2020年09月18日 Fri

「中能登町の排水処理設備」

08:40-14:40
・止水板のジョイント部の溶着作業の立ち会い
 岡田建設工業 岡田浩之氏
 早川ゴム>吉田工業 岩本文法氏

20200918_E-620-N.jpg

サンタックゴム止水板は基礎耐圧版と壁の打継部から汚水が土中に漏れないように入れているゴム製の板のことで上記図面の赤色の部分


20200918_IMG_0388.JPG

隅角部は工場で溶着されてきている。止水板の高さ方向中央部の白いパッチが当たっている部分が溶着された位置。ジョイント部が全てシームレスに溶着されるので打継部からの漏水(汚水の漏れ)に対する信頼性が高い。ま、価格も高いんだけど。普通の止水板だとジョイント部は重ねて結束線で縛るだけなので止水板同士に隙間ができ気休めなんだよなぁ。初めて止水板を入れた現場は何処だったか?そのジョイント部を見て『えぇ〜っ。現場の精度ってこれなのか』と思った。どう手直ししようが隙間は無くならないし。全部がそうではないけれど世の中お金で性能が決まってしまう。今回は「水」じゃなくて「汚水」だから性能を取らなくてはと奮発してシームレスにできるこれを使うことにした。


20200918_IMG_0308.JPG

ジョイント位置に入れる生ゴムに接着剤を塗布する


20200918_IMG_0313.JPG

止水板ジョイント部の片側に生ゴムを貼る


20200918_IMG_0314.JPG

金型で固定する


20200918_IMG_0317.JPG

もう片方の先端にも接着剤を塗って金型で固定する


20200918_IMG_0396.JPG


ジョイント部に貼った生ゴムをシノ(ラチェットレンチの反対側の先の尖った方)の先で潰して隙間を埋める。隙間が大きいときは生ゴムを切り隙間に詰めシノで押さえる。


20200918_IMG_0318.JPG

ジョイント部の隙間を生ゴムで埋め終わり


20200918_IMG_0322.JPG

上側の金型を長ナットで固定する


20200918_IMG_0326.JPG

温度制御ボックスで140℃で20分間加熱する


20200918_IMG_0327.JPG

下側金型と上側中央金型が加熱される。鉄筋でいうと圧接のバーナーが金型に代わった様な感じで溶着される。この状態で20分待つ。その間に耐圧版の配筋検査をする。


20200918_IMG_0332.JPG

時間が来たので金型を外す


20200918_IMG_0333.JPG

両側の固定用の金型も外す


20200918_IMG_0338.JPG

おーぉ!綺麗に溶着されてるわ


20200918_IMG_0339.JPG

下側の金型も外す


20200918_IMG_0342.JPG

センターバルブ(真ん中の膨らみ)とサイドバルブ(両サイドの膨らみ)の間に貼ってあるスパンシール(ブチルゴム)がジョイント部には抜けているのでその隙間を埋める


20200918_IMG_0344.JPG

プライマーを塗布する


20200918_IMG_0348.JPG

スパンシールを貼る。手だけ登場の岩本さんは数日前に珠洲の土木の現場に行ったそうで・・・一度名古屋に戻り昨日こちらにきて、今日名古屋に戻るとか。


20200918_IMG_0351.JPG

表側のスパンシール貼り完了


20200918_IMG_0352.JPG

裏側はセンターバルブの裏が空いたままになっているのでパッチを貼る。・・・で、表側と同じに両側にスパンシールを貼ってジョイント部の完成
岡田建設工業からの工事日報

9月18日(金)天候 雨
・止水板溶着 吉田工業(名古屋市 早川ゴム下請け) 岩本文法
 壁筋解体・再取付、止水板溶着・耐圧盤配筋検査 岡田建設工業 岡田浩之
・9月19(土)の予定
 耐圧盤型枠 青木工務店
 止水板固定 岡田建設工業 岡田浩之

IMG_20200918_112424.jpg

沈殿槽の耐圧版配筋検査 D13@200タテヨコ・ダブル
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200918_111302.jpg

脱窒槽の耐圧版配筋検査 D13@200タテヨコ・ダブル
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200918_132936.jpg

曝気槽の出荷デポ側の止水板溶着状況確認(撮影/岡田建設工業)

2020年09月17日 Thu

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月17日(木)天候 曇り時々晴れ後雨
・止水板設置
 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠
 和倉商事 坂本祥一8:30〜10:00
・鉄筋移動・内部足場解体・止水板ジョイント雨養生
 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠 10:00〜16:30
・9月18(金)の予定
 止水板溶着 和倉商事手配の職人 8:30現場集合
 耐圧版配筋検査

IMG_20200917_083819.jpg

止水板搬入・サンタックゴム止水板6×200・E-620-N
(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200917_153431.jpg

止水板のジョイント部(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200917_153301.jpg

明日雨の中でジョイント部の溶着作業をするので養生のシート張り
(撮影/岡田建設工業)

2020年09月16日 Wed

「堀川町の住宅」

・涼しくなってきたのでサッシの下枠やポーチ屋根を掃除した

20200916_IMG_0286.JPG

デッキブラシ木柄17.5cm・X00-01B・448円←安っ!


20200916_IMG_0292.JPG

ポーチ屋根が排気ガスなのかPM2.5なのか黒っぽく汚れてきたのでデッキブラシでこすった。前回までは洗車ブラシで擦っていたのだがやっぱり柄がついているととても楽だし力も入りやすい。


20200916_IMG_0290.JPG

隣家の雑草が屋外機まで迫ってきているので退治した


20200916_IMG_0294.JPG

草刈り完了

「中能登町の排水処理設備」

サッシ施工図チェック2回目
岡田建設工業からの工事日報

9月16日(水)天候 曇り時々晴れ
・耐圧盤配筋 西沢鉄筋工業 田村久夫・西沢智己・金西浩伸・四十万健一・グエン ヴァン トウソ・ズオン テ クエン
・現場管理 岡田建設工業 岡田浩之(8:00〜10:30-16:00〜16:30)
・9月17(木)の予定
 止水板受け入れ仮置き、鉄筋片付け、内部足場解体 岡田建設工業 岡田浩之・北川誠

IMG_20200916_085511.jpg

耐圧版の配筋中。岡田さんから電話があって「現場を離れていたら耐圧版の中に足場を組んであった」・・・と。この足場は耐圧版打設後に組む内部足場。明日解体するとのこと。(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200916_164800.jpg

耐圧版の配筋完了。D13@200タテヨコダブル。(撮影/岡田建設工業)

備品を買う

20200916_IMG_0285.JPG

現場と畑で使っていた長靴がひび割れてだめになったので新調。ツヤなしマリンブーツLサイズ・1780円×2=3560円・中国製。


20200916_IMG_0279.JPG

草刈り機用の丸山製作所の「肩掛バンド」1480円と「洗車ブラシ」CS-22・348円・中国製

本気菜園

20200916_IMG_0278.JPG

室内で栽培しているパプリカは夏の強い直射日光には弱い。陽の強さが弱まってきたので外に出して水をたっぷりやった。


20200916_IMG_0289.JPG

庭からイチジクを収穫

2020年09月15日 Tue

オープナー

20200915_IMG_0274.JPG

トマトソースやタケノコの瓶詰めを作るのだが蓋を開けるとき毎回苦労してる。家を建て直す前はガスの火で蓋をあぶって開けていたのだが今はIHなので「力」に頼るしかない。「むぉ〜っ」と力を入れるため頭の血管が切れそうになっていた。瓶詰めはまだ20本くらいあるので健康のためにもオープナーを買うことにした。「貝印」の万能オープナー(ガス抜き機能付)DH-7225。

2020年09月14日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月14日(土)天候 曇り時々雨
・外部足場設置 大同仮設工業 北野和憲・卜部元太・ケープレム(カンボジア)
・南側土留め腹起こし設置 岡田建設工業 岡田浩之(8:30〜10:30)
・9月16(水)予定 耐圧盤配筋 西沢鉄筋

IMG_20200914_094649.jpg

外部足場組み立て中(撮影/岡田建設工業)

本気菜園

20200914_IMG_0267.JPG

土曜日に収穫したトマトでトマトソース製作中


20200914_IMG_0269.JPG

収穫したポップコーンでおやつを作る。フライパンにポップコーン60cc・オリーブオイル大さじ2杯・塩小さじ1杯を入れて混ぜておく。


20200914_IMG_0270.JPG

中火くらい(IHだと5)でたまにフライパンを揺する。ポップ中。


20200914_IMG_0273.JPG

弾け終わればポップコーン完成。ポップコーンは普通に食べるスイートコーン(甘み種コーン)とは別の爆裂種コーンという粒が小さく硬い種類のトウモロコシ。

涼しい

昨日から雨とともにどんどん気温が下がって今朝の最低気温は20℃だった。

2020年09月12日 Sat

「中能登町の排水処理設備」

岡田建設工業からの工事日報

9月12日(土)天候 晴れ
・墨だし 岡田建設工業 岡田浩之 08:30〜12:00
・9月14日(月)の予定 仮設工事 外部足場設置

IMG_20200912_115510.jpg

処理槽本体の墨出し完了(撮影/岡田建設工業)

大根の2回目の播種

05:20-16:40
晴れ・暑い
先日白尾IC高架下で見た移動式オービスにびびって制限速度+10kmで走ったらすごく燃費がよかった。339.8km・21.11L・燃費16km。

20200912_IMG_0234.JPG

05:33 のと里山海道へ。今日も朝焼け。


20200912_IMG_0236.JPG

大田原の上り車線の登坂車線工事が完了していた


20200912_IMG_0243.JPG

今日の苗・白菜3ポット・キャベツ4ポット・ブロッコリー2ポット


20200912_IMG_0246.JPG

大根を間引いた


20200912_IMG_0247.JPG

大根の双葉ってすごく大きい。間引いたあと追加で10本分を播種。


20200912_IMG_0250.JPG

持って来た苗を定植するために耕耘する


20200912_IMG_0252.JPG

耕耘完了。アーティチョークを整理した。


20200912_IMG_0253.JPG

奥に白菜を3株。手前の左にキャベツ4株。手前の左にブロッコリーを2株定植した。ブロッコリーは来週20株定植する予定。


20200912_IMG_0254.JPG

脇芽から栽培したトマトを収穫。風が強かったのかトマトが倒れていた。ナスも風で揺られたのか傷の付いたのが5本あって堅くなっていたので捨てた。写真のナスは綺麗なやつ。


20200912_IMG_0245.JPG

天狗の鼻のついたナス


20200912_IMG_0255.JPG

草刈り。16年も使っていてすり減っていた草刈り機の肩掛けベルトが切れた。ベルトが無いとすごく不便でどうしようもない。ムサシでパーツを買ってこなくては。


20200912_IMG_0256.JPG

不細工なニンジンと最後のポップコーン


20200912_IMG_0257.JPG

サトイモ(05/30・06/13定植)とショウガ(06/20定植)


20200912_IMG_0261.JPG

6週間遅れて定植(07/11)したサトイモ。そりゃぁ上の写真と大きさが違うのは仕方がない。上の写真のサトイモの背丈は肩くらいでこの写真のサトイモは腰より低い。


20200912_IMG_0260.JPG

道路側の落花生3畝


20200912_IMG_0259.JPG

トンネルは大根と白菜。その間にはソラマメを定植する予定。その右がイチゴ1.7畝+ニンニク。右の空いた畝はタマネギ用。


20200912_IMG_0258.JPG

左から落花生・キャベツ落花生2畝+キャベツ。キャベツと里芋の間に来週ブロッコリーを植える予定。


20200912_IMG_0262.JPG

サツマイモ(安納芋)


20200912_IMG_0263.JPG

室内で栽培していたら(たぶん)葉の裏に見えないほど小さい虫がついて葉が傷んだので株自体が弱っていた。畑に定植したら一気に元気になって葉もつやつやして大きくなってる。


20200912_IMG_0265.JPG

畠田さんにネギを貰った。昨年のネギを植えっぱなしにしておいたら分けつして薬味にするのにちょうどいい太さになったそうだ。

2020年09月11日 Fri

本気菜園

20200911_IMG_0231.JPG

混ぜるとポップコーンが金属的な音を立てる様になったので乾燥終了。500mlのペットボトルに入れるとちょうど2本になった。1000/60≒16.7。16回(60mlで1回2人分)ポップコーンを作ることができる。

2020年09月10日 Thu

失敗した

20200910_IMG_0228.JPG

暑さのあまりホワイトマスタードを選別してからジップロックに入れたまま忘れていた。梅雨の長雨が続いたので洗うのは晴れた日が続いたら・・・と思いつつそのままになっていた。梅雨が明けたら一気に暑くなったので外で作業する気にもならず。今日気づいたら種にカビが生えていた。食用にすることは諦めて種として使うにもカビが生えたままじゃまずいので洗って乾かしている。失敗したなぁ・・・来春また栽培するのか。

「中能登町の排水処理設備」

※捨てコンは墨出しをするためのものであって躯体ではないので打設には立ち会わない

岡田建設工業からの工事日報
 9月10日(木)天候 晴れ後雨

・コンクリート工事 捨てコンクリート打設
 予定4.5㎥・実際打設数量8㎥
 打設時間8:30〜10:30
・コンクリートポンプ運転 大福圧送(株) 岡島正樹・尾崎稔
・コンクリート押さえ 中條左官 中 正明
・コンクリート打設人夫 岡田建設工業(株) 岡田浩之・山田治・北川誠・浦野彦久
・明日の予定 コンクリート養生期間 作業なし
・9月12日(土)墨だし予定

IMG_20200910_082554.jpg

ポンプ車(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_082636.jpg

ポンプ車と生コン車(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_093502.jpg

捨てコン打設中(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200910_102910.jpg

捨てコン打設完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月09日 Wed

本気菜園

20200909_IMG_0222.JPG

庭のイチジクを収穫


20200909_IMG_0225.JPG

09/05収穫・09/07脱穀のしたポップコーンを試食。ポップコーン60cc・オリーブオイル大さじ2杯・バター1欠片・塩ぱらぱら。


20200909_IMG_0226.JPG

2人分できあがり。簡単だしうまい。来年は栽培数を増やす!

「中能登町の排水処理設備」

09:21-12:12
晴れ
・柱状改良杭芯の確認
・たまたま現場に寄った喜多氏に追加の窓の高さを説明

帰りの里山海道の白尾ICの高架の下でネズミ取りをしていた。珍しく走行車線を制限時速で走っていたので大丈夫。追い越し車線だったら気づいていなかっただろうね。これまで里山海道では白バイか覆面だけを気にしていればよかったのに、それにしてもどこで捕まえるんだろうと思いながら運転していたら内灘ICを通り過ぎてしまう。捕まえる場所がないってことは移動式オービスか・・・。もしかしてまだ通知が来ていないだけで畑の帰りにやられている可能性があるのか。これからはもうスピード出せないな。

調べてみたら石川県では2020/04から移動式オービスでの速度取り締まりが始まったそうだ。

20200909_IMG_0223.JPG

今日も暑い予感


9月9日(水) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 床堀・土留め・砕石地業・捨てコン型枠
 岡田建設工業 岡田浩之(PM2:00まで)・山田治・浦野彦久
10:30〜杭芯検査
明日の予定 捨てコン打設 AM8:30〜

IMG_20200909_104611.jpg

柱状改良柱頭の位置確認検査(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200909_135825.jpg

砕石敷きと捨てコンの留め枠完了(撮影/岡田建設工業)

2020年09月08日 Tue

「中能登町の排水処理設備」

9月8日(火) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 床堀・土留め・砕石地業 岡田建設工業 岡田浩之(AMのみ)・山田治・浦野彦久

明日の予定 砕石地業・位置だし・捨てコン型枠・AM10:30〜杭芯ずれ検査

IMG_20200908_120207.jpg

昨日に続いて杭頭を出してその間に砕石敷き(撮影/岡田建設工業)

2020年09月07日 Mon

「中能登町の排水処理設備」

9月7日(月) 岡田建設工業からの工事日報

土工事 土留め・床堀・砕石入れ 岡田建設工業 岡田浩之・山田治・浦野久彦

IMG_20200907_140045.jpg

杭頭を出してその間に砕石敷き(撮影/岡田建設工業)


IMG_20200907_165156.jpg

現場入り口側方向(撮影/岡田建設工業)

脱穀

20200907_IMG_0221.JPG

庭のイチジクを収穫


20200907_IMG_0219.JPG

土曜日に収穫したポップコーンをポーチに吊しておいたのだが直射日光が当たったった部分が爆裂しそうになっていた。干す場所がないので先に脱穀してから日陰でほすことにした。親指の腹で粒を外していくのだが乾燥して堅くなっているので25本も脱穀していると指が痛くてたまらん。受粉時に雨ばかり降っていたので実の抜けている部分が多かった。やっぱりちゃんと受粉するようにもっと面で植えないとだめなようだ。来年は栽培数を増やしてみる。


20200907_IMG_0220.JPG

パレットで陰干しする