火間仕切り、山法師下地
電気工 2人 各所配線
配管工 3人 各所配管
人夫 2人 養生・片付け・掃除
オペレーター 2人 5階 露天風呂生コン圧送
ガードマン 1人 車輌誘導
現場員 2人
生コン車 3台
ポンプ車


IMG_1061.jpg

福光でケヤキ板を選ぶ。この幅広の板は上方中央
部に節があるので、安く入手できた。節部分は見え隠
れになるように使うので、完成時には無節に見える。


IMG_1063.jpg

この板も手配。同じく節ありだが、その位置が見え隠れになるように選んだ。


IMG_1066.jpg

幅広が通るカンナ機


IMG_1069.jpg

再度節の位置を確認して・・・安心


IMG_1070.jpg

溶接が終わった天井下地。これを4分割して運び、現場でもう一度この形に組む。


IMG_1071.jpg

照明器具用のくぼみ


IMG_1072.jpg

天井下地全景


IMG_1073.jpg

現場のRC梁のある部分や壁へのすりつけ位置は
チャンネルなどで治具を組みそれに合わせて組んだ


IMG_1085.jpg

へこみ部分の詳細。曲面天井とうまくすりついている。



ここからの写真    撮影 真柄建設


img_7291.jpg

男子露天風呂底の清掃中


img_7294.jpg

新設スラブの配筋


img_7304.jpg

生コン車(左)・ポンプ車(右)・モルタル車(上)の三車のお尻をつきあわせた状態


img_7307.jpg

筒先から出てくるシャバシャバのモルタル入りコンクリートを返却している


img_7309.jpg

img_7310.jpg

男子露天風呂のスラブコンクリート打設中


img_7311.jpg

東一花の下階の洗い場・露天風呂の防水プライマー塗り


img_7314.jpg

男子脱衣室の外壁面の内部に断熱材吹付中


img_7332.jpg

女子露天風呂のRC外壁とRC庇に木下地取付中

「旧諸江屋改修工事」

建築士会 ファイル提出
螢屋中部建築賞